飲みやすい青汁のおすすめ人気ランキング|混ぜると美味しい飲み方まで解説

手軽に飲める美味しい青汁のおすすめを知りたい方へ。本記事では青汁の比較方法や正しい選び方、飲みやすい青汁のおすすめ人気ランキングを大公開!さらに苦手な人でも毎日飲める美味しい青汁の飲み方をお教えします。毎日の生活に取り入れ、健康的な日々を手に入れましょう。

飲みやすい青汁の選び方|続けやすい美味しい商品ってどう選ぶ?

青汁と一口に言っても、今では、多種多様な商品が販売されているため、どうやって選べばいいのか迷ってしまう人も多いことでしょう。そこでここでは、続けるために大切な飲みやすさに特化した美味しい青汁の選び方を詳しく解説します。

毎日の健康を支えるためにしっかりと続けていくために、美味しい青汁を選びましょう


飲みやすい青汁の選び方1. フルーツ入りかどうか

飲みやすい青汁の選び方|フルーツ入りかどうか

「青汁」と聞くと、誰しもが"抹茶みたいな濃い緑色をしていて苦い飲み物"というイメージがありますが、最近では、そんな第一印象を吹っ飛ばすフルーツの果汁入り青汁も多く販売されています。

一般的なケールや大麦若葉などを使った濃い青汁は、その独特な苦味が嫌になってしまう人も多いですが、果汁をプラスした青汁はジュース感覚で楽しめるとほとんどの人がしっかりと継続できるそう。

筆者自身も果汁入りの青汁を飲んでいて、とても飲みやすく、毎日の朝食にストレスなく足すことができました。

飲みやすい青汁をお探しの人は、必ずフルーツ入りかどうかはチェックしておくのがおすすめです


飲みやすい青汁の選び方2. 口コミレビューを参考にする

飲みやすい青汁の選び方|口コミレビューの高さ

飲みやすい青汁を探す上で必ず見ておきたいのが、商品のレビュー。どんなに公式HPで「飲みやすくて美味しい」と書かれていても、実際に飲んだことのある人たちから「飲みやすい!」という評価が書かれていなければ、信用してはいけません。

最近では、Amazonや楽天など公式サイト以外でも、手軽に青汁が手に入るようになりました。公式HPで正しい商品を購入しようという人も、一度はAmazonや楽天でレビューをチェックした後で購入するようにしましょう!


飲みやすい青汁の選び方3. 続けやすい価格で選ぶ

飲みやすい青汁の選び方|続けやすい価格かどうか

青汁は、飲みやすさも非常に大切ですが、ある程度の期間飲み続けるドリンクのため、継続的に購入できる、無理のない価格であることが大切です。1日あたりの相場は、約50円~150円と幅があるため、各自の予算に合わせて検討しましょう。

商品によっては、初回購入時に特典や割引が得られたり、定期購入することで割安になったりするため、それぞれの割引キャンペーンを確認してみてください。

「せっかく飲み始めたのは良いけど、高くて続けられなくなった。」なんてことにならないように、気を付けたいものですね


飲みやすい青汁の選び方4. 粉末タイプかどうか

飲みやすい青汁の選び方|粉末タイプかどうか

粉末タイプとドリンクタイプだと、「粉末タイプの方が飲みにくそう...。」という人がたくさんいますが、実際に飲みやすいのは粉末タイプの青汁です。

ドリンクタイプは、洗い物を増やす心配がなかったりと手軽さにおいては非常に優秀ですが、味に変化を加えることが難しく、万が一飲みにくかった場合に味を修正することが難しいという難点があります

一方、粉末タイプの青汁であれば、割りものを変えたり、プラスではちみつを入れて飲みやすくするなど、いくらでもアレンジが効くため、自分にベストな味にカスタマイズ可能

青汁を外で飲む方であれば、ドリンクタイプをおすすめしますが、「飲みやすい」にこだわる場合は、粉末タイプの青汁がベストですよ


飲みやすい青汁のおすすめ人気ランキング|美味しくて続けられる商品とは?

