【種類別】万年筆インクのおすすめ20選|安くて使いやすい人気商品を比較

補充用の万年筆インクをお探しの方へ。今記事では、カートリッジ式やボトル式といったインクの主な種類や選び方から、実際におすすめしたい万年筆インクまでご紹介します。パイロットやペリカンといった人気メーカーの製品を筆頭に解説していくので、お手持ちの万年筆に最適なインクを見つけましょう!

そもそも、万年筆とインクは同じメーカーを使うべき?

万年筆インクのおすすめ.jpg

使ってみたい万年筆インクがあっても、自分が使っている万年筆と同じメーカーが出しているインクとは限りませんよね?

先に正解から伝えると、万年筆とインクのメーカーを絶対に揃える必要はありません。

しかし、違うメーカーである事が原因で大切な万年筆を傷めてしまったり、何か不具合が起きてしまったりした時に、メーカー保証が受けられなくなってしまう恐れがあります。

そのため、基本は万年筆とインクのメーカーは同じメーカーで揃えるようにするのがおすすめですよ。


どれを買うべき?万年筆インクの「上手な選び方」

最近では、ご当地インクなども発売されるほど、人気が高くなっている万年筆。しかし、一口に万年筆インクといっても、その種類は実に様々。

せっかく買ったインクが使えなくて、棚の飾りになってしまうのはもったいないですよね。

まずは、自分の万年筆にぴったり合ったインクを上手に選ぶ方法をチェックしてみましょう。


万年筆インクの選び方1. インクの種類をチェックして選ぶ

万年筆で使えるインクには、大きく分けて「染料インク」、「顔料インク」、そして、「没食子インク」と3種類になります。

それぞれ特徴が大きく違うので、その違いを把握して用途に合わせたインクを選ぶようにしましょう。


「染料インク」の特徴

万年筆インクの中で、最も一般的なのが染料インクです。万年筆の色材に染料が使われているため、染料インクと呼ばれてます。

染料インクは水に溶ける性質を持っているため、万年筆の中にインクが残っていてもトラブルになりにくく、万年筆初心者さんでも扱いやすいのが特徴です。

一方、水に弱いため、書いた文字が濡れるとにじんで読めなくなってしまう事もあるので、注意しましょう。


「顔料インク」の特徴

水には溶けない性質の顔料を色材に使用しているのが顔料インクです。顔料は非常に細かな微粒子なので、染料インクよりもくっきりはっきりとした筆跡を楽しめます。

また、水に濡れてもにじまない耐水性、光に長時間あたっても色が褪せない耐光性共に優れているので、長期間保存したい書類などに使用するのがおすすめです。

一方、一度固まってしまうと溶けにくく、万年筆にインクを入れたまま長期間放置すると、万年筆を分解して修理しなくてはならない場合もあるので気をつけましょう。


「没食子インク」の特徴

別名「古典インク」とも呼ばれる没食子インク。水性の染料インクに、鉄分と酸を特殊な製法で加えているインクです。

昔は、インクのカラーはブルーブラックのみでしたが、最近では、様々なカラーが出てきています。

一番の特徴は、紙に書いた文字のインクが徐々に参加し、インクカラーが少しずつ濃く黒色に変化していくという経年変化を楽しめる事。水ににじまないだけでなく光にも強いので、長期保存したい書類におすすめです。


万年筆インクの選び方2. インクの形状をチェックして選ぶ

万年筆のインクは、ストローのような細長いカートリッジタイプと、たくさんインクの入ったボトルタイプの2種類。

万年筆のインク補充方法には、カートリッジを使用した補充方法と、ボトルからインクを補充する方法があります。

それぞれにメリット、デメリットがあるため、自分の万年筆と目的に合う方を選ぶようにしましょう。


持ち運びに便利な「カートリッジタイプ」

カートリッジ内のインクがなくなったら、新しいカートリッジに交換するだけなのが、カートリッジタイプのインクです。手もペン先も汚す事無くスムーズにインクを補充できるので、外出先でもストレス無く使いやすいというメリットがあります。

