泣ける曲のおすすめ一覧|聴くだけで涙が出る人気の王道ソングを徹底ガイド

おすすめの泣ける曲を知りたい方へ。今記事では、聴くだけで泣けるおすすめの曲一覧を詳しくご紹介します。感動する曲はもちろん、勇気づけられたり、元気が出たりする前向きな曲も解説するので、気になる曲があれば、ぜひチェックしてみてください!

【男女ボーカル別】泣ける曲のおすすめ50選|自然と涙が出る定番の名曲を大公開!

泣ける曲の一覧

辛い時、心の支えとなってくれる音楽。明るく前向きな曲で気分転換するのもいいですが、本当に落ち込んでいる時には、切ない曲を聞いて思いっきり泣いてしまいましょう。

今回は、泣ける曲50選を、男性ボーカル・女性ボーカルに分けてそれぞれご紹介します。


【女性ボーカル】泣ける曲のおすすめ25選

まずは、女性が歌う泣ける曲を紹介します。

女性らしい、暖かく包み込むような優しさで、辛い気持ちを癒やしてくれる名曲が勢揃いです。

邦楽・洋楽を問わず、最近のヒットソングから懐かしいナンバーまで幅広く選定したので、気になったものから聴いてみてくださいね。


【女性ボーカル】泣ける曲のおすすめ1. 涙そうそう/夏川りみ

涙そうそう
  • 夏川りみの優しく澄んだ歌声で、荒んだ心が癒やされる
  • 沖縄の民族楽器「三線」が奏でるゆったりとしたメロディが心地よく、世代を超えて愛される曲
  • 愛する人を亡くし、それでも生きていくという前向きな歌詞のメッセージが、立ち直るきっかけを与えてくれる

ベテラン歌手の森山良子が作詞を、沖縄出身のバンドBEGINが作曲を手掛けたバラード曲。若くして亡くなった兄への想いを綴った曲で、タイトルの『涙そうそう』は、沖縄の言葉で涙がこぼれ落ちる様子を表現したものです。

オリジナル版が2000年にBEGIN名義で発表された翌年、同じく沖縄出身の歌手・夏川りみがカバーしたものが大ヒット。老若男女に親しまれる名曲となりました。

沖縄の澄んだ海を思わせる、豊かで優しい曲の世界観が、傷ついた心を癒やしてくれます。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【女性ボーカル】泣ける曲のおすすめ2. 未来予想図Ⅱ/DREAMS COME TRUE

LOVE GOES ON・・・
  • ボーカル・吉田美和の抜群の歌唱力が、曲の切なくも温かい世界観を盛り上げ、聴いていて元気が出る曲
  • 日常の何気ないワンシーンを切り取ったような素直な歌詞で、共感しながら聴ける
  • ピアノとストリングスが調和したスローテンポな曲調が、優しい気持ちにしてくれる

DREAMS COME TRUE(ドリカム)のセカンドアルバム『LOVE GOES ON…』のトリを飾る曲。シングルリリースされていないにもかかわらず、多くのアーティストにカバーされ、高い知名度を誇ります。

ドリカムのコアなファンからも愛されている曲で、人気投票では常に上位にランクイン。4年に1度の大型ライブでも必ず演奏される、ドリカムの定番曲です。

長く付き合った恋人への想いを女性目線で描いた恋愛観が、恋する女子の共感を呼び、カラオケでも非常に人気。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【女性ボーカル】泣ける曲のおすすめ3. プラネタリウム/大塚愛

プラネタリウム (DVD付)
  • 好きな人に会いたいけれど会えない、という切ない気持ちを綴り、恋愛中の人なら誰でも泣ける曲
  • リリースから12年後の配信が100万ダウンロードを突破し、長く愛される曲として有名
  • 曲中に入る打ち上げ花火の音が夏の夜を思わせ、寂しくも温かい気持ちにさせてくれる

00年代を代表する女性歌手、大塚愛の10枚目となるシングル。デビュー曲『さくらんぼ』をリリースした当初に根付いた、元気でポップなイメージとは一転し、しっとりと大人の雰囲気漂う楽曲です。星空の下で歌うノスタルジックなミュージックビデオも相まって、大塚愛の新たな魅力に多くのファンが驚きました。

2005年の紅白歌合戦出場、ドラマの挿入歌として起用されるなど、数ある大塚愛の楽曲のなかでも屈指のヒットソング。

愛する人を想う切ない歌詞は、失恋で傷ついた人の心にそっと寄り添い、優しく包み込んでくれます。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【女性ボーカル】泣ける曲のおすすめ4. 手紙~拝啓 十五の君へ~/アンジェラ・アキ

手紙~拝啓 十五の君へ
  • 苦しい思春期を生き抜くヒントが隠されており、卒業式など人生の節目に歌いたいナンバー
  • 悩みを抱える人を励ますメッセージが込められた歌詞は、聴くだけで誰かに相談に乗ってもらっているような気持ちになれる
  • はじめはしっとりと、終盤にかけて盛り上がるドラマチックな展開で、聴き終わった後に元気が出る曲

中学生の合唱コンクールの課題曲として、シンガーソングライターであるアンジェラ・アキが製作したナンバーです。

15歳の時、未来の自分に宛てて書いた手紙が30歳の誕生日に届くという、アンジェラ・アキ自身の体験を元に作られています

1番で15歳の自分から未来の自分へ宛てた手紙を読み、2番では大人の自分が手紙の返事を書くという、一風変わった構成も魅力。時を越えた自分同士のやりとりが、他人には言えない悩みを抱える人を元気づけてくれます

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【女性ボーカル】泣ける曲のおすすめ5. 366日/HY

STORY ~HY BEST~(通常盤)
  • ボーカル・仲宗根泉の力強い歌声が、切ない歌詞とメロディーを盛り上げ、涙を誘う
  • 別れた恋人が忘れられない気持ちを女性目線で綴っており、失恋した時にこと聴きたい一曲
  • ピアノ・ストリングス・トランペットを主体とした演奏がドラマチックで、曲の世界観に没入できる

HYの紅一点、仲宗根泉さんがボーカルを務める、渾身の恋愛バラード。タイトルの『366日』は、1年中(365日)想っても足りないという、愛する人への想いの強さを表現して付けられたもの。

別れた恋人への気持ちを情感たっぷりに歌い上げ、「泣ける曲」の代表格として、多くの恋する女性から支持されています。

2008年には当時全盛期を迎えていた携帯小説『赤い糸』の主題歌として話題になり、現在でもカラオケなどで大人気。HYを代表するヒット曲の一つとなりました。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【女性ボーカル】泣ける曲のおすすめ6. ファイト!/中島みゆき

