ストレッチフィルムのおすすめ13選|選び方のポイントも解説!

おすすめのストレッチフィルムをお探しの方へ。本記事では、ストレッチフィルムの選び方&比較方法、人気商品まで大公開!

そもそもストレッチフィルムとは|梱包用ラップの使い方

ストレッチフィルムとは

ストレッチフィルムとは、ポリエチレン樹脂などから作られた梱包用フィルムのことです。主に、段ボールなどの大きいものや廃棄物を梱包したり、水濡れ・汚れを防止したりする目的で使用されます。

静電気でフィルム同士がくっついて梱包できるため、テープで接着する必要が無く巻き付けるだけでスピーディーに梱包作業ができるのが大きなメリットです。


ストレッチフィルムの選び方|購入する前に確認すべき点とは

ストレッチフィルムの選び方

最近では家庭向けのストレッチフィルムも各メーカーから発売されるようになりましたが、たくさんの種類があり、どれを選べばいいのかわからないことも多いでしょう。

そこで次にストレッチフィルムの選び方を解説していきます。選び方のポイントを押さえて、自分の用途に合うものを選びましょう。


ストレッチフィルムの選び方1. 15ミクロンをベースに目的に合わせて調整する

ストレッチフィルムの厚さは強度と比例します。厚すぎると扱いにくく、薄すぎても途中で破けてしまう可能性があるため、荷物や用途に合わせて選ぶことが大切です。

現在、各メーカーが販売しているストレッチフィルムの厚みは、15ミクロンがスタンダード。

中には、強度を高めるために25ミクロンと分厚く作られたものもあります。

  • 少量の段ボールや廃棄物など、家庭で日常用に使う程度ならコスパの良い15ミクロン
  • 引っ越しなどで角ばった家具を包む時には比較的厚い20ミクロン以上

を選ぶのが良いでしょう。


ストレッチフィルムの選び方2. 幅は5cm・10cm・30cm・50cmから目的に合わせる

ストレッチフィルムの幅も商品によって様々なため、「幅広過ぎて小さいものを巻きにくい」といったことがないよう、メインの用途で使いやすい幅を選ぶようにしましょう

幅は、5cm・10cm・30cm・50cmの4種類が一般的になっています。

  • 5~10cm:段ボール・新聞・雑誌・ゴミの梱包など
  • 30~50cm:家具・家電・大量の段ボールなど、大きなものの梱包に

家庭に常備しておくなら多用途で使いやすい10cm幅以下のもの、引っ越しシーンなどでは、30cm以上の幅広サイズが活躍します。


ストレッチフィルムの選び方3. 使いやすさで選ぶ

ストレッチフィルムは従来、倉庫業務などで使用されてきたアイテムなので、それをそのまま家庭で使おうとすると大きかったり重たかったりして使いづらく感じてしまう場合も。

