初心者でも美味しく飲める。ブランデーのおすすめ銘柄&正しい選び方を徹底解説

アルコール度数が高く、深い味わいが楽しめるブランデー。今回は、コスパ良好の銘柄からプレゼントにも最適な高級ブランデーまで、おすすめ15品をご紹介します。自分に合ったブランデー選びのポイントや美味しい飲み方も詳しく解説するため、自分に適したブランデーを見つけて素敵な晩酌タイムを過ごして下さい。

大人の嗜みにはブランデーは必要不可欠。

ブランデーのおすすめ商品

様々なフルーツの甘い香りや風味を深く楽しめるブランデー。そんな大人が嗜むお酒の代表格ともいえるブランデーだからこそ、本当に良い銘柄を楽しみたいところ。そこで今回は、スーパーやコンビニでコスパ良く安い値段で買える定番ブランデーから、手元に置いておきたい高価な銘柄まで、おすすめのブランデーを詳しくご紹介していきます。

また、上手な選び方や自宅でも取り組める美味しい飲み方もレクチャーするので、初心者の方でも安心して、自分に最適なブランデーを探してみてください!


そもそも「ブランデー」とは?

そもそもブランデーとは?

ブランデーとは、果実を原料(主に白ブドウやりんご、洋梨、さくらんぼ等)とした蒸留酒を指します。細かい話だと使用する果実の種類や作り方に応じて呼び名は変わったりしますが(コニャックやカルヴァドスなど)、基本は果実で作った蒸留酒と捉えて問題はないでしょう。

また、最近ではケーキやチョコ、お菓子作りに使う製菓用のブランデーもスーパーやコンビニで市販されていたりします。果実の甘い香りや味わいを思う存分楽しめるので、フルーティーな味を好む方には、ブランデーはおすすめのお酒と言えるでしょう。


混合されやすい「ウイスキー」の違い

ブランデーと混合されやすいお酒といえば「ウイスキー」が挙げられます。同じ蒸留酒など一見似ているように思える両者ですが、実は明確な違いがあります。その違いとは“原料”。ブドウなどの果実を用いるブランデーに対し、ウイスキーは大麦やトウモロコシなどの穀物を原料としています。

どちらのお酒にもそれぞれの良さがあるため、お酒の好きの方はお近くのバー(bar)などで飲み比べてみるのもおすすめですよ。

【参考記事】ウイスキー入門編にふさわしいおすすめ銘柄を厳選しました▽


ブランデーのタイプは主に2種類ある。

ブランデーは大きく2種類に分けられる

ブランデーには、大きく分けて【グレープブランデー・フルーツブランデー】の2種類に分けられます。グレープブランデーは、文字通りブドウを使って作られたブランデーで、一般的なブランデーはほとんどがブドウブランデーに属します。グレープブランデーの名産地は、フランスのコニャックやアルマニャックなど。

一方、フルーツブランデーとは、ぶどう以外のものを使って作られたブランデーのことを指します。果実酒好きにとって、ブランデーは好きなフルーツを楽しめるのも1つの魅力です。


グレープブランデーのメリット&デメリットとは

お酒にハマってしまうと、いろんな銘柄を飲んでみたいと思いますよね。そこで、ここからはグレープブランデーにはどのようなメリット、デメリットがあるのか紹介していきます。


グレープブランデーのメリット

グレープブランデーの良さは何よりその奥深さ。細かく定められたランクからは、それぞれ熟成年数が定められており、特徴の違った産地のお酒を楽しめます。極めるのに時間のかかるお酒ですが、だからこそ、その興味をそそられる方も多い。1つ1つ全く顔の違うグレープブランデーは、飲みたい欲を掻き立てられるブランデーです。


グレープブランデーのデメリット

グレープブランデーのデメリットは、知識を付けなければ、詳しい情報が読み取りにくいという点。グレープブランデーの専門的な知識を身に着けるのには時間がかかりますし、中にはプロでも分からないほど繊細かつ高級なグレープブランデーもあります。手に届かない金額は、購入時の達成感を与えてくれるとともに、手を出しにくいというデメリットにも繋がるでしょう。


