【用途別】洗濯ネットのおすすめ決定版|洋服・ズボンで人気比較集

日頃の洗濯で重宝する人気アイテム「洗濯ネット」。そこで今回は、洗濯ネットを使用するメリットから、選び方やおすすめの商品まで詳しくご紹介します。ワイシャツやズボンに最適な定番の洗濯ネットはもちろん、女性下着(ブラ)向けや布団用の洗濯ネットも解説!

洗濯ネットを活用するメリット|必要な理由とは?

洗濯ネットのおすすめ

毎日の洗濯では、洗濯機内で衣類同士や洗濯槽との摩擦が起きていて、絡まり合うため型崩れや繊維のダメージが大きく、衣類の劣化を早めてしまうことがあります。

洗濯ネットを利用すれば、洗濯物の型崩れやダメージを防ぐ他、色移りの予防、洗濯物の糸くずやゴミの付着を予防できるなど、より購入時に近い状態のまま洗えるようになるのがメリットです。

また、下着と分けて洗うように分類するのにも重宝しますし、デリケートな素材だけをまとめることもできるので、生活シーンに合わせて使い分けられます。


洗濯ネットの上手な選び方|失敗しない比較の仕方とは

洗濯ネットを選ぶときのポイントは、大きく4つに分けられます。ネットに入れる服の種類によって、選び方も変わってきますので、複数準備する人も多いです。

まずは、失敗しない洗濯ネットの選び方をお紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


洗濯ネットの選び方1. サイズをチェックして選ぶ

洗濯物には、下着や靴下などの小物から、Tシャツ、カットソー類。パーカーやパンツなどかさばるものまで様々なサイズがありますよね。

合わないネットを購入してしまうと洗濯ネット内に入らないことや、余裕ができずに、洗剤が行き届かず汚れが落ちない状態になってしまいます。

販売されている洗濯ネットには、サイズの小さいものから大きなものまでバリエーションが豊富ですから、衣類に最適なサイズを選ぶようにし、使い分けることがポイントです。


洗濯ネットの選び方2. 網目の粗さにも目を通して選ぶ

衣類に付いた汚れの頑固さによっては、ネットの網目の状態で汚れが落ちなかったり色移りの原因になったりすることもあります。せっかくネットに入れたのに、汚れが落ちないままでは意味がありませんよね。

簡単に分類すると汚れのひどい衣類は、網目の粗いネット。目立った汚れがないものは中目。色移りが気になるものは、細目の網を選びましょう

優秀な洗剤なら、網目が細かくても浸透して汚れを落とすものもありますので、使用する洗剤の質にもこだわってみてください。


洗濯ネットの選び方3. 洗うアイテムに合うネットを選ぶ

洗うアイテムに合わない洗濯ネットを使用してしまうと、型崩れしたり不要な摩擦を受けたりして、素材がダメージを受けてしまうこともあります。

ブラジャー専用の形を崩さないワイヤー入りのネットや、シャツやパンツ類の平たい形状。セーター用、毛布用などは円すい状のネットなども販売されています。

一概に洗濯ネットといっても、アイテムに沿った形状が数多く販売されているため、洗いたいアイテムによってネットを使い分けるのが重要です。


洗濯ネットの選び方4. ドラム式洗濯機を使用の場合、対応しているか確認する

洗濯ネットの中には、ドラム式に対応していない商品もあるため注意が必要です。

ドラム式洗濯機には、たたき洗いなどの強い刺激が加えられるので、洗濯クズも侵入しやすくなります。また、ファスナーが洗濯槽に挟まって故障するケースもあるため、ロックできるファスナーを選ぶことが大切。

激しい動きで洗浄力の高いドラム式ですが、確認しないと大きな代償が必要になりますから、ご家庭でドラム式洗濯機を使っている場合は、注意して選びましょう。


【アイテム別】おすすめの洗濯ネットを大公開!

