一人暮らし向け防災セットのおすすめ集|緊急時に役立つ防災グッズをご紹介!

一人暮らし向けなおすすめの防災セットをお探しの方へ。今記事では、一人暮らし向けの防災セットを選ぶポイントから、おすすめの商品まで詳しくご紹介します。緊急時に必要なものを常備できる人気商品を解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

一人暮らしでも防災セットを準備しておくと安心

一人暮らし向け防災セットのおすすめ

防災セットとは、食料や日用品など生活に必要なものを一式揃えたセットです。

地震や火災などの災害に見舞われた際、食べるものがなかったりトイレに行けなかったりなど、通常通り自宅で生活することが難しくなるケースもあります。だからこそ、万が一に備えて防災セットを用意しておくことが必要です。

特に、避難場所まで遠い、身内が遠方にいるなど、困った時に頼れるところが身近にない方は、救助してもらえるまで生き延びられるよう絶対に用意しておきましょう。


一人暮らし向け防災セットの選び方|購入する前に確認すべき点とは

いつどこで起こるか分からない災害に備えて、自宅に常備しておきたい防災セット。備えあれば患いなしとは言いますが、備えすぎても管理や持ち運びが大変なので、どの程度準備したらいいのか分からない方も多いでしょう。

そこでここからは、一人暮らしの方が防災セットを選ぶ時のコツを紹介します。


一人暮らし向け防災セットの選び方1. 持ち運びしやすい「タイプ」を選ぶ

地震など一分一秒を争う緊急時では、ゆっくり防災セットを持ち運んでいる暇はありません。もたもたしていると、防災セットが役立つ前に手遅れとなってしまう恐れもあります。

だからこそ、見ておくべきなのが持ち運びのしやすさです。次項からは、どのような持ち運び方があるのかを詳しくみていきましょう。


両手が使える「リュック・肩掛けタイプ」の特徴とは

リュック・肩掛けタイプは、持ち運びのしやすさに優れたタイプです。ある程度重い防災セットも背負えますし、走る、しゃがむといった動作も難なく行えます。

また、両手があくことから懐中電灯を持って歩くなどができるというメリットも。夜間の災害に見舞われる可能性もあるので、両手をあけられるのは何かと都合が良いでしょう。

できるだけスムーズに対処できることを重視したい方におすすめです。


重いものを持つのが難しい人におすすめの「キャリータイプ」の特徴とは

キャリータイプは、旅行などで使うキャリーケースのようにキャスターがついているのが特徴。たくさんの防災グッズを詰め込んで重くなった荷物も、キャスターがあるおかげで楽に持ち運べます。女性など、重い荷物を持つのが苦手な方にはぜひおすすめしたいタイプです。

さらに、アイテムの中にはリュックのように背負える仕組みとなっているものもあります。状況に応じた持ち運び方ができるので、両方に対応しているとより便利ですよ。


一人暮らし向け防災セットの選び方2. 自分に「必要なグッズ」が入っているか確認して選ぶ

防災セットの内容はアイテムによって様々なので、場合によっては欲しいものが入っていない可能性もあります。いくら災害時に役立つグッズの詰合せといっても、必要なものが入っていなければ便利さが軽減されてしまうため、購入前には内容の確認を行いましょう。

次項からは、防災セットでよく見られるグッズをいくつか紹介していきます。


リアルタイムで状況を確認できる「情報伝達グッズ」とは

情報伝達グッズにはラジオなどがあります。

災害に遭った時に必要なものの1つが「情報」です。どこで何が起きているのか、救助はどのあたりに来ているのか、どこに避難をすれば良いのかなど、災害情報をキャッチすることで生存率も上がります

そのため、情報が流れるラジオは防災セットの必須アイテムといっても過言ではありません。特に、災害時は電池の用意まで難しいので、手回しやソーラーなどで給電できるようになっている災害用ラジオを用意しておくと良いでしょう。


