電気敷き毛布のおすすめランキング2020|寒い日に快眠できる人気商品を解説

寒くて寝付きが悪い時に役立つ人気アイテム「電気敷き毛布」。そこで今回は、電気敷き毛布の魅力や選び方から、実際におすすめの電気敷き毛布まで詳しくご紹介します。パナソニックや山善といった人気メーカーも解説するので、寝具に合う大きさはもちろん、タイマーや温度調整機能の有無などを確認して、自身に合う寝具をGETしましょう!

電気敷き毛布のメリット|どんな時に使えるの?

電気毛布を使って寝ている人

電気敷き毛布は、シーツの下や、敷き布団、ベッドの上に敷いて電気の力で暖める寝具

毛布を掛けても足先が寒くてなかなか寝付けないという人や、掛け布団が重くて苦しいという人もいますよね。電気敷き布団があれば、たくさん掛け布団を掛けなくても足先まで暖かくなるため、快適な眠りが期待できます

布団に入る前に電源を入れておけば、ひんやりを感じずに最適な温度を実現。

電気敷き毛布はコンセントに挿して使うものが多いですが、中にはUSB接続ができたり、デザインがおしゃれな商品もあるので、車中泊や、冬場のキャンプなどのアウトドアでも使えて便利です。


電気敷き毛布の選び方|購入前に比較すべきポイントとは?

一言で電気敷き毛布と言っても様々なメーカーから種類も豊富に販売されています。そのため、いざ購入しようとするとどれが自分に適しているのか分かりにくいと感じることも。

そこでここからは、電気敷き毛布の選び方を詳しくご紹介していきます。ぜひ、購入前にチェックしてくださいね。


電気敷き毛布の選び方1. 寝具の大きさに合うサイズを選ぶ

普段使っている寝具のサイズは人それぞれ。電気敷き毛布も、シングルベッドや布団ならシングルサイズ、セミダブルやダブルサイズならそれぞれ適したサイズを選ぶなど普段使っているベッドや布団のサイズを選ぶようにしましょう。

シングルサイズのベッドなのにダブルサイズを選んでしまうと、ベッドや布団からはみ出てしまい、見た目に悪いだけでなく、余計な電力を使ってしまうことにもなります。逆にダブルサイズの寝具にシングルサイズの電気敷き毛布を使っても暖かさを十分に感じられません。

寝具との組み合わせはしっかりと確認しておきましょう


電気敷き毛布の選び方2. 消費電力を確認して選ぶ

電気敷き毛布は、電気を遣って暖めるので、使用する際は、電気代がかかります。

メーカーや商品によって、消費電力は異なるので要チェック。50Wの場合、電気代は大体1時間で1.4円、5Wだと1時間で約0.1円と消費電力によって電気代は異なります

スペック表を見ると、『定格消費電力』と書かれている場合も。『定格消費電力』は、全ての機能をフルに使った時の消費電力で、電気敷き毛布を『弱』で使用した時の消費電力とは異なるため、注意が必要です。


電気敷き毛布の選び方3. 温度調節ができるか確認して選ぶ

電気敷き毛布を使用する場合、その日の温度や、快適に感じる設定温度は毎日一定ではないので、温度調節機能はぜひ欲しい機能です

例えば、使い始めは布団の中は冷たいので『強』にしておいて、馴染んできたら『弱』にしてほんのり暖かさをキープするなど、温度調節ができると寝心地や寒さに応じて変化を加えられます

特に無段階調節ができるものなら、細かく温度調節ができるので、より快適な温度で過ごせますよ。電気敷き毛布を選ぶ際にはぜひチェックしておきましょう。


電気敷き毛布の選び方4. タイマー機能の有無を確認して選ぶ

就寝時に使うことが多い電気敷き毛布。暖かくてそのままウトウトしてしまうこともあるでしょう。

電源を付けたままで寝てしまって、暑くて起きるなんてことも。タイマーが付いていれば、寝落ちしても、自動で電源が切れるため、無駄な電気代がかからず、省エネに繋がります

寝てしまった後は電源を切りたい人、寝る直前まで付けていたいけど電源が気になって眠れない人は、タイマーが付いているものを取り入れれば、気にせず快適な眠りにつけますね。