洗濯ネットを選ぶポイントが分かれば、実際に商品をチェックしてみましょう。大小様々な商品が発売されていますので、洗いたい洗濯物に適したサイズのネットを選んでいくのがポイントです。

ここでは、洗うのに最適なアイテム別のおすすめ人気洗濯ネットをご紹介します。


【上着やタオル向け】定番のおすすめ洗濯ネット4選

毎日着用する衣類は、使用頻度の高さから少しでも耐久性のあるものを選びたいですよね。また、汚れが蓄積されないよう洗剤が行きわたりやすいネットを選ぶのがポイントです。

ここでは、Tシャツやタオル、ワイシャツなど、上着やタオル類を入れて洗うのに適した洗濯ネットをご紹介します。


おすすめの洗濯ネット1. ダイヤ シャツのための洗濯ネット

  • 洗う段階から畳んで洗えるので、アイロンがけが面倒な人にぴったり
  • セットの仕方も簡単なので、難しい手間なく利用できる
  • 自宅でシワのないワイシャツに仕上げられ、クリーニング代を節約できる

「ワイシャツの洗い上りのシワが強いから、都度アイロンが面倒なんだよなぁ…。」といった悩みを持つこともあるでしょう。

この商品は、ワイシャツをネット上で畳んで洗えるのが特徴です。水流の強さがあってもむやみに衣類を動かさずに洗濯できるため、干す際にもシワができにくく、アイロンも簡単になるメリットがあります。

取れないシワに苦戦してアイロンがけをしなくてもいいため、一人暮らしの男性や家事の負担を少なくしたい人に購入して欲しいですね。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:約 420mm × 150mm
  • 網目タイプ:粗い と 細かい のダブル仕様
  • ドラム式洗濯機対応:〇
  • 形状:角型

おすすめの洗濯ネット2. ダイヤ おしゃれ着用洗濯ネット

  • 装飾があっても洗濯機の衝撃を抑えて洗えるため、キラキラした服が多い人におすすめ
  • 仕切り付きで、同時洗いした衣類の糸くずも付着しないので、綺麗に洗い上げられる
  • どんな洗濯機にも対応している上、丈夫だから、迷わず購入できる

装飾のあるおしゃれ着は、パーツのほころびが気になって洗濯機でしっかり洗えないと悩むこともありますよね。

このネットは、洗濯の衝撃を抑えるクッションメッシュを採用しているのが特徴です。立体的なネットで中には仕切りがついており、2枚同時洗いができる上、衣類の絡みや糸くずの付着を予防できます。

秋冬に使用する装飾の付いた厚手のセーターやニットもすっきり洗えるため、「洗濯に悩んで女の子らしい服装を諦めたくない!」という女性にぴったりですよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:約 350 × 200 × 100 mm
  • 網目タイプ:細かい
  • ドラム式洗濯機対応:〇
  • 形状:角型

おすすめの洗濯ネット3. ダイヤ 角型洗たくネット・大物用

ダイヤ ランドリーネット apex角型洗たくネット・大物用 横約60cm×縦約60cm
  • 絡みや摩擦を抑えて洗いあげるから、肌触りの良さを長持ちさせたい人にぴったり
  • 網目も大きめなので、乾燥機の熱風も届きやすく、ふっくら仕上げられる
  • 耐熱性の高いファスナーを使用していて、溶けたりする心配もなく安心できる

「手ざわりのいいバスタオルを良い状態のままキープできるようにしたい…。」と思うこともあるでしょう。

この商品は、バスタオル約3枚分をいっぺんに洗える洗濯ネットで、絡みや摩擦をグッと抑えられるのが特徴です。ファスナーも大きめで出し入れもラクにできるメリットがあるのもポイント。

タオルケットやシーツなど、少し大きめのリネン類の状態を維持しながら洗えるため、心地いい肌触りを重視して洗い上げたい人に手にして欲しい商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:600 × 600 mm
  • 網目タイプ:粗い
  • ドラム式洗濯機対応:×
  • 形状:角型

おすすめの洗濯ネット4. ダイヤ まとめ洗い洗濯ネット 直径約40cm

ダイヤコーポレーション まとめ洗い洗濯ネット 直径約40cm
  • まとめて洗い、移動ができるので、面倒くさがり屋な人にぴったり
  • ほど良いきめ細かさの網目なので、洗剤もしっかり浸透して汚れを落とせる
  • タオル類などから出る細かい糸くずも防げるので、衣類とタオルも一緒に洗える

