トレッキングポールの人気おすすめ20選|初心者も使いやすい売れ筋商品とは

今記事では、グリップの素材や長さ、収納方法など、失敗しないトレッキングポールの選び方から、実際におすすめしたい人気の売れ筋商品までご紹介します。モンベルやレキ、シナノといった有名ブランドの製品も解説するので、自身に合ったトレッキングポールを手にとってみてください!

そもそも「トレッキングポール」とは?

トレッキングポールの人気おすすめ商品

トレッキングポールとは、登山やウォーキングの時に使う杖のことです。見た目はスキーのストックと似ているため、登山中の方を見て「スキーでもないのになぜ両手に杖を持っているのだろう?」と不思議に思ったことがある方もいるでしょう。

登山では、重い荷物を持ちながら傾斜を登るため、しっかりと踏ん張って前に進む力が必要です。その推進力を補助をしてくれるのがトレッキングポールで、安定した登山をするためには持っておきたい便利アイテムの1つと言えます。


「トレッキングポール」を活用するメリット

登山はトレッキングポールなしで登山をしていると、一番負荷がかかるのが下半身です。脚力を頼りに足場の悪い山道を登ることになるため、脚が疲れると当然登るスピードも遅くなり最終的には脚が止まってしまいます。

しかし、トレッキングポールを持っていれば腕の力も使って歩を進められるため、疲労が脚だけに集中することがなくなり登山がしやすいのです。また、安定した姿勢を維持しやすいことから未舗装の道を歩くことでバランスを崩しケガをするというリスクも減らせるので、一石二鳥のメリットがあります。


トレッキングポールの「上手な選び方」とは?

安全な登山を楽しむために必要なトレッキングポール。一緒に歩を進めていく相棒的存在のため、自分と相性が良いトレッキングポールを選びたいですよね。

しかし、初心者からするとトレッキングポールはどれも同じ杖。違いが良く分からない上にデザインや販売ブランドも様々なので、自分に合ったトレッキングポールをどう選べば良いか分からない方もいるでしょう。

そこでここからは、トレッキングポール選びの際に見るべきポイントを紹介します。買ってから後悔することがないよう、しっかりポイントをチェックしておきましょう。


トレッキングポールの選び方1. 一本or二本買うか決めてから選ぶ

トレッキングポールを一本購入するか、あるいは二本購入するかは登山者の登山スタイルによって変わります。

例えば、登山をしながら綺麗な景色を写真に収めたいという方もいますよね。そういった方はトレッキングポールで両手が塞がるとカメラが持てなくて困るため、一本を選ぶと良いでしょう。

一方、登ることに専念したい方であれば両手にトレッキングポールを持って安定した登山を目指すのが一般的です。

このように、登山の楽しみ方でトレッキングポールの本数も変わるので、自分の登山スタイルをある程度決めてから本数を決めましょう。


トレッキングポールの選び方2. 身長に合った長さの製品を選ぶ

トレッキングポールは安定して持てる高さを選ぶことが大切。だからこそ見ておくべきが自分の身長に合っているか否かです。

トレッキングポールの高さは、平地でトレッキングポールを持って先端を地面につけた時、肘が90°に曲がった状態になるのがベスト。

その上、登りでは平地より少し短く、下りでは長く調整して使用するので、平地だけでなく傾斜で使用することも考えて長さを見ておくことが重要です。その際は、トレッキングポールをマックスに伸ばした時、胸の高さくらいまであるかどうかで見ると良いでしょう。

また、実際に持って見て適切な長さかを見る以外にも、「身長×0.63」で計算するという方法もあります。例えば、身長170cmの方であれば、大体107cmくらいですね。ネットで購入するなど、実物を見て購入できない場合はぜひこちらの計算式で自分の身長に合ったベストなトレッキングポールの長さを見極めてください。


トレッキングポールの選び方3. グリップの形状を確認して選ぶ

グリップの形状には、大きく分けてI字とT字の2パターンがあります。形状ごとで得られるメリットや適している人の特徴も異なるため、それぞれの特徴を理解した上で自分に合ったグリップの形を選びましょう。


初心者にも人気の高い「T字型」

T字型は、握り方に少しコツがいるので一本で使用されることが多いタイプです。短い方を親指と人差し指で、長い方を残り三本の指で握って持ち、手のひらが下に向く状態となるため握力が弱い方や「長時間歩くから持久力が必要。」という場面などに活躍します。

比較的平坦な道での使用に適しているのでウォーキングで使う方が多いですが、真上からぐっと体重をかけられて足腰の負担を軽減できることから、登山で愛用する方もしばしば。

また、片手が開くためカメラを持っている方にもおすすめです。


でこぼこ道に適した「I字型」の特徴

グリップが縦に真っ直ぐなI字型は、見た目がスキーストックにそっくり。しっかりと握れて力が入れられるため、傾斜が登りやすく歩行も安定させやすいのが魅力です。

登山に慣れている方の中には一本使いをしている方もいますが、安定感を得るために使うので二本使いが基本。登山に慣れていない初心者や女性、ハードな登山に挑戦する方などにおすすめです。


トレッキングポールの選び方4. シャフトの素材を確認して選ぶ

シャフトの素材は、アルミとカーボンの2つが主流です。シャフトに使われている材質によって値段、強度、持ち運びやすさなどが変わるため、それぞれの特徴を理解し、自分の好みや登山スタイルに適したものを選びましょう。


