2016年5月3日

母の日にぴったりの花言葉は?プレゼントしたい花ランキングTOP5

母の日のプレゼントで花束を贈る前に、知っておきたい花言葉とは。定番のカーネーションやバラ、クレマチス、アジサイなど人気のお花から、母の日の贈り物に相応しいおすすめフラワーギフトをランキング形式でお教えします。

母の日に贈りたいプレゼント“花”

母の日 花

5月8日は母の日です。

普段なかなか伝えられない気持ちも、花言葉にのせて伝えればロマンチックで素敵ですよね。母の日にもらってうれしい花を「花言葉」を添えてランキング形式でご紹介します。

 

第5位 母の日の象徴“カーネーション”

母の日 カーネーション

花言葉

  • 赤:母の愛情
  • ピンク:熱烈な愛
  • 黄:軽蔑
  • 白:私の愛情は生きている

カーネーションは、母の日を代表する花として重宝されていますね。その理由を知っていますか。聖母マリアは、十字架を背負ったキリストを見送ったときに涙を流しました。カーネーションは、その聖母マリアの涙の跡に咲いた花と言われているのです。母親の深い愛情を感じられるエピソードですね。

ただし赤いカーネーションは、その高い人気によって母の日シーズンには価格が上がることも。そのため、最近では他の花が選ばれることも増えています。ちなみに、白いカーネーションは「亡くなった母親に捧げる」という意味合いもあるので、贈る際は気をつけてください!

 

赤カーネーションと苺ロールケーキのセット

母の日 カーネーション

Amazonでベストセラー1位に輝く赤いカーネーションと苺ロールケーキのセット。3,600円とお手頃価格なのも一つの魅力。

Amazonで購入

 

第4位 贈る花と言ったら“バラ”

母の日 バラ

花言葉

  • 赤:愛情
  • ピンク:愛をもつ
  • 黄:嫉妬
  • 白:尊敬

いつの時代にも女性に贈る花と言ったらバラですよね。もらって嬉しい花の代表です。季節的にも旬なので、母の日の生き生きとした贈り物になりますよ。

最近では特殊加工を施したプリザーブドフラワーも人気です。水やりが必要なく、枯れる心配もありません。それでいて瑞々しさの残る花は、飾ると気持ちを明るくしてくれます。手入れ要らずで長期間飾れるので、インテリアとしてもぴったりです。

 

赤いバラのプリザーブドフラワー

母の日 赤いバラ

花束を贈るのは恥ずかしい、生花は枯れた時が悲しい。とお考えの貴方におすすめの赤いバラのプリザーブドフラワー。ケースに入ったたった一本のバラは、一本とは感じさせない存在感を放ちます。価格はお手頃な3,456円

Amazonで購入

 

第3位 上品な印象の“クレマチス”

母の日 クレマチス

花言葉

  • 精神的な美しさ、心の美、旅人の喜び

非常に上品で落ち着いた雰囲気を醸し出すクレマチスは、大人の女性にピッタリの花です。「精神的な美しさ」の花言葉はその佇まいに由来し、細い茎に対して大きく鮮やかな花が咲くことから連想されました。

「旅人の喜び」はカーネーション同様、聖母マリアに由来します。赤子のキリストを連れて逃げる聖母マリアが、クレマチスの繁みで休んだのだそう。「旅人」も母に関係するのですね。しなやかなツルに程よいサイズの花が咲くので、ガーデニングに向きます。園芸好きなお母さんには、鉢植えで贈っても良いでしょう。

 

クレマチス5号鉢

母の日 クレマチス

実際にお花屋さんで買うお花よりも大ぶりで鮮やかなフラワーギフト。クレマチスの大人の鮮やかさが一層際立つ美しい色合いが魅力的なお花です。価格は3,700円。

Amazonで購入

 

第2位 母の日の定番“アジサイ”

母の日 あじさい

花言葉

  • 元気な女性、辛抱強い愛情、一家団欒、移り気、美しいが冷淡

たくさんの花が集まって全体で大きな曲線を描くその咲き様は、まさに人と人の結びつきの象徴に感じられます。開花期間が長いため、長期間楽しめるのもポイント。品種改良が盛んので、毎年違ったアジサイをプレゼントすることもできます。珍しい品種は取り扱い数が限られているので、購入・予約はお早めに!

 

アジサイ造花。インテリアフラワー

母の日 あじさい

ひと味ちがうプレゼントとして意外にも人気の造花。枯れないだけでなく、ずっと飾っておけるのが魅力的です。インテリアフラワーならではの圧巻の輝きとともに、お母さんに感謝を伝えてみては?

Amazonで購入

 

第1位 お母さんが好きな花

母の日 花束

やっぱり、あなたのお母さんの好きな花をプレゼントするのが1番でしょう。お花をプレゼントされるだけでも嬉しいのに、自分の好きな花を知っていてくれたら嬉しいものです。

5月に咲く花は、優しい雰囲気の花が多いです。雰囲気だけならどれも母の日に遜色ありません。リーガースベゴニア、百合、胡蝶蘭、ミニバラ、ブーゲンビリア、ナデシコなど、喜んでくれそうな花をプレゼントしましょう。花選びに困ったら、日ごろ使っているフレグランスや好きな色がヒントになります。いつもの会話から好きな花を調べておけば、準備も万全ですね!

 

まとめ

母の日 プレゼント 花束

花言葉にありがとうの一言を添えて、カードを花束にさしましょう。長い手紙でなくても気持ちが伝えられますよ。会えないときは花束を贈る手配だけでも◎。一本電話を掛けると、もっと喜んでくれるはず。お母さんに感謝の言葉を伝えられる一年に一度の大切な日が、素敵な時間になりますように。

Smartlog(スマートログ)

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!