ディレクターチェアのおすすめ10選|室内・キャンプに最適な人気の椅子を大公開!

おすすめのディレクターチェアをお探しの方へ。今記事では、ディレクターチェアの特徴や選ぶポイントから、おすすめの商品まで詳しくご紹介します。自宅はもちろん、アウトドアでも重宝する人気の商品を解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

そもそも、ディレクターチェアとは?

おすすめのディレクターチェア.jpg

ディレクターチェアとは、木製の枠組みに丈夫な布で座面と背面ができている椅子のこと。

元々は、映画やドラマの監督がよく使用していたことから、この名前が付きました。

コンパクトに折り畳むことができ、長時間座っても疲れないのが特徴。近年では自宅でも使える室内用の製品もあり、アウトドア派の人はもちろん、インドア派の人にもおすすめです。


ディレクターチェアの選び方|購入する前に確認すべき点とは

大きさや素材、自宅で使うのかキャンプで使うのかによっても最適な商品が異なってきます。

では、具体的にどこに注目すれば、納得できるディレクターチェアを見つけることができるでしょうか。

ここからは、ディレクターチェアの選び方を紹介していきます。


ディレクターチェアの選び方1. 自分に合った「座面の高さ」を選ぶ

ディレクターチェアは座面の高さによって、

  • ロースタイル
  • ハイスタイル

の2つに分けられます。

どちらにも違った良さがありますので、まずは自分にあった高さを選ぶ事が大切です。

これから、それぞれの特徴を紹介していきます。


長時間快適に過ごせる「ロースタイル」の特徴

「ロースタイル」とは、椅子の座面が30cm以下のディレクターチェアのこと。地面に近く安定しており、脚を伸ばして座れるタイプです。

立ったり座ったりの動作がしにくく、頻繁に作業をされる方には向いてません。

どちらかと言うと、リラックスして長時間座ることに向いているため、ゆっくり落ち着いた時間を過ごしたい方にぴったりです。


動きやすく作業にもおすすめの「ハイスタイル」の特徴

「ハイスタイル」とは、椅子の座面が40cm以上のディレクターチェアのこと。

普通の椅子とほとんど同じサイズなため、立ち上がったり、座ったりがとても楽です。アウトドアでは、作業の多いBBQの時にぴったりで、インドアだと来客用のサブチェアとしても活躍します。

テーブルで食事や作業をする方に人気のタイプです。


ディレクターチェアの選び方2. アウトドア用なら使い勝手のいいものを選ぶ

キャンプやBBQなどアウトドアで使うことが目的なら、持ち運びの楽さやお手入れのしやすさをチェック。

素材や重さにこだわると、いいものが見つかりますよ。

ここからアウトドア用の気を付けてほしいポイントを紹介していきます。


持ち運びが楽な「アルミ製、ステンレス製」がおすすめ

最近は、木製ではなく、アルミ製、ステンレス製の製品も多くあります。

軽くて持ち運びが楽で、組み立てや片付けも簡単です。また、泥や水滴などは拭き取るだけで落ちるので、汚れてしまった時も便利。丈夫で傷がつきにくく、カビを気にしなくていいのも人気のポイント。

アウトドアでは、軽量のアルミかステンレスの製品をおすすめします。


「シート」は水や汚れに強いものがおすすめ

アウトドアでは地面に直接置いて使うため、土や泥などで汚れる可能性があります。また、急な雨で濡れてしまうことも。BBQの場合、飲み物をこぼしたり、子供が食べ物を落としたりすることも。

