スキレットのおすすめ10選。正しいお手入れ方法/人気のレシピとは

熱伝導率が高い人気の調理器具「スキレット」。そこで今回は、スキレットならではの魅力やメリットから、選び方やおすすめの商品まで詳しくご紹介します。さらに、簡単に作れる人気レシピも解説。ステーキなどの焼き物はもちろん、煮込み料理や蒸し料理にも重宝するので、キャンプやアウトドアでぜひ参考にしてみてください!

そもそも「スキレット」とは、どんな物なの?

スキレットの人気おすすめ商品

スキレットとは、鋳鉄製の小さなフライパンのことです。アウトドアで使用されることが多く、その見た目の可愛さから、最近は一般家庭でもよく使用され、インスタ映えを狙った料理にもよく登場します。

また、この1つで「焼く・煮る・蒸す」など様々な調理法ができ、ほぼ万能的に使えるという面でも人気があるフライパンですよ。


スキレットならではの「魅力やメリット」とは?

スキレットは食卓をおしゃれに彩るアイテムとして一世を風靡した調理器具ですが、見た目だけでなく機能性の高さも非常に優秀です。では、どのような点が魅力なのか、スキレットの具体的なメリットを紹介します。

他調理器具との違いも併せて紹介するので、違いがよく分からないという方はぜひ参考にしてください。


スキレットの魅力1. 食材に均一に火が通せる

フライパンで加熱調理をしていると、中央に置いた食材はよく焼けているのに鍋肌近くにある食材はなかなか焼けないということがありますよね。これはフライパンの熱伝導がいまいちな証拠です。

一方、鋳鉄製のスキレットは熱伝導率が高いというメリットがあります。スキレット全体の熱が食材に伝わり、ムラなく加熱されるため均一に火が通せて美味しく仕上がるのです。

お肉料理をすれば、厚みのあるステーキやハンバーグもしっかり中まで火が通り、蒸しパンなどを作ればムラなく火が通るおかげで全体が綺麗に膨らみます。均一に火が通ることで、美味しいだけでなく見た目も綺麗な料理に仕上げられるというところが大きな魅力ですね。


スキレットの魅力2. 一台で多彩な料理を作れる

一般的には、焼き物はフライパン、煮込み系は鍋など作りたいものに合わせて調理器具を選ばなければなりません。そのため、いろんな料理をしたい場合にはそれぞれに対応できる調理器具も準備する必要があるのですが、スキレットは1台でいろんな料理に対応できます

程良いサイズ感で蓄熱性が高いスキレットであれば、ステーキなどの焼き物料理はもちろん、油をたっぷり使う揚げ物やアヒージョ、燻製などの蒸し物まで作ることが可能。アウトドアを楽しむ際にあれもこれもと調理器具を準備しなくて良いので、荷物が少なくて済むだけでなく、洗い物も最小限に抑えられて便利です。


スキレットの魅力3. 自分だけの1台を育てられる

家庭用のフライパンはお手入れが簡単にできるよう作られたものがたくさんあるため、所有者がわざわざ手の込んだお手入れをする必要がありませんが、その分自分好みのフライパンに育てるという楽しみ方ができません。

一方、鋳鉄製のスキレットは所有者の手で手入れをしていく必要があります。食材がくっつきにくくなるよう油の膜を張る『シーズニング』という作業を行い、手をかけてあげればあげるほど使い勝手の良いスキレットへと変化していきますよ。

このように手入れの仕方で自分好みの調理器具に育てられるのが、スキレットならではのメリットと言えます。


スキレットの「失敗しない選び方」を紹介!

一言にスキレットと言っても、形状やサイズなど様々な商品が販売されているため、どのような点を見て選べば良いのか分からないという方も多いでしょう。そこでここからは、スキレット選びの際に見るべきポイントを紹介します。

「毎日の料理が楽しくなるような素敵なスキレットを選びたい!」という方は必見です。


スキレットの選び方1. IHに対応しているか確認して選ぶ

電化が進んでいる現代において、キッチンはIHだという家庭も多いでしょう。IHは直接火が出ないため安全で手入れも簡単というメリットがありますが、その反面使える調理器具を選びます。

例えば、鍋底が丸かったり脚がついていたりなど鍋底がきちんとIHに接しないものは非対応であることが多いです。素材においても鉄に非対応な場合もあるので、家庭でスキレット調理ができない可能性もあります