避難の時に危険のリスクを減らす「安全避難グッズ」とは

安全避難グッズとは、防災頭巾、ヘルメット、懐中電灯など、安全に避難するためのアイテムです。

例えば、夜間に地震が起こって自宅の照明が消えてしまった場合、周囲が真っ暗では避難しようにも動きづらくなってしまいます。しかし、懐中電灯があれば周囲の状況を把握しやすくなるため、安全に外に避難できるでしょう。


衛生的に過ごすための「生活グッズ」とは

生活グッズとは生活用品・衛生用品のことで、代表的なものには簡易トイレ、歯ブラシ、水を使わなくても頭が洗えるシャンプーなどがあります。

災害時は、通常のように自由に水が使えなくなる可能性があります。そうなればトイレに行っても流せませんし、お風呂に入って体を洗うこともできません。

不衛生な状態は自分自身がストレスを感じるだけでなく、ケガを悪化させるなどの弊害にも繋がります。少しでも衛生的な状態を保てるよう、生活グッズの充実度は重要なチェックポイントです。


栄養や水分の補給に必要な「水・食料」

いつ救助が来るか分からないという時に備えて、防災セットには水や食料が入っているものが多く見られます。基本的に、防災セットに入っている水や食料は、美味しさより災害時でも食べられるかどうかを重視したものが多いです。

例えば、水は栄養補給ができるようミネラルを多く含んでいたり賞味期限が通常の水より長めだったりします。また、食料においても調理なしですぐ食べられたり、少量でも栄養補給ができるよう高カロリーに作られていたりなど。

防災セットにどれだけの量の水・食料が入っているかも気になる点ですが、できれば賞味期限や栄養など質の方にも目を向けておきたいですね。


一人暮らし向け防災セットの選び方3. 追加でグッズを入れる「スペース」があるものを選ぶ

いざ避難するとなった際、そのまま防災セットを持って行くのではなく、追加で荷物を詰めてから行きたいという方もいます。人命優先とはいえ、どうしても貴重品を手離せなかったり、ペットを飼っていればペット用品も用意したりしておきたいですよね。

しかし、防災セットの中身とは別のグッズも持ち出すために、新たにカバンを用意するのは荷物が増えて大変です。だからこそ、防災セットを選ぶ時には、追加の荷物が入れられるよう少し余分なスペースがあると便利ですよ。


一人暮らし向け防災セットのおすすめ8選|災害時に役立つ必需品を大公開

もしもの時に備えて常備しておきたい防災セットですが、アイテムによって中身は様々です。特に、最近は便利な防災グッズが数多く出回っているので、どれを選んだらいいのか悩みますよね。

そこでここからは、一人暮らしの方におすすめの防災セットを大公開していきます。


一人暮らし向け防災セットのおすすめ1. Defend Future 防災セット

Defend Future 防災セット 防災士監修 非常用持ち出し 防災リュック (1人用Relief)
  • 3日間を生き抜けるようにとバランスよく防災グッズが構成されている
  • リュックの生地が撥水加工かつ取っ手に蓄光材を搭載しており、機能的で便利
  • 大きく開くリュックだから、荷物の出し入れがしやすい

災害に遭った時は、いつ救助が来てくれるか分からないもの。数日は自力で生きなければならないかもしれないことを考えて、防災グッズを備えておきたいですよね。

「Defend Future」の防災セットは、1人の人間が3日間生き抜けるようにと考えたアイテム。食料、水、衛生用品、アルミブランケットなど、非常時に必要なものがバランスよく構成されています。

このワンセットがあれば、ひとまず防災の備えはバッチリ。避難所まで遠いなど、すぐ誰かを頼れない可能性が高いと感じている単身者の方は、ぜひこちらを常備しておいてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:リュック
  • セット数:39 点セット
  • 中身:食べ物/救急セット/水/ラジオ 他

一人暮らし向け防災セットのおすすめ2. アイリスオーヤマ 【防災士監修】 防災グッズ

アイリスオーヤマ 【防災士監修】 防災グッズ 防災リュック 33点 防災セット 一次避難用 小型 軽量 持ち運びやすい グレー BRS-33
  • 被災経験がある防災士が監修しているため、安心して選べる
  • リュックがグレーのシンプルなデザインだから、性別問わず持ちやすい
  • 食料・水が入っていないので、賞味期限を気にして新しいものと入れ替える手間が不要

