【徹底比較】ウォーターサーバーTOP5。経済的で優れた機能を持つ一台はこれだ!

おすすめのウォーターサーバーTOP5をランキング形式で徹底比較していきます。サーバーのレンタル代や水の種類、温水が使えたり、チャイルドロック機能が搭載していたり。他にも500ml当たりの値段や月々に要するコストなど、気になる点も詳しく解説します。

人気のウォーターサーバーをランキング形式で大公開!

おすすめのウォーターサーバーを徹底比較

設置さえすればいつでも清潔で美味しい水が飲める「ウォーターサーバー」。病院の待合室やオフィスに導入されるのがメインでしたが、最近では個人宅にウォーターサーバーを構えるご家庭も増えています。とはいえ、「ウォーターサーバーってどの会社を選べば良いか分からない」「ウォーターサーバーってコストがかかりそう...」と疑問を抱く方もきっと多いはず。

そこで今記事では、数あるウォーターサーバー会社の中から、厳選したおすすめのウォーターサーバーTOP5をランキング形式でご紹介します。どれも人気の1台ですので、自分の気になる点をきちんとクリアしているか比較して、満足のいくウォーターサーバーをセレクトしましょう!


ウォーターサーバーを比較する7つのポイント

ウォーターサーバーのおすすめランキングをチェックしていく前に、まずは自分好みのウォーターサーバーを見つけるために比較や注目すべき7つのポイントについてご紹介します。ウォーターサーバーを比較する際は、

  • ①サーバーレンタル代はかかるか
  • ②水の種類はどちらか
  • ③冷水に加えて温水が使えるか
  • ④エコモードなどの節電機能はあるか
  • ⑤チャイルドロックはあるか
  • ⑥定期配送のスキップ(一時停止)ができるか
  • ⑦500mlあたりの価格

の7点に注目するのが大切です。どれもウォーターサーバーの導入を検討している方が実際に気になるポイントばかりですので、しっかり吟味・比較をして自分が納得できる1台が導入するようにしましょう。


比較ポイント① サーバーレンタル代はかかるか

まず最初に比較したいポイントと言えるのが、“ウォーターサーバー本体のレンタル代”です。当然ながらサーバーレンタル代は無料と有料の二択となりますが、人気だけにフォーカスすれば基本的にサーバーレンタル代無料のメーカーが有料と比較すると支持を得やすいです。けれど、コスト面にもフォーカスして両者を比較した時、必ずしもサーバー代が無料だからとそっちの方がお得とは限りません。なぜならサーバーレンタル代が無料の業者は定期注文(ノルマ)があったり、水自体の値段が少し割高だったりするからです。そのため、人によってはサーバー代が有料になったとしても、結果的にそちらの方が良かったというケースもあります。

とはいえ、コンスタントに水を消費する方にとってはサーバー代無料のほうが断然お得と言えるでしょう。反対に「月によって消費量は異なる」「ノルマがあるのは、なんとなく気が引ける...」という方は、ウォーターサーバー本体のレンタル代が有料になったとしても、自分のペースで水を注文できるメーカーを選ぶようにしましょう。また、お水代や電気代も別途でかかるため、月々にランニングコストを比較して選ぶのも賢いウォーターサーバーの選び方です。


比較ポイント② 水の種類はどちらか

ウォーターサーバーを導入する際、必ずといって良いほど比較されるのが「水の種類」。ウォーターサーバーに使用される水は、

  • 1. 天然水
  • 2. RO水

の主に2種類です。どちらもキレイで安全な飲料水に変わりはありませんが、特徴やストロングポイントはそれぞれ異なります。ここからは、天然水・RO水の特徴について詳しく解説していきます。


1. 天然水

天然水とは、過度なろ過や加熱処理を行っていない自然に近い状態の飲料水を指します(メーカーによっては加熱処理を行っている)。メジャーでいうと富士山麓など、ある程度指定された採水地で採水されているのも天然水の特徴です。水分と同時に豊富なミネラル分が補給できるのも天然水ならではの魅力。水源地によっては亜鉛やバナジウムが豊富なお水もあるので、こだわりをお持ちの方は採水地や含まれている成分を比較してみるのもおすすめです。