購入してからIHでは使えなかったと気づいても手遅れなため、自宅が電化しているご家庭は事前にIH対応のスキレットかを確認してから購入してください。


スキレットの選び方2. シーズニングが必要かチェックして選ぶ

シーズニングとは、スキレットに油の膜を張る作業のことです。一般的なフライパンはフッ素加工などで食材がくっつかないように作られていますが、スキレットには基本的に食材がくっつかないような加工がされていないため、そのまま使うとすぐに食材がくっついてとても料理ができません。

そのため、スキレットに油をなじませて食材がくっつかないようにする作業を調理前に行う必要があるのですが、商品によってはシーズニングが不要な場合もあります。

「自分好みのスキレットに育てたいからシーズニングを自分で行いたい!」という方はシーズニングが必要なスキレットを。「シーズニングが面倒だから不要なものが良い。」という方はシーズニング不要なもの選ぶと良いでしょう。


スキレットの選び方3. 用途に適したサイズのスキレットを選ぶ

1台でいろんな料理ができるのがスキレットの魅力ですが、レシピや作る量によってはスキレットの形状を選ばなければなりません。

例えば、浅いスキレットであればステーキなどの焼き料理はできても揚げ物は油が溢れてしまい、上手に揚げることが難しいです。また、4人分の料理を作りたいのに1人用スキレットでは、小さすぎて十分な量を作れません。

このように、使い勝手の良いスキレットの魅力を最大限に活かすためには、用途に合わせた適切なサイズを選ぶことが大切です。


煮込み料理などを作るなら「深型」を選ぶ

煮込み料理や茹で料理などは、全体的に高い温度を維持しなければならないので、蓄熱性が高いスキレットを選ぶ必要があります。鋳鉄製という時点で一般的なフライパンに比べて蓄熱性は高めなのですが、より効率よく料理をするためにも、5cm以上の厚みがあるスキレットを選ぶのがおすすめです。


スキレットの選び方4. 素材にも目を通して選ぶ

スキレットは鋳鉄製が一般的ですが、実は他にもいろんな素材で作られた商品があります。使われている素材によって扱いやすさや火の入り具合などが異なるため、素材ごとの特徴を理解した上で商品を選ぶことが大切です。

では、具体的にどのような素材のスキレットがあるのかを見てみましょう。


丈夫で長く使える「鋳鉄製」

スキレットで一番多いのが鋳鉄製です。鉄の重厚感を感じられ、熱伝導率が高くムラなく火が入るため、料理を美味しく作れると人気があります。

食材がくっつかないようシーズニングという作業が必要ですが、使えば使うほど油が馴染んで使い勝手の良いスキレットになるので、長く愛用していきたい方には最適な素材と言えるでしょう。


レンジ対応もしている「耐熱陶器製」

耐熱陶器製のスキレットは、電子レンジやオーブン調理に対応しているという点が大きな魅力です。電子レンジである程度食材に火を通してからガス調理に移行することで、調理時間を短くしたり節約につなげられたりするので、主婦から注目を集めています。

「光熱費削減のためにも、電子レンジを使いながらガス調理時間を短くしたい!」という節約上手な主婦の方には、手離せないスキレットとなるでしょう。


見た目のおしゃれさにこだわりたい人へ最適な「ホーロー製」

ホーロー製は、一般的なスキレットよりデザイン性が高く感じられると人気です。調理したものをそのまま食卓に出せば彩りのあるおしゃれな食卓を演出できるでしょう。

また、スキレットの内側をホーロー加工している商品であれば、食材がくっつきにくいので、お手入れが簡単にできます。

インスタ映えを狙うためにおしゃれなデザインのスキレットが欲しいという方には、おすすめのタイプです。


スキレットの選び方5. 蓋の有無をチェックして選ぶ

燻製や蒸し料理など、蒸気が必要な場合に必要不可欠なアイテムが蓋です。蓋がないとどんどん蒸気が逃げていくため、蒸し料理ができない上にスープや煮物などの煮込み料理の汁気も蒸発していって美味しく仕上げられないため、スキレットでいろんな調理法を行いたい場合は蓋ありの商品を選ぶ必要があります。

「焼き料理にしか使わない。」と決めている方であれば蓋なしでも良いですが、まだどんな料理に活用するか決めていない方やいろんなジャンルの料理に挑戦したいと思っている方は、調理の幅を広げられるよう蓋ありを選んだ方が無難と言えるでしょう。


スキレットの選び方6. 人気メーカーのスキレットを選ぶ

いくら見た目がおしゃれと言っても、スキレットはインテリア雑貨ではなく調理器具です。口に入るものを作るのに使うため、安全性が高く安心して使えるものを選びたいですよね。