電気敷き毛布の選び方5. 洗濯できるかチェックして選ぶ

冬場、電気敷き毛布の快適さを知ると使わずにはいられないという人もいるでしょう。しかし、毎日使うと汗や汚れが気になりますよね。

電気敷き毛布は、種類によって、コントローラーを外せば丸洗いができるものも。これなら汚れが気になったら洗って清潔を保てるので、衛生的に使い続けられますよね

洗う方法がドラム式は不可や、手洗いのみという場合もあるので、購入前に、使いたい洗濯方法が使用可能かを確認しておくと安心です。


電気敷き毛布の選び方6. ダニ退治機能が付いている毛布を選ぶ

布団やカーペットなどの布製品には、ダニが発生しやすく、アレルギーの原因とも言われているので、毎日就寝時に使う寝具にダニは増やしたくないものです。

ダニは、50度の熱なら20~30分で退直する性質を持っており、電気敷き毛布の中には、高温にすることでダニを退治できる機能が付いているものがあります

アレルギーが気になる人や、ダニをなるべく増やしたくない人は、ダニ退治機能の有無を確認しておくと良いでしょう。


電気敷き毛布の人気メーカー3選|必ず暖まれる最強ブランドとは

電気敷き毛布は様々なメーカーから販売されています。

商品を選ぶ時には、商品そのもののだけでなく、メーカーも気になるところ。そこでここからは数多くの人気商品を販売しているおすすめメーカーを3つご紹介します。メーカーの特徴を確認し、購入する際の参考にしてくださいね。


人気メーカー1. Panasonic(パナソニック)

日本の大手電機メーカーで、生活を便利に快適にする生活家電から、テレビなどのデジタル機器、住宅設備なども手掛けています。

室温センサーを搭載しているものが多く、温度調節を自動で行ってくれて便利。機能性だけでなく、チェックやストライプなどおしゃれなデザインのものが多く、電気敷き毛布は、「暖かい空間をつくるだけでなく、おしゃれにもこだわりたい」という人にもおすすめです。


人気メーカー2. 山善

家電やインテリア、収納用品など、暮らしを豊かにするアイテムを幅広く扱う人気のメーカー。

手軽に手に入れられる安いものから、フランネル素材で肌触り抜群の物や、抗菌効果のあるものまで、多くの消費者ニーズに応えられる豊富なラインナップが特徴です。

家族それぞれ電気敷き毛布に求めている特徴が違っていても最適なアイテムを見つけられるでしょう。丸洗い可能なものばかりなので、衛生面に配慮したい人にもおすすめです。


人気メーカー3. KODEN(広電)

電気毛布や電気行火など、パーソナル暖房機器で人気を集める電機メーカー。

価格の安いモデルから、入・切タイマー搭載の肌触りの良いフランネル素材が使われた上位モデルまで、サイズも豊富に取り揃えられています

通気性の良い綿製のものや、暖かくなる面を切り替えられるものなど、とにかく種類が多いので、「どの機能が良いのか分からないから、豊富な種類から選びたい」と思っている電気敷き毛布ビギナーにおすすめです。


電気敷き毛布のおすすめランキング2020|寒い日に使いたい最強暖房グッズとは

冬の布団の寒さを和らげて快適にしてくれる電気敷き毛布を、今年の冬は取り入れたいと思っている人もいるでしょう。しかし、いざ購入しようとすると、その種類の多さにどれを選べば良いのか悩みがち。

そこでここからは、今人気の電気敷き毛布をランキングでご紹介します。おしゃれなものから省エネなものまで豊富にラインナップされているので、ぜひ参考にしてくださいね。


【電気敷き毛布のおすすめランキング第7位】椙山紡織 電気しき毛布 NA-023S

  • 温度調節すると、コントローラーの窓が点灯するため、暗い部屋でも分かりやすい
  • 冷えやすい足を暖める『頭寒足熱配線』を搭載し、冬の寒い時期の快眠を導く
  • 室内センサーが搭載されており、室内の温度によって制御することが可能

電化製品は日本のものが安心と、『日本製』にこだわる人もいることでしょう。

椙山紡織の『電気しき毛布 NA-023S』は安心の日本の暖房器具メーカーが手掛ける日本製。椙山紡織は、もともとは生地メーカーなので、電気敷き毛布は専門技術が詰まった逸品。質の良いものにこだわりたい人にもおすすめです。