また、1本のカートリッジが終わったら、ペン先を洗って他の色のカートリッジも試しやすいので、1本の万年筆でいろんな色を試してみたい方や、外出先で万年筆を使う事が多い方などにおすすめですよ。


大容量でコスパのいい「ボトルタイプ」

万年筆で毎日長文の日記を付ける方や、小説は手書きで書きたい文筆家の方など、万年筆をよく使う方におすすめなのが、大容量でカートリッジタイプよりコスパが良いボトルタイプのインクです。ボトルタイプの場合、万年筆にインクを補充するためには、都度、インクを吸入しなくてはなりません。

この吸入方法には、ピストン式、プランジャー式、レバー式、ボタン式など、様々なタイプがあります。その中でも、もっとも一般的なのがピストン式。注射器と同じように、万年筆内部の圧を下げてペン先からインクを吸い込む補充方法となります。

ボトルインクの中にペン先をしっかりつける必要があるため、補充後はペン先を綺麗に掃除しなくてはなりません。


万年筆インクの選び方3. 好きな色合いのインクを選ぶ

万年筆のインクには、定番の黒やブルーブラックだけでなく、美しい朝焼けをイメージしたオレンジ色やお漬け物をイメージした紫色、ジーンズをモチーフにした青色など、最近では様々な種類のインクが発売されています。

珍しいカラーインクだと、カートリッジタイプではなくボトルタイプのみで展開されている場合もあります。

しかし、使い切りやすい小瓶タイプのインクもあるので、ボトルタイプのインクでもどのサイズがあるのかチェックしてみるのもおすすめですよ。


【種類別】万年筆インクの人気おすすめ商品15選

万年筆メーカーが作っている万年筆インクだけでなく、万年筆は作ってないけど様々な種類の万年筆インクを作っているメーカーなど、最近ではどの万年筆インクを選んだら良いのか迷ってしまうほど選択肢が豊富です。

ここでは、おすすめの万年筆インクをカートリッジ式とボトル式に分けて、それぞれおすすめの万年筆インクをチェックしていきましょう。


【カートリッジ式】おすすめ万年筆インク7選

持ち運びしやすくて、インクの補充も簡単にできるカートリッジ式。

しかし、カートリッジ式は、メーカー独自の規格に合わせて作られているタイプも多く、同じメーカーの万年筆にしか使えない場合もあるので注意が必要です。

万年筆初心者さんでも手軽に使える、おすすめのカートリッジ式の万年筆インクをチェックしていきましょう。


カートリッジ式の万年筆インク1. パイロット 万年筆用カートリッジインキ 5本入 IRF-5S-BB

パイロット 万年筆用カートリッジインキ 5本入 ブルーブラック IRF-5S-BB
  • レトロ可愛いパッケージでSNS映えもばっちり。
  • カートリッジ先端のカバー部分が長めなので、カートリッジ交換時にスムーズに差し込める。
  • 手軽に購入しやすい安い価格帯なので、万年筆をよく使う方でも継続して購入しやすい。

パイロットの万年筆で使えるカートリッジ式インクを探している方におすすめのインクがこちら。深みのあるブルーブラックカラーなので、普段使いしやすいのが嬉しいですよね。

4cm × 6cmというとっても小ぶりなパッケージに5本入っているので、ペンケースや鞄の中でも邪魔になりにくく持ち運びしやすいのも魅力的です。

学生でも購入しやすい「カクノ」や「コクーン」といった比較的安い万年筆から、社会人がボーナスで購入したい「蒔絵」シリーズなどの高級万年筆まで、幅広いパイロットの万年筆ラインナップで使えますよ

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • インクの種類:ー
  • カラー:ブルーブラック
  • メーカー:パイロット

カートリッジ式の万年筆インク2. パーカー カートリッジインク クインク

パーカー カートリッジインク クインク ブルーブラック 1950385 正規輸入品
  • 万年筆初心者でも扱いやすいインクなので、初めて万年筆を使う方にもおすすめ。
  • 高級感のあるパッケージなので、パーカーの万年筆を愛用している方へのプチギフトとしてもおすすめ。
  • 持ち歩きしやすいサイズなので、外出先でもインクの補充がとっても簡単。

