ランナー必見!トレランシューズの人気おすすめランキング2020

山の中を走るために最適なトレランシューズをお探しの方へ。本記事ではトレランシューズと一般的なランニングシューズの違いや選び方から、2020年最新のおすすめランキングまで解説!サロモンやアシックス、アディダスなどの人気ブランドも紹介しているので、チェックしてくださいね。

そもそも、トレランシューズとは?

トレランシューズの人気おすすめ商品

トレランシューズとは、トレランをする際に欠かせないシューズです。そもそも、トレランとはトレイルランニングの略称のことで、舗装されていない山や荒野を走ること。各地で大会が開かれ、初心者からベテランまで楽しめるランニングとして近年人気が高まっています。

トレランシューズは、舗装されていない場所を走るため、丈夫に走りやすく作られているところが特徴。各メーカーから防水、ロード兼用といった様々な機能をもったシューズが販売されています。


ランニングシューズとは何が違うの?

トレイルランニングは、山道や泥道といった舗装されていない道を走ることが多いです。そのため、シューズも悪路に対応できるものが販売されています。

例えば、アウトソール部分は足裏に負担がかからないよう厚めに作られ、ミッドソールには岩などで足に負担がかからないよう固い素材が使われているのです。

ランニングシューズは舗装された場所を走るために作られ、トレイルランニングは舗装されていない道を走るために作られているのが違います。


初心者必見!トレランシューズの選び方/比較方法を紹介

「トレイルランニングを初めてみたい」と思っても、どれも同じようなシューズに見えて、何を基準に選んだらいいのか全く分からないという人も多いはず。そこで、初心者でも失敗しないトレランシューズの比較方法について紹介します。


トレランシューズの選び方1. 自分の足の形にフィットしているかをチェックする

トレイルランニングは砂利道や雪道、岩山など様々な場所で走ることがあります。そのため、自分の足にフィットしていないと、足が疲れるだけでなく体全体にも疲れが出やすくなることも。

トレランシューズを履くときに注意したいのは、いつも履いてる靴下や素足でためし履きをしないことです。トレイルランニングをする時は、厚手の靴下を履くので、専用の靴下を履いたときのサイズ感でシューズを選ぶと失敗しにくくなります。


トレランシューズの選び方2. 舗装路も対応したロード兼用タイプかチェック

トレランシューズにはロード兼用タイプと泥地や芝、カルデラなどに特化したタイプがあります。トレイルランニングは舗装路から徐々に山道に入っていくケースも多いので、ロード兼用タイプを持っておくと、どちらのシーンでも使えて便利です。

ロード兼用ではなく、泥地や芝といった環境に特化したトレランシューズを選ぶと、ソール部分が厚く作られているため、舗装路では走りにくく感じることも。また、舗装路で特化したタイプのトレランシューズを履いていると、ソール部分が削られてシューズの消耗が早くなることもあります。

自分がどんな場所を走るのかがまだ明確になっていない人は、まずはどの場所でも使いやすいオールラウンドタイプを選んでおけば安心でしょう。


トレランシューズの選び方3. 防水機能(ゴアテックス等)の有無で選ぶ

ぬかるんだ場所や雪道といった足場の悪い場所を走ろうと考えているなら、ゴアテックス機能の有無は要チェック。ゴアテックス機能がないと、水や雪道でシューズがすぐに濡れて、不快な状態で走り続けなければいけなくなります。

ゴアテックス機能があれば、雨から足を守ってくれるので、不快になることなく快適に走り続けることが可能です。とは言っても、ゴアテックスも完全ではないため、一度シューズが濡れてしまうと乾きにくいというデメリットもあります。自分がどんなシーンでトレイルランニングをするのかでゴアテックスの機能が必要かどうか選びましょう。


トレランシューズの選び方4. 軽くて走りやすいモデルを選ぶ

デザインや防水やゴアテックスなど機能性だけで重視してしまうと、シューズが重たくすぐ疲れてしまうなんてことも。トレランシューズを選ぶときは、足の疲れにくい軽さのあるものを選ぶのがポイントです。

シューズが軽いものを選ぶことで、足への負担が少なく済み長距離でも疲れにくくなります。シューズの重さが約300g以下というものも数多く出ているから、初心者の人は軽さを重視して選ぶと、足が疲れにくくなるのでおすすめですよ。