アルミ製トレッキングポールの特徴

アルミは強度が高く安いのが特徴です。強い衝撃があると多少凹んだり曲がったりすることはありますが、折れるまでには至りにくく少しの変形であれば修理も可能なので長く使っていくことができます。

カーボンに比べると少し重いため長時間の持ち運びには苦労しますが、重さがある分安定感が得られるのが魅力です。

また、比較的安いため人気が高く商品バリエーションも豊富。頑丈でコスパが高いトレッキングポールをお求めの方に最適な材質と言えます。


カーボン製トレッキングポールの特徴

カーボンは軽量で加重に対する強度に強みを持っています。「軽いから強度が不安…。」という方もいますが、体重をかけても曲がったりせずしっかりと体を支えてくれるため、長時間のウォーキングや本格的な登山などに最適です。

また、軽量であることで持ち運びに便利なのも魅力の1つ。未使用時の持ち運びに対する負担を減らせるため、できるだけ荷物を少なくしたい方におすすめです。


トレッキングポールの選び方5. シャフトのロック方法で選ぶ

トレッキングポールは長さを変えられるため、使いたい長さを決めたらそこで固定しなければなりません。そのロック方法にはレバー、スクリュー、ピンロック、ハイブリッドの4パターンがあり、パターンによってロックのしやすさや強度などが異なるので、それぞれの特徴を知り自分が扱いやすいと感じるロック方法がどれかを考えて選ぶことが大切です。


「レバー式」の特徴

レバー式はワンタッチで操作ができる簡単なタイプで、レバーを開けると長さ調整ができ、レバーを閉めるとロックされるという単純な仕組みです。

レバー部分が突起しているため歩行中に木の枝や登山用リュックのひもに引っかかったりなどで扱いづらさを感じる可能性もありますが、操作が簡単なので手袋をしたままでもスピーディーにロックできて使い勝手の良さはしっかり感じられるでしょう。その上力も不要なため、初心者や女性におすすめです。


「スクリュー式」の特徴

スクリュー式はシャフトを回して長さを調整するタイプで、「シャフトを回す」という動作だけでロックの開け閉めができるので簡単です。突っ張り棒や洗濯竿など日常生活でよく見るアイテムと同じような長さ調整の仕方のため、トレッキングポールが初めての初心者の方でも扱いやすいでしょう。

ただ、スクリュー式は回した時の力の入れ方で締まり具合が変わります。子供や女性、お年寄りなど握力に自信がない方だとうまく締まらず、使用時に長さが少しずつ変化してしまう恐れがあるため、ロック時はしっかりと締めることが大切です。


「ピンロック式」の特徴

ピンロック式はシャフトを伸ばしストッパーで固定するタイプです。

動作としてはストッパーがカチッと音を立てて止まるまでシャフトを伸ばすだけなのでシンプルですよね。逆に、収納時はストッパーを引っ込めてシャフトを縮めるだけでコンパクトに収納できるため、荷物をできるだけコンパクトに持ち運びたい方におすすめです。

しかし、ピンロック式は長さを自由に決められないことや強度が弱いモデルに多く採用されている傾向にあるので目一杯力を入れる本格登山よりは平坦な道のウォーキングなど、体のバランスをとる程度の軽負荷な用途に向いています。


「ハイブリッド式」の特徴

ハイブリッド式はその名の通り2種類のロック方法を組み合わせているタイプです。例えば、上段をレバーで下段をスクリューにするなどがあり、2種類のロック方法を採用することで構造は複雑化するもののそれぞれの良いところを活かせるため、トレッキングポールを使い慣れている方に向いています。

複数種類のロック方法から良いとこ取りしたハイブリッド式は使い勝手が良いので、信頼性が高く長く愛用できるでしょう。


トレッキングポールの選び方6. 収納方法をチェックして選ぶ

トレッキングポールは登山やウォーキング中に終始使用するとは限りません。中には「登山時は使わず下山時だけ使う。」という方もいれば「散歩中に脚が痛くなってきてから使おう。」という方もいるでしょう。

このような未使用時にトレッキングポールが邪魔にならないよう収納できる仕組みとなっていますが、収納方法にはテレスコーピングと折りたたみの2種類があります。2つの違いを理解し、自分に合った方を見極めましょう。


収納方法①「テレスコーピングタイプ」

テレスコーピングタイプは、シャフトを伸縮させてコンパクトにする収納方法です。昔から使われてきた方法なのでユーザーにとってはかなりメジャーで、今でも多くの方がこのテレスコーピングタイプの収納を行っています。

強度が高く調整できる長さの幅も広いのが特徴。少々荷物がかさばるためリュックに収まりにくいなどの難点もありますが、頑丈ゆえに険しい山道や雪山などのハードな登山にも対応できるため本格的な登山をする方におすすめです。


収納方法②「折りたたみタイプ」

折りたたみタイプは、シャフトを分割して折りたたむ収納方法です。それぞれのシャフトはコードでつながっているため散乱することはなく、テレスコーピングタイプに比べてかなりコンパクトに収納できます。

ただ、シャフトにたくさんの切れ目が入ることになるため強度に関しては決して頑丈とは言えないので、ハイキングやちょっとした散歩など日常生活でトレッキングポールを気軽に使いたいという方におすすめ。


