マンゴージュースのおすすめ特集|甘くて美味しい市販の人気飲料を大公開

おすすめのマンゴージュースをお探しの方へ。本記事では、美味しいマンゴージュースの選び方からおすすめの商品まで大公開!ストレートで果汁100%のものはもちろん、甘い&さっぱりの飲みやすい味についても紹介しているので、気になった方はぜひチェックしてください!

マンゴージュースの魅力とは

マンゴージュースのおすすめ

濃厚な甘みと芳醇な香り、とろっとした口当たりが人気のマンゴージュース。

ストレートで飲むのはもちろん、カクテルベースにしたり、デザートに活用したりと用途が幅広いので、大人から子どもまで楽しめるのが魅力となっています。

また、マンゴーの王様と呼ばれる「アルフォンソマンゴー」や、香りのいい「アップルマンゴー」を使ったジュースは人気が高いため、プレゼントとしてもおすすめですよ。


マンゴージュースの選び方|購入する前に確認すべき点とは

南国らしい濃厚な甘さと舌触りが特徴的なマンゴージュース。

ただ、最近は種類が多すぎてどの商品を買えばいいのか悩んでしまいますよね。

そこでここからは、美味しいマンゴージュースの選び方についてご紹介します。


マンゴージュースの選び方1. 果汁の含有量をチェックして選ぶ

果汁の含有量によって濃厚さや飲みやすさが変わってくるので、自分に合ったものを選ぶためにはチェックしておく必要があります。

マンゴージュースの果汁の含有量は、大きく分けると「50%未満」と「50%以上」。

次項からは、どんな人にはどれくらいの果汁含有量がおすすめなのかを解説します。


さらっと飲みたい人は「50%未満」がおすすめ

マンゴージュースに慣れていない人や、甘いものが苦手な人は、果汁50%未満のものを選ぶのがおすすめ。50%未満であれば甘みも強くなく、さっぱりとしていて飲みやすいため、小さい子どもさんも美味しく飲めるでしょう。

また、スッキリとした味わいなので、カレーなどの料理にも馴染みやすく、隠し味としても使用する場合にもおすすめです。


濃厚さが好きな人は「50%以上」がおすすめ

マンゴーらしい濃厚な甘さや、とろりとした舌触りを楽しみたいなら、果汁50%以上のマンゴージュースがおすすめ。ストレートで飲むのはもちろん、お酒や炭酸など、他の飲み物で割ってもマンゴーの味わいを十分に味わえます。

マンゴー果汁の含有量が多ければ多いほど原材料がシンプルになり、無添加に近くなるので、「添加物が気になる」という人にもおすすめですよ。


マンゴージュースの選び方2. 味わいが変わる「品種」に注目して選ぶ

マンゴーには多くの品種があります。品種ごとに味わいが大きく変わってくるため、購入の際はしっかり確認しておく必要があるでしょう。

ここでは、アルフォンソマンゴー・アップルマンゴー・フィリピンマンゴー・タイ産マンゴーの特徴を解説しますので、自分に合ったマンゴージュース選びの参考にしてくださいね。


王様と言われる「アルフォンソマンゴー」の特徴とは

濃厚な甘みとやわらかな酸味が特徴的なアルフォンソマンゴー。その綺麗な色味と味わいから、世界中の数あるマンゴーの中でも「マンゴーの王様」と称されています。

マンゴーらしさをしっかりと味わいたい人はもちろん、高級マンゴージュースにも多く使用されているので、マンゴー好きの友人に贈るプレゼントとしてもおすすめです。


香りが良い「アップルマンゴー」の特徴とは

果皮がリンゴのように赤いことから、その名が付けられたと言われるアップルマンゴー。強く芳醇な香り、濃厚な甘みが特徴となっています。果肉がとても柔らかくジューシーなため、ジュースにぴったりの品種と言えるでしょう。

香りが高く飲みやすいので、マンゴージュース初心者の方でも美味しく飲むことができますよ。


コスパのいい「フィリピンマンゴー」の特徴とは

フィリピンマンゴーは、一年中流通していることから価格が抑えられていることが1番の特徴となっています。豊かな甘みと爽やかな酸味を持ち合わせています。細長い形と黄色い色からペリカンマンゴーと呼ばれることも。

コスパの良いマンゴージュースを探している人や、さっぱりとした爽やかな味わいが好きな人に最適な品種です。


まろやかさもある「タイ産マンゴー」の特徴とは

日本ではメキシコ、フィリピンに次いで3番目の輸入量を誇るタイ産マンゴー。色は黄色でフィリピンマンゴーによく似ていますが、一回り大きく先が尖っています。コクのある甘みが特徴で、ジュースにするとまろやかで濃厚なマンゴージュースに仕上がります。

