警棒のおすすめ9選|護身用に最適な持ち歩きできる人気の防犯グッズを大公開

護身用におすすめな警棒をお探しの方へ。今記事では、警棒を選ぶ際のポイントから、おすすめな護身用の警棒まで詳しくご紹介します。自宅はもちろん、オフィスなどの防犯対策にも最適なので、おすすめな護身グッズをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください!

前提として、「警棒」って所持しても銃刀法違反にならないの?

警棒のおすすめ

護身用として警棒を購入しようと思った時に、気になるのが法律との関係。基本的に護身用として警棒を購入したり所持したりしても、直ちに銃刀法のような法律違反には該当しません

ただし、バッグなどに入れて持ち歩くには、相応な理由なく持ち歩くのは法律違反に該当するリスクがあります。そのため、持ち歩くのではなく自宅や職場に置いておくようにしましょう。


警棒の選び方|購入前にチェックすべきポイントとは

警棒は普段扱う機会のないアイテムだからこそ、どんなものが良いのかわからないですよね。

そこで、ここでは自分の使い方や目的に合う警棒の選び方を解説していくので、ぜひ警棒を選ぶ時の参考にしてみてください。


警棒の選び方1. 常備するならスタンダードタイプを選ぶ

自宅やオフィスなどに置いておく場合には、怪しい人を見かけたり侵入されたりした時に、すぐに扱えることが防犯上大切なポイント。

スタンダードタイプは、なにか手を加えなくてもそのままの状態で使えるタイプのことで、初期動作が必要ないからこそ不審者に対してすぐに使えるのが大きな特徴です。

また、スタンダードタイプは重さがあるため持ち歩くには不便ですが、設備として備えておくだけならあまり気になりません。いざという時に合わせてずに使えるので、しっかりと身の安全を守れますよ。


収納性を求めるなら伸縮タイプがおすすめ

スタンダードタイプは手軽に使える反面、長さがあるため収納には不向きです。そこで、収納場所に限りがある場合などは、使わない時は縮めておける伸縮タイプが便利です。

また、伸縮タイプを選ぶときは、ワンタッチで伸ばせるものがおすすめ。二段式など折りたたみの工程が多くても、パッと長くできてすぐに使えるので、使い方が簡単なのかもしっかりチェックしておきましょう。


警棒の選び方2. ストラップ付きの警棒を選ぶ

警棒を選ぶときにチェックしておきたいポイントがストラップの有無。警棒は防犯対策として便利な一方、勢い余って飛ばしたり相手に取られたりすると、より危険な状況に陥ってしまいます。

そのため、なるべくストラップが付いているものを選び、手首に巻きつけて付けて使えるように準備しておくことが大切。

特に、女性や年配の人など、力の弱い人は強度の高いストラップを選び、抜けや略奪が起こらないように気をつけましょう。


警棒のおすすめ9選|もしもの時に安心な護身用品を大公開

ここでは、市販されている警棒の中でも、強度や扱いやすさなどの観点から特におすすめできるアイテムを紹介します。

商品ごとに特徴などを詳しく解説していくので、内容を参考にして使いやすそうな警棒を見つけてくださいね。


警棒のおすすめ1. MALIBUマリブ 最強CREE XML-L2

MALIBUマリブ 最強CREE XML-L2 LED仕様 伸縮型フラッシュライト ズーム機能搭載 18650充電池 単四電池3本対応 (黒)
  • 頑丈な素材を採用しているので、いざという時も安心して活用できる
  • 全体の重量が軽いため、力の弱い女性でも扱いやすい
  • 簡単な操作でライトを付けたり伸縮したりできるので、誰でも使える

身を護る護身用だからこそ、すぐに折れたり壊れたりするような弱い作りだと心配ですよね。

『MALIBUマリブ 最強CREE XML-L2』は、強度の高いアルミニウム合金を用いることで、ぶつけたり落としたりしても壊れにくいのが特徴です。さらに、アルミは軽量なので、持ち歩くときにも負担になりにくいのがポイント。

軽くて頑丈という扱いやすい性能だから、もしもの時にきちんと活用できるものを用意しておきたい人にぴったりです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:伸縮
  • サイズ:全長 31.5~41.5 (cm)
  • 重量: 355 (g)
  • 素材:アルミ
  • ストラップ:×
  • メーカー:MALIBU

