【2019】ヘアアイロンのおすすめ&選び方の完全版|人気メーカーを大特集

初心者&上級者におすすめのヘアアイロンとは?本記事ではヘアアイロンの選び方を温度(120度〜200度)、素材、起動時間、大きさやプレート幅まで細かく紹介。さらにストレートアイロンとカールアイロンの2019年の女性人気が高い商品をまでお伝えします。最後には注意点や使い方も要チェック!

自分に最適な「ヘアアイロン」の“正解”をレクチャー

ヘアアイロンのおすすめを大公開

女性の美を手助けする「ヘアアイロン」。

その日の気分によってストレートやカールにしたりと楽しみたいですが、様々なヘアアイロンが発売されていて、どれを使用しようか迷う時もありますよね。

どうせなら美しく・ダメージレスでスタイリング出来るヘアアイロンを極力選びたいところ。

そこで今回は、失敗したくないヘアアイロンの選び方からおすすめのアイテム紹介まで美をサポートしながらお送りします。

最高の1日に仕上げてくれるヘアアイロンを1つGETしていきましょう。


ヘアアイロンは大きく分けて3種類ある

ヘアアイロンは大きく3種類ある

まずは、ヘアアイロンの種類から説明していきます。

髪の長さ、どんなヘアスタイルにしたいのかによっても選ぶポイントになるので「自分にはどのタイプのヘアアイロンがあると、スタイリングに困らないのか」と片隅に置いて選んでいきましょう。


種類① ストレートアイロンの特徴

SALONIA サロニア ストレートアイロン SL-004S 海外対応 24mm ブラック

平らなプレートで髪の毛を挟み、クセを無くしてストレートヘアに仕上げてくれるアイロンをヘアアイロンと言います。

一手間かけて、手首を返してクルンとさせれば毛先だけワンカールに仕上げることも可能です◎。

女性の場合は、ロングヘアからショートヘア問わず。時々男性のスタイリングでも使用することもあります。

ストレートアイロンを見る


種類② カールアイロンの特徴

Anjou ヘアアイロン 32mm カール マイナスイオン 温度LCD表示 プロ仕様 80℃~210℃ 14段階温度調節 自動電源OFF (ローズゴールド)

別名“コテ”とも呼ばれるカールアイロン。筒状になっているアイロン部分に髪の毛を巻きつけて、様々なカールに出来るアイテムです。

外巻き、内巻き、パーマをかけたようなウェーブ巻きなどカールアイロン1つあれば、その日の気分で巻き髪も思いのまま。

パーマをかけず手軽に巻き髪を楽しみたい人や直毛で悩んでいる人は、必ず常備しておきたい一品ですね。

カールアイロンを見る


種類③ ストレート&カールができる「2WAY」方式の特徴

SALONMOON 2way ヘアアイロン ストレート & カール 32mm【 チタニウムプレート 新登場 】< 誤動作防止機能 新搭載 > イオン セラミックプレート < 火傷防止 シリコンカバー付 > 海外対応 プロ仕様 100 ~ 220 ℃ < メーカー正規品 一年間保証 >

ストレートアイロンとカールアイロン、2つの機能を兼ね備えた「2WAY方式」のアイロン。

気分によってストレートヘアやカールヘアにスタイリングすることが出来る万能アイテムです。2WAY方式のアイロンは、2パターン存在しています。

  • コテ型でストレート用・カール用とプレートが分かれているタイプ
  • ストレートアイロン型で本体自体に髪を巻きつけてカールを作るタイプ

現在ではコテ型のプレートが分かれているタイプが主流であり、ワンタッチのボタンで、ストレートor カールに変えられるのがポイント。

アイロンを2個持ちせずコストを抑えたい人は、2WAY方式アイロンを使用するという選択肢も◎。

2WAY方式アイロンを見る


種類以外にも確認する点がある!へアイロンの失敗しない「選び方」

ヘアアイロンの選び方

「安くて今流行っているアイロンを選んだものの、実際自分には合わなかった」という状態に陥らない為に、アイロンの機能・特徴はしっかりと抑えておきたいところ。

自分の髪の長さや髪質、どんな機能があるとスタイリングしやすいのかチェックしながら失敗しないヘアアイロン選びをしていきましょう。

ここからは、ヘアアイロンを選び方について具体的にお送りします。


ヘアアイロンの選び方1. 自分がなりたい「ヘアスタイル」で選ぶ

アイロンの幅や太さによって、実現できるヘアスタイルは異なってきます。ストレートヘア、ゆるふわ巻きのカール、ウェーブ状のカールなど。

自分がなりたいヘアスタイルにアレンジしやすいのは、「どのヘアアイロンか?」と選んでいくのも1つの方法です。

ここからは、ヘアスタイル別に合わせてどのアイロンが使いやすいのかをレクチャーしていきます。


ストレートアイロンの場合は、「ストレートヘア」や「ワンカール」を仕上げやすい。

毛先だけワンカール(外ハネ or 内カール)にしたい方、クセのない真っ直ぐな直毛にスタイリングするならストレートアイロンがおすすめです。

どちらもプレートに髪の毛を挟んで、手首を返すだけでスタイリングできます。ただし、ストレートアイロンを選ぶ際は“髪の長さ”によって使用しやすいプレート幅が定まっています。