トロピカルな味わいや濃厚な甘さが好みなら、タイ産マンゴーを使ったジュースを選ぶのがおすすめです。


マンゴージュースの選び方3. 飲みやすい「容器」を選ぶ

マンゴージュースの容器には、紙パック・ビン・缶・ペットボトルの4種類があります。

容器によって味わいや使い勝手が変わってくるので、それぞれの特徴を理解した上で自分に合ったものを選ぶようにしましょう。


軽さを求めるなら「紙パック」がおすすめ

ビンのように割れることがなく、軽くて持ち運びに便利な紙パック。紙であるため、使用済みの容器を捨てやすいのも大きなメリット。

他の容器と比較して軽いので、家族用に大きめサイズを買って持ち帰るシーンで活躍するでしょう。


風味を重視する人は「ビン」がおすすめ

ビンは液体や気体を通さないため、中のジュースの風味を損なわないことがメリットとして挙げられます。一方、重たく割れやすいので持ち運びには不向きなところも。

味わいや風味を重視したい人は、ビン容器のマンゴージュースを選ぶのが得策と言えるでしょう。


長期保存したい人は「缶」がおすすめ

水分や空気、光を通さない缶は、密閉性が高いので、賞味期限が長いのが特徴。また、衝撃にも強いことから、落として変形してしまっても中身はしっかり守ってくれます。

来客などのいざという時に備えるなら、日持ちの長い缶がぴったりですよ。


手軽さを重視する人は「ペットボトル」がおすすめ

ペットボトルは、同じ容量のガラスビンと比べて約1/7~1/10の重さと言われています。さらに、キャップ式で何度でもフタができるので、手軽に持ち運べるのが特徴です。

軽くて使い勝手が良いため、ジュースをカバンなどに入れて携帯したい人におすすめです。


マンゴージュースのおすすめ特集|市販で購入できる人気商品を大公開

ストレートで飲むだけでなく、お酒や牛乳で割るなどアレンジも楽しめるマンゴージュース。

近年はその人気からいろんなメーカーから市販されるようになったので、どれを選んだら良いのか悩んでしまう方も多いはず。

そこでここからは、美味しいマンゴージュースの人気商品を厳選してご紹介します。


マンゴージュースのおすすめ1. Dole マンゴーミックス 100%

Dole(ドール) マンゴーミックス 100% 200ml紙パック×18本入×(2ケース)
おすすめポイント
  • 常温保存可能で日持ちも長いため、マンゴージュースをストックしておきたい人に最適
  • 容器が紙パックなので、軽くて持ち運びやすい
  • 1本100円以下と安いから、日常生活に取り入れやすい

『Dole マンゴーミックス』は、常温で保存ができる紙パックのマンゴージュースなので、ピクニックなどのちょっとしたお出かけや、子どものおやつ用のストックに使えます。

さっぱりした味わいだからのどが渇いたときでも一気に飲めますよ。

外出時に持って出て、飲み終えたら捨てられるので、便利ですよね。また、1本当たり100円以下と価格も安いため、気軽に取り入れられるのも嬉しいです。

常温で気軽に持ち運べるので、毎日の生活にマンゴージュースを取り入れたいと考えているならぜひチェックしてみて。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 濃度:ー (%)
  • 果汁:100 (%)
  • 産地:ー
  • 品種:ー
  • 容器:紙パック
  • 内容量:200 (ml)

マンゴージュースのおすすめ2. 日本橋 千疋屋総本店 果汁100%ジュース

おすすめポイント
  • アルフォンソマンゴー100%のジュースだから、甘みと酸味、香りのバランスが絶妙
  • ビン容器なので、風味が損なわれにくい
  • 名の知れた有名店から販売されているので、プレゼントにすれば喜ばれること間違いなし

果物の老舗「千疋屋総本店」のマンゴージュースは、マンゴーの王様として名高いアルフォンソマンゴーを100%使用して作られた商品。

爽やかな甘み、酸味、芳醇な甘い香りがバランスよく感じられるその味わいは、果物の老舗が選んだ完熟マンゴーだからこそ出せるもの。知らない人はいないくらいの有名店なので、目上の人へのギフトや手土産にしても恥ずかしくありません。

高級マンゴー100%のジュースなので、マンゴーらしい味わいを楽しみたい人や、マンゴー好きな人へのギフトを探しているから特に人気を集めている商品です。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 濃度:ー (%)
  • 果汁:100 (%)
  • 産地:インド
  • 品種:アルフォンソマンゴー
  • 容器:瓶
  • 内容量:1000 (ml)