警棒のおすすめ2. AKIMA(アキマ) LED ハンディライト

AKIMA(アキマ) LED ハンディライト 伸縮 フラッシュライト ハンディー ランプ 懐中電灯 明るい 広範囲 ズーム機能 警棒 護身 防犯 防災 地震 車 脱出用 ハンマー 18650電池 単四電池3本対応
  • 光量の強力なライトを用いることで遠くまで照らせて、夜間でも安心して出歩ける
  • 強い光を相手にぶつけることで、怪しい相手を近づけなせないようにできる
  • 強固な素材を用いているため警棒としても高性能で、万が一近くに来ても対応しやすい

夜間のパトロールやランニングをする時は、住宅街でも周りが暗いと心配になってしまうもの。

『AKIMA(アキマ) LED ハンディライト』は、強力なLEDライトと照射角度変更機能を搭載することで、100m先まで照らすことが可能。また、強力な光を用いることで、警棒として使う距離まで怪しい相手を近づかせない効果も期待できますよ。

光量を強くすることで機能的にも防犯面でも便利に仕上がっているので、夜間出歩く機会の多い人には必須の警棒です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:伸縮
  • サイズ:全長 35~246 (cm)
  • 重量: 345 (g)
  • 素材:アルミ
  • ストラップ:◯
  • メーカー:AKIMA

警棒のおすすめ3.J-base 警棒タイプ LEDライト

J-base 警棒タイプ LEDライト フラッシュライト機能搭載 電池式 夜道 ウォーキング
  • 軽くて丈夫なアイテムなので、防災バッグの中に入れておいても邪魔にならない
  • 持ち手の下部を使うことで、車の窓ガラスなどを割れるので閉じ込められた時の脱出用としても使える
  • 電池の重さが加わるため、人以外のものを壊したり割ったりできて安全を確保できる

災害時の備えとして様々なアイテムをまとめている人の中には、自分の身を護るためのアイテムを用意したいと思う人も多いはず。

『J-base 警棒タイプ LEDライト』は、災害時の明かりや防犯アイテムとして活用できる便利な商品です。持ち手の下側を使うことで、厚さ6mmの強化ガラスを割ることができ、車などから脱出しやすくなりますよ。

威力や明かりの利便性がどんな時にも役に立つので、災害時の様々な危険に対応できるアイテムを準備しておきたい人に最適です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:伸縮
  • サイズ:全長 37~46.5 (cm)
  • 重量: 410 (g)
  • 素材:アルミ
  • ストラップ:◯
  • メーカー:J-base

警棒のおすすめ4. LEDGLE LED 懐中電灯 野球バット型

LEDGLE ペンライト LED 懐中電灯 USB充電式 リチウム電池内蔵式 キャンプ 登山 研究系 夜釣り 停電対策 防災 非常用品 USBケーブル付き シルバー
  • 長さを調節する必要が無いので、危険を感じたらすぐに使える
  • LEDライトが搭載されているため、夜間の店内の見回りをする時にも便利
  • バットのようなスリムな形状なので、置き場所を選ばずしっかり握って使える

レジなどを護るために警棒を用意する場合には、すぐに使えるものが便利で使いやすいですよね。

『LEDGLE LED 懐中電灯 野球バット型』は、スタンダードタイプの警棒なので、必要な時にサッと取り出せて使えるアイテムです。また、野球バッドのような形に作られているため、持ちてを握りやすく力が入れやすいようになっているのもポイント。

特別な操作が必要なくそのまま扱えるので、お店の防犯アイテムとして警棒を用意しておきたい人にベストですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:スタンダード
  • サイズ:全長39(cm)
  • 重量: 278 (g)
  • 素材:アルミ
  • ストラップ: ×
  • メーカー:LEDGLE

警棒のおすすめ5. エスコ(ESCO) 550mm 警棒(木製/屋内使用) EA916XY-42

  • マグネット台座によって、どんなところにも取り付けられて邪魔にならない
  • 台座の蓄光塗料が光ることで、暗い場所でも警棒の場所が分かりやすい
  • 木製のためしっかりとした固さと重さがあり、身を護るための安心感がある

オフィスやお店の中に警棒を用意していても、普段邪魔にならないようにすると取り出しにくい場所にしか置けないことも。

『エスコ(ESCO) EA916XY-42』は、警棒の台座にマグネットが付いているので、扉やカウンターの下などに設置できます。さらに、台座には蓄光塗料が塗られているため、夜間でもどこにあるのかひと目で分かるのもポイント。

収納しやすく見つけやすい工夫が施されているので、必要な時にきちんと使えるように準備しておきたい人にぴったりです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:スタンダード
  • サイズ:全長 55 (cm)
  • 重量: 280 (g)
  • 素材:木製
  • ストラップ: ×
  • メーカー:エスコ