トレッキングポールの選び方7. バスケットの有無を確認して選ぶ

バスケットとは、トレッキングポールの下の方にある小さなツバのようなものです。このバスケットはトレッキングポールが岩や木などの小さな隙間に挟まるのを防いでくれる重要な部品なので、安易にバスケット無しの商品を選んでしまうとトレッキングポールが細かい隙間に挟まって抜けなくなったり、無理に引き抜こうとしてシャフトが曲がったりする恐れがあります。

未舗装の山道などは細いトレッキングポールが挟まりやすい箇所もたくさんあるので、安全に歩けるようバスケットがついているものを選びましょう。


トレッキングポールの選び方8. アンチショックシステムの有無をチェックして選ぶ

アンチショックシステムとは、トレッキングポールを地面に突いた際に手首への衝撃を緩和してくれるシステムのことです。ちょっとした散歩をする程度であればあまり気にする必要はありませんが、ハードな山道をウォーキングしたり長時間の登山をしたりするとトレッキングポールから伝わる衝撃がどんどん手に疲労を与えます。場合によっては、あまりの疲労にトレッキングポールを握ることすらできなくなる可能性もあるでしょう。

だからこそ、登山に不慣れな方や長時間トレッキングポールを使用することが見込まれる方、握力に自信がない方はしっかりアンチショックシステムの有無を確認しておくことが大切です。


トレッキングポールを販売する有名ブランド4選

トレッキングポールは安全に登山やウォーキングを楽しめるようにするために使うアイテムなので、品質に安心できる有名ブランドの商品を選びたいですよね。そこでここからは、トレッキングポールを販売する有名ブランドを4つ紹介します。

多くの登山家に支持されている人気ブランドばかりなので、「せっかく買うなら有名ブランドの商品が良い!」という方は必見ですよ。


有名ブランド1. mont-bell(モンベル)

アウトドアブランドとして有名なモンベルは、豊かなアウトドアライフを支援するために機能性とデザイン性の2つを兼ね備えた商品を展開しています。T字とI字を両方使える2Wayのものや自由に長さ調整ができるものなど、「こんなトレッキングポールがあったら便利だな。」というニーズを満たしてくれると人気。

初心者からベテランまで、幅広い方に対応できるおすすめブランドです。


有名ブランド2. LEKI(レキ)

レキはドイツで誕生したポール専門ブランドです。世界でもトップレベルのシェアを誇り、知名度が高いという点でも安心感を得られやすいブランドと言えますね。

レキのトレッキングポールはユーザーが使いやすいよう人間工学に基づいて作られています。力が入りやすいグリップの形、長さ調整のしやすさ、頑丈かつ軽量など高評価ポイントが多くプロの登山家からも厚い信頼を寄せられているため、本格的なトレッキングポールを選びたい方には最適です。


有名ブランド3. SINANO(シナノ)

日本の老舗ブランドであるシナノは、100年以上の歴史に恥じない高品質なトレッキングポールを展開しています。日本人の体型に合うよう作られているため、手へのフィット感も抜群で海外ブランドよりスムーズに体に馴染むでしょう。

扱いやすさ重視でトレッキングポールを選びたいという方にはぜひ検討してもらいたいブランドです。


有名ブランド4. Black Diamond(ブラックダイヤモンド)

アメリカ生まれのブラックダイヤモンドは、リーズナブルなのに高品質な商品が購入できるブランド

簡単な操作で長さ調整ができる『フリックロックシステム』を搭載した商品がほとんどで、雪山などでロック部分が凍りつきにくくグローブをはめたままでも操作ができます。

ちなみに、このシステムはブラックダイヤモンドの特許のため、頻繁に長さ調整をする方や簡単操作を求める初心者には特におすすめしたいブランドです。


【素材別】初心者にもおすすめの人気トレッキングポール20選

トレッキングポールと一言に言っても、種類やデザイン、ブランドが様々でどれを選んだら良いか分からないと悩む方は多いでしょう。たくさんのトレッキングポールを目の前に、「どれも同じポールに見える…。」と思ってしまう初心者も少なくありません。

そこでここからは、初心者でも安心して扱えるおすすめのトレッキングポールを紹介します。トレッキングポールの使い勝手を大きく左右する素材別で紹介するので、アルミとカーボンのどちらが良いかを決めてから見るとスムーズに選びやすいですよ。


【カーボン製】トレッキングポールのおすすめ10選

カーボン製のトレッキングポールには、頑丈で軽量という魅力があります。そのため、登山や雪山などの厳しい環境下で使用したい方や持ち運びやすさを重視したい方には最適な素材です。

では、カーボン製で人気のトレッキングポールにはどのような商品があるのか、特におすすめしたい商品を10個紹介します。


カーボン製のトレッキングポール1. カリマー カーボン トレッキングポール2本セット

  • 一本190gとかなりの軽量モデルなので、重さを気にせず持てる
  • 先端がタングステン製で頑丈なため、過度なすり減りの心配がない
  • 「黒×赤」のシャフトがシックでかっこいいので、おしゃれに持てる

トレッキングポールは、基本的に先端のキャップをつけたまま使用します。しかし、岩場など滑りやすい場所ではより安全に歩けるようキャップを外し、金属がついた石突きを使用するため、金属部分にも頑丈さが求められます。

そこで今回ご紹介したいのがカリマーのトレッキングポール。こちらの先端に使用されている金属はタングステン製で、金属の中でもかなり硬度が高いのですり減りも少なく、先端の頑丈さを求めるなら最適な商品と言えます。

