【2018】くるくるドライヤーおすすめ15選。くせ毛でも痛まない機種とは

外ハネや前髪流しなどヘアセットに必要なくるくるドライヤー。ブローの難しいロングヘアは、乾かしながらカールさせなければ上手く仕上がりません。今回は、2018年版としてくるくるドライヤーのおすすめ機種を厳選。くせ毛でも痛まないマイナスイオン対応機種をこの機会に手にいれて。

ヘアセットの幅が広がる。おすすめのカールドライヤーを大公開!

カールドライヤーは1台あればドライ・ブローからスタイリングまでこなせるマルチなツールです。カールドライヤーはナチュラルなヘアスタイル用のベーシックモデルから、ゴージャスで艶やかなスタイルが作れる高級モデルまでバリエーション豊かです。

ここでは、「カールドライヤーとは?」という木曽地域から、選び方、人気のおすすめ機種まで、カールドライヤーについて解説しています。自分にあった1台をぜひ見つけてみてください。


カールドライヤーとは?

カールドライヤーとは?

通称『くるくるドライヤー』ともいわれるブラシ付きのドライヤーで、1974年に松下電工が販売し、一気に大ヒット商品になった逸話があります。当時美容院で使用されていたものと同じ設計で、片手でスタイリングできる便利さが受けたようです。

今は、ユル巻きからしっかり巻きまで、好みの巻きが作れる様々な太さのカールアイロンが販売されていますが、カールドライヤーは巻き以外のスタイリングもできるアイテムとして、現在でも販売されているロングセラー商品になります


通常のドライヤーとかカールドライヤーの違いとは

通常のドライヤーは洗髪後の濡れた髪を乾かすことを主な目的としていますが、カールドライヤーは髪のセットを主眼としたスタイリング家電です。

そのため、通常のドライヤーは1200W超の強力な電力で圧倒的な風量を吹き出すのに対し、カールドライヤーはカールをかけやすいように温風の温度は高めで、500~700Wの半分程度の電力に抑え風量も控えめにしています。

【参考記事】ドライヤーのおすすめ機種を厳選しました▽


カールドライヤーでできることって?

カールドライヤーは髪の毛を乾かすと同時にスタイリングもできる時短アイテムです。洗髪してタオルドライしただけの濡れた髪からセットができるのでとても便利。

ブラシの形状を生かしたトップのボリュームづけから、前髪をサイドに流したり、毛先を内巻きや外巻き、外ハネにさせたりなど、カールアイロンに比べると多様なスタイリングが可能です。


カールドライヤー選びで大切なこと

カールドライヤーの選び方のポイントとは

カールドライヤーのおすすめ機種を見ていく前に、まずはカールドライヤー選びで欠かせないポイントについて確認していきましょう。カールドライヤー選びは、

  1. 使用目的
  2. 作りたいカール
  3. マイナスイオン・冷風機能
  4. 軽量
  5. コンパクト
  6. 海外対応

の6点を確認しておくことが大切です。ここからは6つのポイントについてさらに詳しく解説していきます。


1. 使用目的

カールドライヤーは髪のスタイリングのほかに、『ドライヤー』の名の通り、副次的に濡れた髪を乾かす機能も持っています。

ここでは、カールドライヤーを

  1. ドライヤーとして髪を乾かす目的で選ぶ場合
  2. 髪にカールをつける目的で選ぶ場合

どのように選んでいけばよいのかを解説しましょう。実際にはカールドライヤーの特徴や自分の髪型を考慮した使い方や商品の選択が必要です。


髪を乾かす目的として使うなら...。

カールドライヤーは『ドライヤー』と名づけられている通り、髪を乾かすツールとしても使いたいと考えている人もいるかもしれません。カールドライヤーの中には、髪を乾かすための付け替えノズルを付属している商品があります

ただし、カールドライヤーの温風は髪をセットするために高く設定されているので、髪を乾かすときは冷風機能を使うようにしましょう。


カールを出す目的として使うなら...。

毛先にカールをつけても、巻きが甘いとすぐに取れやすくなります。スタイリング剤などでいくらか持たせることも可能ですが、カールドライヤーを使う場合は高温の温風とブラシが重要です