そのため、座面と背面がナイロンやポリエステル素材のものを選びましょう。

楽に汚れを落とせるので、綺麗な状態で長く使うことができます。


頻繁に動かなくても済む「ドリンクホルダーやテーブル付き」がおすすめ

テーブルから離れた場所に椅子を設置した場合、飲み物や食べ物はずっと手にもっておくか、何度もテーブルへ取りに行く必要がありますよね。

ドリンクホルダー機能やテーブル付きのディレクターチェアなら、その手間を省くことができます。必須な機能ではありませんが、あるとかなり便利です。

サブ機能の素材も、椅子を折り畳んだ際にも邪魔にならない収納に便利な布製と、しっかりとした安定感のプラスチック製があります。


ディレクターチェアの選び方3. インドア用ならデザインや安定性があるものを選ぶ

自宅のインテリアやサブチェアなど、インドア用として使用するなら、家の雰囲気に合わせたデザイン性と座り心地や倒れにくさといった安定性が重要です。

ここからは、インドア用の気を付けてほしいポイントを紹介していきます。


安定感がある「木製フレーム」がおすすめ

全体の枠組みが木でできているのが、木製フレーム。

木製の特徴は、なんといっても安定感。木がしっかり支えてくれるため、ぐらつきが少なく、リラックスするのに最適です。そして、折り畳んだ時にも、倒れにくくなっています。

また、見た目もおしゃれでナチュラルなデザインが多く、様々な部屋に馴染みやすいのもポイント。ご自宅のリビングのアクセントとしてもGoodです。


「シート」は肌触りが良いものがおすすめ

リビングではほとんど椅子に座って過ごす方も多いでしょう。

長い時間触れているものなので、コットン素材など、なるべく肌触りがいいものがおすすめです。さらに、クッション性もあればベター。

インドア用として頻繁に使ってゆっくりするからこそ、素材による座り心地を加味して選ぶようにしましょう。


ディレクターチェアの選び方4. かさばらないよう収納のしやすいものを選ぶ

折りたたんで、コンパクトに収納できるのが、ディレクターチェアの良さです。確かに、大きいサイズは快適ですが、小さく折りたためず収納の邪魔になっては意味がありません。

なるべくコンパクトに折りたためる商品がおすすめです。

設置した大きさと折りたたんだ際の大きさをチェックして、設置場所だけでなく、収納する場所も考えて検討するのがベスト。

また、ケース付きの商品であれば、持ち運びはもちろん、収納時もスッキリとおしゃれにまとまるので便利ですよ。


ディレクターチェアのおすすめ10選|アウトドア・インドア向けの人気椅子を紹介!

ディレクターチェアは、インドア用とアウトドア用、素材やタイプなど製品によって様々な特徴があります。

多くの製品の中から自分に合った商品を見つけるのは大変なことでしょう。

そこでここからは、おすすめのディレクターチェアを紹介していきます。


【アウトドア】ディレクターチェアのおすすめ5選|キャンプでも活躍する人気商品を大公開

軽さと丈夫さ、収納と持ち運びのしやすさなどが特徴的なアウトドア用ディレクターチェア。

BBQやキャンプが好きな方、運動会やピクニック用の椅子をお探しの方、これから大きいフェスに行かれる方は要チェックです。素材やデザインにもこだわってみてください。

それでは、ここからアウトドア向けディレクターチェアのおすすめを紹介していきます。


アウトドア向けディレクターチェアのおすすめ1. コールマン レイチェア 2000026744

  • 3段階にリクライニング可能で、好みの楽な姿勢に調節できる。
  • ケースがついており、収納時にかさばることがなく便利。
  • アルミニウムフレームで、汚れを簡単に落とせるのでお手入れが楽。

人によって好みの椅子の角度は違うもの。談笑する時や、リラックスしている時など、シチュエーションによっても違いますよね。

Coleman(コールマン)の『レイチェア 2000026744』は、3段階のリクライニングができ、自分に合った角度でくつろげます。頭まで背もたれがあるため、落ち着いた時間を過ごすのにも最適。また、ケースがついているので収納も簡単です。

シーンに合わせて自分の好きな姿勢に調節したい方にぴったりです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 座面の高さ:ー
  • フレーム素材:アルミニウム、スチール、他
  • シート素材:ポリエステル
  • 収納ケース付き :◯
  • 重量:3.7kg
  • 収納サイズ:25 × 15 × 89 (cm)
  • その多機能:3段階リクライニング式ハイバックチェア
  • メーカー:Coleman

