Dr.ケアワンドッグフードの評価|餌の品質や安全性などを徹底解説!

Dr.ケアワンドッグフードの評価が気になる方へ。今記事では、Dr.ケアワンドッグフードの特徴や魅力を詳しくご紹介します。ワンちゃんを身体の中から健康へと導く人気の餌を解説するので、愛犬家の方は、ぜひチェックしてみてください!

ドクターケアワンドッグフードとは?|基本情報を紹介

Dr.ケアワン.jpg

犬の体に優しい天然素材の成分を含んでいる『Dr.ケアワン』。

日本が原産国で各地から厳選された原材料を取り寄せて使用。栄養バランスが整っているので、主食として使用可能です。

1歳以上の成犬とシニア犬を対象としたドッグフードで、内容量は1袋800g入り。

未開封なら1年間長期保存できるので、まとめ買い割引でお得に購入できます。

不要な添加物を排除して、厳選された原材料を使うことで涙やけ防止に繋がり、口コミでも高評価を得ています。


ドクターケアワンの原材料と安全性について解説

Dr.ケアワンは、日本各地で作られた国産無添加の原材料を使用しています。

消化の悪い原材料や添加物は涙やけやアレルギーなどの原因にもなります。しかしDr.ケアワンは厳選した原材料を使い不必要な添加物は使用していないので、これらを原因とした涙やけやアレルギーを抑えることが可能。

ワンちゃんが安全に食べられる食品です。


ドクターケアワンの特徴5選|メリットを徹底解説

Dr.ケアワンと他のドッグフードでは何が違うのか、違いがよくわからない人も多いと思います。

そこでここからは、Dr.ケアワンの特徴をご紹介。

どんな魅力があるのかメリットや高評価のポイントを徹底解説しますので、購入時の参考にしてくださいね。


ドクターケアワンの特徴1. 国産の厳選素材を使用している

ドクターケアワンは、お肉や穀物、野菜など国産の厳選された素材を使用しています。

鹿児島産の若鶏や福岡産の玄米、宮崎産のむらさき芋など、日本各地で作られた素材は産地も公開されているので安心。

さらに動物栄養学博士に監修してもらっていて、偏った食事になることもありません

免疫力保持のために抗酸化成分がとれる素材を使用したり、筋肉を助けるために高品質低カロリーの天然若鶏肉を使用するなど、ワンちゃんの健康を考えた理想の食品です。


ドクターケアワンの特徴2. HACCP準拠の徹底した衛生管理で安全性が高い

ドクターケアワンは、衛生管理基準HACCP準拠の製造工場で生産されたヒューマングレードのペットフードです。

ヒューマングレードとは、人間向けに製造された食品と同等レベルの衛生・管理基準で作られたペットフードのこと。

人間の食品の製造や加工などの衛生管理を評価する国際規格HACCP準拠で、安全性が高いです

ドクターケアワンは徹底した衛生管理で生産した安心のドッグフードと言えるでしょう。


ドクターケアワンの特徴3. 不要な添加物が不使用

ドクターケアワンには、不要な添加物は使われていません。

香料や着色料、合成保存料や防カビ剤などの添加物は、アレルギーや涙やけの原因になるなど少量でも体に害を及ぼしてしまいます。

ドクターケアワンは無添加で国産厳選素材のみ使用しているので、ワンちゃんは毎日安全なご飯が食べられるのです。


ドクターケアワンの特徴4. 乳酸菌を配合している

ドクターケアワンには、16種類の乳酸菌が含まれています。

ワンちゃんの腸内には500〜1000種類の腸内細菌が生息しています。これらの腸内細菌叢を整えて免疫を維持するために、ドクターケアワンではトラブルが少なく高効果の乳酸菌FF16が採用されているのです。