ここにいるよ【初回盤】(CD2枚組+DVD)(初回生産限定)
  • 辛くても自分を奮い立たせる力強い歌詞は、何か打ち込んでいることがある人なら感動すること間違いなし
  • 繰り返しの多いシンプルなコード進行で、歌詞のメッセージが胸にすっと入ってきやすい
  • 人間のリアルな心情を描写しており、前向きで明るいだけの曲では慰められない人におすすめ

『空と君の間に』と共に、両A面シングルとして1994年にリリースされた中島みゆきの楽曲。元々は1983年発売のアルバム『予感』に収録されている1曲だったものの、CMソングとして起用されたため、シングル化されたという経緯があります。

「あたし中卒やからね」という衝撃の歌い出しで話題となり、人間の生々しい内面を吐露した歌詞は、世間に大きな影響を与えました。

中島みゆきがこの曲に込めたどんな苦境にも負けない力強いメッセージは、発売から長い時を経た現在でも、若者への応援ソングとして多くの人に愛されています。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【女性ボーカル】泣ける曲のおすすめ7. 死神/大森靖子

クソカワPARTY(CD2枚組+DVD)
  • 繊細なのに力強い歌声で、辛いことから立ち直る勇気をもらえる
  • サビに向かってどんどん激しくなるドラマチックな曲調が、聴く人の心を動かし、泣ける曲
  • 心の内側に深く入り込む歌詞が、誰にも理解してくれない苦しみを救われる

2018年にリリースされた、大森靖子4枚目のアルバム『クソカワPARTY』のメイン曲。自身の辛い体験が元になっているというこの曲は、人間の心の闇が鋭く描かれています

脱力したような語り口調のAメロに始まり、サビは涙声にも聞こえるシャウトが、聴く人の心を大きく揺さぶります。

世の中の不条理や死をテーマにした激しい歌ですが、その激しさに救われたというファンは多く、ライブでもよく歌われる定番曲。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【女性ボーカル】泣ける曲のおすすめ8. You Raise Me Up/ケルティック・ウーマン

ケルティック・ウーマン
  • 透き通るような美しいハーモニーで、荒んだ心も浄化される
  • 人間愛を歌った曲なので、家族や恋人など、自分の大切な人を当てはめて感情移入できる
  • ピアノとバイオリンを主体にしたシンプルな演奏で、落ち込んでいる時も胸にスッと入ってくる

アイルランドのミュージシャン、シークレット・ガーデンが2002年に発表した楽曲。その後様々なアーティストがカバーし、日本ではアイルランド出身の女性4人組ボーカルグループ「ケルティック・ウーマン」がカバーしたものがヒットしました。

2006年のトリノオリンピックで、フィギュアスケートの荒川静香選手がこの曲を使用したこともあり、日本でも非常に知名度が高い洋楽です。

曲に込められた「あなたがいれば何でもできる」というメッセージは、世代や性別を超えて人を感動させるパワーがあります。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【女性ボーカル】泣ける曲のおすすめ9. だから僕は音楽を辞めた/ヨルシカ

だから僕は音楽を辞めた (初回生産限定盤)
  • 流れるようなハイテンポなピアノの音が、曲中の焦燥感を見事に表現しており、聴く人の心を揺さぶる
  • ボーカル、suisの透明感のあるエモーショナルな歌声で、思わず胸が締め付けられてしまう曲
  • 心の葛藤を赤裸々に綴った歌詞が、行く先の不安や夢への挫折を感じている人の心に刺さる

10代~20代の若者を中心に人気を集める、男女2人組のロックバンド「ヨルシカ」。『だから僕は音楽を辞めた』は、ファーストアルバムのタイトルにもなっている冠曲です。

自分たちの音楽への葛藤を、坂道を転げるような走り気味のテンポに乗せて歌い上げたこの曲は、聴く人に人生の苦しさや切なさを追体験させてくれます。

ボーカルの透き通る歌声、美しいメロディーも相まって、現代の邦楽の「エモさ」が凝縮された一曲。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【女性ボーカル】泣ける曲のおすすめ10. ひこうき雲/荒井由実

ひこうき雲
  • ゆったりと落ち着いたメロディラインが、懐かしい気持ちにさせてくれる
  • 淡々と繰り返されるピアノの旋律が、「死」という重いテーマを優しく包み込んでくれるので、激しい曲や重たい曲に疲れた人にもおすすめ
  • デビューから間もないユーミンの歌声が瑞々しく、聴くと優しい気持ちになれる

シンガーソングライターのユーミンこと松任谷由実が、独身時代に制作したバラード曲。

デビューして間もない1973年にリリースされ、発売当初から話題になりました。その40年後の2013年には、ジブリ映画『風立ちぬ』の主題歌に抜擢され、再び世間の注目を集めることに。

小学生の頃病気で亡くなった友人と、高校生の頃ニュースで目にした飛び降り心中という「2つの死」から着想を得て作られたと言われており、帰らぬ人に思いを馳せる切なさが表現されています。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【女性ボーカル】泣ける曲のおすすめ11. 炎/LiSA

炎 (通常盤) (特典なし)
  • 悲しみを抱えながらも心に「炎」を灯すという、力強い歌詞に感動する
  • シンガー・LiSAの女性らしいハイトーンボイスが、胸をギュッと締め付ける一曲
  • スローなテンポながらもロック調の演奏が、挫折や絶望から立ち直る勇気を与えてくれる

歴史的大ヒットとなったアニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の主題歌として作られた曲。YouTubeで公開されたミュージックビデオの再生回数は1億回を超え、2020年の紅白歌合戦出場やレコード大賞を受賞するなど、社会現象を引き起こしています。

LiSAのブレイクのきっかけとなった曲、『紅蓮華』がアップテンポでハードな曲調であったのに対し、こちらは映画のストーリーに合わせた力強くも切ないバラード

女性の芯の強さを体現したような歌唱は、聴く人の心を掴んで離しません。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【女性ボーカル】泣ける曲のおすすめ12. 裸の心/あいみょん

おいしいパスタがあると聞いて (通常盤)
  • 歌謡曲調のメロディラインが、どこか懐かしい気持ちにさせてくれる
  • あいみょんの少し太めの柔らかい声が心地よく、恋愛にお疲れ気味な人におすすめ
  • 恋する女性の気持ちをストレートに表現した歌詞が、聴く人の涙を誘う

