おむつ替えシートのおすすめ10選|赤ちゃんの肌に優しい素材のマットを大公開

おすすめのおむつ替えシートをお探しの方へ。本記事では、おむつ替えシートの選び方や比較方法、使い捨てタイプの人気商品から繰り返し使えるタイプの商品まで大公開!小さく畳める持ち運びに便利なタイプの商品も紹介していますので、気になった方はぜひチェックしてください!

おむつ替えシートの必要性とは?

おむつ替えシートのおすすめ

おむつ替えシートとは、赤ちゃんのおむつを交換する際に敷くシートのこと。

赤ちゃんのうんちはゆるい場合が多く、場合によっては漏れてしまうことも少なくありません。そんな時、おむつ替えシートを使えば、周りを汚すことなくおむつ交換ができます。

また、外出先に携帯しておけば衛生面の気になる場所でも、赤ちゃんを汚すことなく置けるのもメリットです。


おむつ替えシートの選び方|購入する前に確認すべき点とは

おむつ替えシートは撥水性が高く清潔な状態でおむつ交換ができる商品として需要が高いです。そんなおむつ替えシートですが、いざ購入したいと思ってもどのような基準で選べば良いのかわかりませんよね。

そこでここからは、おむつ替えシートの選び方について紹介していきます。おむつ替えシートを購入する前にこれらの選び方を確認することで、自分に合った人気アイテムを見つけやすくなりますよ。


おむつ替えシートの選び方1. 環境に合わせたタイプを選ぶ

おむつ替えシートを購入したものの、使い勝手が悪くて結局使わなかった、となるとがっかりしてしまいますよね。

おむつ替えシートには使い捨てタイプと洗えるタイプがあります。それぞれ活躍する場面が異なるので、選ぶ際の参考にしてくださいね。


外出先で便利な「使い捨てタイプ」

使い捨てタイプは洗う必要がなく、使用後はそのまま処分できるのが特徴です。汚れてしまっても洗う必要がないため、衛生面が気になる人も安心して使えるでしょう。また、コンパクトで持ち運びしやすいタイプが多いのもメリットです。外出する機会が多い人におすすめといえます。

しかし、使い終わったら購入する必要があるので、コストは割高になってしまう点にご注意ください。


お家で使うなら繰り返し使える「洗えるタイプ」

洗えるタイプは何度も洗って使えるため、経済的でコスパに優れています。また、洗濯機で洗えるおむつ替えシートもあるので、手間がかからないものもあり使いやすいです。自宅で使う場合や、コストを抑えたい人は洗えるタイプがおすすめといえるでしょう。

しかし、洗濯機で洗えない場合は手で洗うため、時短には向いていません。また、旅行中などすぐに持ち帰って洗えない場合にも避けた方が無難でしょう。


おむつ替えシートの選び方2. 赤ちゃんにあったサイズのものを選ぶ

おむつ替えシートにはサイズがあります。赤ちゃんの大きさや動きによってはおむつ替えシートからはみ出してしまうかもしれません。

おむつ替えシートはおしりをカバーするコンパクトなものから、身体全体を覆える大判サイズまで、様々な種類が発売されています。赤ちゃんのお尻の周りをしっかり保護できるサイズのものを選ぶようにしましょう。

もし動き回る元気な赤ちゃんの場合は、一回り大きいものを選ぶとスペースが確保できるため安心ですよ。


おむつ替えシートの選び方3. 素材の特徴に目を通して選ぶ

おむつ替えシートは素材もそれぞれ異なります。素材を確認しておかないと「おむつ替えシートを使ったら赤ちゃんの肌が荒れてしまった」など、困ったことが起こるかもしれません。

そのため、赤ちゃんの肌質や使い勝手などを確認した上で選ぶと良いでしょう。ここからはおむつ替えシートの素材を紹介します。


肌触りのいい「コットン・綿・パイル」

コットンや綿、パイル素材は肌触りが良いのが特徴です。デリケートな新生児の肌にも安心して使えます。また、通気性に優れており蒸れにくいのもメリットです。肌の弱い赤ちゃんにおすすめといえます。

しかし厚みがあるので、持ち運びには不向きかもしれません。また水分を含むと重くなるので外出時の使用を考えている人にとっては、不便な面もあることを念頭に置いてください。


コンパクトに畳める「ポリエステル・ナイロン」

ポリエステルやナイロンなどの化学繊維は薄くてかさばらないのが特徴です。畳んでもかさばらずコンパクトにまとまるので、バッグの中に入れてもスペースをとりません。外出先でおむつ替えシートを使う機会が多い人におすすめです。