だからこそ見るべきが販売メーカーです。名の知れた有名メーカーであれば、人気なことが分かっている分安心して購入できるでしょう。

また、人気メーカーの商品はユーザーが多いと予想されることから、インスタなどでもその商品を使って作られたレシピやテーブルコーディネートなどが発信されている可能性があります。それらを参考にスキレットの活用術も学べるので、安全性の高さを求める方はもちろん、「話題のスキレットをどう活用したら良いのか分からない!」というスキレット初心者の方にもおすすめです。


大流行!料理の幅が広がる「スキレット」の人気おすすめ商品10選

スキレットと一言に言っても、その種類やデザインは商品によって様々。店頭にたくさん並んでいるのを見ると、どれを選んだら良いか分からなくなってしまいますよね。そこでここからは、人気が高いおすすめのスキレットを10個紹介します。


おすすめのスキレット1. ニトリ スキレット鍋 15cm

  • コンパクトなサイズで幅広い料理に活用できるので、普段使いしやすい
  • 約500円と安い上に活躍の幅が広いため、コスパが良い
  • シンプルなデザインで、どのような食卓にも合わせられる

スキレットがあまりに高価だと、上手に扱えるか不安でなかなか手が出せないという方も多いでしょう。そんな方に手に取ってもらいたいのがニトリのスキレット。

使い勝手の良い15cmサイズで、1人分のおかずを作ったり複数人で食べるおつまみを作ったりといろんなシーンで活用できます。その上値段は約500円と安く、まさに「お値段以上」のコスパ最強アイテムです。

「今までスキレットを使ったことがないからお試し感覚で使用してみたい!」と思っている方には、ぜひおすすめしたい商品です。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:幅25.5 × 奥行15.7 × 高さ3.3 (cm)
  • 重量:ー
  • 素材:鋳鉄
  • 対応熱源:直火/IH(場合によっては使用不可)/オーブンレンジ
  • 蓋付き:×
  • シーズニング:必要
  • メーカー:ニトリ

おすすめのスキレット2. cotta オリジナルスキレット 26cm

  • 約26cmと扱いやすいサイズ感のため、料理がしやすい
  • 蓄熱性が高く加熱のムラがないので、料理を美味しく仕上げられる
  • 高さ5cmで適度な深さがあるため、煮込み料理や蒸し料理も作りやすい

小さいスキレットは見た目が可愛いですが、一般的なフライ返しなどとサイズが合わないため、焼き物をひっくり返すなどがしづらいですよね。料理に不慣れな方だと、そのまま「どうしよう」と考えているうちに料理を焦がしてしまう恐れも。

しかし、こちらの商品は約26cmと小さすぎずフライパンほど大きくないサイズのため、調理が比較的やりやすいです。

調理がしやすいよう適度な大きさのスキレットをお探しの方は、ぜひこちらを手にとってみてください。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:内径約24 × 5 (cm)
  • 重量:ー
  • 素材:鋳鉄
  • 対応熱源:直火/IH
  • 蓋付き:×(別売りの蓋あり)
  • シーズニング:ー
  • メーカー:cotta

おすすめのスキレット3. cotta オリジナルスキレット 20cm

  • 大きすぎず小さすぎずの丁度良いサイズ感で、いろんなシーンに活用できる
  • IH対応しているため、オール電化の家庭でも安心して使える
  • 重厚感のあるデザインで、カフェのような見た目がおしゃれな料理ができる

「スキレットでおしゃれな料理を作りたい!」と思いながらも、どのような使い方ができるか分からず、なかなか選べないという方は多いでしょう。そんな方に手に取ってもらいたいのが、cottaが販売するこちらのスキレットです。

約20cmという手頃なサイズ感で、1人分の料理を作ることも複数人でつまむおかずを作ることも可能。

例えば、フレンチトーストを焼いて1人で贅沢なティータイムを演出したりアヒージョを作って夫婦で晩酌を楽しんだりといろんなシーンで活用できます。「いろんな使い方ができるサイズ感のスキレットが欲しい!」という方にぜひおすすめしたい商品です。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:約内径19.2 × 4 (cm)
  • 重量:ー
  • 素材:鋳鉄
  • 対応熱源:直火/IH
  • 蓋付き:×(別売りの蓋あり)
  • シーズニング:ー
  • メーカー:cotta

おすすめのスキレット4. 鋳物ホーロー ミニスキレット

  • ブルーとレッドの2種類があるので、ペア感を楽しめる
  • ホーロー加工されており、食材がくっつきにくいためお手入れが簡単
  • 保温性が高いので、時間が経っても温かい料理を満喫できる

