ベビーワセリンの人気おすすめ特集|大人も赤ちゃんも使える保湿アイテムを解説

おすすめのベビーワセリンをお探しの方へ。本記事では、ベビーワセリンの選び方や比較方法、全身に使える安心の商品まで大公開!乾燥肌の大人も保湿に使える人気アイテムも紹介していますので、気になった方はぜひチェックしてくださいね。

ベビーワセリンの必要性とは?

bベビーワセリンのおすすめ

ワセリンは石油を精製した保湿剤のことです。白くなるほど純度が高くなっていく傾向があります。ベビーワセリンは不純物を取り除き純度を高めているので、肌の弱い赤ちゃんでも使いやすいです。

ワセリンを塗っておくと肌に油膜を作るため、水分が蒸発しにくく肌を乾燥や刺激から守れます

そのため、新生児や幼児は肌のバリア機能が不十分なため、こちらで対策してあげると安心ですよ。お風呂上がりに塗ってあげると良いでしょう。


赤ちゃんに刺激のある成分について

せっかくワセリンを使ったのに刺激がある成分が含まれていると、赤ちゃんに刺激を与えることになってしまいます。

具体的には、アルコールや合成着色料、香料、防腐剤などが含まれていない商品を選ぶようにしましょう。

赤ちゃんにワセリンを使う際は、できるだけシンプルな成分のものを使うのがおすすめですよ。


ベビーワセリンの選び方|購入する前に確認すべき点とは

ベビーワセリンを選ぶ時、いざ購入したいと思ってもどのような基準で選べば良いのかわかりませんよね。

そこでここからは、ベビーワセリンの選び方について紹介していきます。ベビーワセリンを購入する前にこれらの選び方を確認することで、自分に合った人気アイテムを見つけやすくなりますよ。


ベビーワセリンの選び方1. 純度の高いワセリンを選ぶ

ベビーワセリンは純度によって色が異なります。大きく分けて白色と黄色の2種類があるのですが、純度の低いものを使うと赤ちゃんの肌に合わない可能性があるのでおすすめできません。

白色の方が純度が高いので、できるだけ白色ワセリンを選ぶと良いでしょう。ちなみに白色ワセリンにもグレードがあります。サンホワイト、プロペト、白色ワセリンの順に純度が高いです。

パッケージに記載されている成分表を確認してから購入すると、より確実ですよ。配合率の高い順から記載されているのでチェックしてください。


ベビーワセリンの選び方2. 使い切れる量のものを選ぶ

ワセリンは一度開封すると、時間によって質が落ちてきてしまいます。純度の高いベビーワセリンも劣化はしにくいものの、早めに使い切るに越したことはありません。

ベビーワセリンは少ないものでは50g、大容量のものは500gと商品によって内容量が異なります。使用頻度が少ない人は50g、使用頻度が高い人や子供の人数が多い人は500gと、家族構成や使用頻度に応じて選ぶと良いでしょう。

コスパが良いからといって大き目サイズを買うのではなく、使い切れる量のものを定期的に買うことをおすすめします。


ベビーワセリンの選び方3. 使いやすい容器のものを選ぶ

ベビーワセリンは使われている容器も異なります。シチュエーションに合わせて容器を選ばないと、使いづらさをかんじてしまいかねません。

チューブタイプは持ち運びに便利です。内容量は50g前後の商品を選べばコンパクトなので、バッグに入れてもかさばりません。使いたい時にさっと塗れるのも便利ですね。子育てに忙しいお母さんに使いやすいでしょう。

家で使いたい場合はジャータイプがおすすめです。500g程度の大容量サイズを選んでおけば、全身に使えますよ。さらにコスパにも優れている点も見逃せません。使いやすさや好みに合ったものを選んでください


ベビーワセリンのおすすめ6選|赤ちゃんを保湿してあげられる人気の商品を紹介

ベビーワセリンはバリア機能の低い赤ちゃんを乾燥や刺激から守る商品です。しかしベビーワセリンは安全性や使い方などそれぞれ特徴が異なるため、どれを購入すれば良いのか悩んでしまうかもしれません。