トレランシューズを販売する人気メーカー9選

トレランシューズを展開しているメーカーは数多く、登山用のメーカーからスポーツメーカーまで多岐に渡ります。初心者向けのものから上級者まで各メーカー取り揃えているのがポイント。

そこで、トレイルランニングをするなら知っておきたい人気のメーカーを紹介します。


トレランシューズの人気メーカー1. SALOMON(サロモン)

1947年に創業したスポーツ用品メーカーのSALOMONは、トレランシューズやトレッキングに力を入れているブランドです。サロモンのトレランシューズはグリップ力があり、濡れた路面や乾いた路面でも滑りにくく作られているのがポイント。クッション性もあるので、長時間履いていても疲れにくいのがサロモンの特徴です。

オールラウンドで使えるシューズのため、初心者の人におすすめのメーカーです。


トレランシューズの人気メーカー2. ALTRA(アルトラ)

アメリカで誕生したランニングシューズを中心に展開するメーカーアルトラ。「自然な走り方」をコンセプトに様々なシューズを開発しています。ヒールとつま先が1対1との割合で作られた「ゼロドロップ」と呼ばれるシューズは、ヒザにかける衝撃を減らしより自然に近い走りを実現しました。

機能性が充実しているので、初心者向けというよりは本格的にトレイルランニングをする人におすすめのメーカーです。


トレランシューズの人気メーカー3. montrail(モントレイル)

登山用品で有名なColumbiaのサブブランドとして誕生したモントレイルは、トレイルランニングやハイキングといったシューズを中心に展開するメーカーです。

シューズが軽いだけでなく、クッション性や柔軟性を備えた作りが特徴。さらに、アウトドライといって防水透湿性技術が使われているため、常に快適な走りを実現します。カラーも豊富に展開しているので、トレイルランニングをしている時もおしゃれを楽しみながら走りたいという人におすすめのメーカーです。


トレランシューズの人気メーカー4. HOKA ONE ONE(ホカオネオネ)

ホカオネオネは、2009年にフランスのアネシーで誕生したシューズブランドです。

ホカオネオネのシューズは、軽量さに加えてソール部分が厚く足全体を包み込むのが特徴。また、ランニング用としてだけでなく、普段履きとしても使えるほどおしゃれなデザインをしているのも人気の秘密です。

走るだけを目的とするのではなく、ランニング中もおしゃれを意識していたいという人にぴったりです。


トレランシューズの人気メーカー5. LA SPORTIVA(スポルティバ)

1928年にイタリアで誕生した老舗メーカーのスポルティバは、登山用の靴はもちろんのことトレランシューズやクライマーシューズなどを展開しています。

登山やトレイルランニングで地味になりがちな足元を鮮やかなカラーで彩るので、テンションが上がりますよ。幅広のものやロード兼用といった幅広い種類を展開しているから、おしゃれも機能性も両方欲しい欲張りな人におすすめのブランドです。


トレランシューズの人気メーカー6. inov-8(イノヴェイト)

イギリスで誕生したシューズメーカーのイノヴェイトは、トレイルランニング用のシューズだけでなく、ランニングやジムといった種類のシューズも展開しています。ノーベル賞に受賞した「グラフェン」という素材をソール部分に使用し、より耐久性や軽量性を実現しました。

ゴアテックスや防水といった機能性にも優れているイノヴェイトは、よりタフな環境でトレイルランニングをしたい人におすすめです。


トレランシューズの人気メーカー7. asics(アシックス)

日本人に馴染み深いメーカーのアシックスは1949年に日本で創業したスポーツブランドです。アシックスのトレランシューズは、独自開発のミッドソールを採用。さらに、かかと部分にはGELを内蔵したことで、衝撃を和らげ足の疲れを軽減します。

アシックスのトレランシューズは、比較的価格も安いため、初心者には始めやすいのもポイント。トレイルランニングで、足の疲労がネックになっていた人もアシックスのシューズなら独自開発のミッドソールで、足への負担が和らぐのでぜひ体感してみて。


トレランシューズの人気メーカー8. adidas(アディダス)

世界的に有名なスポーツメーカーのアディダスでも、トレランシューズは多く取り扱っています。着用時は幅広で足へのフィット感やグリップ力といった他にも、ゴアテックスもあるので防水や防風もOK。普段履きにもできるほどおしゃれなデザインも魅力です。