鋳鉄のスキレットはグレー一色。シンプルでどんな雰囲気の食卓にも合わせられるというメリットがありますが、日々の食卓に活用していくのであれば、茶碗などのように使用者それぞれの専用スキレットを置いておきたいですよね。

そこでおすすめしたいのがこちらのホーロースキレット。ブルーとレッドの2色が展開されている可愛いデザインで、男性はブルー、女性はレッドのようにそれぞれの専用を作って使い分けられる上にペア感も楽しめます。

同棲中のカップルさんや仲良しのご夫婦は、ぜひペア感を楽しみながら毎日の食事に役立ててください。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:直径15.5 × 高さ3.2 (cm)
  • 重量:ー
  • 素材:鋳鉄(表面/ホーロー)
  • 対応熱源:直火/IH/オーブンレンジ
  • 蓋付き:×
  • シーズニング:ー
  • メーカー:コージークック

おすすめのスキレット5. IH対応 丸型スキレット

  • 様々な熱源に対応しているため、いろんなご家庭で使用しやすい
  • あらかじめシーズニング処理が行われているので、自分でやる手間がない
  • 600円台と手頃な価格で買えてコスパが良い

「せっかくスキレットを買ったのに自宅で使えなかったらどうしよう…。」

そんな不安を払拭してくれるのがこちらの商品。ガスコンロを始め、ラジエントヒーターやハロゲンヒーターなど様々な熱源に対応しているスキレットのため、ご家庭で安心して利用しやすいです。また、幅広く対応できるにもかかわらず、価格は600円台とコスパが良いところも人気の理由。

「うちのキッチンはスキレット使えたかな?」という方や「今はガスコンロだけど今度IHのアパートに引っ越すからIH対応でないと困る。」という方など、熱源に不安を持つ方はぜひこちらを検討してみてください。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:約直径15.5 × 高さ3 (cm)
  • 重量:約750g
  • 素材:鋳鉄
  • 対応熱源:直火/IH/オーブンレンジ
  • 蓋付き:×
  • シーズニング:不要
  • メーカー:ー

おすすめのスキレット6. キャプテンスタッグ スキレット

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キッチン用品 スキレット フライパン 20cm UG-3028
  • 高評価のベストセラー商品なので、人気と分かっている分安心して購入しやすい
  • シーズニングの空焼きが不要なため、手入れの手間が少なくて楽
  • 様々なサイズのバリエーションがあるので、用途に合わせて最適なスキレットを選べる

アウトドア用品として、また家庭用調理器具として一世を風靡したスキレットは今や人気の調理器具。いろんな商品が出ているため、どれを選べば良いか分からないという方は少なくありません。

そこでぜひおすすめしたいのがアウトドアメーカーのキャプテンスタッグが販売するこちらのスキレットです。Amazonの「アウトドア用ダッチオーブン」カテゴリーで売れ筋ランキング1位を獲得しており、ベストセラー商品として人気を集めています。多くのユーザーから支持されている商品のため、安心して購入できますね。

「初めてのスキレットだから安心して使える人気商品を選びたい!」という方には最適な商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:約21.5 × 31.5 × 5 (cm)
  • 重量:約1.5kg
  • 素材:鋳鉄
  • 対応熱源:直火/オーブンレンジ
  • 蓋付き:×(別売りの蓋あり)
  • シーズニング:必要(空焼きのみ不要)
  • メーカー:キャプテンスタッグ

おすすめのスキレット7. LODGE ロジック10 1/4インチスキレット

LODGE(ロッジ) ロジック10 1/4インチスキレット フライパン L8SK3
  • 持ち手が2つついているため、熱々のスキレットも安定して持ち運べる
  • シーズニング処理が行われているので、初心者でも扱いやすい
  • 歴史の長いアメリカメーカーが製造しているから、信頼が厚く安心して購入できる

スキレットは熱伝導率が高く、料理が美味しく作れるという反面、鍋全体が非常に熱いというデメリットがあるため、持ち運ぶ時の火傷のリスクが怖いですよね。

しかし、こちらの商品は持ち手が2つついているのでスキレットを両手でしっかり持てます。料理をしてさらに重くなったスキレットも、これなら安心して持ち運べますね。

足場が悪い屋外でキャンプ料理を行う方などは、ぜひ安定した持ち運びができるこちらの商品をお試しください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:直径約26 × 深さ5 (cm)
  • 重量:2.4kg
  • 素材:鉄
  • 対応熱源:直火/IH
  • 蓋付き:×
  • シーズニング:不要
  • メーカー:LODGE