日本のメーカーから発売されている日本製の電気敷き毛布をぜひ取り入れて、安心と快適さを獲得してくださいね。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:シングル ‐ 消費電力:55W
  • 温度調節:◯
  • タイマー:×
  • ダニ退治機能:◯
  • 洗濯:◯
  • メーカー:Sugiyama

【電気敷き毛布のおすすめランキング第6位】コイズミ 電気毛布 KDS-4061

コイズミ 電気毛布 敷毛布 丸洗い可 130×80cm KDS-4061
  • 『頭寒足熱配線』により、頭は暖めず、冷えやすい足先は暖かいので快適
  • 抗菌消臭を施した繊維を採用しているので、菌の繁殖を防げる
  • 安い価格で手に入るため、手軽に使いたい人におすすめ

毛布の菌やダニなどが気になる人もいるでしょう。

コイズミの『電気毛布 KDS-4061』は高温を保つことでダニ退治ができる他、毛布の繊維内には抗菌防臭加工が施されているため、菌の繁殖、臭いを抑える効果が期待できます。汚れが気になったらコントローラーを外して丸洗いもできるので、毛布を清潔に保ちたい人におすすめ。

アレルギーや、衛生面から菌やダニを抑えたいなら、様々な方向からダニや菌の抑制効果を発揮できる電気毛布を使って、快適な暮らしを手に入れてください

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:シングル
  • 消費電力:40W
  • 温度調節:◯
  • タイマー: ×
  • ダニ退治機能:◯
  • 洗濯:◯
  • メーカー:コイズミ

【電気敷き毛布のおすすめランキング第5位】Sugiyama 電気掛敷兼用毛布

  • おしゃれな掛け敷き兼用タイプなので、就寝以外でも日中のひざ掛けとしての使い方もできる万能アイテム
  • 幅130cm、長さ188cmと余裕のあるサイズで、掛けて使う時にも体をすっぽりと覆うことができて快適
  • バッグライト付きのコントローラーなので、暗い部屋でも操作しやすい

部屋の暖房をつけると、「足は寒いのに顔がほてって調節が難しい」という人も多いですよね。

Sugiyamaの『電気掛敷兼用毛布』は、敷布団の上に敷くだけでなく、リビングやソファで過ごしている時にひざ掛けとしても使える、おしゃれな掛け敷き兼用タイプです。

サイズは幅130cm、長さ188cmと大きめなので、肩から羽織って使えば身体を暖めて、顔は涼しく保てます。空間を暖めずに部分的に暖めるので、広い部屋に1人でいる時や、電源があれば車中泊、キャンプなどのアウトドアにもおすすめです。

部屋全体を暖めると、顔がぼーっとしてしまうなら、足や身体だけを暖められるので、ぜひ買って快適な冬を過ごしてくださいね。

公式サイトで見る


商品ステータス

  • サイズ:シングル
  • 消費電力:80W
  • 温度調節:◯
  • タイマー: ×
  • ダニ退治機能:◯
  • 洗濯:◯
  • メーカー:Sugiyama

【電気敷き毛布のおすすめランキング第4位】アイリスオーヤマ 電気敷き毛布 EHB-1408-T

アイリスオーヤマ 【丸洗いOK】 電気敷き毛布 140×80cm EHB-1408-T
  • ダニ退治機能が付いているため、就寝時も安心して使える
  • 敷布団に敷くことで、布団の下からの冷えを遮り、底冷えを防げる
  • 温度を無段階で調節でき、細かく好みの温度にできる

布団で寝ていて、布団の下からの冬の底冷えで、なかなか寝付けないという人もいますよね。

アイリスオーヤマから発売されている『電気敷き毛布 EHB-1408-T』は、敷布団の上に敷くことで、布団の下からの冷気を遮り、布団の上を暖かくするおしゃれなストライプ柄の電気敷き毛布です。冷気が伝わりやすい、フローリングの上に布団を敷いて寝ている人にもおすすめ。

暖かさを保てるので、冬に布団に入ると冷たくて寝つきが悪くなる人は、ぜひ買って使ってみてほしい商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:シングル
  • 消費電力:40W
  • 温度調節:◯
  • タイマー: ×
  • ダニ退治機能:◯
  • 洗濯:◯
  • メーカー:アイリスオーヤマ

