エマージェンシーシート(サバイバルシート)のおすすめアイテム15選

おすすめのエマージェンシーシートをお探しの方へ。本記事では、エマージェンシーシートの選び方から人気の商品まで大公開!非常用のレスキューシートになるものはもちろん、防寒や断熱といった商品も解説してるので、気になった方はぜひチェックしてください!

そもそも「エマージェンシーシート(サバイバルシート)」とは?

エマージェンシーシート(サバイバルシート)のおすすめ

エマージェンシーシートは、フィルムなどにアルミを蒸着させて身体からの輻射熱を逃がさないことで保温する製品

サバイバルシートやレスキューシートとも呼ばれます。薄くて軽く、折りたためばかなりコンパクトになり、体温を保つ効果が大きいのが特徴。

アウトドア活動をする人、防災用にコンパクトな防寒具を用意しておきたい人などにおすすめのアイテムです。


エマージェンシーシートの選び方|購入する前に確認すべき点とは

エマージェンシーシートはいざという時に自分の命を助けてくれるかもしれない物。万一のことがないように、しっかり自分に合う物を選びたいですよね。

そこで、こちらではエマージェンシーシートの選び方をまとめました。


エマージェンシーシートの選び方1. 自分に合った「タイプ」を選ぶ

現在販売されているエマージェンシーシートはいくつかのタイプに分けられます。

タイプによってそれぞれ特徴が異なるので、自分のあった製品を選ぶにはそれを知ることが重要。

そこで、こちらではエマージェンシーシートの代表的なタイプ、

  • アルミシートタイプ
  • 厚手タイプ
  • 寝袋タイプ

の3つについて解説していきましょう。


手軽に持ち歩ける「アルミシートタイプ」の特徴

アルミシートタイプのエマージェンシーシートは、フィルムにアルミを蒸着させただけのシンプルな製品。

折りたためば手のひらに収まるほどの大きさになり、使う時は広げて体にかけるだけの使い勝手の良さが特徴。

エマージェンシーシートを手軽に持ち歩きたい人や保管場所をとるのが気になる人は、このタイプを選ぶと良いでしょう。


屋外で活躍する「厚手タイプ」の特徴

厚手タイプはクッション性と断熱性のある厚めの素材にアルミを蒸着させた物で、特に屋外で下に敷いて使うことが多い製品。

キャンプの時にテントの下に敷けば地面からの冷気をさえぎってくれます。また、災害時には床が冷たい避難所の防寒目的で使われることも。

底冷えをしっかりシャットアウトしたい人は、厚手タイプの購入を考えてみてください。


そのまま寝ることもできる「寝袋タイプ」の特徴

通常のエマージェンシーシートは体にかぶせるだけなので隙間ができてしまい、寒い場所で寝るには保温力が足りなくなることがあります。

アルミシートを袋状にした寝袋タイプは、断熱性が高く、体を暖かく包んでくれるのが特長。中に入ってそのまま寝ることもできます。また、通常の寝袋と同時に使って保温性を高めるという使い方も。

山でのキャンプや避難所で寝ることを想定している人には寝袋タイプがおすすめです。


エマージェンシーシートの選び方2. 屋外使用を想定して「耐久性があるもの」を選ぶ

エマージェンシーシートは非常時の使用のみを想定しているので、基本的に耐久性は低め。

しかし、特に屋外で使う場合はあまりに破れやすいと強風にあおられたり、枝などで引っかかったりするトラブルで使えなくなることも。

現在販売されているエマージェンシーシートの中には、耐久性が高い物もあります。

口コミで破れにくくないか確認したり、厚手の物などを選んだりすると安心です。


エマージェンシーシートの選び方3. 周囲に配慮するために、静音設計のタイプを選ぶ

災害時の非常用としてエマージェンシーシートを用意する場合、意外と見落としがちなのが静音性。避難所でシートがガシャガシャと音を立てては、「周りの人の迷惑になってしまうかも?」と心配ですよね。

