ボサノバソングの人気おすすめ特集|心が癒やされる名曲を大公開

おすすめのボサノバソングをお探しの方へ。本記事では、ボサノバソングの特徴からおすすめソングまで大公開!男性&女性ボーカルの曲はもちろん、リズムに乗れて盛り上がるものから名曲でリラックスできるものまで多くの曲を紹介しているので、音楽好きの方はぜひチェックしてください!

そもそも、ボサノバとは?

ボサノバソングのおすすめ

ボサノバは1950年代の中頃にブラジルで誕生した音楽です。

クラシックギターの音色と、やさしくささやくようなウィスパーボイスで歌うのが基本的な特徴で、ゆったりした曲調が多いことから、ジャズと混合されることも。

ビートやリズムが主役のジャズとは異なり、ボサノバは歌やメロディ、コードが主役です。

独特な歌声と綿密に計算されたコード進行に惹かれる日本人も多く、カフェなどのBGMとしてもジャズと並んで多く使用されています。

ちょっと癒やされたい時に聞きたくなる心地良い音楽を探している方にぴったりです。


ボサノバの人気おすすめ30選|リラックスできる名曲を大公開

ここからは、これからボサノバを聴いてみようという方も、元々ボサノバが好きだという方も必見!ボサノバでおすすめの楽曲を30曲ご紹介します。

リラックスできる心地良い楽曲をピックアップしたので、ぜひ一度聴いてみてくださいね。


ボサノバのおすすめ1. 男と女/佐藤正美

ヒーリング・ボサノバ
おすすめポイント
  • 有名な映画の楽曲をボサノバにアレンジしているから、初心者でも聴きやすい
  • 哀愁のあるメロディーラインは、どんなシーンのBGMにも馴染む
  • ギターやピアノ、フルートの優しい音色で心も体も癒やされる

佐藤正美さんの『男と女』は、フランスの有名な恋愛映画「男と女」のテーマ曲を、1970年代後半より活動する男性ギタリスト佐藤正美が心地の良いボサノバにアレンジしたものです。

軽快なラテンのリズムでありながらも、どこか哀愁を帯びているアレンジとなっており、聴いているだけで気持ちが落ち着きリラックスできると口コミでも人気があります。

誰もが一度は耳にしたことのあるメロディーなので、初めて聴くボサノバとしても入りやすい一曲です。

ボサノバを聴いたことがない方や、気持ちを落ち着かせたい時に聴ける音楽を探している方におすすめの楽曲です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 発売年: 2002 (年)

ボサノバのおすすめ2. イン・トーキョー/ジョアン・ジルベルト

イン・トーキョー
おすすめポイント
  • ボサノバを代表するスタンダードナンバーが揃うので、入門編としてぴったり
  • 生ギターとジョアンの歌だけというシンプルな演奏で、じっくりボサノバを堪能できる
  • 歓声や拍手など、コンサートに行ったような臨場感を味わえる

『イン・トーキョー』は、ボサノバ創世期を代表するブラジルの男性アーティスト、ジョアン・ジルベルトが、2003年に行った東京公演を収録したライブアルバムです。

「コルコヴァード」や「Wave」、「Meditacao」などボサノバのスタンダードナンバーを中心に、生ギターのシンプルな音色と調和する、ジョアンの歌声を堪能できます。

臨場感溢れる音楽は、自宅に居ながらライブ感を楽しめる一枚となっていますよ。

ライブ会場で生歌を聴いているような、心地の良いボサノバサウンドを自宅で気軽に楽しみたい方におすすめ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 発売年: 2004 (年)

ボサノバのおすすめ3. イパネマの娘/小野リサ

The music of Antonio Carlos Jobim "IPANEMA"
おすすめポイント
  • ボサノバナンバーの中でも定番中の定番だから、初心者でもおさえておくべき一曲
  • 脱力感のある美しい歌声がボサノバのリズムとマッチして心地が良い
  • シンプルなアレンジなので何度聴いても飽きない

日本を代表するボサノバ歌手の小野リサさんが歌う『イパネマの娘』は、ボサノバの神様と呼ばれるアントニオ・カルロス・ジョビンの生誕80年を記念して収録されたものです。