山は天候が変わりやすいと言われるため、登山が趣味という方にはぜひ持ってもらいたい商品です。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 長さ:最大135cm
  • グリップの形状:I字型
  • シャフト素材:カーボン
  • 収納方法:テレスコーピング式
  • ロック方法:レバー式
  • アンチショックシステム:ー
  • バスケット:◯
  • ブランド:karrimor

カーボン製のトレッキングポール2. ブラックダイヤモンド ディスタンスカーボンFLZ

  • 持っていることを忘れるくらいの軽さで扱いやすい
  • 折りたたみ式なので、登山用リュックの中にもコンパクトに収納できる
  • フリックロックシステム搭載のため簡単に長さ調整が可能

登山は手ぶらな状態で登るのも大変です。その上荷物も持っているとなるとより大変なので、少しでも荷物は軽量化させたいところ。

だからこそ検討してもらいたいのがこちらの商品です。人気ブランドであるブラックダイヤモンドが販売するこちらのトレッキングポールは、なんと重量360gとかなり軽量

グリップに軽量素材を使用し、かつ無駄な肉付けをせず細身にしたりストラップをメッシュにしたりなど、ブランドの工夫によってとことん軽量化されたため、トレッキングポールの重さを苦に感じることなく気軽に持てます。

トレッキングポールを扱い慣れていない初心者はもちろん、力に自信がない女性にも最適な商品ですね。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 長さ:最大125cm
  • グリップの形状:I字型
  • シャフト素材:カーボン
  • 収納方法:折りたたみ式
  • ロック方法:レバー式(フリックロック)
  • アンチショックシステム:ー
  • バスケット:◯
  • ブランド:ブラックダイヤモンド

カーボン製のトレッキングポール3. レキ スマートカーボン 1300261

  • スマートチップ装備により、ラバーと石突きを簡単に切り替えられる
  • スキーストックのように細身なので、省スペースで収納できる
  • シンプルなデザインのため、服装を問わず気軽に持てる

トレッキングポールは、先端がキャップか石突きかで滑りやすさが変わってくるため、使用する環境下によってこの2つを使い分けなければなりません。ただ、切り替えるたびにキャップを付け外しするのは面倒です。

しかし、レキが販売するスマートなシャフトが印象的なこちらの商品はラバーと石突きをワンタッチで切り替えられる便利な機能を装備しています。状況に応じてスムーズに対応できるので、面倒な操作が嫌だという方には特におすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 長さ:最大125cm
  • グリップの形状:I字型
  • シャフト素材:カーボン
  • 収納方法:テレスコーピング式
  • ロック方法:ー
  • アンチショックシステム:ー
  • バスケット:×
  • ブランド:レキ

カーボン製のトレッキングポール4.Vihir トレッキングポール

Vihir トレッキングポール 高強度 軽量 3段伸縮 カーボン製 ウォーキングステッキ ハイキングポール 収納ケース付き 持ち運び便利
  • クリップとナットの2つで長さ調整をするため、ロックが丈夫にできる
  • 最小62cmまで縮められるので、コンパクトに収納が可能
  • 人間工学に基づいて設計されているため扱いやすい

長さ調整をした時、十分にロックができていないと使っている間に少しずつ長さが変わってきてしまいます。安定した歩行が難しくなるため、安全のためにもしっかりと固定させたいですよね。

そんなニーズを満たしてくれるのがこちらの商品。クリップとナットの組み合わせでできているロックで、ただクリップを開け閉めするのではなくナットの入れることでより丈夫なロックができるようになっています

ベストポジションでしっかり固定し、そこから長さを変えたくないという方はぜひこちらを試してみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 長さ:最大135cm
  • グリップの形状:I字型
  • シャフト素材:カーボン
  • 収納方法:テレスコーピング式
  • ロック方法:ー
  • アンチショックシステム:ー
  • バスケット:◯
  • ブランド:Vihir

カーボン製のトレッキングポール5.ブラックダイヤモンド ウルトラマウンテンカーボン BD82290

Black Diamond(ブラックダイヤモンド) ウルトラマウンテンカーボン BD82290 120cm
  • ストラップがパッド入りなので、長時間トレッキングポールを持っていても負担が少ない
  • バスケットにシャフトがはまるよう設計されているため、折りたたみ時にかさばらない
  • 細身でデザインもスタイリッシュなので、かっこよく持てる

折りたたみ式のトレッキングポールを収納する時、バスケットがシャフトに当たってかさばりますよね。

しかし、こちらの商品はバスケットが一部欠けた形になっており、そこにちょうどシャフトが収まるようになっています。折りたたんで重ねてもバスケットの部分でかさばることがないので、すっきりとした形で収納できますよ。

「バスケットが邪魔になってリュックの中に綺麗に収まらない…。」とお困りの方は、ぜひこちらの商品を使ってみてはいかがでしょうか。ストレスなくすっきり収納できるので快適な登山を楽しめますよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 長さ:最大120cm
  • グリップの形状:I字型
  • シャフト素材:カーボン
  • 収納方法:折りたたみ式
  • ロック方法:ピンロック式
  • アンチショックシステム:ー
  • バスケット:◯
  • ブランド:ブラックダイヤモンド