エマージェンシーシートには静音設計で大きな音がしないタイプも販売されています。また、口コミをチェックすると音がうるさいかどうかの参考になるでしょう。

避難所などで周りの人への配慮も怠りたくない人は、音の小さなエマージェンシーシートを探してみてください。


エマージェンシーシートの選び方4. 持ち運ぶために「収納サイズ」を確認する

エマージェンシーシートはもしもの時のために持ち運んだり、すぐに運べる場所に収納しておいたりすることが多い物。それがかさばってしまっては、いざという時に使いづらくなってしまうかも。

エマージェンシーシートの収納サイズは製品によって大きく異なります。実際に収納する場所や防災用のバッグに入るかどうかなど、大きさをしっかり確認しておきましょう。

携帯しやすい収納サイズを選べば、非常時にすぐに持ち出して必要な場所で使えますよ。


エマージェンシーシートのおすすめ15選|断熱性がある人気シートを紹介!

ここでは、エマージェンシーシートのおすすめの製品をご紹介していきましょう。

周りの迷惑にならない静音タイプや防寒、防水性能の高いもの、手軽で普段使いしやすいものまで、人気の製品を取りそろえました。

ぜひ、これまでにご紹介したエマージェンシーシートの選び方をふまえて、自分にあった製品を探してみてくださいね。


エマージェンシーシートのおすすめ1. Eco Ride World サバイバルシート sabage_126-03

Eco Ride World アルミシート アルミブランケット サバイバルシート 静音 (5) sb_126-03
  • あまり音がしない静音設計で、人の多い避難所などでも使いやすい
  • まとめ買いすると最大で半額程度まで安くなり、家族が多い場合にかなりお得
  • 折りたためば10.5×8cmとコンパクトで、持ち運びや収納に便利

サバイバルシートを避難所で使う場合、周りの人の迷惑にならないように音が静かな物を選びたいですよね。ただでさえ大変な状況で、さらにストレスになるような事は避けたいところ。

こちらの製品は静音性を重視したサバイバルシート。あまり音がしないため、避難所で周りの迷惑にならないと人気です。また、スポーツ観戦での防寒のような普段使いでも活躍。

人の多い場所でも音を気にせずにサバイバルシートを使いたい人におすすめの製品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:アルミシート
  • サイズ:210 × 130 (cm)
  • 収納サイズ:10.5 × 8 (cm)
  • 重量:80 (g)

エマージェンシーシートのおすすめ2. 旭電機化成 スマイルキッズ 非常用 おおきな アルミシート ABO-014

スマイルキッズ 非常用 おおきな アルミシート ABO-014
  • 長さ250cmと通常のエマージェンシーシートより長く、背の高い人や複数人で使う時も安心
  • 縁取りもされた丈夫な厚手タイプなので、レジャーシートとしてアウトドアでも使える
  • オプションでポーチ付きも選べて持ち運びに便利

エマージェンシーシートはほとんどの人にとって十分な大きさとなるように設計されています。とはいえ、背が高い人や、子供と一緒にくるまって使いたい場合は体全体が覆えるか心配ですよね。

「旭電機化成」から販売されているこちらのエマージェンシーシートは、長さ250cmとかなり長めの製品。しかも厚めで縁取りがされていて比較的丈夫です。そのため、テントの下に敷くなどアウトドアでも使えると人気。

大きめのゆったりとしたエマージェンシーシートをお探しの人にぴったりの製品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:厚手タイプ
  • サイズ:120 × 250 (cm)
  • 収納サイズ:39 × 32.3 × 5.4 (cm)
  • 重量:164 (g)

エマージェンシーシートのおすすめ3. エピオス 大きめサイズ 軽量 サバイバルシート

大きめサイズ 軽量 サバイバルシート リバーシブルタイプ (防寒・保温・遮熱シート) 140×220cm 1枚セット
  • リバーシブルで裏返せば日差しよけとして熱中症対策にもおすすめ
  • 約60gと軽く、折りたためば14×8.2cmとコンパクトで持ち運びに便利
  • 1枚約330円とコスパが良く、さらにまとめ買いすると安くなってお得