ささやくように、良い意味で力の抜けた歌声とボサノバのリズムは、聴いていてとても心地が良く、肩肘張らない自然な作品に仕上がっています。

「イパネマの娘」は、ボサノバを代表する人気の名曲なので、ボサノバ初心者の方も外せない一曲です。

ボサノバの代表曲をまずはおさえておきたい方、心地の良い歌声でリラックスしたい方にぜひ聴いてもらいたい作品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 発売年: 2008 (年)

ボサノバのおすすめ4. Wave/アントニオ・カルロス・ジョビン

Wave
おすすめポイント
  • もったりとしたピアノのメロディーが心地よく、聴いているだけでリラックスできる
  • インストゥルメンタルの楽曲なので、リラックスしたい時のBGMにぴったり
  • ボサノバのスタンダードナンバーなので、初心者はまずおさえておきたい一曲

ボサノバ界の神様と呼ばれアントニオ・カルロス・ジョビンの名曲『Wave』は、たくさんあるボサノバナンバーの中でもスタンダードな一曲です。

ストリングス入りのオーケストラと、ジョビンのピアノによる心地良いインストゥルメンタル作品となっています。

何度も聴きたくなるような飽きの来ないメロディーと心地の良いリズムは、BGMとして流すだけでおしゃれな時間が楽しめますよ。

ゆったりリラックスしながら過ごしたい時に聴きたくなる、心地の良いナンバーを探している方にイチオシの一曲です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 発売年: 1990 (年)

ボサノバのおすすめ5. 想いあふれて/ジョアンジルベルト

想いあふれて
おすすめポイント
  • 軽快なリズムと味わいのある歌声は、ずっと聴いていたくなる心地よさがある
  • ボサノバと呼ばれる一番最初の曲だから、絶対におさえておきたい一曲
  • いろいろなバージョンでアレンジされているから、聴き比べするのもおすすめ

ボサノバの生みの親とも呼ばれるジョアン・ジルベルトの『想いあふれて』は、ボサノバ第一号の楽曲と言われる名曲です。

軽やかなボサノバのリズムと、ジョアンの味わいのあるスキャットは、ずっと聞いていたくなるような気持ちにさせてくれます。

この曲は小野リサさんをはじめ、様々アーティストによってカバーされているので、ぜひ色々なバージョンを聴き比べてみるのも楽しいですよ。

ボサノバの第一人者と呼ばれるアーティストの作品なので、ボサノバを代表するナンバーをまずはおさえておきたい方なら外せない名曲。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 発売年: 1958 (年)

ボサノバのおすすめ6. マシュ・ケ・ナダ/セルジオ・メンデス とブラジル'66

セルジオ・メンデス とブラジル'66 EJS-4079
おすすめポイント
  • 軽快なメロディーとマラカスのリズムで楽しい気分になる
  • セルジオ・メンデスと女性コーラスの歌声がマッチして、思わず一緒に歌いたくなる
  • TVCMなどにも使用されていた楽曲なので、初心者でも聴きやすい

『マシュ・ケ・ナダ』は1963年にジョウジ・ベンの作品として発表された楽曲です。1966年にブラジルを代表する歌手の一人であるセルジオ・メンデスによってカバーされ世界的に大ヒットしました。

最近では自動車のTVCMにも使用され、一度は耳にしたことがある方も多いはず。軽快でインパクトのあるメロディーは、軽い気分で聞き流せて元気になれると口コミでも人気があります。

ちょっと元気がない時に聴くと楽しい気分にさせてくれる一曲を探している方におすすめのボサノバナンバーです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 発売年: 1966 (年)

ボサノバのおすすめ7. コルコヴァード/アントニオ・カルロス・ジョビン

イパネマの娘(SHM-CD)
おすすめポイント
  • コルコヴァードの雰囲気を曲を通して感じられる一曲
  • 軽快なリズムと優しい歌声が心地よく、何度でも聴きたくなる
  • ジョビン自ら作詞を手がけた貴重な作品だから、ファン必聴の一曲

