コンデジの選び方を徹底解説!商品を選ぶ上で重要なこととは

初心者や上級者に人気の高いコンデジの選び方を画質・機能・メーカーに分けて徹底解説します。レンズの性能から防水機能や手ブレ補正などの便利な機能、人気メーカーの特徴までご紹介。自分に合った最強モデルで写真撮影を楽しんでみてくださいね。

コンデジの選び方を徹底解説!

コンデジの選び方.jpg

デジカメの中でも初心者から特に人気の高い「コンデジ」。カメラを始めようと思って商品を選ぼうとしたけど何を重視したら良いかわからないという経験はありませんか?

そんな方のために、今回はコンデジの選び方について徹底解説しちゃいます。大きく画質・機能・メーカーに分けていますので、気になったカテゴリーはぜひ確認してみてくださいね。

  1. 画質で選ぶ
  2. 機能で選ぶ
  3. メーカーで選ぶ

1. 画質で選ぶ

高画質なカメラの選び方.jpg

コンデジの性能で最重要とも言える「画質」。比較的扱いやすく、リーズナブルな価格帯が揃っているコンデジでも、繊細で美しい画像が撮影できたらとても嬉しいですよね。

ここからは、高画質な写真が楽しめるコンデジの選び方をご紹介。最低限抑えておきたいポイントになりますので、ぜひチェックしてみてください。


有効画素数とイメージセンサー(撮像素子)

解像度に関わってくる「有効画素数」。一般的に画素数は大きいほど高画質であると考えられていますが、実際には画素数が大きい=高画質というわけではありません。元々画素数とは大きなサイズの画像が撮れることを数値化したものになります。一昔前では、画素数が大きければ小さい画面で見た時に縮小しても綺麗に見えましたが、技術が進化した現代では画素数による変化はあまり見られません。

カメラの画質として画素数より注目してほしいのが「イメージセンサー(撮像素子)」。イメージセンサーとは、レンズから入った光を電気信号に変える役割を持ち、センサーが大きいほど多くの光を集められるとされています。つまり、イメージセンサーが大きければ大きいほど、解像度の高い写真が撮影できるということになります。

ただし、画素数も少なからず画質に影響がありますので、画素数とイメージセンサーが大きいコンデジを選ぶと良いでしょう。


イメージセンサーのサイズ

イメージセンサーのサイズが上から大きい順に並べていますので、ぜひ参考にしてみてください。

  • フルサイズ
  • APS-C
  • フォーサーズ
  • 1型
  • 1/1.7型
  • 1/2.3型

※イメージセンサーは大きければ大きいほど価格帯が高くなります。自分の予算の範囲内で、できる限り大きいイメージセンサーを選びましょう。


レンズの性能

カメラのレンズ.jpg

レンズの性能は大きく「F値」と「ズーム倍率」で選ぶことができます。どちらも綺麗な写真を撮るための大切なポイントになりますので、ぜひ抑えていきましょう。


F値

光を取り込むレンズの大きさを調整する機能を"絞り"と呼び、その値を数値化したものを「F値」と呼びます。F値は低ければ低いほど、明るい写真を撮ることができると言われます。

例えばF2.0とF値が低い場合、背景がぼやける代わりに、明るい写真を撮影することができます。部屋や夜景を美しく撮影できるのが特徴的ですね。反対にF8.0とF値が高いと、背景までくっきり写りますが、画面が暗くなってシャッタースピードが遅くなります。明るい場所での撮影は向いていますが、明かりが少ない場所では撮影が難しくなります。

F値が高いと、撮影の技術が必要になってくるので、初心者の方はなるべくF値が低いコンデジを選ぶのがおすすめです。


ズーム倍率

遠くの被写体を撮る時に重宝されるズーム機能。撮りたいターゲットの近くに行かなくてもピンポイントに撮れるので、とても便利です。旅先で風景を撮ったり、月の写真などを撮る時には大活躍しますので、ぜひズーム倍率が高いコンデジを選んでみてくださいね。


