【2018最新】外付けHDDのおすすめ14選。人気メーカーの安心の一台とは

iPhoneなどのスマホから、テレビ録画、ゲーム機の容量が少ない時やmacといったパソコンのバックアップに大活躍の外付けHDD。今回は簡単に容量を増やせるおすすめの外付けHDDを紹介します。人気のポータブルタイプや寿命を延ばすコツも紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

データ保存に大活躍。おすすめの外付けHDDを大公開!

外付けHDDのおすすめ機種

動画や綺麗な画像を撮る機種が増える中、誰もが気にするであろう容量問題。iPhoneやAndroidなどのスマホ端末から、mac・Windowsといったパソコン端末まで今や外付け記憶アイテムが非常に重要な役割を担っています。しかし、正直なところ、どんな機種がおすすめか分からないのも現実でしょう。そこで今回は、外付けHDDの利用用途や選び方、おすすめ容量、おすすめ外付けHDDまで徹底解説。

動画編集やps4などのゲーム機のバックアップ用、mac用にも使えるおすすめの外付けHDDもご紹介していきます。ノマドワークに人気のポータブル型や忙しい方のテレビの録画に使えるモデル、動画編集に最適な1TB以上の大容量モデルなども取り上げますので、是非参考にしてくださいね。


外付けHDDの利用用途は主に2種類ある。

外付けHDDを購入する時、利用用途には2つの種類があります。一つは、パソコン上のデータ保存と、もう一つは、テレビに接続しTV番組を録画するという用途です。

パソコン用におすすめなのはWindowsやmacも対応したモデル、テレビ用なら人気機種(SHARPのAQUOSなど)に対応したモデルを購入するとよいでしょう。


パソコンのデータ保存で使用する際のHDDの注意点

パソコンが得意ではない方の場合、”Windows10対応”や”mac対応”と明記されているものを購入しましょう。外付けHDDは、使う環境に合わせてフォーマットという作業が必要なのですが、最初から特定のOS用の製品も売っていますので、手間を掛けたくない方は特定のOS用HDDをおすすめします。また、容量も本体内蔵のHDDより大きめを選ぶと良いでしょう。


おすすめの容量

Windowsやmacなど、お持ちのパソコンのOSに合わせたHDDを選んだら、できるだけ予算内で大容量の外付けHDDを購入してください。とは言え、どの程度の容量のHDDがおすすめなのかという疑問もあると思います。動画保存(動画編集)がメインならば、1TB以上は欲しいですし、書類のみ作成する場合でも1TBあれば困ることはないでしょう。


テレビ録画で使用する際のHDDの注意点

テレビに接続し、番組の録画ができる外付けHDDもあります。注意点としては値段だけでなく、お持ちのテレビの機種と相性が良いかレビューを確かめること、そして見た目的にテレビの近くに置いても違和感がないかと言うポイントも大事になってきます。

黒色が多い外付けHDDですが、おしゃれなカラーの製品もありますので、ご予算の都合がつくようであれば、インテリアとしても存在感あるスタイリッシュなモデルを検討しても良いでしょう。


おすすめの容量

テレビ録画をする目的で外付けHDDを購入する時、参考になるのが“容量あたりの録画時間”です。エレコムなどのメーカーでは、録画可能な時間をサイト上で公表しているため、一部の製品では説明書をネット上で見てから購入することもできます。

あまり在宅することがなく、休日にたっぷりと録りためた番組をみたいなら、容量が2TB、4TBなどの外付けHDDを選ぶのもいいですね

【参考記事】テレビ録画におすすめのHDDを特集しました▽


外付けHDD選びで大切なこと

外付けHDDの正しい選び方とは

外付けHDDのおすすめ製品をご紹介する前に、まずは外付けHDD選びで大切なポイントを解説していきます。外付けHDDは、

  1. 容量
  2. 使用用途
  3. ポータブル or 据え置き型
  4. 対応OS
  5. 24時間耐久仕様
  6. ミラーリング機能

の6点を確認しておくことが非常に大切になります。ここからは6つのポイントについてさらに詳しく解説していきます。


外付けHDDの選び方1. 様々なデータを保存する場合は大容量かどうかをチェック

外付けHDDを選ぶ時、用途や価格面で大きな要素となるのが容量です。容量の大きい製品は高くなりますし、動画編集などで保存スペースを大きく必要とする場合には、安い製品では容量不足になることが多いです。