また、アウトレットで比較的安い値段で手に入るのも嬉しいポイント。普段履きと兼用でトレランシューズを探している人にぴったりのブランドです。


トレランシューズの人気メーカー9. NIKE(ナイキ)

スポーツメーカーとしておしゃれで人気の高いナイキは、トレランシューズもおしゃれに作られています。ロード兼用としても使えるナイキのトレランシューズは、軽いのはもちろん他メーカーとは違う鮮やかなカラーが特徴です。

普段履きでも全く違和感のないデザインでありながら、通気性やクッション性などトレイルランニングには欠かせない機能も充実。ナイキのトレランシューズは、足元もおしゃれにキメたいという人におすすめです。


【2020最新】トレランシューズの人気おすすめランキングTOP17

様々なトレランシューズが販売されていますが「どれが人気なの?」と選ぶのに迷ってしまいますよね。

アディダスやナイキといった有名なスポーツメーカーだけでなく、登山用品なども販売しているメーカーまで様々。今回は人気の高いトレランシューズを紹介します。


【おすすめ人気ランキング第17位】モントレイル トレランシューズ ログ FKT ROGUE FKT

  • 軽量化されたことで、足の運びが軽くなりスピード感のある走りを実現
  • ロード兼用としても使えるから、シューズ選びにも迷わない
  • グリップ力と柔軟性のバランスがよく、雨天のレースにも最適

本格的にトレイルランニングを始めたいと考えていると、シューズもこだわりたくなりますよね。よりフィット感があって、様々なシーンで活用できるシューズが欲しくなるもの。

モントレイルのシューズは、アッパー部分が3Dプリントのかご状のサポートパーツで作成されているので、縫い目や接着剤を使わず軽量化に成功しています。もちろん、フィット感も抜群なため、日常のトレイルやレースなどでも大活躍。

長距離で足を痛めた経験がある人は、軽量でフィット感のあるモントレイルがイチオシです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:10,010円
  • メーカー:モントレイル
  • サイズ:25.5〜28.5cm
  • 重量:253g
  • 防水加工:×
  • ロード兼用:×

【おすすめ人気ランキング第16位】ナイキ エア ズーム ワイルドホース 5 AQ2223

  • 通気性が良いので、走行中に足がムレるのを防ぎいつでも快適
  • 場所を選ばずトレイルできるから、初心者から上級者までOK
  • スタイリッシュなデザインで、おしゃれに気を遣う人にぴったり

走行中足がムレて気になってしまったという人も多いでしょう。

ナイキのトレランシューズなら、多構造メッシュを採用したことで、シューズ内の通気性が向上し、快適な走りを実現しました。また、Zoom Airヒールユニットを採用したことで、足場の悪い場所やオンロードといった場所でも衝撃を和らげ足への負担を軽減します。

ナイキ エア ズーム ワイルドホースは、通気性が良いから足がムレてニオイが気になる人におすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:12,100円
  • メーカー:ナイキ
  • サイズ:23〜25cm
  • 重量:ー
  • 防水加工: ×
  • ロード兼用:◯

【おすすめ人気ランキング第15位】HOKA one one メンズ トレイルランニング シューズ SPEEDGOAT 3 Men

  • ソール部分にロゴがデザインされているから、シューズだけでもおしゃれに決まる
  • 不安定な場所でもグリップ力が高いので、安心して走れる
  • 耐久性と安定性に優れていて、場所を選ぶことなくいつでもトレイルできる

「どんなシーンでも快適に走り込めるシューズが欲しい」本格的にトレイルしていると、シューズにもより性能を求めるものですよね。

HOKA one oneのシューズは、長距離レースや複雑なトレイルでも対応できるように作られたモデルです。従来のモデルでも採用されたVibram Megag Gripはそのままに、さらにホールド感をUPしたことで、より足にフィットした作りになりました。ソール部分も厚く作られているので、多少の泥道や水たまりでも問題なく走行OK

天候に左右されることなく、いつでも頼りになるHOKA one oneは、トレイルランニングをより極めたいと思った時に、履きたくなるシューズです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:20,900円
  • メーカー:HOKA one one
  • サイズ:25〜30cm
  • 重量:292 g
  • 防水加工: ×
  • ロード兼用:◯

【おすすめ人気ランキング第14位】オン クラウドベンチャートレイルランニングシューズ 2299858M

  • 過剰なデザインはなく、シンプルでおしゃれなシューズだからウェアとも相性抜群
  • 雨の日でもシューズの中は快適なので、パフォーマンスを発揮できる
  • 高いグリップ力で、足場の悪い場所でもしっかりと走り込める