パーカーの万年筆に使えるカートリッジインクを探している方にぴったりのインクがこちら。

さらさらと滑らかな書き味を追求して開発されたインクなので、たくさん手書きしたい方でもストレス無くスムーズに書き続けられますよ。

また、速乾性が高いので、書いているうちに手がどんどん汚れてしまう心配も少なくなるのが嬉しいですよね。カラーはエレガントで品の良いブルーブラック。

今までインクが出すぎてしまったり、かすれた経験がある人はぜひこちらを試してみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • インクの種類:水性染料系インク
  • カラー:ブルーブラック
  • メーカー:パーカー

カートリッジ式の万年筆インク3. セーラー万年筆 顔料カートリッジインク 極黒 13-0604-120

セーラー万年筆 万年筆 顔料カートリッジインク 極黒 13-0604-120
  • 墨のように、くっきりはっきりとした文字が書けるので、手紙や葉書の宛名書きにも使いやすい。
  • カートリッジのボディ部分には、全て色名などが記してあるので、他のカートリッジと一緒に持ち歩いても、色がすぐに分かる。
  • 超微粒子の顔料を採用しているので、万年筆の目詰まりを起こしにくい。

セーラーの万年筆で使える黒いインクを探している方におすすめのカートリッジインク。公的文書への署名など、フォーマルシーンでも使いやすい真っ黒なインクが特徴です。

耐水性と耐光性に優れたインクなので、うっかり水に濡れて文字が読めなくなる心配がないのも嬉しいポイント。

また、色の濃いインクにありがちな、書いた文字のにじみや裏側にまで文字が透けてしまう裏抜けなどの問題も少ないので、手帳や日記などにも使いやすい人気のカートリッジインクといえますよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • インクの種類:顔料インク
  • カラー:極黒
  • メーカー:セーラー

カートリッジ式の万年筆インク4. ラミー カートリッジインク

LAMY ラミー カートリッジインク ブルーブラック LT10BLBK 正規輸入品
  • カートリッジのボディ部分にラミーのロゴが入っているので、いろいろなメーカーの万年筆を使っていても、使えるカートリッジを間違える心配がない。
  • インクが乾くと、さらに濃くなるので、書きながら色の変化が楽しめる。
  • 1箱に5本のカートリッジが入っているので、インク残量を気にする必要がない。

ドイツ生まれのラミー万年筆専用のカートリッジインクを探している方にぴったりのインクです。

「サファリ」や「アイオン」、「ステュディオ」など、様々なシリーズがあるラミー万年筆の中で「2000」以外の万年筆全てで使える純正品なので、ラミー万年筆を使っている方へのプチギフトにもおすすめですよ。

カラーは、落ち着きのあるブルーブラック。ブルーとブラックの中間程度、濃いめのブルーインクなので、普通のブルーブラップに飽きた方はぜひ検討してみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • インクの種類:ー
  • カラー:ブルーブラック
  • メーカー:ラミー

カートリッジ式の万年筆インク5. ウォーターマン 詰め替えインク

ウォーターマン 詰め替えインク ミステリアスブルー (ブルーブラック) S0110910 1.4ml 正規輸入品
  • ロングサイズのカートリッジなので、残量を気にせず書き続けられる。
  • メーカー純正品のカートリッジなので、安心してウォーターマンの万年筆に使える。
  • ポツダム宣言でのサインを書いたといわれている歴史あるインク。

エレガントなボディラインが美しいウォーターマンの万年筆専用のインクを探している方にぴったりのカートリッジインクがこちら。

書いた直後は、深みのある美しいブルーブラックですが、時間が経つと緑味を帯びた明るい色合いへと変化していきます。まさに、ミステリアスブルーという名前に相応しい色変化が楽しめるインクです。

また、とっても滑らかな書き味なので、ストレス無くスムーズに書けるのも魅力的。普段使っているインクの色合いに飽きた人はぜひこちらを試してみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • インクの種類:ー
  • カラー:ミステリアスブルー (ブルーブラック)
  • メーカー:ウォーターマン