フルーツブランデーのメリット&デメリットとは

グレープブランデーとは違い、フルーツブランデーには、どのようなメリット、デメリットがあるのか解説していきます。グレープブランデーにはない魅力を、この機会に確認してみてください。


フルーツブランデーのメリット

フルーツブランデーのメリットは、様々なフルーツ味を楽しめるということ。まず最初は、好きなフルーツを楽しんでみるも良いでしょう。幅広い種類のフルーツが使われているため、味を変えて楽しんでみてください。また、フルーツブランデーは、ケーキ作りなど違う用途でも手軽に使える万能性を持ちます。気になった方は、この機会にぜひ見てみてください!


フルーツブランデーのデメリット

フルーツブランデーのデメリットは、種類が豊富な分、自分の口に合わない銘柄も多いということ。グレープブランデーと違い、原料本来に違いがあるため、クセの強いお酒も多くなっています。選べる良さと引き換えに、自分にぴったりな1つを見つけにくいのもフルーツブランデー選びでは、楽しみの1つと言えるでしょう。


ブランデー選びで重視したい大切なこと

ブランデーの種類

ブランデーの種類を解説したところで、ここからはブランデー選びに欠かせないポイントをご紹介します。ブランデー選びは、

  • 1. ブランデーの種類で選ぶ
  • 2. 生産地にも目を通す
  • 3. 熟成期間の長さも確認する
  • 4. ランクで選ぶ
  • 5. 購入前には予算を決めておく

の5点を確認しておくこと必須であり、最も大切です。しっかりと理解できるよう、ここから詳しく解説するため、ぜひ見ていってください。


1.ブランデーの種類で選ぶ

ブランデー選びで大切なポイントは、グレープブランデーとフルーツブランデーの種類選び。どちらのブランデーにもそれぞれ良し悪しがあるため、自分はどちらのブランデーが飲みたいかクリアにしておくと一気にどのブランデーを買うべきが候補を絞れます。したがって、ブランデーを購入する際は事前にどちらの種類が良いかしっかりと考えておくようにしましょう。


2. 生産地にも目を通す

ブランデーを楽しみたい方は、産地にもこだわってみるのも1つの有効的な選び方といえます。ブランデーには産地によって土壌が異なるため、味や甘い香り、品質まで大きく違いが生まれます。そんなブランデーの主な名産地といえば、フランスや南アフリカ、中南米やオーストラリアなどが挙げられます。

そのため、初心者の方は慣れるまで様々な産地のブランデーを飲み比べながら、こだわりの産地を探してみるのもおすすめですよ。


3. 熟成期間の長さも確認する

ブランデーやウイスキーは、熟成年数が長くなるほど、芳醇で柔らかなお酒に仕上がります。高いお酒を毎日楽しむのは少しお金がかかりますが、本当に良いブランデーを味わってみたい方は、奮発して熟成年数の高い高級銘柄を手に入れてみるのもいいでしょう。好きなお酒が見つかったら、その熟成年数を元に、別のブランデーを探してみるのもGOODですね。


4. ランクで選ぶ

ブランデーを選ぶ際に、注目してほしいポイントの1つがブランデーのランクです。ブランデーのランクには、スリースター、VO、VSO、VSOP、ナポレオンなど様々あり、基本的に熟成年数で決まるとされています。

ランクの高いお酒ほど、美味しく濃厚なブランデーになります。予算を元にブランデーを選ぶ際には、ランクに注目しながら、選んでいきましょう。


5. 購入前には予算を決めておく

ブランデーを購入する際は、あらかじめ予算を決めておくとスムーズに自分の理想とする1本が探しやすくなります。なぜなら、コンビニやスーパーで買える安いお酒から、何十万とする高級銘柄まで、ブランデーの価格帯は幅広いからです

慣れないうちは安いので飲み比べをしたいところですが、人によって予算は異なるため、まずは捻出できる予算を決め、その範囲内で購入できる銘柄を探すようにしましょう。


本当に良いブランデーはどれ?初心者にも飲みやすい美味しいおすすめブランデーを厳選

ブランデーのおすすめ銘柄

種類・選び方を紹介したところで、ここから、安い値段で買えるコスパの良いブランデーから高級銘柄まで、おすすめのブランデーを15選ご紹介していきます。各ランクの異なるブランデーの中から、自分にあったお気に入りの1本を探してみてください。


