彼氏と別れたくない時の4つの説得方法|別れを踏み止まらせるコツとは

大好きな彼氏に別れを告げられたけど、別れたくない時ってどうすべきか迷いますよね。今回は、話し合いで彼氏を説得する方法や、踏み止まらせるコツを大公開!また、別れの前の冷却期間でやるべきことも解説します。彼氏との別れを防ぎたい女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

大好きな彼氏との別れを防ぐ方法が知りたい方へ。

彼氏と別れたくない時にとる行動

彼氏に別れ話をされたけど絶対に別れたくない時、どのような行動を取れば別れを回避できるのでしょうか。

今回は、彼氏と別れたくないと思ってしまう理由や、話し合いで彼氏を説得する方法、さらに彼氏に別れたくないと思わせる方法や、冷却期間にやるべきことについても徹底解説。

何としても彼氏との別れを避けたい」と思っている人は必見の内容です。


彼氏と別れたくないと思ってしまう理由は?

ただ「別れたくない」とむやみに彼氏に伝えても、説得力に欠けます。

別れたくない理由をきちんと説明するためには、なぜ彼氏と別れたくないのか、その理由をハッキリさせておくことが大切です。

ここでは、彼氏と別れたくないと思ってしまう理由を解説していきます。


理由1. 心から愛している男性だから

彼氏の良い所から欠点まで何もかも愛しいと感じていれば、別れたくないと思うのは当然のことでしょう。

「この先、彼氏以上の男性に出会えるはずがない」、という気持ちもあるかもしれませんね。

また、交際期間が長ければ長いほど愛情も深まり、別れることが受け入れ難くなります。彼氏のことを心から愛していて必要だからこそ、絶対に別れたくないのです。


理由2. 彼氏との別れ話に納得ができないから

一方的に別れ話を切り出された場合、彼氏を好きな気持ちが強いほど、別れをすんなり受け入れられないもの。

「もう決めたんだ」と言われたとしても、彼女側からすれば納得できなくて当たり前です。

また、別れ話の内容が曖昧だったり、ハッキリした理由を教えてもらえなかったりする場合も、彼氏の別れ話に納得できないことでしょう。


理由3. 結婚を考えていたから

結婚を考えていた彼氏と別れれば、想像していた将来のプランが一気に崩れ去ってしまいます。

異性としての魅力の他に、価値観や金銭感覚が合う男性をまた一から探すのは、なかなか大変なことですよね。

特に、結婚適齢期と言われる年齢で彼氏と別れることは、大きな焦りや不安を呼び起こします。

大切な人を失う辛さと将来的な心配から、別れたくないと強く思うのは当然のことです。


実は彼氏が別れたくないけど別れようとするパターンもある

別れ話になる時は、喧嘩や気持ちが冷めることが一般的ですが、本当は別れたくないのに別れようとするパターンも存在します。

ここでは、彼氏が本当は別れたくないけど別れようとする際の心情について、解説していきたいと思います。


パターン1. 彼女が好きだけど遠距離で辛いから

相手を想う気持ちが強ければ強いほど、会えない時間は辛く寂しいものになります。

どんなに会いたくてもすぐに会いにいけない遠距離恋愛では、会えない辛さに耐えられなくなることもあるでしょう。

特に、お互いに住んでいる場所が遠く離れており、年に数回しか会えないような遠距離恋愛では、辛さや寂しさのあまり、「いっそ別れた方がお互いのためかも」と考えてしまうことも。

彼氏自身、本当は別れたくないのに、会えない辛さから別れ話を切り出すことがあるのです。

【参考記事】はこちら▽


パターン2. 彼女に対して負担をかけている

本当は別れたくないのに、「彼女に対して迷惑をかけたくない」「これ以上負担をかけられない」、という申し訳ない気持ちから、彼氏に別れ話を告げられることも。

例としては、彼氏が夢を追っていて収入が安定しない場合や、何らかの理由によって結婚を待たせている場合などが挙げられます。

このまま一緒にいても彼女を幸せにできないという思いから、自ら身を引くことを決意するのです。


彼氏との別れの話し合いで説得する方法を解説!

彼氏との話し合いによっては、彼氏に「やっぱり別れたくない」と思わせることは十分可能。きちんと気持ちを伝えることで、ギリギリで説得できるかもしれません。

ここでは、彼氏との別れの話し合いで説得する方法を解説していきます。


彼氏の好きな気持ちが冷めて別れを告げられた時の説得方法

彼氏の気持ちが冷めて別れを告げられた場合、話し合いで説得するのはなかなか難しいもの。ですが、諦めることなく話し合いを続けることで、ギリギリで説得できる可能性もあります。