【ショートヘア〜ボブヘア】、【ミディアム〜ロングヘア】にそれぞれ適したプレート幅はこちら。


ショートヘア、ボブヘアならプレート幅「20〜30mm」のアイロンを選ぶ

ショートヘアやボブヘアと短い髪の長さの人は、極力アイロン幅が狭いものを選ぶとスムーズにスタイリングがしやすいでしょう。具体的には「20〜30mm」を選びましょう。

短い髪の場合、プレート幅が広すぎると頭皮にプレートが当たりやすく火傷の恐れがあります。毛先をワンカールに仕上げたい場合は、細い幅のストレートアイロンの方がくるんと動きのあるワンカールに仕上がるという利点も◎。


ミディアム〜ロングへアならプレート幅「30mm以上」のアイロンを選ぶ

ミディアム〜ロングヘアの方は、髪の毛が肩下の長さになってくるのでショートヘアやボブヘアと同じ幅のアイロンを使用すると、スタイリングに時間がかかってしまいます。

毛先から中間部にアイロンを移動させる時間も取られますし、プレート幅が小さいと熱の振動する範囲も狭いからです。

プレート幅が30mm以上のストレートアイロンなら、一度に毛量多くプレートに髪を挟めるのでスタイリング時間もさほど時間はかからないでしょう。


カールアイロンの場合「ゆるふわ巻き髪 」「ウェーブヘア」を仕上げやすい

カールアイロンの場合、ゆるふわ巻きができる

エアリー感のあるゆるわ巻き髪や、波打つようなウェーブヘアを求めている方は、カールアイロンをおすすめします。

カールアイロンを使用すれば、筒状のプレート部分に強弱をつけて髪の毛を巻きつければゆるふわ巻き髪もウェーブヘアも変幻自在です。

こちらもストレートアイロンと同様に、髪の長さによってサイズも変化しますが髪質によって適した物を選ぶという方法も“アリ”です。


ショート〜ボブヘアなら26mmのカールアイロンが使いやすい

ショート〜ボブヘアと肩上のレングスの方は、26mmサイズのカールアイロンならスタイリングがしやすいでしょう。

小刻みにカールアイロンを動かすことが出来るので、しっかりくるんとしたカールにスタイリング出来るでしょう。

男性の方やショートヘアでウェーブ感のあるカールを出したい方は、15〜19mmと極めて細いカールアイロンを使用するとよりスタイリングしやすいですよ。


セミロング〜ロングヘアならら32〜38mmのカールアイロンが使いやすい

セミロング〜ロングヘアと肩下のレングスの方は、32〜38mmサイズのカールアイロンがおすすめです。

肩下の長さは、毛量も多い為26mm以下のカールアイロンを使うと巻きつけるまで時間もかかってしまいます。

しかも長い髪の毛を細いカールアイロンに巻きつけると、ウェーブ感が強く出てふるわ巻き髪やエアリー感が出せないということも。

長髪の方のスタイリング幅を広げるにあたっても、太めのモデルは外せないポイントですね。


髪の毛が太い人は、細めのモデルを使うとカールがつきやすい

髪の毛が細い人は、熱が浸透するのが早いので比較的どのモデルでも対応可能です。

しかし、髪の毛が太い人、熱が浸透するまで時間がかかってしまいます。さらに、髪の毛のハリとコシが強く太いカールで巻くとすぐに元に戻ってしまうことも。

そこで細めのモデルのアイロンを使うのがおすすめ。細めのアイロンは癖の強いカールをつけられるので、太い髪質の人に適しています

髪の毛が太く、カールをしっかりつけたい人は細めのモデルを選んでくださいね。


ヘアアイロンの選び方2. 対応している「温度」で選ぶ

ストレートアイロンの対応している温度

ヘアアイロンを選ぶ際には、見逃せない視点は「温度」。

商品を見るだけでも「120度〜200度」と幅広い温度がありどれがいいのか悩みます。

元々の髪質、髪の毛のうねり状態によっても温度はできるだけ調節出来るヘアアイロンを使用すれば、ダメージも抑えつつスタイリングすることが出来ます。

ここで、ストレートアイロン、カールアイロンとそれぞれ適した温度をご紹介


ストレートアイロンなら、「140〜160度」がおすすめ

綺麗なストレートヘアを作るには、一気に熱を当てて髪を整えることが秘訣の1つ。

ストレートアイロンを選ぶ際には、200度近くの温度を選ぶと真っ直ぐなストレートヘアに仕上げられます。比較的直毛で毛量が少ない人は、低めの140度。髪の毛が太い人は、160度前後が適しています。