温風の温度が低めだとカールが上手く作れず、髪のツヤも出せません。ピンが密集しているブラシの付いたカールドライヤーを選べば、カールもしっかりとクセ付けできますよ。


2. 作りたいカール

カールドライヤーで作れるカール

ミディアムボブやショートヘアなら、細かいカールでヘアにアクセントをつけることが多いでしょう。セミロング以上でもしっかりしたカールをつけたいなら、付け替え式の細かいブラシの付いたカールブラシを選んでください

カールドライヤーの中には、細かくしっかりしたカールが作れるカールアイロンのようなコテ型のアタッチメントのある商品もあります。


3. マイナスイオン・冷風機能

カールドライヤーは高温の熱風でセットをするため、普通のドライヤーと比べても髪が傷みやすいです。髪へのダメージを防ぐために、マイナスイオンを発生させて髪へのダメージを抑えるカールドライヤーも販売されています

ただし、過信は禁物です。冷風機能はほとんどの機種で使えるので、うまく使って髪を痛めないようにしましょう。


4. 軽量

カールドライヤーは片手で持ち、なおかつ髪を巻く動作をするため、できるだけ軽いものに越したことはありません。カールドライヤーは通常のドライヤーに比べて軽量化されている商品が大半なため、どれを選んでも差し障りはありません。

高機能なカールドライヤーほど重い傾向があるため、「重たい機種はちょっと...。」という方は、確認すると良いでしょう。


5. コンパクト

カールドライヤーは自宅で使うことを想定した機種ばかりなので、特に携帯性を考慮する必要はありませんが、旅行での持ち運びや自宅での収納を考えるとコンパクトな機種の方が遥かに使い勝手が良いと言えるでしょう。

特に、就寝前にシャンプーし、朝はドライな髪をスタイリングする人は、髪を乾かすためのノズルなどの不要なアタッチメントがないシンプルな商品が使いやすいでしょう。


6. 海外対応

海外のホテルのドライヤーは風量が弱かったり、ブラシ付きのカールドライヤーが備え付けられていることはまずありません。海外旅行の際も、きちんと髪をセットするためにカールドライヤーを持参する人も多いのですが、変圧器や海外用の変換プラグを別途用意する必要があります

電圧切替のできる海外対応モデルなら、変圧器や変換プラグを揃えるよりも遥かに安い費用で済むため、おすすめです。


髪いじりが楽しくなる!カールドライヤーのおすすめ15選

カールドライヤーのおすすめ機種

カールドライヤーはこれ一つでスタイリングができるツールとして、現在も販売されているロングセラーアイテムです。

髪を傷めずに済むマイナスイオン機能や、多彩なスタイリングが可能な豊富なアタッチメント付きの高級モデル、海外旅行や出張時に使える海外対応モデルもあるため、用途に応じてカールドライヤーを使い分けましょう。

ここからは、人気のおすすめカールドライヤーを15機種ご紹介します。


カールドライヤーのおすすめ1. パナソニック くるくるドライヤー ナノケア EH-KN89

パナソニック くるくるドライヤー ナノケア ピンクゴールド E...

マイナスイオンとナノイーで髪の水分バランスを整え、しっとりまとまる髪に仕上げてくれる人気の商品です。

ヘアアイロンのような形状の新しい『サロンブローブラシ』は、髪の両側からテンションをかけられるため、うねった髪も真っ直ぐツヤツヤに。スタンダードなワイドブローブラシに、カールをつけられる『太ロールブラシ』が付属しています。

ワンタッチで瞬間的に冷風を出す冷風スイッチで、セットした髪をキープしやすく、ロック機能で常時冷風を出すことも可能です。多様な髪形を楽しみたいセミロングからロングヘアの方におすすめします。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • ブラシの形状;ワイドブローブラシ、太ロールブラシ
  • 本体重量:約375g(ワイドブローブラシ装着時)
  • 消費電力:650W(ドライ/温風時)
  • マイナスイオン:◯
  • 冷風機能:◯
  • メーカー:パナソニック
  • 付属品:ワイドブローブラシ、太ロールブラシ、サロンブローブラシ