アントニオ・カルロス・ジョビンが自ら作詞も手掛けた貴重な一曲として知られる『コルコヴァード』。リオデジャネイロ市街を見下ろす丘の名前でもあり、両手を広げたキリスト像があることでも有名な場所です。

そんなコルコヴァードに流れる、穏やかな時間を肌で感じられるような、美しい旋律とジョビンの軽やかな歌声が絶妙にマッチ。ボサノバファンなら必聴しておきたい一曲となっています。

ブラジルの景色が目に浮かぶような、静かで穏やかな気持ちにさせてくれる名曲が聴きたい方にイチオシです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 発売年: 1963 (年)

ボサノバのおすすめ8. 美味しい水/アストラッド・ジルベルド

おいしい水
おすすめポイント
  • 軽快なリズムとけだるさを感じる歌声が、いかにもボサノバといった空気を感じさせてくれる
  • たくさんのアーティストにカバーされているから、オリジナルと聴き比べるのがおすすめ
  • 2分20秒ほどと短い楽曲なので、ボサノバを聴いたことがない方でも聴きやすい

ボサノバの女王として知られるアストラッド・ジルベルドの『美味しい水』は、彼女のファーストアルバムに収録されている楽曲です。

軽快なサンバのリズムに、けだるさが持ち味のアストラッド・ジルベルドの歌声がマッチしていて、ボサノバ感を存分に堪能できます。

こちらの楽曲も、様々なアーティストによってカバーされているので、オリジナルと聴き比べてみるとさらに楽しめますよ。

けだるくてやわらかな歌声が心地良いから、心身ともにリラックスしたい時に聴いてほしいおすすめの楽曲です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 発売年: 2016 (年)

ボサノバのおすすめ9. ソウル・ボサ・ノヴァ/クインシー・ジョーンズ

ソウル・ボサ・ノヴァ(SHM-CD)
おすすめポイント
  • 思わず口ずさみたくなるメロディーが印象的で一度聴いたら忘れられない
  • ボサノバ×ソウルの融合により、初心者でも聴きやすいボサノバミュージックとしておすすめ
  • 様々な楽器を使っているので、聴いているだけで盛り上がる

音楽プロデューサー、クインシー・ジョーンズのヒット曲である『ソウル・ボサ・ノヴァ』は、映画やCMなどでも使用されたことがある有名な楽曲です。

何度も繰り返されるポップなメロディーは、思わず口ずさみたくなるような中毒性すら感じられますよ。

純粋なボサノバというよりもソウルミュージックと掛け合わせたグルーヴィーな一曲となっているので、ボサノバ初心者の方もぜひおさえておきましょう。

グルービーでポップなメロディーと、ボサノバの軽快なリズムは、楽しい気分になりたい時にぴったりの一曲。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 発売年: 2016 (年)

ボサノバのおすすめ10. サマー・サンバ/ワルター・ワンダレイ

サマー・サンバ
おすすめポイント
  • オルガンの音色とボサノバのリズムによって、軽快でさわやかな気分になれる
  • インストの楽曲として大ヒットしたボサノバナンバーなので、一度聴いておいて損はない一曲
  • 直訳すると「夏のサンバ」という楽曲名の通り、ノリノリになりたい時にぴったり

ブラジルのオルガニストであるワルター・ワンダレイの『サマー・サンバ』は、同じくブラジル出身のアーティストであるマルコス・ヴァーリが作曲した楽曲です。

インストゥルメンタルのボサノバ楽曲としては最大のヒットともいわれる人気曲ともいわれています。

ボサノバのリズムに乗せた爽やかなメロディーと、丸みのある心地良いオルガンの音色がボサノバの楽しさを十分に引き出していて、ノリノリになれる一曲です。

心地の良いオルガンの音色で、うきうきと気分が盛り上がるような楽曲を聴きたい人にイチオシのナンバーです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 発売年: 1998(年)

ボサノバのおすすめ11. ツキノコグマ/犬塚彩子

HEARTBEAT
おすすめポイント
  • 良い意味で日本語っぽく聞こえない、おしゃれなサウンドが魅力
  • アコースティックギターが奏でるボサノバのリズムと、のびやかな女性の歌声が心地良い
  • 柔らかな曲調は、夜寝る前や気分転換したい時にぴったり