おすすめブランデー1. サントリーブランデーV.O

サントリーブランデー V.O 640ml

マスカット原酒を使用したフルーティーな香りが楽しめるブランデー『サントリーブランデーV.O』。ブランデーの中でも知名度は非常に高く、最近ではスーパーなどでも市販されています(※稀にコンビニでも買える)。

とにかく約1,000円と安い価格帯で購入できるコスパの良さと、640mlと手頃なサイズ感が魅力的なポイント。アルコール度数は37%と、ブランデーではやや低めに設定されており、初心者の方でも美味しく頂けます。また、ケーキやチョコなどお菓子作りの風味付けにも最適なので、はじめてブランデーを買う方へおすすめしたい1本です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 産地:日本
  • 種類(フルーツ):マスカット原酒
  • 内容量:640ml
  • アルコール度数:37%
  • ランク:V.O

おすすめブランデー2. ヘネシーV.S

ヘネシー V.S 箱入り 700ml

世界中で愛され、人々を魅了する有名なコニャックブランデー『ヘネシーV.S』。値段は少し高めな高級銘柄ですが、良質で美味しいブランデーを飲みたい方はぜひ手にとって欲しいところ。

芳醇なスパイスとフルーツの甘い芳香、口に含むとそんな力強くも柔らかな味わいが楽しめますよ。世界中のお酒好きから、高評価を獲得しているためブランデーを飲み始めるなら一度は口にしておきたい人気銘柄と言えるでしょう。また、『ヘネシー』は異なるランクのブランデーも数多く取り揃えているので、気になるものを他の銘柄もぜひチェックしてみてください。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 産地:フランス
  • 種類(フルーツ):ぶどう
  • 内容量:700ml
  • アルコール度数:40%
  • 熟成期間:15年
  • ランク:V.S

おすすめブランデー3. レミーマルタンVSOP

レミーマルタン VSOP 700ml [正規品]

有名なコニャックの良質な味が楽しめるブランデー『レミーマルタンVSOP』。コニャック地方の有名な土壌、グランドとプティットの2つの土壌を組み合わせた上質なブランデーです。沈殿したブドウかすをあえてろ過せずに、2回蒸留させることで、1つしかない独特な味わいに。値の張るブランデーになりますが、初心者の方はぜひチェックしておきたいコスパ抜群の人気銘柄です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 産地:フランス
  • 種類(フルーツ):コニャック
  • 内容量:700ml
  • アルコール度数:40度
  • ランク:VSOP

おすすめブランデー4. ニッカドンピエールV.S.O

ニッカ ドンピエール V.S.O 640ml

コニャックの原酒を使用しながら作られた、手軽に楽しめるブランデー『ニッカドンピエールV.S.O』。1本の内容量が640mlと飲みやすい量となっているため、誰でも手軽に楽しめるのが魅力的なポイントです。安い価格で手に入るブランデーでありながら、味も申し分なし。毎日晩餐したい方におすすめのコスパ最強ブランデーです。

アルコール度数は37%と落ち着いた数値なため、お酒に弱い方でも楽しめるでしょう。ブランデー好きはもちろん、あまりブランデーを飲まない方も、一度は飲んでおいて損ありませんよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 産地:日本
  • 内容量:640ml
  • アルコール度数:37%
  • ランク:V.S.O

おすすめブランデー5. 十勝ブランデージェンティールVSOP

十勝ブランデー ジェンティールVSOP 700ml

50年以上もの歴史がある、十勝ワイン工場で作られた人気ブランデー『十勝ブランデージェンティールVSOP』。国産ぶどうを原料として、10年以上樽で熟成させた後に製作指定いるため、繊細かつマイルドな味わいに。