カールドライヤーのおすすめ2. テスコム カールドライヤー TS20

TESCOM windy カールドライヤー グレー TS20-H

1,000円以下と激安で大人気のカールドライヤーです。取り外しできるブラシとドライヤーのみのシンプルな作りで、両方合わせても300g以下と軽く使いやすい。温風の温度は105℃と低めですが、冷風機能も備えており、消費電力は700Wとパワフルで風量も申し分ありません。

カールドライヤーは毎日使う消耗品として割り切って使っているユーザーが多く、コスパが良いと高く評価されています。しかもブラシは取り寄せも可能なので、温風でボロボロになっても取り換えがききます。簡単なブロー・セットをしたい人におすすめです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • ブラシの形状;ワイドクッションブラシ
  • 本体重量:235g(本体のみ)、55g(ワイドクッションブラシ)
  • 消費電力:700W
  • マイナスイオン:✕
  • 冷風機能:◯
  • メーカー:テスコム
  • 付属品:-

カールドライヤーのおすすめ3. パナソニック くるくるドライヤー イオニティ EH-KE18

パナソニック くるくるドライヤー イオニティ ゴールド調 EH...

パナソニック製のマイナスイオン機能付きカールドライヤーの中でも一番シンプルで、ブローブラシのみが付属するモデルです。

旧モデルなので価格もお手ごろ。マイナスイオンを発生させて髪の静電気を中和するほか、髪の表面をコートして、サラサラでつややかなスタイリングできます。

温風や冷風に切り替えやすいスライド式ボタンを中央に配置し、セットした髪をキープもさせやすい。付属のブローブラシは簡単なブロー・セット用で、ストレートヘアのスタイリングや、毛先をワンカールさせるニュアンスづけに使えます。あらゆる髪型の人が使えるシンプルなカールドライヤーです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • ブラシの形状;ワイドクッションブラシ
  • 本体重量:約335g(ブローブラシ装着時)
  • 消費電力:700W(ドライ時)
  • マイナスイオン:◯
  • 冷風機能:◯
  • メーカー:パナソニック
  • 付属品:ブローブラシ

カールドライヤーのおすすめ4. パナソニック くるくるドライヤー ナノケア EH-KN99

パナソニック くるくるドライヤー ナノケア ルージュピンク E...

豊富なアタッチメントが付属するパナソニックのカールドライヤーの最上位モデル。マイナスイオンとナノイーで髪のバランスを整え、しっとりまとめてくれます

付属アタッチメントの内容は、スタンダードなワイドブローブラシのほか、カールをつけやすい360度にピンが広がる太ロールブラシ、美容院のようなブローがコンセプトの『サロンブローブラシ』、トップやサイド、前髪の立ち上げ用などのボリュームアップブラシ、濡れた髪を乾かす為のノズルの計5本です。

これだけのカスタム素材があれば、幅広いスタイリングを行えるため、ヘアアイロンやブロー用のドライヤーを何台も揃える必要がありません。様々なアレンジを楽しみたい方におすすめのカールドライヤーです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • ブラシの形状;ワイドクッションブラシ
  • 本体重量:約375g(ワイドブローブラシ装着時)
  • 消費電力:650W(ドライ/温風時)
  • マイナスイオン:◯
  • 冷風機能:◯
  • メーカー:パナソニック
  • 付属品:ワイドブローブラシ、太ロールブラシ、サロンブローブラシ、ボリュームアップブラシ、ノズル

カールドライヤーのおすすめ5. パナソニック くるくるドライヤー ナノケア EH-KN79

パナソニック くるくるドライヤー ナノケア 白 EH-KN79-W

ナノイーとマイナスイオン機能付きカールドライヤーの中では、ブローブラシのみが付属するシンプルなモデルです。

ナノイーにより髪の水分バランスを整え、うねりを抑えてなめらかな髪質になるほか、地肌の乾燥を防止してくれます。付属のブラシはスタンダードなクッションブラシで、ストレートヘアにブローしたり、ワンカールやサイドヘアのニュアンスづけに使えるでしょう。

ワンタッチで冷風と温風に切り替えられるボタンを搭載し、温風でセットした髪型をキープするのに便利です。ロック機能を使えば常時冷風を当てることもできます。シンプルなスタイリングをしたい方向けにおすすめです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • ブラシの形状;ワイドクッションブラシ
  • 本体重量:約375g(ワイドブローブラシ装着時)
  • 消費電力:650W(ドライ/温風時)
  • マイナスイオン:◯
  • 冷風機能:◯
  • メーカー:パナソニック
  • 付属品:ワイドブローブラシ

カールドライヤーのおすすめ6. パナソニック くるくるドライヤー 騒音抑制タイプ EH-KA1A

パナソニック くるくるドライヤー 騒音抑制タイプ ビビッドピン...