まずは、保存するデータの総量を知ること、そしてお持ちのPCやゲーム機、テレビなどに対応した製品を選ぶことが重要です。容量は非常に大切なポイントになるため、軽視せずにしっかりと確認しておいてくださいね。


外付けHDDの選び方2. 外付けHDDの使用用途によって選ぶ

ゲーム機もPCも、機器自体にストレージ(HDDやSSD)が搭載されていますが、用途によっては内蔵ディスクだけでは足りないことがあります。テレビ録画やゲームといった大容量のデータやPCで多くのデータを保存するなら、大容量のストレージがおすすめです。

また用途によって小型タイプか大型タイプ、機能や価格も分かれてきます。使用用途を頭に入れて、欲しい商品を選定していきましょう。


外付けHDDの選び方3. ポータブル or 据え置き型のどちらのタイプが最適かで選ぶ

外付けHDDの大きさにもこだわってほしいポイント。PCのバックアップ用であれば「ポータブル型」がおすすめ。USBポートの数が少なくなりますが、とてもコンパクトで持ち運びに便利なタイプです。

一方テレビなど自宅メインの使用であれば「据え置き型」がおすすめ。大きさ・重さが増しますが、その分USBポートの数が多く容量が大きいなど自宅での使い勝手が抜群です。

【参考記事】USBポートの数が限られているならおすすめのUSBハブを選んでみて▽


外付けHDDの選び方4. PCのデータを保存するなら対応OSを確認する

購入する時、見落としてはいけないポイントが“対応OS”の表記です。macで使う予定だったのに、Windows専用だったということはよくあることですので、購入前に対応OSを調べておきましょう。

【参考記事】Apple製品を使用するならmac対応の外付けHDDを選んでみて▽


外付けHDDの選び方5. 大切なデータをしっかり守るために24時間耐久仕様を選ぶ

常時バックアップ用として使用する場合、“24時間耐久仕様”の製品を選びましょう。安いモデルより若干高くても、大事なデータを守るために妥協したくない仕様です。

データ保管に絶対はないので、クラウドなどにもバックアップすることをおすすめします。お仕事でお使いの方は少し容量が少なくなっても、耐久性の高いモデルを購入してください。24時間耐久仕様になっている外付けHDDなら、ありとあらゆる場面に対応してくれているため、購入して損ありませんよ。


外付けHDDの選び方6. バックアップなら「ミラーリング機能」の有無をチェック

データのバックアップをする際に万が一適切に保存できなかったら大変。仕事や趣味のデータを失うなんてことがあります。そこで注目すべきなのが「ミラーリング機能」。

ミラーリング機能とは同時に2種類のドライブに保存し、同じデータを残すことで一方が破損しても片方でバックアップが取れるという機能を指します。重要なデータのバックアップを考えている方は、ぜひミラーリング機能搭載モデルを選ぶようにしましょう。


外付けHDDのおすすめ14選をご紹介します!

外付けHDDのおすすめ機種

選び方を確認した後、ここからおすすめの外付けHDDを14モデルご紹介します。mac対応モデル、デザインが人気の外付けHDDなど、用途や特徴の異なるバラエティー豊かなラインナップが揃っていますので、ぜひご検討くださいね。対応OSのバージョン、対応テレビなどをよく確認してください。本体サイズ、重量なども参考に設置スペースも考慮しながら選びましょう。


おすすめの外付けHDD1. I-O DATA EX-HD3CZ 据え置きタイプ

I-O DATA HDD 外付けハードディスク 3TB PC/...