TBS系ドラマ『私の家政夫ナギサさん』の主題歌に起用された、あいみょん10枚目となるシングル曲。ギター弾き語のイメージが強いあいみょんが、ライブや音楽番組で何も持たず歌唱したことから、ファンの間で話題となりました。

西日が差し込むシャワールームで撮影されたミュージックビデオも好評で、2020年の「MTV Video Music Awards Japan 2020」では、最優秀邦楽女性アーティストビデオ賞を受賞。

恋をする女性のまっすぐな気持ちをノスタルジックなメロディに乗せられたこの曲は、泣けてしまうのに聴いた後は元気が出るという、不思議な魅力を持っています。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【女性ボーカル】泣ける曲のおすすめ13. ありきたりな女/椎名林檎

日出処(初回限定盤B)(DVD付)
  • 序盤は優しく、クライマックスでは激しく盛り上がる演奏が、ドラマチックで感動する
  • 子育てによって「ただの女」になった切なさを吐露した歌詞は、子供を持つ女性なら涙なしでは聴けない一曲
  • 椎名林檎の叫ぶようなエモーショナルな歌唱が、聞いている人の心を揺さぶる

シンガーソングライターの椎名林檎が、自身のバンド・東京事変を解散してから初となるアルバム、『日出処(ひいづるところ)』にて発表した楽曲。

リリースの1ヶ月前に先行配信されたミュージックビデオでは、女性の人生を舞台芸術に見立てた演出が話題となり、アルバム曲ながら多くのファンの心を掴みました。

母と自分、そして母となった自分と子供について自分の体験を交えて描いており、子育て中の女性なら感動すること間違いなしです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【女性ボーカル】泣ける曲のおすすめ14. YELL/いきものがかり

YELL/じょいふる
  • ボーカル・吉岡聖恵のまっすぐで透明感のある歌声が耳に心地よく、曲の世界に浸れる
  • 「別れは悲しいことではない」というメッセージが、心を励ましてくれる
  • どこか寂しげなメロディラインと前向きな歌詞のギャップが聴く人の心を掴み、思いっきり泣ける曲

いきものがかり15作目のシングル曲で、NHK全国学校音楽コンクール中学校の部の課題曲として制作されたもの。

別れと新たな旅立ちをテーマにしており、卒業式での定番ソングとして一躍有名になりました。曲調が物悲しいからか「別れの辛さを歌った曲」というイメージを持つ人も少なくありませんが、タイトルの通り、「新しい世界に飛び込む人へ送るエール(応援)」というメッセージが込められています。

卒業や就職など、人生の節目で不安を感じている人にこそ聴いてほしい一曲。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【女性ボーカル】泣ける曲のおすすめ15. おかえり/絢香

THIS IS ME ~絢香 10th anniversary BEST~(CD3枚組+DVD)
  • 軽やかなリズムと明るいメロディラインで、愛する人が待つ家に帰ったような安心感を感じられる
  • 絢香の柔らかく優しい歌声に包まれ、泣けるのに元気が出る曲
  • 「おかえり」という言葉の持つ温かさを感じられる曲なので、家族と離れて暮らす寂しさを抱える人におすすめ

女性ボーカリスト・絢香の8枚目のシングル曲。2008年に放送されたフジテレビ系ドラマ『絶対彼氏〜完全無欠の恋人ロボット〜』の主題歌にもなっています。

スローでしっとりとしたバラード曲のイメージが強い絢香ですが、こちらはアコースティックギターとストリングスを主体としたポップなナンバー

家族愛とも恋愛とも取れる「安心できる大切な人への気持ち」を綴った歌詞は、聴く人の心をじんわりと温め、明るいのにホロリと泣ける曲です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【女性ボーカル】泣ける曲のおすすめ16. 祝日/カネコアヤノ

祝祭
  • ギター1本で奏でられるシンプルな演奏で、歌詞をじっくり聴き込めるため、曲の中に入り込みやすい
  • 日常にそっと寄り添うような歌詞が疲れた心に染み渡り、元気が出る
  • 優しく飾らない歌声に、何度でもリピートしたくなる曲

若き実力派シンガーソングライター・カネコアヤノが2018年にリリースしたアルバム『祝祭』の最後に収録されている曲。

はっぴいえんどや町田康といった古き良き邦楽ロックの影響を感じさせるどこか懐かしいメロディと、素朴で日常的な風景を独自の優しい視点で切り取った歌詞に、若者から中高年まで感動する名曲。

複雑に入り組んだ音楽が流行するなか、シンプルなのに一度聴いたら忘れられないという不思議な魅力を持った、癖になるナンバーです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【女性ボーカル】泣ける曲のおすすめ17. あなたがここにいて抱きしめることができるなら/miwa

あなたがここにいて抱きしめることができるなら
  • miwa特有の細くやわらかい歌声が、優しく抱きしめられているような安心感を感じられる
  • 母性愛にあふれた優しい歌詞で、子供への愛情を再確認させてくれる曲
  • ピアノとアコースティックギターの穏やかな旋律が、疲れた心を癒やしてくれる

命に向き合う産婦人科医の2年間を描いた、TBS系ドラマ『コウノドリ』の主題歌。ドラマのメインストーリーである「命の誕生」をテーマにした楽曲で、友人や親しいスタッフに出産をする人が増えたというmiwa本人が、赤ちゃんの写真を集めてミュージックビデオを製作。

多くの人に笑顔になってほしい」という、miwaの優しさと人間愛が詰まったナンバーです。

命の尊さや家族愛の素晴らしさを歌った心温まる一曲で、子育て中の人は必聴。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【女性ボーカル】泣ける曲のおすすめ18. M/プリンセスプリンセス

プリンセス プリンセス ベスト DQCL-1185
  • 80~90年代に大流行し、リアルタイムで聴いていた人には懐かしい一曲
  • スローなテンポに合わせてドラマチックに歌い上げる奥居香の歌声が心地よく、じっくり浸りながら聴くのがおすすめ
  • 恋人と別れた女の子の気持ちをストレートに表現した歌詞が泣ける曲。失恋で落ち込んでいる人は必聴

平成初期にブレイクしたガールズバンド、プリンセスプリンセスの代表曲。

元々はアルバム曲の一つであったにも関わらず、ドラマの主題歌や劇中歌に使用されるなどして、徐々に人気が上昇。1996年と2000年には高校音楽の教科書に載るという快挙も遂げました。