青汁を選ぶ時のポイントがわかったところで、早速具体的なおすすめ商品を見ていきましょう。今回は、飲みやすいと人気を集める青汁をランキング形式でご紹介。

初めて青汁を飲む人にもぴったりの商品ばかりなので、ぜひランキングを参考にしてください。


飲みやすい青汁のおすすめランキング17位: 自然健康社 八丈島産・明日葉青汁粉末

自然健康社 八丈島産・明日葉青汁粉末 100g アルミ袋入り
  • 八丈島産の明日葉を100%使った無添加の青汁で、産地も特定されているため安心できる
  • 明日葉は苦みや青臭さが少ないため、飲みやすい青汁を探している人にも人気
  • 明日葉を粉末に加工する時に、できるだけ低温で粉砕することで、栄養成分をそのまま残すよう配慮されている

「シンプルな原材料の青汁を選びたいけど、飲みやすい味も重視したい。」そんなあなたにおすすめなのが、青汁などの健康食品を販売する「自然健康社」の『八丈島産・明日葉青汁粉末』です。

東京・八丈島で栽培されている明日葉を100%使用しており、安心安全。八丈島は、国内で明日葉栽培を手掛けた最初の場所としても知られており、栄養豊富な品質の高さにも定評があリマす。

明日葉は、青汁に入っている減量の中でも苦みが少なく比較的飲みやすいので、青汁初心者の人にもぜひ選んでほしい商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:100g
  • 青汁原料:明日葉
  • タイプ:粉末タイプ
  • 1杯あたりのコスト:80円
  • カロリー:289kcal

飲みやすい青汁のおすすめランキング16位:日本薬健 金の青汁 純国産大麦若葉

日本薬健 金の青汁 純国産大麦若葉 90包
  • 野菜の生臭さを抑えた抹茶風味で、すっきりとして飲みやすい
  • 糖類不使用のため、ダイエット中で糖質を気にする人にも人気
  • ドラッグストアなどでも手に入る市販品なので、継続的に飲み続けやすくて便利

継続的に青汁を飲むためには、どこでも購入できる手に入りやすい商品を選びたいと考える人も多いことでしょう。そこで、色んな青汁を取り扱う「日本薬健」の『金の青汁 純国産大麦若葉』をおすすめします。

原材料には、九州の契約農家で、農薬を使わず栽培された大麦若葉を100%使用。その後、国内の工場で残留農薬検査と放射能検査も実施しているなど、徹底した品質管理で安心して利用できます。

インターネット通販はもちろん、ドラッグストアなどでも市販されているため、購入しやすい商品をお探しの人にも人気です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:3gx90包
  • 青汁原料:大麦若葉粉末
  • タイプ:粉末タイプ
  • 1杯あたりのコスト:23円
  • カロリー::1パック(3g)あたり8.8kcal

飲みやすい青汁のおすすめランキング15位:良菜健美 すっきりミラクルモリンガ

【 ダイエット アドバイザー監修 】 良菜健美 モリンガ ダイエットサプリ 30包(約1ヶ月分) 9000億個の 乳酸菌 170種類の 酵素 マルチビタミン 青汁 スーパーフード 他 美容成分 配合 (30)
  • 抹茶やよもぎに似たような風味で、比較的飲みやすい
  • ビタミン類やカルシウム、食物繊維、必須アミノ酸などがバランス良く含まれており、健康・美容面での効果が期待できる
  • インドなどの亜熱帯地域で、古来から薬としても利用されてきた歴史ある植物なので、安心して飲める

栄養豊富な原材料にこだわりたい人にぴったりなのが、モリンガ商品を扱う「良菜健美」の『すっきりミラクルモリンガ』。

モリンガは、日本ではまだあまり知られていない北インド原産の植物ですが、「ミラクルツリー」と呼ばれるほど、90種類の栄養素をバランス良く含み、300種類もの効果が期待できるといわれています。