愛知県出身のミュージシャン犬塚彩子さん楽曲『ツキノコグマ』は、アコースティックギターの軽快なリズムにあわせて、日本語で歌われる優しいボサノバです。

包み込むようなやわらかな歌声は、ずっと聴いていたくなるほどの心地よさを感じられます。

こちらの曲は、犬塚彩子さんの3rdアルバム「HEARTBEAT」に収録されており、全曲ボサノバの本場、リオデジャネイロでレコーディングされているそうです。

日本語のボサノバを聴いてみたい方、寝る前に聴きたくなるような心地良いボサノバを聴きたい方にぴったりです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 発売年: 2006 (年)

ボサノバのおすすめ12. Voce Abusou/マリア・クレウザ

Voce Abusou
おすすめポイント
  • 単調ではない独特な曲調に思わず引き込まれてしまう
  • 夜にしっとり聴きたくなるような、大人のボサノバを探している人にぴったり
  • 艶っぽい大人な女性の歌声が曲調とマッチしていて魅力的

ブラジル生まれのボサノバ歌手であるマリア・クレウザが歌う『Voce Abusou』は、同名のアルバムに収録されている楽曲です。

どこか切なげなメロディーではじまりますが、途中からボサノバらしいリズムが加わり、思わず聴き入ってしまう展開に引き込まれる一曲となっています。

しっとりと艶っぽい歌声で、夜にお酒を飲みながら聴きたくなるような、大人な雰囲気に魅了されますよ。

夜のリラックスタイムに聴きたくなるような、しっとり落ち着いた女性ボーカルのボサノバを探している方におすすめ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 発売年: 1998 (年)

ボサノバのおすすめ13.ウォッチ・ホワット・ハプンズ/チャリート

ウォッチ・ホワット・ハプンズ~チャリート ミーツ ミシェル・ルグラン
おすすめポイント
  • しっとりと色っぽい女性ボーカルが心地良い
  • ボサノバのリズムと繊細なピアノ、厚みのあるストリングスでおしゃれな雰囲気に仕上がっている
  • 落ち着きのあるサウンドは、リラックスしたい時にぴったり

フランス出身の歌手であるチャリートが歌う『ウォッチ・ホワット・ハプンズ』。同曲を作曲したフランス音楽界の巨匠ミシェル・ルグランとの共演により作り上げた音楽です。

チャリートのしっとりと色っぽい歌声と、ボサノバのリズムが絶妙にマッチして、聞けば聞くほど心が落ち着くような心地よさを感じられますよ。

ミシェル・ルグランの繊細で美しいピアノプレイも印象深い一曲です。

何度でも聞きたくなるような、心地の良いボサノバミュージックを求める方、しっとりとした女性ボーカルを聞きたい方にぴったり。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 発売年: 2008(年)

ボサノバのおすすめ14. サンバ・カンティーナ/ポール・デスモンド

ボッサ・アンティグア
おすすめポイント
  • アルトサックスの情感溢れるサウンドに思わず聴き惚れてしまう
  • 静かに流れるボサノバのリズムが心地良くて、何度も聴きたくなる
  • ジャズとボサノバが融合したハイセンスなサウンドを楽しめる

アメリカのサック奏者であり作曲家のポール・デスモンドの『サンバ・カンティーナ』は、ジャズとボサノバが融合したおしゃれなサウンドと、切なさが溢れているようなデスモンドのサックスが印象的な一曲です。

こちらの曲は、全編ボサノバのアルバム「ボッサ・アンティグア」に収録されているもので、ブラジルの夕暮れの海岸が目に浮かぶような、他にはない情感たっぷりのボサノバサウンドを楽しめます。

一人でじっくり聞きたくなる大人のボサノバを聴きたい方、ジャズが好きな方に聞いてもらいたいボサノバです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 発売年: 2013 (年)

ボサノバのおすすめ15. 明るい表通りで/小野リサ

DREAM
おすすめポイント
  • 軽快なメロディーで聴いているだけでウキウキ楽しい気持ちになる
  • 小野リサさんの独特なウィスパーボイスが心地良い
  • 定番のボサノバサウンドだから、初めての方でも聴きやすい