タイトルの『M』は、メンバーの1人がかつて交際していた恋人のイニシャルで、破局した切ない思いを綴ったもの。失恋の辛さを見事に表現したバラードの名曲です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【女性ボーカル】泣ける曲のおすすめ19. ハナミズキ/一青窈

ハナミズキ
  • 一青窈のしっとりと落ち着いた大人の歌声が胸に響き、感動する曲
  • レコーディングには合唱部の生徒がコーラスとして参加し、一青窈との美しいハーモニーが心癒される
  • 自分を顧みず相手の幸せを願うひたむきな歌詞が、聴く人の涙を誘う

アメリカ同時多発テロ事件をきっかけに作られたと言われている、一青窈の壮大なバラード曲。TVドラマの主題歌やCMソング・バラエティ番組のテーマソングなど数多くのタイアップを果たしており、カバーするアーティストも後をたたない大ヒット曲となりました。

タイトルになっているハナミズキの花言葉は、「永続性」や「私の想いを受けてください」。相手のことをずっと想い続けるという、普遍的な愛を感じさせます。

大切な人の幸せを願う歌詞が友人に捧げるウエディングソングとしてもぴったりなことから、結婚式の定番曲としても有名です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【女性ボーカル】泣ける曲のおすすめ20. なごり雪/イルカ

イルカ 12CD-1119A
  • 雪降る駅の情景が目の前に浮かぶような臨場感溢れる歌詞で、感情移入しながら聴ける
  • 恋人との別れの切なさを表現しており、失恋や破局を経験した人なら絶対泣ける曲
  • イルカの優しくどこか淋しげな歌声が心地よく、しんみりとお酒を飲みながら聴くのに最適

伊勢正三が作詞作曲を手掛け、1974年にアルバム曲として発表された、フォークバンド「かぐや姫」の楽曲。同年にイルカがカバーバージョンをシングル曲としてリリースし、大ヒットを収めました。

タイトルの「なごり雪」は、伊勢正三が独自に作った言葉。冬を惜しむように降る早春の雪と、恋人との別れに後ろ髪を引かれる気持ちが見事にマッチした昭和の名曲です。

発売から長い時がたった今でも、カラオケや飲食店のBGMなどで親しまれています。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【女性ボーカル】泣ける曲のおすすめ21. First love/宇多田ヒカル

First Love
  • 初恋のほろ苦さを表現した世界観が、失恋の傷を癒やしてくれる
  • メロディラインが美しく、カラオケでしっとり歌い上げるのにも最適な曲
  • 宇多田ヒカルの感情のこもった歌唱が曲への没入感を増幅し、何度も繰り返し聴きたくなる

宇多田ヒカル初のアルバムとなる『First Love』からのシングルカット曲。

当時16歳という若さで大人顔負けの作詞作曲の才能を発揮し、恋する若者のハートをがっちりキャッチし、平成を代表する大ヒット曲となりました。楽曲のクオリティがあまりに高すぎたためか、ゴーストライター疑惑まで浮上していたほど。

R&B調のスローな演奏と、不安定に震える宇多田ヒカルの歌声、初恋が終わる切なさを綴った歌詞が見事にマッチした傑作。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【女性ボーカル】泣ける曲のおすすめ22. 月光/鬼束ちひろ

the ultimate collection(SHM-CD)
  • 鬼束ちひろのどっしりと重厚感のある歌声は、歌詞の一つ一つに説得力を持たせ、深く共感しながら聴き入れる
  • 沈んだ感情に優しく寄り添ってくれるメロディで、辛い時に元気が出る曲を聴きたくない人におすすめ
  • 転調する大サビに向かって盛り上がるドラマチックな構成で、涙なしには聴けない一曲

テレビ朝日系ドラマ『トリック』の主題歌に起用された、鬼束ちひろを代表するミディアムバラード曲。

元はアルバムに収録曲の一つでしたが、ドラマが大ヒットした影響で世の中に広く知れ渡り、自己最高の売上を記録しました。

「抑圧からの解放」をテーマにした歌詞は、自分の居場所がわからない、自信が持てないといった鬼束ちひろ本人が抱える苦悩を赤裸々に綴ったもの。強いメッセージ性に感情が揺さぶられ、思いっきり泣ける曲です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【女性ボーカル】泣ける曲のおすすめ23. ワダツミの木/元ちとせ

ワダツミの木
  • 神秘的で不思議な世界観が心地よく、日常を忘れさせてくれる一曲
  • 沖縄民謡の「こぶし」を多用した元ちとせの歌声が心の震えを表現しているように感じられ、胸にグッと来る
  • 大自然を思わせる壮大な演奏で、心が浄化され元気になる

奄美大島出身の女性シンガー、元ちとせのデビュー曲。

日本神話に登場する海の神様「ワダツミ」から着想を得た神秘的な歌詞と、唯一無二の歌声が話題となり、発売から2ヶ月以上オリコンシングルチャートにランクインするという異例のロングヒットとなりました。

海外からも評判が良く、韓国のバンドにもカバーされています。

愛する人を想うあまり花になってしまう女性の物語を描いており、元ちとせの歌唱によって表現されるひたむきさ、純粋さが涙を誘う一曲です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【女性ボーカル】泣ける曲のおすすめ24. オリビアを聴きながら/杏里

オリビアを聴きながら
  • エレクトリックピアノの旋律が優しく、傷ついた心が慰められる
  • 恋人との別れの悲しさを女性の視点描いており、聴く人の胸を切なく締め付ける失恋ソング
  • 杏里のやわらかく甘い歌声が耳に心地よく、寝る前のおやすみソングとしてもおすすめ

作詞作曲をシンガーソングライターの尾崎亜美が手掛け、1978年にリリースされた、杏里のデビュー曲。リリース当時は売上が振るわなかったものの、長い時間をかけて多くの歌手にカバーされるようになり、今ではカラオケの定番曲としても有名

タイトルの『オリビアを聴きながら』は、杏里自身がイギリスの歌手、オリビア・ニュートン=ジョンのファンであることから付けられたもの。恋の終わりの儚さを描いた懐かしい名曲です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【女性ボーカル】泣ける曲のおすすめ25. 優しさで溢れるように/JUJU

やさしさで溢れるように
  • スローなテンポとエレキギターの力強い音が調和し、聴いていて心地良い
  • 「愛」や「優しさ」といった普遍的なテーマを取り扱っており、どんな人でも感情移入しやすい
  • JUJU本人にとっても思い入れの強い曲で、感情のこもった歌唱に感動する曲