近年は、家庭でストレッチフィルムを使う人も増えてきたため、より手軽に使えるような機能がプラスされた商品も登場しています。

  • 手でカットできるタイプ
  • フィルムホルダー付き

ごみ捨てなどで日常的に使う場合は使いやすさが重要となるため、手で切れるタイプが便利。

ホルダー付きのものは、最初に買っておけば後は交換用フィルムを買い足せばいいため、長期的に見るとコスパが良く、コストが安い商品を選びたい時にぴったりでしょう。


ストレッチフィルムの選び方4. カラフルな色つきフィルムも

ストレッチフィルムの選び方はカラフルな色つきフィルムも

ストレッチフィルムは無色透明のものが主流となっているため、引っ越しの際など、荷物の中が見られたくない場合は気になってしまうこともあります。

ブラックやブルー、レッドなどの色付きフィルムも一部販売されているため、目隠ししたい時には重宝するでしょう

特にブラックはしっかり巻き付ければ中が見えにくいため、目隠しに適しています。

また色分けして使うことも可能なので、荷物のタイプごとに目印をつけておきたい場合には、数種類色を揃えも使いやすいです。


ストレッチフィルムのおすすめ13選

ストレッチフィルムのおすすめ

ストレッチフィルムの種類と選び方を押さえたところで、次に気になる人気商品を見ていきましょう。

今回は、様々なメーカーのおすすめストレッチフィルムをピックアップしました。

安い価格や使いやすい機能などを比較して、商品選びに役立ててください。


1. 山善 ストレッチフィルム HW-150/HWR-150

[山善] ハンディラップ セット品 幅10cm×150m巻 ストレッチ フィルム くるット セット(本体1個+交換用ラップ3個) HW-150/HWR-150
おすすめポイント
  • ホルダーとフィルム4個セットで約1,000円のため、コスパが良い
  • フィルムが回転するホルダー付きかつ手でカットできるタイプで、初心者でも使いやすい
  • amazonの口コミでも、綺麗に巻けると高評価を得ており安心して選びやすい

山善のハンディラップセットは、家庭で使いやすいようデザインされた商品です。

ホルダー付きでラップ部分がクルクルと回転するため、わざわざラップを回す手間がかからず簡単に巻き付けられます。

巻き付け終わったら手で切ればいいので、ハサミも不要でパパっと作業できるでしょう。

幅は10cmで、段ボール・雑誌をまとめる時や発送用の荷物を梱包する時など、これ一つで日常的な幅広い梱包作業をこなせます。

ストレッチフィルムの使い勝手に不安を感じる初心者でも、総合的に使い勝手の良いこちらが安心して手に取りやすいでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 厚み:-
  • 幅:10(cm)
  • 長さ:150(m)

2. SHINSEI ストレッチフィルム ‎47131

SHINSEI ミニストレッチフィルム ホルダー付 100mmx150m巻 15μ
おすすめポイント
  • ホルダー付きフィルムで1個300円代と安いので、気軽にお試し購入できる
  • 交換用フィルムも販売されており、長期間使用する場合でもコスパが良い
  • フィルムが回転するタイプなので、取り回しがよく綺麗に巻きつけられると人気

SHINSEIのホルダー付きストレッチフィルムは、厚さ・幅ともにスタンダードなタイプの商品です。

粘着力があり、キッチン用ラップと同じ感覚で引っ張りながら巻いていくだけで、段ボール箱などを誰でも簡単に固定できます。

またホルダーをつかんで引っ張るとフィルム芯が回転するので、素早く巻けて時間の短縮にもつながるでしょう。

どれくらい使うかわからないけどとりあえず1度試してみたいという時は、気軽に購入しやすいこちらの製品をチェックしてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 厚み:15(μ)
  • 幅:10(cm)
  • 長さ:150(m)

3. TRUSCOストレッチフィルム SF15-300

TRUSCO(トラスコ) ストレッチフィルム 15μ 300WX500m SF15-300
おすすめポイント
  • 幅30cmかつ分厚過ぎない15ミクロンで、荷物発送や大きいものを包む時にちょうど使いやすい
  • 約1,300円で長さが500mあり、比較的安いのでガンガン使える
  • 燃やしても塩素ガスが発生せず、環境にも優しいのがメリット

ストレッチフィルムの人気メーカー『トラスコ』の商品。

原料にはポリエチレンを使用しており、燃やしてもダイオキシンが発生しないので環境面にも配慮できるのが嬉しいポイントです。

15ミクロンと汎用性の高い厚みなので、タイヤや衣装ケースなどを包むだけでなくキーボードカバーにもできるなど、アイディア次第で幅広く利用できますよ。

また30cmと幅広いサイズで長さも500mあるため、大きめの荷物などを包む時に残りを気にせずたっぷり使えるでしょう。

荷物の発送を頻繁にする方は、ほど良い幅でかつ長さも十分あるこちらを試してみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 厚み:15(μ)
  • 幅:30(cm)
  • 長さ:500(m)

4. BOMEI PACK ハンディラップ

BOMEI PACK ハンディラップ ダンボール まとめる テープ 梱包 ラップ 交換用 ラップフィルム 透明 厚さ0.023mm、幅127mmx305m ボディ1枚+交換用梱包フィルム3枚 ストレッチフィルム セット
おすすめポイント
  • 23ミクロンと厚いため、割れ物を包んでも破れにくくて最適
  • ホルダーに300mのラップが4個セットになっており、当分買い足す手間が省けて便利
  • 気密性が高くぴったり包める上、剥がす時は簡単に緩むので使いやすい

