木製カッティングボードのおすすめ10選。おしゃれな人気アイテムを大公開!

料理の盛り付けでも役立つ人気のアイテム「カッティングボード」。そこで今回は、カッティングボードの使い方から、選び方やおすすめの人気商品まで詳しくご紹介します。普段使いはもちろん、キャンプなどのアウトドアでも重宝するので、ぜひ用途に合う製品をGETしてみてください!

アウトドアでも役立つ!「カッティングボード」とは

木製カッティングボードのおすすめ

カッティングボードとは、まな板とは違い、硬い木の素材でできています。ブレッドナイフなどのギザギザのある包丁でも傷つきにくいのが特徴的です。

お肉を乗せたり、オードブルを盛り付けたりと乗せるだけでおしゃれになり、食欲をそそる仕上がりとなるため、カフェなどにも使われることが増えています。

また、インスタ映えを狙った写真を撮れることから、バーベキュー料理の要素を華やかにできるので、多くのキャンパーからも人気です。


具体的な使い方|カッティングボードに乗せるものとは

SNSなどにもよく登場するカッティングボードは、具体的にどんな使い方をすればいいのか、初めて使う方だと想像が難しいですよね。

よく使われる使い方は、ステーキやピザといった大人数で取り分ける料理です。

お皿に盛り付けるのもいいですが、見た目から美味しさをUPさせるにはステーキやピザといった料理が映えます。また、料理を乗せる以外にも、まな板として使えるので、カッティングボードはお皿やまな板として活用の幅が広いのが特徴です。


カッティングボードの上手な「選び方」

木製のカッティングボードを選ぶ時には、デザインも重要ですがその他にも見るべきポイントがいくつかあります。

ここからは、買う前に絶対押さえておきたいカッティングボードの選び方を徹底解説!

ポイントを押させておくことで、自分に合ったカッティングボードが見つけられるので、ぜひ選ぶときの参考にしてくださいね。


カッティングボードの選び方1. 木の種類を確認して選ぶ

カッティングボードを選ぶ際は、木製の製品でもどんな木の種類が使われているのかチェックしておくのがポイント。

木によって質感や模様など特徴が少しずつ違うので、盛り付ける料理も変わってきます。木の種類を把握しておけば、より盛り付けが楽しくなりますよ。


耐久性に長けた「アカシア」

深みのある色合いと濃淡が特徴のアカシアは、耐久性に優れていて、高級感のある素材です。

キッチンで使うのはもちろんのこと、キャンプなど外で使うシーンでも耐久性があるアカシアはカッティングボードとしても、盛り付けようのお皿としても重宝します。


傷に強い「オリーブ」

オリーブのカッティングボードは高い木質で作られているため、堅牢性が高く、さらに水はけの良さが特徴です。木目のバリエーションも多く、どこをとっても個性的で美しい仕上がり。

傷に強くボードの上でも包丁が使えるので、ローストビーフやハンバーグといった、お肉料理をよく作る人におすすめです。


コスパのいい「ラバー」

家具にも使われることの多いラバーの木は、成長が早く安定して供給できるため、コストを抑えることが可能です。

木目は控えめで、加工後の手触りは滑らかさがあるので、カッティングボードだけでなく家具や建材に使われることも。価格も手頃なことから、キャンプなどのアウトドアシーンでも多く利用されています。

価格も安く取り入れやすいことから、カッティングボードを普段使いしたいという人におすすめです。


家具にも使用される「オーク」

オークは重厚感や耐久性に優れることから、家具に使われることも多い素材です。ヨーロッパやアメリカなどでは家具以外にも、ウイスキー樽として使われることもあります。

木目が荒く、白っぽいのが特徴だから、盛り付けには色の映えるフルーツやケーキといった彩りのある料理を乗せる人におすすめです。


見た目のおしゃれさも素敵な「竹」

竹は他の木材と比べて、軽いのが特徴です。さらに、水はけが良いので、カッティングボードを乾かす時間も短く済むのがポイント。

竹のやわらかな素材が和食との相性が抜群だから、普段食べるおにぎりがカッティングボードに乗せることで、おしゃれな食卓に変わります。

管理がしやすく、和食を中心に盛り付けを考えている人におすすめです。


カッティングボードの選び方2. 厚さや重さを確認して選ぶ

カッティングボードの厚さや重さを確認せず、値段や見た目で判断してしまうと「重たくて使いづらい」「厚みがありすぎて、他の料理とのバランスがイマイチ」なんてことも。

例えば、キャンプなどのアウトドアに行くときに重さのあるカッティングボードを購入してしまうと、荷物となり結局使わなくなるので軽いのがおすすめ。厚さもなるべく薄い方が収納しやすく便利です。