2. RO水

天然水と比較されやすいRO水とは、RO(Reverse Osmosis)膜(別名・逆浸透膜)と言われる0,001ミクロンの細かさのフィルターで不純物をろ過した水を指します。限界までウイルスや細菌、塩素などを排除している反面、同時に水に含まれるミネラル分も失ってしまいます。そのため、多くの業者やメーカーでは、人工的にミネラル分をプラスしてミネラルウォーターと題して販売しているところがほとんどです。「天然のミネラル分を摂取したい!」という方は天然水をおすすめしますが、「特にこだわりはなくリーズナブルな価格帯でお水を飲めればOK」という方は、RO水でも全く問題ないと言えます。


比較ポイント③ 冷水に加えて温水が使えるか

最近のウォーターサーバーは冷水にだけでなく、温水も出せるサーバーが増量傾向にあります。いつでもコーヒーや紅茶が飲めたりするので、オフィスや病院の待合室といった業務用に設置される機会も増えています。水温も80度〜90度なので、赤ちゃんの粉ミルクや離乳食、カップ麺を作るのにもぴったりです。天気ポットと比較しても、電気代は300〜1,000円とあまり変わらないのも嬉しいポイント。ただし、熱々を好む方にはぬるく感じる恐れがあるので気をつけましょう。


比較ポイント④ エコモードなどの節電機能はあるか

ウォーターサーバーの主なランニングコストは、レンタル代・お水代・電気代の3点です。したがって、電気代を抑えるのも全体のコストダウンするのに有効な手段の一つと言えます。以前までのウォーターサーバーは1ヶ月の電気代平均が1,000円前後と、電気ポットと比較しても大差がありませんでしたが、エコモードを搭載したウォーターサーバーなら1ヶ月の電気代を300円〜1,000円未満と電気代をグッと抑えられます。そのため、オフィスなどの法人向けだけでなく、個人宅にウォーターサーバーを設置する方も増量傾向が見受けられます。


比較ポイント⑤ チャイルドロックはあるか

アイロンやストーブなどの家電にも同様の事が言えますが、小さい子供が誤ってお湯を出してしまった場合、ヤケドを負ってしまう恐れがあります。そのため、事故を未然に防ぐようチャイルドロック機能を搭載したウォーターサーバーが最近では展開されています。2018年にレンタルされているウォーターサーバーに関しては、基本的にチャイルドロック機能を搭載しているといっても過言ではありません。逆を返せば、それほど赤ちゃんや小さいお子さんのいるご家庭が導入しているということ。口に入れるからこそ衛生面も重要ですが、やはり子育てには安全性も求める方が多いのも事実です。。


比較ポイント⑥ 定期配送のスキップ(一時停止)ができるか

ウォーターサーバーを利用するほとんどの方が、定期配送をご利用になると思います。定期配送は決まったタイミング(日時)で指定した量がコンスタントに届くため、利用者も習慣化しやすいのがメリットです。とはいえ、絶対に毎回水を同じペースで飲みきれる保証はどこにもありません。「天気が崩れ寒い日が続いた...」「家(オフィス)を空ける日が多かった...」など、様々な外的要因が重なり、水を飲みきれない時もあると思います。そんな時、便利なのが定期配送をスキップ(一時停止)です。

水を完全に飲みきれない状態で次の配送が来てしまうと、更に飲みきれないサイクルに陥ってしまいます。したがって、一人暮らしの方は自分のペースで注文できるノルマ無しorスキップが出来るウォーターサーバー会社を選ぶようにしましょう。


