2017.04.20

気化式加湿器のメリット&デメリットを解説。おすすめ機種も8台厳選

おすすめの加湿器をご紹介します。人気のやすらぎ空間やパナソニック、アロマテーブル付き、卓上タイプなどはもちろん、気化式のメリット&デメリット、カビを防ぐお手入れやフィルターの掃除方法も含めて解説。寝室でもリビングでも使える静音性なら気化式で決まり。

静音加湿器の気化式ならストレスフリーな生活に

おすすめの気化式加湿器

加湿器は、乾燥する冬場にとても使い勝手の良い家電として重宝されます。でも実は加湿の方式によって加湿力や掃除方法が異なるのはご存知ですか。今回は、数ある加湿器の中から気化式の加湿器について解説します。その仕組みはもちろん、お手入れ方法やおすすめもご紹介する総合ガイドをご覧ください。


気化式加湿器とは

気化式の加湿器とは

加湿器は加湿方法よって加湿力や電気代など様々に変わってきます。主なタイプは以下4種類。
・気化式
ハイブリット式
スチーム式
超音波式

今回はその中から気化式をチョイス。気化式は水を含んだフィルターに風を当てるタイプ。水に対して風を当てて蒸発させ、水分を含んだ空気を部屋に送ります。


気化式のメリット&デメリット

気化式加湿器のおすすめ

メリット

風を送るだけなので音が比較的静かです。加湿に必要なことは風を送ることだけなので、モーターを動かしたり、水を沸騰させることもないのでごく自然な状態で生活を邪魔しません。小さなお子様がいるご家庭でも安心して使えるのは親御さんにとって大きなメリットですね。また、電気代も一番割安なのが気化式です。


デメリット

自然の力に頼るので加湿量の細かい調整ができないのはデメリット。また4種類の中では加湿力に劣るためその効果を感じづらく、水分を含んだ空気が出るので室温は若干低下します。とにかく加湿力を求める方はスチーム式やハイブリット式をおすすめ。


日頃のお手入れや掃除方法

気化式加湿器のお手入れや掃除方法

最近は抗菌除菌仕様にばっているものも増えていますが放置はNG。フィルターに水を染み込ませて気化させるので、当然フィルターには汚れが溜まりやすくなります。何もしないと雑菌やカビの発生が心配なところ。機種によって異なるため、詳しいお手入れ方法は詳しくは各社のHPを参照して欲しいですが、各社共通して定期的なお手入れを推奨している部分をご紹介します。


・フィルター
2週間に一度、フィルターを水洗い後に柔らかい布で拭いて乾燥させる。トレイを水洗いする。
2ヶ月に一度、クエン酸を溶かした水または40℃以下のぬるま湯(水4Lに対してクエン酸25g)に30〜120分浸け置きをする。その後水道水で“しっかり(2分以上)”すすぐ。
面倒に感じますが、怠るとフィルターに付いた汚れや雑菌が風に乗って部屋中に蔓延するので定期的にフィルターを忘れずに。

・タンク
使い終わったら残った水はそのままにせずに毎回捨てましょう。また明日使うからと、残したままにすると異臭のもとになることもあるので、面倒でも毎回水を捨て新しくして下さい。

・外側にある吸気フィルター
ここはホコリが溜まりやすいので、掃除機などで集に一度ホコリを取り除きましょう。空気がうまく送れなくなったり、加湿力が低下したりします。

ではおすすめの気化式加湿器をご覧ください。


おすすめの気化式加湿器1. パナソニック 加湿機 気化式 FE-KFM05-W

パナソニックの加湿器はお手入れがしやすいような配慮が嬉しい機種。水気を拭きやすいフラットなトレイや仲間で洗いやすい大きいタンクの口など、使用者のメンテのしやすさに重きを置いた設計。面倒な掃除が少し楽になるのは嬉しいですね。価格は約14,000円。