マンゴージュースのおすすめ3. ワイルドマンゴージュース

ワイルドマンゴージュース 1000ml
おすすめポイント
  • 砂糖無添加のストレートジュースなので、カロリーが気になる人におすすめ
  • リンゴ果汁が入っているから、酸味があり飲みやすい
  • とろりとしているため、濃厚さを楽しみたい人にぴったり

「ワイルド」のマンゴージュースは、砂糖無添加の果汁100%ストレートジュース。不要なものを加えていないことで、マンゴーの自然な味わいを楽しめる仕上がりとなっています。砂糖が入っていないから、比較的カロリーが抑えられているのも大きなメリット。

また、リンゴ果汁40%ほど配合されているので、酸味が増し、飲みやすくなっています。マンゴーらしさも楽しめて、さらに飲みやすいのは嬉しいですよね。

砂糖を使わず作られたマンゴージュースなので、砂糖のツンとした甘みが苦手な人や、カロリーが気になる人にかなりおすすめの商品となっています。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 濃度:ー (%)
  • 果汁:100 (%)
  • 産地:南アフリカ
  • 品種:ー
  • 容器:紙パック
  • 内容量:1000 (ml)

マンゴージュースのおすすめ4. チルソン 南国のマンゴー

チルソン 南国のマンゴー 1.5Lペットボトル×6本入
おすすめポイント
  • コスパの高い商品だから、罪悪感なく毎日たくさん飲める
  • 「美味しい」という口コミが多いため、味の心配はいらない
  • 賞味期限が24ヶ月と日持ちが長いので、日常的なストックに最適

「チルソン」が販売している『南国のマンゴー』は、1.5Lで300円程度とコスパの高いマンゴージュースです。量がたくさん入っているのに安いから、罪悪感なく毎日たっぷりマンゴージュースを飲めますよ。もちろん安いだけでなく味も抜群。

「安いのに美味しい」「マンゴージュースの中で一番好き」「母がこれしか飲まない」など、美味しいという口コミがたくさんあるので、心配はいらないでしょう。

安くて美味しいから、家族みんなでマンゴージュースを楽しみたい人は、ぜひ候補に入れてみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 濃度:ー (%)
  • 果汁:ー (%)
  • 産地:ー
  • 品種:アップルマンゴー、フィリピンマンゴー
  • 容器:ペットボトル
  • 内容量:1500 (ml)

マンゴージュースのおすすめ5. JUICY COUTURE トロピカルマンゴー

ジューシー トロピカルマンゴー 1000ml×6本
おすすめポイント
  • アップルマンゴーを使っているため、香りと甘みを存分に楽しめる
  • 濃厚な味わいだから、お菓子作りの材料にも使ってもマンゴー感を楽しめる
  • 国産メーカーが作っているので、安心して飲める

「JUICY COUTURE」から市販されている『トロピカルマンゴー』は、アップルマンゴーを使って作られたマンゴージュース。アップルマンゴーならではの強く芳醇な香りと、上品な甘みで飲みやすく仕上がっています

果汁30%と果汁の含有量は少ないのに、てっきり果汁100%なのかと間違えてしまうほど濃厚な味わい。ゼリーやプリンなどのデザートにしても美味しくいただけますよ。また、国産のメーカーが作っているから、子どもや親にも安心して飲んでもらえます。

濃厚なのに飲みやすいマンゴージュースなので、子どもと一緒に飲みたいと考えている人にぴったりの商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 濃度:ー (%)
  • 果汁:30 (%)
  • 産地:中南米産(メキシコ、エクアドル)
  • 品種:アップルマンゴー
  • 容器:紙パック
  • 内容量:1000 (ml)

マンゴージュースのおすすめ6. デルモンテ マンゴー20%

デルモンテ マンゴー20% 750ml×6本
おすすめポイント
  • 甘すぎず濃すぎないバランスの良い味わいなので、飲みやすい
  • ビン容器に入っているから、匂い移りの心配がない
  • さっぱりしているのにマンゴーの味もしっかりするので、甘いものが苦手な人にぴったり

「デルモンテ」の『マンゴー 20%』は、名前の通り果汁20%のマンゴージュース。甘すぎず、濃すぎずの程良い濃さで、いくらでも飲めてしまいそうな味わいとなっています。

マンゴーはフィリピン産を使っているため、甘さと酸味のバランスがよく、さっぱりとして飲みやすい仕上がりに。また、容器はビンとなっています。冷蔵庫で保存していても他の食材に匂いや風味が移ってしまう心配はありませんよ。