比較ポイント⑦ 500mlあたりの価格

500mlあたりの水の値段も重要な比較ポイントとなります。水道水よりコストを要するのは当然ですが、コンビニやスーパーで販売されているペットボトルの飲料水と比較したらウォーターサーバーの方が遥かに安いです。100〜150円程で販売されている市販の飲料水に対し、ウォーターサーバーのお水は500mlあたりの平均額が80円前後となっています(RO水ならもっと安いです)。したがって、日頃から外出先でお水を買ってしまう方は、ぜひウォーターサーバーを導入することをおすすめします。


おすすめのウォーターサーバーTOP5をご紹介

ウォーターサーバーの比較ポイントについて学んだ後は、実際におすすめのウォーターサーバーTOP5をご紹介していきます。業者やメーカーによって異なる特徴やストロングポイントを持っているので、しっかりと比較・吟味して、自分のライフスタイルに応じた1台を選ぶようにしましょう。


おすすめのウォーターサーバー【第1位】フレシャス

ウォーターサーバーの比較&おすすめ業者「フレシャス」

山梨県・静岡県・長野県の3つの採水地よりおいしい水を提供してくれる『Frecious(フレシャス)』。スタイリッシュで美しいデザイン性のウォーターサーバーだから、インテリアにも最適です。卓上サーバーも展開しているため、一人暮らしの方でも気軽にご利用頂けます。


フレシャスのおすすめポイント

フレシャスの選ばれている人気の秘訣は、なんといっても美しいデザイン性。他にも、カップ麺作りに最適なリヒート機能や赤ちゃんのミルク作りに嬉しい70度温水など、機能性も抜群です。省エネ機能もしっかり搭載しているから、電気代を抑えられるのも魅力。豊富なラインナップの中からウォーターサーバーの色やサイズをセレクトできるので、自分の理想的な1台が見つけやすいのが特徴です。

公式サイトで見る


フレシャスの詳細
  • サーバーレンタル代:0〜500円(※サーバーの種類による)
  • 水の種類:天然水
  • 温水機能:◯
  • 節電機能:エコモード
  • チャイルドロック:あり
  • 定期配送のスキップ:あり
  • 500mlあたりの価格:約80円

おすすめのウォーターサーバー【第2位】コスモウォーター

ウォーターサーバーの比較&おすすめ業者「コスモウォーター」

静岡・京都・大分からなる3つの採水地より、鮮度の高い天然水を届けてくれる『コスモウォーター』。お水の味はもちろん、ウォーターサーバー本体のおしゃれなデザインから質の高いサービスまで兼ね備えた人気のメーカーです。


コスモウォーターおすすめポイント

コスモウォーターは、

  • 初期費用(設置料)
  • 配送料
  • サーバーレンタル代
  • メンテナンス代

の4点が全て0円です。そのため、ウォーターサーバー導入の初期費用を低く抑えられます。エコモード・チャイルドロックにも対応しており、機能性も申し分ありません。ボトルの交換も足元で簡単に行えるので、一人暮らしの女性でも手軽に利用できます。2年以内に解約した場合9,000円、交換なら5,000円の手数料が発生するので注意しましょう。

公式サイトで見る


コスモウォーターの詳細
  • サーバーレンタル代:0円
  • 水の種類:天然水
  • 温水機能:あり
  • 節電機能:エコモード
  • チャイルドロック:あり
  • 定期配送のスキップ:あり
  • 500mlあたりの価格:79,1円

おすすめのウォーターサーバー【第3位】プレミアムウォーター

ウォーターサーバーの比較&おすすめメーカープレミアムウォーター

亜鉛やバナジウムを含んだミネラル分豊富な水を提供してくれる『プレミアムウォーター』。サーバーレンタル代だけでなく、配送料や初期費用も0円だから、すぐに設置できるのも魅力的なポイントです。


プレミアムウォーターのおすすめポイント

プレミアムウォーターのおすすめポイントは、なんといってもミネラル分豊富な天然水。口当たりもやわらかいため、スッキリとした飲み口が特徴。軟水だから赤ちゃんのミルク作りにも最適です。サーバー本体に関しては、卓上タイプなども含めて7タイプより好みの1台をセレクトできるため、機能性に加えてデザインにこだわりたい方にもおすすめのメーカーとなっています。。