小野リサさんのアルバム「DREAM」に収録されている『明るい表通りで』は、休日の昼下がりに聞きたくなるような、軽快なボサノバサウンドが魅力。

独特のウィスパーボイスの心地よさは口コミでも人気の声がたくさん上がっていますよ。

こちらのアルバムにはCMタイアップ曲も収録されているので、ボサノバを聴いたことがない方でも、最初の一枚として入りやすい作品となっています。

休日のリラックスタイムにぴったりはまる、爽やかなボサノバを聴きたい方にぜひおすすめしたい素敵な楽曲です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 発売年: 1999 (年)

ボサノバのおすすめ16. Little Boat/ジョアン・ドナート

New Sound of Brazil
おすすめポイント
  • ボサノバの名曲をジョアン・ドナートのピアノをシンプルに味わえる作品
  • 女性のハミングで奏でるメロディーが軽やかで、ボサノバっぽさを感じさせてくれる
  • 美しくて軽快なピアノのの音色がBGMとして心地良い

ボサノバが誕生したころから現在まで活躍を続けるブラジルのピアニスト、ジョアン・ドナート。彼が1965年に発表されたアルバム「New Sound of Brazil」の中に『Little Boat』は収録されています。

ストリングスサウンドをバックに、ジョアン・ドナートの小粋なピアノを堪能できる作品です。女性ボーカルのハミングも軽快で、思わず一緒に口ずさみたくなってしまいますよ。

ボサノバの定番曲を聴いてみたい方、おしゃれで落ち着いた雰囲気のBGMを探している方にぴったりハマる作品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 発売年: 2016 (年)

ボサノバのおすすめ17. DESAFINADO/アントニオ・カルロス・ジョビン

イパネマの娘
おすすめポイント
  • 温かみのあるメロディーラインと力の抜けた歌声で心癒される
  • ボサノバのスタンダードナンバーなので、初心者もおさえておきたい一曲
  • 多くのアーティストにカバーされている楽曲なので、聴き比べると楽しい

アントニオ・カルロス・ジョビンを代表する楽曲の一つである『DESAFINADO』は、クラシックギターの音色と味わいのあるジョビンの歌声、そして心地の良いベースラインに心が癒されるボサノバのスタンダードナンバーです。

アメリカのフランク・シナトラや日本の小野リサをはじめ、数多くのアーティストにカバーされているので、聴き比べてみると様々なアレンジで楽しめますよ。

心地よくなれるボサノバの定番曲を探している方、疲れた心を癒してくれる穏やかな一曲を探している方におすすめ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 発売年: 2012 (年)

ボサノバのおすすめ18. Blue Fashion Street/スターダスト☆レビュー

Brightest! (2018 リマスターVer.)
おすすめポイント
  • Jポップとボサノバが程よく融合しているから、ボサノバを聴いたことがない人でも聴きやすい
  • 優しく包み込むような歌声が聴いていて気持ちが良い
  • 大人の失恋を描いた曲なので、一人感傷に浸りたい時にぴったり

『Blue Fashion Street』は、「今夜だけきっと」や「木蓮の涙」などのヒット曲で知られる日本人の4人組バンド、スターダスト☆レビューのボサノバ調のナンバーです。

失恋ソングでもあるので、切ない歌詞と、ボーカル・根本要さんの包み込んでくれるような、やわらかな歌声が感傷に浸らせてくれます。

静かな夜に一人でじっくり聴きたくなる大人なナンバーなので、スタレビを聴いたことがない方でも心地よくなれるはず。

失恋した時に聴きたくなる曲や、一人の夜に似合う大人な雰囲気の曲を探している方に聴いてほしい一曲。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 発売年: 2002 (年)

ボサノバのおすすめ19. One Note Samba/オリビア・オン

A Girl Meets Bossanova 2
おすすめポイント
  • 透明感のあるオリビア・オンの歌声で心を和ませてもらえる
  • 一緒に歌いたくなるような、シンプルなメロディーラインが魅力
  • カフェのBGMや、リラックスタイムにぴったりハマる穏やかなナンバーが心地良い