さっぱりとした味わいに仕上がっているので、甘いマンゴージュースは苦手という方に特におすすめしたい商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 濃度:ー (%)
  • 果汁:20 (%)
  • 産地:フィリピン
  • 品種:ー
  • 容器:瓶
  • 内容量:750 (ml)

マンゴージュースのおすすめ7. 天長食品工業 agros マンゴーアップルジュース

agros マンゴーアップルジュース 果汁100% 1L×12本 無添加 紙パック 業務用 まとめ買い 濃縮還元
おすすめポイント
  • 添加物、砂糖不使用のジュースのため、健康志向の人に最適
  • 常温で14ヶ月と長期間日持ちするから、非常用の防災用品にもぴったり
  • 紙パックの容器なので、飲みきった後も捨てやすい

「天長食品工業」が販売している『agros マンゴーアップルジュース』の原材料はマンゴー、リンゴだけと非常にシンプル。フルーツだけで作られた無添加のマンゴージュースなので、美味しいだけでなく身体にも優しい仕上がりになっています。

また、常温で14ヶ月日持ちするから、非常時の防災セットに加えるのもおすすめ。いざという時に美味しいマンゴージュースがあると、身体だけでなく心も癒やされることでしょう。

不要な添加物は一切入っていないマンゴージュースだから、健康を気にする人はぜひチェックしてみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 濃度:ー (%)
  • 果汁:100 (%)
  • 産地:タイ
  • 品種:ー
  • 容器:紙パック
  • 内容量:1000 (ml)

マンゴージュースのおすすめ8. CHABAA 100%ミックスジュース マンゴー

CHABAA 100%ミックスジュース マンゴー 1000ml
おすすめポイント
  • タイ産のマンゴーを使用しているから、まろやかな味わいを楽しめる
  • 原材料がフルーツだけなので、添加物が気になる人にもおすすめ
  • 紙パックの容器に入っているので、重くなく扱いやすい

「CHABAA」の『100%ミックスジュース マンゴー』は、タイ産のマンゴーを使用して作られている、まろやかな味わいが特徴のマンゴージュース。

飲むヨーグルトと合わせると、インドカレー屋さんでしか飲めないようなまろやかなマンゴーラッシーが作れます。砂糖、着色料、香料不使用なので、フルーツ本来の味わいをダイレクトに感じられます。マンゴーの濃厚さをそのまま堪能できるのは嬉しいですよね。

ヨーグルトや牛乳などの乳製品と相性が良いので、マンゴーラッシー好きな人に検討していただきたい商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 濃度:ー (%)
  • 果汁:100 (%)
  • 産地:タイ
  • 品種:ー
  • 容器:紙パック
  • 内容量:1000 (ml)

マンゴージュースのおすすめ9. デルモンテ マンゴージュース

【24本入りケース販売】 DEL MONTE MANGO JUICE DRINK デルモンテマンゴージュース 240ml x 24缶
おすすめポイント
  • 賞味期限が24ヶ月と日持ちするので、まとめ買いできる
  • 酸味と甘みのバランスがちょうど良いため、誰にでも飲みやすい味
  • 果汁25%だから、さっぱりした味わいになっている

「デルモンテ」の『マンゴージュース』は、珍しい缶容器に入ったマンゴージュースです。賞味期限は24ヶ月と非常に長いため、まとめ買いしてストックしておくのに最適。たくさん常備しておけば、甘いものが欲しくなった時や、突然来客が来たときにも対応できるので非常に便利ですよね。

また、酸味と甘みのバランスがよく飲みやすいため、老若男女問わず誰にでも飲みやすい味となっています。

日持ちのする缶容器に入った商品なので、マンゴージュースをまとめ買いして常備しておきたい人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 濃度:ー (%)
  • 果汁:25 (%)
  • 産地:ー
  • 品種:ー
  • 容器:缶
  • 内容量:240 (ml)

そのまま飲んでもカクテルにしても美味しいマンゴージュースを見つけてみて。

濃厚な甘みと芳醇な香り、とろっとした口当たりで人気を集めているマンゴージュース。ただ、一口にマンゴージュースと言っても多くの種類があるため、どれを選べばいいかわかりませんよね。

今回は、数あるマンゴージュースの中でも特におすすめの商品をご紹介しました。甘いものやさっぱりした味わいのもの、高級な品種を使ったもの、ストレートで果汁100%のもの、国産メーカが作っているものまで、様々な悩みを解決してくれる人気商品ばかり。

ぜひ自分の好みのマンゴージュースを見つけて、贅沢な時間を楽しんでくださいね。

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事