アウトドア向けディレクターチェアのおすすめ2. キャプテンスタッグ サイドテーブル付アルミディレクター チェア M-3870

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) テーブル CS サイドテーブル付アルミディレクター チェア グリーン M-3870
  • サイドテーブルが付いており、飲み物や食べ物を近くに置ける。
  • 座面、背面、アームレスト部分にウレタンクッションが入っていて、快適な座り心地。
  • アルミ製で、テーブルを含めても重くない。

BBQでお皿をずっと手で持っておくのは大変ですよね。角度が変わると汁がこぼれることも。

キャプテンスタッグの『サイドテーブル付アルミディレクター チェア M-3870』には、サイドテーブルがついているので、皿やコップを椅子の横に置くことができます。使わない時は折りたたんでおけるため、邪魔になりません。さらに、座面、背面だけでなく、アームレスト部分にもウレタンクッションが入っていて座り心地の良さも人気の1つ。

これだけの機能が付いていて、4,000円台と安いのも嬉しいですね。

食べ物や飲み物を側において使いたい方は、検討してみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 座面の高さ:ー
  • フレーム素材:アルミニウム
  • シート素材:ナイロン
  • 収納ケース付き :-
  • 重量:2.8kg
  • 収納サイズ:49.5 × 13 × 76.5 (cm)
  • その多機能:テーブル付きなど
  • メーカー:キャプテンスタッグ

アウトドア向けディレクターチェアのおすすめ3. コールマン インフィニティチェア 2000033139

コールマン(Coleman) チェア インフィニティチェア ベージュ 2000033139
  • リクライニングが自由で、最大まで行くと仰向けにもできる。
  • 取っ手が付いており、持ち運びが楽。
  • 背もたれのクッションが上下に移動できるので、好みの位置に調整できる。

椅子に座りながら仰向けになれたら、満天の夜空もより楽しめますね。

コールマンの『インフィニティチェア 2000033139』は、仰向けになるまでリクライニングできます。座ったままでリクライニング位置を調節できるのもポイント。背もたれに、クッションがついており、快適な寝心地を味わえます。

そして、取っ手が付いているので持ち運びにも便利です。

今まで以上のリクライニングを体験してみたい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 座面の高さ:50cm
  • フレーム素材:スチール
  • シート素材:ポリエステル
  • 収納ケース付き :-
  • 重量:8.8kg
  • 収納サイズ:69 × 15 × 90 (cm)
  • その多機能:リクライニング機能付き
  • メーカー:Coleman

アウトドア向けディレクターチェアのおすすめ4. キャンピングムーン ロースタイルチェア F-1003C

キャンピングムーン(CAMPING MOON) 焚き火 チェア ローチェア ロースタイルチェア 帆布生地 F-1003C-K
  • コットン生地で火に強く、突然の火の粉も安心。
  • 煙が顔に当たらないようにデザインされているので、焚き火を楽しめる。
  • 頑丈なアルミ合金でできていて、120kgまで耐えられる。

「焚き火をなるべく近くで楽しみたい。」しかし、急に火の粉が舞う可能性があり心配ですよね。

キャンピングムーンの『ロースタイルチェア F-1003C』は、シートの生地がコットン素材のため火に強く、火の粉が飛んできても穴が空きにくくなっています。そして、背もたれのカーブが快適さを生み出すとともに、顔が煙に当たるのを防ぐのがポイント。ロースタイルなので、焚き火の近くに座れるのも嬉しいですよね。

キャンプで焚き火を最大限に楽しみたい方に人気の商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 座面の高さ:36cm
  • フレーム素材:アルミ合金
  • シート素材:コットン
  • 収納ケース付き :○
  • 重量:3.25kg
  • 収納サイズ:15 × 15 × 90 (cm)
  • その多機能:背面ポケット
  • メーカー:

アウトドア向けディレクターチェアのおすすめ5. スノーピーク Take!チェア LV-085

スノーピーク(snow peak) Take!チェア ロング LV-086
  • 丈夫で洗える座布で、ずっとクリーンに使用できる。
  • ハンモックのような座り心地で、包み込まれるような安定感でリラックスできる。
  • 竹とアルミホイルが組み合わされたデザインで、おしゃれさだけでなく頑丈さもGood。