テレビ用の外付けHDDを購入する時、必ずチェックしたいのが『所有するテレビに対応しているか』という点。このモデルは10メーカー600機種以上のテレビに対応し、土日も電話でサポートを行っているなど、安心して選べます。

また、『テレビ接続ガイド』を見ながら、簡単に設定ができるため、『家電が苦手...。』という方でも安心して使えますよ。ACアダブタ、USB3.0のケーブルなど、必要な付属品も揃っており、すぐにテレビに接続して録画環境を整えられます。記憶容量はたっぷりの3TBもあり、最大で360時間の録画可能。外付けHDDをお探しの方は、選択肢として入れておくべき機種ですよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 容量:3TB
  • 本体のサイズ:3.4 x 11.5 cm
  • 本体の重さ:1.2 Kg
  • 対応テレビ:東芝(レグザ)、パナソニック(ビエラ)、シャープ(アクオス、ICC PURIOS)、ソニー(ブラビア)、日立(Wooo)、三菱(リアル)、LG Electronic Japan(液晶テレビ)、オリオン(液晶テレビ)、DXアンテナ(DX BROADTEC)、Hisense(液晶テレビ)
  • 24時間耐久:記載なし

おすすめの外付けHDD2. I-O DATA EX-HD3ELBR 据え置きタイプ

I-O DATA HDD 外付けハードディスク 3TB オシャ...

スタイリッシュなモデルをお探しのあなたにおすすめな機種が、EX-HD3ELBR。おしゃれなテレビボードとソファで固めてる、でも肝心の外付けHDDがありきたりのデザインでは心もとないですよね。macにも対応しており、テレビ用とお揃いで書斎のmacのバックアップ用途にもお選びいただけます。

見た目だけでなく、ファンレス構造により運転音も大変静かですので、快適な視聴環境作りにもおすすめ。既存のTV番組保存用のハードディスクをリプレイスする際に、今までとは違ったスタイリッシュなモデルで揃えてみるのも良いですね。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 容量:3TB
  • 本体のサイズ:16 x 16 cm
  • 本体の重さ:998 g
  • 対応テレビ:東芝(レグザ)、シャープ(アクオス、ICC PURIOS)、ソニー(ブラビア)、LG Electronics Japan、三菱(リアル)、日立(Wooo)
  • 24時間耐久:記載なし

おすすめの外付けHDD3. BUFFALO HD-ALS2.0TU2/VJ 据え置きタイプ

BUFFALO 静音&省エネ テレビ・レコーダー対応モデル 外...

テレビ向けのHDDと言えば、以外と動作音が気になるという方も多いはず。この外付けHDDは、静音と省エネを売りにしたモデルということもあり、レビューでも特に静音に定評があります。従来製品(HD-LBU2)との比較でも、約13%の静音化を実現しており、数年前のモデルをお使いの方にはぜひ買い替えの候補に入れていただきたいですね。

消費電力も0.15Wと少なく、家電購入の際にエコにこだわったいる方にも自信を持っておすすめできますよ。また、レグザやアクオス、ブラビア対応の取り付けマニュアルも付属していますので、該当のテレビをお持ちの方には迷わず選んでいただきたいです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 容量:2TB
  • 本体のサイズ:12 x 4 cm
  • 本体の重さ:898 g
  • 対応テレビ:東芝(レグザ)、シャープ(アクオス)、ソニー(ブラビア)、パナソニック(ビエラ)、LG(インフィニア)、ピクセラ(プロディア)、日立(Wooo)、三菱(リアル)
  • 24時間耐久:記載なし

おすすめの外付けHDD4. Seagate テレビ録画対応 SGP-NX010UWH ポータブルタイプ

Seagate HDD ポータブルハードディスク 1TB US...

Seagate(シーゲート)は、アメリカに拠点を置く、ハードディスクドライブ製造を行う企業です。“世界中のデジタル・コンテンツを保存する”というコピーを掲げ、国際的に展開しており、もしかするとあなたがお持ちのPCにもSeagate製のハードディスクが採用されているかもしれません。

外付けHDDも各種販売しており、テレビ向けのHDDとなるこのモデルは1TBの記憶容量、地上デジタル放送ですと120時間の録画が可能です。海外メーカー品ではありますが、国内発売元のエレコムによる日本語の接続ガイド、土日・祝日も営業のサポートダイヤルもあり、安心して選べるモデルですね。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 容量:1TB
  • 本体のサイズ:幅8cm×奥行11.7cm×高さ1.48cm
  • 本体の重さ:約170g
  • 対応テレビ:シャープ(アクオス)、東芝(レグザ)、三菱(リアル)、LG(インフィニア)、ディーオン(CANDELA)、ソニー(ブラビア)、パナソニック(ビエラ)、ハイセンス(液晶テレビ)、オリオン(液晶テレビ)、ピクセラ(プロディア)
  • 24時間耐久:記載なし

おすすめの外付けHDD5. WD Elements Desktop WDBAAU0020HBK-JESN 据え置きタイプ

WD Elements Desktop 2.0TB (USB2...

