【メンズ】レインシューズの人気ランキング10選。雨の日におすすめの一足とは

雨の日に重宝するおしゃれなレインブーツが欲しい男性へ。今記事では、レインブーツの魅力や選び方から、実際におすすめしたい人気のレインブーツまで詳しくご紹介します。スーツコーデに合わせやすいおしゃれなレインブーツも厳選したので、普段のコーデや着こなしにマッチする1足をGETしましょう!

雨の日でも安心!「レインシューズ(レインブーツ)」の魅力とは

レインシューズのおすすめ

雨の日でも快適かつおしゃれも楽しみたい男性にとって、メンズ用レインシューズは欠かせないアイテムです。

ここでは、メンズレインシューズにはどのような魅力があるのかを紹介していきます。詳しく見ていきましょう。


レインシューズの魅力1. 替えの靴下を持ち歩く必要がない

防水仕様でない靴を履いていると、外回りなどで外出が多い人は、雨の日に何枚も替えの靴下を持ち歩かなければなりません。

レインブーツは防水仕様になっており、雨の日でも靴の中が濡れてしまう心配がありません。当然靴下が濡れてしまう心配をせずに済むので、替えの靴下を持ち歩く必要はなし。

憂鬱な雨の日でも持ち運ぶ荷物が少なく済むことで、ストレスなく過ごせますよ。


レインシューズの魅力2. 足先を冷やさなくて済む

靴が雨で濡れてしまうと、蒸れて不快な思いをするだけでなく、足先を冷やして体調不良の原因になることもあります。

レインブーツを履くことで、靴の中に水が浸入するのを防ぎ、足先の冷えを防いでくれます。レインブーツと言うと長靴のイメージが持たれがちですが、最近ではおしゃれな靴が増えており、スーツにも合わせやすいです。

おしゃれさを維持しながら冷えも防げるのは、レインブーツの魅力の一つです。


レインシューズの魅力3. 雨天でも滑らない

雨の日は地面と靴との摩擦が低下するため、滑りやすくなってしまい、靴底の種類によっては危険な思いをすることがあります。レインシューズには滑り止めが付いているなど、雨の日でも滑りにくい靴底なので、滑る心配が少ないでしょう。

ぬかるんだ道でも足元を心配せずに歩行ができる点は、メンズレインブーツのメリット。転倒して怪我をすることを防げるので、雨天時にとても重宝するアイテムと言えます。


レインシューズの魅力4. 室内履きに替える時に部屋を濡らさずに済む

レインブーツは防水仕様になっているので、靴の中まで雨が浸透しにくい仕様になっています。靴下が雨で濡れないので、取引先などで土足を脱いでスリッパに履き替える際も、相手に迷惑をかける心配が少なく済みます。

雨の日にメンズレインブーツを履いて出かけるだけで、晴れた日と同じように気兼ねなくスリッパなどに履き替えられるでしょう。


どの一足を買うべき?「レインシューズ」の選び方

レインブーツは素材やデザインなどの種類が多く、どのようなシーンで使用するのかによって適した製品が異なるのが、一般的な革靴との違いです。

ここでは、自分にぴったりなメンズレインブーツの選び方を紹介していきます。


レインシューズの選び方1. 丈の長さをチェックして選ぶ

レインブーツにはショート・ミディアム・ロング丈の製品がありますが、履くシーンによって最適な長さは異なります。

丈ごとの違いを把握して用途に合う長さを見極めるために、それぞれの特徴をピックアップしてみました。


スーツにも合わせやすい「ショート」

ショート丈のレインシューズは、一般的な革靴と同じような丈からくるぶし程度の丈です。

スーツなど長いパンツと合わせても裾にかかる心配がなく、雨の日でもおしゃれなコーデができます。他の丈のレインブーツと比べて最も歩きやすいので、営業や通勤などビジネスシーンでも使い勝手が良いタイプ。

スーツと一緒に履くのであれば、おしゃれで歩きやすいショート丈がおすすめです。


カジュアルコーデにもハマる「ミディアム」

ミディアム丈のレインブーツは、足首程度の長さです。足回りをしっかり防水できるので、上からの雨や水たまりからはねた水が、ショート丈に比べて靴の中に水が入り込む心配が少なく済みます。おしゃれなデザインの製品が多く、デニムスタイルなどカジュアルコーデとの相性もいいので、普段使いに最適です。