アウトドアをするなら軽くて薄いカッティングボードを選ぶと失敗しませんよ。


カッティングボードの選び方3. 用途に合うサイズを選ぶ

「おしゃれなテーブルにしたい」と考え、デザインだけでカッティングボードを購入してしまうと、「一人では大きすぎる」「4人ではカッティングボードが足りない」といったことが起きてしまいます。

カッティングボードを購入する前に「何を盛り付けるのか」「何人ぐらい使う予定なのか」といったことを考えておきましょう。

1〜2人なら直径15〜20cmのものがGOOD。3〜4人で使うなら直径25〜40cmのものを選ぶとお肉料理やサラダなど盛り付けやすいです。


カッティングボードの選び方4. 食洗機に対応しているか確認して選ぶ

木製のカッティングボードは、食洗機に対応していないものが多いです。しかし、中には食洗機に対応した木製のカッティングボードもあります。

チェックを忘れてしまうと、食洗機があるのに、毎回カッティングボードだけ洗わなければいけないという手間が発生します。その都度洗うことになれば、手間がかかり次第に使わなくなってしまうことも。

また、食洗機対応していることで、頑固なお肉や揚げ物といった油汚れをスッキリと落とせるので、食洗機を導入している家の場合は、食洗機対応のものか必ずチェックしておきましょう。


料理をおしゃれに!おすすめの人気カッティングボード10選

テーブルをおしゃれで華やかにしたり、パーティー用の器として重宝したりとカッティングボードは、様々な食卓シーンで活躍します。

一口にカッティングボードといってもその種類は様々。そこで、使い勝手の良い人気のカッティングボードを紹介します。


おすすめのカッティングボード1. ケヴンハウン ウッドウェア フルーツカッティングボード

  • 取っ手部分に紐があるので、狭いキッチンでも壁にかけて収納可能
  • コンパクトで軽いから、普段使いだけでなくアウトドア用としても重宝
  • 価格も手頃でまな板や鍋敷きとしても使えるため、コスパ抜群

「一人暮らしでもおしゃれな食卓にしたい」「機能性のあるカッティングボードが欲しい」と一人暮らしや生活をよりおしゃれにしたいと考えている人も多いでしょう。

『ケヴンハウン』のカッティングボードなら、天然のアカシアを使った高級感のある作りでデザインがおしゃれ。食パンやフルーツを切って盛り付けるだけでも不思議とおしゃれに見えてしまうカッティングボードです。重さも約363gと軽いので、使わない時は壁にかけて見せる収納としてもGOOD。

1〜2人用のサイズだから、一人暮らしでいつもの料理をワンランクアップさせたいと考えている人におすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:18 × 24 × 2 (cm)
  • 重量:約363(g)
  • 木の種類:アカシア
  • 食洗機対応:ー
  • メーカー:ケヴンハウン

おすすめのカッティングボード2. キャプテンスタッグ 竹製食器 TAKE-WARE カッティングボード

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 竹製食器 TAKE-WARE 角型 カッティングボード 29cm UP-2547
  • 持ち手部分がついていて、キャンプやアウトドアなど持ち運びにも便利
  • カッティングボードは薄い作りなので、まな板としても重宝
  • ぬくもりのある素材だから、料理がさらに美味しく感じる

「カフェのような雰囲気を食卓やキャンプで出したい」カッティングボードを使うなら、普段使いでもアウトドアでも使いたいと考えますよね。

アウトドア用品を扱うブランド『キャプテンスタッグ』のカッティングボードは、ナチュラルな色合いで、どんな料理にも合わせやすく使い方の幅が広がります。素材が竹でできており、軽いだけでなく水はけも良いので、持ち運んで利用するのもOK。

いつもの料理乗せるだけでガラッと雰囲気を変えられるので、いつでもどこでもおしゃれな雰囲気を演出したい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:29 × 13 × 1.2 (cm)
  • 重量:ー
  • 木の種類:竹
  • 食洗機対応:ー
  • メーカー:キャプテンスタッグ

おすすめのカッティングボード3. オリーブ カッティングボード RUSTIC 0125-004

南海通商 パスターキャンプ オリーブ カッティングボード rustic サイズ:約H1.5 W16.5 D30.5 0125-004
  • キッチンに置いてあっても、飾っておくだけでおしゃれに見えてしまうデザイン
  • 木目が美しく、色味はナチュラルだからどんな料理にもぴったり
  • 1〜2人用として程良い大きさだから、一人暮らしにもGOOD

「木製は水はけが悪く、乾きにくいから使いづらそう」と、何となく木製のカッティングボードの購入を迷っている人も多いハズ。

オリーブ素材のカッティングボードは、水はけがよく、まな板としても使いやすいのが魅力的です。『RUSTIC』は、丸や四角といった定番の形ではなく木の特徴を活かした独特の形をしているので、唯一無二のカッティングボード。生ハムやチーズなど盛り付ければおしゃれなバーのような食卓に変わります。

