充電式乾電池のおすすめ特集|繰り返し使えるコスパ抜群な乾電池を紹介!

おすすめの充電式乾電池をお探しの方へ。今記事では、充電池の魅力や選ぶポイントから、おすすめの商品まで詳しくご紹介します。充電することで何回も繰り返し使えるエコでコスパの良い商品を解説するので、気になる方は、ぜひ参考にしてみてください!

充電式の乾電池はコスパが高い!

充電池のおすすめ

充電式乾電池は、充電すれば繰り返し使えるエコでコスパの良い乾電池

1本あたりの金額が高いことや充電器も合わせて購入する必要があるなど、初期費用は高くなりますが、長く使えば使うほどお得になります。

また、普通の乾電池は使い切るたびに捨てる必要があり、分別も面倒。充電式乾電池なら捨てる回数を減らせますし、リサイクルも可能なので、環境に優しいメリットも。


充電式乾電池の選び方|購入する前に確認すべき点とは

充電式乾電池をよく確認せずに買ってしまうと、使い道に合っていなくて使いづらいなどと、不満が出る可能性があります。

快適に使うためにも、そもそも充電式乾電池にはどのような種類があり、何回くらい充電できるのかなど、知っておくべきポイントはたくさん。

そこで、ここからは充電式乾電池の選び方を紹介します。

選び方を踏まえた上で、使い道に合った商品を見つけてください。


充電式乾電池の選び方1. 用途に合わせて電池の種類を選ぶ

充電式乾電池には、

  • ニッケル水素電池
  • リチウムイオン電池

の2種類があります。

以下にてそれぞれの特徴を詳しくご紹介するので、種類の違いを理解し、用途に合わせて最適な充電式乾電池をお選びください。


家庭用機器に使うなら、コスパ抜群の「ニッケル水素電池」がおすすめ

ニッケル水素電池は、現在主流となっている充電式乾電池です。

リチウムイオン電池よりもコストが抑えられるのがメリット。

容量や出力など性能面はリチウムイオン電池より劣りますが、テレビのリモコンや目覚まし時計といった大容量や大出力を必要としない大部分の使い道なら、ニッケル水素電池で対応できます。

家庭用機器で使うなら、コスパの良くて気軽に購入できるニッケル水素電池がおすすめです。


高出力の機器に使うなら「リチウムイオン電池」がおすすめ

リチウムイオン電池は、大容量・高出力が特徴の充電式乾電池。性能が高い分、価格が高いため、普段使いには向いていません。

ですが、ラジコンやストロボのような高出力が必要な機器でも快適に動かせるのがメリット。また、大容量なので、デジカメのような常時電力が必要な機器にも向いています。

用途に容量や出力が必要なら、リチウムイオン電池が最適です。


充電式乾電池の選び方2. 使いたい機器に合わせて容量を決めよう!

充電式乾電池にはそれぞれ最小容量が記載されており、最小容量が大きいものほど長持ちで、充電の頻度も少なくなります。

とは言え、最小容量が大きいものほど価格が高くなるので、使う目的に合わせて、充電池の容量を選ぶのがおすすめです。

例えば、リモコンや目覚まし時計などの消費電力の少ないものには単3電池で1500mAh程度、単4電池で700mAh程度。

ラジコンやシェーバーなどの消費電力が大きいものには単3電池で2000mAh以上、単4電池で1200mAh以上のものを目安に選ぶといいでしょう。


Panasonicの充電式電池は、表示をチェックしよう!

Panasonicの充電式乾電池は容量の大きい順に、

  • ハイエンドモデル
  • スタンダードモデル
  • お手軽モデル

と分類されています。

ハイエンドモデルは高出力が必要な機器で使う人、スタンダードモデルは幅広い機器で使用したい人、お手軽モデルは消費電力の少ない機器で使う人など、必要な容量に注目して選ぶようにしましょう。


充電式乾電池の選び方3. 長く使えるよう、充電可能回数が多いものを選ぼう

充電式乾電池は繰り返し使えるのが特徴ですが、それぞれの商品で充電回数は決まっています。

容量が大きくなるほど充電可能回数が低くなる傾向にありますが、同じ容量のものなら充電可能回数が多いものがおすすめです。

例えば単三電池なら1,000mAh前後は3,000~4,000回、2,000mAh前後なら1,800~2,000回、2,000mAh以上なら300~500回が一般的。同じ容量で迷った場合は、充電回数に注目してみてください。


充電式乾電池の選び方4. 有名メーカーの製品が安心!