カールアイロンなら「120〜140度」がおすすめ

カールアイロンは、ストレートアイロンと比べて髪の毛を巻きつけて少し長めに時間を置いてカールを作っていきます。

時間を長く置いていくので、ストレートアイロンと同じ温度では髪の毛にダメージを与えてしまいます。

毛量が少なくて柔らかい毛質の人は、120度。毛量が多くて髪の毛が硬い人は、140度を目安に選んでみてくださいね。


業務用・時短を考えるなら「〜200度」がおすすめ

美容室など限られた時間の中で、理想の髪にデザインをするなら200度が使われます。

200度であれば、熱が髪にすぐに伝導するのでスタイリングを省略ができるメリットがあります。

しかし、通常の温度よりも高いということは、髪へのダメージが強いことになります。特に「軟毛・毛が細い人」は長時間使用すると枝毛や切れ毛の原因にもなるので控えるようにしましょう。

またスタイリング時は、髪を痛めたいためにも何度も同じ箇所にプレートを挟まないように気をつけてくださいね。


ヘアアイロンの選び方3. プレートの「素材」も重要

ヘアアイロンでプレートの素材にこだわる

髪の毛のダメージを考慮するなら、プレートの素材にもこだわりを持ちたいところ。

極力髪の毛のダメージを抑えられる素材についても触れていきます。

カラーリングやパーマを頻繁にする人、髪質が柔らかい人は特にダメージを受けやすいので素材選びは怠らないようにしましょう。


プレートの素材① チタンの特徴:耐久性が高く髪への負担が少ない

プレートが削れにくい、髪の滑りも良いのがチタンのメリット。

ただし、「チタニウムコーディング」と表記されている場合は、表面だけチタンがコーティングされているものがあるので表記をきちんと確認しましょう。


プレートの素材② テフロンの特徴:髪の滑りが良くて摩擦が起きにくい

ヘアアイロンを使用時に温度以外にも、“摩擦”が原因で髪の毛にダメージを与えてしまうことも。

特に頻繁にヘアセットをする方や髪の毛が細い人は、なるべく滑りが良くて摩擦が起きにくいテフロンを使用することをおすすめします。


プレートの素材③ セラミックの特徴:熱伝導率が高くてすぐに温まる

プレート素材で最も使用されるセラミック。

熱伝導率が高く、電源をオンにするとすぐにプレートが温かくなります。朝素早くセットしたい方は、時間短縮をするためにセラミック素材の物を選んでみてはいかがでしょうか。