販売サイトで購入


おすすめの気化式加湿器2. ダイニチ 気化式加湿器 Eシリーズ ホワイト HD-ES215-W

6,000円程で買える驚きの安さが人気のダイニチ製気化式加湿器。2段階の風量切り替えが可能なので、湿度によってパワーを変えられるのは嬉しいポイント。6畳程度の個室に向いているので静音性を活かして寝室に置くといいですね。

販売サイトで購入


おすすめの気化式加湿器3. ダイニチ 気化式加湿器 Eシリーズ コンフォートブラック HD-EX215-K

よりコンパクトな気化式加湿器をお探しならおすすめの一台です。よくある角ばったデザインではなく円筒形のため置く場所も選ばないのも注目点です。空気も前面から排出されるので上を塞ぐ棚に置くことだって可能。今までにない使い方ができる加湿器ですよ。お値段6,500円程度。

販売サイトで購入


おすすめの気化式加湿器4. イモタニ やすらぎ空間N RZ-2502

気化式ながらアロマオイルを使用できることで人気のやすらぎ空間。アロマテーブルに数滴お好みのアロマオイルを垂らすだけで簡単にいい香りを感じられます。対応機種じゃないと故障の原因にもなるアロマが使えるのは他ではない魅力。

販売サイトで購入


おすすめの気化式加湿器5. ボネコ 気化式加湿器 ホワイト E2441

デザインの世界最高峰、レッド・ドットデザイン賞の受賞歴もあるボネコの加湿器。連続加湿が約19時間と、見た目からは想像できないパワフルな機能を持ちます。インテリア性も高く、27畳まで加湿できるので、皆が集まるリビング に多くならこの一台がおすすめ。

販売サイトで購入


おすすめの気化式加湿器6バルミューダ 気化式加湿器 Rain Standardモデル ERN-1000SD-WK

デザイン性の高いおしゃれ家電を多数抱えるバルミューダ。加湿器も例外なく見た目のおしゃれを追求しており、タンクに水を補充するには、上部にある操作パネルに直接かけるため、家電の域を超えた未知の体験を味わえます。近未来的でスタイリッシュな一台はルームコーデを壊すことなく潤してくれますよ。

販売サイトで購入


おすすめの気化式加湿器7. 積水樹脂 自然気化式ECO加湿器 うるおいちいさな森 エルク‐グリーン ULT-EL-GR

電気を使わない完全自然気化式の加湿器。染み込んだフィルターから自然蒸散するので音もなく、エコでコスパも良いのが持ち味。デメリットは加湿の弱さとホコリが付きやすいので手入れの面倒さがあります。しかし、1,300円程度の安さとコンパク卜なため、デスクに置く加湿器として活躍してくれますよ。

販売サイトで購入


おすすめの気化式加湿器8. シャープ 加湿器 プラズマクラスター搭載 気化式 パーソナルタイプ ベージュ HV-F30-C

一人暮らしのお部屋にちょうどいい加湿量で、人気のプラズマクラスターを搭載したシャープの加湿器。タンクの容量は290mlと心もとないものの、場所を取らずに設置できる手軽さは魅力。温度と湿度のダブルセンサーで常に適切な湿度に調整してくれるので、省エネも期待できますよ。価格は13,500円。

販売サイトで購入


省エネ静音なら気化式の加湿器を選んでみて

気化式加湿器のおすすめ

おすすめの気化式加湿器やメリット・デメリットなどご覧いただきました。気になる一台はありましたか。一番電気代が安いのが気化式加湿器の特徴です。加湿と省エネのいいとこ取りはお財布にも利用者にも優しいですね。冬だけでなく、夏の空調による乾燥もしのぐならぜひ使ってほしい家電です。

【参考記事】気化式以外の加湿器を全網羅乾燥対策の決定版をご覧下さい▽

【参考記事】空気を綺麗にする空気清浄機もお部屋の快適な環境構築に一役買いますよ▽

【参考記事】卓上で使えるコンパクトなUSB加湿器も組み合わせて効率よく加湿を▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事