アジアやアフリカでは古来から美容、健康のために利用されてきたスーパーフードなので、ビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養を効率よく摂取したい人は、ぜひお試しください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:75g
  • 青汁原料:モリンガ葉
  • タイプ:粉末タイプ
  • 1杯あたりのコスト:77円
  • カロリー:-

飲みやすい青汁のおすすめランキング14位:ヤクルト 朝のフルーツ青汁

ヤクルト 朝のフルーツ青汁 7gx15袋
  • 野菜だけでなくフルーツの栄養も同時に摂取できると人気
  • フルーツの風味が強いため、これまで青汁の味が苦手で続かなかった人にもぴったり
  • ドラッグストアでも市販されており、手に入りやすくて便利

初めて青汁を飲む人には、ジュースのような感覚で飲める「ヤクルト」の『朝のフルーツ青汁』が人気です。

大分県で農薬・化学肥料を使わず栽培された大麦若葉に、バナナやりんご、マンゴー、アセロラの4種類のフルーツをブレンドしています。甘みと酸味のバランスが良く、青汁が苦手な人や野菜嫌いの子どもでも、グビグビ飲みやすくておすすめ

Amazon青汁サプリメントのランキングでも上位に入るおすすめ商品なので、とにかく飲みやすさを重視したいという人には、ぜひチェックしてみてほしい青汁です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:7g×15袋
  • 青汁原料:大麦若葉エキス末(デキストリン、大麦若葉エキス)、リンゴ粉末果汁(デキストリン、リンゴ果汁)、バナナパウダー、他7種類
  • タイプ:粉末タイプ
  • 1杯あたりのコスト:47円
  • カロリー:1袋(7g)あたり19~30kcal

飲みやすい青汁のおすすめランキング13位:アサヒ美健 強壮青汁

【公式販売】アサヒ美健の強壮青汁 粉末タイプ (無糖) 3g×30包 この1包に必須アミノ酸9種類全て含有 マカの4倍以上のアルギニン含有量
  • 体作りに必要な必須アミノ酸を全種類含んでおり、体力低下や気だるさにお悩みの人にもおすすめ
  • ビタミン・ミネラルに富む、国産大麦若葉とケールをダブルで配合し、野菜の栄養をしっかり摂取できる
  • 厚生労働省が定める品質管理基準をクリアした認定工場で製造されているため、品質にも安心できる

健康食品メーカー「アサヒ美健」の『強壮青汁』は、「年齢を重ねるにつれ、体力の衰えが気になってきた」という人に、ぜひお試しいただきたい青汁です。

栄養価の高い大麦若葉&ケールに、体内では合成できない必須アミノ酸を全9種類と、アミノ酸の吸収を助けるバイオぺリンを配合しています。アミノ酸は、体の20%を占めるタンパク質を構成する成分なので、健康な体作りには欠かせない栄養素。

特に食品から摂取しなければならない必須アミノ酸は不足してしまいがちなので、栄養不足や体力不足が気になる人は、この青汁で効率良く栄養を摂取してはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:3g×30包
  • 青汁原料:大麦若葉粉末、還元麦芽糖、難消化性デキストリン、麦芽糖、ケール粉末、水溶性食物繊維、クラチャイダム、亜鉛含有酵母、他22種類
  • タイプ:粉末タイプ
  • 1杯あたりのコスト:99円
  • カロリー:-

飲みやすい青汁のおすすめランキング12位:ソーキ ニュージーランドの大麦若葉

【有機大麦若葉100%】ニュージーランドの大麦若葉 90g
  • 苦みや癖が無く、抹茶のような風味で飲みやすい
  • 肥沃な農場で育った大麦若葉を使用しており、さらに有機認証マークも取得しているので、高品質の青汁を求める人にも人気
  • オーガニックの青汁でありながら、1杯あたりのコスパも良く継続して購入しやすい

品質の高い有機原料にこだわりたい人には、安全な素材を使った食品を取り扱う「ソーキ」の『ニュージーランドの大麦若葉』がおすすめです。

ニュージーランドで20年有機農業に取り組んできた、実績ある生産者の有機大麦若葉だけを使用しています。化学物質に頼らず、自然の力で生産されたことを示す、日本の有機JASマークを取得しているほか、残留農薬試験も実施しているなど、高い安全性を確保。