ヘアアイロンの選び方4. 起動時間で選ぶ

ヘアアイロンの選び方で起動時間で選ぶ

ヘアアイロンの電源を入れてから、完全にプレートが温めるまでの起動時間も選ぶ時に必要なポイントです。

忙しい朝や出先で髪の毛をセットしたい時は、なるべく起動時間が早い物の方が時間を大幅にカット出来ます。

早いもので約30秒前後で起動するアイロン、遅い物でも2〜3分と分かれています

髪のダメージを防止の為にプレート部分やチタン素材のものやマイナスイオン噴射の物がついているものは、比較的起動まで時間がかかるとみなしておきましょう。


へアアイロンの選び方5. 特別な機能で選ぶ

安全にスタイリング or 髪のダメージを考慮するならヘアアイロンの機能もしっかり見極めておきたいポイント。

ヘアアイロンに付随している代表的な特別機能をここで抜粋して説明していきます。外出が多い人、髪質にこだわりたい人は参考までに。


アイロンの機能① 自動電源OFF機能

ヘアアイロンを使用後、電源を消し忘れてしまう場合もあります。急いでスタイリングをしている際は、特に消し忘れが多いもの。

自動電源OFF機能が付いているヘアアイロンは、30分以内に電源が切れるので周囲の焦げや家事を未然に防ぐことが出来ます。


アイロンの機能② マイナスイオン

マイナスイオンとは、放電によってマイナスの電気を帯びた酸素と空気中の極小の水分が結合した物です。

細かい水分子が髪のキューティクルに浸透するので、髪に潤いをと全面に押し出すメーカーも数多です。

マイナスイオンの機能がついたヘアアイロンは、スタイリング中に髪に潤いを与えてくれるので、熱のダメージに負けずしっとりまとまった髪質になると言われています。

あまり期待しすぎてはいけませんが、一応合ったほうが良い機能の一つです。


アイロンの機能③ 海外仕様の機能

海外仕様のヘアアイロンも幅広く浸透しています。日本の電圧は、100Vが一般的ですが海外の場合は100V-240Vと数値がバラバラ

100Vー240V対応のヘアアイロンは、電圧きいらずでそのままコンセントに差し込んで使用できるものになっています。

ただし、コンセントの形が日本と異なっている国で使用する場合は、変換プラグが必要になります。


アイロンの機能④ 開閉ロック

ストレートアイロンによく見られる機能の1つが開閉ロックです。ストレートアイロンによく見られる機能で、本体側面 or 本体下部に付いていることが多いです。

開閉ロック機能があることで、アイロンのプレート幅が合わさるので収納スペースが取られず持ち運びが可能。バッグに常に常備しやすいのが特徴的。


アイロンの機能⑤ コードレス

コンセントプラグを刺さずに使用出来るヘアアイロンも存在しています。ガス式のコードレスタイプのもの、電池式で使用可能のものか充電式まで。

持ち運びが便利、どこに行こうが場所問わずその場で使用出来るから便利ですね。


ヘアアイロンの選び方6. 本体の「大きさ」や「サイズ」で選ぶ

毎日使用していくヘアアイロンなので、重量も極力少ないものを選んでおきたいところ。

ストレートアイロンであれば、300g前後。カールアイロンなら、400g前後が平均的な重量になります。

2wayタイプのものになると重量が500g近くに及ぶものがあるので、極力持ち運びをするようなら300〜400gアイロンを選ぶと持ち運びがしやすいですね。


持ち運び便利なケース付きも魅力的

頻繁に旅行や出張に行く方は、専用ポーチ付きのヘアアイロンを持っているとコードもまとめられるので綺麗に収納できます。

バッグの中から取り出す時もすぐにどこにあるか分かりますね。


【種類別】ヘアアイロンのおすすめを大公開

ここからは、2019年最新のおすすめのヘアアイロンをご紹介していきます。

自分の髪質に合うもの、付いていると嬉しい機能など条件を整理しながら、ぴったりなアイテムを選んでいきましょう。

【ストレートアイロン】・【カールアイロン】・【2way式アイロン】と3つのカテゴリーで分けました。どのアイロンが自分に合うのかぜひチェックしてみて下さい。


「ストレートアイロン」のおすすめ3選

ストレートヘアアイロンのおすすめ

まずは、ストレートアイロン部門。

ストレートアイロンは200度近くの高温まで温度調整可能なものが大半なので、その分髪の毛へのダメージを最小限に抑えるものを重点的にピックアップしてみました。

貴方の髪をよりサラサラで魅力的なストレートヘアに仕上げる一品は?


ストレートアイロン1. サロニア ダブルイオンストレートアイロン SL-004S

SALONIA サロニア ストレートアイロン SL-004S 海外対応 24mm ブラック

低価格で高品質なアイロンを生産し続けるサロニア。ヘアアイロンだけでなく、ヘアケアグッズやスタイリング剤も定評があるブランドです。

無駄な物を削ぎ落としたシンプルでスタイリッシュなデザインが特徴的。カラーもブラック・ホワイトのオーソドックスな色からピンクやブルーとパステル系と豊富で、アイロンもおしゃれにしたい人にも人気です。

機能面ではプレート面からマイナスイオンが放出されて、髪の毛をケアしながらストレートヘアに。プレート内側にダイヤル式の温度調節があり、120〜230度まで温度調節が可能で様々な髪質や毛量に対応できるのがポイント。

100〜240Vの電圧に対応できるので、海外旅行や出張先でも使用可で専用ポーチも漏れなく付いてるのも便利ですね。

これだけの機能が揃って価格も「3000円以下」。とにかくコスパの良い一台を探している方におすすめの一台になります。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • コードタイプ:コード式
  • 調節可能温度:120℃~230℃
  • プレートの大きさ:24×92mm
  • 重量:340g
  • 海外仕様:可能

ストレートアイロン2. ワンダム ヘアアイロン AHI-251 ホワイトWH

Onedam ワンダム ヘアアイロン AHI-251 ホワイトWH

日本の家電メーカー「三木電器産業」が手がけるヘアケアブランド『ワンダム』。

温度も200度対応しており美容師も太鼓判を押す、プロ仕様のヘアアイロンの1つです。ワンダムのストレートアイロンには、プレートに一工夫があり熱をすぐに伝導させる遠赤外線特殊プレートを採用