雨が降るとシューズの中に水が入って、走りに集中できずパフォーマンスが発揮できないと悩んでいる人も多いでしょう。

オンのトレランシューズは、防水加工をしてあるので雨の日でも問題なく走れます。下りの時にかかる足への衝撃も、クッション性が高く作られているから負荷が少なく、長距離も快適に走行が可能です。見た目もシンプルでおしゃれな作りをしているから、トレイルの時にも活躍するシューズ。

今まで天候でシューズを選んでいた人は、オンのシューズにすることで選ぶ時間を削減できておすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:19,580円
  • メーカー:オン
  • サイズ:25〜28cm
  • 重量:340g
  • 防水加工:◯
  • ロード兼用: ×

【おすすめ人気ランキング第13位】 アルトラ ティンプ トレイル 1.5

  • グリップ力が高まったことで、不安定なトレイルもサクサク動ける
  • ミッドソールの柔軟性が高くなったので、地面からの衝撃が減少
  • ゼロドロップを採用したことで、正しい姿勢で走れるので体への負担が少ない

トレイルランニングで長時間走り続けていると足に疲れが溜まりやすくなり、実力を思うように発揮できないこともありますよね。

アルトラのトレランシューズは、従来のものよりさらにアッパーを強化したことでホールド感が高まり、長時間のランニングでも疲れにくくなりました。また、ゼロ・ドロップを導入したことでベアフットランニングの感覚で走れるようになっています。

長時間で足が疲れやすいという人やベアフットランニングを体験してみたいという人には、試して欲しいランニングシューズです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:17,600円
  • メーカー:アルトラ
  • サイズ:ー
  • 重量:317g
  • 防水加工:ー
  • ロード兼用:×

【おすすめ人気ランキング第12位】スポルティバBUSHIDO ブシドーイエロー/ブラック

  • 地形に左右されることなく、しっかりとグリップする安定力
  • ホールド感があるので、長距離を走っても疲れにくくレースにぴったり
  • 山の中でも目立つビビットカラーで、他の人と被りにくい

シューズ内で足がぐらついてしまい、山を下る時に走りに集中できないと悩んでいる人もいるはず。

スポルティバなら、アッパーの一部にTPU素材を使っているので、上下からしっかりと足をホールドするから不安定な場所のトレイルでも走れます。

また、サイド部分は足場の悪い岩場やぬかるみにも強く作られているので、登山や山でトレイルする人にはぴったり。今までのシューズが足に合っていないと感じたならぜひ使って欲しい商品です。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:18,900円
  • メーカー:スポルティバ
  • サイズ:23.1〜27.3cm
  • 重量:560g
  • 防水加工:ー
  • ロード兼用: ×

【おすすめ人気ランキング第11位】new balance トレイルランニングシューズ MT10 ミニマス

[ニューバランス] トレイルランニングシューズ MT10 ミニマス (現行モデル) メンズ ブルー(UB) 27 cm 2E
  • Vibramアウトソールを採用したことで、グリップ力が優れパフォーマンスもUP
  • フィット感が抜群だから、他のシューズには戻れない履き心地
  • トレランシューズの中でも人気が高く、初心者からベテランでも幅広く愛されるシューズ

「トレイルランニングをしているなら、素足で駆け抜けているような感覚を味わいたい。」と考える人もいるでしょう。

new balanceなら、オブリーク形状のラストを採用したことで、より素足に近い感覚で山道やオフロードを走れます。ソール部分が他のトレランシューズと比較しても薄いので、トレーニングシューズとしても重宝。

トレイルランニングをしながら、靴を履いていることを忘れるほど体にフィットした靴を体験したいなら、裸足の感覚で走れるnew balanceがおすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:7,304円〜11,880円
  • メーカー:new balance
  • サイズ:24〜30cm
  • 重量:約234g
  • 防水加工: ×
  • ロード兼用:◯

【おすすめ人気ランキング第10位】トレイルランニングシューズ 120181 B624

[ブルックス] CASCADIA 10 1201811B 624 (FLAMINGO/23)
  • 耐久性に優れているので、下からの突き上げにも強く足裏への衝撃も少ない
  • 通気性もいいため、熱がこもらずシューズの中はいつも快適
  • グリップ力が高く、デコボコとした道もラクラク走れる