亀田誠治がプロデュースした、JUJU9枚目のシングルとなるロックバラード曲。

MTVジャパンと日産の共同プロジェクト「MTV meetalk with NEW NISSAN cube」や、キリン『午後の紅茶』などのCMタイアップを果たし、世の中に広く浸透しました。

タイトルの『優しさで溢れるように』は、JUJU本人が世の中に対して抱いている願いを込めたもの。家族や恋人など、大切な人の顔が思わず浮かぶような優しい曲の世界観が、聴く人の心を打ちます。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【男性ボーカル】泣ける曲のおすすめ25選

続いては、男性ボーカルの泣ける曲をご紹介。女性ボーカル編と同様に、洋楽・邦楽問わず、幅広いジャンルで選定しています。

女性ボーカルにはない力強さ、そして男性ならではの繊細な感性が涙を誘う、名曲の数々をご覧ください。


【男性ボーカル】泣ける曲のおすすめ1. 世界に一つだけの花/SMAP

世界に一つだけの花
  • 色とりどりの花を思わせる優しく明るいメロディが、落ち込んだ心を元気づけてくれる
  • ありのままの自分を受け入れる美しさを描いた歌詞で、人と比べて落ち込んでしまいやすい人におすすめ
  • SMAP5人の個性豊かな歌声が、曲の「ナンバーワンよりもオンリーワン」というテーマにマッチし、感動する

2003年に発売されたSMAP35枚目のシングル曲。シンガーソングライターの槇原敬之が作詞・作曲を手がけ、累積売上312.8万枚という平成最大のヒットを記録しました。

「人と競ってナンバーワンを目指すよりも、自分ならではの魅力を発見してオンリーワンになる」といった、競争社会的な価値観をひっくり返すメッセージが反響を呼び、多くの人に影響を与えた曲。

歌詞とメロディーの織りなす優しい世界が、人と競い合って疲れた心を癒やしてくれるナンバーです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【男性ボーカル】泣ける曲のおすすめ2. 奏(かなで)/スキマスイッチ

奏(かなで)
  • 大切な人との別れを惜しむような歌詞が切なく、カラオケで感情を込めて熱唱するのにぴったり
  • Cメロから大サビに向かっての盛り上がりが、曲中に描かれている「僕」の感情の高ぶりとリンクし、思わず号泣してしまう曲
  • ボーカル・大橋卓弥の優しくもセンチメンタルな歌声が、切なく胸に響く

男性2人の音楽ユニット、スキマスイッチが2004年に発表した2枚目のシングル。

映画やTVドラマの主題歌・CMソングといった様々なタイアップを果たし、YouTubeに公開されたミュージックビデオも再生回数が1億回を超える、歴史的な大ヒット曲です。

「男性に歌ってほしい曲」としてカラオケの定番にもなり、発売から長い時が経った今でも多くの人に歌われています。

男性視点のピュアで一途な恋心を描いた楽曲『奏』は、スキマスイッチの代表曲と言っても過言ではないでしょう。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【男性ボーカル】泣ける曲のおすすめ3. 愛唄/GReeeeN

愛唄(あいうた)
  • 好きな人へ宛てた手紙のようなストレートな歌詞で、恋愛中の人なら泣ける曲
  • 軽やかで明るい演奏に、どこか切なさを感じさせるメロディラインが美しく、青春の甘酸っぱさを感じさせる
  • 張り上げるようなハイトーンボイスが、相手を想う一途な恋心を体現しており、胸にグッと響く

歯科医師とアーティストという二足のわらじで活動する4人組ボーカルグループ、GReeeeNが2007年に発表したシングル曲です。それまで世の中を元気づけるような、ポップで明るい楽曲を製作していたGReeeeNにとって、初となるラブソング。

爽やかでどこかセンチメンタルな曲調が若者の心を掴み、数多くのCMソングやバラエティ番組のテーマソングとして起用されました。

青春の儚さと美しさを感じさせてくれる恋愛ソングの大定番です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【男性ボーカル】泣ける曲のおすすめ4. Lemon/米津玄師

Lemon
  • 複雑で独創的なコード進行が、混沌とした曲の世界を引き立てており、深く感動する曲
  • どこかけ気だるげな米津玄師の歌声が、傷ついた心にスッと染み込む
  • 人声のサンプリングや手拍子といった様々な音が曲中に盛り込まれ、米津玄師の音作りへのこだわりが感じられる

TBS系ドラマ『アンナチュラル』の主題歌として書き下ろされた、米津玄師のメジャー8枚目となるシングル曲。発表直後から音楽・動画配信サービスで話題となり、YouTubeに公開された公式ミュージックビデオは、なんと6億回以上も再生されています。

ドラマのなかで描かれる「人の死」が楽曲のテーマとなっており、米津玄師自身の体験や心情を織り交ぜながら、長い時間をかけて製作されたと言われています。

大切な人を亡くした喪失感と、思い出を抱いて生きていく強さが描かれた、切ないミドルバラードです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【男性ボーカル】泣ける曲のおすすめ5. ロビンソン/スピッツ

CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection(通常盤)
  • 草野マサムネ特有の、一見難解ではあるものの美しく文学的な歌詞が、不思議な感動を覚えさせる
  • ギターの旋律が切なく、しんみりとした気持ちになる
  • 柔らかく透明感のあるハイトーンボイスが、聴く人の心を浄化する一曲

1995年に発売された、スピッツ11枚目のシングル。売上は162万枚を超え、数あるスピッツの楽曲のなかでも、最もヒットした曲として有名です。

発表当初、作詞作曲を手掛けた草野マサムネ本人やプロデューサーはこの曲を「地味な曲」と評し、プロモーションもあまり積極的に行わなかったと言われています。しかし、思いがけず大衆に受け入れられ、異例の大ヒット曲となりました。

寂しげな雰囲気を漂わせるギターのフレーズと、幻想的な歌詞の雰囲気が見事にマッチした完成度の高いナンバーです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【男性ボーカル】泣ける曲のおすすめ6. Desperado(ならず者)/イーグルス

ベスト・オブ・イーグルス<ヨウガクベスト1300 SHM-CD>
  • 歌詞が全て英語の洋楽なので、邦楽よりも曲のメッセージがダイレクトに入ってこず、作業中や寝る前のBGMとしてもおすすめ
  • 友を元気づける歌詞が、友情の素晴らしさを再確認させてくれる曲
  • ドン・ヘンリーの柔らかく包み込むような歌声で、慌ただしい日常を忘れて曲の世界に浸れる

アメリカのロックバンド、イーグルスが1973年に発表した楽曲。当時26歳だったボーカル、ドン・ヘンリーが作詞を手掛けており、落ち込む友人を励ます内容となっています。