温度も60〜230度と幅広く調節可能なので、どんな髪質の人でもダメージレスで素早くストレートヘアが実現できます。

今までストレートパーマや縮毛矯正をかけ続けた人もワンダムのストレートアイロンに切り替えてから、「ヘアケアコストが大幅に下がった」という方も耳にします。強いくせ毛で悩んでいる人に最適なヘアストレートアイロンですね

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • コードタイプ:コード式
  • 調節可能温度:60〜200度
  • プレートの大きさ:24×92mm
  • 重量:340g
  • 海外仕様:可能

ストレートアイロン3. リュミエリーナ ヘアビューロン ストレート

リュミエリーナ ヘアビューロン ストレート

医療・エネルギー・農業・水などの幅広い分野で技術革新をもたらしている「リュミエリーナ」。

美容分野で「冷風でも髪が乾くドライヤー」「毎日使っても痛まないヘアアイロン」と従来のヘアケア常識を覆す商品が話題になっています。

リュミエリーナのヘアアイロンは遠赤外線によって髪の毛が痛まず、掴めば使うほどサラサラに仕上がりスタイリング剤いらずストレートヘアに仕上がることで定評の一台。

うねつくようなくせ毛もカラーリングで痛んだ髪の毛も全て綺麗なストレートに。ストレートアイロンを頻繁に使う人、ダメージを最小限に抑えたい人リュミエリーナを使ってみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • コードタイプ:コード式
  • 調節可能温度:40〜180度
  • プレートの大きさ :-mm
  • 重量:-
  • 海外仕様:-

【参考記事】ストレートアイロンのおすすめをもっと知りたい方はチェック▽


「カールアイロン」のおすすめ3選

ヘアアイロンの上手な使い方

続いては、カールアイロン部門。

慣れるまでスタイリングが難しいものもあるので、極力髪の毛が滑りやすく綺麗なカールを作りやすいタイプのものを激選しました。

華やかな女性的な巻き髪を作り出す、カールアイロンのおすすめはこちら。


カールアイロン1. ヴィダルサスーン ピンクシリーズカール 32mm VSI-3208/PJ

ヴィダル サスーン ヘアアイロン ピンク シリーズ カール 32mm VSI-3208/PJ

家庭シャンプーやヘアワックスで馴染みのある老舗のヘアケアブランド「ヴィダルサスーン」。

あらゆる人の髪のニーズに答えるために、スパイラルカールを作れる15mmから38mmとサイズの種類も豊富です。

ビビットなピンク色のコテや手元の「VSマーク」がスタイリッシュで女性人気◎。家電量販店でも陳列されているとかなり目立つアイテムです。

コテを支えるサーフティスタンドが付いていたり自動電源オフ機能も搭載されていて、安全面が充実しているのも嬉しいですよね。

価格も手が届きやすい2,000円代で、定番のロングセラー商品なため、とりあえず安い&使いやすいカールアイロンを求めている人は手にしてみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • コードタイプ:コード式
  • 調節可能温度:100〜180度
  • ブランド:ヴィダルサスーン
  • 重量:486g
  • 海外仕様:可能

カールアイロン2. クレイツ グレイスカール 32mm CIC-W72010N

クレイツ ヘアアイロン イオンカール プロ 32mm C73310 SR-32

国内メーカーで独自の技術を開発し続ける「クレイツ」。

ストレートアイロン、カールアイロン共に「一般用 or プロ用」と商品ラインナップが充実しているのがポイント。

カールアイロンには「クレイツイオンゴールド」という独自のプレートを採用。熱の伝導が早く髪の滑りがスムーズなので、綺麗なカールが作りやすいのが特徴的です。

しっかりクルッとしたカールを作りたい方、パーティーや結婚式でかっちりした巻き髪を作りたい方におすすめのカールアイロンになります。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • コードタイプ:コード式
  • 調節可能温度:150〜190度
  • ブランド:クレイツ
  • 重量:420g
  • 海外対応-可能

カールアイロン3. パナソニック イオニティ カール EH-HT11-W

パナソニック ヘアアイロン カール用 32mm イオニティ 白 EH-HT11-W

空気清浄機、掃除機まで日々の生活を支える家電メーカー「パナソニック」。髪の毛に極力ダメージを与えない、マイナスイオン機能搭載のヘアドライヤーやヘアアイロンのヘアケア商品が充実しているメーカーでもあります。

イオニティカールは、プレート根元部分にマイナスイオン噴射口が2つ付属していて、髪の毛に潤いを与えながらカールをスタイリングが可能。

上限温度が140度なので極力髪のダメージを減らしたい方、ゆる巻きのふわふわカールを作りたい方は使い勝手が良いアイテムです。

約2,000円で手に入る人気の一台を手にしてみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • コードタイプ:コード式
  • 調節可能温度:120〜140度
  • ブランド:パナソニック
  • 重量:310g
  • 海外対応:-