上質な素材を使いながら、1杯あたり53円とコスパも良いので健康に良いオーガニック原料を取り入れたい人に、ぜひ選んでほしい商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:90g
  • 青汁原料:大麦若葉
  • タイプ:粉末タイプ
  • 1杯あたりのコスト:53円
  • カロリー:321kcal

飲みやすい青汁のおすすめランキング11位:ヤクルト 私の青汁

ヤクルト 私の青汁 4g×60袋
  • 1杯あたりのコストが安く、Amazonの青汁ドリンクランキングでも上位に入る人気商品のため、試しに買う青汁としてもぴったり
  • ドラッグストアでも購入できるので、市販されている青汁を利用したい人にもおすすめ
  • できるだけ熱をかけずに加工することで、新鮮な大麦若葉の栄養素をそのまま残す工夫をしている

青汁は継続して飲むものだからこそ、できるだけ安い価格で手に入れたいものですね。そこでご紹介するのが、乳酸菌飲料で有名な「ヤクルト」の『私の青汁』です。

国内の契約農家で採れた大麦若葉に、糖質の吸収をゆるやかにしてくれる水溶性食物繊維も加えているため、ダイエット中など、糖質を気にする人にもぴったり

大麦若葉は、朝収穫したものを自社工場に持ち込み、そのまま粉末に加工しているため、鮮度が高く安心です。1杯あたり31円と安いので、試しに青汁を飲んでみたい人は、ぜひどうぞ

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:4g×60袋
  • 青汁原料:大麦若葉エキス、水溶性食物繊維、デキストリン
  • タイプ:粉末タイプ
  • 1杯あたりのコスト:31円
  • カロリー:8gあたり24kcal

飲みやすい青汁のおすすめランキング10位:伊藤園 毎日1杯の青汁

伊藤園 毎日1杯の青汁 粉末タイプ (有糖) 7.5g×20包
  • コスパを良くしたい人は、お得な定期購入もできておすすめ
  • ドラッグストアにも置かれている市販品なので、無くなった時もすぐ手に入りやすくて便利
  • 豆乳のマイルドさと、はちみつの優しい甘さで、青臭さが苦手な人でも美味しく飲める

子どもから大人まで家族で一緒に飲める、美味しい青汁をお求めの人には、飲料メーカー「伊藤園」の『毎日1杯の青汁』が一押しです。

定番の大麦若葉&ケールのほか、緑茶やブロッコリーホウレンソウも含まれているため、色んな食材が一度に摂取できて便利。

豆乳とはちみつを配合することで、ほんのり甘い味に仕上げており、毎日でも美味しく飲めるようになっています家族の野菜不足解消にも役立つと人気なので、子どもでも飲みやすい青汁をお探しの時は、ぜひお試しください

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:7.5g×20包
  • 青汁原料:大麦若葉粉末、砂糖、黒糖、還元麦芽糖水飴、麦芽糖、緑茶粉末、海藻カルシウム、スピルリナ、豆乳、ケール粉末、他6種類
  • タイプ:粉末タイプ
  • 1杯あたりのコスト:57円
  • カロリー:1包(7.5g)あたり24kcal

飲みやすい青汁のおすすめランキング9位:バイオフーズインターナショナル HealthLead 有機大麦若葉100%

HealthLead 有機大麦若葉100% 大容量230g(バイオフーズインターナショナル)
  • 品質の高い有機原料を使った無添加の青汁ながらも、安い価格が魅力
  • 青臭さやクセが無く、さわやかな香りで飲みやすい
  • 個包装になっていないため、ごみを減らしたい人にもぴったり