そこでここからは、おすすめの人気ベビーワセリン6選を紹介します。


ベビーワセリンのおすすめ1. 【保湿クリーム】ベビーワセリン

【保湿クリーム】ベビーワセリン 60g(乾燥肌 パラベンフリー)
おすすめポイント
  • 柔らかく伸びが良いので、温めて柔らかくする手間を省ける
  • チューブタイプで持ち運びしやすく、外出先でも使いたい人におすすめ
  • 香料やアルコールを使用しておらず、肌に優しい

ベビーワセリンは商品によってテクスチャーの固さが異なります。固いものだと赤ちゃんの肌に伸ばすのに時間がかかってしまい、外出先などでは使いづらさを感じるかもしれません。

こちらは柔らかく伸びが良いのが特徴です。肌に乗せればすっと伸びるので、温めて伸ばす必要がありません。またある程度の固さがあるので、液だれの心配もなく使いやすさを実感できるでしょう。

外出先でベビーワセリンを使いたい人や、温めて肌に伸ばす手間を減らしたい人におすすめの人気商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 対象月齢:0ヶ月
  • 内容量:60 (g)
  • ワセリンの種類:白色ワセリン
  • 容器:チューブ

ベビーワセリンのおすすめ2. ピジョン ワセリン

ピジョン ワセリン 60g
おすすめポイント
  • べたつきにくいのが特徴なので、1年中使える
  • テクスチャーが柔らかく伸びが良いため、肌をこすらずに済み刺激を抑えられる
  • 添加物が入っておらず、生後間もなくから使え赤ちゃんの敏感な肌を保護できる

ベビーワセリンは石油を精製したものなので、べたつきやすいのが難点。特に汗をかく夏は使いづらいですよね。

『ピジョン ワセリン』はべたつきにくい点が特徴のベビーワセリンです。さらっとした使い心地なので、1年中使えます。またテクスチャーは柔らかめのため、塗りやすい点も着目してください。肌の上で伸ばす必要がないので、刺激を与えないのもメリットといえるでしょう。

べたつきの少ないベビーワセリンで赤ちゃんの肌を保護してあげたい人にイチ押しの人気商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 対象月齢:0ヶ月
  • 内容量:60 (g)
  • ワセリンの種類:白色ワセリン
  • 容器:チューブ

ベビーワセリンのおすすめ3. プロペト ピュアベール

【第3類医薬品】プロペト ピュアベール 100g
おすすめポイント
  • 白色ワセリンよりも純度の高いプロペトを使っており、顔やリップにも塗れる
  • 100g入りとチューブタイプの中では容量が多いので、外出先で使う頻度が高い人におすすめ
  • 柔らかく伸びが良いため、肌に刺激を与えにくい

ベビーワセリンは純度の高い白色ワセリンを使用している場合が多いです。しかし、赤ちゃんによっては肌に合わない場合もあるため、できるだけ肌に優しいものを使いたい人もいますよね。

『プロペト ピュアベール 』は、白色ワセリンよりもさらに純度の高いプロペトを使用したベビーワセリンです。プロペトは医療機関でも使われており、刺激が少ないので顔にも塗れます。リップや目元などの皮膚が薄い場所にも塗れるため、安全性が高いです。

白色ワセリンでも肌が荒れてしまう人や、顔やリップなどのデリケートな部分にも塗りたい人は、こちらの商品をぜひお試しください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 対象月齢:ー
  • 内容量:100 (g)
  • ワセリンの種類:プロペト
  • 容器:チューブ