乳酸菌FF16は生きた乳酸菌よりも効果があることが研究によりわかっており、高い免疫維持効果が期待できます。


ドクターケアワンの特徴5. グルコサミン・コンドロイチン配合

ドクターケアワンは、品質や安全性が高いグルコサミン・コンドロイチンが含まれたドッグフードです。

グルコサミンとコンドロイチンは、関節軟骨に含まれる物質のことで、摂取することで加齢による軟骨の摩耗などを予防する効果があるといわれています。

サプリメントなどを使わなくても、ご飯を食べるだけでワンちゃんの大切な関節を守ることができるのです。


ドクターケアワンの購入は公式サイトのみ

Dr.ケアワンはペットショップやホームセンター、公式サイト以外のネットショップでは取り扱い自体がありません。

そのため、必ず公式サイトから購入する必要があります。

公式サイトでは割引などお得な情報を公開しているので、購入を考えている人は、ぜひ公式サイトを利用してくださいね。

Dr.ケアワンの公式サイトを見る


ドクターケアワンのQ&A|気になる疑問を解説

ドクターケアワンの特徴やメリットはわかったものの、疑問が残っている方もいることと思います。

そこでここからは、ドクターケアワンに関するよくある疑問点について解説します。

「与える量」「賞味期限はいつまでか?」などを詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


ドクターケアワンのQ&A1. 子犬やシニア犬に与えても大丈夫?

ドクターケアワンは、全犬種、1歳以降の成犬からシニア犬まで給餌が可能で、子犬向けのドッグフードではありません

0歳の子犬ちゃんにドッグフードを与える場合は、別のドッグフードを食べさせてあげましょう。

シニア犬は成犬に比べて必要なエネルギー量が異なるため、食べる量が変わります。与える前に給餌量に注意しましょう。

子犬向けのドッグフードはこちら


ドクターケアワンのQ&A2. 1日の最適な給餌量は?

ドクターケアワンの最適な1日の給餌量は、犬の年齢や体重によって異なります

老犬になると成犬と比べて活動量や食欲が減ることから、同じ体重であったとしても給餌量は成犬に比べて少なくなります。

成犬、老犬それぞれの体重ごとの目安を解説しますので、ご自分のワンちゃんに与える時の参考にしてくださいね。


成犬の場合

ドクターケアワンで成犬とされている年齢は、犬種によって違うものの1歳以上の成犬から食べることが可能です。

成犬の1日あたりの給餌量の目安は以下の通りです。

  • 1-3kg:31〜84g
  • 4-6kg:88〜141g
  • 7-9kg:134〜191g
  • 10-15kg:175〜280g
  • 16-20kg:249〜348g

愛犬の体重に合わせて、適切量のドクターケアワンを与えてくださいね。


老犬の場合

ドクターケアワンで老犬とされている年齢は特に決まっていません。ワンちゃんが病気でもないのに活動量や食べる量が減るなど、それまでと比べて変化が見られるようになってきたらシニア期にはいったと考えていいでしょう。

老犬の1日あたりの給餌量の目安は以下の通りです。

  • 1-3kg:27〜61g
  • 4-6kg:76〜103g
  • 7-9kg:116〜140g
  • 10-15kg:151〜205g
  • 16-20kg:215〜254g

食べにくそうにしている場合は、ふやかして食べさせるとスムーズに食べてくれるようになりますよ。


ドクターケアワンのQ&A3. 賞味期限はどのくらい?

ドクターケアワンの賞味期限は、開封後1ヶ月が目安です。

ドクターケアワンにはローズマリー抽出物とミックストコフェロールが天然由来の酸化防止剤として入っていますが、合成保存料や防カビ剤など体に悪い添加物は入っていません。そのため、開封後は酸化防止のためにチャックを閉じて密封保存することが大切です。

ワンちゃんに新鮮なドッグフードを食べさせるために、開封後は常温保管して1ヶ月以内に使い切りましょう。


ドクターケアワンのQ&A4. 定期コースは途中で解約できる?

ドクターケアワンの定期コースは、回数の約束はないため各月発送7日前までならいつでも停止や一時的な休止が可能です。再開時期も特に決まりはありません。

さらに初めて申し込んだ方限定で30日間返金保証がついています。

定期コースは初回限定特別価格などお得な割引価格があるので、ワンちゃんの健康を考えて毎日与えるなら定期コースがおすすめです。


【総評】Dr.ケアワンは品質が高く、愛犬に安心して食べさせてあげられる。

大切なワンちゃんの健康を考えて、高品質のご飯を検討している方も多いと思います。

Dr.ケアワンは、国産の厳選素材を使ってヒューマングレードの衛生・管理基準で作られた安全なドッグフード。

動物栄養学博士監修で栄養バランスも優れているので、大切な愛犬の健康を考えたドッグフードを探している人に、ぜひDr.ケアワンを与えてあげてくださいね。

Dr.ケアワンを公式サイトで申し込む


【参考記事】他にもある本当に良いドッグフードを厳選しました!▽

【参考記事】安いけど高品質なドッグフードを紹介!▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事