屋外で使うチェアは泥や雨水が付くことが多く、どうしても汚れが気になるもの。

スノーピークの『Take!チェア LV-085』は、座布を取り外して洗えます。しかも、生地が厚手6号帆布と丈夫なので、何度でも繰り返し洗うことが可能です。

そして、浮遊感のある包み込むような座り心地が人気のポイント。使えば使うほど体になじみます。

汚れることが多いアウトドアで、椅子をきれいにキープしたい方にチェックしてほしい商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 座面の高さ:42cm
  • フレーム素材:竹集成材・アルミニウム合金
  • シート素材:綿帆布(6号)
  • 収納ケース付き :×
  • 重量:3kg
  • 収納サイズ:10 × 15 × 98 (cm)
  • その多機能:ウォッシャブル
  • メーカー:snow peak

【インドア】ディレクターチェアのおすすめ5選|自宅でゆったりできる人気の椅子を紹介

フレームやシートの素材、おしゃれに部屋とマッチするデザイン性、日常使いできる快適性等が特徴のインドア用ディレクターチェア。

自宅のリビングで子供や家族と一緒に過ごす時の椅子としても、来客用の予備の椅子としても、書斎で一人で過ごすときの椅子としても、どのシーンでも活躍します。

それでは、ここからおすすめのインドア向けディレクターチェアを紹介していきます。


インドア向けディレクターチェアのおすすめ1. 不二貿易 ローチェア 37982

不二貿易 折りたたみ椅子 アウトドア ローチェア 軽量 オリーブ 水洗い可能 耐荷重80kg シュミット 37982
  • プラスチックのキャップ付きの脚なので、床へのダメージが少ない。
  • 折りたたみが楽で、軽く持ち運びしやすい。
  • 木色に塗装されているので、屋外でも屋内でもおしゃれに馴染むデザイン。

「普段は室内で利用するが、休日にはベランダや庭で利用したい。」インドアでもアウトドアでも活躍する椅子は便利ですよね。

不二貿易の『ローチェア 37982』の脚にはプラスチックのキャップがあり、床を傷つけないデザインとなっています。アルミのフレームが軽くて頑丈で、持ち運びも楽々。木色塗装されているので外にも室内にもマッチします

座面と背もたれはポリエステル素材なので、丸々水洗いができるのも嬉しいポイント。

自宅の部屋でも庭でも利用を考えている方におすすめしたい商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 座面の高さ:30cm
  • フレーム素材:アルミ
  • シート素材:ポリエステル
  • 収納ケース付き :×
  • 重量:2.6kg
  • 収納サイズ:55 × 9.5 × 61 (cm)
  • その多機能:-
  • メーカー:不二貿易

インドア向けディレクターチェアのおすすめ2. バンドック ロースタイル チェア BD-115

BUNDOK(バンドック) ロー スタイル チェア BD-115 折りたたみ式 コットン ひじかけ
  • 機能面は十分しっかりしていて、しかも3,000円と安い。
  • 3.4kgと軽く、持ち運びが楽。
  • ロースタイルで、ゆったりと座ることができる。

「多くの機能は必要なく、なるべく安い商品が欲しい。」予備の椅子として使うなら、値段が気になりますよね。

バンドックの『ロースタイル チェア BD-115』は、折りたたみ式のロースタイルチェアです。55 × 8 × 67 (cm)と薄く折りたたむことができ、さらに重さも3.4kgと軽量です。80kgまで耐えられるのでほとんどの方がお使いいただけます。

何より3,000円台とととても安い点も魅力的です。

コスパを重視している方は検討してみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 座面の高さ:26cm
  • フレーム素材:スチール
  • シート素材:綿
  • 収納ケース付き :×
  • 重量:3.4kg
  • 収納サイズ:55 × 8 × 67 (cm)
  • その多機能:-
  • メーカー:BUNDOK