ハンカチや靴下、部屋着などを細かく分類するのが面倒だと悩む時ってありますよね。

この洗濯ネットは、個別に分ける必要のなさそうな衣類をまとめて洗えるネットです。広げると球状に広がるため、家族4人分の洗濯物を1つにまとめられると口コミでも人気があります。洗濯後もネットを取り出すだけなので、洗濯機の中を何度ものぞき込むこともありません。

一気に洗って一気に移動できる実用的な洗濯ネットだから、「実は面倒くさがり屋なんだよね。」というあなたに、購入して欲しいですね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:φ 400 mm
  • 網目タイプ:細かい
  • ドラム式洗濯機対応:×
  • 形状:丸型

【ズボン向け】履き物に使えるおすすめの人気洗濯ネット4選

靴に近い裾の部分や内股部分には、汗や汚れが付きやすいもの。しっかり洗いたいけど、型崩れも防ぎたいアイテムですから、大きすぎない程良い大きさのものを選んでみましょう。

ここからは、ズボンやスラックスを洗うのに適した洗濯ネットをご紹介します。


履き物向けの洗濯ネット1. ダイヤ パンツのための洗濯ネット

  • アイロンがけ不要なほどシワなく洗えるから、クリーニング代を節約したい人にぴったり
  • 網目が細かいので、色移りなどが気になるものでも安心して洗える
  • 洗濯を干すときのシワ伸ばしもいらないので、負担を減らせる

「洗った後のアイロンが苦痛でスラックスをクリーニングに出しているけど、少し節約したいなぁ。」と悩むこともありますよね。

この商品は、スラックスにシワを付けずに洗えるパンツ専用ネットで、付属のメッシュシートを巻き込んでネット内に入れるため、対流で絡んだりするのを抑えられるのが特徴です。

汗ばむ季節のスラックスやチノパンなども、クリーニング並みに綺麗なフォルムを維持して洗えるメリットがあるから、クリーニング代の節約に力を入れたい人は、ぜひ購入してみて。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:420 × 190 mm
  • 網目タイプ:細かい
  • ドラム式洗濯機対応:ー
  • 形状:角型

履き物向けの洗濯ネット2. YONIK 洗濯ネット ズボン用ネット 3個セット

YONIK 洗濯ネット ズボン用ネット ズボン ランドリーネット ズボン収納バッグ 型崩れ防止 細目 3個セット
  • 一度に3本のズボンを洗えるので、家族が多いご家庭におすすめ
  • わずか1,000円で購入できるので、お財布にも優しくコスパが良い
  • 洗濯機が大きいなら何度も洗濯しなくていいので、電気代や水道代も節約できる

ズボンを一度に何本も洗わなくちゃいけないから、ネットも数本あった方が良いかなと迷っている人もいるでしょう。

こちらのネットは、3枚のズボン専用ネットがセットになっていて、価格も格安で購入しやすい人気商品です。ママのジムパンツから、パパのスラックス、お兄ちゃんのズボンも1回の洗濯で洗えるので、洗剤や水道代の節約にもなります。

複数枚を一気に洗えるため、「家族が多いけど、洗濯を一気に済ませたい。」というご家庭にぴったりですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:190 × 420 mm
  • 網目タイプ:細かい
  • ドラム式洗濯機対応:ー
  • 形状:角型

履き物向けの洗濯ネット3. TAOPE 洗濯ネット 40*50cm 二枚セット

洗濯ネット ランドリーネット 洗濯袋 30*40cm 二枚セット 細目 洗濯バッグセット 家庭用 収納袋 旅行袋 崩れ防止 絡み防ぎ 洗濯ボール ランドリー ブラジャー 下着 Tシャツ 靴下 小物 丈夫
  • 2枚セットだから、毎日洗濯しない一人暮らしの人にぴったり
  • ズボンを丸めたりする手間がないため、手軽に使用できる
  • 細目で細かい糸くずも寄せ付けないから、洗いあがりも綺麗にできる