BOMEI PACKのハンディラップは、片手で扱えるサイズの製品では珍しく長さ300mとたっぷり使えるので、買い足す頻度が抑えられるのが嬉しいポイント。

また、23ミクロンと分厚いタイプで耐久性が高いのが大きな特徴です。

段ボールはもちろん、お皿やカップなどの食器類を梱包してもラップが破れにくくて安心感があるでしょう。

それでいて手で剥がす時にはパッと緩みやすいため、荷物を解くときにもスムーズなのが便利です。

片手で使えるサイズの商品で、かつできるだけ破れにくい厚さのものが欲しいという場合は、こちらが最適でしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 厚み:23(μ)
  • 幅:12.7(cm)
  • 長さ:305(m)

5. 東京パイプ ハンディーラップ

東京パイプ ハンディーラップ(ストレッチ フィルム) 本体 70m ストッパー付き 新聞・雑誌や小物など (本体) ホワイト
おすすめポイント
  • ホルダーにストッパーが付いており、片手でサッと切り取りやすいのが便利
  • ホルダーの持ち手がやや短く、握った時に余ったハンドル部分の長さが邪魔になりにくく取り回しが良い
  • 他メーカーの一般的な長さより短めなので、そんなにたくさん必要ないという場合にぴったり

Amazonで上位に入っている、人気のハンディーラップです。

ストッパーが付いているのが特徴で、荷物を包み終わったらストッパーを押さえてブレーキをかけると簡単に切り取れるのが便利だと口コミでも好評。

ホルダーの持ち手は他メーカーの商品より比較的短めで、手の小さい人でも扱いやすいでしょう。

長さは70mと多すぎないのでちょっとだけ使って持て余してしまう、といったことも心配も少ないです。

ストレッチフィルムの使用頻度が低いご家庭や1人暮らしの方なら、使い切りやすい長さのこちらをぜひおすすめします。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 厚み:-
  • 幅:-
  • 長さ:70(m)

6. JOBOND PACKING ハンディラップ

JOBOND PACKING ハンディラップ ストレッチフィルムスペア 幅127mm×長100m (赤い)
おすすめポイント
  • 落ち着いた赤色のストレッチフィルムで、目隠し・目印用に最適
  • 通常の家庭向けサイズよりやや長めで、幅広いサイズの物を包めるのが便利
  • ストッパーが付いていて、スムーズに切り取れる

赤い色が付いたカラータイプのハンディラップで、深みのある落ち着いた色味なので荷物を包んだ時に中が見えにくく、目隠しとして利用しやすいでしょう。

ストッパー付きのホルダーなので、片手で簡単に切り取りやすいです。

また幅は12.7cmと家庭用で多い10cmよりもやや幅広に設計されており、書籍・段ボール・機器・ワイヤーを梱包する他植物の接ぎ木にも使えるなど、家庭内の様々な用途に使いやすいサイズになっています。

汎用性の高い家庭向けサイズでかつ目隠し・目印になるカラータイプをお探しの方には、ぜひお試しいただきたい商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 厚み:-
  • 幅:12.7(cm)
  • 長さ:100(m)

7. ファイン くるくるラップフィルム FIN-643

ファイン 結束 ゴミ 出し くるくるラップフィルム くるくる巻くだけ ブルー約直径7×高さ20cm FIN-643
おすすめポイント
  • 幅が狭いストレッチフィルムで、小物類を包みたい時にぴったり
  • 色付きなので目印になり、小さいものでも後からパッと見つけられるのが便利
  • コンパクトなフィルムながら、ホルダー付きなので手早く作業できて使いやすい