シンガポール出身の女性歌手オリビア・オンが歌う『One Note Samba』は、アントニオ・カルロス・ジョビンとニュートン・メンドンサによって発表されたボサノバのスタンダードナンバーです。

たくさんのアーティストに歌われている楽曲ですが、オリビア・オンの透き通るような声と、ポップなリズム感が絶妙にマッチ。土曜の昼下がりに聴きたくなるような心地の良いナンバーに仕上がっています。

休日にリラックスしながらボーッと聴きたくなる、最高に心地良いボサノバを探している方にイチオシのナンバー。

公式サイトで見る


商品ステータス

  • 発売年: 2006 (年)

ボサノバのおすすめ20. How Insensitive/アストラッド・ジルベルド

THE ASTRUD GILBERTO ALBUM
おすすめポイント
  • アストラッド・ジルベルドの力が抜けた味わいのある歌声で心が落ち着く
  • たくさんのアーティストがカバーしているから、色んなバージョンを聞き比べするのもおすすめ
  • 夜が似合いそうな、切ないメロディーラインが魅力

アストラッド・ジルベルドの『How Insensitive』は、1961年にアントニオ・カルロス・ジョビンによって作られた楽曲です。アストラッド・ジルベルドの味わいある歌声で、切ない恋の終わりを歌い上げています。

男性女性問わず、たくさんのアーティストが、ボサノバに限らず、ジャズ、ポップス、ロックといった幅広いジャンルでカバーされているので、聞き比べる楽しみも味わえますよ。

夜寝る前のリラックスタイムに、心が落ち着くようなしっとりとした歌声を聴きたい方にぴったりの一曲です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 発売年: 2008 (年)

ボサノバのおすすめ21. Something Stupid/細野 晴臣

Heavenly Music
おすすめポイント
  • 甘い二人のハーモニーで、誰が聴いてもうっとりしてしまう1曲
  • フランクシナトラとは異なる力の抜けた感じが、原曲とは別の魅力がある
  • 低めで渋い細野さんの歌声が、心地良くてリラックスできると口コミでも人気があります。

『Something Stupid』は、1967年にフランク・シナトラとナンシー・シナトラによるデュエットソングとして発表された楽曲です。元YMOとしても活躍した音楽家の細野晴臣さんにより2013年にボサノバ調でカバーされました。

アン・サリーさんとのデュエットソングとして発表されており、「恋のひとこと」という邦題の通り、いい意味で力の抜けた二人のハーモニーが心に響きます。

カフェやお店のBGMとして、誰が聴いても心地の良さを感じられる楽曲を探している方に最適なボサノバです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 発売年: 2013 (年)

ボサノバのおすすめ22. モサ・ドーセ/佐藤正美

ヒーリング・ボサノバ
おすすめポイント
  • どことなく哀愁を感じられる生ギターの音が魅力的
  • ボサノバのリズムが心地良く、思わず聞き入ってしまう
  • インストサウンドだから、作業中のBGMとして流しても気が散りにくい

『モサ・ドーセ』は、日本のギタリストである佐藤正美さんによるボサノバのオリジナル曲です。

ボサノバのスタンダード曲を集めたアルバム「ヒーリング・ボサノバ」に収録されており、軽快なボサノバのリズムと相反する、どこか哀愁おびている生ギターの音色が耳に馴染みます。

インストゥルメンタルサウンドなので、仕事や勉強のBGMとして流せば、リラックスして作業が進みますよ。

作業用のBGMとして相応しい曲を探している方、聴いていてとにかく心地良い曲を探している方におすすめ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 発売年: 2002 (年)

ボサノバのおすすめ23. 青空の月/原田知世

noon moon
おすすめポイント
  • 原田知世さんの透き通るような歌声と、優しいメロディーでずっと聴きたくなる心地よさを感じる
  • 坂本龍一さんが収録に参加するなど、豪華なサウンドが魅力
  • 何気ない日常を歌っている歌詞にほっこりする

歌手として女優として活躍する原田知世さんが歌う『青空の月』は、ボサノバデュオのnaomi&Goroのギタリストの伊藤ゴローさんプロデュースのアルバム「noon moon」に収録されています。