災害や遭難は寒いときに起こるとは限りません。夏場では防寒よりも熱中症の方が心配ですよね。

「エピオス」の販売するこちらのサバイバルシートは、防寒はもちろん日差しよけにもなる製品

リバーシブルで銀色の面は熱を反射し、裏側の金色の面は熱を吸収するため、銀の面を内側に向けて防寒に、裏返して体に巻いたり窓に貼ると日よけとして使えて、オールシーズン活躍してくれます。

屋外での熱中症対策もしたい人には、ぜひチェックして欲しいエマージェンシーシートです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:アルミシートタイプ
  • サイズ:140 × 220 (cm)
  • 収納サイズ:14 × 8.2 × 2.4 (cm)
  • 重量:59 (g)

エマージェンシーシートのおすすめ4. SOL(ソル) アウトドア ヒートシート

SOL(ソル) ヒートシート エマージェンシーブランケット1人用 12132
  • 引き裂きに対する強度が高く、いざという時に破れにくい
  • NASAも認める体熱の90%を保持できる素材を使い、低体温症の予防効果がある
  • 山でも目立つオレンジ色で、救助隊などに発見されやすい

アウトドアでの非常用に備えるなら、エマージェンシーシートの耐久性や性能は重要なポイント。すぐに救助が来るとは限らない時に破れてしまっては大変です。

「ソル」が販売している『アウトドアヒートシート』は、引き裂き強度が強く、破れにくいのが特徴。

アメリカのNASAから反射断熱材技術の独占権を認められているA.F.M社の素材を使い、断熱性能が非常に高いのもGOOD。

登山など本格的なアウトドア活動をする人で、丈夫なエマージェンシーシートをお探しならイチオシの製品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:アルミシートタイプ
  • サイズ:142 × 213 (cm)
  • 収納サイズ:20 × 11 × 1.5 (cm)
  • 重量:82 (g)

エマージェンシーシートのおすすめ5. LANCY【オーバーサイズ】サバイバルシート

【オーバーサイズ】サバイバルシート 防寒 保温 遮熱シート 防寒シート 2way 防災アルミブランケット 軽量 エマージェンシーブランケット アウトドア 防災 地震 非常用アルミシート アウトドア 避難グッズ (160x210cm) (静音シルバー, 1枚)
  • 低密度ポリエチレンを採用し静音性があり、音を気にせず普段使いしやすい
  • 重さわずか50gと薄く軽い素材で、たためば10×13×2cmとコンパクトになり持ち運びが楽
  • 保温性が高く、非常時の体温維持はもちろん、ペットや植物の保温など幅広い用途で使える

サバイバルシートは災害などに使う他に、ちょっとした保温や保冷、防水などにも便利なアイテム。非常用以外でも使い勝手の良いものが欲しい人もいるでしょう。

こちらの「LANCY」のサバイバルシートは低密度ポリエチレンで薄くて軽く、静音性もありいろいろな用途で使いやすい製品。

防災用品として使う以外にも、植物やペットの食品の輸送での保温、保冷、窓の断熱などにも重さや音を気にせずに使えます。

防災以外にも、いろいろな物の保温にサバイバルシートを使いたい人に最適の製品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:アルミシートタイプ
  • サイズ:160 × 210 (cm)
  • 収納サイズ:10 × 13 × 2 (cm)
  • 重量:50 (g)

エマージェンシーシートのおすすめ6. simPLEISURE サバイバルシート qa010001

【simPLEISURE(シンプレジャー)】サバイバルシート (防寒・保温・遮熱シート)160 × 210cm ゴールド/シルバー 3個セット qa010001f03n099
  • 縦210cm、幅は130,140,160cmのバリエーションがあり、ぴったりのサイズを選びやすい
  • バリエーションでリバーシブルタイプを選べば熱中症対策にもなる
  • まとめ買い可能で、多めに買うと1個あたりの価格がかなり下がりお得

サバイバルシートは使う人の体の大きさや用途によって必要なサイズが違います。使う時に隙間ができたり体を覆いきれないなどで保温効果が落ちないよう、なるべくぴったりのサイズを買いたいですよね。