ちょっとしたお出かけや軽いアウトドアまで対応できるなど、様々な用途で使え、プライベートで大活躍してくれます。


アウトドアで重宝する「ロング丈」

雨の日や雨上がり直後に、キャンプなどのアウトドアに使用するのであれば、最も防水性が高いロング丈が最適。

ひざ下をすっぽり覆って水から守ってくれるので、雨はもちろん木の上にたまった水が落ちてきたり、ぬかるみを歩いたりする時でも濡れる心配が少なく済みます。

雨の日の水濡れ防止はもちろん雪の日の防寒にも役立ち、アウトドアが好きな人や雪が降る地域に住んでいる人には必需品です。


レインシューズの選び方2. 素材を確認して選ぶ

レインブーツ商品によって使われている素材が異なり、デザインや機能、価格などに大きな影響を与えます。レインブーツに使われる代表的な素材には、下記のようなものがあります。

  • ラバー:経年劣化するが、フィット感が良く歩きやすい
  • PVC:少し滑りやすいが、劣化しにくく長持ちする
  • 合成皮革:防水性はイマイチだが、歩きやすくデザイン性が高い
  • GORE-TEX(ゴアテックス):防水性と透湿性が高く、防水スプレーと併用すると、さらに効果が高まる

デザインだけで決めてしまうと「歩きにくかった!」ということも考えられるので、素材による特徴の違いを把握し、レインブーツを選びましょう。


レインシューズの選び方3. ソールの素材や形状をチェックして選ぶ

雨や雪が降ってしまうと、通常よりかなり滑りやすく、フラットな形状のソールや滑りやすい素材では危険を伴ってしまう場合もあります。いくらレインブーツのアッパー部分が防水仕様でおしゃれでも、歩きにくいと大変な思いをしてしまい、徐々に使わなくなってしまうこともあるでしょう。

レインブーツの購入前に、靴底にどのようなラバーやゴアテックスのような滑りにくい素材が使われているのかや、凹凸が多くグリップ力が高い形状かどうかをチェックした上で、自分の使用シーンに合うレインブーツを選びましょう。


レインシューズの選び方4. 着脱の楽さを求めるなら「サイドゴア」を選ぶ

足首より長い丈のレインブーツは、雨からしっかり守ってくれる分、紐を結んだりファスナーをおろしたりしなければならず、着脱が少し面倒に感じてしまうこともあります。

サイドゴアタイプのレインブーツであれば、サイドにゴムが入っているので、少し広げるだけで手間をかけずに着脱できます

急いで出かけたい場合でも着脱に時間がかからないので、とてもスムーズ。着脱が楽ですぐに履いて出かけられるレインブーツを求めている人は、サイドゴアタイプを選びましょう。


【おしゃれで人気】男性用レインシューズのおすすめランキングBEST10

メンズレインシューズはここ数年で種類が豊富になってきており、選択肢が豊富でどれを選んでいいのかわからない人も多いでしょう。

ここでは、おしゃれでデザイン性が高いおすすめのメンズレインシューズをランキング形式で紹介していきます。


【人気ランキング第10位】トップドライ TDY38-36 AF3836

  • 紐靴なので通気性が良く、紐のないタイプに比べると蒸れない
  • 足にフィットしやすく、キャンプなどアウトドアシーンでの使用にもおすすめ
  • 内側にファスナー付きで、簡単に着脱しやすい

ショートタイプの男性用レインシューズは隙間なく防水できるものの、「蒸れてしまうのでは?」と心配になりますよね。

こちらの製品は紐靴で通気性が良く、蒸れない構造になっています。カジュアルな雰囲気なので、普段使いに使いやすいデザインです。足にフィットしやすく、自転車やキャンプなど、アウトドアシーンでも活躍してくれるでしょう。

足の臭いが気になる人でも、蒸れを気にせず使えるから、足の不快感が気になる男性におすすめしたいメンズレインシューズです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ展開:24.0cm~28.0cm
  • 素材:人工皮革(起毛)または合成繊維(起毛)・合成繊維
  • ソール素材:合成底
  • ブランド:アサヒシューズ

人【人気ランキング第9位】ハンター レインブーツ ロング

  • イギリスの老舗ブランドのロングブーツで高級感があり、通勤に使いやすい
  • アジャスターで幅の調整ができ、脚の大きさやパンツの厚さに合わせられる
  • 天然ラバーを使用しており、雪や雨の日でも滑りにくい

真冬の雪道を仕事中に歩く場合、ブーツの丈が短いと寒すぎて辛い思いをしてしまうもの。

『ハンター レインブーツ ロング』は、イギリス王室御用達の伝統的ラバーブーツブランドと言われるであるハンターのメンズロングブーツで、高級感がありながらも雨や雪から脚をしっかり守ってくれます。アジャスターで幅を調整でき、脚にフィットするよう柔軟に調整可能で、分厚い服を着ていても問題なく履ける製品です。