北海道で作られた国産ブランデーですので、海外のブランデーしか飲んだことのない方は、この機会にぜひ飲んでみてください。ブランデー好きへのプレゼントとしてもおすすめな一品です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 産地:日本
  • 種類(フルーツ):ブドウ
  • 内容量:700ml
  • アルコール度数:40%
  • ランク:VSOP

おすすめブランデー6. カミュVSOPエレガンス

カミュ VSOPエレガンス 700ml

柔らかく広がるフローラルな味わいを楽しめる人気ブランデー、『カミュVSOPエレガンス』。製造元であるカミュ社独自の製法で作られているため、他にはない味わいと香りを実現しています。『VSOPエレガンス』よりも高価な、『XOエレガンス』は、もうランク上の世界を感じられるでしょう。

ブランデーとしての価値も非常に高いお酒なため、お酒コレクターの方も見ておいて損ありませんよ。大切な思い出作りのプレゼントとしてもおすすめな一品です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 産地:フランス
  • 種類(フルーツ):コニャック
  • 内容量:700ml
  • アルコール度数:40%
  • ランク:VSOP

おすすめブランデー7. デカイパーアプリコットブランデー

デカイパー アプリコットブランデー 700ml

甘酸っぱく熟成されたアプリコットの香味が楽しめるフルーツリキュール、『デカイパーアプリコットブランデー』。アルコール度数は、ブランデーとしては低めの24%。40前後が標準的なブランデーでは、圧倒的に飲みやすい銘柄だと言えます。

アプリコットの他にも、ピーチやカシスなど種類が豊富なため、いろんなフルーツフレーバーを楽しめますよ。比較的リーズナブルな価格で購入できるため、この機会にぜひ飲み比べてみてください。友人へのプレゼントにもちょうどいいのではないでしょうか?

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 産地:オランダ
  • 種類(フルーツ):フルーツリキュール
  • 内容量:700ml
  • アルコール度数:24%

おすすめブランデー8. レミーマルタンXO

レミーマルタン XO 700ml

XOランクの高級ブランデー、『レミーマルタンXO』。コニャック地方を感じさせる力強い芳香とエレガントな味わいを楽しめるブランデーになります。グランド・シャンパーニュとプティット・シャンパーニュ産の2つの土壌のぶどうが使用されており、お酒の苦手な方でも手軽に楽しめますよ。

値段は高めですが、コニャックの究極ブランデーとして親しまれていることから、様々なブランデーを楽しみたい方におすすめ。平均的な熟成年数が10年から37年と多大な時間をかけた原酒がブレンドされています。特別な1本を求めている方はチェックしてみてください。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 産地:フランス
  • 種類(フルーツ):ぶどう(フランス産)
  • 内容量:700ml
  • アルコール度数:40%
  • 熟成期間:24年
  • ランク:XO

おすすめブランデー9. マリーブリザールチェリー・ブランデー

マリーブリザール チェリー・ブランデー 700ml

チェリーの華やかな色、味、香りをすべて楽しめる人気ブランデー、『マリーブリザールチェリー・ブランデー』 。チェリー・ブランデーの他に、メロン、ピーチ、マンゴーなど、様々な種類のブランデーを楽しめます。

リーズナブルな価格でアルコール度数も24%と低めに設定されていることから、幅広い層から支持されていますよ。個人的な意見としては、チェリーとオレンジが非常に飲みやすかった印象です。友人へのプレゼントにもいいかもしれませんね。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 産地:フランス
  • 種類(フルーツ):ニュートラルスピリッツ、チェリーなど
  • 内容量:700ml
  • アルコール度数:24%

おすすめブランデー10. クルボアジェXO

クルボアジェ XO 700ml [並行輸入品]

ブランデーの中でも有名な五大コニャックの1つ、『クルボアジェ』。XOランクの高級なブランデーで、見る人が見ればすぐに分かる圧倒的なオーラを放ちます。ナポレオン1世、1869年にはナポレオン3世に愛飲されていたという歴史も。

高級感を感じさせるボトルは、置いておくだけでも品を感じさせます。少し値段は張りますが、良いブランデーを1つ手元に置いておきたい方におすすめです。最初はストレートで、ゆっくりと口の中で転がしながら味を楽しみましょう。5大コニャックの実力をこの機会に見てみてください。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 産地:フランス
  • 内容量:700ml
  • アルコール度数:40%
  • ランク:XO