しかし、コットンタイプと比べて肌には優しくないため、肌トラブルが起こる可能性はあります。また、吸水性が低いため蒸れやすいのも特徴です。


使い捨ておむつ替えシートのおすすめ5選|出先で便利なタイプを紹介

使い捨ておむつ替えシートは洗う手間が省ける便利な商品です。しかし素材やサイズなどそれぞれ特徴が異なるため、どれを購入すれば良いのか悩んでしまうかもしれません。

そこでここからは、おすすめの人気使い捨ておむつ替えシート5選を紹介します。


使い捨ておむつ替えシートのおすすめ1. 日本パフ 使い捨ておむつ替えシート

日本パフ 使い捨ておむつ替えシート 1個 (x 1)
おすすめポイント
  • 厚みの出ないポリエチレンフィルムを使用しており、かさばらない
  • 33×45cmとおしりをしっかりとカバーできるサイズなので、汚れを拡散させない
  • 12枚入っているため、外出時に使い切ることは少なく安心

おむつ替えシートを外出時に持っていく際、バッグの中でかさばってしまうと他の荷物が入らなくなってしまいますよね。

『日本パフ 使い捨ておむつ替えシート 』は持ち運びしやすいコンパクトなサイズが特徴です。素材は厚みの出ないポリエチレンフィルムを使用しており、折りたたんでも薄くかさばりません。また33×45cmとおしりをしっかりとカバーできるサイズのため、汚れが周りにつくのも防げます。

荷物が多くなりがちな人も、このおむつ替えシートがあればすき間に入れられるので、簡単に持ち運びできますよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 枚数:12枚
  • 一枚あたりの値段:22円
  • 素材:紙、ポリエチレンフィルム
  • サイズ: 33 × 45 (cm)

使い捨ておむつ替えシートのおすすめ2. PUPPAPUPO 防水 おむつ替えシート

おすすめポイント
  • 66cm×45cmと大判サイズのため、おむつ交換台におさまる
  • 取り出しやすい構造なので、使いたい時に手間取らない
  • かわいいパッケージはインテリアに合い、見た目を気にする人にも使いやすい

外出先でおむつ交換台にお子さんを乗せると、楽におむつを交換できますよね。しかし、おむつ替えシートのサイズが小さいと、お子さんが動いたときに汚れがついてしまう心配がありますよね。

『PUPPAPUPO 防水 おむつ替えシート』は66cm×45cmと大判サイズのおむつ替えシートです。おむつ交換台に敷くとちょうどよくおさまるので、周りを汚してしまう心配がありません。また、取り出しやすい構造はすぐに使いたい時にも便利なので、外出先でも役立つでしょう。

スーパーやデパートなどのおむつ交換台を使う頻度が高い人や、身体の大きいお子さんがいる人におすすめの人気商品です。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 枚数:50枚
  • 一枚あたりの値段:ー円
  • 素材:紙、ポリエチレン
  • サイズ: 66 × 45 (cm)

使い捨ておむつ替えシートのおすすめ3. イマージ 使い切りどこでも便利シート

イマージ 使い切りどこでも便利シート 50枚入り 大判サイズ 45×66cm ブルー 防水仕様
おすすめポイント
  • 片手でさっと取り出せるので、子供の世話で手が離せない人も使いやすい
  • 45×66cmの大きいサイズのため、よく動く赤ちゃんにおすすめ
  • 薄いながらも耐久性があり、破れにくい

赤ちゃんの面倒を見ながらおむつ替えシートを取り出す機会は多いですよね。しかし、取り出しにくいものだと使いたい時にすぐ使えないため、不便さを感じてしまうでしょう。

『イマージ 使い切りどこでも便利シート』の取り出し口はミシン口で切り開くタイプです。片手でさっと取り出せるので、取り出す手間がかかりません。あらかじめおむつ替えシートをつまめるように出しておくと、取り出しやすくなります。

一人で子供の面倒を見る機会が多く、手が離せない人にイチ押しの人気商品です。取り出すストレスが解消されますよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 枚数:50枚
  • 一枚あたりの値段:40円
  • 素材:ー
  • サイズ: 45 × 66 (cm)

使い捨ておむつ替えシートのおすすめ4. ドクターガード ベビーシート

DCMJBB8284 ドクターガードベビーシート100枚入り
おすすめポイント
  • 1セットに100枚入っているので、一度買えばしばらくは買いに行く必要がない
  • 1枚当たり8円と安いので、コストを抑えたい人におすすめ
  • おむつ替え以外にも工作時の下敷きなどにも使え、汎用性が高い