足をすっぽり覆ってくれる製品なので、真冬の極寒の時期でも、寒さをあまり感じずに営業先に歩いて行けるでしょう。冬に利用できるビジネスシューズとしてぜひ用意してみてはいかがでしょうか。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ展開:25.0cm~29.0cm
  • 素材:天然ラバー
  • ソール素材:天然ラバー
  • ブランド:ハンター

【人気ランキング第8位】TRACKERS-MATE 完全防水ビジネスシューズ

  • カラーバリエーションが4色あり、好みの色を選択できる
  • 実売価格が約2,000円と安い製品で、気兼ねなく購入できる
  • 靴底には凹凸が付いており、雪や大雨でも滑りにくく歩きやすい

「メンズレインシューズは、黒やダークブラウンばかり。」なかなか好きな色のレインシューズを見つけられない男性もいるかと思います。

こちらの製品はカラーバリエーションが全部で4色あり、好みの色を見つけやすいです。実売価格が2,000円程度ととても安いので、複数の色を揃え日替わりで楽しむのもいいでしょう。

定番色以外もあるメンズレインシューズは、雨の日も足元のおしゃれを楽しみたい男性にこそ、選んでほしい製品。防水性も大切ですが、ぜひデザインもこだわって選んでみてくださいね。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ展開:24cm~27.5cm(S~LL)
  • 素材:合成ゴム
  • ソール素材:合成ゴム
  • ブランド:Trackers-mate

【人気ランキング第7位】アマート やわらか レインブーツ(AMT-1203)

  • 日本のゴム会社である東邦ゴム工業の製品で、安心して使える
  • ゴム底なので雨でも滑りにくく、実用性が高い
  • シンプルで無駄のないデザインはファッションを選ばず合わせやすい

日本製のレインブーツなら、安心して使えそうですよね。

『アマート やわらか レインブーツ』は日本のゴム会社が開発したメンズレインブーツで、雨でも滑りにくく、快適に使えます。すっきり無駄のないデザインは、スーツに合わせやすいのはもちろん、キャンプや自転車、日帰り登山などアウトドアにもおすすめです。

底から水がしみ込むこともなく、品質を心配せずに安心して使えるから、使いやすいモデルが欲しい方は、ぜひチェックしてみて。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ展開:24cm~27cm(S~LL)
  • 素材:ンセティックレザー
  • ソール素材:合成底
  • ブランド:アマート

【人気ランキング第6位】イーラ メンズレインシューズ

  • VANSと同じグループの、スケーターブランドのレインシューズで、とてもおしゃれ
  • 短い丈なので足首の動きを制限しにくく、アウトドア用としてもおすすめ
  • 2,000円程度と安いので、気軽に購入できる

プライベートで使えるレインシューズは、できればおしゃれなデザインの製品を選びたいところ。

『イーラ メンズレインシューズ』は、スケーターブランドのレインシューズで、シンプルながらデザイン性の高さが特徴の製品です。短い丈で足首の動きを邪魔しにくく、自転車やキャンプ、釣りなどのアウトドアシーンでも活躍してくれます。

こじゃれたデザインのレインシューズは、男性のカジュアルファッションに合わせやすく、プライベートで活躍してくれるでしょう。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ展開:25cm~28.5cm(M~LLL)
  • 素材:PVC
  • ソール素材:ー
  • ブランド:ERA(エラ)

【人気ランキング第5位】Dedes サイドゴアレインブーツ

おすすめのメンズレインシューズ「Dedes サイドゴアレインブーツ」

出典:zozo.jp

  • 実売価格が5,000円程度と他のレインシューズに比べて安いので、気軽に購入できる
  • シンプルで無駄な装飾がないデザインで、スーツとの相性が良い
  • グリップ力のあるソールを使っており、雨や雪の日でも滑りにくい

スーツに合わせやすいレインシューズには高額な製品が多く、なかなか買えない人も多いもの。

『Dedes サイドゴアレインブーツ』であれば、実売価格5,000円程度と安いので、気軽に購入しやすいです。くるぶしまですっぽり覆う構造かつシンプルなデザインなのでスーツにも合わせやすく、梅雨時のビジネスシーンには手放せません。

コスパが良い男性用レインシューズは、雨の日用のビジネスシューズとして、ヘビロテ必至です。

公式サイトで見る


商品ステータス

  • サイズ展開:25.5cm~27.5cm
  • 素材:ー
  • ソール素材:合成底
  • ブランド:Dedes

【人気ランキング第4位】クロックス レニー 2.0 ブーツ

  • 縫い目がないので雨が横からしみ込む心配がなく、雨や雪の日も快適
  • 分厚いゴム製なので、登山やキャンプ、釣りなどアウトドアシーンにおすすめ
  • 実売価格5,000円程度と値段が安いので、コスパが高い