警棒のおすすめ6. エスエスボディーガード レザービリー

  • 全長を短くすることで、狭い場所でも扱いやすくなっている
  • レザーやバネなどの構造により、力の弱い人でも強力な威力を発揮する
  • ポケットやかばんなどに入れられるコンパクトサイズなので、持ち歩きたい時にも便利

自宅で警棒を使用する場合、しっかりした作りでも長すぎると壁などにぶつかり扱いづらくなることも。

『エスエスボディーガード レザービリー 』は、あえて短い長さにすることで、狭い場所でもきちんと使えるようにした警棒です。レザーとバネを用いることで本体がしなりやすく、スナップを加えることで強力な威力を発揮します。

しっかりとした固さと威力を発揮する室内で扱いやすいタイプなので、自宅で使うための警棒が欲しい人に最適です。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:スタンダード
  • サイズ:全長 23 (cm)
  • 重量: 397 (g)
  • 素材:合否
  • ストラップ:◯
  • メーカー:エスエスボディーガード

警棒のおすすめ7. セントラルマルチファンクションバトン 35cm

  • 尤度帽と警棒を融合させたアイテムで、仕事を邪魔せずに身の安全を守れる
  • グリップエンドにはライトが装着してあるため、辺りを明るく照らす時にも使える
  • 生活防水性能が備わっているので、雨の中でも使用できる

駐車場などの交通整備は多くの人とすれ違うため、夜間の業務を行う時には怖く感じる人も多いはず。

『セントラルマルチファンクションバトン』は、本体が光る誘導棒としても警棒としても使用でき、業務に集中しながら安全対策にもなる優れたアイテムです。実際に北京オリピックでの警備に使われており、機能性の高さは折り紙付きですよ。

業務中の危険にもすぐに対応できる警棒なので、交通整備や警備の仕事をしている人には必須のアイテムです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:スタンダード
  • サイズ:全長 35 (cm)
  • 重量: -
  • 素材:強化プラスチック
  • ストラップ:◯
  • メーカー:-

警棒のおすすめ9. シナジー 護身用警棒 用心棒(YBS-1)

  • 1本あたりの価格が安いので、出入り口などに合わせて複数用意できる
  • 木のしっかりとした固さによって、きちんと威力が出る
  • マグネットスタンドと補助プレートにより、どんな場所にも設置できる

入り口やレジなどの数に合わせて警棒を準備しようと思うと、意外に大きな負担になってしまうことも。

『シナジー 護身用警棒 用心棒(YBS-1)』は、1本1,000円程度で購入できる安い価格が魅力で、複数用意しても負担になりづらいのがメリットです。本体は木で作られているため、価格が安くてもしっかりとした固さと威力を発揮します。

価格と性能のバランスが良いので、どんな場所から危険が起きてもしっかり対応できるように備えておきたい人に最適です。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:スタンダード
  • サイズ:全長 42(cm)
  • 重量: -
  • 素材:木製
  • ストラップ: ×
  • メーカー:シナジー

警棒のおすすめ9. TITAN SB3

  • 簡単な操作でライト機能を使いこなせ、必要な明るさですぐに照らせる
  • 2種類の電池に対応しており、自分好みの使い方ができる
  • 航空木に使用される耐久力の高いアルミニウムを使用しており、長く使える

多彩な機能が搭載されていても、操作方法が複雑だと使いづらく感じてしまいますよね。

『TITAN SB3』は、ワンタッチでLEDライトのオンオフ、スライドによるズーム調整といった、簡単な操作でライト機能を使いこなすことができます。さらに、乾電池とリチウム充電電池、どちらにも対応しており、自分使い方に合わせやすいのもポイント。

簡単な操作で警棒の機能を持て余すことなく使用できるので、機能的な警棒を求める人におすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:伸縮
  • サイズ:全長35.5~46 (cm)
  • 重量: 350 (g)
  • 素材:アルミ
  • ストラップ:◯
  • メーカー:TITAN

もしもの時に備えて、身を護る警棒を用意しておこう。

警棒は身を護るために使えるアイテムで、護身用なら所持しても合法です。ただ、いざという時に使いたいからこそ、警棒の性能や特徴にこだわりすぎて選べなくなることも。

そのため、もし迷ってしまったら今回紹介した選び方や商品を参考にしてみてくださいね。

そして、使い方やこだわり合う警棒を購入して、もしもの事態に備えましょう。

【参考記事】はこちら▽

【参考記事】はこちら▽

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事