防災グッズと一口にいっても、食べ物や衛生用品など種類は膨大なので、自分で賢く中身をチョイスしていくのは難しいもの。

しかし、「アイリスオーヤマ」の防災グッズは、実際に東日本大震災を経験した防災士が監修しています。本当の大災害に見舞われた時に何があると便利だったかという経験をもとに中身を厳選しているから、安心感があると大人気ですよ。

何を準備したらいいか分からないという災害未経験の方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:リュック
  • セット数:33 点セット
  • 中身:食器/懐中電灯/手袋/携帯用トイレ 他

一人暮らし向け防災セットのおすすめ3. MT-NET 防災セット 1人用 パーソナル

MT-NET 防災セット 1人用 パーソナル [防災士監修 必要最低限の防災グッズセット] リュック/(そら色)
  • 必要最低限の防災グッズしか入っていないため、中身のカスタマイズがしやすい
  • 10年以上防災について研究したプロがグッズを選んでいるので、安心感がある
  • コンパクトなリュックだから、一人暮らしの狭い部屋でも場所を取らず常備しておける

防災セットにたくさんの荷物が詰め込まれていると、荷物を追加したい時に困りますよね。

「MT-NET」の防災セットは、自分が持ち出したいものを入れられるようあえて必要最低限の防災グッズしか入れていません。いい意味で備えすぎていないセットだから、ある程度自由が利くのが魅力です。

もっと食べ物を入れておきたい、寒いのが苦手だから防寒対策をしっかり準備しておきたいなど、自分流にカスタマイズしたい方におすすめします。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:リュック
  • セット数:40 点セット
  • 中身:食べ物/水/エイドセット/簡易トイレ/アルミブランケット 他

一人暮らし向け防災セットのおすすめ4. Koremo. エブリデイセット

防災セット エブリデイセット 8点セット koremo コレモ 1人用 避難生活 非常持出袋 持出用 携帯用 防災ポーチ 防災グッズ 避難グッズ 災害 地震対策 地震 ギフト
  • コンパクトなセットなので、いつでもカバンに入れて持ち歩ける
  • 必要最低限の防災グッズしか入っていないから、余計なものがなくて損した気分にならない
  • 2,000円台で購入できるため、コスパが良い

大きなカバンに防災グッズを用意していても、それを持ち出す暇がなければ意味がありませんよね。

「Koremo.」の『エブリデイセット』は、防災グッズ8点が入ったポーチ型のアイテムで、コンパクトだから普段持ち歩いているバッグに入れておけます。万が一外出先で災害に見舞われたとしても安心なので、非常に需要が高いアイテムとなっていますよ。

防災グッズを持ち歩きたいという方にとって理想的なセットなので、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:ポーチ
  • セット数:8 点セット
  • 中身:携帯トイレ/懐中電灯/ブランケット 他

一人暮らし向け防災セットのおすすめ5. Relieved Life 防災グッズ セット

Relieved Life 防災グッズ セット 1人用 【消防士協力監修 40種類48点セット】選べるリュックカラー 災害避難セット (ソーラーラジオセット オレンジ)
  • リュックが反射板搭載や収納力が高いなど多機能な構造となっているので、使い勝手が良い
  • 食料、衛生用品、ラジオライトなど便利な防災グッズがバランスよく入っているから、自分で中身を構成する面倒がない
  • 消防士監修の防災セットなので、安心して購入できる

いざ災害に遭遇してみると、どんな過酷な状況に置かれるか分からないもの。持ち運びにくいカバンでは、避難がしにくいですよね。

その点、「Relieved Life」の防災グッズセットは、機能性に優れた防災リュックを採用しています。背面や肩部分など様々な部位に反射板をつけていたり、リュック下に毛布や寝袋などをつけられたりなど、非常に多機能な作りとなっていますよ。

使い勝手のよさにこだわりたい方は必見のアイテムです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:リュック
  • セット数:48 点セット
  • 中身:食べ物/ラジオライト/水 他