ハードディスクは、構造的に寿命があります。このことは、普段あまり意識されていませんが、大切な番組を記録するテレビ向けのHDDを購入する場合には、しっかりと意識したいポイントですね。macやWindowsの外付けHDDとしても使えるこのモデルは、3年間の保証がついており、レグザやアクオス、ブラビアとの接続をメーカーが確認しています。

ネットで購入する場合、延長保証をつけられないケースもあるため、メーカー公式で長期保証があるのはとても嬉しいですね。自社製造のハードディスクを採用しているからこそできる、安心の長期保証制度、ぜひ活用してください。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 容量:2TB
  • 本体のサイズ:17.9 x 3.6 cm
  • 本体の重さ:1.02kg
  • 対応テレビ:東芝(レグザ)、シャープ(アクオス)、ソニー(ブラビア)
  • 24時間耐久:記載なし

おすすめの外付けHDD6. I-O DATA AVHD-AUTB3/EX 据え置きタイプ

I-O DATA 録画用ハードディスク AVHD-AUTB3/...

テレビの下に横置きできるテレビ向けのHDDで、おしゃれで人気を集めているモデルになります。ps4への対応などは公式にアナウンスされていませんが、テレビ用の外付けHDDとしては、デザインの良さや24時間連続録画対応などの点で評価されています。このモデルの特徴は、パナソニックの『ディーガ』搭載のハードディスクと同等品を採用している点。

騒音も少ない構造ですし、有名なモデルと同じハードディスクを採用していますし、特にパナソニックのディーガをお持ちの方におすすめですね。また、平日はお仕事でお忙しい方にも嬉しい、土日電話サポート付きですので家電の設定が苦手な方も安心ですよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 容量:3TB
  • 本体のサイズ:19.6 x 4.3 cm
  • 本体の重さ:1.48 kg
  • 対応テレビ:パナソニック(ビエラ)、東芝(レグザ)、シャープ(アクオス)、LG Electronics Japan、ソニー(ブラビア)、三菱(リアル)、日立(Wooo) 、オリオン、Hisense
  • 24時間耐久:対応

おすすめの外付けHDD7. I-O DATA EC-PHU3W2D ポータブルタイプ

I-O DATA HDD ポータブルハードディスク 2TB U...

おしゃれで女性にもおすすめな外付けHDDです。電源不要で、USBケーブル一本のみで簡単接続できる、バックアップ向けのHDDなため、ノマドや動画編集を複数箇所でやりたいという方にもおすすめ。フルHD動画で約151時間、写真(2,400万画素)なら約8万枚、音楽(320kbps)なら、約24万曲も保存できます

また、USB3.0を採用したことでUSBS2.0のモデルよりも、約10倍の転送速度となっており、時間を大切にしたいビジネスユーザーにもぜひ選んでいただきたいモデルですね。デザインと機能を考えれば、とても安いモデルで買いやすいと言えるでしょう。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 容量:2TB
  • 本体のサイズ:11.2cm x 7.5cm x 2 cm
  • 本体の重さ:231 g
  • 対応OS:Windows10/Windows8.1/Windows8/Windows7/WindowsVista/ Mac OS X 10.6~10.11
  • インターフェース:USB3.0
  • ミラーリング:✕

おすすめの外付けHDD8. WD My Book Duo WDBLWE0060JCH-JESN 据え置きタイプ

WD HDD 外付けハードディスク 6TB  My Book ...