「シンプレジャー」のサバイバルシートなら、サイズに3種類のバリエーションがあるので、好きな大きさを選べます。さらに、リバーシブルかどうかも選択可能で、日差しを防ぐ場合はリバーシブルに、屋内でしか使わないならコスト重視で片面のみ、といった購入の仕方も可能。

自分好みでサバイバルシートのサイズを選びたい人は、ぜひチェックしてみて。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:アルミシートタイプ
  • サイズ:130,140,160 × 210 (cm)
  • 収納サイズ:12 × 7 × 3.2 (cm)
  • 重量:59 (g)

エマージェンシーシートのおすすめ7. SOL(ソル) ヒートシート 12428

SOL(ソル) ヒートシート 2パーソンエマージェンシーウ゛ィウ゛ィ 12428
  • 幅152cmの二人用のため、体を寄せて暖め合い低体温症対策ができる
  • しなやかでたたみやすく耐久性があり、登山での遭難のようなシビアな状況でも使いやすい
  • 大きく丈夫なので、テントの下に敷くなどの用途にも便利

緊急時に低体温症になってしまった人がいたら、他の人が体を寄せて暖めるのが効率的。でも、普通のエマージェンシーシートでは2人で使うと大きさが足りないことも。

「ソル」の『ヒートシート12428』なら幅152cm、長さ213cmとゆったりとした大きさの二人用

十分な大きさがあるので、テントで敷いて使うのにもGOOD。

複数人で登山などをすることがある人にぴったりの製品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:寝袋タイプ
  • サイズ:152 × 213 (cm)
  • 収納サイズ:径6.5 × 13 (cm)
  • 重量:138 (g)

エマージェンシーシートのおすすめ8. CANIKA エマージェンシー ブランケット 寝袋 セット

エマージェンシー ブランケット 1人用 ヒートシート サバイバル 寝袋 セット 地震 防災 保温 防寒 シート 封筒型1枚+布状1枚 車中泊 避難用 CANIKA
  • レスキューシートと緊急寝袋を両方使うことで、より寒さを防ぎやすい
  • シートはリバーシブルで金色の面を外に向ければ日差しよけになり、熱中症対策になる
  • 目立つオレンジ色にカラーリングされ、救助隊が見つけやすい

シート型のレスキューシートは手軽で持ち運びしやすいのが利点。でも、シート型だけでは寒さを防ぐのに十分ではないと考える人も多いはず。

「CANIKA」が販売しているこちらの商品は、封筒型の緊急寝袋とレスキューシートがセットになったもの。シートと寝袋の二つでしっかり寒さを防いでくれますよ。

ちょっとした防寒にはレスキューシートを、寝る時にはシートを下に敷いてその上で寝袋に入るといった使い分けができるのも便利。

非常用としてしっかり防寒できるレスキューシートをお探しの人に、ぜひチェックして欲しい製品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:寝袋タイプ、アルミシートタイプ
  • サイズ:封筒型シート:90 × 210 (cm)、布状シート:160 × 210 (cm)
  • 収納サイズ:19.4 × 11.8 × 4.4 (cm)
  • 重量:ー (g)

エマージェンシーシートのおすすめ9. Grabber(グラバー) オールウエザーブランケット OD(オリーブドラブ) 22144

Grabber(グラバー) オールウエザーブランケット OD(オリーブドラブ) 22144
  • NASAがアポロ計画で開発した超断熱素材を使用し、冷たい地面の上でもしっかり保温
  • 全米ボーイスカウト協会やアメリカ陸軍、救助隊などで公式備品として採用される抜群の信頼性
  • 厚手で丈夫なので、体の保温の他に防風、防水性のあるタープとしても使える

非常時やキャンプなど、外で寝る時に心配なのが地面からの冷え。しっかり対策しないとうまく眠れずに体力が奪われてしまうかも。

グラバーの『オールウエザーブランケット』は、全米ボーイスカウト連盟やアメリカ陸軍も公式備品としているサバイバルシート。アポロ宇宙計画用に開発された超断熱素材を使用し、体の熱を80%も反射し逃がしません。