カートリッジ式の万年筆インク6. シュナイダー Schneider 万年筆 インクカートリッジ 欧州共通規格 100本入り ミッドナイトブルー 青 BS6823

シュナイダー Schneider 万年筆 インクカートリッジ 欧州共通規格 100本入り カートリッジインク ミッドナイトブルー 青 BS6823
  • シンプルなデザインの容器なので、デスク周りに置いておいてもインテリアの邪魔にならない。
  • 優しい色合いが楽しめるカラーなので、書いた文章の印象を和らげる事ができる。
  • インクを全て使い終わったら、容器を小物入れとして再利用できる。

シュナイダーの万年筆だけでなく、他メーカーの万年筆でも使えるカートリッジインクを探している方におすすめのインクがこちら。

ミニサイズのカートリッジが100本も入っているので、オフィスや学校、家庭などで、毎日使いやすいのが嬉しいですよね。

また、速乾性に優れているので、書いた文字のインクが手につきにくいのも魅力的です。

カートリッジはヨーロッパ共通規格仕様なので、様々な種類の万年筆で使いやすいのも見逃せないポイントですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • インクの種類:ー
  • カラー:ミッドナイトブルー
  • メーカー:シュナイダー

カートリッジ式の万年筆インク7. MONTBLANC モンブラン 万年筆 インク カートリッジ ミステリーブラック 8本入り MB105191

MONTBLANC モンブラン 万年筆 インク カートリッジ ミステリーブラック 黒 8本入り 正規輸入品 MB105191
  • 漆黒ではなく、ニュアンスのあるブラックなので、エレガントな雰囲気の文字が書ける。
  • 書いた直後は青みがかったカラー、乾くと赤紫っぽい色味の黒に変わるので、文字色の変化が楽しめる。
  • おしゃれなパッケージなので、モンブランの万年筆を使っている方へのプチギフトにもおすすめ。

モンブランの万年筆で使えるインクを探している方におすすめのカートリッジインクがこちら。モンブランらしい高級感溢れる引き出し式のパッケージに入っているので、カートリッジを取り出すのもとっても楽チンです。

そして、カートリッジはショートタイプなので、万年筆に予備のカートリッジを入れて持ち運べるのも嬉しいですよね。外出先でカートリッジの交換が必要な時でも、万年筆に予備がセットしてあれば、慌てる心配もありませんよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • インクの種類:水性染料系インク
  • カラー:ミステリーブラック
  • メーカー:モンブラン

【ボトル式】人気おすすめ万年筆インク8選

万年筆にインクを補充するコンバーターがついているタイプを使っている方や、万年筆がインクを吸い込む過程を楽しみたい方におすすめなのが、ボトル式のインクです。

ここからは、種類豊富なボトル式インクの中でも、特におすすめのインクをチェックしていきましょう。


ボトル式の万年筆インク1. パイロット 万年筆インキ iroshizuku INK-50-TY ツキヨ

パイロット 万年筆インキ iroshizuku INK-50-TY ツキヨ
  • 日本パッケージデザイン大賞で金賞を受賞しているボトルデザイン。
  • 日本の美しい自然をモチーフにしているので、外国の方にも人気が高いインク。
  • ボトルの底部分に万年筆のペン先をぴったりあてられる窪みが作ってあるので、インクの補充がしやすい。

コンバーターがついたパイロットの万年筆を使っている方におすすめの、とっても美しいボトル式インクがこちら。

シンプルなデザインのガラス瓶の中に、青白く輝く月の光でほんのり緑がかった夜空をイメージした青いインクが入っています。ブルーブラックやブラックとも違う、優しいニュアンスのあるカラーなので書いていて気分が落ち着きますよ。

豊富な種類が揃っているiroshizukuシリーズの中でも、人気の高いカラーなので万年筆を愛用している方へのプレゼントにもぴったりです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • インクの種類:ー
  • カラー:ツキヨ
  • メーカー:パイロット

ボトル式の万年筆インク2. セーラー万年筆 顔料ボトルインク 極黒

セーラー万年筆 万年筆 顔料ボトルインク 50ml 極黒 13-2002-220
  • 目詰まりしにくいインクのため、ストレス無くスムーズに書ける。
  • 書き心地の良さと文字色の美しさに嵌まり、リピートする人が続出。
  • 落ち着きのある美しい黒い文字がかけるので、どんな書類にも使える。

