添い寝ができるベビーベッドのおすすめ|赤ちゃんと寝る際の注意点も解説!

ベビーベッドに寝かせたまま、お子さんと添い寝をしたいと考えている親御さんへ。今記事では、添い寝ができるベビーベッドの特徴から、注意点や実際に添い寝できるおすすめのベビーベッドまで詳しくご紹介します。授乳や寝かしつけも楽になるので、ぜひ育児に導入してみてください!

そもそもベビーベッドで赤ちゃんを寝かせるメリットとは?

ベビーベッドで赤ちゃんを寝かせるメリット

そもそもベビーベッドで赤ちゃんを寝かせるメリットはどのような点なのでしょうか。実は、家の床からは目には見えないホコリやチリが舞い上がっています。ベビーベッドは高さがあるので、ホコリ等から赤ちゃんを守れるのが魅力的。

また、親御さんと一緒の布団で眠ると、寝返りのできない赤ちゃんは窒息してしまう恐れがあるため、ベビーベッドで寝かせることで親御さんも安心して眠れます


添い寝ができるベビーベッドの「特徴」

ママのベッドと並べて添い寝のできる添い寝ベッドはベビーベッドの中でも人気があります。添い寝ベッドは、片側のサイドフレームを取り外すか引き下げて解除できる設計です。

さらに、高さも何段階かで調整できるので、ママのベッドとぴったりと合わせられますよ。

また、添い寝ベッドの中には成長に合わせて長さを調整できるタイプもあります。


ベビーベッドでお子さんと添い寝する際の注意点

実は、親御さんの寝返りによって大人用の掛布団がかかってしまうと赤ちゃんが窒息する恐れがあります。さらに、寝返りし始めの赤ちゃんはうつ伏せの状態から元に戻れないこともあるので、大人用のふわふわの敷布団でも窒息の恐れがあり危険です。

そのため、添い寝ベッドを使用して赤ちゃんと添い寝する場合は、必ず赤ちゃん専用のベビー布団を用意しましょう。

また、ベビーベッドの中にはキャスター付きのものがありますが、キャスターのロックを忘れていると赤ちゃんがつかまり立ちした時に動いてしまうことがあるので、注意してくださいね。


添い寝ができるおすすめのベビーベッド3選|赤ちゃんと寝れる人気寝具とは

これからベビーベッドの購入を考えている方もいらっしゃいますよね。ここからは、添い寝できるベッドの中でも特におすすめのベビーベッドを3つご紹介します。

新生児から寝かしつけに活用できるベッドをご紹介しますので、参考になさってください。


添い寝できるベビーベッド1. 大和屋 そいねーる+

大人のベッドにつけて4才まで添い寝できる そいねーる+ ロング ベビーベッド ホワイト 専用敷きマット付 yamatoya(大和屋)
  • 赤ちゃん用のベッドから子ども用ベッドにチェンジできるので、長く使える
  • キャスター付きなので、ママと一緒に移動して授乳やオムツ替えを簡単にできる
  • 高さのあるベビーベッドだから、ママのベッドと並べて寝かしつけしやすい

「赤ちゃんの時だけでなく、少し大きくなってからも一緒に寝られるベビーベッドがあればなぁ」と思っている方もいらっしゃるでしょう。そんな方におすすめなのが、こちらのベビーベッドです。

ベビーベッドをスライドすると4歳ぐらいまで眠れる子ども用ベッドに早変わりするので、ママと並んで眠れますよ。下にはキャスターが付いているので、寝室からリビングへ安全に移動できるのも人気の理由。

新生児の時だけでなく、長く使えるベビーベッドが欲しいママにおすすめですよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 対象年齢:0ヶ月〜4歳
  • 本体サイズ:53 × 136.8 × 100 (cm) ※ロングベッド時
  • 重量:16 (kg)
  • メーカー:大和屋

添い寝できるベビーベッド2. アオートド 添い寝ベッド

プレイヤード ベビーベッド ベッドサイドベッド ベビーサークル オムツテーブル付き 折りたたみ 物置付き キャスター付き 添い寝ベッド (グレー)
  • 赤ちゃんが中で安全に遊べるプレイスペースやオムツ台にもなる
  • ベッドの高さが4段階調整できるので、大人用のロータイプベッドとも並べて添い寝できる
  • オムツや哺乳瓶を収納できるテーブル付き収納スペースがある

ベビーベッドとしてだけではなく、多機能に使える添い寝ベッドが欲しい方もいらっしゃいますよね。

こちらの添い寝ベッドは、夜はママのベッドと並べる添い寝ベッドとして使えますが、日中は遊びスペースやオムツ替え台として使用できます。ベッドの高さは4段階に調整できるので、ママのベッドの高さにぴったりと合わせられ、赤ちゃんの寝かしつけもしやすくなるでしょう。

夜だけでなく1日中活用できるベビーベッドを探している方は、こちらの商品をチェックしてみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 対象年齢:0ヶ月〜36ヶ月 ※プレイスペースは6歳まで
  • 本体サイズ:126 × 70 × 76 (cm)
  • 重量:10 (kg)
  • メーカー:プレイヤード

添い寝できるベビーベッド3. Soine II ベビーベッド ベッドサイドベッド グレージュ 63916

  • 蚊帳付きなので、虫や幼い兄弟姉妹が投げたおもちゃ等から赤ちゃんを守れる
  • サイドフレームがあるため、敷布団ごと赤ちゃんがズレ落ちる心配がない
  • 折りたたんで持ち運べるので、実家への帰省時もママと添い寝できる

赤ちゃんをベビーベッドで寝かせても、蚊に刺されたり、お兄ちゃん・お姉ちゃんの投げるおもちゃが当たらないか気になってしまうもの。

そんな方は、蚊帳つきのベビーベッドがおすすめです。こちらの添い寝ベッドには取り外し可能な蚊帳が付属しているので、外部から赤ちゃんをしっかり守れます。洗えるシートとマットカバーで内部も清潔に保てるのも人気の理由の1つ。

蚊帳を取り付ければ、蚊や飛んでくるおもちゃから赤ちゃんを守れるので、安全に赤ちゃんを休ませてあげたい親御さんにおすすめのベビーベッドですよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 対象年齢:0ヶ月〜6ヶ月
  • 本体サイズ:99.5 × 53~66 × 68~82 (cm)
  • 重量:9.85 (kg)
  • メーカー:KATOJI

添い寝可能なベビーベッドで赤ちゃんと素敵な時間を過ごしてみて。

今回は新生児から使える添い寝ベッドをご紹介しました。

大人の思い通りにならない赤ちゃんのお世話は大変ですが、ママのベッドに合わせて高さ調整できるベッドやキャスターで移動できるベッドは、あなたの育児をきっと楽にしてくれるでしょう。

ただし、ベビーベッドがあるからといって安心しすぎず、いつも注意して赤ちゃんを見てあげてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