ここでは、彼氏の好きな気持ちが冷めて別れを告げられた時の説得方法について解説します。

諦める前に、ぜひ実践してみてくださいね。


説得方法1. 彼氏の別れたい原因を解決する方法を伝える

「ここさえなければ」と、彼女のある一部分が嫌で別れ話になった場合、その部分を変えることができれば、彼氏の気持ちを取り戻せるかもしれません。

「依存や束縛をしてしまう自分を変える」「大人の女性らしい金銭感覚を身につける」など、具体的な解決策を提示した上で、もう一度チャンスが欲しいと伝えましょう。

それに付け加えて、「もしそれでダメだったら諦める」と伝えれば、別れ話を一旦保留にしてもらいやすくなります。


説得方法2. 別れたくない理由を素直に伝える

素直な本心を伝えることで、彼氏の心が変わる可能性もあります。

「自分のことを理解し、こんなに愛してくれる人はもういないかもしれない」と、彼氏に思わせることができれば、別れを考え直すきっかけになるでしょう。

「どれだけ彼氏のことを愛しているか」「どんな時により深く好きになったのか」など、素直な気持ちを冷静に伝えるのがコツです。

話し合いの中で心からの愛情を伝えられれば、ギリギリで説得できるかもしれません。


説得方法3. 喧嘩などであれば自分の悪かった点を本気で謝る

喧嘩が原因で別れ話になるということは、謝る姿勢や態度に問題があったと考えられます。

また、同じような喧嘩を何度も繰り返してきたことで、彼氏の愛想が尽きた可能性もあるでしょう。この場合、まずは素直に自分の非を認め、心から彼氏に謝ることが大事。

「二度と同じようなことはしない」と謝るだけでなく、「自分の性格の〇〇な部分を直す」「自分の非をきちんと認める」など、具体的な改善策を提示するのがポイントです。


説得方法4. 別れる前に一旦距離を置きたいと伝える

LINEや電話など、お互いに全く連絡を取り合わない冷却期間を設けることで、彼氏の中で何か考えが変わるかもしれません。

別れ話の際に伝えられた気持ちや、今までの出来事を冷静に思い返すことで、別れへ向かっていた心にブレーキがかかる可能性があります。

別れ話に「別れたくない」と感情的になるのではなく、「突然の別れ話で混乱しているから時間が欲しい」と、彼氏に一旦距離を置きたいことを伝えてみましょう。その際に、「別れを考え直してほしい」と意思表示をしておくことも大切です。


お互い好きな状態で別れを告げられた時の説得方法

本当は別れたくないのに、何らかの事情によって別れ話になることもあるかもしれません。お互いに恋愛感情がある状態なら、話し合い次第で別れを避けられる可能性は大いにあります。

ここでは、お互い好きな状態で別れを告げられた時の説得方法について、解説していきます。


説得方法1. 別れの原因となっている状況を解決する方法を提案する

彼氏が本当は別れたくないと思っている場合、別れの原因になっていることさえ解決できれば、二人の関係を継続させていくことができます。

例えば、遠距離恋愛で会えないことが原因なら、もっと会う回数を増やすことで、寂しさが軽減されるかもしれません。

また、将来的に結婚を考えているような間柄なら、これを機に結婚を見据えた同棲を始めてみるのも一つの手です。

別れの原因となっている状況が掴めれば、解決策を提案することは難しくないはず。もし、「そんなことできるわけないよ」と言われたとしても、自分は本気の気持ちであることを何度も伝えましょう。


説得方法2. 「別れることの方が辛い」と伝える

「別れることの方が辛い」という別れたくない理由は、彼氏の心をギュッと締め付けます。彼氏が別れ話を口にしたのは、自分自身のためだけでなく、彼女のためでもあるはず。

「別れることの方が辛い」と悲しむ彼女を見て、気持ちが揺らがないわけがありません。

今まで二人で過ごしてきた幸せな思い出も交えつつ説得を続ければ、彼氏が別れを思い留まる可能性が高くなるでしょう。


彼氏との別れ話で、本当は別れたくないけど別れてしまった時の対処法

本当は別れたくないのに、喧嘩やその場の勢いで彼氏と別れてしまい、後悔している人もいるのではないでしょうか。

ここでは、彼氏との別れ話で本当は別れたくないけど別れてしまった時の対処法について、お伝えしていきます。


対処法1. 本心でなかったことを伝えて、謝罪する

「本当は別れたくなかった」と素直な気持ちを伝えることで、別れを決意した彼氏の気持ちが変わるかもしれません。

まずは、感情的になって別れると言ってしまったことに、心から謝罪する姿勢を見せましょう。

彼氏がどんな表情をしていても、冷静で落ち着いた態度を見せることで、本気の気持ちが伝わります。

彼氏と会うのが気まずいからと言って、LINEや電話を使うのはNG。直接会って、彼氏の目を見ながらしっかり気持ちを伝えることが大切です。


対処法2. 彼氏を責めない

その場の勢いで別れを決めた上に、「どうして引き留めてくれないの」と彼氏に責任を押し付ければ、二人の関係は険悪になってしまいます。別れを思い直してもらうことはもちろん、仲直りさえ難しい状況になりかねません。