使い捨ておむつ替えシートは使用後はそのまま捨てられるので、洗う手間が省けて便利ですよね。しかし、使用頻度が高いとすぐに使い切ってしまい、再度購入するためコストがかかりますよね。

『ドクターガード ベビーシート』は1セットに100枚入っているおむつ替えシートです。1枚当たりの単価が8円と安いので、コストを抑えられます。また、たくさん入っているため、一度購入すればしばらく買わなくて済む点も嬉しいですよね。

おむつ替えシートにかかるコストを抑えたい人や、買いなおす手間を省きたい人に最適の人気商品といえるでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 枚数:100枚
  • 一枚あたりの値段:8円
  • 素材:ポリエチレンコート
  • サイズ: 33 × 45 (cm)

使い捨ておむつ替えシートのおすすめ5. PIPBABY どこでも安心シート

PIPBABY どこでも安心シート
おすすめポイント
  • 水分を200cc吸収できるので、うんちやおしっこの量が多くても安心
  • 逆もどりしにくい高吸収性ポリマーを採用しており、外部に漏らしにくい
  • 5枚入りで使いやすい量のため、外出時の持ち運びに便利

おむつ交換をしている時、うんちやおしっこを漏らしてしまうこともありますよね。量が多い場合、吸収できずに溢れてしまうと処理が大変です。

『PIPBABY どこでも安心シート』は水分を200cc吸収できるおむつ替えシートです。吸収力に優れているため、うんちやおしっこなどを漏れることなくしっかりキャッチしてくれます。さらに逆もどりしにくい高吸収性ポリマーを採用しているのも安心です。 赤ちゃんのうんちやおしっこの量が多く、一般的なおむつ替えシートでは心もとない人にイチ押しですので、ぜひご検討くださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 枚数:5枚
  • 一枚あたりの値段:83円
  • 素材:表面材:ポリオレフィン不織布 吸水材:綿状パルプ、高分子吸収材 表面材:ポリチエレンフィルム
  • サイズ: 17.6×6×19.6 (cm)

洗えるおむつ替えシートのおすすめ5選|自宅用に最適なマットを比較

洗えるおむつ替えシートは何度も使えるためコスパに優れています。しかし洗い方やデザインなどそれぞれ特徴が異なるため、どれを購入すれば良いのか悩んでしまうかもしれません。

そこでここからは、おすすめの人気洗えるおむつ替えシート5選を紹介します。


洗えるおむつ替えシートのおすすめ1. Janday おむつ替えシート

Janday おむつ替えシート ベビーマット ベビー用品 防水シート オムツ替え 衛生用品 収納 洗濯可 通気性 出産準備 保育介護 赤ちゃん 就寝 外出 おしっこ漏れ プレゼント 女性生理 2枚セット 50*70cm
おすすめポイント
  • 新生児からのおむつ替え以外にも様々なシーンで活躍するので、汎用性が高い
  • 汚れてしまっても洗えるため、いつでも清潔な状態で使える
  • 2枚セットになっており、洗い替え用としても使いやすい

おむつ替えシートは新生児のおむつ交換時にあると便利ですよね。しかし成長しておむつをしなくなると、使わなくなってしまいます。

『Janday おむつ替えシート 』はおむつ替え以外にも様々なシーンで活躍する商品です。ペットのクッションや生理中の女性、ピクニックなどにも使えます。また洗濯できるので、いつでも清潔に使えるのも便利です。折りたたみも可能で持ち運びのしやすさもメリットといえます。

おむつをしなくなっても使える、汎用性の高いおむつ替えシートをお求めの人はこちらの商品がおすすめですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

- 枚数:2枚 - 素材:綿、綿混パイル、EVA - サイズ: 50 × 70 (cm)


洗えるおむつ替えシートのおすすめ2. おむつ替えシート 2枚セット

おむつ替えシート 2枚セット 綿100% 防水シーツ おむつ替えシート 防水 洗濯可 繰り返し利用可能 吸水性 通気性 出産祝い 赤ちゃん ギフト 70×50cm
おすすめポイント
  • 動物柄がプリントされており、かわいいデザインが好きな人におすすめ
  • 2枚セットになっているので、洗い替えとして使える
  • 表はコットン、裏は竹繊維と素材が異なり、両面使用可能

おむつ替えシートは使う時にデザインが目に入ります。せっかく使うなら気に入った見た目のものを使いたいと考える人もいますよね。

このおむつ替えシートは、動物柄がプリントされたおむつ替えシートです。ライオンやクジラ、キリンなどがデフォルメされており、とてもかわいいデザインになっています。

さらに2枚セットになっているので、洗い替えとしても使いやすいでしょう。

かわいいデザインのおむつ替えシートを探している人や、洗って干している時でも使えるように予備が欲しい人にイチ押しです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