力強くはっきりとした文字をセーラーの万年筆で書きたい方におすすめのインクです。その名の通り、くっきりはっきりとした黒い文字を楽しめます。

また、セーラーが独自に開発した超微粒子の顔料インクを採用。水に濡れてもにじみにくいだけでなく、裏抜けもしにくいのが最大の特徴です。紙の両面にたくさん書きたい手帳などにも、気軽にたくさん書けるのが嬉しいですよね。

セーラーのインクの中でも一番の定番インクといっても良いインクなので、一つ持っていると重宝する事間違い無しですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • インクの種類:顔料インク
  • カラー:極黒
  • メーカー:セーラー

ボトル式の万年筆インク3. セーラー万年筆 ボトルインク 四季織 十六夜の夢 土用

セーラー万年筆 万年筆 ボトルインク 四季織 十六夜の夢 土用 13-1008-206
  • カラーの種類が豊富なので、色選びの楽しみがある。
  • 手頃なサイズで値段も安く、コスパも良いので、複数個購入しやすい。
  • シンプルでおしゃれなパッケージなので、SNS映えもばっちり。

セーラー万年筆でニュアンスのあるインクを楽しみたい方におすすめのインクです。日本の自然が作り出す四季折々の彩りをイメージしているインクシリーズ「四季織 十六夜の夢」。

その中でも、じりじりと夏の暑い日差しに照りつけられて乾いた大地をイメージしている土用は、こっくりとした深みのあるブラウン系のカラーが楽しめます。

20mlと可愛らしい小瓶に入っているので、どんな色なのか実際に自分の万年筆で書いて試してみたい方にもおすすめですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • インクの種類:染料インク
  • カラー:土用
  • メーカー:セーラー

ボトル式の万年筆インク4. ラミー ボトルインク

LAMY ラミー ボトルインク ブルーブラック LYVT08936  正規輸入品
  • インクボトルの側面には、インクを補充する時に欠かせないインクの吸い取り紙がついているので、インクの補充がよりスムーズにできる。
  • インクボトルの底面は丸みを帯びているので、インクの残りが少なくなってきてもスムーズに補充ができる。
  • インクボトルのキャップでインクカラーの判別ができるので、複数個持っていてもすぐに必要なインクが分かる。

ラミーの万年筆で使えるインクを探している方におすすめのボトルインクです。

しっとりとした落ち着きのある色合いが楽しめるブルーブラックのインクは、筆圧や書き方の癖などで現れる自然な濃淡が、書いた文字をより美しくエレガントに魅せてくれると大人気。

そして、ラミーのどの種類の万年筆とも相性が良いシンプルで可愛らしいボトルは、デスク周りのインテリアのアクセントにもなってくれそうですよね。

ラミーの万年筆を使っているという実感がより湧いているので、ラミーファンの方にもおすすめですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • インクの種類:染料インク
  • カラー:ブルーブラック
  • メーカー:ラミー

ボトル式の万年筆インク5. モンブラン 万年筆 インク ミステリーブラック

MONTBLANC モンブラン 万年筆 インク ミステリーブラック 黒 60ml 正規輸入品 ボトルインク MB105190
  • インクタンクが大小2つに分かれているので、インク残量が少なくなっても万年筆にインクの補充がしやすい。
  • 安定感のあるインクボトルなので、インクの補充中にうっかり倒してしまう心配がない。
  • 万年筆への負担が少ない染料インクなので、頻繁に万年筆を使わない人でも安心。

モンブランの万年筆で使える黒いインクを探している方におすすめのインクがこちら。

モンブランのアイコンでもある、ホワイトスターがポイントになっているエレガントなインクボトルに入っているのは、まっ黒とは一味違うニュアンスのあるブラック。

書いた直後は、ほんのりと青味がかった涼しげなブラック、乾くと赤紫が混じったエレガントなブラックへと変化します。

白黒はっきりつけられない、つけたくない大人のアンニュイさを上手に表現してくれるボトルインクですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • インクの種類:染料インク
  • カラー:ミステリーブラック
  • メーカー:モンブラン