アメリカで大ヒットしたのはもちろんのこと、日本でも非常に人気の高い洋楽の一つ。映画やテレビで使用されることも少なくありません。

語りかけるような優しい歌声で紡がれる男の美しい友情物語は、発売から長い時を経た現在でも色褪せず、多くの人に愛される名曲です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【男性ボーカル】泣ける曲のおすすめ7. JAM/THE YELLOW MONKEY

MOTHER OF ALL THE BEST
  • バラードのゆったりとしたテンポに合わせて徐々に盛り上がるバンドサウンドが、聴く人の心を熱くさせる
  • ドキッとするような世の中に対する思いを綴った歌詞に、何度でも繰り返し聴きたくなる
  • ボーカル、吉井和哉の感情のこもった歌唱に、涙無しには聴けない一曲

ロックバンド、THE YELLOW MONKEYが1996年に発表したシングル曲。

3拍子のスローなバラードである『JAM』は、それまでのバンドのメインスタイルだったポップでハードなロックとは系統が大きく異なるもので、ファンは大きな衝撃を受けました。

曲中に描かれているのは、世の中の不条理に対する葛藤や、それでも強く生きていくといった非常にメッセージ性の強いもの。2004年の解散ライブでは大トリに演奏されるなど、ファンにとってもメンバーにとっても大切な一曲となっています。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【男性ボーカル】泣ける曲のおすすめ8. 悲しみの果て/エレファントカシマシ

All Time Best Album THE FIGHTING MAN(通常盤)
  • 歌詞にエレファントカシマシのこれまでの苦労が込められており、感情移入して泣ける曲
  • ボーカル、宮本浩次の男性らしい芯のある歌声が、聞く人に勇気を与える
  • 励まされるような力強いメロディなので、辛い時も前を向いて頑張りたい人にぴったり

男性ロックバンド、エレファントカシマシの、事務所をエピック・ソニーからポニーキャニオンに移籍して初めて作られた曲。

これまで日常の虚無感や世の中に対する憤りといった比較的暗いトーンの曲を製作し、コアなファンに支持されていましたが、そのスタイルを一変させた前向きな曲調で多くのファンを獲得しました。

前事務所に契約を打ち切られた「悲しみ」を乗り越え、新たなステップへ踏み出す決意とも感じ取れる曲。聴く人の心を励まし勇気を与えます。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【男性ボーカル】泣ける曲のおすすめ9.Progress/kokua

Progress
  • スガシカオのハスキーで甘い歌声が、疲れた心に染み渡る
  • 「挫折や自己嫌悪を感じて、それでも一歩前に進む」という曲のメッセージが、落ち込んだ時に聴くと元気が出る
  • メンバー全員がそれぞれ個人で活躍しているプロミュージシャンで、演奏や編曲のクオリティが非常に高く、繰り返し聴きたくなる曲

NHKのドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』の主題歌です。

ボーカルのスガシカオを始めとしたメンバーは、この曲を製作するために集まった、邦楽屈指のプロミュージシャン達。様々な分野の第一線で活躍する人に取材をし、仕事に対する信念を聞くという番組の内容に沿わせつつ、一般視聴者にも共感できる歌詞が反響を呼びました。

目指す目標が遠くて諦めてしまいそうな時や、頑張ることに疲れた人に元気を与えてくれる曲です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【男性ボーカル】泣ける曲のおすすめ10. 3月9日/レミオロメン

3月9日
  • 3月という特別な時期の情景が感じられる歌詞で、切ないながらも前に進む勇気をもらえる曲
  • 哀愁のある歌声と緩やかに流れるメロディーで、胸がホッと温かくなる
  • シンプルな旋律とストレートな歌詞によって、楽曲全体が心にスッと浸透し、自然と涙があふれる

日本の3人組ロックバンド、レミオロメンが2004年3月9日に発売したセカンドシングル。

バンドメンバー全員の共通の友人が結婚する際、お祝いとして制作された結婚ソングです。一方で、旅立ちを連想させる切ない歌詞と、この楽曲が使用されたテレビドラマの影響もあり、小中学校の卒業式や合唱でも歌われることの多い楽曲となっています。

オリコンチャートでは62週間のチャートインを果たすロングヒット。レミオロメンを代表する1曲です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【男性ボーカル】泣ける曲のおすすめ11. 瞳をとじて/平井堅

瞳をとじて
  • 切なくも美しい歌詞と歌声で、大切な人を想う純粋な気持ちになれる
  • サビの圧倒的な声量に、思わず心が震える
  • 圧倒的な絶望と喪失感のなかに、かすかな希望を見つけて乗り越えていくという歌詞によって、痛みを抱えながら明日を生きる希望が持てる

シンガーソングライターである平井堅の20枚目のシングルとして、2004年に発売されたバラード曲です。

映画『世界の中心で、愛を叫ぶ』の主題歌として起用され、CDの累計出荷数は100万枚を記録する大ヒットとなりました。

大切な人を亡くした喪失感が歌われているものの、悲しみを乗り越えて強く生きるための決意を感じる歌詞が特徴です。

日本のみならず、台湾や香港、韓国のアーティストにもカバーされており、世界に誇る名曲と言えるでしょう。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【男性ボーカル】泣ける曲のおすすめ12. 言葉にできない/小田和正

自己ベスト
  • 今までの人生を振り返れる歌詞で、いつ聴いても涙が出る
  • 透明感のある歌声と綺麗な言葉に、自分で処理しきれないほどの感情を引きずり出される
  • 言葉にならない感情が歌い上げられていて、感謝の気持ちが自然と湧いてくる曲

小田和正が在籍したバンド『オフコース』が1982年に発売した、通算23枚目のシングル。その後1999年に、CMソングとして彼自身がセルフカバーしている他、現在まで様々なアーティストにもカバーされ続けています。

曲名の通り、感動のあまり言葉にできない気持ちを歌い上げた1曲で、小田和正のコンサートでも頻繁に歌われるレパートリーの1つです。

彼の地元、横浜を走る電車『金沢シーサイドライン』の駅メロディとしても採用されています。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【男性ボーカル】泣ける曲のおすすめ13. 栄光の架橋/ゆず

栄光の架橋
  • 素直な歌詞と伸びやかなメロディーで、爽やかな感動を味わえる
  • 栄光までの険しくも輝かしい道のりが曲の中で表現されていて、前向きにならずにはいられない
  • オリンピックの熱狂と興奮が呼び覚まされ、聴くたびに胸が熱くなる