シューズが重たいと最初はいいものの、距離が長くなれば足に疲れが出てきてしまいます。

BROOKSのトレランシューズは、伝説のランナースコットジュレク氏が監修しているので軽量、耐久性といったランニングに欠かせない機能がさらにグレードUP。シューズは幅広で作られているので、今までのシューズで窮屈さを感じている人にはイチオシです。

長距離でも軽やかに走り続けられるBROOKSのトレランシューズは、今のシューズに不満を抱いている人にこそ1度試して欲しい商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:9,990円〜14,040円
  • メーカー:BROOKS
  • サイズ:22〜26cm
  • 重量:ー
  • 防水加工:ー
  • ロード兼用:ー

【おすすめ人気ランキング第9位】トレイルランニング シューズ Speedcross 4 Women

[サロモン] トレイルランニング シューズ Speedcross 4 Women (スピードクロス 4 レディース) BIRD OF PARADISE/NASTURTIUM/PINK 23.5cm
  • 天気に左右されることなく、パフォーマンスを最大限に発揮することが可能
  • 安定のグリップ力で、難所もスピーディーに超えられる
  • 防水素材でできているから、雨の日でも快適に走れる

長時間走っていると、足の一部が痛くなってしまい走りに集中できず思うように記録が伸びないなんてことありませんか。

サロモンのトレランシューズは、オーダーメイドで作ったかのうような履き心地を実現しました。その秘密は、SensiFitを採用したことでミッドソールからレーシングシステムまで足を包みこんだからです。足をしっかりと固定したことで足への負担を軽減をしています。さらに、ゴアテックスだから防水性もありシューズの中は快適

走行中に足が痛くなってしまい記録が伸び悩んでいる人は、シューズが合わないことが原因の可能性があるため、足にフィットしやすいSpeedcrossの履き心地をぜひ体験して欲しいです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:16,500 円〜70,357円
  • メーカー:サロモン
  • サイズ:21.5〜32.5cm
  • 重量:260g
  • 防水加工:×
  • ロード兼用:ー

【おすすめ人気ランキング第8位】MERRELL(メレル) トレイルグローブ4Eメッシュ

[メレル] トレイルランニングシューズ トレイルグローブ4Eメッシュ ウィメンズ Hot Coral US 7(24 cm) 2E
  • 高機能のアウトソールを使っているので、グリップ力や耐久性に路面が悪くても走りやすい
  • エンジニアドメッシュを採用したことで通気性が良くなり、靴が蒸れにくいから、長時間履いていても快適
  • ヒールの高さは1.5cmと普段履きとしても使えるので、まずはトレランシューズがどんなものか試したい人にGOOD

落ち着いたカラーの多いトレランシューズですが、女性にも合う明るいカラーが欲しいと思う人は多いでしょう。

MERRELLのトレランシューズは、ビビットなオレンジカラーが特徴で、足にフィットし靴紐もあるので普段履きとしても使えてトレラン初心者におすすめです。靴紐タイプだから、泥道といった足場の悪いところではなくある程度舗装されている場所で走るのにぴったり。まるでオーダーメイドかのようなフィット感と足幅は幅広く作られているから、長時間履いていても辛くありません。

トレランシューズは地味なカラーが多いですが、MERRELLのシューズはテンションが上がるカラーを豊富に取り揃えているので「明るいトレランシューズが欲しい」という人はぜひ買ってみて。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:5,949円〜14,080円
  • メーカー:MERRELL
  • サイズ:22〜26cm
  • 重量:ー
  • 防水加工: ×
  • ロード兼用:ー

【おすすめ人気ランキング第7位】モントレイル トレイルランニングシューズ カルドラド3

[モントレイル] トレイルランニングシューズ カルドラド3 メンズ 053(グラファイト・ヒートウェーブ) US 7.5(25.5 cm)
  • カルデラや山道といったタフな場所にこそ、実力を発揮するトレランシューズ
  • ヒールカップ部分もホールド感があるだけでなく、着脱しやすいのがポイント
  • アッパーのメッシュ部分がより細かくなり、ホールド感UP

トレイルランニングを続けていると短距離、長距離とどちらでも使えるオールラウンドなシューズが欲しくなる人も多いでしょう。

モントレイルのカルドラド3なら短距離、長距離のどちらでもオールマイティーに使えるシューズです。その秘密は、前回よりもアッパー部分が変更したことによるホールド感と耐久性がUPしたから。より足を包み込むので、疲れにくく長距離のトレイルランニングも問題ありません。