おすすめのスキレット8. ユニフレーム スキレット

ユニフレーム スキレット 10 661062
  • 表面がつるっとしているため、スポンジで綺麗に洗いやすい
  • 蓋が付属でついているので、焼き物から煮込み料理まで幅広いレシピに対応できる
  • 深さが5cmもあるため、調理中に中身がこぼれる心配が少ない

鋳鉄製のスキレットは、基本的に表面が凸凹とした仕組みとなっているものが多いため、食材がこびりついたり細かい汚れが残りやすかったりして洗うのが大変ですよね。

しかし、ユニフレームが販売するこちらのスキレットは表面がツルツルとした加工が施されているため、多少食材がくっついても綺麗に洗いやすくなっています

「料理を作って疲れたのに、片付けまで手間がかかるのは勘弁してほしい。」という方に優しい商品ですね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:25 × 5 (cm)
  • 重量:3.2kg
  • 素材:本体/黒皮鉄板3.2mm厚クリアラッカー焼付塗装 ハンドル/φ9mm黒皮無垢棒 蓋/黒皮鉄板2mmクリアラッカー焼付塗装
  • 対応熱源:直火
  • 蓋付き:◯
  • シーズニング:ー
  • メーカー:ユニフレーム

おすすめのスキレット9. CHUMS ブービー ミニスキレット CH62-1179

CHUMS(チャムス) ブービー ミニスキレット CH62-1179
  • コンパクトサイズなので、付け合わせやソースなどちょっとした調理時に役立つ
  • 持ち手も含めて15cmしかないため、キャンプに持って行きやすい
  • 省スペースで収納できるので邪魔にならない

スキレットはどんなに小さくても持ち手抜きで15cm前後。これだけでも十分コンパクトですが、ソースなどを作る時に「もう少し小さいサイズがあれば…。」と思う方もいるでしょう。

そこで役立つのがこちらの商品。なんと持ち手込みで15cmというかなり小さいサイズのスキレットで、ちょっとした料理を作りたい時に重宝します。もっと小さいサイズを求めていた方にとってはまさに痒い所に手が届くような商品と言えますね。

バーベキューのソースやステーキの付け合わせなど、ちょっとした料理専用の小さなスキレットをお探しの方は必見です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:全長15cm
  • 重量:ー
  • 素材:鉄
  • 対応熱源:ー
  • 蓋付き:×
  • シーズニング:ー
  • メーカー:CHUMS

おすすめのスキレット10. LODGE HE ギタースキレット HGSK

LODGE(ロッジ) HE ギタースキレット HGSK
  • 見た目がユニークなので、料理と一緒にデザインも楽しめる
  • 持ち手が長いため、持ち運び時に安定して持てる
  • 様々な熱源に対応できるので、アウトドアはもちろん家庭でも活躍する

「円形のスキレットは普通過ぎる!」と定番の形を味気なく感じている方もいるでしょう。

そんな方におすすめしたいのがLODGEが販売するギタースキレットです。その名の通りギターの形をしたスキレットで、見た目がかなり個性的。おしゃれなデザインにテンションアップ間違いなしのため、調理中も食べている間も楽しいひと時を過ごせます。

「今日は合コンだから話題作りのためにもおしゃれなアウトドアグッズを持って行きたい!」など、アウトドアを盛り上げるアイテムとしても使いたいと思っている方はぜひこちらを手に取ってみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:27.3 × 11.7 × 1.5 (cm) 重量:ー
  • 素材:鋳鉄
  • 対応熱源:直火/IH/オーブンレンジ
  • 蓋付き:×
  • シーズニング:不要
  • メーカー:LODGE

【深型】煮込み料理や鍋が可能な人気スキレット3選

シンプルに使える浅型のスキレットも良いですが、もっと料理の幅を広げたいのであれば深さのあるスキレットがおすすめです。煮込み料理や揚げ物などにも重宝し、よりスキレットを活躍させてあげられるでしょう。

そこでここからは、人気の深型スキレットを10個紹介します。「浅型を既に持っているから深型も欲しい!」などの複数持ちを考えている方や、レシピのレパートリーが豊富な料理上手な方はぜひお気に入りのスキレット探しのお役に立ててください。


深型のスキレット1.イシガキ産業 スキレット

イシガキ産業 スキレット オーブン18cm 3969
  • 付属の網を使うことで、簡単に燻製料理に挑戦できる
  • 蓋はグリルパンとしても使うことができ、浅型と深型のセットで約3,000円とコスパが良い
  • 鍋肌の左右に注ぎ口がついているため、ソースも綺麗にお皿に流せる