男性フォークデュオ、ゆずが2004年に発売した21枚目のシングル曲です。同年、NHKの『アテネオリンピック中継』で公式テーマソングとして起用され、日本中の注目を集めました。

その後もスポーツ界で選手の入場時などに使われたり、芸能人のプロポーズ企画に使われたりと、長きにわたって聴かれ続けている楽曲となっています。

勝利の喜び、そして敗北の悲しみや辛さなど、人生における様々なシーンが頭に浮かぶ感動の1曲です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【男性ボーカル】泣ける曲のおすすめ14. 白日/King Gnu

CEREMONY (通常盤)
  • 八方塞がりな状況でも救われたいという心の叫びや葛藤が歌詞に現れており、涙が止まらない
  • 一瞬で耳を奪われる澄んだファルセットから始まり、思わず無心で聞き入ってしまう
  • 歌詞、曲、ボーカルの全てが圧倒的な情感を演出しており、しっかりと現実を受け止めて前に進む強さがもらえる

4人組ミクスチャーバンドのKing Gnu(キングヌー)が、テレビドラマの主題歌として制作した曲です。

2019年2月22日にデジタル配信がスタートし、6日後の28日にはYouTubeへミュージックビデオがアップロードされました。ミュージックビデオの再生回数は3億回を超え、空前の大ヒットとなっています。

一瞬で耳を奪われる聴きやすさと、喪失感をはらんだ歌詞、サウンドの美しさが合わさった令和を代表する名曲の1つです。1度聴けば、多くの人々に長く聴かれ続けている理由が理解できるでしょう。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【男性ボーカル】泣ける曲のおすすめ15. 抱きしめたい/Mr.Children

Mr.Children 1992-1995
  • 泣いているような、叫んでいるような、それでいて笑っているような不思議な歌声で、グッと歌の世界観へ引き込まれる
  • 楽器の美しい音色と情感豊かな歌詞で、友人や恋人、大切なものに気づかせてもらえる
  • どんな世代でも共感できる言葉の数々で、いつでも青春を思い出せる

日本を代表するロックバンド『Mr.Children』の2枚目のシングルとして、1992年に発表されました。

発表当初は話題にならなかったものの、バンドのブレイク後に人気が急上昇。現在ではバンド初期の代表曲の1つとして知られています。

愛情あふれる歌詞が特徴で、当時の若者の間では、告白やプロポーズの際にも良く歌われていたのだとか。

また、国内アーティストにカバーされている他、CMソングにも起用されるなど、世代を超えて聴き継がれている名曲です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【男性ボーカル】泣ける曲のおすすめ16. One more time,One more chance/山崎まさよし

One more time,One more chance「秒速5センチメートル」Special Edition
  • シンプルな曲調に想いが込められた歌詞が合わさり、センチメンタルな心情に浸れる
  • 愛する人を探し求めている気持ちが素直に表現されていて、涙なしに聴いていられない
  • 失ってしまった大切な人への想いを再確認できて、だからこそ次に進む勇気を持てる

シンガーソングライターの山崎まさよしが、4枚目として1997年に発表した曲です。山崎自身が初主演を飾った映画の主題歌としても採用され、CDも累計30万枚を売り上げるヒット作となりました。

国内外の様々なアーティストにもカバーされたり、ゲームアプリのCMソングにも使われたりしており、今なお色褪せない魅力を持っています。

何事も上手くいかない日々の悶々とした気持ちが歌われているため、やり場のない気持ちを抱えている時に強く共感できるでしょう。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【男性ボーカル】泣ける曲のおすすめ17. まちがいさがし/菅田将暉

LOVE (通常盤) (特典なし)
  • 魅力的な曲調と文学的な歌詞が合わさり、しっとりとした感動に沈み込める
  • 魂から溢れてくるような感情のこもった歌声に、心が強く揺さぶられる
  • 俳優だからこその圧倒的な表現力で、自分を信じ抜くことの正しさを叩き込んでもらえる

俳優・歌手として活躍中の菅田将暉。その歌手デビュー1作目として2019年5月に発表された曲です。

作詞作曲は、シンガーソングライターの米津玄師。菅田と米津は2017年頃から交流があり、旬の2人がタッグを組んで生まれた作品となっています。

楽曲の発表後、2019年の6月にYouTubeへミュージックビデオが公開され、2020年2月には再生回数が1億回を突破しました。

「自分の信じた道に間違いはない」という趣旨の心強いメッセージが、奮闘しながらも折れそうになってしまった心へグッと突き刺さります

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【男性ボーカル】泣ける曲のおすすめ18. 僕が一番欲しかったもの/槇原敬之

僕が一番欲しかったもの
  • 「僕」を主人公とした物語調の歌詞で、小説を1ページずつめくるような感覚で楽しく聴ける
  • 他者に与えることの幸せを歌った曲で、純粋な人間愛に泣ける曲
  • 槇原敬之にしか出せない柔らかい歌声は、聴くと温かい気持ちになれる

シンガーソングライター、槇原敬之32枚目のシングルとなる楽曲。

イギリスの男性ボーカルグループ、Blueに提供した曲『THE GIFT』を日本語訳してセルフカバーしたものです。TVドラマやCMとのタイアップも果たし、日本でも一躍有名になりました。

素敵な物を拾って幸せになった「僕」が、それを人にあげることでより幸せになれた、といった「他者へ与える愛」がテーマ。自分にとって本当に大切なものは何か、考えさせられる曲です。

Amazonで詳細を見る


【男性ボーカル】泣ける曲のおすすめ19. Let It Be/ビートルズ

レット・イット・ビー・ネイキッド
  • イントロのピアノとポールの優しい歌声で、序盤から涙腺が緩んでしまう
  • 解散直前の状態であったにも関わらず、息の合った演奏が泣ける曲
  • 全てを受け入れ、ありのままでいるというメッセージが、日常に疲れた心を優しく包み込んでくれる

洋楽ロックの伝説的バンド、ビートルズが1970年の解散前、最後に発表したシングル曲。作詞作曲を手掛けたのはメンバーのポール・マッカートニーで、方向性の違いからバンドが崩壊しかけていた頃に作られました。

曲名の『Let It Be』とは日本語で「あるがままに」という意味で、ポールの亡き母が、楽曲制作に悩む息子へ贈った言葉がモチーフとなったと言われています。

世界中で歴史的な大ヒットとなったこの曲は、長い時を経た今でも、ありのままであることの大切さを語りかけてくれています。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【男性ボーカル】泣ける曲のおすすめ20. Missing/久保田利伸