カーボン製のトレッキングポール6.GRIPWELL GEM CARBON 登山用トレッキングポール

2017 GRIPWELL GEM CARBON【 ジェムカーボン 】(登山用トレッキングポール) (サンセット)
  • カラフルな色合いで使う時のテンションが上がる
  • 58~125cmと伸縮サイズが幅広いので、最適なサイズを見つけやすい
  • 一本あたり192gと軽量なため、どんなシーンでも気軽に扱える

トレッキングポール選びは機能性を見ることは大切ですが、いくら機能性が高くてもデザインが好みでないとテンションが上がりません。

そんな方は、ぜひこちらの商品をお試しください。こちらはシャフトの色合いがおしゃれと人気のトレッキングポールで、一瞬で目を引くような鮮やかさが魅力です。

目立った柄はありませんが、色味が綺麗なのでテンションを上げて使えますね。

登山だけでなく日常的に行うウォーキングでも楽しく使えるようなおしゃれなデザインを選びたい方に最適です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 長さ:最大125cm
  • グリップの形状:I字型
  • シャフト素材:カーボン
  • 収納方法:テレスコーピング式
  • ロック方法:スクリュー式
  • アンチショックシステム:ー
  • バスケット:◯
  • ブランド:GRIPWELL

カーボン製のトレッキングポール7.ダバダ トレッキングポール

DABADA(ダバダ) トレッキングポール カーボン 超軽量 アンチショック 2本セット Amazon限定キット付 【軽量175g 最少61cm】 (シルバー)
  • 本体だけでなく、トレッキングや専用ケースなどの付属品もついて5,000円なのでコスパが良い
  • グリップが柔らかいコルク素材なので、手にフィットしやすい
  • バネレート高めのアンチショック機能がついているため、手への負担を軽減できる

長時間トレッキングポールを握っていると、地面から伝わる衝撃で手に負担がかかってきます。無理に使い続けると、次第に腕や肩にも疲労がたまっていくでしょう。

そんな体への負担を軽減できるのがダバダのトレッキングポール。こちらはアンチショック機能がついており、シャフトに内蔵されたバネが衝撃を吸収してくれるため手へのダメージを抑え快適にトレッキングポールが使えます。

特に、こちらの商品はバネレートが高めで伸縮運動の幅が広い分衝撃もしっかり吸収してくれるのでより高い衝撃吸収効果が期待できますね。

ハイキングなど長時間トレッキングポールを使って歩く方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 長さ:最大約125cm
  • グリップの形状:I字型
  • シャフト素材:カーボン
  • 収納方法:テレスコーピング式
  • ロック方法:スクリュー式
  • アンチショックシステム:◯
  • バスケット:◯
  • ブランド:ダバダ

カーボン製のトレッキングポール8.enkeeo トレッキングポール

enkeeo トレッキングポール 2本セット カーポン製 軽量 コンパクト 3段伸縮 レバー式ジョイントプラグでロック ウォーキング ハイキング 登山用 PL-01【メーカー保証】
  • ラバーキャップやバスケットなど付属品が豊富なのでわざわざ買い揃える必要がなくて便利
  • 登山やハイキングなど様々な用途で使えるスペックがありながら3,000円台とコスパが良い
  • 黒基調のシンプルなデザインなので飽きが来にくく長く愛用できる

トレッキングポールは用途に合わせて先端部分を最適な形にする必要があります。ただ、これらの部品をわざわざ別個で購入するのって面倒ですよね。

そんな方に検討してもらいたいのがこちらの商品です。トレッキング用ラバーキャップや雪路面用のバスケットなど先端部分に取り付ける付属品が8個もついています

わざわざ買い揃えなくても、これだけあれば季節問わず様々な場面でトレッキングポールを活用できますよ。最初から付属品が豊富なものをお求めの方はぜひこちらを手に取ってみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 長さ:最大135cm
  • グリップの形状:I字型
  • シャフト素材:カーボン
  • 収納方法:テレスコーピング式
  • ロック方法:レバー式
  • アンチショックシステム:×
  • バスケット:◯
  • ブランド:enkeeo

カーボン製のトレッキングポール9.PIONEER トレッキングポール

女性および子供のための柔らかいハンドルカーボン歩く杖が付いている二重ロックのトレッキングポール短い人のための棒の軽量の年長のAlpenstocksを使用する2方法
  • 手に馴染みやすい形のグリップで、I字のように持つことも可能
  • 長さ調整がレバー式のため、簡単に自分好みの長さに変えられる
  • 3,000円未満で購入できるので、コストをかけたくない方に最適

足腰が弱い方の歩行は、体をしっかり支えてくれるトレッキングポールが必要不可欠。しかし、握りにくいグリップ形状だとトレッキングポールが持ちにくいため、安定した歩行も難しいですよね。

そこで今回ご紹介するのがこちらの商品。登山用としても日頃の散歩用としても使えるトレッキングポールで、丸みを帯びた滑らかなシルエットのグリップが特徴です。

手にフィットする形で作られているので、しっかりと握って安定した歩行ができるでしょう。

足腰が弱って自力の歩行が難しくなってきたお年寄りの方は、ぜひこのトレッキングポールで毎日の楽しいお散歩タイムを満喫してくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 長さ:ー
  • グリップの形状:T字型
  • シャフト素材:カーボン
  • 収納方法:テレスコーピング式
  • ロック方法:レバー式
  • アンチショックシステム:×
  • バスケット:◯
  • ブランド:PIONEER

