耳掛けヘッドホンのおすすめ9選|没入感が高まる高音質な人気商品を大公開

おすすめの耳掛けヘッドホンをお探しの方へ。今記事では、耳掛けヘッドホンの特徴や選び方から、おすすめのアイテムまで詳しくご紹介します。長時間音楽を聴いても耳が痛くなりにくい人気のオーディオ機器も解説するので、気にある商品があれば、ぜひチェックしてみてください!

そもそも「耳掛けヘッドホン」とは?

耳掛けヘッドホンのおすすめ

耳栓のように耳穴に入れて固定するカナル式イヤホンと違い、イヤーフックを耳にかけることで固定するタイプのヘッドホンが耳掛けヘッドホン。耳穴に装着しないことにより、圧迫感がなく耳穴が痛くならないので、長時間使用しても問題ありません。イヤーフックでしっかり固定されるので、運動中の使用にも適しています。

また、イヤホンよりもスピーカーが大きいため、重低音が強く出て広がりのある音を感じられるのも特徴です。


耳掛けヘッドホンの選び方|購入する前に確認すべき点とは

耳掛けヘッドホンも、色んな種類のものが販売されているので、自分に合ったものを探すのって結構大変ですよね。

そこで、耳掛けヘッドホンを選ぶ際に注目すべきポイントを紹介していきます。

それぞれの特徴を知り、自分に合った耳掛けヘッドホンを探しましょう。


耳掛けヘッドホンの選び方1. ヘッドホンの形状で選ぶ

ヘッドホンは大まかに分けると「密閉型」と「開放型」の2つのタイプの形状に分かれます。形状の違いによってどのように聴こえるのか変わってくるため、それぞれの特徴を理解して自分に合ったものを選びましょう。

ここからはそれぞれの形状の特徴を説明していきます。


遮音性の高い「密閉型」

密閉型はカナル式イヤホンのように耳にフィットするヘッドホン。遮音性が高く、外の音を遮断するので、雑音なく音楽を聴けます。また、音漏れしにくいのも特徴です。デメリットは耳への圧迫感が強く疲れやすいので、長時間の使用に向かないこと。

そのため、集中して音楽を聴きたい方や、電車等公共機関で周囲に音漏れさせずに音楽を聴きたい方におすすめです。


環境音も聞こえる「開放型」

開放型は、耳を圧迫しないタイプのヘッドホン。外部音を遮断しないので環境音に気を配りながら音楽を聴くことができます。圧迫感がなく耳が疲れにくいため、長時間使用も可能です。ただ、音漏れしやすいので、公共機関などでは、使用しないほうが良いでしょう。

長時間音楽を聴きたい方、スポーツ中、歩行中などに、周囲の音に気を配りながら音楽を聴きたい方には「開放型」がぴったりです。


耳掛けヘッドホンの選び方2. 接続方法で選ぶ

自分に最適なものを選ぶためにはケーブルの有無を確認するのも大切なポイントです。耳掛けヘッドホンには、ワイヤレスの「無線タイプ」とケーブルで接続されている「有線タイプ」の2種類のタイプがあります。

「有線タイプ」「無線タイプ」それぞれのタイプの特徴を紹介しますので、選ぶ際に参考にしましょう。


利便性をとるなら「無線タイプ」

「無線タイプ」のメリットは動きやすいところ。有線タイプのようにケーブルを不意に引っかけてヘッドホンが外れてしまうなんてことがありません。

動き回りながらでも使いやすいので、移動中や運動中に音楽を聴きたい方におすすめです。

また、「無線タイプ」は左右のイヤホンがケーブルで繋がっている「左右一体型」とそれぞれのイヤホンが独立している「分離型」の2種類があるので、好みのタイプを選びましょう。


音質にこだわるなら「有線タイプ」

「有線タイプ」は、ワイヤレスのように音を圧縮しないので、音質が良いのが特徴。電波干渉で音が途切れてしまうといったこともなく、安定性が高いのもメリット。また、価格が安いものが多いので、コスパもいいです。

音質や安定性にこだわって集中して音楽を聴きたい方、できるだけ価格を抑えたい方には「有線タイプ」のものが適しています。


耳掛けヘッドホンの選び方3. 駆動時間を確認して選ぶ

ワイヤレスタイプのものはバッテリーで駆動するため、駆動時間をきちんと確認しないと、通学、通勤途中で電池がきれてしまい、必要な時間使用できない恐れがあります。

そのためバッテリー容量や消費電を把握して、自分の使い方にあったものを選ぶようにしましょう。さらに、日々充電するので急速充電の有無や充電時間もしっかり確認すると困りません。