充電式乾電池は激安品も多く販売されていますが、激安品は液漏れによる使用製品の故障や、繰り返し充電した際の劣化など、品質が心配ですよね。

  • Panasonicのエボルタ・エネループ
  • 東芝のIMPULSE

など、国内有名メーカーの製品であれば激安品よりも高品質

液漏れ防止設計や自然放電への対応などを行っているので、どんな製品にも安心して使えます。どの商品を購入するか迷った場合はメーカーで選ぶのも一つの選び方です。


充電式乾電池のおすすめ10選|コスパ抜群の人気充電池を大公開

充電池の選び方を把握したら、実際におすすめしたい人気の充電式乾電池をご紹介します。

充電池の種類や容量などの仕様を比較し、人気商品をピックアップしているので、自分にぴったりの商品を見つけてください。


充電式乾電池のおすすめ1. パナソニック エネループ

【Amazon.co.jp限定】パナソニック エネループ スタンダードモデル [最小容量1900mAh/繰り返し2100回] 日本製 単3形充電池 4本パック BK-3MCC/4SA
おすすめポイント
  • 繰り返し約2,100回使えるので、充電池をよく使う方におすすめ
  • 自然放電の抑制で1年後90%の残存容量を維持。5年後でもすぐに使えるので、防災用としもぴったり
  • 低温特性にすぐれているので、スキー場のような寒い場所でも性能を発揮できる

ワイヤレスマウスや子供のおもちゃなど、毎日使うものなら、充電可能回数が多いものが便利ですよね。

エネループ『BK-3MCC/4SA』は、繰り返し2,100回充電できる人気の乾電池です。毎日使うものなど、よく充電が必要になる機器への使用に最適。繰り返し使えるので経済的で環境にも優しいです。

また低温特性にも優れているので、スキー場や冬場のアウトドアでも性能を発揮できます。

普段使いする機器へ使う乾電池をお探しなら、この商品がおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 種類:ニッケル水素電池
  • 容量:1,900 (mAh)
  • 充電可能回数:2,100 (回)
  • メーカー:パナソニック(Panasonic)
  • 製造国:日本

充電式乾電池のおすすめ2. Powerowl 充電式ニッケル水素電池

Powerowl単4単3形充電式ニッケル水素電池16個パック PSE安全認証 自然放電抑制 環境保護(1000mAh+2800mAh、约1200回循環使用可能
おすすめポイント
  • 単三電池と単四電池の16本パックなので、まとめ買いしたい人におすすめ
  • 爆発防止および液漏れ防止技術の二重保護なので製品を安全に使える
  • 自然放電が低く、使用しなくても最大3年間充電の80%が維持される

「長期間使える充電池がほしいけど、安全性が心配。」などと不安な人もいるでしょう。

Powerowlの充電池は、爆発防止と液漏れ防止技術で二重に保護。温度制御バルブ装置も備えており、内部の圧力が安定させられるので、機器を安全に使用できます。

また単三形電池を8本、単四電池を8本の16本パックなので、家の乾電池をまとめて充電できるのもGOOD。

愛用している機器に安心して充電池を使いたい方におすすめの商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 種類:ニッケル水素電池
  • 容量:2,800(単三)、1000(単四) (mAh)
  • 充電可能回数:1,200 (回)
  • メーカー:POWEROWL
  • 製造国:ー

充電式乾電池のおすすめ3. 充電式リチウムイオン電池

検温器電池ICR10440 充電式リチウムイオン電池 3.7V 単4形 350mAh リチウムコバルトバッテリー (10本)
おすすめポイント
  • リチウムイオン電池なので、カメラや懐中電灯などへ使用できる
  • 10本入りで1,600円台と価格がお手頃なので、価格重視の方におすすめ
  • 10本パックなので、単四形のリチウムイオン電池をまとめ買いしたい人におすすめ

「ラジコンに充電池を使いたいけど、普通の充電池だとパワーが足りない。」と感じることはありませんか?