しなやかで耐久性のある素材なので、横になってもゴワゴワとせず使い心地もGOOD。

屋外で寝る時、しっかり地面の冷たさ対策をしたい人にイチオシのサバイバルシートですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:厚手タイプ
  • サイズ:152 × 213 (cm)
  • 収納サイズ:33.5 × 24 × 4.9 (cm)
  • 重量:約300 (g)

エマージェンシーシートのおすすめ10. Cobby 緊急ブランケット 5枚セット

Cobby 緊急ブランケット サバイバルシート サバイバルレスキュー 台風 防災 緊急救助 保温シート シルバー 210×130cm 5枚セット
  • 5枚セットで約700円とかなりコスパが良く、お得に家族全員のレスキューシートがそろえられる
  • 表面が光を反射しやすい素材でできていて、救助の時の目印になりやすい
  • 約50gと軽くて薄く、非常用として収納や持ち運びに便利

防災用に家族のレスキューシートを揃える場合、何枚も購入することになるのでやっぱりコスパは気になりますよね。

「Cobby」の販売するレスキューシートは、5枚セットで約700円、1枚あたり120円程度とかなり安い

セット販売ですが、個別包装なので、必要な数だけ使えますよ。表面が光りやすい素材で、救助の時に光を反射して目印にもなります。

お得に家族全員の防災グッズを購入したいという人に最適のレスキューシートです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:アルミシートタイプ
  • サイズ:210 × 130 (cm)
  • 収納サイズ:14.7 × 13.6 × 1.1 (cm)
  • 重量:50 (g)

エマージェンシーシートのおすすめ11. Eco Ride World アルミシート

Eco Ride World アルミシート 厚手 アルミブランケット 4層 サバイバルシート sb_128-01
  • リバーシブルでアルミ面を外側に向ければ日差しよけにもなる
  • 厚手で保温性が高く、静音性もあり屋外の人の多い場所で使いやすい
  • 光沢感が少なく、光の反射で他の人に迷惑をかけにくい

非常用だけではなく、冬場のスポーツ観戦などの手軽な防寒具としてエマージェンシーシートは活躍してくれます。でも普通の薄いシートは保温性が十分なのかと、音が周りの迷惑にならないかが心配ですよね。

Eco Ride Worldが販売しているアルミシートなら、4層構造の厚手で保温性が高く、しかも静音性能もあります。厚手ながら150gと軽く持ち運びも楽。

リバーシブルで銀色の面を外に向けると熱を反射し、熱中症対策や窓に貼って日差し対策にも。

スポーツ観戦など、屋外の他に人のいる場所で寒さを防ぎたい人におすすめの製品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:厚手タイプ
  • サイズ:180 × 105 (cm)
  • 収納サイズ:27 × 19 × 3 (cm)
  • 重量:150 (g)

エマージェンシーシートのおすすめ12. Jornarshar サバイバルシート 2枚セット

Jornarshar サバイバルシート エマージェンシーウ ヒートシート 非常時用寝袋 ブランケット セット 2枚 繰り返し使用可 アウトドアや防災に 軽量 防寒 保温 防水 遮熱
  • ホイッスル付きで、遭難時に吹き鳴らせば自分の位置を知らせられる
  • オレンジ色のカラーリングで目立ちやすく、非常時に発見されやすくなる
  • 寝袋型で体全体をしっかりと覆って熱を逃がしにくい

山での遭難など、非常時には救助隊にいかに発見してもらうかも重要ですよね。いくらエマージェンシーシートがあっても、長時間助けが来なくては生存率が下がってしまいます。

「Jornarshar」のサバイバルシートは、収納ポーチにホイッスルが付いた製品。いざという時に吹き鳴らせば、他の人に発見されやすくなります。

さらに、視認性を上げるため、シート自体も目立つオレンジ色にカラーリング。寝袋タイプなので熱を逃がしにくく防寒性能も十分ですよ。

いち早く救助されやすいエマージェンシーシートをお探しの人にぴったりの製品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:寝袋タイプ
  • サイズ:90 × 200 (cm)
  • 収納サイズ:18.7 × 12.8 × 6.6 (cm)
  • 重量:250 (g)