【参考記事】はこちら▽


「2WAY方式のアイロン」のおすすめ3選

2WAY方式アイロンのおすすめ

最後は、2way方式のアイロン部門。ストレートとカール、両方の機能が付いているタイプなので、どちらも使い勝手の良い商品を選出しました。

コストパフォーマンスも抜群で、ハイブリッドな機能を持つ2way方式のアイロンの高評価アイテムはこちら。


2WAY方式のアイロン1. アレティ マイナスイオン i679SUI

Areti アレティ 20㎜ ヘアアイロン マイナスイオン ストレート カール 両用 i679SUI 水色 海外対応 メンズ 兼用 プロ仕様

ヘアケア商品、電動洗顔ブラシや美顔器まで女性の美をサポートする「アレティ」。

日本人の髪質に合わせて、ダメージレス・スタイリングしやすいアイロン作りに徹底しています。

アレティのストレート・カール両用は、クッションコーティングが搭載されていて髪の流れやカールの動きにそってプレートが浮き沈みするので、スタイリングも自由自在。

30秒で170度まで達する超高速スピード加熱の機能が搭載されているので、セット時間も短縮できます。万が一、電源を消し忘れたとしても自動電源OFF機能があるので安全面もカバー。

朝忙しくてとにかく時短でクオリティ高いセットをしたい人には、人気のヘアアイロンです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • コードタイプ:コード式
  • 調節可能温度:〜200度
  • ブランド:アレティ
  • 重量:190g
  • 海外対応:-

2WAY方式のアイロン2. モノクローム 32mm ホワイト KHR-7810/W

モノクローム カール&ストレート2WAYヘアアイロン マイナスイオン搭載 32mm 海外対応 ホワイト KHR-7810/W

コテ型で内側にストレートアイロンのプレートが搭載されている2WAYタイプです。

セラミックコーティングにプラスして、プレート内側にマイナスイオン噴射口が搭載されていて、髪の毛をいたわりながらストレートもカールも両方楽しめます。

「使用温度に達するの早くて、無駄な機能が一切ついていないシンプルさが良い」とレビューでも高評価の声が多いアイテムです。

2wayのタイプでは、価格帯も3000円代と手が届きやすいのも魅力的。ストレートもカールも両方スタイリングして、コスパを重視する方にはおすすめの一台になります。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • コードタイプ:コード式
  • 調節可能温度:100〜180度
  • ブランド:モノクローム
  • 重量:415g
  • 海外対応:可能

2WAY方式のアイロン3. Radi ヘアアイロン 2way レッド

ブラック×レッドのバイカラーで、洒脱なストレート型の2wayアイロン。機能面も160〜220度と温度調節可能で、軟毛の人も硬い髪質の人。

どの髪質の人もスタイリングがしやすいアイテムです。破格の2000円代ですが、「ツヤが増して手触りがよくなった」、「小回りがきいて初心者・上級者問わず使いやすい」という高評価の口コミが多く寄せられています。

価格帯・機能面も両方譲れない*という欲張りな方は、手にしておきたいアイロン。

販売サイトで購入


商品ステータス
  • コードタイプ:コード式
  • 調節可能温度:160〜220度
  • ブランド:Radi
  • 重量:310g
  • 海外対応:不可

ヘアアイロンのおすすめのメーカーを大公開

ヘアアイロンのおすすめメーカー

ヘアアイロンの種類は、日々増えて多くのメーカーが競争しています。

ヘアアイロンを選ぶ際に、機能面や価格を考慮することも大切ですが同時にメーカーの“ブランド力”や“ユーザーからの信頼”も気になりますよね。

日々女性の美をサポートし続ける人気メーカーを5社ピックアップしましたので、参考までに。


おすすめのメーカー1. サロニア

SALONIA サロニア ストレートアイロン SL-004S 海外対応 24mm ブラック

楽天美容部門販売ランキング1位実績を持つ、サロニア。「ヘアスタイルが変われば、日常が変わる。

ポジティブな日々になるよう、あなたの背中を押したい」というコンセプトになっています。黒を基調としたスタイリッシュなデザイン、使い勝手の良さ、手頃な価格。

女性同士でプレゼント交換する際にも、「サロニアのアイロンなら喜んでくれるはず」と口コミが高いのが特徴です。

サロニアのヘアアイロンを見る


おすすめのメーカー2. クレイツイオン

クレイツ ヘアアイロン イオンカール プロ 32mm C73310 SR-32

福岡に本社を構える美容メーカー『クレイツ』。プレートの材質にこだわり続けて、特に「クレイツイオン加工」の材質は、特にカールアイロンに定評があります。

パイプ部分からマイナスイオンが放出するカールアイロンを開発したため、美容業界のパイオニア的な存在。プロの間では「クレイツのアイロンは使いやすい」と圧倒的な信頼を得ているため、カールアイロンで悩んだ方におすすめのメーカーになります。

