鴨肉のおすすめ特集|通販で人気のお取り寄せできる美味しいお肉を大公開

通販で買える美味しい鴨肉をお探しの方へ。今記事では、鴨肉の魅力や選ぶポイントから、美味しいおすすめの鴨肉まで詳しくご紹介します。多彩な料理やレシピで活用できる人気のお肉を解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

鴨肉の魅力とは|どんな美味しさがあるの?

鴨肉のおすすめ

野鳥の一種である鴨を食用に飼育、加工した鴨肉。「鶏肉の仲間っぽいけど、どう違うの?」という方もいるでしょう。

鴨肉と鶏肉の一番の違いはズバリ脂です。鴨肉は脂質を多く含んでおり、サッパリ目な鶏肉と比べるとこってりとした味わい

また、ビタミンAやB群を豊富に含んでいるので栄養価が高く、なのにカロリーは低めなのも人気の理由です。

温冷どんな料理でも美味しい脂の味を存分に発揮する食材なので、どんな人にもおすすめできるお肉といえます。


鴨肉の選び方|購入する前に確認すべき点とは

鴨南蛮や鴨ローストなど、外食の定番メニューでも使われている鴨肉。お家でもあの味が食べられたら最高ですよね。ですが、いざ買おうと思って通販サイトを開いても、どう選ぶべきかわからない人もいるはず。

そこで今回は、鴨肉を買う前に確認しておきたいポイントを徹底解説していきます。

後悔しない鴨肉選びのためにも、しっかりチェックしてみてください。


鴨肉の選び方1. 食べ方に合った「部位」を選ぶ

鴨肉は部位によって食べ方や調理法が大きく変わります。ここをおろそかにすると希望通りの料理が食べられない場合も。

通販サイトでよくあるのは以下の4種類。

  • 胸・ロースのブロック肉
  • ロースカット肉
  • 骨付きのもも肉
  • 鴨丸ごとタイプ

次の項目から詳しく解説しますので「自分はどう食べたいか?」を意識しながら読んでみてください。


ローストとして食べたい人は胸・ロースのブロック肉がおすすめ

胸ロース肉は鴨肉の中でも最もポピュラーな部位です。また、肉を大きな塊で切り分けているものをブロック肉と呼びます。

鴨の胸ロースは肉質が非常に柔らかく、それでいて歯ごたえ抜群。また、ブロックは肉をカットせず塊のまま表面に焼き目をつけていくローストに最適な形状です。

自宅で鴨ローストを食べてみたいなら胸・ロースブロック一択といえます。


鍋などの汁物として食べたい人は「ロースカット肉」がおすすめ

胸肉をあらかじめ薄切りにしたロースカット肉もお取り寄せで人気のタイプですね。

胸ロースは鴨肉の中で最も脂の甘味が強い部位です。温かいおつゆに入れると美味しい脂が汁に溶けだし、極上の出汁に早変わり。鴨の脂をたっぷり含んだこってりと甘いスープはまさに至福の味わいです。