常に進化を続けているモントレイルのシューズは、オールラウンドに使えるトレランシューズを探している人にぜひ試して欲しい1足です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:9,032円〜5,950円
  • メーカー:モントレイル
  • サイズ:25〜30cm
  • 重量:ー
  • 防水加工:ー
  • ロード兼用:ー

【おすすめ人気ランキング第6位】アシックス ランニングシューズ GEL-FujiRado

[アシックス] ランニングシューズ GEL-FujiRado メンズ ダークグレー/レッドスナッパー 25.0 cm
  • カルデラや登山といった足場の悪い場所でも、駆け抜けやすいグリップ力
  • ミッドソールにはGELが使われているから、クッション性が高く足に負担がかかりにくい
  • Boaクロージャーシステムを搭載したことで、フィット感を1mm単位で調整できる

トレイルランニングの大会に出場したり、長時間のランニングをしていると、どうしても足の疲れが気になってしまうもの。足への負担を少なくしたいと考えている人は多いはず。

アシックスのトレランシューズは、プレートを搭載したことで突き上げからの衝撃を和らげ足への負担を軽減します。また、LACE POCKETを採用したことで走行中にシューレースがほどける心配もありません。

耐久性があり過酷な道でも走れるシューズのため、初心者向けというよりは大会に出場する人にGOOD。靴底に硬いプレートを入れたことで、足への衝撃を緩和するので長時間のランニングを楽しみたいという人に履いてみて欲しいトレランシューズです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:10,013 円〜10,560円
  • メーカー:アシックス
  • サイズ:25〜29cm
  • 重量:ー
  • 防水加工:×
  • ロード兼用:◯

【おすすめ人気ランキング第5位】イノヴェイト TRAILROC 285 MS IVT2756M2

[イノヴェイト] TRAILROC 285 MS IVT2756M2 メンズ BGY 30 cm
  • ヒールの高さは3.5cmなので、水たまりやぬかるみにもOK
  • つま先の保護もOKだから、岩などに足がぶつかっても衝撃を和らげる
  • シンプルなデザインなのに、おしゃれさもありランニング中でもテンションUP

トレランシューズがイマイチ足にフィットせず、思うような走りができないと感じていることはありませんか。足にフィットしていないと、足に負荷がかかるだけでなく別の場所へも影響してしまう可能性も。

イノヴェイトのTRAILROCは、3種類のアッパー素材を使い分けたことで、より足にフィットしやすく通気性も改善しました。プレートをより厚くしたことで、地面からの突き上げを和らげ足裏への負担も軽減しています。

今まで走行中に、靴の中が遊んでしまってコースに集中できなかった人は、フィット感のあるイノヴェイトの商品がおすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:8,245円〜39,420円
  • メーカー:イノヴェイト
  • サイズ:25〜30cm
  • 重量:ー
  • 防水加工:×
  • ロード兼用:ー

【おすすめ人気ランキング第4位】サロモントレイルランニングシューズ SPEEDCROSS 4

[サロモン] トレイルランニングシューズ Speedcross 4 (スピードクロス 4) メンズ BLACK/BLACK/BLACK METALLIC / 2019年モデル 27.0cm
  • 走るたびにグリップの強さを感じるので、路面で不安になることがない
  • 足全体を包み込むホールド感があるから、シューズが体の一部みたいな感覚に
  • 細くて丈夫な紐を使っているから、着脱しやすく履くのに時間がかからない

泥地や芝など走っていると足を取られてしまうこともあり、足の運びが遅くなるということもありますよね。

サロモンのトレランシューズは、耐久性と密着性の両方を兼ね備えたContagrip® TAを採用しているので、ぬかるんだ場所や固い場所など地形に左右されることなく、グリップ力を発揮します。また、アッパー構造にはSensiFitを取り入れたことで、足全体を包み込むので疲れにくくなったのがポイント。

路面に左右されることなく走れるので、オンロードでガシガシと走りたいと考えている人におすすめしたいトレランシューズです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:8,290円〜66,175円
  • メーカー:サロモン
  • サイズ:24〜30cm
  • 重量:300g
  • 防水加工:×
  • ロード兼用:◯