質実剛健なイメージのデザインで、バックアップ向けのHDDをお探しのあなたにおすすめの人気モデルです。外付けHDDとしては大容量の6TBモデルで、下位の4TBモデルと比べても価格差もあまりなく、予算が許すならぜひ6TBモデルを購入しましょう。

Windowsの各バージョンに対応するのはもちろん、macにも再フォーマットで対応します。データ保存用として重視したいポイントである『暗号化によるセキュリティ機能』も搭載されており、データ転送速度も最大290MB/sと大変高速ですので、業務用にもおすすめできますよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 容量:6TB
  • 本体のサイズ:9.9 x 16.5 cm
  • 本体の重さ:2.2 kg
  • 対応OS:Windows 10/Windows 8.1/Windows 8/Windows 7/Windows Vista(Mac OS Xには要再フォーマット)
  • インターフェース:USB 3.0
  • ミラーリング:◯ (RAID 1)

おすすめの外付けHDD9. I-O DATA HDS2-UTX2.0 据え置きタイプ

I-O DATA HDD 外付けハードディスク 2TB ミラー...

外付けHDDを購入する場合、将来的なデータの増加を見越して大容量のモデルを選ぶと良いでしょう。このモデルは、お求めやすい2TBモデルから最大で8TBまでラインナップされていますので、もし予算が許せば6TBのモデルを購入しておけば、当分ディスク容量に困ることはないはずです。

4TBモデルは6TBモデルと比べるとやや割高。8TBは業務で使うという方以外、特段必要ないでしょう。バックアップ向けのHDD選びで重要なポイントの1つが、故障時の交換の容易さ。ドライバー1本あれば、簡単に内蔵ディスクを交換できますので、将来的にハードディスクが今より安くなったときに、より大容量のものに換装も可能です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 容量:2TB
  • 本体のサイズ:7.3 x 12.7 cm
  • 本体の重さ:2.1kg
  • 対応OS:Windows(10/8.1/8/7)
  • インターフェース:USB3.0/2.0
  • ミラーリング:◯ (RAID 1)

おすすめの外付けHDD10.WD My Book Thunderbolt Duo WDBUPB0060JSL-JESN 据え置きタイプ

WD My Book Thunderbolt Duo 6.0T...

外付けHDDを選ぶ時、重視したいのはデザイン性ですよね。メタリックの筐体がかっこいいこのモデルは、バックアップ向けのHDDとしても安心の6TBのハードディスクを内蔵しています。また、高速転送が可能なThunderboltを採用しているため、特にmacユーザーの方におすすめですね。

SOHO環境など業務でお使いの方でも、ディジーチェーンにより最大で7台の接続が可能です。1台では容量が足りない方、将来的に買い増しする予定がある方はぜひ、検討してくださいね。こちらのモデルも、ユーザーによるハードディスク交換が容易な構造となっています。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 容量:6TB
  • 本体のサイズ:9.9 x 16.5 cm
  • 本体の重さ:2.26 kg
  • 対応OS:Mac OS X 10.6.8以降
  • インターフェース:Thunderbolt x 2
  • ミラーリング:◯ (RAID 1)

おすすめの外付けHDD11. BUFFALO RAID1 2ドライブモデル 4TB HD-WL4TU3/R1J 据え置きタイプ

BUFFALO RAID1対応 USB3.0用 外付けハードデ...

ついうっかり、データを消してしまったという経験がある方には、RAID(ミラーリング)が使えるバックアップ向けのHDDがおすすめです。外付けHDDの安いモデルではなく、ある程度の価格帯のモデルを買うと多くのモデルでミラーリング機能が付いていますが、このモデルのように専用ツールを用意しているものを選ぶと良いでしょう。

出荷時の設定で内蔵しているドライブ2つに同一のデータを記録しますので、仮に一方が故障してもハードディスク交換により復旧が容易です。また、USB3.0対応ですので、5Gbpsの高速伝送が可能。スピード・容量、どちらも兼ね備えた最強の外付けHDDですよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 容量:4TB
  • 本体のサイズ:8.6 x 12.7 cm
  • 本体の重さ:2.2 kg
  • 対応OS:Windows10S,10,RT,8.1/8,7/Vista/XP,Server2016/2012R2/2012/2008R2/Server2008/Server2003R2/2003、Mac 10.10〜10.11
  • インターフェース:USB3.0
  • ミラーリング:◯ (RAID 1)

おすすめの外付けHDD12. BUFFALO リンクステーション for SOHO ネットワークHDD(NAS) 据え置きタイプ

BUFFALO リンクステーション for SOHO RAID...