ドライヤーの使用時の音が気になる方におすすめの動作音を抑える機能に特化したカールドライヤーです。乳幼児がいる家庭や、ワンルームに1人暮らししている女性にとっては、周囲に配慮しながらスタイリングができます。

付属のブラシは1本のみ。ブラシのサイドにシリコンをライン状に配し、毛先をしっかりとらえてブロー時のテンションをかけやすくしています。

指1本で温風と冷風を切り分けられるスライド式のスイッチを搭載し、セットした髪もキープしやすい。ナノイーもマイナスイオン機能もない分、価格も1,000円台と安い価格帯に抑えられたコスパ良好のドライヤーです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • ブラシの形状;クッションブラシ
  • 本体重量:約300g(毛先キャッチブローブラシ装着時)
  • 消費電力:700W(ドライ時)
  • マイナスイオン:✕
  • 冷風機能:◯
  • メーカー:パナソニック
  • 付属品:毛先キャッチブローブラシ

カールドライヤーのおすすめ7. テスコム マイナスイオンカールドライヤー TIC6J

テスコム 海外両用カールドライヤー ホワイト TIC6JW

コンセントにつなげば、電圧を感知して自動で電圧切り替えをしてくれる海外対応モデルです。他の製品のような手動のマニュアル式ではないので、電圧設定を間違えてドライヤーを壊す恐れが限りなく低くなりました。

しかも、マイナスイオン機能付きなので髪もしっとりツヤツヤ。付属ブラシは2本あり、ナチュラル仕上げのクッションブラシと、温風を吹き出さない32mmのアイロン式のスケルトンブラシでカールもしっかりつけられます

海外にいても日本にいるときのように隙のないスタイリングが可能なカールドライヤーです。アイロン径は太目なのでセミロングからロングヘアの方におすすめします。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • ブラシの形状;クッションブラシ、スケルトンアイロンブラシ
  • 本体重量:285g(本体のみ)
  • 消費電力:700W
  • マイナスイオン:◯
  • 冷風機能:◯
  • メーカー:テスコム
  • 付属品:スタイリングブローブラシ、スタイリングアイロンブラシ、Cタイプ変換プラグ

カールドライヤーのおすすめ8. リュミエリーナ キュレイナ 3D Plus

リュミエリーナ バイオプログラミング キュレイナ 3D Plus

プロの美容師が絶賛する高級カールドライヤーです。実売価格は4万円くらいとかなり高額ですが、髪へのダメージを防いでゴージャスで艶やかなスタイルが作れます。

独自の『バイオプログラミング技術』を施した特殊セラミックにより、マイナスイオンのような一時的な浸透効果ではなく、髪内部の水分に直接はたらきかけるため、使用すればするほど髪本来の美しさを最大限に引き出してくれるはず

さらに効果は半永久的なので、美容への投資を惜しまない人におすすめします。本体がやや重めなので、ヘアスタイリングに慣れた上級者向きです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • ブラシの形状;クッションワイドブラシ、アイロンブラシ
  • 本体重量:約415g
  • 消費電力:ブローモード:500W、アイロンモード:40W
  • マイナスイオン:✕
  • 冷風機能:◯
  • メーカー:リュミエリーナ
  • 付属品:ブローブラシとアイロンブラシ

カールドライヤーのおすすめ9. シャープ プラズマクラスターヘアスタイラー IB-CB56

シャープ プラズマクラスターイオンヘアスタイラー レッド系 I...

