照度計アプリのおすすめ5選|精度の高い人気測定スマホアプリとは?

おすすめの照度計アプリをお探しの方へ。今記事では、照度計アプリの魅力や選び方から、おすすめのアプリまで詳しくご紹介します。簡単に測定できるアプリも解説するので、iPhone&Androidユーザーの方は、ぜひ有効活用してみてください!

照度計アプリとは?使い方や使うメリットを解説します

照度計アプリとは

照度計アプリとは文字通り照らされている光の強さを計測できるアプリの事です。

スマホのセンサーを用いて部屋の明かりや、植物の育成環境の改善に適した明るさが保たれているかを確認することができます。

作業などをする上で照度環境は非常に重要なもの。スマホのアプリでは簡単に照度を知る事ができるので、この機会に照度環境改善に取り組んでみましょう。


照度計アプリの選び方|ダウンロード前に確認すべき点とは

照度計アプリをダウンロードしようと思っていても、種類が多くて困ってしまいますよね。

そんな時にどんなアプリを選べばいいのか、照度計アプリをダウンロードをする前に確認すべき点があります。

必ずチェックして、自分の満足のいくアプリをダウンロードしましょう。


照度計アプリの選び方1. 表示タイプを確認して選ぶ

照度計アプリで明るさの数値を判断する時に、初めて使う方には分かりずらいことも多いと思います。

数値で明るさを判断したいなら、分かりやすいデジタルがおすすめ。明るさをデジタル表記で数値化してくれるので簡単で使いやすいものが多いです。

直感的に判断したいならアナログを使ってみましょう。スマホのセンサーで明るさに応じて針が動くアナログ表記なので、より照度計の感覚に近く使う事ができます。

自分がどのように使いたいかを考えて表示タイプを選びましょう。


照度計アプリの選び方2. 目安表示機能の有無を確認して選ぶ

照度計アプリの中には目安表示機能が付いているものもあります。

目安表示機能とは、測定している明るさが大体どれくらいの明るさなのを、他の明かりの明るさで分かりやすく表示してくれる機能です。

明るさの数値だけで出てきても、大体どれくらいの明るさかわからない時に、ろうそくの明かりなどより詳しい目安を確認できるので、照度計を使った事がない方でも簡単に明るさの想像がしやすくなるので、ダウンロードをする前に一度確認しておきましょう。


照度計アプリの選び方3. カンデラにも対応しているか確認して選ぶ

カンデラとは光量の強さを表す数値の事で、車の車検にも利用されている指標です。

車のヘッドライトを純正品ではなく社外品のLEDライトに交換する方も多いと思います。しかし、ライトの説明書にカンデラの数値が記載されていないライトも多くあり、取り付け後の状態によってカンデラの数値も変わってきてしまうので、車検の際に困る事も。

最近の照度計アプリではルクス数値以外にカンデラ数値にも対応しているアプリも多く登場しています。

ライトの寿命を考えてLEDに交換することは大事な事ですが、適切な光量なのかを確認する為に、車検前にカンデラ数値に対応しているアプリを選んで確認するのが良いでしょう。


照度計アプリのおすすめ5選|精度の高い人気測定アプリを比較

ここまでは照度計アプリをダウンロード前に注意したい点を確認してきました。ここからは精度の高い人気のおすすめアプリを詳しく解説していきます。

iPhoneユーザーもAndroidユーザーもどちらも使えるアプリを厳選しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。


照度計アプリのおすすめ1. QUAPIX Lite

おすすめの照度計アプリ:QUAPIX Lite.jpg

出典:apps.apple.com

  • スマホのカメラで撮影するだけなので操作が簡単で初心者でも手軽に明るさを測定できる
  • 屋外でも使用できるので、どんな場所でも使う事ができる
  • 撮影した部屋の明るさを三段階評価で測定してくれるので、適切な照度の目安がわかりやすい

部屋の明かりが適切な照度なのか確認したいけど、どれくらいが適切なのかわからない方も多いですよね。

『QUAPIX Lite』は部屋を撮影するだけで、照度をデジタル表記してくれる無料アプリ。その部屋のシーンでの推奨される明るさに基づき三段階評価してくれるから、照度の目安がわかりやすく、簡単に目安を把握する事ができますよ。

また、目立ち度や輝度なども測定でき、屋外でも使用できるので、様々なシーンで活用可能。

部屋などの様々なシーンで適切な照度がどれくらいかを確認したい方におすすめのアプリです。

iPhoneユーザーはこちら

Androidユーザーはこちら


商品ステータス

  • 料金:無料
  • 目安表示機能:◯
  • タイプ:デジタル
  • カンデラ対応:×
  • 対応OS:iOS /Android

照度計アプリのおすすめ2. 照度計:Smart Luxmeter

おすすめの照度計アプリ:照度計:Smart Luxmeterjpg

出典:play.google.com

  • スマホを光に近づけるだけで簡単に数値が測定できる
  • 操作がシンプルなので使いやすい
  • 屋外でも使用可能で、測定値は誤差補正メニューで修正できるので本格的に使う事もできる

