【2020最新】スープメーカーのおすすめランキング|人気の調理家電を徹底比較

便利で使いやすい人気のスープメーカーをお探しの方へ。今記事では、スープメーカーの特徴や選び方から、おすすめランキングまで詳しくご紹介します。スープや味噌汁を手軽に作れるため、日頃から自炊する機会が多い方は、ぜひ参考にしてみてください!

「スープメーカー」とは|特徴やメリットを解説

スープメーカーのおすすめ

スープメーカーとは、材料を入れてスイッチを押すだけの簡単調理で本格的なスープが作れるアイテムです。

お鍋で作るスープに比べて短時間で調理できるので、時間に余裕がない方でも手軽に野菜を摂ることができます。

一人暮らしの場合は特に、ついつい朝食を抜いたり夕飯をお惣菜やインスタント食品で済ませてしまいがち。そんな時にスープメーカーがあれば、手間いらずで栄養満点の野菜スープを作ることができます。

スープ状にすれば食べるのも簡単なので、忙しい朝や何もしたくない夜でも栄養バランスの取れた食事をサッと摂れてとても便利です。


スープメーカーの選び方|便利な調理家電を見分ける方法とは

スープメーカーは様々な家電メーカーから販売されており、商品によってそれぞれ機能や特徴が違うため、どんなものを選んだらいいか迷ってしまいますよね。

そこで、スープメーカーを選ぶときに意識しておきたいポイントを4つ紹介します。


スープメーカーの選び方1. 多彩なレシピに応用するなら多機能タイプを選ぶ

スープメーカーでスープしか作らない場合はシンプルな単機能タイプでも問題はありませんが、スープ以外の料理にも活用するのであれば、様々な用途で使える多機能タイプがおすすめですよ。

最近のスープメーカーは、お粥・離乳食・スムージー・豆乳など、多彩なレシピを楽しめる商品が増えています。

スムージーお粥づくりにも挑戦してみたい場合は、食材を細かく刻むフードプロセッサー機能や、食材同士をしっかりと混ぜ合わせるミキサー機能などが搭載されているものを選ぶと良いでしょう。


スープメーカーの選び方2. 容量は500ml〜800ml程の製品がおすすめ

一人暮らしで食べる分だけ作るという場合は300ml程度の容量があれば十分ですが、作り置きをしたり家族や来客用にも使うのであれば、もう少し容量が多いものの方が安心です。

市販のスープメーカーは、容量が500ml~1,000ml以下のものが一般的です。

その中でも、2~4人前のスープが一度に作れる500ml~800mlのスープメーカーを選ぶのがおすすめですよ。


スープメーカーの選び方3. 色やニオイ残りを予防するならステンレス製を選ぶ

耐熱性に優れていて頑丈なことから、水筒やタンブラーの素材として使用されるステンレス。実は色移りやニオイ残りがしにくいという特徴もあるため、スープメーカーにも広く使われています。

プラスチックやガラスといった素材でできているスープメーカーも多く販売されていますが、カレーやニンニクを使ったスープなどを調理した時に、色やニオイが容器に移ってしまう可能性も。

ステンレス製のスープメーカーを選ぶ際は、容器以外の素材も確認しておくことがポイントです。フードプロセッサー機能やミキサー機能が付いている場合は、内部のカッターもステンレスでできているものを選びましょう。


スープメーカーの選び方4. 温め直しが億劫なら保温機能付きの製品を選ぶ

保温機能が付いているスープメーカーのメリットは、手間をかけず作りたてのおいしさを長時間キープできること。保温機能が付いていないと、食べる度に再加熱をしなければならないうえに、スープがどんどん煮詰まってしまいます。

ほとんどのスープメーカーには保温機能が付いていますが、保温モードにするための操作方法は様々。

その中でも、調理が終わると自動で保温に切り替わるタイプのものだとほったらかしにしておけるので便利です。


【2020最新】スープメーカーの人気おすすめランキングTOP10

スープメーカーの選び方について知ったところで、続いてはおすすめのスープメーカーランキングを紹介します。

容量や素材といった商品情報を比較し、機能の特徴とおすすめポイントをまとめているので、ぜひ参考にしてくださいね。


【スープメーカーのおすすめ第10位】コイズミ スープメーカー Vitalie KSM-1010

コイズミ スープメーカー Vitalie(ビタリエ) レッド KSM-1010/R
  • 「スープお好み」ボタンを押せば、スープの具をお好みの大きさに調節できる
  • パーツを細かく分解することができて、お手入れ楽々で洗いやすい
  • コーヒーメーカーのようなおしゃれなデザインで、キッチンのインテリアとしても活躍