水はけが良くて乾きやすいから、カビの心配をしなくてもいいのがGOOD。RUSTICは木製カッティングボードは使いにくそうと思っている人にこそ、使ってほしい商品です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:16.5 × 30.5 × 1.5 (cm)
  • 重量:約280(g)
  • 木の種類:オリーブ
  • 食洗機対応:×
  • メーカー:南海通商

おすすめのカッティングボード4. ヴンハウン モーニングトレイ L リバーシブルデザイン KDS139

KEVNHAUN ケヴンハウン カッティングボード / モーニングトレイ L リバーシブルデザイン KDS139
  • トレイとして使えるので、パーティーでオードブルを出すときにもOK
  • リバーシブルで使えるから、お皿やまな板として使えキャンプやアウトドアにも人気
  • 天然木を使用しているため、使えば使うほど馴染んで愛着が湧く

「カフェみたいにワンプレートでブランチを楽しみたい」と休日にはカフェのような食事をしたいと考えている人も多いでしょう。

『ヴンハウン』のカッティングボードは、アカシア素材が使われているので、深みのある色合いが特徴。ボードには少し溝があるので、ワンプレートとして使いやすいのも魅力です。さらに、裏返しにすればまな板としても使えるので、1枚で2つの役割として使えるのも人気の秘密。

盛り付け次第でワンプレートランチも楽しめるから、普段の食事をより充実させたい人にイチオシです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:28 × 46 × 2 (cm)
  • 重量:ー
  • 木の種類:アカシア
  • 食洗機対応:×
  • メーカー:ヴンハウン

おすすめのカッティングボード5. アカシア カッティングボード

  • アカシアの色合いが使いやすいから、初心者の人でもおしゃれにテーブルコーディネートができる
  • 価格が千円代と手頃なため、値段で購入をためらっている人にもおすすめ
  • 厚さが1.5cmと薄いので、食卓にも持ち運びやすくお皿代わりとして使える

カッティングボードを買うのは初めてだから、まずはシンプルなものを購入しようと考えている人は多いはず。

こちらのカッティングボードなら、シンプルな長方形のデザインでアカシアの木目も主張が少ないので、どんな料理でも使いやすいのが魅力的です。オリーブオイルを刷り込んでいるため、程よくツヤがあり料理を美味しく見せます。

カッティングボードを購入したことがなく、どれを選んだらいいのか分からないという人にこそ、まずシンプルで汎用性が高いアカシアのカッティングボードをおすすめします。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:40 × 15 × 1.5 (cm)
  • 重量:ー
  • 木の種類:アカシア
  • 食洗機対応: ×
  • メーカー:アドキッチン

おすすめのカッティングボード6. k-uning ピザボード

k-uning ピザボード 木製カッティングボード まな板 パン切台 ヨーロッパビーチ
  • 高級感のある作りだから、どんな料理もおしゃれに見せる
  • 2〜3人でちょうど良い作りなので、パーティーのオードブルとして最適
  • カッティングボードの中でも人気が高いデザインで、SNSにも映える作り

「キッチンをおしゃれに可愛らしくしたい」といつもの食卓を華やかにしたいと考えている人も多いでしょう。

『k-uning』なら、りんごの形をしたコロンと丸いカッティングボードで、木目調が美しくテーブルが一気に華やかに。ピザボードとしても使える大きさで、盛り付けの使い方も幅広くアレンジできます。

いつも食べる料理も、盛り付ける器を変えるだけで雰囲気もガラッとおしゃれに変わるカッティングボードだから、食卓を華やかにしたいと考えている人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:33.5 × 27.8 × 1.2 (cm)
  • 重量:約600(g)
  • 木の種類:ー
  • 食洗機対応: ×
  • メーカー:k-uning

おすすめのカッティングボード7. D&S エンドグレインカッティングボード L MP.1621-L

D&S エンドグレインカッティングボード L MP.1621-L
  • ステーキなどのお肉料理にも映えるから、パーティーに最適
  • 天然木のアカシアなので、手触りもよくお手入れも楽ちん
  • まな板としても使えるから、キッチンにおいておくだけでおしゃれ

大勢でキャンプやアウトドアに行くと、カッティングボードが他の人とかぶってしまい、どれが自分のものか分からないなんてことも。

『D&S』の商品なら、天然木のデザインを活かし、他の人と被りにくい作りをしているのがポイント。アカシアで作られているから、強度が強いだけでなく使い込めば使い込むほど味が出てくる作りです。お肉料理はもちろん、チーズや生ハムといったオードブルも映えます。