「1人だと毎日洗濯機を回さないから、数日分のネットを準備しておいた方が良いかな…。」と考えている人もいますよね。

こちらは長方形のほど良いサイズのネットで、ズボンを半分や1/3ほどに折りたたんで洗えるのが特徴です。包んだり丸めたりといった洗う前の手間もありません。網目が細いので、タオルなどと一緒に洗濯しても糸くずが付きにくく、綺麗に洗い上げられます。

手間も省けて綺麗に仕上げられるネットですから、一人暮らしの人に購入して欲しいですね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:400 × 500 mm
  • 網目タイプ:細かい
  • ドラム式洗濯機対応:〇
  • 形状:角型

履き物向けの洗濯ネット4. 学生服専用洗濯ネット

学生服専用洗濯ネット ズボン・スカート用洗濯ネット 発売元:株式会社ナカヒロ 製造元:株式会社ダイヤコーポレーション
  • 制服を手軽に洗えるようになるから、ニオイを気にする学生の制服洗いにぴったり
  • プリーツスカートも洗えるので、細かいアイロンがけもグッとラクになる
  • クリーニング代を気にしなくてもいいので、経済的にも余裕ができる

「子どもの制服も自宅で洗いたいなぁ…。」と悩む親御さんは多いのではないでしょうか。でも、形状記憶でない制服のアイロンがけは苦労しますよね。

この洗濯ネットは、型崩れさせないよう包み込んで洗える学生服用のネットで、普通のズボン用より少し大きめなのが特徴です。女の子のプリーツスカートも、絶望的な状態にならずに洗えるため、男女問わず使用できるのが魅力。

高いクリーニング代を払わずとも、自宅でスッキリ洗い上げられるため、ニオイを気にする思春期の子供を持つ人に超おすすめですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:200 × 500 mm
  • 網目タイプ:細かい
  • ドラム式洗濯機対応:ー
  • 形状:角型

【下着向け】摩擦のダメージから下着を守るおすすめ洗濯ネット4選

繊細なレースや質感を生かした高級素材を使用することも多い女性下着。

毛玉や型崩れを防げる洗濯ネットなら、いつまでも綺麗な状態をキープできるため、女性なら1つは手にしておきたいネットです。

ここでは、下着を型崩れや摩擦から守る洗濯ネットをご紹介します。


下着向け洗濯ネット1. Narue 下着専用洗濯ネット

  • かわいいデザインで洗濯のモチベが上がるので、洗濯を後回しにしがちな人にぴったり
  • 内側の生地はブラのフックが引っかからないので、破損するのを予防できる
  • 2~3枚のブラを同時に洗濯できるから、毎日洗濯しない人にもおすすめ

もともと洗濯がそんなに好きじゃない人は、洗濯のモチベーションが上がらないと悩む人もいるでしょう。

この商品は、見た目にもとってもかわいいデザインが特徴。少し大きき目に改良されていますので、ブラも2~3枚同時に洗濯することができます。内側はなめらかな生地なので、ブラのフックが引っかからず、フックの破損も予防。

スマイルやウインクのかわいい絵柄が、洗濯のモチベーションを上げてくれるので、「ついつい洗濯を溜め込んでしまうのよね…。」という女性にイチオシです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:直径 160 × 170 mm
  • 網目タイプ:細かい
  • ドラム式洗濯機対応:ー
  • 形状:丸型

下着向け洗濯ネット2. ワコール ウォッシュネット

  • 洗濯ネットにクッション性があるから、ワイヤーの歪みを避けたい人にぴったり
  • かわいいレースやモチーフが外れにくくなるので、お気に入りも安心して洗える
  • 真っ白なカラーなので、ネット自体の劣化も見えやすいため、買い替え時がわかる

「ブラを洗濯ネットに入れても、形状が崩れてしまう…。」といった悩みを持つこともあるでしょう。

この商品は、下着メーカー『ワコール』が発売する人気の洗濯ネットです。形状を崩さないクッション性のあるネットを使用していて、型崩れを予防します。ファスナーを隠して洗濯できるため、一緒に洗う衣類を痛めることもありません。

かわいいレースやモチーフもそのままに、ブラの形状を維持して洗えるから、ワイヤーの歪みで悩むのは絶対に避けたい女性におすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:190 × 230 × 110 mm
  • 網目タイプ:細かい
  • ドラム式洗濯機対応:ー
  • 形状:角型