PKCellのこの商品は、高出力のリチウムイオン電池。ラジコンや懐中電灯のようなパワーが必要な製品でも快適に動かせます。電池には安全弁がついてるため、長時間の動作も安全です。

また、10本入で1,600円台と価格が安いので、買いやすいのも魅力的。

パワフルな充電池をお探しの方は、ぜひご検討ください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 種類:リチウムイオン電池
  • 容量:350 (mAh)
  • 充電可能回数:500 (回)
  • メーカー:PKCell
  • 製造国:ー

充電式乾電池のおすすめ4. パナソニック 充電式エボルタ

パナソニック 充電式エボルタ 単4形 4本パック(スタンダードモデル BK-4MLE/4BC
おすすめポイント
  • 容量780mAhのスタンダードタイプで、充電池をよく使う方におすすめ
  • 持ち運びや保管に便利な電池ケース付きなので、電池を紛失しにくい
  • 低温特性にすぐれているので、スキー場のような寒い場所でも使える

冬場はバッテリーがすぐに放電してしまうため、気づいた時には電池の残量がなくなってしまいますよね。

充電式エボルタ『BK-4MLE/4BC』は、低温特性にすぐれた充電池。マイナス20度の寒い場所でも性能を発揮できるので、冬場のアウトドアやスキー場でもバッテリーが長持ちします

また電池ケースが付属しているので、保管や持ち運びにも便利。

冬キャンプでランタンを使ったりなど、乾電池を使用した機器を扱う方は、ぜひ用意しておきましょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 種類:ニッケル水素電池
  • 容量:780 (mAh)
  • 充電可能回数:ー (回)
  • メーカー:パナソニック(Panasonic)
  • 製造国:中国

充電式乾電池のおすすめ5. パナソニック エネループ 単3形充電池 4本パック 大容量モデル BK-3HCD/4SA

【Amazon.co.jp限定】パナソニック エネループ 大容量モデル [最小容量2500mAh/繰り返し500回] 日本製 単3形充電池 4本パック eneloop pro BK-3HCD/4SA
おすすめポイント
  • 2500mAhと大容量なので、長時間機器を使いたい方におすすめ
  • 自然放電が少なく、充電すれば1年後でもすぐに使える
  • 低温特性にすぐれており、マイナス20度の寒い場所でも性能を発揮できる

「カメラで使いたいから、なるべく長時間使用できるものがほしい。」という人もいるでしょう。

エネループプロ『BK-3HCD/4SA』は、2,500mAhと大容量を誇るハイエンドモデルの充電池。500回ほど繰り返し使えるため、コスパもGOOD。

カメラのような大容量が必要な機器を使用する人や、1回の充電で長時間機器を使いたい人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 種類:ニッケル水素電池
  • 容量:2,500 (mAh)
  • 充電可能回数:500 (回)
  • メーカー:パナソニック(Panasonic)
  • 製造国:日本

充電式乾電池のおすすめ6. パナソニック 充電式エボルタ単3形4本パック BK-3LLB/4B

パナソニック 充電式エボルタ単3形4本パック(お手軽モデル)
おすすめポイント
  • お手軽モデルのなので、リモコンのような消費電力の少ない機器に最適
  • 容量1,000mAhで繰り返し使用回数が4,000回と長期間使用できる
  • 低温特性にすぐれているので、スキー場のような寒い場所でも性能を発揮できる

「リモコンに使うから、そこまで大容量・高出力の充電池は必要ない」という人もいるのでは。

充電式エボルタ『‎BK-3LLB/4B』は、800円と安い充電池です。容量は1,000mAnと少なめですが、繰り返し使用回数が4,000回と長期間使用できるのも特徴。

リモコンや電卓のような消費電力が少ない電子機器で乾電池を使う方であれば、こちらで十分です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 種類:ニッケル水素電池
  • 容量:1,000 (mAh)
  • 充電可能回数:4,000 (回)
  • メーカー:パナソニック(Panasonic)
  • 製造国:中国

充電式乾電池のおすすめ7. TOSHIBA ニッケル水素電池 充電式IMPULSE 高容量タイプ 単3形 TNH-3A 4P

TOSHIBA ニッケル水素電池 充電式IMPULSE 高容量タイプ 単3形充電池(min.2,400mAh) 4本 TNH-3A 4P
おすすめポイント
  • メモリー効果を気にせず、つぎ足し充電ができる
  • 容量が2,400mAhと大容量なので、長時間使用する機器に最適
  • フル充電しておけば1年放置しても容量約85%を維持するので、すぐ使える

バッテリーを使い切らずにつぎ足し充電をしていると、充電池の劣化が心配になることも。

東芝の充電式IMPULSE『TNH-3A』は、つぎ足し充電可能な人気の充電池。充電を繰り返した残量付近で電池電圧が低下する「メモリー効果」を気にせず使用できます。