「ポタージュスープならできるだけ細かく、お味噌汁なら具材は大きめにして飲みたい。」その日飲みたいスープによって、ベストな具材のサイズというものがありますよね。

コイズミから販売されている人気の日本製スープメーカーである「Vitalie KSM-1010」は、スープの具をお好みの大きさに調節できる機能が付いています。「スープお好み」ボタンを押すと、ミキサーを手動で運転することができ、具材の大きさの調節が可能です。

その日の気分によって自分好みの食感に仕上げることができるので、こだわり派の方にぴったりなスープメーカーです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:800 (ml)
  • タイプ:多機能
  • サイズ:22 × 15 × 31.1 (cm)
  • 重量:3.7 (kg)
  • 内釜の素材:ガラス
  • 丸洗い:◯
  • 保温機能:ー
  • メーカー:コイズミ

【スープメーカーのおすすめ第9位】アイリスオーヤマ スロークッカー PSC-20K

アイリスオーヤマ スロークッカー ホワイト PSC-20K-W
  • 価格が3,427円と非常に安いので、通常価格のスープメーカーの代替品として最適
  • 食材を60W~175Wの電力でじっくり温めるので、煮魚やおでんのような煮込み料理にも使える
  • 遠赤外線の力で、具材の中までしっかり火を通して旨味を引き出す

市販のスープメーカーは、安いものでも1万円以上するものがほとんど。「もっとリーズナブルな商品があればいいのに。」と思ったことはありませんか?

家計の強い味方となってくれるのが、アイリスオーヤマの「スロークッカーPSC-20K」。機能は加熱のみなので具材の粉砕や撹拌はできませんが、価格は3,427円と非常に安いです。

お試し買いに最適な低価格なので、通常のスープメーカーが高くて買うのをためらってしまう人にこそ、使ってみてほしい一品ですよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:1,600 (ml)
  • タイプ:単機能
  • サイズ:21.2 × 23.2 × 21.3 (cm)
  • 重量:2.2 (kg)
  • 内釜の素材:陶器
  • 丸洗い:◯
  • 保温機能:◯
  • メーカー:アイリスオーヤマ

【スープメーカーのおすすめ第8位】小さな豆乳工場

家庭用豆乳メーカー小さな豆乳工場
  • 容量は約1~2杯分の600mlなので、一人暮らしや飲む分だけサッと作るのに最適
  • 豆乳とスープ以外にも、ジャム・お粥・おからパウダーまで作ることができて、アレンジの幅が無限大
  • ブレンダーや容器の内部を自動洗いする「らくらく洗浄機能」で、手洗いしなくても清潔に保つことができる

調理は簡単だけど、普通のお鍋に比べてお手入れが大変なイメージのあるスープメーカー。特にミキサーやフードプロセッサー機能が付いているものだと、刃先がきちんと洗えているか心配ですよね。

豆乳やスープ・お粥・ジャムなど様々な料理ができる万能調理家電「小さな豆乳工場」の魅力は、面倒なお手入れがスイッチ1つでできてしまう「らくらく洗浄機能」を搭載していること。使用した後に食器用洗剤と水を入れてボタンを押せば、自動で容器の中をしっかりと洗浄してくれます

スポンジやブラシを使って洗う必要がないため、毎日のお手入れが面倒という人にぴったりの商品です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:600 (ml)
  • タイプ: 多機能
  • サイズ:19.3 × 13.5 × 26.5 (cm)
  • 重量:1.8 (kg)
  • 内釜の素材:ステンレス
  • 丸洗い:◯
  • 保温機能:ー
  • メーカー:福農産業

【スープメーカーのおすすめ第7位】APIX 豆乳&スープメーカー ASM-294

  • 高速回転するミルで、豆乳ならわずか18分のスピード調理が可能
  • コロンとしたフォルムの可愛いデザインで、キッチンに華を添えられる
  • フルーツスムージーやビシソワーズなど、インスタ映えするおしゃれなメニューが作れるレシピブック付き