特に青汁初心者の人は、美味しくなくて飲むのをやめてしまったという失敗を避けるためにも、コスパにこだわって選びたいですね。

粉末飲料を取り扱う「バイオフーズインターナショナル」の『HealthLead 有機大麦若葉100%』は、大容量タイプの青汁。化学肥料や農薬を使わずに育てられた、クセの無い大麦若葉のみを厳選し、有機JASマークも取得しているので、品質面でも安心できます。

1杯わずか13円と抜群のコスパを誇る人気商品なので、安い価格にこだわる人にぴったりでしょう

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:230g
  • 青汁原料:大麦若葉末
  • タイプ:粉末タイプ
  • 1杯あたりのコスト:13円
  • カロリー:1杯分3gあたり8.5kcal

飲みやすい青汁のおすすめランキング8位:山本漢方製薬 大麦若葉粉末100%

山本漢方製薬 大麦若葉粉末100% 徳用 3g*44包
  • 匂い・味ともに青汁特有のクセが抑えられており、素材本来のすっきりとした味わいで飲みやすい
  • 通販のほか、ドラッグストアでも市販されているため、継続購入しやすい
  • 1杯あたり23円と安いので、コストの負担が抑えられる

長く飲み続けられる青汁をお探しなら、飽きがこない味わいを重視するのもおすすめです。健康食品で人気を集める「山本漢方製薬」の『大麦若葉粉末100%』は、Amazonの青汁ランキングでも上位に入る人気商品。

大麦の新芽だけを使った無添加の青汁で、クセが少なくさっぱりとした後口が特徴です。超微粉末に加工されているため、水に溶かした時も粉っぽさが気にならず、飲みやすいと人気

青汁初心者の人は、シンプルな味わいで毎日続けやすい、こちらの青汁を選んでみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:3g×44包
  • 青汁原料:大麦若葉
  • タイプ:粉末タイプ
  • 1杯あたりのコスト:23円
  • カロリー:1包あたり9kcal

飲みやすい青汁のおすすめランキング7位:サンスター 健康道場 美味しい青汁

健康道場 おいしい青汁 160g×30本
  • 栄養価の高い青野菜が9種類も使われているので、バランスよく栄養摂取できる
  • フルーツもブレンドししており、まろやかで飲みやすい味わいが人気
  • ドリンクタイプでそのまますぐに飲めるため、忙しい人にも使い勝手が良い

できるだけ手間をかけずに青汁を飲みたいなら、健康・美容食品を扱う「サンスター」の『健康道場 美味しい青汁』を試してみて。

ケールをはじめ、鉄分が豊富なホウレンソウや、ビタミンCたっぷりのブロッコリーなど、9種類の青野菜をブレンド。さらにりんごとレモンを追加して、ジュースのような飲みやすさを実現

缶に入ったドリンクタイプの無添加青汁で、開封してそのまま飲めるため、忙しく日々を過ごす人はぜひチェックしてみてください

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:160g×30本
  • 青汁原料:ブロッコリー、セロリ、キャベツ、ケール、ほうれん草、レタス、パセリ、大根葉、小松菜、りんご、他2種類
  • タイプ:ドリンクタイプ
  • 1杯あたりのコスト:190円
  • カロリー:1本あたり61kcal

飲みやすい青汁のおすすめランキング6位:ユーワ 乳酸菌+酵素 国産大麦若葉青汁

ユーワ 乳酸菌+酵素 国産大麦若葉青汁30包
  • 乳酸菌と酵素が入っており、野菜の栄養以外の成分も摂取できる
  • ドラッグストアでも売られているコスパの良い市販品で、費用を抑えたい人にもおすすめ
  • フルーツ&野菜由来の植物発酵エキスを配合し、すっきりとした風味にしているため美味しく飲める

野菜の栄養摂取だけでなく、プラスアルファの効果も期待したいあなたにおすすめしたいのが、健康食品メーカー「ユーワ」の『乳酸菌+酵素 国産大麦若葉青汁』です。

糖類を分解し、乳酸を作ることでおなかをサポートしてくれる乳酸菌と、タンパク質の一種である酵素も加えられており、生命活動にとって大切な成分が手軽に摂れます。

栄養を補給しながら、他の成分も効率よく摂取したいという場合には、ぜひ選んでほしい青汁です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:3g×30包
  • 青汁原料:大麦若葉末、マルトデキストリン、ぶどう糖、難消化性デキストリン、植物醗酵エキス末(マルトデキストリン、他3種類
  • タイプ:粉末タイプ
  • 1杯あたりのコスト:28円
  • カロリー:1包(3g)あたり10.83kcal