透明感のある原田知世さんの歌声と、ミディアムテンポのボサノバがとてもマッチしていて、いつまでも聴いていたくなるような心地よさが魅力。

収録にはキーボードに坂本龍一さんが参加しており、豪華なサウンドがたのしめます。

日本語で聴けるボサノバを探している方、心を和ませてくれる優しいボサノバを聴きたい方にチェックして欲しい一曲。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 発売年: 2014 (年)

ボサノバのおすすめ24. MUSHI MUSHI/マルコス・ヴァーリ

ノヴァ・ボサ・ノヴァ
おすすめポイント
  • 「むしむし(もしもし)」や「くずきり」など、日本人が思わず口ずさみたくなるワードが盛り込まれていて楽しく聴ける
  • マルコス・ヴァーリの優しい歌声が心地良い
  • 自然に体が動いてしまうような軽快なリズムが気持ち良い

ブラジルの歌手でありギタリストのマルコス・ヴァーリが歌う『MUSHI MUSHI』は、1998年に発表されたアルバム「ノヴァ・ボサ・ノヴァ」の収録された楽曲です。

日本人が電話に出る時によく使う「もしもし」の響きが気に入って曲にしたというユニークなエピソードを持つ楽曲ですが、作品は、ボサノバらしい軽快なリズムと、優しい歌声で心地良い仕上がりになっています。

気持ちよくドライブできそうな、ボサノバならではの軽快なリズムを楽しみたい方に気に入ってもらえる曲です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 発売年: 2003 (年)

ボサノバのおすすめ25. 三月の雨/エリス・レジーナ、アントニオ・カルロス・ジョビン

Elis & Tom (Dig)
おすすめポイント
  • 二人の有名アーティストの余裕を感じさせる軽妙な掛け合いが心地良い
  • すぐ近くで歌っているような、温かい歌声で癒やされる
  • Eの韻を踏んだ歌い出しなど、聴いていて心地の良いリズムが魅力

エリス・レジーナとアントニオ・カルロス・ジョビンば歌う『三月の雨』は、アルバム「ERIS&TOM」の1曲目に収録されています。

目の前で歌っているような温かみのあるサウンドが魅力。多くのアーティストにカバーされている曲ですが、この二人だからこそ感じられる余裕と楽しさは必聴です。

また、このアルバムはブラジルを代表する二人のアーティストが一度だけ共演した貴重な作品なので、ボサノバファンならずとも、一度聴いてみる価値がある作品ですよ。

ゆったりと過ごしたい休日などにぴったりなBGMを探している方、王道のボサノバを聴いてみたい方におすすめ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 発売年: 2008 (年)

ボサノバのおすすめ26. ポル・トーダ・ミーニャ・ヴィーダ /ナラ・レオン

美しきボサノヴァのミューズ
おすすめポイント
  • ボサノバなのに雨が似合う、不思議な感覚をもたらせてくれる一曲
  • 雨の日や夜更けにふと聴きたくなるような、アンニュイな曲調が魅力
  • しっとりと落ち着いた歌声が、聴いていてとても気持ち良い

ブラジル生まれのボサノバ歌手、ナラ・レオンが歌う『ポル・トーダ・ミーニャ・ヴィーダ』は、落ち着いた歌声とそれに寄り添うような生ギターの音色が印象的な一曲。

古いフランス映画を連想させるような、しっとりとした雰囲気は、他にはない独特の世界観を感じられますよ。

この曲は彼女のベストセラーアルバム「美しきボサノヴァのミューズ」に収録されており、ジャケットのイメージそのままに、雨の日に聴きたくなる楽曲が揃っています。

雨の日に部屋でゆっくり聴きたくなる、しっとりとした大人のボサノバを求める方にぜひ聴いてもらいたい楽曲です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 発売年: 2016(年)

ボサノバのおすすめ27. 'S Wonderful/ジョアン・ジルベルト

AMOROSO(イマージュの部屋) <BRASIL SUPERSTAR 1200>
おすすめポイント
  • 力が抜けた優しい歌声で癒やされる
  • 様々なアレンジでカバーされている楽曲なので、聞き比べするとさらに楽しめる
  • 目を閉じて聴くとより感じられる、厚みのあるサウンドが魅力