ファインのくるくるラップフィルムは、幅が狭いタイプの商品で食器類から瓶・ペットボトル・傘・蛍光灯・新聞といった、小さめのものをまとめたい時にぴったりです。

青い色付きなので細々としたものでもパッと目につきやすく、目印になりますよ。他にも、引っ越し時には食器棚などの仮止めなどに活躍するでしょう。

また、ホルダー付きのため小さいものをいくつも続けて梱包したい時にも、サクサク作業できます。

小物類から段ボールサイズまでを中心に使う方や、扱いやすいコンパクトなものが欲しい方にはこちらの製品がぴったりです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 厚み:-
  • 幅:-
  • 長さ:100(m)

8. Sam Wrap (R) ストレッチラップ

Sam Wrap (R) ストレッチラップ 5インチ x 1000フィート ロール 80ゲージ 極厚 耐久性 自己粘着プラスチックラップ 引っ越し用 パッキングラップ 工業用強度 クリアプラスチックパレットシュリンク (2ロール)
おすすめポイント
  • 耐久性の高い極厚フィルムで、傷つけたくない家具などの梱包におすすめ
  • ホルダー付きで、短時間で梱包作業が済ませられるとamazonの口コミでも好評
  • 光沢があって滑りやすい素材なので、荷物にほこりや汚れが付くのを防げるのが嬉しい

こちらのストレッチフィルムは、工業用の仕様で作られたハイグレードの商品です。

同メーカーでも最高品質を誇り、極厚のフィルムがぴったりくっついて荷物を保護してくれるのがメリット。

ホルダーが付いているため、1人で引っ越しの荷造りをする時でも作業がサクサク進みますよ。

引っ越しシーンで家具を包むときはもちろんのこと、デリケートな荷物の発送、角ばったものの保管、旅行時の荷物の保護といった目的で利用したい時ぴったりでしょう。

家具などの大切なものをしっかり保護できる丈夫さを重視して選びたい時には、こちらのストレッチフィルムを手に取ってみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 厚み:80(ゲージ)
  • 幅:5(インチ)
  • 長さ:1,000(フィート)

9. 山善 ストレッチフィルム

[山善] ストレッチフィルム 500mm×300m巻 15μ(15ミクロン)
おすすめポイント
  • 上部な質感なので、引っ越し荷物などを包むのにおすすめ
  • 品質がよく比較的コスパもいいため、口コミでの満足度が高く品質に信用性がある
  • キャンプなどのアウトドアシーンや荷物の保管など、幅広い場面で使えて便利

山善が発売している幅50cmのストレッチフィルムは、15ミクロンとスタンダードな厚さながらも十分な強度があり、引っ越し荷物を包んだり荷崩れを防止したりするのに最適な商品です。

他にも、キャンプ時にテントの周りをぐるりと囲んで風よけにするなど、アウトドアシーンでも使いやすいでしょう。

300m巻きで約2,000円の価格設定になっており、「コスパ十分、安いのでじゃんじゃん使える」と口コミでも評判です。

フィルムの丈夫さと手軽に購入できる安い価格を兼ね備えた製品を探したい時には、試してみる価値ありですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 厚み:15(μ)
  • 幅:50(cm)
  • 長さ:300(m)

10. TRUSCO ストレッチフィルム SF18-500

TRUSCO(トラスコ) ストレッチフィルム 厚みμ18×幅300mm×長さ500m SF18-300
おすすめポイント
  • 比較的厚みのある18ミクロンタイプで、タイヤや引っ越し荷物など大きいものをしっかり保護できておすすめ
  • 500mで1,000円代と比較的コスパが良いと人気
  • 量がたっぷりあるので、頻繁に使う人でも買い替える手間が抑えられるのが嬉しい

こちらの商品はスタンダードな15ミクロンより、やや厚めに作られた18ミクロンタイプです

厚めで幅広なので、段ボールや木材・雑誌をまとめたりタイヤなど大きめのものを保管したりする時に使えば、破れる心配も少なく荷物をしっかり保護してくれます。

また長さが500mもあるので、フリマアプリの商品発送で頻繁に使う場合や畑作業で畝まわりに設置する場合でも十分使えるでしょう。

業務用としてたくさん使う方や、タイヤなどの大きいものをたくさん包む時は、ぜひこちらの商品をチェックしてみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 厚み:18(μ)
  • 幅:50(cm)
  • 長さ:300(m)