また、長時間使いたい場合は、有線タイプを選べば無制限に利用できますよ。


耳掛けヘッドホンの選び方4. 防水性能の有無にも目を通して選ぶ

外で使う場合は、急な雨で濡れてしまう恐れもあります。また、運動中に使う方は、夏場などは大量に汗をかきますよね。防水性能を確認しないで購入すると、水濡れで故障してしまう恐れがあります。

そのため、水に濡れる恐れが高い使い方をする方は「防水性」が高いものを選ぶと良いでしょう。

防水性能は「IPX数字」の形で記され、数字が大きいほど防水性が高いです。外で使う方、運動中に使う方は防水性能がIPX5以上のものを選ぶことをおすすめします。


耳掛けヘッドホンの選び方5. リモコンやマイクの有無を確認して選ぶ

リモコン付きのヘッドホンなら手元のリモコンだけで、音量調整や再生、停止などの操作が可能。操作の度にカバンからいちいち音楽プレーヤーやスマートフォンを取り出す煩わしさから解放されますよ。

また、マイク付きのものは、通話にも使えます。スマートフォンを持たずにハンズフリーで通話できるから、会話に専念できるでしょう。

リモコンやマイクが付いているものを使うと快適になるので、予算が許すようなら積極的に選んでみましょう。


耳掛けヘッドホンのおすすめ9選|高音質で聴ける人気商品を解説

ここからは厳選したおすすめの耳掛けヘッドホン9選を紹介させて頂きます。

音漏れしにくいものや、音質が良いもの、価格が安いもの等、様々な角度からを選びました。こちらを参考に、最適な耳掛けヘッドホンを探してみて下さい。


耳掛けヘッドホンのおすすめ1. LEVIN Bluetooth イヤホン4.2

おすすめポイント
  • 防汗対策が施されており、汗染みができにくく長持ちして経済的。
  • 独自の耳掛け式設計で耳にしっかり固定されるので、激しく動いても外れにくい。
  • Bluetoothバージョン4.2採用で、通信が途切れにくく安定感がある。

「運動しながらヘッドホンを使っているが、汗で汚れてしまうのが嫌だ。」お気に入りのヘッドホンにシミができてしまうのって結構ショックですよね。

こちらの商品は、汗染み防止素材を採用しているので、汗をかいても汚れにくくいのが特徴。さらに独自の耳掛け式設計のおかげで激しく動いても外れにくいので、運動中でもしっかりと音楽を聴き続けることができます。

汗をかいても汚れにくく、激しい動きにも強いため、スポーツ中に音楽を聴きたいという方におすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:開放型
  • 接続方法:無線(左右一体型)
  • 駆動時間:12(時間)
  • 防水性能:×
  • リモコンの有無:◯(※ヘッドホンがリモコンを兼ねており操作ボタンがついている。)
  • マイクの有無:◯

耳掛けヘッドホンのおすすめ2. JVCケンウッド 耳かけ式ヘッドホン HA-AL102BT

JVC HA-AL102BT ワイヤレスイヤホン 耳掛け式/Bluetooth ブルー HA-AL102BT-A
おすすめポイント
  • Bluetooth4.1規格に対応しているので、安定性が高く音声が途切れにくい。
  • 高磁力ネオジウムドライバーユニットを採用しているから、デジタル音源を高音質で楽しめる。
  • 安くて品質が高いコスパの良さから、初めてのワイヤレスヘッドホンとして人気。

「ワイヤレスヘッドホンを使いたいけど値段が高すぎる。」無線タイプは有線のものより高価なものが多いので中々手が出せないという方もいらっしゃいますよね。

こちらの商品は、コスパの良さが一番の特徴。Bluetooth接続の高品質なワイヤレスタイプで、障害物があっても通信が途切れにくっく、高音質で聴けるのに2000円台で購入できます。

価格が安いので、コスパ重視の方にぜひ使ってもらいたいワイヤレスタイプのヘッドホンです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:開放型
  • 接続方法:無線(左右一体型)
  • 駆動時間:4(時間)
  • 防水性能:×
  • リモコンの有無:◯
  • マイクの有無: ×