鴨南蛮や鴨鍋といった汁物料理で鴨を楽しみたい人におすすめ


コンフィとして食べたい人は「骨付きもも肉」がおすすめ

脂肪がぶ厚く、ついかぶりつきたくなる鴨の骨付きもも肉。

たっぷりついた脂肪はしっかりとしたコクを生みだしており、肉質は胸ロースと比べるとやや固め。骨付きなら骨にこびりついた一番美味しい部分もキッチリいただけます。

低温のオイルでじっくりとお肉を加熱する人気のフレンチ料理コンフィに最適な部位ですので、コンフィにチャレンジしたい方はぜひ骨付きもも肉をどうぞ。


特別なひと皿として食べたい人は「まるごとタイプ」がおすすめ

鴨1羽を豪快に捌いてそのまま販売している丸ごとタイプ。

一般の家庭で使うのはなかなか大変ですが、量と味は確かです。鴨の美味しさを余すことなく食べられるので満足感は断トツといえるでしょう。

おすすめの食べ方はローストダックや北京ダックなどの高級料理。イベントなどで食べる特別なひと皿にベストな部位といえます。


鴨肉の選び方2. 気軽に楽しみたい人は「セット商品」を選ぶ

「料理が苦手なのに生の鴨肉だけ買ってしまった」なんて事態になればせっかくの鴨肉も意味がありませんよね。

鴨肉のセット販売では具材やソースがついてくる商品が主流です。そのまま温めたりソースをかけたりするだけで美味しい鴨肉料理がいただけます。

お家でお手軽に鴨肉料理を楽しみたいなら、鴨肉単品かセットメニューかに気を配り、具材やソースがセットになった商品を選ぶと良いでしょう。


鴨肉の選び方3. 料理に合う「品種」を選ぶ

人気のレシピで鴨肉料理を作ったとしても、品種を間違えれば美味しさは半減してしまいます。部位だけでなく鴨のそのものの品種にも注目すべきです。

日本国内で手に入りやすい品種は以下の3つ。

  • 合鴨
  • マグレ・ド・カナール
  • シャラン鴨

いずれも正しく調理すれば最高の料理に生まれ変わりますよ。ではこの3つの品種はどう違うのか。一つずつ詳しく見ていきましょう。


和食なら手軽な「合鴨」がおすすめ

鴨とアヒルを交配させた食用肉を合鴨と言います。

鴨肉では最も流通している品種であり、日本で見かける鴨肉の大半が合鴨と考えていいでしょう。臭みがほとんどなく、柔らかい食感も相まって非常に食べやすいのが特徴です。

そのクセのなさから鴨鍋や鴨南蛮といった日本食に最適なので、和食に合う鴨肉が欲しい人におすすめ。


濃厚な味わいが好きな人は「マグレ・ド・カナール」がおすすめ

フォアグラを採った鴨の胸肉をマグレ・ド・カナールと言います。

フォアグラを育てるために丸々太らせた鴨を使っているので脂の乗り具合はピカイチ。味わいの濃厚さなら鴨肉で最高の品種です。身肉から香るフォアグラの風味もたまりません。

鴨肉の長所である脂の甘味やコクを存分に満喫したいなら、間違いない品種といえるでしょう。


ギフトや高級志向なら「シャラン鴨」がおすすめ

本場フランスで鴨の王様と称されるのがシャラン鴨です。

鴨の名産地であるフランスのシャラン地方で育てられた、いわば最高級ブランド。鴨の体内にわざと血液を残す屠殺方法を用いており、鮮烈な血の味も楽しめる絶品です。

大切な人へのギフトを探している人や高級品を試してみたい人のニーズに確実に応えてくれる、世界最高峰の鴨肉といえます。


鴨肉の選び方4. 手間をかけたくない場合は「加工済み商品」を選ぶ

鴨肉を加熱したり味付けしたりするなどの調理した上で販売している加工済み商品もあります。

お取り寄せや通販なら一流コックが監修した商品も多く、自宅にいながらプロの鴨肉料理を食べられるのが魅力。温めたり切り分けたりすれば食べられるので、手間をかけず用意できるのもすばらしい利点ですね。

「鴨肉は食べたいけど料理する時間なんてない!」そんな多忙な方におすすめです。加工済み商品で賢く美味しい鴨肉を楽しんでみてはいかがでしょう。


鴨肉のおすすめ8選|通販でお取り寄せできる人気のお肉を大公開

食卓の主役からちょっとしたおつまみまで、幅広い料理に活用できる鴨肉。プチ贅沢にはもってこいの食材ですが、いざ買ってみようと通販サイトを開くと種類が多すぎて悩んでしまうのが困りものですよね。

そこで今回は、お取り寄せで人気の鴨肉商品を8つに厳選してご紹介します。

「鴨肉を試してみて良かった!」と心から思えるような商品と出会うためにも、ぜひ参考にしてみてください。


鴨肉のおすすめ1. 鴨鍋三昧セット

グルメソムリエ 鴨鍋 鴨鍋三昧セット お取り寄せ 鴨焼き 鴨ロース(ムネ肉) 鴨モモ 鴨つみれ 1.2kgで4~8人前 (鴨鍋三昧セット単品)
  • 胸肉、もも肉、つみれの3種類の鴨肉のセットで食べ比べが楽しめる
  • 合計1.2kg、4~8人前分なので家族やお友達との鍋パーティに最適
  • 鍋だけでなく焼き肉やしゃぶしゃぶなど、好みで食べ方を変えられる

鴨肉は胸ロースかもも肉が定番で、どちらにも捨てがたい魅力があります。「鴨肉を食べるならどっちも食べてみたい」せっかくなら鴨の良さを余さず味わいたいですよね。

『グルメソムリエ 鴨鍋 鴨鍋三昧セット』は胸肉、もも肉、つみれの鴨肉3種が1.2kg入った人気のセット。つゆと野菜を用意して鴨鍋にするのはもちろん、焼き肉にしても文句なしの美味しさです。

鴨肉の定番である胸ロースともも肉がたっぷり入っているので、色々な部位を食べ比べてみたい人におすすめ

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • カット:スライス、つくね
  • 部位:胸肉、もも肉
  • 品種:合鴨
  • 調理タイプ:鍋肉用(焼き肉も可)
  • 内容量:1.2kg