下着向け洗濯ネット3. TANI.co ブラジャー専用洗濯ネット マシマロ・大きい(L)サイズ

ブラジャー専用洗濯ネット マシマロ・大きい(L)サイズ
  • サイズの大きいブラでもネットに納まるので、胸の大きな女性にぴったり
  • 中央のクッションでブラを固定できるから、ワイヤーやカップの形状を崩さずに洗える
  • ブラを入れると球状になるため、洗濯中もねじれることがなくブラを歪みから守れる

普通の大きさのネットでは、ブラが収まらずに悩む人もいますよね。

この商品は、トップサイズ100cm前後のボリュームのあるブラも余裕で入る大きさが特徴。合わせ貝のように入れられ、中央にクッションを入れる仕様になっており、ブラを固定して形状を崩さずに洗えるのもポイントです。

今まで手洗いやデリケートコースを選択して洗っていた人でも、歪みや破損を気にすることなく洗濯できますから、「大きいサイズのブラ用ネットがない…。」と悩んでいた女性に購入して欲しいですね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:約170 × 170 × 145 mm
  • 網目タイプ:細かい
  • ドラム式洗濯機対応:ー
  • 形状:丸型

下着向け洗濯ネット4. Dreamy wing ランドリーネット

洗濯ネット ブラジャー ランドリーネット Dreamy wing 洗濯袋 ブラジャー/下着/靴下 洗濯機用 円筒型 3層メッシュ生地 細目 キズ防止 ファスナー隠し 滑り止め 旅行 ポーチ 直径18×高さ15cm (ブルー×2枚セット)
  • 容量が大きいので一人分の下着をまとめて入れられ、使い勝手が良い
  • ストッキングなども毛玉や伝線を気にせず洗えるから、綺麗な状態を維持できる
  • かわいいデザインなので、洗濯に埋もれて見失うことが少ない

「ブラ以外にもショーツやストッキングが入れられないと使いにくい…。」と悩む人もいるでしょう。

こちらは、筒状で容量のある洗濯ネットで、レギンスやストッキング、靴下など、伝線したり毛玉ができたりするのを予防しながら洗えるため、大変重宝します。ファスナーが隠れる仕様になっているので、他の洗濯もキズ付けませんし、持ち手付きなので保管する時にも掛けやすいのが魅力。

いっぺんに1日分の下着をまとめて入れられるネットなので、使い勝手の良さを重視したい人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:150 × 170 mm
  • 網目タイプ:細かい
  • ドラム式洗濯機対応:〇
  • 形状:丸型

【布団・毛布向け】寝具を洗うのに便利な人気の洗濯ネット4選

衣替えの季節や小さな子どものおねしょなど、布団や毛布の汚れを洗う場合には、洗濯槽と毛布の大きさを確認しながら、自宅で洗濯できるのかどうかも確認が必要ですよ。

ここでは、寝具を洗うのに便利な洗濯ネットをご紹介しましょう。


布団向け洗濯ネット1. 布団洗濯用ネット アラエマックス

  • とても丈夫なメッシュ生地を使用しているので、耐久性を重視している人にぴったり
  • 水切れが良いため、脱水後に干すと乾きも良く、衛生的に使える
  • 大きく開くので、厚手なものもスムーズに出し入れできる

洗濯ネットの縫製が弱いと、破けてしまいそうで不安になることもありますよね。

この商品は、丈夫なメッシュ生地を使用しており、洗濯機の側面や底に触れて回転しても破れずに使用できるのが特徴です。水切れもいいので、脱水まで安心して行えるのもポイント。一辺が全開にできるので、出し入れもスムーズにできます。

一般的な洗濯物より摩擦面が増える布団類も、丈夫なネットが守ってくれるから、何よりも「ネットは耐久性を重視して選びたい。」という人に購入してほしいですね。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:900 × 1100 mm
  • 網目タイプ:中目
  • ドラム式洗濯機対応:ー
  • 形状:角型

布団向け洗濯ネット2. 東和産業 ランドリーネット ピンク

東和産業 ランドリーネット ピンク 直径40×長さ55cm
  • ポンと入れてサッと出せるから、体に負担を掛けずに出し入れできる
  • 乾燥機も使用できるため、コインランドリーなどでも中身を見られずに済む
  • 普通の洗濯物のまとめ洗いにも使用できるので、活躍度が高く重宝する