11. ツカサ カラーストレッチ(黒)CSF20BLA

ツカサ カラーストレッチ(黒)20×500×300 CSF20BLA
おすすめポイント
  • やや厚みがありタイヤやクリスマスツリーなどの大きいものもしっかりと梱包できる
  • 黒色なので、ひと巻きで目隠しができるのが便利
  • 厚いタイプながらも300mで2,000円以下とコスパが良いのが人気ポイント

50cmの幅広かつ黒いカラータイプのストレッチフィルムです。

20ミクロンと厚みがあり、タイヤを保管する時や発送する荷物の梱包をする時も破れる心配が比較的少なくて安心でしょう。

他にも「クリスマスツリーをコンパクトに巻いて収納できた」というamazonの口コミがあり、かさばりやすい大きなものを収納するのにも活躍しそうですね。

黒色なので目隠しがしやすく、「ひと巻きしただけで中身が見えなくなった」との口コミも寄せられており、使う量が少なくて済むのも嬉しいポイント。

大きな荷物の梱包で目隠しもしたいという時には、幅広で黒いカラータイプのこちらがベストチョイスでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 厚み:20(μ)
  • 幅:50(cm)
  • 長さ:300(m)

12. KAMIOLSHOP ハンディラップ

おすすめポイント
  • 汎用性の高いタイプでコスパも良いので、家庭の常備用におすすめ
  • ホルダーとラップ4個のセットなので、日常使いなら長持ちして頻繁に買い替える手間がかからない
  • ラップ部分が回転する種類でかつ手で切れるので、時間がない時も手早く作業できるのが嬉しい

おしゃれな特殊紙などを扱う人気メーカー『KAMIOLSHOP』のストレッチフィルムです。

厚み、幅ともに家庭向けとしてはスタンダードかつ手で切れるタイプなので、溜まった新聞紙をまとめる他引っ越しの荷造り、物の整理、荷物の梱包など日常のあらゆる場面で手軽に活用できます。

家庭に1セット常備しておけば何かと重宝するでしょう

フィルム付き本体と交換3個で約1,100円と、コスパも良好なのが嬉しいポイントです。

幅広いシーンに対応できる商品でコスパも良いものを選びたいというあなたは、ぜひこちらを検討してみましょう。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 厚み:15(μ)
  • 幅:10(cm)
  • 長さ:150(m)

13. TRUSCO ストレッチフィルム TSF-25-50

TRUSCO(トラスコ) ストレッチフィルム 厚みμ25×幅50mm×長さ300m TSF-25-50
おすすめポイント
  • 幅が狭いタイプで厚みがあるので、小物や雑誌をしっかり梱包できるのがメリット
  • コンパクトな種類ため片手でも扱いやすくて、デイリーユースにぴったり
  • スペースを取らず、収納場所を取り過ぎないのが嬉しい

こちらの人気ストレッチフィルムは、5cm幅とコンパクトな種類ながらも25ミクロンの厚さがあるので、小物や雑誌類をしっかりとまとめられて安心感があります。

片手でも比較的扱いやすい大きさなので、家庭で日常使いするのに使いやすいですよ。

持ち運んでも荷物になりにくいため、キャンプなどのアウトドアシーンに持って行って食器類や細かいものを包むために使っても便利でしょう。

家に保管しておくときも場所を取らないため、収納スペースが限られている家庭や一人暮らしの方で小さめのものを包むことが多い場合にはぴったりでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 厚み:25(μ)
  • 幅:5(cm)
  • 長さ:300(m)

使い勝手の良いストレッチフィルムを見つけて、梱包を楽にしましょう!

ストレッチフィルムは、新聞をまとめるなどの日常使いから引っ越し・発送する荷物の梱包まで幅広いシーンで活用できる便利なアイテムです。

様々な幅やサイズ、カラーの商品が展開されているため、自分の用途に合わせて選ぶことで使いやすい商品が見つけられるでしょう。

今回ご紹介した選び方やおすすめ商品も参考にしながら、ぜひあなたも日々の梱包にストレッチフィルムを活用してください。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事