もし、別れた後で話し合う機会がもらえたのなら、勢いで別れてしまい後悔していることを素直に伝えましょう。

別れを決めた責任は自分にあると認めた上で、別れたくない気持ちを真摯に訴えれば、彼氏の心を動かせる可能性があります。


彼氏に”やっぱり別れたくない”と思わせる3つのコツ

別れを回避するためには、彼氏に別れたくないと思わせるのが何よりのポイント。

一体どのような行動をとれば、彼氏の心を動かすことができるのでしょうか。

ここでは、彼氏に”やっぱり別れたくない”と思わせる3つのコツを解説していきます。


コツ1. 素直に好きという気持ちを伝える

シンプルに「好き」という感情を伝えられると、別れを決めた彼氏の心に迷いが生まれます。

「こんなに想ってくれる人はもう現れないかもしれない」「純粋な気持ちを突き返すのは罪悪感がある」などと、次第に別れを考え直すようになることも。

彼氏に好きな気持ちを伝える時は、重くなり過ぎないように伝えるのがポイントです。

感情的に泣きわめいたり、死をほのめかす言葉を口にしたりすれば、彼氏は別れを固く決意してしまいます。

落ち着いた態度で、感謝の気持ちも添えつつ好きな気持ちを伝えるといいでしょう。


好きだけど諦めると伝えるのも効果的

「好きだけど諦める」と、彼女にあっさり引かれてしまうと、彼氏は不思議と追いかけたくなってしまいます。

「どうして簡単に引き下がれるんだろう」「俺のことそこまで好きじゃなかったのかな」と、色々疑問が沸き起こり、彼女のことが気になるのです。

また、無理をして諦めようとしている彼女がいじらしく見え、「やっぱり別れたくない」と彼氏の気持ちを変えることもあるようです。


コツ2. 「幸せにしてあげられなくてごめんね」と伝える

相手のことを一切責めず、ただ自分の至らなさを謝る姿は、謙虚で思いやりに満ちた印象を与えます。

別れという辛い場面において、自分より相手のことを想う彼女の優しさに、彼氏は別れを思い留まるかもしれません。

「幸せにしてあげられなくてごめんね」という言葉は、きちんと彼氏の目を見て伝えると、より気持ちが伝わりやすくなります。少し涙を浮かべた状態も、非常に効果的です。


コツ3. 「今まで楽しかった。ありがとう。」と感謝を伝える

別れを受け止め、これまでの二人の関係に心から感謝する彼女の姿は、人としても女性としても美しく見えます

彼氏の中に「自分が思っていた以上に素敵な女性だったのかもしれない」という気持ちが芽生え、別れを撤回する可能性が期待できます。

感謝の言葉を伝える時は、落ち着いた穏やかな態度を心がけることが大切。心からの素直な感謝を伝えることで、彼氏の気持ちを変えることができるかもしれません。


別れを承諾する前にまずは冷却期間を置く!冷却期間でやるべき2つのこと

別れを承諾する前に冷却期間を置くことで、彼氏の気持ちや考えが変わる可能性が出てきます。

彼氏に別れを思い留まってもらうためには、冷却期間をどのように過ごせばいいのでしょうか。

ここでは、冷却期間でやるべき2つのことを解説していきます。


やるべきこと1. 自分磨き

彼氏の気持ちを取り戻すためには、より良い自分に変身する必要があります。「以前と変わったな」と、彼氏に気付いてもらえるほどの変化を目指しましょう。

本を読んで自分の考え方や価値観を見直すことや、セミナーや習い事に参加して大人の女性の品格を身につけることもおすすめ。

また、髪型やファッション、美容など、外見の美しさに磨きをかけるのも有効です。


やるべきこと2. 別れの原因を解消する

冷却期間中に別れの原因を解消できれば、再度彼氏と良い関係を築けるようになるかもしれません。もし、自分の性格の一部に問題があるのなら、それを変えるための具体的な努力が必要です。

また、マンネリ化や倦怠期が原因なら、外見を美しく変化させることで新鮮さを演出できるはずです。冷却期間中は、ただぼんやり過ごすのではなく、別れの原因を徹底的に解消しましょう。

そうすることで、彼氏に別れを考え直してもらえるだけでなく、自分自身の大きな成長に繋がります。


彼氏と別れたくない時は、上手に対処法を試してみて。

彼氏と別れたくないと思ってしまう理由や、話し合いで彼氏を説得する方法、さらに、彼氏に別れたくないと思わせる方法から、冷却期間にやるべきことまで詳しくお伝えしました。

彼氏と別れたくないと思う気持ちが強いほど、つい感情的になってしまいがち。話し合いをする時は、冷静で落ち着いた態度を意識するのがポイントです。

また、話し合いはLINEや電話などではなく、直接会って目を見て話すのが鉄則ですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事