ドライヤーの髪への影響を抑えたいけれど、ナノイー機能付きはやや高いと感じている人には、よりリーズナブルなシャープ製のカールドライヤーがおすすめ。

シャープ独自のプラズマクラスターにより静電気を抑え、ブラシとの摩擦で起きがちな髪の絡まりや、カラーリングした髪の枝毛や切れ毛を起こりにくくしています

本体は手にフィットするコンパクトな持ちやすい形状で、テンションをかけやすいブローブラシとカール用のロールブラシの2本が付属。消費電力は500Wと低めですが、空気抵抗の少ないファンを採用した低電力設計なのでパワーは十分ですよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • ブラシの形状;クッションワイドブラシ
  • 本体重量:約398g(セット用ノズルは除く)
  • 消費電力:500W(ホット/ドライ運転時)
  • マイナスイオン: ✕
  • 冷風機能:◯
  • メーカー:シャープ
  • 付属品:ブローブラシ、ロールブラシ、ユニット清掃ブラシ

カールドライヤーのおすすめ10. テスコム マイナスイオンカールドライヤー BIC40

テスコム カーリングヘアードライヤー(ホワイト)TESCOM ...

リーズナブルな海外対応のマイナスイオン機能付きカールドライヤーが欲しい人におすすめの商品です。電圧切り替えは硬貨で切り替える方式なので、スタイリング中に誤って切り替えて壊してしまったというトラブルも起こらず安心。

送風は温風のドライ/セットのみで、冷風機能はありません。シンプルなスタイリングが好みで、外国の硬水や外気などでパサついた髪をケアしておきたいという人に適しています。

ブラシにはツバキオイルを配合し、まとまりにくい髪もセットしやすい。シンプル&スタイリッシュな白のボディとシルバーの操作パネルで男性でも使えるデザインです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • ブラシの形状;クッションブラシ、スケルトンアイロンブラシ
  • 本体重量:255g(本体のみ)
  • 消費電力:650W(AC120V/240V)、450W(AC100V/200V)
  • マイナスイオン:◯
  • 冷風機能:✕
  • メーカー:テスコム
  • 付属品:Cタイプ変換プラグ

カールドライヤーのおすすめ11. テスコム プロテクトイオンカールドライヤー ACC11

テスコム カーリングヘアードライヤー(ホワイト)TESCOM ...

リーズナブルなカールドライヤーのメーカー、テスコムが販売するプレミアムモデルです。マイナスイオンとプラスイオンを発生させる『プロテクトイオン』機能により静電気を抑制し、髪の広がりや傷みを抑え、まとまりやすいつやつやの髪に整えてくれます

女性にとって使いやすい機能を追求していて、スタイリング中に使える冷風と温風のワンタッチ切り替えボタンや、女性の手にフィットする34mm径の本体、ネイルが傷つきにくいレバー付きのコンセントプラグがあり、ヘアセットもストレスなく行えることでしょう。

付属のブラシはブローブラシとボリュームアップブラシ、19mmの細径アイロンブラシの大人の女性が使いやすい3本が揃います。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • ブラシの形状;クッションブラシ、スケルトンアイロンブラシ
  • 本体重量:265g(本体のみ)
  • 消費電力:400W
  • マイナスイオン:◯
  • 冷風機能:◯
  • メーカー:テスコム
  • 付属品:キャッチブローブラシ、ボリュームアップブラシ、カールアイロンブラシ(φ19mm)、スタイルブック、クイックコードバンド

カールドライヤーのおすすめ12. テスコム マイナスイオンカールドライヤー TIC910

テスコム カーリングヘアードライヤー(ローズゴールド)TESC...

カールドライヤーを試してみたい人におすすめのリーズナブルなドライヤー。マイナスイオン機能付きで髪のベースも整います。ドライヤーの中心と周囲の計4か所からマイナスイオンを放出し、髪全体にマイナスイオンを行き渡らせる方式を採用。

ワンプッシュで温風/冷風を切り替えられるスイッチがあり、スポット的に冷風を吹かせたいならスイッチを押し、スライドすると冷風だけを使えます。付属のブローブラシはツバキオイル配合で髪当たりも優しいです。

32mmの大口径のアイロンブラシも付属し、ふんわりしたSカールやCカールも作れます。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • ブラシの形状;クッションブラシ、スケルトンアイロンブラシ
  • 本体重量:265g(本体のみ)
  • 消費電力:700W(DRY-HOT)、400W(SET-HOT)
  • マイナスイオン:◯
  • 冷風機能:◯
  • メーカー:テスコム
  • 付属品:スタイリングブローブラシ(ツバキオイル配合)、スタイリングアイロンブラシ(32㎜径)

カールドライヤーのおすすめ13. コイズミ マイナスイオンカーリングドライヤー KDD-0050/VP

コイズミ マイナスイオンカーリングドライヤー 海外対応 ビビッ...