「水分を含んだ寝具類は重くて出し入れが大変だから、肩や腰が痛くなりそう…。」と考えることもあるでしょう。

こちらは、洗濯槽の大きさにすっぽり収まる円すい状の洗濯ネットで、上部には持ち手が2ヵ所付いており、移動しやすいのが特徴です。乾燥機にも使用できるため、毛布の他にもブランケットやシーツ類をまとめて洗うこともできます。

何度も引き上げなくても、一気に洗濯槽に出し入れできるため、肩や背中、腰などに痛みを感じやすい世代にぴったりですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:直径400 × 550 mm
  • 網目タイプ:細かい
  • ドラム式洗濯機対応:〇
  • 形状:丸型

布団向け洗濯ネット3. ダイヤコーポレーション ふくらむ洗濯ネット特大70

ダイヤコーポレーション ふくらむ洗濯ネット特大70 布団も洗える
  • 蛇腹になっていてコンパクトに畳めるため、省スペースでも綺麗に整頓できる
  • 洗濯機に入れやすい持ち手が付いていて、出し入れしやすい
  • 最大ダブルサイズの布団まで洗えるので、厚手の寝具を清潔にしたい人にぴったり

大きい洗濯ネットは、収納の時にも場所を取りそうと購入を悩むこともありますよね。

この洗濯ネットは蛇腹になっており、畳んだときにサイズがスリムになるのが特徴。畳みやすく、収納場所も整頓しやすいので、スッキリ片付けられるメリットもあります。中身を入れると丸い形状に変化しますから、洗濯機に入れやすく取り出しやすいのも魅力です。

省スペースでも綺麗に収納できるため、「アパート住まいで収納場所が狭い。」という人に購入をおすすめします。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:内径 700 mm
  • 網目タイプ:細かい
  • ドラム式洗濯機対応:〇
  • 形状:丸型

布団向け洗濯ネット4. Vertrage 洗濯ネット ランドリーネット 2枚セット

Vertrage 洗濯ネット ランドリーネット 2枚セット 巾着型 寝具用洗濯ネット 毛布も洗える 特大 洗濯用品 型崩れ防止 絡み防ぎ 傷み防止 細かい網目 丈夫 家庭用
  • 大きな巾着袋のようなかわいい洗濯ネットなので、収納袋としても使用できる
  • サイズ違いの2枚組だから、洗いたいものによって使い分けできる
  • 網目が細かく、洗濯ゴミが付着しないので、綺麗に洗い上げられる

「洗い終わったものを、そのまま収納できるようなネットがあればなぁ…。」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

この商品は、サイズ違いの洗濯ネットが2枚組になっていて、巾着のようなフォルムで出し入れもしやすいのが特徴です。乾いた後に収納袋として使用することもできるため、タンスにスッキリ片付けられるメリットがあります。

普段洗えない布団や座布団も優しく洗える上、収納にも役立つので、汎用性のある洗濯ネットを探している人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:400 × 500 、500 × 600 mm
  • 網目タイプ:細かい
  • ドラム式洗濯機対応:ー
  • 形状:丸型

【靴用】シューズを洗うのに最適なおすすめ洗濯ネット2選

手洗いしなくてもシューズが洗濯できる主婦には嬉しい洗濯ネットですが、洗濯の衝撃でシューズが傷だらけにならないような工夫のあるものを選ぶ必要があります。

ここでは、シューズ洗いに適したおすすめ洗濯ネットをご紹介します。


靴用の洗濯ネット1. シューズ丸洗い専用ネット

  • 手洗いしなくてもシューズを洗えるので、手荒れ予防にぴったり
  • 27cmまでのシューズに対応していて、家族みんなの靴を綺麗にできる
  • 衝撃吸収クッションが内蔵されているため、脱水時もうるさくならない