飲みやすい青汁のおすすめランキング5位:井藤漢方製薬 メタプロ青汁

井藤漢方製薬 メタプロ青汁 約30日分 8.5gX30袋
  • 食事から摂取した脂肪や糖の吸収を抑制できるため、ダイエット目的で青汁を飲みたい人にぴったり
  • 食物繊維が豊富なので、お通じを改善したい人にも人気
  • 大麦若葉や桑の葉、モロヘ嫌など、6種類の野菜が含まれており、栄養をバランス良く摂れる

ダイエット食品などを扱う「井藤漢方製薬」の『メタプロ青汁』は、脂肪や糖質を気にする人に、ぜひ飲んでみてほしい青汁。食物繊維を豊富に摂取できる青汁で、40代や50代の男女はもちろん、お腹の弱い健康志向の20代からも少しずつ人気を集めています

若干飲んでみると粉っぽさを感じることもありますが、少しお湯の量を増やしたり、ジュースで飲んでみれば、それほど気になることはありません。味自体も体に効く感じのする適度な青汁っぽさが残っているため、少しは苦味が欲しいという人におすすめですよ

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:8.5g×30袋
  • 青汁原料:難消化性デキストリン、大麦若葉末、緑茶末、桑の葉末、明日葉末、クロレラ末、モロヘイヤ末
  • タイプ:粉末タイプ
  • 1杯あたりのコスト:45円
  • カロリー:1袋(8.5gあたり)14kcal

飲みやすい青汁のおすすめランキング4位:日本薬健 スーパーフルーツ青汁ダイエット

日本薬健 スーパーフルーツ青汁ダイエット 30包
  • マンゴーの風味で、野菜の気になる匂いを感じず飲みやすい
  • 栄養豊富な野菜やスーパーフードなどが、一度に幅広く摂取できて便利
  • 酵素やヒアルロン酸などの成分も豊富に含んだ数少ない青汁

できるだけ色んな食材を摂りたい時には、『スーパーフルーツ青汁ダイエット』がぴったりです。

九州産の大麦若葉をベースに、モリンガやスピルリナなど9種のスーパーフード、栄養豊富なアサイーをはじめとする様々なフルーツ、美容成分として知られるコラーゲンなどを、幅広く配合しています

健康管理はもちろん、美容にも良い成分がたっぷり含まれているので、青汁にたくさんの効果を期待したい人は、ぜひ手に取ってみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:3gx30袋
  • 青汁原料:大麦若葉粉末(九州産)、水溶性食物繊維、還元麦芽糖、澱粉分解物、澱粉、酵母(亜鉛、マンガン、銅、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデン含有)、パパイヤ抽出物、コラーゲンペプチド、植物混合末(キヌア末、アマランサス末、胚芽押麦末、大麦粉、モリンガ末、麻の実末、クコの実末、他10種類)、いちご果汁末、キウイフルーツ果汁末、パイナップル果汁末、ぶどう果汁末、他9種類
  • タイプ:粉末タイプ
  • 1杯あたりのコスト:37円
  • カロリー:1本(3gあたり)9kcal

飲みやすい青汁のおすすめランキング3位:ヘルスタージャパン 国産三種のこだわり青汁乳酸菌プラス

[訳あり(賞味期限2019年9月30日)]国産三種のこだわり青汁乳酸菌プラス 64袋
  • 3種類の野菜に加え、7種類のビタミンやカルシウムもプラスアルファで配合されており、一度に色んな栄養が摂れる
  • 抹茶の風味と、黒糖の程良い甘みがあるため、青汁が苦手でも飲みやすくておすすめ
  • 乳酸菌も豊富に含まれているので、おなかの調子を整えたい人にぴったり