廉価モデルが特徴のコイズミ製の海外対応モデルです。海外モデルとしては最安級ながら、マイナスイオン機能付きで外国の硬水や外気で傷みがちな髪も優しくスタイリングできます。

電圧の設定切り替えはボタン型のスイッチを硬貨で回して動かすため、スタイリング中に誤って切り替わることはありません。格安モデルなので機能はとてもシンプル

付属のブラシはクッション式のワイドブラシが1本、冷風機能はなく風量調節はブロー用のHIGHとセット用のLOWの2段階です。滞在する国によっては風量が物足りなく感じるとの声もあります。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • ブラシの形状;クッションワイドブラシ
  • 本体重量:約315g(本体のみ)
  • 消費電力:700W(AC120V/240V)、500W(AC100V/200V)
  • マイナスイオン:◯
  • 冷風機能:✕
  • メーカー:コイズミ
  • 付属品:先玉ボリュームキャッチブラシ

カールドライヤーのおすすめ14. カシムラ 国内・海外兼用マルチボルテージ カールドライヤー冷風機能付き

国内・海外兼用カールドライヤー NTI-171

海外対応モデルは高級品を除くと冷風機能がないものがほとんどですが、こちらのカールドライヤーは冷風機能付きの海外対応モデルとして知る人ぞ知る人気の商品です。

マイナスイオン機能付きで、硬水や外気などの環境変化からも髪を優しくケアしながらスタイリングができます。電圧切り替えスイッチは硬貨で回すボタン式。

購入当初は200V-240Vに設定されているので国内で使う場合は注意しましょう。220~240Vで使うためにコードも太めなため、外国旅行用として割り切った方がよさそう。カラーは普段使いができないのが惜しく感じられる、とてもきれいなシャンパンゴールドです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • ブラシの形状;クッションワイドブラシ
  • 本体重量:340g(ブラシ込)
  • 消費電力:600~700W(AC220~240V)、450W~650W(AC100~120V)
  • マイナスイオン:◯
  • 冷風機能:◯
  • メーカー:カシムラ
  • 付属品:カールブラシ / 電圧切替スイッチ用具

カールドライヤーのおすすめ15. パナソニック くるくるドライヤー ZIGZAG EH-KA60

パナソニック  くるくるドライヤーZIGZAG   黒 EH-...

ブローブラシだけでなく、カール用のロールブラシも付属する本格派の格安な海外対応モデルです。付属のロールブラシはロールの太さを25/30/35/40mmの4段階に変えられ、好みの大きさのカールを作れます

。パナソニック製なのにナノイーやマイナスイオン機能がないのは残念ですが、とにかく軽くて使いやすく、荷物が少なく済むと好評です。海外対応モデルは男性ユーザーが多いためか、カラーはクールなブラック。他のカールドライヤーに比べればモダンなデザインになっています。女性でも持ちやすいコンパクトな大きさで使いやすさも問題ありません

販売サイトで購入


商品のステータス

  • ブラシの形状;クッションワイドブラシ、ロールブラシ
  • 本体重量:320g(ワイドブローブラシ装着時)
  • 消費電力:700W(AC120/240V時)、500W(AC100/200V時)
  • マイナスイオン:✕
  • 冷風機能: ✕
  • メーカー:パナソニック
  • 付属品:ワイドブローブラシ, フリーロールブラシ, C-2プラグアダプター

カールドライヤーのおすすめメーカー3社を紹介!