ボトル式の万年筆インク6. ウォーターマン ボトルインク

ウォーターマン ボトルインク ブラック S0110710 50ml 正規輸入品
  • カートリッジよりコスパが良く安いので、毎日気軽に使いやすい。
  • インク残量が少なくなってきてもボトルを傾けてインクの補充ができるボトルデザイン。
  • インクカラーの種類が豊富なので、カラー選びの楽しみができる。

ウォーターマンの万年筆で使える優しいブラックカラーのインクを探している方にぴったりのインクです。

染料インクらしい滑らかな描き心地で、優しい柔らかみのあるブラックカラーが楽しめます。

光の加減や書いた紙の色によっては、ほんのりとした青味も感じられるニュアンス溢れるブラックカラーなので、飽きる事無く使い続けられますよ。

黒さを楽しみたいのであれば、FやEFといった細字の万年筆で、青味や濃淡を楽しみたいのであれば、MやBなどの中字から太字の万年筆がおすすめです。 

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • インクの種類:染料インク
  • カラー:ブラック
  • メーカー:ウォーターマン

ボトル式の万年筆インク7. エルバン トラディショナル インク 10ml サファイヤブルー hb11516

エルバン トラディショナル インク  10ml サファイヤブルー hb11516
  • 万年筆用としてだけでなく、つけペン用としても使えるので汎用性が広いインク。
  • インクそれぞれにユニークなストーリーが隠されている。
  • 他メーカーでは見られないおしゃれなカラーバリエーションが揃っている。

宝石のように美しいインクを探している方におすすめのボトルインクです。フランス・パリ生まれのエルバンは、王室御用達でもあったインクの老舗ブランド

その頃から愛され続けているサファイヤブルーは、文字通り宝石のサファイヤの美しい輝きをイメージした華やかなブルーです。

まるで、お試しサイズのような可愛らしい小瓶に入ったインクの種類は、全部で30色。価格も安いので、気に入った色を何種類も買い揃えてみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • インクの種類:ー
  • カラー:サファイヤブルー
  • メーカー:エルバン

ボトル式の万年筆インク8. プラチナ万年筆 ボトルインク クラシック 15 カシスブラック

プラチナ万年筆 ボトルインク クラシック 15 カシスブラック INKK-2000-15
  • コンバーターにインクを補充しやすいインクリザーバーつきなので、コンバーター初心者さんでも補充しやすい。
  • 伝統的な製法で作られているインクなので、味合い深いインクカラーが楽しめる。
  • ペン先の太さや筆跡などによって色の濃淡が変わるので、文字がより一層味わい深い印象になる。

万年筆で遊んでみたい方にぴったりのクラシカルなインクがこちら。

レトロ可愛いパッケージに入ったこのインクは、水性染料のインクでありながら耐水性があるのでにじまないだけでなく、長期保存も可能。

また、書き始めは鮮やかなカシス色のインクですが、時間が経つと徐々に黒い色へと変化していくので、書く楽しみと読む楽しみが増えるのも嬉しいですよね。

万年筆が大好きでいろんな種類のインクの書き味や色を楽しみたい方におすすめですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • インクの種類:酸性の水性染料インク
  • カラー:カシスブラック
  • メーカー:プラチナ万年筆

ボトル式インクをお求めの方へ!おすすめのコンバーター4選

インクがなくなったら、カートリッジを取り替えるだけの万年筆は、とっても手軽ではありますが、毎日のように万年筆を使っていると小さなカートリッジでは、正直、コスパがあまりよくありませんよね。

コンバーターは、インクボトルからインクを万年筆に補充してくれるもの。

カートリッジよりも大量にインクを補充できるので、カートリッジよりも長く書けて、さらに、カートリッジよりも安いというメリットがあります。

さらに、珍しいカラーインクなどは、ボトルタイプしか無い場合も多いので、いろいろなカラーを試したい方は、コンバーターを使うのがおすすめですよ。ここでは、使い勝手の良いおすすめのコンバーターをチェックしていきましょう。