おすすめブランデー11. イル・ド・レ ファインアイランド

イル・ド・レ ファインアイランド 700ml

大西洋に浮かぶ小さな島イル・ド・レで作られた人気ブランデー、『イル・ド・レ ファインアイランド』。塩見の濃さを楽しめるブランデーとなっており、飲み方次第で様々な味わいを堪能できます。手に入れた方は、ストレートやオン・ザ・ロックなど工夫を凝らしながら楽しんでみてください。

『クリフサイドセラー』や『ダブルマチュアード』など、別ボトルもあるため、気に入られた方は他のボトルもチェックしてみてください。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 産地:フランス
  • 種類(フルーツ):コニャック
  • 内容量:700ml
  • アルコール度数:40%

おすすめブランデー12. ニッカブランデーX・Oデラックス白

ニッカブランデーX・Oデラックス 白 660ml

熟成したりんごブランデー原酒を使用したお酒、『ニッカブランデーX・Oデラックス白』。りんごが作り出す柔らかくも強い風味が口いっぱいに広がります。飲み方は、クラッシュアイスを豊満に含まれたミストスタイルもGOOD。

ニッカブランデーは、『X・Oデラックス白』の他にも様々なボトルを出しているため、試していきながら自分に最適なブランデーを選んでみてもいいかも。値段は少し高めですが、高級なフルーツブランデーを試してみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 産地:日本
  • 種類(フルーツ):厳選した長期熟成りんごブランデー原酒をふんだんに使用
  • 内容量:660ml
  • アルコール度数:40%
  • ランク:X- O

おすすめブランデー13. フラパンVSOP

フラパン VSOP 700ML 1本

最高格付けのグランド・シャンパーニュを100%使用して作られた人気ブランデー、『フラパンVSOP』は、VSOPランクの高級ブランデーになります。16世紀から続く自家ぶどう畑で産出された高品質なぶどうのみを使用。

値段は安いとは言い難いですが、その分豊かで深みのある味わいを堪能できますよ。インテリアにもなるエレガントなボトルデザインも魅力的なブランデーです。品質の高いグランドシャンパーニュのブランデーを、ぜひご堪能ください。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 産地:フランス
  • 種類(フルーツ):コニャック
  • 内容量:700ml
  • アルコール度数:40度
  • ランク:VSOP

おすすめブランデー14. サントリーブランデーシャボーナポレオン

サントリー ブランデー シャボー ナポレオン 700ml

フランスからの圧倒的輸出量を誇るアルマニャックとして有名なシャボーの『サントリーブランデーシャボーナポレオン』。6~20年熟成させた原酒をフレンドしており、フルーティでクリーンな甘い味わいが思う存分楽しめます。

最初の飲み方は、ストレートまたはオン・ザ・ロックがおすすめ。2回目以降にジンジャーエールやトニックで割ると一層風味を感じられますよ。値段は決して安いとは言えませんが、奮発していいブランデーを購入したい方はぜひ検討して欲しい人気の美味しい1本となっています。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 産地:フランス
  • 種類(フルーツ):アルマニャック
  • 内容量:700ml
  • アルコール度数:40%

おすすめブランデー15. シュペヒトキルシュヴァッサーオードヴィー

シュペヒト キルシュヴァッサー オードヴィー 40度 700m...

チェリーの甘い香りが楽しめるフルーツブランデー、『シュペヒトキルシュヴァッサーオードヴィー』。原料由来の原料由来の快い香りが楽しめます。アルコール度数は、フルーツブランデーでは高めの40%。強めのアルコールだからこそ、フレーバーの良さをぐっと引き立ててくれますよ。

値段が少し高めですが、自分へのご褒美に購入してみるのもいいですね。インテリア性の高い可愛いらしいボトルデザインになっているため、お酒好きの女性へのプレゼントとしても優秀なブランデーです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 産地:ドイツ
  • 種類(フルーツ):フルーツブランデー
  • 内容量:700ml
  • アルコール度数:40%