また容量が2,400mAnと大容量なので、カメラのような容量が必要な機器でも、長時間使用できますよ。

電池残量が残っていても、フル充電にしておきたい時にぴったり。ぜひ活用してみて。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 種類:ニッケル水素電池
  • 容量:2,400 (mAh)
  • 充電可能回数:500 (回)
  • メーカー:東芝(TOSHIBA)
  • 製造国:ー

充電式乾電池のおすすめ8. BONAI 単4形充電式電池 ‎AAA1100

BONAI 単4形 充電式電池 ニッケル水素電池 8個パックCEマーキング取得 UL認証済み 自然放電抑制 液漏れ防止設計 環境友好タイプ(高容量1100mAh 約1200回使用可能)
おすすめポイント
  • 零下20度の温度でも正常に使用できるので、冬場のアウトドアにもぴったり
  • 8本パックで約1,000円と価格がお手頃なので、まとめ買いしたい人におすすめ
  • 低自己放電機能により、フル充電後3年間使用しなくても80%を保持する

「家の電子機器のバッテリーを全部充電池に交換したいからお手頃な充電池がほしい」という人もいるはず。

BONAIの単四形充電池は8本パックで約1,000円と価格が安い充電池。1本あたり110円前後で購入できるので、まとめ買いに最適です。

また低自己放電機能も搭載しているので、フル充電後に3年間使用しなくても、残量80%を保持。3年間放置してもすぐに使えるので、防災用にもぴったり。

まとめ買いしやすいお得な充電池をお探しの方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 種類:ニッケル水素電池
  • 容量:1,100 (mAh)
  • 充電可能回数:1,200 (回)
  • メーカー:BONAI
  • 製造国:ー

充電式乾電池のおすすめ9. パナソニック エネループ単3形充電池 急速充電器セット BK-3HCD/4SA + BQ-CC73AM-K

【Amazon.co.jp限定】パナソニック エネループ 単3形充電池 4本パック スタンダードモデル BK-3MCC/4SA + 充電器 BQ-CC71AM-K セット
おすすめポイント
  • 充電器とのセットなので、初めて充電池を購入する方におすすめ
  • 充電器が電池の状態に合わせて最適な充電方法を判定し、効率よく充電する
  • スタンダードモデルなので、懐中電灯やおもちゃなど幅広い機器に対応できる

初めて充電池を買うなら、充電器とセットになったものだとありがたいですよね。

エネループ『BK-3MCC/4SA + BQ-CC71AM-K』は、単三形充電池と充電器のセット。充電器を別に買う必要がありません。

充電器は電池の状態に合わせて最適な充電方法を判定し、効率よく充電。充電池はスタンダードモデルなので、リモコンやおもちゃ、デジカメといった幅広い電子機器に対応できますよ。

まだ充電池も充電器も持っていない方はぜひご検討ください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 種類:ニッケル水素電池
  • 容量:2,500 (mAh)
  • 充電可能回数:500 (回)
  • メーカー:パナソニック(Panasonic)
  • 製造国:日本

充電式乾電池のおすすめ10. Amazonベーシック 単四形充電池8個セット ‎HR-4UTG-AMZN (8P)

Amazonベーシック 充電池 充電式ニッケル水素電池 単4形8個セット (最小容量800mAh、約1000回使用可能)
おすすめポイント
  • 自己放電が緩やかなので、約24ヶ月間容量を維持できる
  • 充電済みで届くので、商品到着後すぐに使用できる
  • 8本セットで1,000円前後とお手頃価格で、コスパ重視の方におすすめ

Amazonべーシックの『HR-4UTG-AMZN』は、充電済みの状態で届く充電池

商品到着後すぐに使用できるので、通常の乾電池と同じように使い始められます。また、自己放電が緩やか。約24ヶ月間容量を維持できるので、防災用の買い置きにもぴったり。

商品到着後からすぐに使える充電池をお探しの方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 種類:ニッケル水素電池
  • 容量:800 (mAh)
  • 充電可能回数:1,000 (回)
  • メーカー:Amazonべーシック
  • 製造国:ー

なるべく買い替えをしたくないなら、充電式乾電池を活用しよう!

充電式乾電池は繰り返し使うことでお財布にも環境にも優しいアイテム。

商品ごとに種類や仕様が異なるので、どれを選べばいいのか迷ってしまう人も多いのでは。

この記事で紹介した選び方なら、最適な充電式乾電池を選べます。ぜひ自分にぴったりな充電式乾電池を選んで便利に活用してください。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事