カールドライヤーの人気はかつてほどではありませんが、1台あればドライ・ブロー、スタイリングができるため、息の長いロングセラーアイテムとして美容家電売り場の一角を占めています。

家電としては珍しく、カールドライヤーのメーカーは国内の会社が多いです。ここでおすすめメーカーを3社紹介するので、カールドライヤー選びの参考にしてみてください。


おすすめメーカー1. Panasonic

パナソニック くるくるドライヤー ナノケア ピンクゴールド E...

パナソニックは世界で初めてカールドライヤーを販売し、国内的な大ブームを起こしました。今でも当時の商品名の『くるくるドライヤー』の名称でカールドライヤーを販売しています。同社は美容家電でも有名で、独自のナノイー機能を搭載した製品は女性から大人気。多彩なスタイリングのできる高級モデルからお手頃なドライヤーまで商品バリエーションは国内随一といえます。

パナソニックのカールドライヤーを見る


おすすめメーカー2. テスコム

テスコム 海外両用カールドライヤー ホワイト TIC6JW

リーズナブルなカールドライヤーを販売していることで人気のメーカーです。ただし、最近は機能性の高い製品を販売しており、カールドライヤーを購入するならぜひ一度はチェックすることをおすすめします。最近は高機能でアタッチメントも豊富なプレミアムモデルや、自動で海外の電圧に切り替えできる画期的な海外対応のカールドライヤーも販売中です。

テスコムのカールドライヤーを見る


おすすめメーカー3. コイズミ

コイズミ マイナスイオンカーリングドライヤー 海外対応 ビビッ...

カールドライヤーの中でも廉価モデルを販売しています。最近の商品は1,000~2,000円台の安いモデルばかりで、どちらかというと中高生や学生御用達のメーカーといえるでしょう。国内最安クラスの海外対応モデルも販売しています。ブローブラシ以外にもカールブラシを付属したモデルもありますが、発売年数が古く他のメーカーに目移りしがちになるのは否めません。

コイズミのカールドライヤーを見る


カールドライヤーの上手な使い方(巻き方)

カールドライヤーでセットしている女性

カールドライヤーは基本的にナチュラルなスタイリングのために使う人がほとんどですが、付属のカールブラシでふんわりしたワンカールを作りたいという人もいるでしょう。

ここで、カールドライヤーを使った上手な巻き髪の作り方のコツをご紹介します。

  1. カールドライヤーはカールアイロンと違い、温度が低いので髪を少し濡らして、洗髪後なら8割方乾かしてからドライヤーを当てる
  2. 髪は気持ち少な目の束で取って毛先から巻いていき、しばらく温風を当てて続けて冷風を当てれば、巻いた髪の形をキープできます。
  3. 仕上げにワックスをカールにもみこんで固定しましょう。

基本的な使い方は、ドライヤーのブローと同じ手順になります。カールドライヤーを使って手軽に外ハネや前髪セットを行ってみてください。


カールドドライヤーを使う上での注意点

カールドライヤーの温風は、髪にカールをつけるために通常のドライヤーよりも高温に設定されています。

『ドライヤー』と名がついているため、付属のブラシを取り外してドライヤーとして使う人もいますが、高温なので髪を傷めやすく、また、髪を巻き込む恐れもあり避けたほうがよいでしょう

ドライ用のノズルが付属するカールドライヤーもありますが、短時間で手早くすることをおすすめします。カールドライヤーに付属するブラシは高温で傷みやすいので、少しでもヒビや割れが出てきた場合は交換するようにしましょう。


自分にぴったりのカールドライヤーを使って毎日のセットを楽しもう!

カールドライヤーはブラシとドライヤーが一体になっているので場所を取らず、一人暮らしの生活や海外旅行に行った際に重宝することでしょう。

最近はヘアアイロンが流行しているので、カールドライヤーはナチュラルなスタイルを作るために使われることが多いですが、アイロンブラシが付属するカールドライヤーなら、しっかりカールも作れます。

マイナスイオンでブローして、カール前に髪のベースを整えられるのがカールドライヤーの利点。上手く使ってきれいなスタイルで毎日を過ごしましょう。

【参考記事】ストレートヘアアイロンのおすすめ機種を厳選▽

【参考記事】5000円以下で購入できる安いコスパ最強ドライヤーとは▽

【参考記事】女性でも使いやすいロレッタの人気ワックスをご紹介▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事