クレイツのヘアアイロンを見る


おすすめのメーカー3. ワンダム

Onedamワンダム スリムイオンアイロン ストレート 11mm 業務用 AHI-1100 948797

業務用・一般用ヘアアイロン等の製造販売を行う三木電器産業の人気シリーズ『ワンダム』

プレート部分が薄く、短い根元部分までしっかり直毛に出来るのがワンダムの強みです。

ストレートパーマ並に根元から真っ直ぐなストレートヘアを好む人は、一度使ったら手放せないアイテムに。

根本部分までしっかりと真っ直ぐにしたと考えている方におすすめのメーカーになります。

ワンダムのヘアアイロンを見る


おすすめのメーカー4. リュミエリーナ

医療、美容と業界問わず革新技術を開発し続ける「リュミエリーナ」。

特殊なセラミックスを使用したリュミエリーナのヘアアイロンを使用すると、「痛まずに髪を伸ばせる」という口コミの声が多数。

価格帯は3万円以上と高価な物になりますが、その分髪の毛の質を保てて美しい髪をキープ出来るので熱狂的なファンが増えつつあります。

「定番ブランドは一周した」美意識の高い女性が最終的に行きつくブランドの一つです。

リュミエリーナのヘアアイロンを見る


おすすめのメーカー5. アレティ

Areti(アレティ) ストレート カール ヘアアイロン i628BK (ブラック)

ユーザーニーズの深掘りを惜しまない「アレティ」。日本人の髪質にこだわった温度調節、スタイリングのしやすいプレートの追求をとことん追求しているメーカーです。

2way式のヘアアイロン、ストレートアイロンは持ち運びがしやすく日々スタイリングにこだわる女性の味方になります。

ヘアアイロンでも多数の種類を販売しているため、自分好みの一台を探している方におすすめです。

アレティのヘアアイロンを見る


初心者&上級者必見!ヘアアイロンの上手な「使い方」

ヘアアイロンの上手な使い方

ヘアアイロンを購入した後は、ヘアアイロンの使い方を熟知しているとスタイリングの幅も広がりもっとお洒落も楽しめます。

ここからは、番外編で美しいストレートヘアやカールヘアを引き出すコツをレクチャーします。


ヘアアイロンの使い方1. アイロンが起動する間に髪をブラッシングする

アイロンが起動するまで、2〜5分かかります。その間に髪の状態を確認しておきましょう。

お風呂上がりでそのままスタイリングをする場合は、しっかり根元までドライヤーで乾かします。

次にコームやブラシでしっかりブラッシングして、中間部から毛先まで指滑りの良い状態に。髪の毛をしっかりブラッシングしておくと、熱が伝わりやすくなので綺麗なカールやストレートヘアに仕上がります。