おすすめのコンバーター1. パイロット 万年筆用コンバーター40

パイロット 万年筆用コンバーター40 2個セット CON-40×2
  • インク容量は0.4ccとたっぷり入るので、外出先にインクボトルを持ち歩く必要が無い。
  • コンバーター内部に仕込まれた4つの金属球で棚吊りを防いでくれる。
  • 使用途中でも、インクを補充しやすい。

パイロットの万年筆はもちろんの事、他メーターのシングルカートリッジ式万年筆で使えるスクリュー式のコンバーターです。

手頃な価格で2個セットになっているので、様々なインクボトルを楽しみたい方にもおすすめですよ。

透明タイプのコンバーターなので、同じように胴軸が透明な万年筆と組み合わせると、色鮮やかなインクの色をより一層楽しめるのも嬉しいですよね。

万年筆初心者さんでも比較的扱いやすいコンバーターなので、カートリッジをそろそろ卒業したいと考えている方にもぴったりです。

Amazonで詳細を見る


おすすめのコンバーター2. セーラー万年筆 インク吸入器 コンバーター

セーラー万年筆 万年筆 インク吸入器 コンバーター ブラック 14-0506-220
  • ノブ部分のカラーバリエーションは全部で10色あるので、インクや万年筆の色とカラーコーディネートしやすい。
  • お財布に優しい安い価格帯なので、インクの数だけ購入しやすい。
  • 小ぶりなので、使用頻度の低いインクでも使いやすい。

セーラー万年筆の定番デザインである、プロフィットやプロフェッショナルギアなどの万年筆に使えるコンバーターです。

万年筆にセットしたコンバーターのノブを回転させて、インクボトル内のインクを吸い込むピストン式となっています。ノブ部分も指先でしっかりとつまめる長さがあるので、万年筆の吸入器を初めて使う万年筆初心者さんでもインクを補充しやすいのが魅力的

ただし、極細ボディのセーラー万年筆には使えないので、自分が持っている万年筆の確認を忘れずに。

Amazonで詳細を見る


おすすめのコンバーター3. ペリカン 万年筆用コンバーター

ペリカン 万年筆用 コンバーター 正規輸入品
  • シンプルなデザインなので、どんなデザインの万年筆にもセットしやすい。
  • 高級ブランドの万年筆から、学生でも購入しやすい安い万年筆まで、幅広く対応可能なコンバーター。
  • 万年筆初心者さんから愛好家さんまで、リピーターの多い人気コンバーター。

ヨーロッパ共通規格で作られているペリカンのコンバーターです。ペリカンの万年筆はもちろんの事、他メーカーの万年筆でも使いやすいので、コンバーターを販売していないメーカーの万年筆でも様々なインクを試せるのが嬉しいですよね。

コンバーターが長めなので、軸が短いミニタイプの万年筆だと使えない可能性もありますが、その分、一度にたくさんのインクを補充できます。

もちろん、一般的なサイズの万年筆であれば使えるので、1つ持っていると重宝する事間違い無しですよ。

Amazonで詳細を見る


おすすめのコンバーター4. ウォーターマン コンバーター

ウォーターマン コンバーター1950908 正規輸入品
  • しっかりとした作りなので、インク漏れの心配が少ない。
  • インクの補充がしやすいため、追加購入するリピーターが多い人気コンバーター。
  • スクリュータイプのコンバーターなので、コンバーター初心者さんでも扱いやすい。

ウォーターマンの万年筆専用として作られているコンバーターがこちら。

「今まで、カートリッジでしかウォーターマンの万年筆を使ってなかったけど、そろそろコンバーターを使ってみたい。」

「カートリッジだと、すぐにインクが足りなくなるから、もっとたくさんインクを入れられるコンバーターを試してみたい。」

などという方にぴったり。ウォーターマンらしいエレガントなデザインなので、ウォーターマンの万年筆と一緒に揃えてみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


お気に入りの万年筆とインクで文章を楽しもう。

万年筆の種類が星の数ほどあるように、万年筆用のインクの種類も星の数ほどあります。

また、「ブルーブラック」や「ブラック」など同じカラー名がついていても、メーカーによって、その色合いは実に様々です。

一度その魅力に目覚めると、なかなか引き返せないほど、奥深く魅力的な万年筆とインクの世界。ぜひ、楽しんで下さいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事