公式サイトで見る


プレミアムウォーターの詳細
  • サーバーレンタル代:無料
  • 水の種類:天然水
  • 温水機能:あり
  • 節電機能:※サーバー次第
  • チャイルドロック:あり
  • 定期配送のスキップ:あり
  • 500mlあたりの価格:88円

おすすめのウォーターサーバー【第4位】アルピナウォーター

ウォーターサーバーの比較&おすすめメーカー「アルピナ」

他のウォーターサーバー業者と比較しても、トップクラスのコスパを誇る『アルピナウォーター』。不純物を極限まで取り除いたRO水だから、値段だけでなく衛生面・安全面も申し分ありません。12Lで1,000円弱と価格設定も抜群に安いので、ファミリーから一人暮らしの方までおすすめのウォーターサーバーです。


アルピナウォーターのおすすめポイント

アルピナウォーターのおすすめポイントは、やはり“お水”のやすさが挙げられます。ノルマも設定しておらず、好きなタイミングで注文できるから、精神的に急かされる事もありません。また、純度の高いピュアウォーターだから、赤ちゃんのミルクや離乳食にも最適。毎月のランニングコストも低いので、とにかく低予算でウォーターサーバーを導入したい方には『アルピナウォーター』がおすすめです。また2年に1度、メンテナンスではなくサーバーを丸ごと無償交換してくれるのも、アルピナウォーターの人気の秘訣となっています。

公式サイトで見る


アルピナウォーターの詳細
  • サーバーレンタル代:572円
  • 水の種類:RO水
  • 温水機能:あり
  • 節電機能:※エコサーバーも有り
  • チャイルドロック:あり
  • 定期配送のスキップ:自由注文
  • 500mlあたりの価格:53円

おすすめのウォーターサーバー【第5位】 信濃湧水

ウォーターサーバーの比較&おすすめメーカー「信濃湧水」

天然水12Lを1,000円代とリーズナブルな価格帯で購入できる『信濃湧水』。サーバー自体にセルフクリーニング機能が搭載しているため、お掃除やケアも楽チンです。サーバーも無料レンタルのスタンダードタイプと、料金の発生するエコサーバーから選べるため、自分のニーズに応じてサーバーを選択できます。


信濃湧水のおすすめポイント

信濃湧水の魅力は、美味しい天然水を低コストで飲めることです。また、サーバーのレンタル代は発生しますが、有料のエコサーバーなら毎月の電気代を半額近く節約できるのでおすすめです(約800円前後→450円)。それ以外にも、1年使用すれば解約料も無料と他社と比較して敷居も低いので、「ウォーターサーバーを導入したいけれど、続けられるか自信がない」という方にも安心の1台となっています。

公式サイトで見る


信濃湧水の詳細
  • サーバーレンタル代:0円(※エコサーバー300円)
  • 水の種類:天然水
  • 温水機能:あり
  • 節電機能:エコサーバーのみ
  • チャイルドロック:あり
  • 定期配送のスキップ:自由注文
  • 500mlあたりの価格:62,5円

人気ウォーターサーバーの中から、自分に合った1台をセレクトしましょう。

ウォーターサーバーの比較すべきポイントや、おすすめウォーターサーバーTOP5をお届けしました。今回はウォーターサーバー導入を検討している方が気になる7つのポイントについて着目しましたが、人によって重きを置く場所は異なるはず。きちんと自分が重視したいポイントを他社と比較し見極めて、満足度の高い1台をセレクトしてくださいね!

【参考記事】ランキングでは取り上げきれなかったおすすめウォーターサーバーを大公開!▽

【参考記事】オフィスなどの法人向けに使用するならコーヒーメーカーもおすすめ▽

【参考記事】一人暮らしなら、ウォーターサーバー以外の家電も揃えたいところ▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事