「スリッパやシューズを手洗いすると、手荒れがひどくなりそう…。」と思うこともありますよね。

こちらのネットは、子供用の上履きやスリッパを洗える靴専用ネットで、27cmまでの靴なら洗濯機で傷を付けずに洗うことができます。衝撃吸収クッションが付いているので、脱水時などでも洗濯機がガタンガタンとうるさくならず、型崩れもおこしません。

手で洗わなくても、スリッパやシューズを傷つけずに一掃できるネットだから、これまでの手洗いの煩わさを解消したい方におすすめの洗濯ネットになります。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:270 × 310 × 100 mm
  • 網目タイプ:粗い
  • ドラム式洗濯機対応:ー
  • 形状:角型

靴用の洗濯ネット2. NESHEXST 洗濯 ネット 靴 洗い

NESHEXST 洗濯 ネット 靴 洗い シューズ (1個, 白)
  • ネットごと物干し竿に干せるから、シューズを干す場所に悩んでいる人にぴったり
  • シューズが洗濯槽に接触しないクッションが付いていて、騒音気にせず使える
  • 左右の靴同士もぶつからないよう仕切られているので、靴のキズを予防できる

靴を洗えるまではいいけれど、干すときに安定しないのが悩みという人もいるでしょう。

この商品は、靴を洗ったあとに、そのまま物干しに掛けられるのが特徴。網目も大きいので、洗剤も浸透しやすく、すすぎや脱水、乾燥までしやすいのも魅力です。円形のクッションが付いているため、シューズを洗濯機の回転衝撃からも守れます。

洗濯から乾燥までの工程を、ネット内で完結させられる便利なアイテムですから、「シューズを干す場所にいつも迷う。」という人に購入して欲しいですね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:270 × 240 × 90 mm
  • 網目タイプ:粗い
  • ドラム式洗濯機対応:ー
  • 形状:角型

日々の洗濯で役立つ!洗濯ネットに関する素朴なQ&A

毎日繰り返す洗濯で、ダメージを受ける衣類だからこそ利用したいのが洗濯ネットです。素朴な疑問を解消できないと、不安なまま購入するようになってしまいます。

最後になりますが、洗濯ネットの使い方に関するQ&Aをご紹介していきましょう。


Q1. 洗濯ネットに入れて洗うべき物とは?

装飾品の付いた衣類や、色の濃い衣類、摩擦に弱い素材などは洗濯ネットに入れた方が良いでしょう。

また、ニットなどは伸びが良くても戻りが悪いものがあるため、ネットに入れるのをおすすめします。


Q2. 衣類は裏返して入れた方が良いの?

素材がデリケートな場合や、色の濃い衣類を洗濯後に強い日差しに当てる場合には、裏返しで入れるのがおすすめです。生地のダメージを防ぎやすくなります。


Q3. ネットにはどれくらい洗濯物を入れていいの?

ネットには、余裕がありすぎるのも、なさすぎるのも良くありません。適正量は2/3程度と覚えておくのが良いでしょう。


Q4. サイズはぴったりの方が良いの?

あまりにサイズがぴったりすぎると、衣類が揺らがないため、洗濯水が衣類全体を洗浄できないこともあります。程よく余裕のあるサイズを選びましょう。


Q5. 汚れが落ちにくい場合はどうすればいいの?

汚れが落ちにくい場合には、下洗いをしてからネットに入れること。また、デリケートな生地は正しい処理をしないとダメージを受け、修復不可能になることもありますので、無理せずにクリーニングへ出すことをおすすめします。


Q6. 洗濯ネットに入れたまま乾燥機にかけて平気なの?

まずは、衣類の洗濯表示を確認して乾燥機使用ができるかどうかを確認しなければなりません。乾燥機にかける時は、熱風がまんべんなく当たらないため生乾きの状態になったりしてしまうため、ネットを外して乾燥機に入れるのが望ましいです。


使用する用途にあった洗濯ネットを選んでみて

毎日の洗濯で知らぬ間にダメージを受ける衣類を守るためにも、洗濯ネットの利用は欠かせません。大は小を兼ねるといった思考で選んでしまうと、ネットを使用する意味がなくなってしまうので、適切なサイズや用途にあったものを選ぶのがポイントです。

アイテム別にご紹介した洗濯ネットを参考にしながら、お気に入りの衣類を大切に洗える商品を選んでみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事