カーボン製のトレッキングポール10.PIONEER トレッキングポール

PIONEER 最新モデル カーボン製 トレッキングポール 2本セット 超軽量170g コンパクト 最少56cm キャリーバック (ブラック)
  • シャフトからストラップまでおしゃれにデザインされているためかっこよく持てる
  • 伸縮させるだけでなく分解も可能なので、好みの形でコンパクト収納できる
  • ロングタイプのラバーキャップがついているため、外れにくくて安心

「気づけばトレッキングポールのラバーキャップがなくなっていた!」というのはトレッキングポール愛用者であればあるあるですよね。石突きが露出していて思わず冷や汗をかいたという方もいるでしょう。

そんな方にご紹介したいのがPIONEERのカーボン製トレッキングポール。おしゃれなルックスにテンションが上がると人気の商品で、先端にはロングタイプのラバーキャップがついています。通常のラバーキャップより外れにくくなっているので、ラバーキャップ紛失のリスクも減らせますよ。

すぐにラバーキャップがなくなってしまうことに頭を悩ませている方でも、こちらの商品であれば比較的安心して使えるためおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 長さ:最大120cm
  • グリップの形状:I字型
  • シャフト素材:カーボン
  • 収納方法:テレスコーピング式
  • ロック方法:スクリュー式
  • アンチショックシステム:×
  • バスケット:◯
  • ブランド:PIONEER

【アルミ製】トレッキングポールのおすすめ10選

アルミ製のトレッキングポールは、安くて強度が高いというのが魅力です。強度が高いと言ってもカーボン製ほどではありませんが、本格的な登山でも十分対応できるから安心。

その上安いので、コスパを重視したい方には嬉しいですよね。そこでここからは、アルミ製のトレッキングポールで特におすすめしたい商品を10個紹介します。


アルミ製のトレッキングポール1. レキ トレッキングポール 2本組 640-2011

LEKI(レキ) トレッキングポール 2本組 640-2011 イーグル EAGLE ラバーチップ2個付属 登山杖 ストック [並行輸入品]
  • ヴィンテージデザインでレトロな雰囲気がおしゃれ
  • ハードグリップでしっかりと握れるから安全な登山ができる
  • 二本で1万円以下とリーズナブルなので予算が低くても購入しやすい

ハードな傾斜や足場が悪い山道などを登る時、トレッキングポールを頼りにしている方は多いです。スムーズに登れるようにするためにも、できるだけ力が入りやすいグリップのものを選びたいですよね。

そこでご紹介するのが、ポール専門ブランドとして名高いレキが販売するこちらの商品。スキーストックなどのポール製品でトップクラスのシェアを誇るレキの商品で、ヴィンテージデザインがおしゃれなモデルとなります。

コルク素材など手にフィットするグリップが多く見られる中、こちらは比較的ハードなグリップ。その分力を入れやすくなっているので、ハードな環境下でもしっかり体を支えてくれますよ。

登山や岩場など、ぐっと踏ん張る必要があるシーンに活躍するので、安定した歩行を求める方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 長さ:最大145cm
  • グリップの形状:I字型
  • シャフト素材:アルミ
  • 収納方法:テレスコーピング式
  • ロック方法:スクリュー式
  • アンチショックシステム:×
  • バスケット:◯
  • ブランド:レキ

アルミ製のトレッキングポール2. モンベル 2wayグリップ アンチショック

  • I字とT字の2Wayとなっているため、シーンに合わせた使い方ができる
  • 収納サイズ60cm未満とかなり短いので、コンパクトに収納可能
  • 超々ジュラルミンという素材を使用しているため、しっかりと体を支えられる

下山時に体を支えるためにトレッキングポールを使用することがありますが、この時トレッキングポールに体重がかかるのでシャフトの素材はただ頑丈なだけでなく高い突っ張り効果も必要です。

そんな用途にぴったりなのがモンベルが販売するこちらの商品。I字とT字の両方を使い分けられる2Wayタイプの便利なトレッキングポールで、軽い散歩からハードな登山までいろんなシーンに使えて汎用性が高いと人気です。

そして、この商品には超々ジュラルミンという素材が使われています。これはアルミニウム合金の一種で、強い耐圧力性を持っているので、体重を預けても安心です。

トレッキングポール頼りの登山をする方や、足腰を痛めているからトレッキングポールに体重を預ける必要がある方に最適ですよ。

公式サイトで見る


商品ステータス
  • 長さ:最大120cm
  • グリップの形状:I字型、T字型(2Way)
  • シャフト素材:アルミ
  • 収納方法:テレスコーピング式
  • ロック方法:スクリュー式
  • アンチショックシステム:◯
  • バスケット:◯
  • ブランド:モンベル

アルミ製のトレッキングポール3. ブラックダイヤモンド ディスタンスFLZ BD82356

Black Diamond(ブラックダイヤモンド) ディスタンスFLZ BD82356 105-125cm
  • スライドロック搭載でスムーズな折りたたみ作業ができる
  • 「黒×白」のシンプルなデザインで飽きが来にくくいつまでも長く愛用できる
  • 一本200g強とアルミ製としては比較的軽いため扱いやすい

折りたたみ式のトレッキングポールはコンパクトに収納できるメリットがありますが、折りたたみ操作が大変というデメリットを抱えた商品もしばしば。

そこで今回ご紹介するのが、ブラックダイヤモンドの人気シリーズ『ディスタンスFLZ』。従来品の折りたたみ作業はスナップボタン式だったため、少し力が必要だったりシャフトが縮む際に指を挟んだりというリスクがありました。しかし、このシリーズからはスライドロックという機能が搭載され、リングをスライドさせることでロック解除兼短くたためるようになったので、よりスマートな折りたたみ作業ができます