インドア向けディレクターチェアのおすすめ3. 山善 フォールディングチェア MFC-259D

山善 フォールディングチェア 座面高さ:高さ42.5cm (リクライニング7段階/メッシュ仕様) MFC-259D
  • テスリン素材とメッシュ生地で通気性が高く、座っている時の蒸れが少ない。
  • 7段階のリクライニング調節できるので、好きな姿勢でリラックスできる。
  • 角の少ないデザインで、子供がぶつかっても安全。

暑い日や湿度の高い日に長く座っていると、椅子の素材によっては蒸れて嫌な座り心地になることも。

山善の『フォールディングチェア MFC-259D』は、通気性に優れたテスリン素材を使用しています。また、メッシュ生地がより通気性が高くしており、さらにその弾力で座り心地が快適に。

不快なジメジメやムシムシを感じたくない人は要チェックです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 座面の高さ:42.5cm
  • フレーム素材:木
  • シート素材:テスリン
  • 収納ケース付き :×
  • 重量:9.6kg
  • 収納サイズ:62 × 14 × 90 (cm)
  • その多機能:リクライニング
  • メーカー:山善

インドア向けディレクターチェアのおすすめ4. スノーピーク ローチェア30 ブラウン LV-091BR

スノーピーク(snow peak) ローチェア30 ブラウン LV-091BR
  • 設置が押し広げるだけで難しくないので、すぐに設置できる。
  • ケース付きで、押し入れや物置への収納も楽々。
  • アームレストが竹素材でできていて、心地よく座れる。

急な来客などで予備の椅子を出す時、使い慣れていないために設置で戸惑うことも。

スノーピークの『ローチェア30 ブラウン LV-091BR』は、背もたれと座面を押して広げるだけで簡単に設置することが可能です。さらに、折りたたむ際も中央収束式で強い力が必要ありません。

また、ケースがついているので、コンパクトに収納できます。ロースタイルで気持ちの良い座り心地もGood。

サブチェアとして購入を考えている方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 座面の高さ:30cm
  • フレーム素材:アルミニウム合金、竹集成材
  • シート素材:ポリエステル
  • 収納ケース付き :○
  • 重量:3.6kg
  • 収納サイズ:16 × 18 × 101 (cm)
  • その多機能:-
  • メーカー:snow peak

インドア向けディレクターチェアのおすすめ5. カーミット Wide Chair

  • ハンドメイドのため、仕上がりがそれぞれ異なり、自分だけのものが手に入る。
  • 木製で上品なデザインが、自宅をおしゃれな空間にしてくれる。
  • 軽くコンパクトにたためるので、収納に最適。

「日常使いする椅子だから、高級感が欲しい。」コンパクトにたためる手軽さと、上品なデザインを両立させたいですよね。

カーミットの『Wide Chair』は、アメリカ、テネシー州で一つ一つハンドメイドで生産されている人気の商品。加工された木製のフレームは汚れに強く、エレガントな艶がおしゃれです。さらに、パーツを分解してコンパクトにできる折りたたみ式で、頑丈なのに2.6㎏と驚きの軽量さ。

ワンランク上のディレクターチェアをお探しの方にぴったりの商品です。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 座面の高さ:30cm
  • フレーム素材:オーク材
  • シート素材:アルミ、スチール、ナイロン
  • 収納ケース付き :◯
  • 重量:2.6kg
  • 収納サイズ:11 × 16 × 56 (cm)
  • その多機能:-
  • メーカー:Kermit Chair

自分に合うディレクターチェアに座って、快適な時間を過ごそう。

折りたためて長時間快適に座ることができ、インドアでもアウトドアでも活躍するディレクターチェア。

アウトドア向けとインドア向けの違いや、収納のしやすさや軽さや素材など、商品選びで気にする箇所が多くて迷う方も多いはず。

ぜひこの記事を参考にして、自分にとって最適なディレクターチェアを見つけてくださいね。


【参考記事】キャンプで使うならアウトドアチェアもおすすめ!▽

【参考記事】自宅の庭やベランでなら、デッキチェアがおすすめです!▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事