「毎晩の晩酌のお供に燻製を食べたい!」そんなお酒好きな方を中心に人気がある燻製料理ですが、煙で作るため自家製は難しいと諦めてしまっている方もいるでしょう。

しかし、こちらの深型スキレットであれば自家製の燻製が簡単に作れます。チップと付属の網を鍋底にセットし、好きな食材を並べて加熱するだけなので、専用の燻製機がなくても大丈夫。食べたい時に好きな食材で自由に作れるので贅沢感を味わえますよ。

「自家製燻製に挑戦してみたい!」という方は、ぜひこちらの商品でいろんな食材の燻製を試してみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:幅31 × 奥行20 × 高さ9 (cm)
  • 重量:ー
  • 素材:本体/鉄鋳物 網/スチール
  • 対応熱源:直火
  • 蓋付き:◯
  • シーズニング:ー
  • メーカー:イシガキ産業

深型のスキレット2. LODGE スキレット 深型

LODGE(ロッジ) スキレット 深型 L10DSK3 12インチ
  • 食器洗浄機対応可能なので、使い終わった後の片付けが簡単にできる
  • 持ち手が2つついているため、熱々のスキレットも安全に持ち運べる
  • 様々な熱源に対応しているので、いろんなご家庭で活躍する

鋳鉄製のスキレットは一般的な調理器具と材質が違うので、長く使っていくためにも商品ごとで適切なメンテナンスをしなければなりません。そのため、扱いづらいイメージを持たれやすく、興味がありながらもなかなか購入を決意できない方も多いです。

しかし、こちらの商品は食器洗浄機に対応しているスキレットなので、使い終わった後は簡単に洗えます。他の食器類と別個で洗わなくて良いのは家事の手間が省けてありがたいですよね。

「普段使いしやすいようメンテナンスも簡単なものが良い!」という方にはぜひおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:L約47.3 × W約30.8 × H約10 (cm)
  • 重量:ー
  • 素材:鋳鉄
  • 対応熱源:直火/IH/オーブンレンジ
  • 蓋付き:×
  • シーズニング:ー
  • メーカー:LODGE

深型のスキレット3. スキレットフライパン 15cm

  • シンプルなデザインなので、料理映えしやすい
  • 手頃なサイズ感で幅広い料理に対応できるにもかかわらず500円未満とコスパが良い
  • IH対応なので、オール電化のご家庭でも気軽に使える

「おしゃれな料理を作るためにも、できるだけシンプルなデザインのスキレットが欲しい!」

そんな方にぜひご紹介したいのがこちらの深型スキレット。ブラック一色のシンプルなデザインなので、どんな料理も鮮やかに見えますよ。

また、深型であることで浅型より料理のバリエーションが広げられるため、いろんなおしゃれ料理に挑戦できます。

インスタ映えを狙った料理を作りたい方は、ぜひこちらを手に取ってみてはいかがでしょうか。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:3.7 × 15.1 × 23.7 (cm)
  • 重量:ー
  • 素材:鋳鉄
  • 対応熱源:直火/IH/オーブン
  • 蓋付き:×
  • シーズニング:ー
  • メーカー:ー

使用前だけじゃない!使用後のスキレットのお手入れ方法とは

使用前に丁寧にシーズニングを行っても、使用後の片付けが大雑把だと台無しです。スキレットは使えば使うほど使い勝手が良い調理器具へと変化していくものなので、きちんと使用後もメンテナンスをしてあげましょう

使用後は、まずキッチンペーパーなどで大まかな汚れを落とし、たわしを使って水洗いをします。ここでポイントとなるのは水を使うこと。

スキレットは油を馴染ませていくことでくっつきにくくなるため、油を落としてしまうお湯や洗剤での洗浄はNGです。ただ、素材や商品によってはお湯や洗剤使用OKの場合もあるので、商品の説明書をしっかり読んでおきましょう。

洗い終わったら火にかけて完全に水気を飛ばし、最後にオリーブオイルなどの食用油を表面に馴染ませて完了です。洗って終わりではなく、最後のシーズニングまできちんと行うことで油が馴染み使いやすいスキレットになりますよ。


スキレットと一緒に買うべき「人気アイテム」2選

スキレットを使う上で、他にもあると便利なアイテムがいくつかあります。いわゆる脇役のような存在ですが、あることでよりスキレット料理を快適に楽しめるようになること間違いなしです。