素早くポールの組み立てと分解が行なえるため、折りたたみ作業を頻繁に行う方はぜひこちらを検討してみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 長さ:ー
  • グリップの形状:I字型
  • シャフト素材:アルミ
  • 収納方法:折りたたみ式
  • ロック方法:レバー式(フリックロック)
  • アンチショックシステム:×
  • バスケット:◯
  • ブランド:ブラックダイヤモンド

アルミ製のトレッキングポール4.KIZAKI トレッキングポール

キザキ(kizaki) ウォーキングポール ウォーキングポール ピンク 85cm-105cm APAE-204SP
  • 5色のカラー展開がおしゃれで、使用時にテンションを上げられる
  • 長さが2段階調整になっているため、3段階調整に比べて扱いが簡単
  • 二本で445gと比較的軽量なので、女性でも安心して持てる

登山を趣味にしている山ガールが一大ブームとなり、トレッキングポールを求める女性も多くなっていますが、女性向け商品ってあまり多くないため、選びにくいですよね。

しかし、キザキが販売するこちらの商品はおしゃれな5色のカラー展開をしています。鮮やかなカラーでファッション性に富んでいるため、持って歩くだけでテンションが上がりますよ。

登山が好きな女性はもちろん、ウォーキングダイエットを頑張るためにテンションを上げたい女性にも最適です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 長さ:最大105cm
  • グリップの形状:I字型
  • シャフト素材:アルミ
  • 収納方法:テレスコーピング式
  • ロック方法:ー
  • アンチショックシステム:×
  • バスケット:×
  • ブランド:KIZAKI

アルミ製のトレッキングポール5.レキ フォトシステム ALU

LEKI(レキ) PHOTOシステムALU ブラック トレッキングシングルポール 1300215
  • グリップヘッドを外すとカメラの脚立として使えるため便利
  • スピードロックシステムで簡単にロックができるので、グローブをしたままでも操作可能
  • 最大150cmまで伸びるため、高身長あるいは急な下り坂にも対応できる

せっかく登山を楽しむのであれば、その美しい景色を写真に収めたいもの。ただ、息が上がった状態では手がぶれやすく安定した写真撮影が難しいですよね。

だからこそ手に取ってもらいたいのがレキが販売するこちらの商品。一見普通の一本トレッキングポールに見えますが、実はグリップヘッドが外せるようになっており、そこにカメラを設置すれば脚立として機能するのです。

風景写真を撮るのが趣味な方や、家族・友達と登山をした記念に写真を撮りたいという方であれば重宝すること間違いなしのおすすめ商品ですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 長さ:最大150cm
  • グリップの形状:I字型
  • シャフト素材:アルミ
  • 収納方法:テレスコーピング式
  • ロック方法:レバー式
  • アンチショックシステム:×
  • バスケット:×
  • ブランド:レキ

アルミ製のトレッキングポール6.TOMSHOO トレッキングポール

TOMSHOO トレッキングポール 登山 ストック 登山杖 超軽量&高強度 コンパクト 3段伸縮 7075アルミ EVAグリップ 1本
  • 最大137cmまで伸びるため、高身長な方にも対応できる
  • 耐圧力性に富んだ7075アルミ合金を使用しているので、強度が高く安心して使える
  • ロック方法がレバー式のため、簡単に長さ調整ができる

トレッキングポールの最大伸縮サイズは商品によって様々ですが、120cm台だと190cm以上の高身長の方にとってはちょっと扱いづらいですよね。

そんな悩みを解消してくれるのがTOMSHOOのトレッキングポール。レバー式のロックで簡単に長さ調整ができる仕組みで、最大サイズが137cmもあります。トレッキングポールのベストの長さを測る目安が「身長×0.63」なので、137cmもあれば190cm台の方でも安心して使えますね。

高身長ゆえになかなかベストなサイズのトレッキングポールを見つけられないとお困りの方は、ぜひこちらを手に取ってみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 長さ:最大137cm
  • グリップの形状:I字型
  • シャフト素材:アルミ
  • 収納方法:折りたたみ式
  • ロック方法:レバー式
  • アンチショックシステム:×
  • バスケット:×
  • ブランド:TOMSHOO

アルミ製のトレッキングポール7. レキ SPD ULマイクロ AS

LEKI(レキ) SPDULマイクロAS ブルー 1300209
  • ルックスがおしゃれなので、どんなシーンでもかっこよく持てる
  • 手に馴染みやすいグリップフォルムのため、安定した歩行がしやすい
  • アンチショック機能搭載で、手へのストレスを減らせる

T字のトレッキングポールは登山やウォーキングなど様々な用途で使用できますが、お年寄りが持つステッキに多い形であることから「若者がかっこよく持つのは難しいのでは…。」と不安に思っている方もいるでしょう。

しかし、レキが販売するこちらのT字トレッキングポールは、シャフトのデザインからグリップデザインまでスポーティーでかっこいいデザインとなっているため、年齢や用途関係なく持ちやすいです。また、グリップが手に馴染みやすい形だったりアンチショック機能がついていたりと機能性も抜群なので、ハードな環境下でも安心して使えますよ。