エマージェンシーシートのおすすめ13. アストロ 保温シート シングルサイズ シルバー

アストロ 保温シート シングルサイズ シルバー アルミシート あったかマット サバイバルシート 614-73 大
  • 3層構造の厚手でクッション性があり、床に敷いて使いやすい
  • 気泡緩衝材をアルミシートで挟み断熱性が高く、冷気をしっかり防いでくれる
  • 軽く持ち運びが楽なので、レジャーシートとしてスポーツ観戦やキャンプなどにもおすすめ

寒いときに寝ていると、床からの冷気が気になることがありますよね。でも、分厚いマットレスは収納性が気になってしまいます。

「アストロ」の販売するこちらのシートは、気泡緩衝材をアルミ蒸着したシートで挟んだ薄い製品

緩衝材のおかげである程度のクッション性があり、アルミシートが熱を反射して床からの冷気をシャットアウトしてくれます。

薄くしまいやすくても床の冷たさをしっかりシャットアウトしてくれるマットレス。ぜひ選んでみて。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:厚手タイプ
  • サイズ:80 × 120 (cm)
  • 収納サイズ:ー
  • 重量:210 (g)

エマージェンシーシートのおすすめ14. YummyRun ウーバーイーツ専用サバイバルシート

[ウーバーイーツ専用サバイバルシート] デリバリー 緩衝材 保冷 保温 YummyRun 5枚入り
  • 重さ45gと軽く、デリバリーで持ち運んでも負担にならない
  • 食品の配達の時に緩衝材として使うと、内容物がこぼれにくくなり保温、保冷効果も上がる
  • 5枚セットで買えば1枚約140円とコスパが良く気軽に使える

薄くて軽いサバイバルシートは、食品を輸送する時の保冷や保温のためにもよく使われます。でも、実際にどの製品が良いのかわかりにくいですよね。

「YummyRun」のサバイバルシートは、デリバリー業での使用を前提とした製品。重さ45gと軽く、デリバリーバッグに入れても邪魔になりません

配達の時にくしゃくしゃにして隙間につめると汁物などがこぼれにくくなり、しかも保温、保冷効果もアップすると人気。

食品の配達の効率をより良くしたいという人にイチオシの製品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:アルミシートタイプ
  • サイズ:130 × 210 (cm)
  • 収納サイズ:ー
  • 重量:45 (g)

エマージェンシーシートのおすすめ15. RSBELL アルミシート

RSBELL アルミシート サバイバルシート サバイバル アルミ (防寒・保温シート) 3枚パック
  • フードが付いたポンチョ型で着れるため、移動時の防寒などに便利
  • 防水性があり、簡易的なレインコートとしても使える
  • 通常よりも厚めで破れにくく、何回か繰り返し使えて経済的

非常時には避難のため移動することもあります。そんな時にサバイバルシートをめくれないようにおさえながら身につけていては、動きにくいですよね。

「RSBELL」が販売している製品はポンチョ型のサバイバルシート。フード付きでレインコートのように着れて、そのまま移動できます。

もちろん、普通のサバイバルシートのように敷いたり体に巻き付けるような使い方もできる、オールマイティな製品。アルミシートタイプとしては少し厚手で破れにくく、何度も繰り返し使えるのも人気の理由でしょう。

避難で移動する時もしっかり防寒したい人に最適のサバイバルシートです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:アルミシートタイプ
  • サイズ:200 × 127 (cm)
  • 収納サイズ:27.2 × 13.8 × 3.2 (cm)
  • 重量:68 (g)

いざという時のために、エマージェンシーシートを用意しておきましょう!

エマージェンシーシートの選び方と、人気のあるおすすめの製品をご紹介してきました。

ぜひご自身にぴったりなシートを選んでみてくださいね!

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事