SHAKE IT PARADISE
  • 日本人離れした久保田利伸の抜群の歌唱力で、曲の世界に引き込まれる
  • 余白をたっぷり使ったスローな伴奏が心地よく、夜に1人で聴きたくなるナンバー
  • 愛し合っているのに結ばれない、もどかしい気持ちを表現した歌詞が涙を誘う

シンガーソングライターの久保田利伸が、1986年に発表したファーストアルバム『SHAKE IT PARADISE』に収録されている曲。アルバム曲であるにも関わらずテレビドラマのエンディングテーマに起用され、シングル曲と同等もしくはそれ以上の人気を博し、久保田利伸を代表する曲の一つになりました。

発売から30年近く経った2016年には、フル配信のダウンロード数が75万件を超え、多くの人から長年愛されています。

スローバラードに失恋の切なさを乗せて歌い上げるラブソングの傑作です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【男性ボーカル】泣ける曲のおすすめ21. 僕が僕であるために/尾崎豊

十七歳の地図
  • 魂の叫びを代弁するような尾崎豊の歌唱が、聴く人の心を強く揺さぶる
  • 「自分とは何か」といった葛藤が10代のピュアな視点で描かれており、涙なしには聴けない一曲
  • シンプルな演奏とややゆったりとしたテンポによって、歌詞のメッセージ性が引き立ち、曲の世界に入り込める

尾崎豊のファーストアルバム『十七歳の地図』に収録されている楽曲。当時17歳だった尾崎豊の葛藤が赤裸々に綴られており、自分に言い聞かせるような歌詞が泣ける曲です。

ミュージシャンからの人気も高い曲で、2004年には男性ロックバンドのMr.Childresが、2010年には女性シンガーのmiwaがカバーしています。

自分とは何か、正しさとは何か、時代を超えた普遍的なテーマについて考えさせられる曲です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【男性ボーカル】泣ける曲のおすすめ22. 希望という名の光/山下達郎

OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012〜(通常盤)
  • 辛い時も希望を見出すという曲のメッセージが、元気と勇気を与えてくれる
  • 語りかけるような口調の歌詞で、自分のためだけに歌ってもらっているような感覚に感動する
  • 穏やかなメロディが心地よく、優しい気持ちになれる曲

映画『てぃだかんかん〜海とサンゴと小さな奇跡〜』の主題歌として、2010年に製作された曲。発表の翌年に起きた東日本大震災の後、ラジオで頻繁に流されるようになり、世の中に広く浸透しました。

聞き手を応援するような語り口で紡がれる歌詞には、「どんな時も希望を見失わずにいよう」というメッセージが込められており、震災で傷ついた多くの人の心を癒やしています。

自分への応援ソングとしてはもちろん、大切な人に贈りたくなる一曲。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【男性ボーカル】泣ける曲のおすすめ23. 生きてることが辛いなら/森山直太朗

生きてることが辛いなら
  • 生きることと真剣に向き合う歌詞が、人生に疲れた人の心へすっと染み渡る
  • 合唱曲風のクラシカルでシンプルなメロディで、どんな時でもシーンを選ばず聴ける
  • 森山直太朗の独特な声と歌唱法が曲のアクセントとなっており、聴けば聴くほど味わい深い

2008年に発売された、森山直太朗16枚目となるシングル曲です。作詞は詩人の御徒町凧が担当しており、彼の自宅で詩の書かれた紙を森山直太朗が偶然発見し、この曲が誕生しました。

「いっそ小さく死ねばいい」というドキッとするフレーズが世間の誤解を生んだものの、曲のテーマは命と向き合うこと。2008年度の首都医校・大阪医専・名古屋医専のCMソングにも起用されています。

歌詞に込められた生きることへのポジティブなメッセージを、最後までじっくりと聴いて読み解いてみてほしい一曲。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【男性ボーカル】泣ける曲のおすすめ24. Bohemian Rhapsody/クイーン

グレイテスト・ヒッツ(SHM-CD)
  • メンバー全員の歌唱力が高く、アカペラ部分ではコーラスのハーモニーの美しさに感動する
  • 序盤の繊細な歌唱とピアノの旋律に、ホロリと泣ける曲
  • 展開がどんどん変わるミュージカルのような構成で、最後まで飽きずに聴ける

イギリスの男性ロックバンド、クイーンが1975年に発表した楽曲。ロックの曲としては珍しい、6分間にわたる大作で、型にはまらないスタイルが世界中で話題となりました。

同タイトルの映画が公開されたことから、若者からの人気に火が付き、日本でも世代を超えて高く評価されている洋楽の一つ。

貧しい少年の苦悩をバラード調・アカペラ調・ロック調といった3つの要素で表現し、聴き終わった後に不思議な感動を覚えます

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【男性ボーカル】泣ける曲のおすすめ25. スローバラード / RCサクセション

COMPLETE EPLP ~ALL TIME SINGLE COLLECTION~
  • 青春の刹那的なロマンチシズムを表現した曲で、センチメンタルな気分に浸れる
  • 温かくもどこか懐かしく切ないメロディが、聴く人の涙を誘う一曲
  • ロックシンガー・忌野清志郎にしか出せない唯一無二の歌声が、魂を大きく揺さぶる

伝説の男性ロックバンド、RCサクセションが1976年にリリースした曲。ゴスペラーズ・槇原敬之・世良公則といった名だたるミュージシャンがカバーしており、音楽ファンの間でも非常に人気の高いナンバーです。

ボーカル・忌野清志郎の実体験がベースとなっている歌詞は、若者の今を生きる感性と、プラトニックな恋の美しさを表現しています。

3拍子のスローなテンポに美しいピアノの旋律、力強い歌声が見事にマッチした、邦楽ロック史に残る傑作。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


失恋・感動・応援など、気になる泣ける曲をじっくり聴いてみて。

ミュージシャンの国籍や年齢・性別を問わず、世の中にたくさんある「泣ける曲」。辛い時に心を慰めてくれたり、明るい言葉で元気づけてくれるなど、曲によって違った魅力があります。

「たくさんあって、どれが自分の心に刺さるか迷ってしまう」と思うかもしれませんが、まずは聴いたことのある曲や好みに近いアーティストから、チェックしてみてくださいね。

今回ご紹介した50曲のなかからお気に入りを見つけて、泣きたい時のおともにしてはいかがでしょうか。


【参考記事】泣きたい時に聴くと良い曲を紹介!▽

【参考記事】泣ける失恋ソング特集はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事