ISO感度

レンズから入り込んだ光をカメラの機能でどのくらい増やすかを表した「ISO感度」。このISO感度は高ければ高いほど、シャッタースピードを早めて、暗い場所でも手ブレせずに明るく綺麗な写真が撮ることができます。

ISO感度を上げすぎると画質が下がることがありますが、ISO感度が高いコンデジは画質が下がらないように設計されている商品が多く展開されています。夜景や室内など暗い場所でも綺麗な写真を撮影できるように、なるべくISO感度が高い商品を選ぶと良いでしょう。


2. 欲しい機能で選ぶ

カメラの便利な機能.jpg

コンデジには、より撮影を楽しむための機能が備わっています。ここからはコンデジの中でもメインとなる便利な機能について解説していきます。

どの機能も撮影を楽しむために役立ちますが、多くの機能が備わったモデルだと、比較的高級品になるのでご注意。自分の欲しい機能がどれかを考えて選ぶようにしましょう。


防水機能

雨など水による故障を防ぐ「防水機能」。防水機能を搭載したコンデジは、防水深度10mなど水中で使用できる機種があるのが特徴的ですね。

登山や海、川といった場所で活躍するので、アウトドアで使いたい方におすすめ。ダイビングやシュノーケリングで使う方には、10m、20mと防水深度が高いモデルがおすすめです。

【参考記事】水中で撮影したい方は、防水タイプのコンデジをチェック▽


無線通信機能

Wi-FiやBluetoothで接続して、すぐにスマホやPCに転送できる「無線通信機能」もポイント。ケーブルで繋ぐ必要がないので、すぐにSNSへアップすることも可能です。手軽に画像を移動したい場合に重宝される機能になります。


手ブレ補正

ピントが合わせにくく、ブレてしまう画像をくっきり撮影することができる「手ブレ補正」。この手ブレ補正には、光学式と電子式があり、一般的に光学式の方が高性能かつ高価とされています。暗い場所やズームでの撮影は、手ブレが発生しやすいので特に重要な機能になります。快適に撮影を行うためにも、手ブレ補正を備えた商品を選ぶと良いでしょう。


接写機能

カメラで接写をする.jpg

花や動物など近づいて撮影する場合に役立つ「接写機能」。被写体とレンズの距離が近くてもピントが合うので、くっきりと撮すことができます。

この接写機能はレンズからどのくらい離れていてもピントが合うのかを示す"最短撮影距離"で表されます。被写体に近付いて綺麗に撮りたい方は、最短撮影距離が短い接写機能を搭載したモデルを選ぶのがおすすめです。


動画機能

写真だけでなく動画も楽しみたい!という方に重宝される「動画機能」。特にフルHDや4Kはとても解像度が高いので、お子様の運動会、川や海の様子、旅の思い出など高画質で動画撮影したい時におすすめ。動画撮影を行いたい方は、ぜひフルHDや4K対応の動画機能を備えたコンデジを選んでみてください。


シーン機能

撮影している環境によって画質が最適化する「シーン機能」。例えば水中モードが備わったコンデジであれば、海や川の中でも綺麗な写真が撮影可能、夜景モードであれば一つ一つの明かりをブレなく繊細に撮すことが可能です。撮影技術に自信がないという初心者の方でも、シーン問わず簡単に思い通りの綺麗な画像を撮影できるのが魅力的ですね。どこでも綺麗に撮影したい方は、ぜひシーン機能を搭載したモデルを選んでみてはいかがでしょうか。


3. メーカーで選ぶ

カメラのおすすめのメーカーjpg

コンデジは、多くのメーカーが展開しているため、とても多くの商品が揃っています。メーカーによって特徴も異なるので、メーカー選びで迷った方は、人気メーカーから選ぶのもおすすめ。

ここからはコンデジの中で人気の高いメーカー5社について解説していきます。メーカーの特徴を抑えておけば、お好みの商品を見つけやすいので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. キャノン(canon)
  2. ニコン(Nikon)
  3. カシオ(CASIO)
  4. ソニー(SONY)
  5. オリンパス(OLYMPUS)

コンデジの人気メーカー1. キャノン(canon)

Canon デジタルカメラ PowerShot G7 X Ma...