耳掛けヘッドホンのおすすめ3. AfterShokz Aeropex 骨伝導ワイヤレスヘッドホン

AfterShokz Aeropex 骨伝導ワイヤレスヘッドホン 防水bluetooth5.0 コズミックブラック
おすすめポイント
  • 耳を塞がない骨伝導タイプだから、環境音も聞きとれて外出先でも安全に音楽を楽しめる。
  • 音漏れ防止構造を採用しているので、周囲への音漏れをほとんど気にしないでいい。
  • IP67基準の防水防塵性能を誇り、雨に濡れても壊れない。

一般的なヘッドホンで音楽を聴きながら歩いていたら、環境音が聞こえづらく、危険な目に合いかけたという方は多いのではないでしょうか。

こちらの商品は、骨伝導タイプで、耳を塞がずに音楽を聴くことが可能。外出先で使っても、環境音がしっかり聞こえるので安全です。

音楽を聴きながら環境音にも注意を払える人気ヘッドホン。通学や通勤中にも音楽を聴き続けたいという方におすすめします。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:開放型(※骨伝導型)
  • 接続方法:無線(左右分離型)
  • 駆動時間:8時間(時間)
  • 防水性能:◯
  • リモコンの有無:ー
  • マイクの有無:◯

耳掛けヘッドホンのおすすめ4. beats by dr.dre Powerbeats

おすすめポイント
  • パワフルな重低音から高音域までを高音質で楽しめるから、ヒップホップ好きに人気。
  • 最大15時間の連続再生が可能なので、長時間音楽を楽しむことができる。
  • 調整可能なイヤーフックで耳にぴったりフィットするから、安定性があり。付け心地が快適。

「耳掛けヘッドホンってどれも重低音が弱いので物足りない。」耳掛けヘッドホンってボディが小さく音がしっかり響かかないから物足りなさを感じてしまいますよね。

こちらの商品は、重低音に定評のあるヘッドホンブランドBeatsの製品。パワフルでバランスのとれたサウンドを高音質で聴くことができます。

迫力のあるサウンドがしっかり聴けるヘッドホンだから、ロックやヒップホップ好きの方はぜひ使ってみて下さい。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:密閉型
  • 接続方法:無線(左右分離型)
  • 駆動時間:15(時間)
  • 防水性能:◯
  • リモコンの有無:◯
  • マイクの有無:◯

耳掛けヘッドホンのおすすめ5. JBL ENDURANCE PEAK2

JBL ENDURANCE PEAK2 Bluetoothスポーツ完全ワイヤレス/耳掛けタイプ/USBタイプC/IPX7防水/2021年モデル ブルー JBLENDURPEAKIIBL 【国内正規品/メーカー 付き】
おすすめポイント
  • IPX7基準の完全防水だから、大雨に降られても壊れない。
  • イヤーフックのワイヤーを折り曲げて耳にフィットさせるから、しっかり固定され耳から抜け落ちにくい。
  • イヤーフックの開閉だけで電源のオンオフが切り替えられるので、面倒な操作なし使用できる。

外で音楽を聞いてたら突然の豪雨でヘッドホンが濡れてしまい、壊れてしまったという経験がある方もいるでしょう。

こちらの商品は、IPX7基準の高い防水性能が特徴。水深1mに30分間沈めても浸水しない性能なので、大雨に降られようが壊れることはありません。

最高の防水性能を持つので、天候に縛られず音楽を聴きたいという方に気に入って頂けるでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:密閉型
  • 接続方法:無線(左右分離型)
  • 駆動時間:30時間(※イヤホンのみで6時間、ケース使用で24時間)(時間)
  • 防水性能:◯
  • リモコンの有無:◯
  • マイクの有無:◯

耳掛けヘッドホンのおすすめ6. JVCケンウッド HP-AL202-B

おすすめポイント
  • ボタンを押すとワンタッチでコードを巻き取り収納してくれるので、片付けが簡単。
  • コードの長さを調整できるので、装着しやすく快適なので長時間使用しても疲れない。
  • 高音質ドライバーユニットを採用しているので、迫力の重低音を高音質で聴ける。

有線ヘッドホンのワイヤーって鞄に入れているだけなのに、複雑に絡まってしまってほどくのがめんどくさいですよね。

こちらの商品は、コードの自動巻き取り機能がついたヘッドホン。高音質ドライバーユニットを搭載しているので、デジタルサウンドを高音質で再生できるのもポイントです。

コードを巻き取り式で収納するから絡まないので、ヘッドホンを鞄に入れて持ち歩く方にぜひ一度使ってもらいたいです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:密閉型
  • 接続方法:有線
  • 駆動時間:ー(時間)
  • 防水性能:×
  • リモコンの有無:×
  • マイクの有無:×