ベビーワセリンのおすすめ4. ヴァセリン オリジナル ピュアスキンジェリー

Vaseline(ヴァセリン) オリジナル ピュアスキンジェリー 全身の保湿ケア用スキンバーム クリーム 200グラム (x 1)
おすすめポイント
  • 200g入りの大容量サイズなので、家族で共有したい人におすすめ
  • 防腐剤や香料などを使用しておらず、赤ちゃんから大人まで幅広い年代の人が使える
  • 蓋は上から押せば閉まるタイプのため、手の甲を使えば汚さずに蓋を閉められる

ベビーワセリンは赤ちゃんから大人まで使えるので、家族で共有している家庭もありますよね。しかし使う家族の人数に比例して使用量も増えるため、使い切ってしまうでしょう。

『ヴァセリン オリジナル ピュアスキンジェリー』は200g入りの大容量サイズです。一般的なチューブタイプは50gほどと少ないため、こちらを選べばたっぷりと使えます。また販売価格も500円台と安いので、財布に優しいです。

ベビーワセリンを赤ちゃんだけでなく家族みんなで使いたい人や、コスパの良いベビーワセリンをお求めの人に最適の人気商品といえます。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 対象月齢:全ての年代
  • 内容量:200 (g)
  • ワセリンの種類:ー
  • 容器:ジャー

ベビーワセリンのおすすめ5. ワセリンHGチューブ

おすすめポイント
  • チューブの口が細い形状になっており、出す量を調節しやすい
  • 不純物を取り除いた状態でパッケージしているので、肌に負担がかかりにくい
  • ムラになりにくく均一に伸びていくため、塗り残しが発生しにくい

チューブタイプのベビーワセリンは押す力によって使いたい量を調節します。しかし力のかけ具合が難しく、たくさん出てしまうと使いきれないですよね。

『ワセリンHGチューブ』はチューブの口が細い形状になっています。誤って力を入れすぎてしまっても、出しすぎを防止できるでしょう。また酸処理を伴わない方法で精製しており、不純物を取り除いているので刺激が少ないのもメリットといえます。

チューブからワセリンを出す量の調節が上手くできない人や、外で赤ちゃんにワセリンを塗りたい人におすすめの人気商品です。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 対象月齢:ー
  • 内容量:100 (g)
  • ワセリンの種類:ー
  • 容器:チューブ

ベビーワセリンのおすすめ6. コスメテックスローランド ロッシベビー ワセリンピュアN

コスメテックスローランド ロッシ ベビー ワセリンピュア N 65g
おすすめポイント
  • 使われている成分は白色ワセリンのみのため、シンプルなものを使いたい人におすすめ
  • チューブタイプなので、手を汚さずに使用できる
  • 塗った後はしっとりしつつもさらっとしており、べたつきにくい

赤ちゃんの肌はデリケートなため、できるだけ化学成分は使いたくないですよね。ベビーワセリンは商品によっては様々な成分が使われている場合があり、購入を躊躇する人もいるでしょう。

『コスメテックスローランド ロッシベビー ワセリンピュアN』の成分は白色ワセリンのみです。香料や防腐剤、アルコールなどは一切使用しておりません。塗ったあとはしっとりしつつもさらっとしているので、べたつきが苦手な人も使いやすいでしょう。

シンプルな成分のベビーワセリンをお求めの人や、肌の弱い赤ちゃんに使えるベビーワセリンを探している人はぜひお試しください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 対象月齢:0ヶ月
  • 内容量:65 (g)
  • ワセリンの種類:白色ワセリン
  • 容器:チューブ

赤ちゃんの肌を守るベビーワセリンを見つけよう!

ベビーワセリンは純度の高いワセリンを使い、デリケートな赤ちゃんの肌を保護する商品として人気が高いです。持ち運びしやすいコンパクトな商品や、乾燥肌の赤ちゃんに使える商品など、様々なベビーワセリンが市販されています。

しかし種類が多く販売されているので、どの商品が良いのか悩んでしまうかもしれません。この記事を参考に自分に合ったベビーワセリンを選んでくださいね。

【参考記事】はこちら▽

【参考記事】あああああああああ太字ああああああ▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事