お家でも簡単に試せるブランデーの美味しい飲み方

自宅でもできるブランデーの美味しい飲み方

おすすめのブランデーをご覧になったあとは、自宅でも簡単に取り組めるブランデーの美味しい飲み方をご紹介します。定番のストレートから絶品カクテルまで、初心者でも美味しく飲める割り方もあるので、ぜひチェックして実際に試してみてください。


ブランデーの飲み方1. ストレート

ブランデーの王道の飲み方といえば、やはり「ストレート」。ブランデー本来の果実の香りや甘い味わいを存分に楽しめるため、どんな銘柄も基本はストレートで1度は味わっておきたいところです。

作り方はブランデーグラス(無ければ他のグラスでも可)に、40ml〜60mlのブランデーを注ぐだけ。ストレートで頂く場合は、適温で飲むのが美味しく飲むコツです。フルーティーな甘い香りや味が鼻を抜けていくので、まず最初の飲み方はストレートで楽しんでみてください。


ブランデーの飲み方2. オンザロック

ブランデーはロックでも美味しく頂けます。ストレートに比べると味や香りは薄まってしまいますが、ひんやりと爽やかな口当たりでブランデーが味わえます。

作り方は冷えたロックグラスに大きめの氷を入れ、適量のブランデーをゆっくりと注ぐだけ。暑い夏場でもすっきり飲めるため、初心者の方や女性にも飲みやすいおすすめの飲み方と言えます。


ブランデーの飲み方3. 水割り

「ストレートやロックでは少しアルコールが強すぎる」という方は、水割りで飲んでみるのがおすすめです。割り方はグラスでブランデー1:お水1の割合で割るだけ。風味や香りが薄まってしまうため、氷を入れるかは好みに合わせて選ぶのが良いでしょう。

ブランデーに限らず定番の割り方ではありますが、非常に飲みやすいので、お酒が強くない方や初心者の方はぜひ試して欲しい飲み方と言えます

【参考記事】ブランデー以外にも使えるおすすめのミネラルウォーターを厳選しました▽


ブランデーの飲み方4. ソーダ割り(炭酸割り)

スッキリとした口当たりを好む方は、ブランデーのソーダ割り(炭酸割り)がおすすめの飲み方です。また、ソーダだけでなく、少し苦味の効いたトニックウォーターで割っても美味しく頂けます。

梅酒やウイスキーと同様にソーダとの相性も良いため、気分に合わせてブランデーを炭酸で割って飲んでみるのもおすすめですよ。

【参考記事】安いのに美味しい人気の炭酸水をチョイスしました▽


ブランデーの飲み方5. ニコラシカ

ブランデーベースのカクテルを飲みたい方は、初心者でも簡単に作れて非常に簡単で飲みやすい「ニコラシカ」から試してみるのがおすすめ。カクテルグラスにブランデーを30ml程注ぎ、スライスしたレモンを乗せ、さらに白糖(もしくはグラニュー糖)をレモンの上に盛り付けるだけ。

barなどお店でも出される人気メニューなので、日頃からお酒を嗜むのが好きな方は美味しいおつまみと一緒に粋な飲み方にチャレンジしてみてください。


ブランデーを楽しめる大人に。毎日の晩餐は最高の一杯を!

ブランデーのおすすめ銘柄

今回はリーズナブルな値段で買える銘柄から高級ブランデーまで、幅広い15選のブランデーをご紹介しました。ブランデーは様々なフルーツから作られたお酒を楽しめるのが魅力です。ランクや産地などに注目しながら選んでいくと、楽しみが広がっていきますよ。これを機にブランデーをとことん楽しんでみてはいかがでしょうか?また、女性へのプレゼントにもおすすめですので、彼女が好きなフルーツのブランデーを買ってみるのもいいかもしれませんね。

【参考記事】ウイスキーのおすすめ銘柄とは?正しい選び方を徹底解説します▽

【参考記事】高級ウイスキーのおすすめを厳選。プレゼントにも最適な1本をご紹介します▽

【参考記事】ジンのおすすめ銘柄をご紹介します▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事