「本当はT字が良いけど、見た目が気になって選べない…。」という方もこちらをお試しいただければきっと納得して購入できるはず。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 長さ:最大110cm
  • グリップの形状:T字型
  • シャフト素材:アルミ
  • 収納方法:テレスコーピング式
  • ロック方法:レバー式
  • アンチショックシステム:◯
  • バスケット:◯
  • ブランド:レキ

アルミ製のトレッキングポール8.ダバダ 軽量アルミ製 トレッキングポール 2本セット

DABADA(ダバダ) SG承認品 軽量アルミ製 トレッキングポール 2本セット Amazon限定キット付 アンチショック機能付 【軽量220g コンパクト最少56.5cm】 (シルバー)
  • SGマーク取得の商品なので、安心して購入できる
  • スクリューシャップのため、使用中に外れにくくキャップ紛失のリスクも減らせる
  • 専用ケースやバスケットなど付属品が多いので別個で買う手間がなく楽ちん

「強度が高い」「安全」などの売り文句を謳う商品はたくさんありますが、具体的な証明となるものがない場合もあります。売り文句だけを鵜呑みにして購入したことで買い物に失敗した経験を持つ方もいるでしょう。

そんな慎重派の方は、ぜひこちらを検討してみてください。こちらは人気ブランド『ダバダ』が販売するトレッキングポールで、SGマークを取得しています

SGマークとは、製品安全協会が「この商品は安全だ。」と定めたものにだけ認められるマークで、安全性の証明そのものなので消費者側も安心して購入しやすいですよ。

また、Amazonのベストセラー1位も獲得しているという実績を持った商品のため、より信頼性を持って購入に踏み切れるはず。

登山に使うからこそ安全性にこだわりたい方は、きちんとした認定マークを持っているこちらの商品がおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 長さ:最大120cm
  • グリップの形状:I字型
  • シャフト素材:アルミ
  • 収納方法:テレスコーピング式
  • ロック方法:スクリュー式
  • アンチショックシステム:◯
  • バスケット:◯
  • ブランド:ダバダ

アルミ製のトレッキングポール9. NIANYISO トレッキングポール

トレッキングポール 軽量 2本セット 折りたたみ 伸縮式収納時35cm 登山ストック 登山杖 超軽量アルミ製 男性用・女性用・ウォーキング登山 (黒い)
  • 7075アルミ合金製で頑丈なため安心して使える
  • 折りたたみ式で35cmまで縮められるので、リュックにもコンパクトに収められる
  • ソフトEVAフォーム製の素材を使用したグリップで、快適な握り心地を味わえる

ずっとトレッキングポールを握っていると、次第に手に汗をかいてきますよね。その湿気が気持ち悪く、トレッキングポールを持ち続けられないという方も多いでしょう。

しかし、こちらの商品はグリップ部分にソフトEVAフォーム製の素材が使用されており、汗を吸収してくれるので終始快適にトレッキングポールを扱えます。その上、摩擦が起こりにくいため手のひらが痛くなるリスクも減らせて一石二鳥です。

夏場にトレッキングポールを使用する方や長時間のハイキングをする方は、ぜひ手に取ってみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 長さ:最大135cm
  • グリップの形状:I字型
  • シャフト素材:アルミ
  • 収納方法:折りたたみ式
  • ロック方法:レバー式
  • アンチショックシステム:×
  • バスケット:◯
  • ブランド:NIANYISO

アルミ製のトレッキングポール10.Moon Lence トレッキングポール

Moon Lence トレッキングポール 超軽量 コンパクト 3段伸縮 アルミ製 2本セット アンチショック機能付き ウォーキング ハイキング 登山用 収納バッグ&付属品付き
  • 二本セットで2,000円台と安いので、低予算の方でも購入しやすい
  • アンチショック機能がついているため、手への負担を減らした歩行ができる
  • 3色のカラー展開があるので、好みに合わせて好きなデザインを選べる

高価なトレッキングポールはいかにも高品質な雰囲気があって魅力的ですが、本当に自分に合っているかどうか分からない状態で数万円を出すのは不安という方もいるでしょう。

そこで今回ご紹介したいのがこちらの商品。なんと、二本セットでバスケットなどの付属品も充実しているにもかかわらず2,000円台で購入できるコスパ最強の商品です。

また、アンチショック機能もついており、安いからと言ってスペックが他ブランドに劣らないところも魅力の1つ。

万が一の保険として予備を持っておきたい方や、お試し感覚でトレッキングポールを購入したい初心者の方におすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 長さ:最大135cm
  • グリップの形状:I字型
  • シャフト素材:アルミ
  • 収納方法:テレスコーピング式
  • ロック方法:スクリュー式
  • アンチショックシステム:◯
  • バスケット:◯
  • ブランド:Moon Lence

トレッキングポールを使って、登山やウォーキングをもっと快適に!

登山やウォーキングなど、様々なシーンで歩行を補助してくれるトレッキングポール。安心して使えるよう自分に合った商品を選びたいところですが、トレッキングポールにもいろんな種類やブランドがあるためどう選んだら良いか悩んでいる方も多いはず。

そんな方は、ぜひ上記で紹介したおすすめ商品を参考にしてください。初心者から玄人まで幅広く活用できる人気商品ばかりなので、安心して選べるでしょう。

楽しいお出かけを満喫できるよう、自分にぴったりのお気に入り商品を見つけてくださいね。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