外付けHDDを購入する時に、シンプルデザインのモデルが良い方は、ぜひこの機種を検討してください。バックアップ向けのHDDとして、おしゃれで上品なデザインで、衝撃にも強く壊れにくいのが特徴的。ミラーリングモードを工場出荷時に設定されており、データを2重に保存したい方、業務で外付けHDDを使う方にはぴったりです。

また、WebAccessというスマホ、タブレットからのアクセス可能なツールも提供されているため、外でもデータを参照したい方に向いていますね。スマホのみで、簡単にNASの設定ができる点も多くの人から支持されていますよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 容量:2TB
  • 本体のサイズ:8.7 x 12.8 cm
  • 本体の重さ:2.38 kg
  • 対応OS:対応OS(Windows):Windows 10/RT 8.1/RT/8.1/8/7/Vista/XP
    対応OS(Windows Server):2012/2012 R2/2008/2008 R2
    対応OS(Mac):Mac OS X 10.11/10.10/10.9/10.8/10.7/10.6
  • インターフェース:USB2.0/1.1
  • ミラーリング:◯ (RAID 1)

おすすめの外付けHDD13. TerraMaster D2-310 USB3.1 HDDケース 据え置きタイプ

TerraMaster D2-310 USB3.1 HDDケー...

こちらの人気モデルはユーザーの用途に応じて、最大で24TBまでハードディスクを自由に搭載できるケース。バックアップ用には既存の製品では足りない、デザイン的にもこだわりたいという方におすすめのモデルで、とても人気があります。大きなファンを搭載していますので、気になる放熱性能も抜群で長期使用でも安心のモデル。

気になる転送速度は、1Gを2-3秒で転送してしまうなど、動画のサーバー用途にも活用できる性能を誇ります。上位には5bay、3RAIDモデルもありますので、より大容量の外付けHDDが欲しい方におすすめ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 容量:組み込むHDDの容量による(最大24TB)
  • 本体のサイズ:11.9 x 13.3 cm
  • 本体の重さ:1.3 kg
  • 対応OS:Windows OS、Mac OS
  • インターフェース:USB 3.1
  • ミラーリング:◯ or ✕

おすすめの外付けHDD14.WDBFBE0080JBK-JESN 据え置きタイプ

WD HDD 外付けハードディスク 8TB My Book D...

おしゃれな外付けHDDをお探しなら、シンプルデザインのこのモデルがおすすめ。Windowsとmacにも対応しており、保証期間は3年、発熱と衝撃にも耐性があるハードディスクを採用し、壊れにくいモデルとなっています。時期による価格変動の多い外付けHDDですが、発売当初よりかなり値段を下げてきているため、今が買いのコスパ◎モデルと言えます。

デザイン、容量、軽さなどが評価されている人気モデルですので、品薄にならないうちに入手しましょうね。上位モデルを選べば、最大で20TBの容量がありますので、ご予算の都合がつく方はあわせて検討してみてください。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 容量:8TB
  • 本体のサイズ:10 x 18 cm
  • 本体の重さ:2.35 kg
  • 対応OS:Windows 10, 8.1, 8, 7(Mac OS Xで使用の場合はドライブ再フォーマットが必要)
  • インターフェース:3.1
  • ミラーリング:◯ (RAID 1)

外付けHDDのおすすめメーカーを3社ご紹介します!

おすすめモデルの紹介だけでは、まだ「どれを買えばよいか分からない。」、「どんなメーカーを選べばよいのだろう…。」という方に向け、外付けHDDのおすすめメーカーをご紹介します。

メーカーの特徴や価格帯、おすすめのユーザー層などに触れていきますので、購入の参考にしてくださいね。


おすすめメーカー1. BUFFALO (バッファロー)

BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク PC/家電...