- 枚数:2枚 - 素材:天然オーガニック綿、ポリウレタン、竹繊維 - サイズ: 70 × 50 (cm)


洗えるおむつ替えシートのおすすめ3. MOMSMENU オムツシート

オムツシート おむつ替えシート 滑り止め加工 おむつ替えマット 5層 防水 洗濯可 持ち運びサイズ 30×45cm 50×70cm 2枚入
おすすめポイント
  • 30×45cmと50×70cmが入っており、使う場面に応じて使い分けができる
  • 滑り止めがついているので、子供が動いてもずれにくい
  • 丸めて持ち運びすれば、バッグの中に入れても邪魔にならない

おむつ替えシートは商品によってサイズが異なります。状況によっては「もっと大きなサイズがあれば便利だな」、「小さいサイズが使いたい」などと他のサイズの方が使いやすい場合もありますよね。

『MOMSMENU オムツシート 』は、サイズの異なるおむつ替えシートがセットになった商品です。30×45cmと50×70cmが入っており、使う場面に応じて使い分けができます。また、裏面には滑り止めがついており、赤ちゃんが動いてもおむつシートがずれにくいです。

おむつ替えシートを敷く場所の広さに合わせてサイズを調整したい人は、ぜひこちらの商品をお試しくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

- 枚数:2枚 - 素材:表層:100%綿 内層:ポリエステル 底層:綿、TPU - サイズ: 30×45、50×70(cm)


洗えるおむつ替えシートのおすすめ4. Setaria Viridis おむつ替えシート

Setaria Viridis 綿100% 防水 繰り返し利用 ベビ おねしょ防水シーツ 赤ちゃん おむつ替えシート 防水シーツ(M 50 X 70 cm)
おすすめポイント
  • オーガニックコットンを100%使用しており、肌に優しい
  • S、M、Lと3つのサイズ展開をしているので、用途に応じて選べる
  • 消臭、防菌加工が施されているため、清潔な状態で使える

赤ちゃんの肌は大人が思っているよりもデリケートです。肌の荒れやすい赤ちゃんも多いため、できるだけ肌に優しいものを使いたいですよね。

『Setaria Viridis おむつ替えシート』はオーガニックコットンを100%使用しています。刺激が少ないので、敏感肌の赤ちゃんにも安心して使えるでしょう。また吸水性と通気性にも優れており、蒸れにくい点も見逃せません。

自然素材のものを使った、肌に負担のかかりにくいおむつ替えシートをお求めの人に最適の人気商品といえます。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

- 枚数:1枚 - 素材:オーガニックコットン、竹繊維、TPU - サイズ: 50 × 70 (cm)


洗えるおむつ替えシートのおすすめ5. Maltose オムツ替えシート

Maltose おねしょシーツ 140×70cm 大人用 おねしょ防水シーツ 赤ちゃん 汗取り 繰り返し利用 持ち運び便利 四隅ゴム付き
おすすめポイント
  • 耐久性のテストを行っており、長く使えることが実証されている
  • 洗濯機で丸洗いができるので、時短に繋がり家事の負担を減らせる
  • 洗濯しても風合いを損なわず、ふんわりとやわらかい

洗えるタイプのおむつ替えシートは何度も使えるため、コスパに優れています。しかし、耐久性が低いと長く使えず、買い替える必要が出てくるかもしれません。

『Maltose オムツ替えシート』は耐久性の高さが実証されたおむつ替えシートです。洗濯機で300回洗うテストを行った結果、ボールアップや糸くずが出ませんでした。また、洗濯してもふんわりと柔らかく、通気性も確保できます。

できるだけ同じおむつ替えシートを長く使いたい人や、洗った後も洗う前と同じ使用感で使いたい人にイチ押しです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

- 枚数:1枚 - 素材:オーガニックコットン、竹繊維、TPU - サイズ: 140 × 70 (cm)


使い勝手が良いおむつ替えシートを見つけてみて。

おむつ替えシートを敷いておけば、周りを汚さずにおむつ交換できるためあると便利な商品といえるでしょう。厚手のものから薄手のものまで厚みが異なるものや、おしゃれで出先でも敷きやすいものなど、様々なおむつ替えシートが市販されています。

しかし種類が多く販売されているので、どの商品が良いのか悩んでしまうかもしれません。この記事を参考に自分に合ったおむつ替えシートを選んでくださいね。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事