1977年に発表されたジョアン・ジルベルトのアルバム『Amoroso(イマージュの部屋)』に収録されている『'S Wonderful』。

アメリカのジョージ・ガーシュウィンによって作曲されたポピュラーソングをボサノバ調にアレンジしたもので、ノスタルジックな印象が魅力です。

語りかけるような優しい歌声は、ドライブや午後のひとときをまったり過ごしたい時など、心を落ち着けたい時に聴きたくなりますよ。

まったり過ごしたい時や心を休ませたい時にぴったりな、優しいBGMを探している方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 発売年: 2016 (年)

ボサノバのおすすめ28. Yesterday/小野リサ

Pretty World
おすすめポイント
  • おなじみの曲をボサノバ調のアレンジにより、オリジナルとは違った魅力を楽しめる
  • 素朴で優しい歌声により、心が癒やされる
  • 落ち着いたテンポで流れるので、BGMとして心地良く聴ける

小野リサさんのアルバム「Pretty World」に収録されている『Yesterday』は、ビートルズの名曲をボサノバ調にアレンジしたものです。

彼女の少しハスキーで優しい歌声と、ボサノバのリズムにより、心安まるアレンジに仕上がっています。

この曲が収録されてるアルバムには、スティービー・ワンダーやフランシス・レイといったポピュラーな名曲も揃っているので、ボサノバの入門アルバムとして初心者でも聴きやすいですよ。

ボサノバ初心者向けの聴きやすい楽曲を探している方、BGMとして耳馴染みの良い曲を探している方にぴったり。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 発売年: 2000 (年)

ボサノバのおすすめ29. E Preciso Perdoar/naomi & goro

Bossa Nova Songbook 1
おすすめポイント
  • 心を落ち着かせてくれるような、透き通るように美しい低音のボーカルが素敵
  • 生ギターのリズムとコードの響きがボーカルに寄り添う、心地の良い一曲
  • 名曲のカバーだから入門編としてもぴったり

『E Preciso Perdoar』日本を代表するギターの名手である伊藤ゴローと、透き通る歌声が魅力の布施直美のボサノバデュオが発表したアルバム「Bossa Nove Songbook 1」に収録されています。

低音が静かに響く心地良いボーカルと、生ギターが奏でるリズムによるシンプルな弾き語りスタイルで、じっくりとボサノバを堪能できますよ。

また、こちらのアルバムにはボサノバの名曲がずらりとラインナップされているので、入門編としておさえておいて損はない一枚となっています。

シンプルにボサノバを堪能できる楽曲を探している方、心地良い歌声に酔いたい方にイチオシのナンバーです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 発売年: 2008 (年)

ボサノバのおすすめ30. 残されし恋には/ダイアナ・パントン

フェリシダージ ~わたしが愛したブラジル
おすすめポイント
  • 透明感あふれる美しい歌声が心地よく耳に入ってくる
  • スローテンポのボサノバなので、ゆっくりリラックスしたい時にぴったり
  • ボサノバの名曲が揃うアルバムに収録されているので、ボサノバを聴いたことがない方でも聴きやすい

カナダのジャズボーカリスト、ダイアナ・パントンが歌う『残されし恋には』は、2011年に発表されたボサノバの名曲を集めた彼女のアルバム「フェリシダージ ~わたしが愛したブラジル」に収録されています。

ゆっくりと流れるメロディーと、彼女の透明感があって艶っぽい歌声が絶妙にマッチしており、甘さと切なさがブレンドされたような、とにかく気持ちよく聴ける一曲となっています。

リラックスタイムや寝る前のひと時など、心身ともに休みたい時に癒してくれる曲が欲しい方に聴いてもらいたい曲です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 発売年: 2011 (年)

ホッと一息つきたい時は、ボサノバを聴いてみて。

南国の空気を感じられる、心地の良いリズムとささやくような歌声のボサノバは、カフェやお店などのBGMとしても耳にすることが多いジャンルです。

有名なボサノバシンガーをはじめ、国内外様々なアーティストが、独自のスタイルで楽曲を発表しているので、今までボサノバとは縁がなかったかたも、これを機にぜひ一度聴いてみてくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事