従来のスープメーカーを使用して、調理時間がかかりすぎることに不満を感じている人もいるのではないでしょうか。

APIXの豆乳やスムージーも作れる多機能スープメーカー「豆乳&スープメーカー ASM-294」は、そんなお悩みを解消してくれます。内部のミルが高速回転することで余分な時間がかからず、わずか18分で調理することが可能です。

忙しい朝でも手早く調理してくれるので、いつでもすぐに美味しいスープが飲みたいという人におすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:1,300 (ml)
  • タイプ: 多機能
  • サイズ:16 × 23 × 27.5 (cm)
  • 重量:1.8 (kg)
  • 内釜の素材:ステンレス
  • 丸洗い: ×
  • 保温機能: ×
  • メーカー:アピックス

【スープメーカーのおすすめ第6位】ゼンケン スープリーズ ZSP-1

  • 内釜がステンレス製なので、保温機能が付いていなくても短時間で冷めない
  • 電気ケトルのようなシンプルなデザインで、キッチンに違和感なく馴染む
  • 取り出し口が広く、部品を分解できるので洗いやすい

機能が色々ありすぎると、かえって使いづらいという場合もあるかもしれません。

ゼンケンの「スープリーズ ZSP-1」は、機能がシンプルで使いやすいと評判のスープメーカーです。操作できるボタンは、スープ・食べるスープ・お粥の3つのみ。

作りたいメニューに合わせて3つのボタンのうちの1つを押すだけなので、とても簡単に操作することができます。

悩まずに直感で操作できるので、多機能すぎる家電が苦手な方はぜひ使ってみてくださいね。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:800 (ml)
  • タイプ:多機能
  • サイズ:17.4 × 28 × 23.9 (cm)
  • 重量:3 (kg)
  • 内釜の素材:ステンレス
  • 丸洗い:◯
  • 保温機能: ×
  • メーカー:ゼンケン

【スープメーカーのおすすめ第5位】minish スープメーカー DSM-138

  • コンパクトサイズで軽量のため、持ち運びや収納が楽々
  • ボタンに調理例のイラストが付いているため、直感で操作しやすく便利
  • 真空断熱構造のステンレス製容器で、スイッチを切っても保温状態が持続

スープメーカーのような調理家電は、普段は収納しておいて使う時だけ取り出すという方もいるのではないでしょうか。かさばるものや重さがあるものだと、取り出すのが面倒になってしまい、しばらくして使わなくなってしまうという事態になりかねません。

minishの「スープメーカー DSM-138」は、そんな問題を解決してくれる商品です。大きさは19cm×15cm×26cm、重さはわずか1.7kgと、コンパクトで軽量。戸棚やキッチンの空きスペースに楽々しまえて、とても便利です。

片手でサッと持ち上げられる軽さなので、出し入れが手軽にできるスープメーカーをお探しの方は、ぜひ1度お試しください。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:800 (ml)
  • タイプ:多機能
  • サイズ:19 × 15 × 26 (cm)
  • 重量:1.7 (kg)
  • 内釜の素材:ステンレス
  • 丸洗い: ×
  • 保温機能:ー
  • メーカー:ドウシシャ

【スープメーカーのおすすめ第4位】ゼンケン スープリーズQ ZSP-2

  • 4枚刃のカッターで、裏ごししたようななめらかな舌触りを実現
  • 切った野菜を入れてスイッチを押すだけと手間いらずなので、空いた時間を好きなことに使える
  • 回転と停止を自動で繰り返す撹拌機能で、具材にまんべんなく熱が通り美味しいスープに仕上げる

「せっかくスープメーカーを使うのなら、手作りだと手間がかかってしまうポタージュスープに挑戦したい。」とろっとなめらかなポタージュスープが家庭で飲めるのは、スープ好きの憧れですよね。

そんな願いを叶えてくれるのが、 ゼンケンの「スープリーズQ ZSP-2」。前モデルから改良を加えた4枚刃のカッターで、まるで裏ごししたような口当たりのポタージュスープを作ることができます。

なめらかな舌触りが全自動で実現できるので、家庭でレストランのようなポタージュスープを味わってみたい人に最適なスープメーカーです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:800 (ml)
  • タイプ:多機能
  • サイズ:18.7 × 28.6 × 24.2 (cm)
  • 重量:3 (kg)
  • 内釜の素材:ステンレス
  • 丸洗い:◯
  • 保温機能:◯
  • メーカー:ゼンケン