一人暮らし向け防災セットのおすすめ6. LA・PITA ものすごい防災セットプレミアム1人用

LA・PITA ものすごい防災セットプレミアム1人用(赤) 防災グッズセット 災害対策 非常用持ち出し袋【m】
  • 南京錠付きでセキュリティ面に配慮された作りだから、安心して荷物を持ち出せる
  • 「リュック×キャリー」タイプなので、持つ・背負う・転がすの3Wayができて便利
  • 食料や水の保存期間が5~7年で長いため、小まめに新しいものと入れ替える手間がない

食べ物がない、お金がないなどの危機的状況に追い込まれると、犯罪も多発しやすいもの。防災セットの中身を誰かに盗まれたらどうしようと不安を感じている方もいるでしょう。

「LA・PITA」の『ものすごい防災セットプレミアム1人用』であれば、南京錠がついているからセキュリティ面もバッチリです。安心して貴重品を持ち出せると人気を集めていますよ。

何が起こるか分からない災害時だからこそ、セキュリティ面にもしっかり配慮されたアイテムが欲しいという方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:リュック、キャリー
  • セット数:ー
  • 中身:食べ物/懐中電灯/水/簡易寝袋 他

一人暮らし向け防災セットのおすすめ7. OHKEY 防災セット

OHKEY 防災セット 防災グッズ 63点セット 非常用 災害 断水 地震 1人用
  • 携帯浄水器がついているので、断水しても生活用水の確保ができて安心
  • 63点ものアイテムが入っているから、追加で何かを準備する手間がない
  • 5年の長期メーカー保証がついているため、安心して購入できる

ペットボトルで飲み水を準備していても、それを歯磨きやトイレなどの生活用水に使うのはもったいないですよね。

しかし、「OHKEY」の防災セットの中には携帯浄水器が入っています。災害によって断水し、生活用水の確保が難しくなったとしても、浄水器を使えば綺麗な水を確保できますよ。浄水器が入っている防災セットはあまりないので、すごく助かると口コミでも大人気。

水の確保に不安がある方は、ペットボトルを増やすのではなくぜひこちらのセットを検討してみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:リュック
  • セット数:63 点セット
  • 中身:食べ物/懐中電灯/携帯浄水器 他

一人暮らし向け防災セットのおすすめ8. Lieben chama 防災セット

防災セット 地震対策 防災グッズ 防災用品 災害対策 1人用 19点セット 307 リーベン チャマ 大容量 避難グッズ 避難用品 (ブラック)
  • 食料や衛生用品など必要な防災グッズが8,000円台で揃えられるから、コスパが良い
  • リュックのカラーバリエーションが豊富なので、デザインも意識して選べる
  • マチが13.5cmもある大容量リュックだから、追加で荷物も入れやすい

万が一に備えておきたいとはいっても、もしも災害に遭わなかったらということを考えると、あまり高価なセットは買いたくないですよね。

「Lieben chama」の防災セットは、食料や衛生用品など必要なアイテムが19点入って8,000円台と比較的リーズナブルです。1人用でも大体10,000~20,000円程度はするアイテムが多い中で、10,000円未満で購入できるのは嬉しいという方も多く見られますよ。

コスパを重視して防災セットを選びたい方には、ぜひおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:リュック
  • セット数:19 点セット
  • 中身:食べ物/携帯トイレ/絆創膏 他

一人暮らしで不安の方は防災セットをもしもの時のために備えておきましょう。

地震や台風など、災害はいつどこで起こるか分かりません。いざその時になってから焦っても遅いため、万が一に備えて防災セットを準備しておくことが大切です。

ただ、防災セットと一口にいってもセット内容はアイテムによって様々なので、どれを購入しておいたらいいのか悩みますよね。

今回は、一人暮らしの方向けのおすすめ防災セットを紹介しました。ぜひ上記を参考に自分に合った防災セットを選んで、自宅に常備しておきましょう。

【参考記事】おすすめの防災セットをご紹介▽

【参考記事】おすすめの簡易トイレをご紹介▽

【参考記事】おすすめの防災ラジオをご紹介▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事