健康食品や日用品を取り扱う「ヘルスタージャパン」の『国産三種のこだわり青汁乳酸菌プラス』は、ほんのりした甘さをお好みのあなたに、一押しの青汁です。

大麦若葉とケールに、苦みやクセが無く飲みやすい風味の桑の葉を配合しており、しっかりと栄養が摂取できるでしょう。

黒糖や抹茶などを配合して飲みやすい味わいに仕上げられているので、甘みが強すぎず毎日続けて飲みやすい青汁をお探しの人は、ぜひご検討ください

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:3g×64袋
  • 青汁原料:大麦若葉粉末、還元麦芽糖、水溶性食物繊維(ポリデキストロース)、澱粉、黒糖、抹茶、ケール粉末、桑葉粉末、他8種類
  • タイプ:粉末タイプ
  • 1杯あたりのコスト:35円
  • カロリー:1袋あたり8.6kcal

飲みやすい青汁のおすすめランキング2位:日本薬健 25種の純国産野菜 乳酸菌×酵素

日本薬健 25種の純国産野菜 乳酸菌×酵素 30包
  • 25種類の国産野菜が一度に摂取できるので、栄養バランスが良く、野菜不足の人にぴったり
  • 程良い甘みがあるので、飲みやすい味にこだわりたい人にも選ばれている
  • ヨーグルト20個分の乳酸菌が含まれている

野菜不足を解消したい時には、『25種の純国産野菜 乳酸菌×酵素』をぜひお試しください。

大麦若葉やケールの他に、おくらやキャベツ、サツマイモ、パセリなど、25種類もの野菜が含まれていて、飲みやすくて美味しいのが魅力的なポイント

九州産の大麦若葉をはじめ、25種類の食材は全て国産原料を使用しており、品質面も安心。沖縄産の黒糖で甘みを加えているので、野菜の青臭さも気になりません。野菜嫌いの人でも飲みやすい味なので、ぜひ検討してみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:3.5g×30包
  • 青汁原料:大麦若葉粉末(九州産)、水溶性食物繊維、還元麦芽糖、ケール粉末、黒糖、澱粉、パパイヤ抽出物、殺菌乳酸菌末(乳成分を含む)、野菜粉末(オクラ、キャベツ、ケール、ニンジン、カボチャ、ゴボウ、サツマイモ、サトイモ、他14種類)、桑葉粉末、ニガウリ粉末、他3種類
  • タイプ:粉末タイプ
  • 1杯あたりのコスト:41円
  • カロリー:1包あたり10.7kcal

飲みやすい青汁のおすすめランキング1位:ヤクルト 青汁のめぐり

ヤクルト 青汁のめぐり 225g(7.5g×30袋)
  • 食物繊維や乳酸菌が腸まで届き、栄養を補ってくれる
  • 優しい甘みがあって美味しいので、継続して飲み続けられる
  • 主原料の大麦若葉は、大分県の契約農家が栽培したものだけを選んでおり、安心して飲める

胃腸の巡りを良くしたい人に人気なのが、『青汁のめぐり』です。

食物繊維と1包あたり200億個の乳酸菌、そして腸内細菌の栄養になるオリゴ糖が含まれているのが大きな特徴。3つの成分が、腸までしっかり栄養を届けてくれるでしょう。

また、オリゴ糖は、低カロリーの甘味料としても使われている成分で、青汁に甘さがプラスされ、まろやかで飲みやすくなっています。青汁界でトップクラスの飲みやすさを誇る人気商品を安い価格で楽しんでみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:7.5gx30袋
  • 青汁原料:大麦若葉末、マルチトール、フラクトオリゴ糖、ガラクトマンナン(食物繊維)、 明日葉末、抹茶、他2種類
  • タイプ:粉末タイプ

  • 1杯あたりのコスト:47円

  • カロリー:2袋あたり45kcal


青汁の美味しい飲み方5選|苦手な人でも飲みやすいアレンジとは?