では、どのようなアイテムがあると便利なのか、スキレット選びの際に一緒に見ておきたいおすすめアイテムを紹介します。


人気アイテム1. 断熱オーブンミトン

断熱オーブンミトン シリコン手袋 300℃ 耐熱ミトン 業務用 オーブンミット 滑り止め 厚手 手保護手袋 熱くない 鍋つかみ 安い 調理用手袋 おしゃれ キッチン手袋 電子レンジ オーブン バーベキュー BBQ 2枚セット ドット柄 デザイン ブラック
  • 耐熱温度300℃なので、熱々のスキレットも簡単に持ち運びできる
  • シリコン製で表面の網目が滑り止めになっているため、安全に持ちやすい
  • ドットのデザインがおしゃれで可愛い

調理後のスキレットは非常に熱いので、持ち運びが大変。軽量なスキレットであれば持ち手にタオルを巻くだけでも良いかもしれませんが、重ためのスキレットだとしっかり両手で持ち上げる必要があるため安定して断熱してくれるものが必要です。

しかし、こちらのミトンは耐熱温度300℃とかなりの高温に耐えられる仕様。丈も長めに作られており、手のひらだけでなく手首までしっかり守ってくれるため、うっかり手首に蓋や持ち手が当たっても大丈夫です。

熱々のスキレットが安全に持ち運べるため、火傷の心配もなく安心。深型スキレットや大きなスキレットなど、重量があるスキレットをお持ちの方はぜひこちらを使ってみてください。

Amazonで詳細を見る


人気アイテム2. イシガキ産業 鉄鋳物スキレット用木台

イシガキ産業 鉄鋳物スキレット用木台 3892 18×18cm
  • 厚みがあって断熱効果が高く、テーブルが熱でダメージを受けないよう防いでくれる
  • 底のくぼみに手が入るため、平らな場所に置いてあってもすぐ持ち上げられる
  • 4種類のサイズ展開があるので、スキレットに合わせて選びやすい

スキレットをそのまま食卓に出すのであれば、テーブルが熱で溶けたり傷ついたりしないよう鍋敷きが必要です。しかし、ただの鍋敷きだとテーブルに密着してしまい、スキレットを置いた状態で持ち運びたくても持ち上げにくいことがあるでしょう。

そんな時に使いたいのがこちらの商品。底にくぼみがあるので、すっと手が入りスキレットを乗せて重くなった鍋敷きも安定して持ちあげられるから、テーブルと鍋敷きの間に手が入らなくて「どうやって持ち上げよう。」と困惑することもありません。

スキレットを食卓に出して家族みんなで料理をシェアしたいというご家庭であれば、テーブル上を簡単に移動させられておすすめです。

Amazonで詳細を見る


【簡単レシピ】スキレットを使ったおすすめ料理5選

今までおすすめのスキレットをたくさん紹介してきましたが、実際に素敵なスキレットを手に入れても何を作ったら良いか分からず買ったまま放置になってしまっている方もいるでしょう。

そこでここからは、新たにスキレットを購入した方にぜひ挑戦してもらいたいおすすめレシピを紹介します。簡単なものばかりなので、スキレットだけでなく料理そのものも初心者だという方も安心して挑戦してみてください。


簡単レシピ1. 「海老とマッシュルームのアヒージョ」

アヒージョはニンニクで香りづけしたたっぷりのオイルに具材を入れて作る煮込み料理です。今回は海老とマッシュルームを使ったアヒージョをご紹介しますが、この他にもブロッコリーや貝など様々な食材でアレンジができます。

オイルさえできれば後は具材を入れるだけという工程もかなり少ない簡単レシピなので、「もう一品パパっと作れるおかずが欲しい!」という方や「最小限の調理器具しか持ってきていないから簡単にできる料理を作りたい!」というキャンパーの方などにおすすめです。


必要な材料【2~4人分】

  • むき海老…1パック
  • マッシュルーム…6個
  • ニンニク…2かけ
  • 鷹の爪…1本
  • アンチョビ…3枚
  • オリーブオイル…100ml
  • 塩…適量

「海老とマッシュルームのアヒージョ」の作り方

①ニンニク、アンチョビをみじん切りにし、鷹の爪は輪切りに、マッシュルームはスライスにする。

②スキレットに①の具材とむき海老、オリーブオイルを入れて弱火でじっくり煮込む。

③塩で味を調える。


簡単レシピ2. 「トマトの簡単おつまみ」

甘酸っぱいトマトとチーズの濃厚さがベストマッチの簡単おつまみ。使う食材も工程も少ないため、面倒さを感じることなくパパっと作れます

「何かおつまみを作りたいけど、あまり手間がかかるようなものはしたくない…。」という方にはぜひおすすめしたいレシピです。


必要な材料【1人分】

  • トマト…1個
  • とろけるチーズ…適量(たっぷりがおすすめ)
  • オリーブオイル…大さじ1~2
  • 塩胡椒…適量

「トマトの簡単おつまみ」の作り方

①トマトを一口サイズにカットする。

②スキレットにオリーブオイルを敷き、トマトを並べる。

③塩胡椒、チーズをお好みの量かける。

④アルミホイルで蓋をし、チーズが溶けるまで弱火でじっくり火を入れる。


簡単レシピ3. 「アジのアクアパッツァ」

アクアパッツァとは、魚介類をトマトやオリーブオイル、白ワインなどで煮込んだナポリの伝統料理。おしゃれなレストランでも登場するメニューなので難しそうなイメージがありますが、実際はいろんな具をスキレットで煮込むだけなので簡単です。