スタイリング剤を塗布する

直毛の人や髪質が硬い人は、熱が浸透しにくいのでアイロンでスタイリングするまで時間がかかることもあります。

アイロン用のスタイリング剤を事前に中間部から毛先まで塗布しておくと、より短時間でカールやストレートヘアに仕上がりやすく結果髪のダメージも抑えられます


ヘアアイロンの使い方2. こめかみから上の髪はクリップで留めてアイロンをかける

ミディアムやロングヘアの方は、こめかみから上の髪はクリップで留めておくと毛量が少なくなるのでアイロンがかけやすい状態になります。

ここから髪の毛を挟んでアイロンをかけていくのですが、ストレートとカールの場合は手順が変わるのでそれぞれに分けてレクチャーします。


ストレートの場合、3cm幅に髪をつかんで中間部から毛先までアイロンを滑らせる

ストレートアイロンの場合は、プレート幅と同じ束の髪の毛を挟んでスタイリングすると熱の伝導に差が出ず、綺麗なストレートヘアに仕上がります。

ストレートヘアアイロンのプレート幅は、30mm前後の物が大半なので髪の束は3cmずつ掴んでアイロンを中間から毛先までゆっくり滑らせていきましょう。

もし内巻きにカールをしたい場合は、手首を内側に返す。外ハネカールにしたい場合は、反対に手首を外側に返していきましょう。


綺麗なストレートヘアを維持するコツ

アイロンを毛先まで滑らせたら、毛先の熱が冷めるまでしっかり時間をおきましょう。

何度もアイロンを滑らせるよりも、熱が自然と冷めるまで待つ方がより綺麗なストレートを維持できますよ。


カールの場合は、斜め45度で髪を挟み内側 or 外側に巻きつける

カールアイロンのを手に持ち、地面に対して45度の角度で髪を挟みます。内巻きにしたい時は、挟むプレートを外側に来るように。

外巻きにしたい時は、挟むプレートを内側に来るように挟んで巻いていきます。

クルクル巻いて、3〜5秒待って熱を髪に浸透させた後に、ゆっくり髪を滑らせてアイロンを少しずつ髪の毛から抜きましょう。

毛束は、2〜3cmの幅が目安です。ストレートアイロンと同様、巻き終わったらしっかり冷まして癖付けを待ちましょう。


髪の毛をほぐしていくと、ふわふわカールヘアに

より自然でふわっとしカールヘアを望む方は、毛先を掴んで一束ずつほぐしていくとエアリー感が出ます。

毛先をほぐしつつ、髪の中間部分を手ぐしで掴んでほぐしていくと自然とボリュームも出てゆるふわパーマ風に◎。


ヘアアイロンの使い方3. 髪の毛を冷ました後にスタイリング剤を塗布する

ヘアアイロンの使い方で髪の毛を冷ました後にスタイリング剤をつける

毛先まで髪の毛が完全に冷めたら、最後は仕上げでスタイリング剤を塗布するとより形状が長持ちします。

毛先が傷みやすい人、カラーリングを繰り返している人は熱で髪の毛が乾燥してパサつきやすいのでしっかりとヘアオイルを塗るのも◎。


ストレートヘアの場合、髪の毛中間部から毛先までヘアオイルを塗布する

さらさらなストレートヘアに近づけるために、ヘアオイルを塗布してツヤ感を引き出しましょう。

ヘアオイルを塗る際は、頭皮近くから塗布するとギトギトになってしまうので髪の毛の中間部から毛先まで重点的に塗っていきましょう。ショートヘアの人は、毛先のみでも大丈夫です。


カールヘアの場合、ケープを吹きかけてカールを持続させるように

しっかりとした巻き髪にスタイリングしたい方は、ケープをかけてカール崩れがないように仕上げましょう。

この時も髪の毛中間部から毛先にかけてケープを吹きかけましょう。ケープを吹きかける時は、2〜3秒内で素早く中間部から毛先にかけてスプレーを。

同じ箇所に何度もふきかけると髪の毛がカチカチに固まってエアリー感がゼロになるので、なるべく1回でスプレーをふきかけてみて。


初めて使用する人必見!へアイロンの4つの注意点

初めてヘアアイロンの注意点

200度近く高温を発する家電でもあるヘアアイロン。

一歩間違えると、家事の原因や火傷の恐れもあります。最後に、より安全にスタイリングを楽しめるにヘアアイロン使用時と使用後の注意点について触れていきます。


注意点① 火傷に注意

ヘアアイロンで髪の毛をスタイリングする時。

アイロン先端部分を片手で持つ時がありますが、急いでスタイリングしていると誤ってプレート部分に指が触れてしまう恐れがあります。スタイリングする際は、手元を必ず確認していきましょう。

さらにカールアイロンをする時は外側も熱いため、巻く時などに肌に触れないように最新の注意を払いましょう。


注意点② 機内持ち込みの場合

コード式のヘアアイロンであれば、特に機内持ち込みに制限はありません。

コードレスのガス式ヘアアイロン、電池式の物は機内の中では発火や発熱の恐れがあります。電池式のものであれば電池をあらかじめ外して持ち込むことに。

ガス式であれば、液体とみなされる液体袋に入れて持ち込むことになるため、どのタイプのヘアアイロンを持って飛行機に乗るのか注意しましょう。


注意点③ 必ずプレートの熱が冷めてから保管する

カールアイロンの場合は、プレート部分が露出しているので熱が残っている状態でバッグに保管すると物が溶けてしまう恐れもあります。

専用ケースやバッグに入れる時は、必ずプレートの熱が冷めてから保管するように徹底しましょう。


注意点④ 海外仕様の場合

コンセントタイプが日本と異なる国も多々あるので、変換プラグが必要になります。

海外仕様可能のヘアアイロンが増えてきたので、特別変圧器は必要ありませんが海外旅行の際は変換プラグは常備しておきたいところ。


ヘアアイロンにこだわれば、毎朝“最高の始まり”を迎えられる。

自分の髪にあったヘアアイロンを選んでみて

ヘアアイロン選びの見極めポイント、おすすめ商品、注意点等お届けしました。たかがヘアアイロンですが、されどヘアアイロンです。

自分の髪質や機能面を考慮して、こだわりの一品を手元におけばより自分の魅力を引き出してくれるでしょう。

毎朝、お気に入りのアイロンを使って“最高の始まり”を迎えてみて。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事