【おすすめ人気ランキング第3位】アディダス TERREX TRACEROCKER GTX EFW64

[アディダス] TERREX TRACEROCKER GTX EFW64 メンズ コアブラック/カーボン S18/アクティブレッドS19 (BC0434) 26 cm
  • 価格が比較的安いので、2足目のトレランシューズとしてもおすすめ
  • 透湿性のゴアテックスが、しっかりと水を弾き、シューズはいつも快適な状態をキープ
  • 軽量EVAミッドソールと搭載しているので、クッション性高く足が疲れにくい

山道や岩場など路面で滑ってしまったという経験をした人もいるでしょう。体勢が崩れると怪我につながるため、グリップ力の高いトレランシューズが欲しいですよね。

アディダスのトレランシューズなら、スーパーハイトラクションアウトソールを搭載し、路面が濡れている状態でも滑りにくい作り。シンプルなデザインながらも普段履きとして使えるおしゃれな作りだから、タウンユースでも使えます。

ソール部分が滑りにくい作りをしているから、険しい道や雪道といった路面のコンディションが悪いところでも滑りにくく安心してコースを走れるため、本格的にトレイルランニングをしている人にこそおすすめの商品です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:7,190円〜20,818 円
  • メーカー:アディダス
  • サイズ:22〜30.5cm
  • 重量:540g
  • 防水加工:◯
  • ロード兼用:◯

【おすすめ人気ランキング第2位】サロモン トレイルランニング シューズ XA PRO Gore-TEX

[サロモン] トレイルランニング シューズ XA PRO Wide (エックスエー プロ 3D ワイド) メンズ Black/Magnet/Quiet Shade 28.0cm
  • グリップ性が高く、山道や砂利道なども滑りにくいシューズ
  • 他メーカーと比較してもカラーバリエーションも多いので、お気に入りが見つけられる
  • 無駄のないシンプルなデザインが男女問わず人気

泥地や天候が悪い日に走るとシューズの中に水が入って、走りに集中できないと経験したという人も多いでしょう。

サロモンのシューズはゴアテックス加工がしてあるので、多少の雨水でシューズの中に水が入ることはありません。また、ヒールの高さも4.5cmと高いため、泥や水たまりに足が入ってしまっても大丈夫。

今まで天候でトレイルランニングを注視していた人も、防水加工がしてあるサロモンのトレランシューズを履けば、天候を気にせずトレイルランニングを楽しめるのでおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:12,487円〜56,629円
  • メーカー:サロモン
  • サイズ:24〜30cm
  • 重量:ー
  • 防水加工:◯
  • ロード兼用:◯

【おすすめ人気ランキング第1位】アシックス ランニングシューズ トレイルラン GEL-VENTURE6

[アシックス] ランニングシューズ トレイルラン GEL-VENTURE 6【Amazon.co.jp限定カラーあり】 メンズ ストーングレー/ストーングレー Amazon.co.jp限定カラー 27.5cm
  • レギュラータイプとエクストラワイドの2つタイプがあるから、足の幅広い人もOK
  • 軽量タイプだから、トレイルランニングだけでなくタウンユースでも足が疲れにくい
  • 程よくクッション性があるので、足への負担が少なく普段履きにもぴったり

「トレランシューズはほしいけど、ランニングやウォーキングにも使えるシューズが欲しい」と普段履きとしても使いたいと考えている人も多いはず。

アシックスのトレランシューズなら、トレイルランニングでもウォーキングにも使えるシューズです。かかと部分にGELが内蔵されているためクッション性も高く、グリップ性のあるソールがしっかりと地面を捉えて歩きやすい

トレランシューズとしても普段履きとしても履きたいという人は、デザインがおしゃれで機能性も優れて両方いいとこ取りのアシックスのランニングシューズを買ってみて。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:3,648円〜7,480円
  • メーカー:アシックス
  • サイズ:25〜29cm
  • 重量:ー
  • 防水加工: ×
  • ロード兼用:ー

自分に合うトレランシューズで、走りをもっと楽しもう!

トレランシューズは、アウトレットでも販売しているものも多く初心者の方でも手が出しやすい値段で販売しています。

登山向けのものやロード兼用のものなど、走るシーンによって使い分けもOK。まずは、今回紹介したシューズの選び方を参考に、自分に合ったものを選んでみてください。

より快適な走りが実現すれば、トレイルランニングにハマっていくことでしょう。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