【スープメーカーのおすすめ第3位】ティファール マルチクッカー クックフォーミー エクスプレス

ティファール マルチクッカー クックフォーミー エクスプレス 6.0L CY8511JP
  • 炒める、蒸すなどの調理にも使えるので、フライパンや蒸し器の代わりにも使える
  • 6,000mlと驚きの大容量で、作り置きやパーティーなどにも大活躍
  • 圧力調理ができるため、大きな具材でも短時間でしっかり火を通せる

キッチンがあまり広くない住宅の場合、スープメーカーが欲しくても、なるべく調理家電を増やしたくないという人もいるはず。

ティファールの「マルチクッカー クックフォーミー エクスプレス」は、本来は電気圧力鍋なのですが、スープや味噌汁のような汁ものにももちろん活用できます。フライパンや蒸し器の代わりとしても使えるため、これ1つで他の調理家電はほとんどいらなくなると言っても過言ではありません。

1台でいくつもの家電の役割を果たしてくれるので、キッチン回りをスッキリと保ちたい人にイチオシの商品です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:6,000 (ml)
  • タイプ: 多機能
  • サイズ:38 × 35 × 32.5 (cm)
  • 重量:6.5 (kg)
  • 内釜の素材:ー
  • 丸洗い:◯
  • 保温機能:◯
  • メーカー:ティファール

【スープメーカーのおすすめ第2位】ゼンケン スープリーズR ZSP-4

ゼンケン スープリーズR ZSP-4
  • 加熱、粉砕、撹拌が全自動で行えるので、他の家事と並行しながらの調理が可能
  • スープ・食べるスープ・お粥・ミキサーと4つの選べるモードで、たくさんのメニューに挑戦できる
  • 調理が終わると自動で保温に切り替えてくれるので、ほったらかしでも安心

家族内で食事をとる時間がバラバラな家庭だと、その度にスープを温め直すのが面倒に感じる人も多いのではないでしょうか。

そんな悩みを解決してくれるのが、ゼンケンの「スープリーズR ZSP-4」です。調理が終わると自動で保温モードに切り替わるので、スタートボタンを押した後は放っておくだけで、いつでも温かいスープを飲むことができます。

再加熱をする必要がないので、何度も温め直す手間を省きたい人にぴったりです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:800 (ml)
  • タイプ:多機能
  • サイズ:17.8 × 26.6 × 26.2 (cm)
  • 重量:2.7 (kg)
  • 内釜の素材:ステンレス
  • 丸洗い:◯
  • 保温機能:◯
  • メーカー:ゼンケン

【スープメーカーのおすすめ第1位】コイズミ スープメーカー KSM-1020

コイズミ スープメーカー ゴールド KSM-1020/N
  • パーツを細かく分解できて洗いやすいため、お手入れが簡単
  • お粥・リゾット・ジュースなど、100種類以上のレシピが試せる
  • 容器がガラス製で中が見えるため、食材の粗さなどが一目でわかって便利

「スープ以外にも、できるだけたくさんの用途に使いたい。」せっかく家電を1つ家に増やすのなら、できるだけフル活用したいですよね。

コイズミの「スープメーカー KSM-1020」は、お粥・豆乳・スムージー・離乳食・さらにはハンバーグの下ごしらえまでと、様々な用途に使うことができるスープメーカーです。付属のレシピブックには100種類以上の調理例が載っており、多様な楽しみ方ができます。

ボタン1つで様々なアレンジレシピが試せるので、料理の幅を広げたい人におすすめの商品です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:800 (ml)
  • タイプ:多機能
  • サイズ:22 × 15 × 31.1 (cm)
  • 重量:3.7 (kg)
  • 内釜の素材:ガラス
  • 丸洗い:◯
  • 保温機能: ×
  • メーカー:コイズミ

スープメーカーを使って、アツアツの美味しい汁物を楽しもう!

お鍋で1から作るスープに比べて、短時間で手間いらずな調理ができるスープメーカー。

スープメーカーを選ぶ際は、どんな機能があるか・容量はどのくらいか、内釜にどんな素材を使用しているかをチェックすることが重要です。

なめらかなポタージュスープが飲みたくて買ったのに、ミキサー機能の付いていない商品を選んでしまっては元も子もありませんよね。

自分好みのスープが毎日美味しく飲めるよう、今回ご紹介したランキングを参考に選んでみてはいかがでしょうか。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事