【電気敷き毛布のおすすめランキング第3位】広電 電気敷毛布 VWS401-B

  • 1,000円台の安い価格で買える、リーズナブルな電気敷毛布
  • 1時間を『強』で使っても、約0.61円で電気代がかからずお財布に優しい
  • 敷布団の上に広げて敷くことで、布団の中を暖めて快適な温度にしてくれる

冬を快適に過ごしたいけど、お金はかけたくないという人もいるでしょう。

広電の『電気敷毛布 VWS401-B』は、1,000円台の安い価格で手に入れられる電気敷き毛布です。さらに、電気代も安い省エネタイプ。『強』で使用した場合で、1時間約0.61円と非常に安いので、光熱費を安く抑えたい人にもおすすめ

本体価格も電気代も安いので、お財布に優しい電気敷き毛布を探しているなら、買ってその良さを実感してみてはいかがでしょう。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:シングル
  • 消費電力:40W
  • 温度調節:◯
  • タイマー: ×
  • ダニ退治機能:◯
  • 洗濯:◯
  • メーカー:広電

【電気敷き毛布のおすすめランキング第2位】山善 電気敷き毛布 YMS-13

[山善] 電気敷毛布 (丸洗い可能) 140×80cm ブラウン YMS-13(T) [メーカー保証1年]
  • 柔らかい肌触りの毛布なので、心地良い温もりを感じられる
  • 毛布部分は洗濯機で丸洗いができるため、いつでも衛生的に使える
  • スライド式の操作しやすいリモコン付きで、使いやすい

身体に触れるものだからこそ、肌触りにもこだわりたいものですよね。

山善の『電気敷き毛布 YMS-13』は、毛布が柔らかく、肌触りの良さから温もりを得られるでしょう。縦140cm、横80cmのお手軽なサイズなので敷き毛布ですが、ひざ掛けとしての使い方もおすすめです。もちろんベッドや布団の上に敷いて使うと、暖かい空間で寝られますよ。

ふわっとした柔らか素材で良い眠りを得たいならぜひご利用ください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:シングル
  • 消費電力:55W
  • 温度調節:◯
  • タイマー: ×
  • ダニ退治機能:◯
  • 洗濯:◯
  • メーカー:山善

【電気敷き毛布のおすすめランキング第1位】パナソニック 電気しき毛布 DB-U12T-C

  • キトサンを採用しているので、抗菌性があり、臭いも防ぐ
  • コントローラーのダイヤルが光るため、暗い部屋でも操作しやすい
  • 温度調節が8段階でできることで、無駄なく暖かい布団が叶う

就寝する時に電気敷毛布を使うと、部屋が暗くて「暖まったから」と電源を消したい時には操作がしにくいですよね。

パナソニックの『電気しき毛布 DB-U12T-C』は、コントローラーに搭載されているダイヤルが光るので、暗い部屋でも操作ができる人気商品。温度調整は8段階と細かくできるため、布団の中を快適な温度に保ちます。

就寝時など部屋を暗くして使うことが多い人でも操作ができるため、ぜひ購入して使ってみてはいかがでしょう。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:シングル
  • 消費電力:54W
  • 温度調節:◯
  • タイマー:×
  • ダニ退治機能:◯
  • 洗濯:◯
  • メーカー:パナソニック

電気敷き毛布の注意点|気をつけるべきポイントとは?

電気敷き毛布は、布団の中を暖かい温度に保ってくれるので「冬には欠かせない」と感じている人もいることでしょう。ただ、使う上では注意も必要となります。

付けっぱなしで朝まで寝てしまうと、低温やけどや脱水症状を起こす可能性もあるため、布団が暖かくなったら電源を切るうようにしましょう。タイマーが付いている電気敷き毛布なら、うまく活用するのも一つの方法ですよ。正しい使い方で、安全・快適に利用しましょう。


電気敷き毛布があれば、あの寒かった日も快適に過ごせる。

電気敷き毛布は、電気を遣ってベッドや布団の中、キャンプなどのアウトドアや車中泊で、暖かい状態に保つ寒い冬に人気のアイテムです。

日本の冬は地域によっても気温は異なりますが、やっぱり寒いですよね。ひんやりする布団に入ると、眠気が冷めて、なかなか寝付けなくなってしまうことも。ぜひ、電気敷き毛布を上手に使い、暖かい布団で、良い眠りに繋げてくださいね。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