コンデジ部門で国内トップのシェアを誇る「キャノン(canon)」。商品数が多く、扱いやすい操作性が魅力的です。また、アクセサリーなど周辺アイテムも豊富なので、持ち運びが楽しくなる点でも高い評価を獲得しています。ズーム機能やオートフォーカス機能も充実しているので、初心者から高い支持を得ているメーカーになります。迷ったらキャノンのコンデジを選ぶのもアリですね。

キャノン(canon)の商品を見る


コンデジの人気メーカー2. ニコン(Nikon)

Nikon デジタルカメラ COOLPIX W100 防水 W...

プロ・アマ問わず幅広いラインナップを揃えている「ニコン(Nikon)」。シーン問わず使えるコンデジが多く揃っているので、どのような環境下でも綺麗に撮影できるのが特徴的です。また、水中で使用できる防水性能を搭載したカメラを低価格で販売しているため、コスパ最強モデルとしても有名。初心者〜上級者まで満足できるおすすめのメーカーになります。

ニコン(Nikon)の商品を見る


コンデジの人気メーカー3. カシオ(CASIO)

CASIO デジタルカメラ EXILIM EX-ZS240WE...

とてもコンパクトで、カメラ女子から人気の高い「カシオ(CASIO)」。旅先の風景だけでなく、イヤリングやインテリなどのおしゃれアイテムを綺麗に撮ることができるのが魅力的です。また、比較的リーズナブルな価格帯が多く、初心者から高い評価を獲得しているメーカーになります。おしゃれグッズなどをSNSにアップしたいという方は、カシオの商品を選ぶのもおすすめですね。

カシオ(CASIO)の商品を見る


コンデジの人気メーカー4. ソニー(SONY)

ソニー SONY コンパクトデジタルカメラ サイバーショット ...

低価格でも高品質な商品が揃っている「ソニー(SONY)」。オートフォーカス性能や解像度が高いため、初心者でも簡単に綺麗な写真が撮れるのがポイントですね。また、コンパクトでありながら多機能な点も魅力的。とことんカメラを使いこなしたい方におすすめですね。コンデジ以外の電気製品でも高いシェアを誇っているので、信頼性も高いメーカーになります。

ソニー(SONY)の商品を見る


コンデジの人気メーカー5. オリンパス(OLYMPUS)

OLYMPUS デジタルカメラ  Tough TG-5 ブラッ...

価格帯問わずとても品質が高い商品を展開することで人気の「オリンパス(OLYMPUS)」。強力手ブレ補正や水中で高画質な写真が撮れる高い防水性能が特徴的ですね。生き物や水中の様子をありのままに撮ることができるので、スナップを得意とするメーカーになります。自然の風景を綺麗に撮りたい方は、ぜひオリンパスの商品を選んでみてくださいね。

オリンパス(OLYMPUS)の商品を見る


【参考記事】人気メーカー別におすすめのコンデジをまとめました▽


コンデジの選び方を抑えて、自分にあったモデルで写真撮影を楽しもう!

最適なカメラで写真撮影を楽しむ.jpg

今回はコンデジの選び方を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。コンデジは多くの選び方があるため、自分の重視したいポイントを決めると、効率良く商品を探すことができます

コンデジに興味がある方は今回紹介した選び方を抑えて、自分に最適な商品で写真撮影を楽しんでみてくださいね。


【参考記事】おすすめの最強コンデジを揃えました▽


【参考記事】デジカメ特集記事はこちら▽


【参考記事】本格的な写真を撮りたい方はおすすめの三脚も確認してみて▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事