照度計を使った事はあるけど、買ってまで使うのは面倒だなと思う事ありますよね。

『Smart Luxmeter』はスマホのセンサーを光に近づけるだけで、照度を瞬時にデジタル表示してくれます。

機能は非常にシンプルですが、屋外でも使用可能。植物の育成環境改善などに用いれるなどの用途が広く、測定数値は誤差補正メニューで調整できるので、照度計の扱い方は分かっているけどもっと手軽に照度計を使いたいという方にぴったりです。

Androidユーザーはこちら


商品ステータス

  • 料金:無料
  • 目安表示機能:×
  • タイプ:デジタル
  • カンデラ対応:×
  • 対応OS:Android

照度計アプリのおすすめ3. ルクスメーター

おすすめの照度計アプリ:照度計:ルクスメーターjpg

出典:play.google.com

  • ルクス表示のみではなくカンデラ表示も可能なので車のライトにも使える
  • デジタル以外にグラフ表示もあるので、目安がわかりやすく見やすい
  • 操作性がシンプルで分かりやすい表記なので初心者でも使いやすい

車のヘッドライトをLEDに交換したけど、カンデラ数値がわからないと車検などで困ってしまいますよね。

『ルクスメーター』はルクス以外にカンデラ数値にも対応しており、計測したい所に近づけるだけで照度やカンデラ数値をデジタル表示してくれます。最低値と最高値も測定でき、数値のリセットもできます。

グラフ表示もあるので、見やすく使い方も簡単。

車のヘッドライトを交換したけど、ライトのカンデラ数値がわからない方にぴったりのアプリです。

Androidユーザーはこちら


商品ステータス

  • 料金:無料
  • 目安表示機能:×
  • タイプ:デジタル
  • カンデラ対応:◯
  • 対応OS:Android

照度計アプリのおすすめ4. 簡易照度計

おすすめの照度計アプリ:簡易照度計jpg

出典:play.google.com

  • 照度は数値の他にグラフの二種類で示してくれるので目安がわかりやすい
  • 測定値や測定済みの数値をメールで送信する事が可能で、日時や場所の記録もできる
  • 照度の目安を表示してくれるので初心者にも分かりやすい

測定した照度を保存したり、家族などと共有する為にデータを送りたい時ってありますよね。

『簡易照度計』は照度を数値だけでなくグラフでも表示してくれて分かりやすく、数値の調整も可能だから、端末の最大数値まで計測してくれます。

分かりにくい数値の場合は目安機能も付いているので初めて照度計アプリを使う人でも適正照度がわかりやすいですよ。

測定した場所や日時は5個まで保存可能で、測定値はメール送信もできるので、記録保存やデータを共有したい方におすすめです。

Androidユーザーはこちら


商品ステータス

  • 料金:無料
  • 目安表示機能:◯
  • タイプ:デジタル
  • カンデラ対応:×
  • 対応OS:Android

照度計アプリのおすすめ5. 適性照度チェッカー

おすすめの照度計アプリ:適正照度チェッカーjpg

出典:play.google.com

  • 適性な照度を簡単に計測する事ができるので、作業をする前でも簡単にチェックできる
  • 適性度合いをイラスト表示にしてくれるので目安が分かりやすいので、初心者でも分かりやすい
  • 場所以外に何をするかなどの作業の設定ができるので、手間が省ける

手芸などの細い作業をしていて、もっと作業効率を上げたいけど作業部屋の照度が適切がどうかわからない時ってありますよね。

『適性照度チェッカー』では部屋の照度をスマホのセンサーで感知して、照度が適正かどうかを分かりやすくイラスト表示してくれます。

照度の適性度合いを簡単に判別できるので、部屋で作業をする時に照度が適正かをチェックをして作業効率を上げたい方におすすめです。

Androidユーザーはこちら


商品ステータス

  • 料金:無料
  • 目安表示機能:◯
  • タイプ:デジタル
  • カンデラ対応:×
  • 対応OS:Android

自分が作業している明かりが気になったら、手軽に照度計アプリを使ってみよう。

普段の生活の中でどんな場面でも必要になってくるのが光です。

照度計は適切な光を確認でき、作業効率がアップするよう調節できるのですが、扱いが難しかったり敬遠されがちです。

アプリなら簡単にダウンロードできて、表示も分かりやすく工夫されているものもあるので、皆さんの生活の中にぜひ取り入れてみてくださいね。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事