また、彩りを意識して食材を選べば美味しいだけでなくインスタ映えも狙えるので、見た目がおしゃれな料理を作りたい方に人気があります。


必要な材料【2人分】

  • アジ…1匹
  • アサリ…1パック
  • ブロッコリー…1本
  • ミニトマト…3~4個
  • パプリカ(赤・黄)…適量
  • タマネギ…1玉
  • マッシュルーム…1パック
  • 水…50ml
  • 酒…50ml
  • オリーブオイル…適量
  • 塩胡椒…適量

「アジのアクアパッツァ」の作り方

①アジの下処理をし、塩胡椒を振って水気を取る。

②スキレットでアジを両面焼く。

③水、酒、オリーブオイルを入れてからその他の具材も加え、蓋をしてひと煮立ちさせる。


簡単レシピ4. 「チーズポテト」

じゃがいものホクホク感ととろける濃厚なチーズが美味しいチーズポテトは、一品料理としてもおつまみとしても人気が高いレシピ。じゃがいもがお腹にたまって満足感も抜群です。

その上じゃがいもにチーズを乗せて焼くだけと工程が少なく簡単に作れるため、料理が苦手な方でも挑戦しやすいでしょう。


必要な材料【2人分】

  • じゃがいも…3個
  • 塩胡椒…適量
  • バター…15g
  • ピザ用チーズ…30g

「チーズポテト」の作り方

①じゃがいもの皮をむき、1cmの厚さに切って水にさらす。 ②耐熱皿にじゃがいもを並べ、ラップをしてレンジで加熱する(600w2~3分)。 ③スキレットでバターを溶かし、じゃがいもを並べて焼き色をつける。 ④塩胡椒、ピザ用チーズを乗せてトースターで5分程度焼く。


簡単レシピ5. 「煮込みハンバーグ」

ムラなく火が通るスキレットで作ったハンバーグは、まるでレストランのようにジューシーで美味しい仕上がりになります。また、蓄熱性が高いスキレットで食べることで料理が冷めにくく、最後まで温かいハンバーグを楽しめるのも嬉しいところ。

調理はフライパンなどで作ってから最終的にスキレットに盛り付けるという流れなので少々工程は多く感じますが、実際の内容はそれほど複雑ではありません。スキレットでお店のような本格的な料理を楽しみたい方はぜひ挑戦してみてください。


必要な材料【1人分】

  • 自家製ハンバーグのタネ…1個分
  • 人参…1/2本
  • ブロッコリー…2個
  • コーン…少量
  • しめじ…1個
  • タマネギ…1玉
  • デミグラスソース…1缶
  • ウスターソース…お好み
  • 酒…少量

「煮込みハンバーグ」の作り方

【付け合わせ】

①人参、ブロッコリーを適切な大きさにカットし塩ゆでする。

②コーンをバターで炒める。

③スライスしたタマネギとほぐしたしめじを炒め、塩胡椒で味付けする。

【メイン】

④フライパンでデミグラスソースを温める。

⑤別フライパンで自家製ハンバーグを両面焼き、④の中に入れて煮込む。

⑥スキレットを温め、薄く油を敷いたらハンバーグ、付け合わせを盛る。


スキレットで美味しいキャンプ飯を堪能しよう!

スキレットはアウトドアだけでなく、日常的な家庭の食卓もおしゃれに彩る人気の調理器具です。蓄熱性や熱伝導率の高さなどから美味しい料理を作るのに役立つため、スキレットでどのような料理にしようかと思うとわくわくしますよね。

しかし、サイズや形状など商品によって特徴が様々なので、スキレットをどのように選べば良いか悩んでいる方も多いでしょう。

そんな時は、ぜひ上記で紹介した商品を参考にしてください。浅型・深型とタイプに分けて紹介しているため、用途を考えながら最適なスキレット選びができますよ。

ユーザー人気が高い商品ばかりなので、お気に入りのスキレットを見つけて毎日のクッキングタイムを楽しく充実させましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事