耳掛けヘッドホンのおすすめ7. ソニー STH40DJP 有線

ソニー イヤホン STH40DJP : インイヤー / 開放型 / デュアルリスニング / マイク付 2018年モデル ブラック STH40DJP B
おすすめポイント
  • 下掛けスタイルを用いるととメガネと干渉しないので、メガネ着用者に人気がある。
  • 耳を塞がない音導管設計を採用しているので、周囲の音を聞きながら音楽を楽しめる。
  • 付属のマイクを利用することで、ハンズフリーで通話が可能。

「メガネをかけながらヘッドホンをするとフレームが押し付けられて頭が痛い。」一般的なヘッドホンとメガネってどうしても干渉しあってしまいますよね。

こちらの商品は耳たぶに引っかけて固定できる下掛けスタイルが可能なヘッドホン。メガネと装着位置がバッティングしないので、痛みを感じずに使用することができます。

メガネと併用して付けることができるから、メガネ着用者にぜひ使って欲しいヘッドホンです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:開放型
  • 接続方法:有線
  • 駆動時間:ー(時間)
  • 防水性能:×
  • リモコンの有無:◯
  • マイクの有無:◯

耳掛けヘッドホンのおすすめ8. QCY T6 密閉型 ワイヤレスイヤホン

【スポーツ型 耳掛け式 】 QCY T6 ワイヤレスイヤホン 外音取り込み 完全ワイヤレス ブルートゥース イヤホン 耳 かけ bluetooth イヤホン 耳掛け ワイヤレス ヘッドホン 両耳 片耳 落下防止 マイク付き 通話 防水 ランニング スマホ iPhone Android 対応
おすすめポイント
  • ペアリング操作が簡単にできるので、機械が苦手な方に人気。
  • QYC独自のチューニング技術で、デジタルサウンドを立体的な高音質で楽しめる。
  • IP65基準の防水防塵性能で、汗や雨から本体を守ってくれる。

ワイヤレスヘッドホンを使う度にペアリング操作するのって、めんどくさいですよね。

こちらの商品は、ケースから出すだけで自動でペアリングをしてくれるのが特徴。初回のみ手動での接続設定が必要ですが、2回目以降はケースから取り出すだけで自動でペアリングしてくれます。また、12mm大口径のダイナミックドライバーを搭載しているので、立体的な高音質で音楽を聴くことができますよ。

ペアリング操作を繰り返し行う必要がないから、機械の操作が苦手だという方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:密閉型
  • 接続方法:無線(左右分離型)
  • 駆動時間:30(※イヤホンのみ6時間、ケース充電で24時間)(時間)
  • 防水性能:◯
  • リモコンの有無:◯
  • マイクの有無:◯

耳掛けヘッドホンのおすすめ9. Mpow Flame 密閉型 ワイヤレスイヤホン 無線

おすすめポイント
  • 遅延が少ないのでタイミングがシビアなゲームでも、音を聞き分けることができるのでゲーマーに人気。
  • 付属のマイクで会話しながらのゲームプレイが可能。
  • IP7相当の防水性能なので、汗や雨にぬれても壊れず長持ちする。

「ワイヤレスヘッドホンの遅延のせいでゲームに負けてしまった。」通信を挟むワイヤレスヘッドホンってどうしても音が遅延してしまうので、音を頼りに遊ぶFPS等のゲームでは使いづらいですよね。

こちらの商品は遅延が少ないのが特徴のワイヤレスヘッドホン。マイクがついているので、オンラインゲームを通話しながら遊べるのもメリットです。

シビアなタイミングの違いまで聞き分けられるので、ゲーマーの方に使ってもらいたいワイヤレスヘッドホンです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:密閉型
  • 接続方法:無線(左右分離型)
  • 駆動時間:7(時間)
  • 防水性能:◯
  • リモコンの有無:◯
  • マイクの有無: ◯

耳掛けヘッドホンで音楽への没入感をより味わえますよ。

ヘッドホンを利用せずに自宅だけで音楽を楽しむことも、もちろん可能です。

しかし、より良い耳掛けヘッドホンを導入することで、外出先や運動中でも高音質の音楽を聴けるようになり、今まで以上に音楽を楽しめるようになりますよ。

より充実したミュージックライフを送る為にも、ぜひ自分にあった耳掛けヘッドホンを手に入れて下さいね。

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事