他の人とかぶるのを避けたいという人には、おしゃれさがありながら個性的で味のあるデザインのD&Sがおすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:39.8 × 24.7 × 3.8 (cm)
  • 重量:約1065(g)
  • 木の種類:アカシア
  • 食洗機対応:ー
  • メーカー:佐藤商事

おすすめのカッティングボード8. 四国加工

  • ヒノキオイルが含まれているから、抗菌効果が期待できて料理も安心
  • まな板としての使い方もできるので、毎日使えてコスパ最強
  • 日本製の木を使った無垢一枚板だから、赤ちゃんのいる家庭でも安心して使える

いつものお皿もいいけど、たまにはおしゃれなテーブルコーディネートをしていつもとは違う雰囲気を味わいたいと思うことってありますよね。

『四国加工』のカッティングボードには、ひのきが使われていて手作り。全体的に丸みのある作りをしているので、柔らかさがあってどこかぬくもりがあります。まな板として使えるのはもちろんのこと、ブルスケッタやマフィンといった、ちょっとした料理やお菓子を乗せるのにもGOOD。水キレもよく乾きやすいから、傷みにくいのもポイントです。

ひのき素材のカッティングボードを使うだけで、温かみのある食事にガラッと変わるので、いつもとは違う食卓を楽しみたいと考えている方におすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:35× 14.5 × 1.5 (cm)
  • 重量:ー
  • 木の種類:ひのき
  • 食洗機対応:ー
  • メーカー:無垢材の四国加工

おすすめのカッティングボード9. Das Holz(ダスホルツ)カッティングボード L

  • カラーが3色あるから、食事に合わせてコーディネートができる
  • シンプルなデザインなので、どんな料理にも合わせやすく初心者の人でも扱いやすい
  • パンやステーキなど、カッティングボードの長さがあるので使い方が無限に広がる

カッティングボードを使っていても、盛り付けがいつもワンパターンになってしまい、もっと変化を付けたいと考えることってありませんか。

『Das Holz』なら、長方形で長さがあるからアレンジしやすいのがポイント。例えば、おにぎりを並べるだけでいつもとは違った雰囲気になりますし、パンを乗せただけでもごちそうに見えてきます。

Das Holzが人気のある理由は、和食や洋食など料理の種類を問わず美しく盛り付けられること。カッティングボードでの盛り付けがいつもワンパターンになってしまう人にこそ、ぜひ様々なアレンジをこのカッティングボードで楽しんでみてはいかがでしょうか。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:15 × 40 × 1.5 (cm)
  • 重量:700(g)
  • 木の種類:ー
  • 食洗機対応:ー
  • メーカー:Das Holz

おすすめのカッティングボード10. エピキュリアン 木製

エピキュリアン 木製 まな板 カッティングボード S ナチュラル 食洗機対応 10806N
  • 大きいカッティングボードなので、盛り付けのアレンジも広がる
  • フックにかける穴もついているから、収納スペースの場所を取らない
  • 耐熱温度は176℃までOKだから、鍋敷きとしても使える

「木製のカッティングボードは食洗機が使えない」とカッティングボードの購入をためらっている人も多いはず。

『エピキュリアン』なら、木製でも食洗機を使って洗えるから、洗い物から開放されます。エピキュリアンのカッティングボードは大きいので、大人数でパーティーをする時にも便利。普段使いではまな板としても使えるから重宝します。

木製のカッティングボードを使いたいけど、食洗機が使えないことで諦めていた人にぜひ使って欲しい商品です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:20.3 × 15.2 × 6 (cm)
  • 重量:約240(g)
  • 木の種類:セルロース繊維加工品
  • 食洗機対応:◯
  • メーカー:エピキュリアン

カッティングボードの上手なお手入れ方法とは

木製のカッティングボードのお手入れのコツはは2つあります。

1つ目は使ったらすぐに洗うことです。油汚れなど汚れがついたまま長時間放置すると汚れが落ちにくくなるので、注意しましょう。風通しの良い場所に置いておくと早く乾きますよ。

2つ目はツヤがなくなったら定期的にオイルを付けることです。コーティングが無くなってくるとパサパサとした感じになり見た目もよくありません。食用油を塗って、乾いた布で拭くとツヤが戻ります。


カッティングボードを使って、おしゃれな盛り付けを楽しもう!

カッティングボードはいつもの料理をガラッとおしゃれに変えてくれるアイテムです。1つ持っているだけで、食卓が華やかになりいつもの食事も満足度が高くなります。

今回紹介したカッティングボードはどれも使いやすく人気が高いので、カッティングボードをどれにしようか悩んでいるならこの記事をぜひ参考にしてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