外付けHDDを選ぶ時に重視したいのは、サポートの充実です。『BUFFALO (バッファロー)』では、データ復旧サービスをメーカーが正規に提供しているだけでなく、製品の特徴によってカテゴリ分けしているので、選びやすい印象がありますね。

TV向け、データ保存向けなど、目的別に探せるサイト構成はさすが国内メーカーといった印象。テレビやパソコンごとに対応モデルを検索できる機能もありますので、ぜひ活用しましょう。

販売サイトで購入


おすすめメーカー2. I-O DATA(アイ・オー・データ機器)

I-O DATA HDD 外付けハードディスク 4TB PC/...

『I-O DATA(アイ・オー・データ機器)』では、外付けHDDをUSB3.0対応モデル、セキュリティーモデル、RAID機能対応モデル、カートリッジモデルの4つにカテゴリ分けしています。

初めての方でも嬉しい『インフォメーションデスク』では、携帯電話からでもフリーコール可能で、平日のみですが専門の係員によるアドバイスを受けられる点も嬉しいですね。高価格の業務モデルなどもラインナップしており、信頼できるメーカーの一つです。

販売サイトで購入


おすすめメーカー3. Transcend(トランセンドジャパン)

Seagate ポータブルハードディスク PC向け (1TB ...

コンピューター用メモリの印象が強いかもしれませんが、実は外付けHDDでも人気の『Transcend(トランセンドジャパン)』。特に動画保存をする方が多く、有名なYouTuberも愛用しているメーカーになります。Transcendで最もおすすめなのは、1万円程度で買える外付けHDD、予算が許せばより高速な外付けSSDのもおすすめです。

販売サイトで購入


合わせて確認したい外付けHDDの寿命を延ばす方法を解説!

外付けHDDはデータを保存できるからこそ長く使いたいところ。その寿命は1万時間(約3〜4年)と言われています。しかしせっかく大量のデータのバックアップを取っていても、壊れてしまっては大切なデータも時間も失います。

ここからは外付けHDDの寿命を延ばすコツをご紹介します。壊れてからでは遅いので、ぜひ確認してみてくださいね。


外付けHDDの寿命を延ばす方法1. HDDの熱を冷ます

外付けHDDは電源の入れっぱなしやデータの読み書きで熱を帯びます。機械製品なので発熱には弱い製品となります。そのため使用しない時は電源をOFFにする、冷却器などで冷やすなどの対策を取りましょう。また日が当たりにくい場所に置くのもおすすめです。


外付けHDDの寿命を延ばす方法2. 振動や衝撃を与えないようにする

外付けHDDは構成する内部のパーツが衝撃や振動で壊れる可能性があります。そのため足場が不安定な場所に置くのはNGです。平らでなるべく低い位置に置きましょう。

またポータブルタイプであれば持ち運びの際の故障も考慮しなければなりません。ポータブル外付けHDDの保護ケースがありますので、合わせて購入しておくと便利です。


外付けHDDの寿命を延ばす方法3. 電源のON・OFFを頻繁に行わない

実は電源のON・OFFには外付けHDDのパワーを使います。要するに頻繁に電源を付けたり切ったりしてしまうと、それだけで外付けHDDを酷使していると言えるのです。

一度電源をONにしてデータ転送後OFFにした場合は、しばらくそのままにしておくのがベスト。何度も電源のON・OFFを繰り返さないためにも、データ保存はなるべく一気に行いましょう。


外付けHDDを使って、大切なデータを保存しよう!

外付けのおすすめ機種

おすすめの外付けHDDをご紹介しましたが、あなたに合ったモデルは見つかったでしょうか。まずは予算を決めて、その中で譲れない条件(耐久性、国内サポート、お持ちのPCやテレビへの対応)をクリアしたモデルを購入すると良いでしょう。祝日も電話対応しているメーカーもありますので、平日お忙しい方はそのようなモデルを選ぶと、安心して導入できますね。あまり難しく考えずに選びたいという方には、デザイン重視でピンと来たモデルにしてしまう選び方もおすすめ。

【参考記事】大した容量でないならUSBメモリのおすすめも選んでみて▽

【参考記事】2018年でおすすめのノートパソコンを厳選しました▽

【参考記事】テレビのおすすめ機種をご紹介しました

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事