防水仕様をうたっているレインシューズを履いていても、縫い目の部分からじわじわ濡れてしまう商品もあるのが実際にところ。

『クロックス レニー 2.0 ブーツ』は、底と甲部分が縫い目なくつながっている一体型のレインシューズで、雨がしみ込む心配がありません。実売価格5,000円程度と安いので、コスパも抜群のレインシューズです。

ぬかるみや雪の中を歩いても水がしみ込まず、冬の登山やキャンプ、釣りなど、アウトドアでも活躍してくれるから、性能重視の男性にこそおすすめします。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ展開:22cm~29cm
  • 素材:合成樹脂
  • ソール素材:合成樹脂、ゴム
  • ブランド:クロックス

【人気ランキング第3位】green label relaxing レインブーツ

おすすめのメンズレインシューズ「green label relaxing レインブーツ」

出典:zozo.jp

  • 革靴を忠実にコピーして作られており、シンプルなデザイン
  • ブラック・ブラウンの2色展開で、好みに合わせて選択できる
  • 余分な装飾がないのでスーツと合わせやすく、おしゃれ

レインシューズを革靴の代わりに使うのであれば、余分な装飾がない方が着こなしやすいと考える男性は多いもの。

こちらの製品は革靴を忠実にコピーする技法で作られたデザインのメンズレインシューズで、装飾がないシンプルなデザインの製品です。ブラック・ダークブラウンの2色展開なので、スーツの色や好みに合わせて選択できます。

革靴と見た目がほとんど変わらないレインシューズだからこそ、スーツと合わせやすく、雨の日のビジネスシーンで手放せなくなること間違いなし。雨の日の出勤日はこちらで決まりです。

公式サイトで見る


商品ステータス

  • サイズ展開:25cm~28cm
  • 素材:ポリ塩化ビニル
  • ソール素材:ー
  • ブランド:green label relaxing

【人気ランキング第2位】ハンター チェルシーブーツ

  • イギリス王室にも使われているメーカーのレインブーツで、品質の高さには定評がある
  • 上品なデザインの製品で、スーツとも相性が良く、ビジネスシーンで使いやすい
  • サイドゴアタイプなので、着脱が簡単にでき、使い勝手が良い

いくら雨の日と言っても、ビジネスシーンでは身だしなみには気を遣いたいですよね。

『ハンター チェルシーブーツ』は、スコットランドの伝統あるレインブーツの最高峰メーカーの製品で、イギリス王室にも使われており、品質・デザイン性の高さともに定評があります。着脱しやすいサイドゴアタイプになっており、時間をかけず脱ぎ履きが可能。

上品なデザインのレインブーツなので、スーツとも合わせやすく、ビジネスシーンで活躍してくれるでしょう。紳士的なアイテムをぜひ取り入れてみてくださいね。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ展開:22cm~26cm
  • 素材:天然ゴム、裏地:ポリエステル
  • ソール素材:天然ゴム
  • ブランド:HUNTER

【人気ランキング第1位】MACKINTOSH PHILOSOPHY サイドゴアレインブーツ

おすすめのメンズレインシューズ「MACKINTOSH PHILOSOPHY サイドゴアレインブーツ」

出典:zozo.jp

  • サイドゴアタイプなので、着脱が簡単にできて快適
  • 革靴のブーツから型取りして再現して作られており、長時間歩いても疲れにくい
  • スタイリッシュでおしゃれなデザインは、スーツとの相性抜群

仕事でオフィスの出入りが多いなら、着脱がしにくいレインシューズだと使い勝手はイマイチです。

このレインブーツはサイドゴアタイプなので、革靴と同じように簡単に着脱できます。革靴のブーツから型取りして再現しており、長時間履いても疲れにくいよう設計しているので、営業などのビジネスシーンでも使い勝手が良い製品。

営業先でスリッパに履き替える際もスムーズで、雨の日でも不便を感じにくく、晴れた日と同じように行動しやすいですよ。

公式サイトで見る


商品ステータス

  • サイズ展開:24cm~27cm(SS~L)
  • 素材:塩化ビニル樹脂
  • ソール素材:合成底
  • ブランド:MACKINTOSH PHILOSOPHY

お気に入りのレインシューズで、ノンストレスな雨の日を過ごそう!

雨の日でも晴れた日でも、仕事の内容は選べず、天候に関わらず外回りをしなければならないビジネスマンも多いです。天候に合わせてメンズレインシューズを履きこなすことで、雨による水濡れでの不快感をなくしてくれます

使用する天候状況や着る服に合わせながらレインブーツを履きこなして、毎日をおしゃれに、そしてストレスなく過ごせるようにしていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事