青汁を一定期間続けて飲んでいくためには、飲み方を工夫するのがおすすめです。そのまま飲むだけではなく、少しアレンジを加えるだけで、苦手意識がある人でも、グッと飲みやすくなりますよ

ここから、苦い青汁も美味しくなる、おすすめの飲み方を5種類ご紹介します。


おすすめの飲み方1. 青汁 × はちみつ

青汁の飲みやすい飲み方|はちみつと混ぜる

青汁の苦みが気になる人に試してほしいのが、はちみつをプラスする飲み方。まろやかな甘さが加わって、青汁の苦さやクセのある風味が抑えられ、苦手な人でも美味しく楽しめます。レモンの輪切りや汁も入れれば、さらにさわやかな風味になって飲みやすく返信。

小腹がすいたときやおやつタイムなどに飲めば、はちみつの甘みで満足感も得られるため、ダイエット中の人のおやつ代わりとしておすすめです。


おすすめの飲み方2. 青汁 × 牛乳

青汁の飲みやすい飲み方|牛乳と混ぜる

青汁の定番アレンジとして人気なのが、青汁を牛乳で割る飲み方。シェイカーに牛乳と青汁粉末を入れて振れば簡単に混ざるので、忙しい朝の時間帯にもサッと飲めておすすめ。

青野菜メインの青汁は、どうしても青臭さが気になってしまいがちですが、牛乳の風味やまろやかさと合わせることで、飲みやすくなります。牛乳と混ぜることでカルシウムなどの栄養を加えられるので、プラスアルファの栄養を摂りたい人にもぴったりでしょう。


おすすめの飲み方3. 青汁 × リンゴジュース

青汁の飲みやすい飲み方|りんごジュースを合わせる

甘みあるリンゴジュースも、青汁の苦みを抑えてくれる食材としてぴったりです。リンゴには、胃腸の働きを整える有機酸などが含まれており、青汁にさらに栄養をプラスできるのも嬉しいポイント。

リンゴジュース以外にも、オレンジジュースやグレープジュースなど、フルーツジュースとの相性が良いため、種類を変えながらアレンジすれば、飽きがこずに美味しく飲み続けられますよ

子どもにも人気の飲み方なので、家族で一緒に青汁を飲みたい人は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。


おすすめの飲み方4. 青汁 × ヨーグルト

青汁の飲みやすい飲み方|ヨーグルトと混ぜる

ヨーグルトや飲むヨーグルトに青汁を混ぜると、青臭さを感じにくくなります。ヨーグルトには、善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌が豊富に含まれており、毎日続けて摂取することで、腸内環境を整えるのに効果的。

青汁で栄養補給、ヨーグルトで便秘の改善なども期待できるため、一石二鳥のアレンジ方法として人気ですよ。朝食やおやつにヨーグルトを食べることが多い人は、ぜひ青汁と合わせてみてください。


おすすめの飲み方5. 青汁 × プロテイン

青汁の飲みやすい飲み方|プロテインを混ぜる

筋トレをしている人は、タンパク質を重視した食事を心がけるあまり、野菜不足になってしまうことも少なくありませんね。そこでおすすめしたいのが、プロテインに青汁を混ぜる飲み方です。

飲みにくいイメージのある青汁も、ココア味やチョコ味などの風味が付いたプロテインとミックスすれば、美味しく飲めますよ。普段からプロテインを飲んでいる人にはぴったりなので、ぜひ青汁をプラスして効率的に栄養補給してください。


青汁は飲みやすくなきゃ、飲み続けられない。

いくら健康に良いとされる青汁でも、口に合わなければ継続して飲むのが難しいですね。

今では、飲みやすく工夫された青汁商品がたくさん販売されているので、ぜひ今回ご紹介したランキングを参考にしながら、選んでみてください。

また、青野菜だけを使ったシンプルな青汁でも、牛乳やフルーツジュースと混ぜることで簡単に美味しくなるので、ぜひ試してみましょう。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事