鴨肉のおすすめ2. 高木精肉店 国産 鴨肉 ロース スライス 500g

高木精肉店 国産 鴨肉 ロース スライス 500g
  • 兵庫県で飼育された鴨ロース肉なので国産志向の人にぴったり
  • スライス済みなのでそのまま鴨鍋や鴨南蛮の具材に使える
  • 余分な脂身がついていないのでカロリーを気にせず食べられる

お肉を買う際に気になるのが産地。輸入品でも美味しい鴨肉はたくさんありますが「贅沢するなら最高の国産品が良い」と考える人もいるのではないでしょうか。

『高木精肉店 国産 鴨肉 ロース スライス 500g』は国産肉を数多く取り扱う高木精肉店が自信をもって売りだす兵庫県産の鴨肉。お鍋や鴨そばといった温かい和食に合わせるのがGOODです。

実績ある精肉店の商品なので安心感も十分。国産品にこだわりたい人に最適な商品ですね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • カット:スライス
  • 部位:胸肉
  • 品種:合鴨
  • 調理タイプ:鍋肉用
  • 内容量:500g

鴨肉のおすすめ3. マグレカナール 鴨胸肉 310-390g

マグレカナール 鴨胸肉 310-390g 2枚セット 大サイズ 鴨ロース 鴨肉  フォアグラ採取鴨 ハンガリー産 マグレドカナール
  • フォアグラ用の鴨の胸肉なので他の鴨肉より脂が多くジューシー
  • 肉に厚みがあり、食感はむっちりとしていて食べ応え十分
  • 脂は多いがくどくなく、ステーキから和食までどんなレシピにも合う

鴨の魅力はなんといっても脂の旨味です。こってりとした脂とジューシーな肉のハーモニーが大好きな人は多く「最高に濃厚な鴨肉が食べたい」と願う人もいるはず。

『マグレカナール 鴨胸肉 310-390g』はフォアグラのために太らせた鴨からとれた胸肉で、脂の量、質ともに他品種の追随を許しません。その美味しさからフレンチでは定番の食材にもなっています。

濃厚さなら世界随一の鴨肉です。合鴨といった他の品種では物足りないと感じる人にベスト。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • カット:ブロック
  • 部位:胸肉
  • 品種:マグレカナール
  • 調理タイプ:ステーキ、鴨鍋など
  • 内容量:310-390g

鴨肉のおすすめ4. 合鴨のスモーク シーフードマックス・鴨スモーク5本

合鴨のスモーク 約200gが5P 計1kg入り シーフードマックス・鴨スモーク5本・
  • 自作が難しい鴨肉の燻製料理を通販で気軽に頼める
  • メーカーオリジナルの特製スモークでいぶしており、非常に香り高い
  • オードブルやサラダなど、おつまみ以外の用途にも使える

お酒のおつまみにもぴったりな鴨肉料理。特に鴨肉を燻製したスモークは居酒屋の定番メニューの一つです。家飲みでもあの味をいただきたいものですが、自宅で燻製は難しいですよね。

『合鴨のスモーク シーフードマックス・鴨スモーク5本』は合鴨ロース肉を丁寧にいぶして仕上げた一品です。一口食べればスモーキーな風味と鴨肉のほど良い食感が同時に楽しめます。もちろんお酒との相性は◎。

晩酌のおつまみに鴨肉の燻製を合わせたい人にはうってつけといえるでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • カット:ブロック
  • 部位:胸肉
  • 品種:合鴨
  • 調理タイプ:調理済み(燻製)
  • 内容量:200g×5本

鴨肉のおすすめ5. 最高峰シャラン鴨/フィレドカナールシャラン( 鴨肉 ロース )

  • 本場フランスで認められているシャランで育った最高級の鴨肉
  • 血液を体内に残す処理方法を使っており、ワイルドな血の味が楽しめる
  • 『鴨のポワレ』のレシピを販売サイトで公開中なので初心者でも簡単に料理できる

普段は食べる機会が少ない鴨肉。「どうせ食べるなら最高のものが良い!」そう考えるものの、どれが高級品なのかわからなくて困っている方もいるのではないでしょうか。

『最高峰シャラン鴨/フィレドカナールシャラン(鴨肉ロース)』は本場フランスで最もすばらしいと讃えられるシャラン産鴨の商品。噛みしめるたびに野性味あふれる味わいが口の中に広がります。

ゴージャスな鴨として間違いない逸品です。最高級の鴨肉を食べたい人におすすめですよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • カット:ブロック
  • 部位:ロース肉
  • 品種:フィレドカナールシャラン
  • 調理タイプ:―
  • 内容量:約275g

鴨肉のおすすめ6. 合鴨胸肉(チェリバレー種) 5枚セット 約1000g(冷凍)

合鴨胸肉(チェリバレー種) 5枚セット 約1000g(冷凍) ハンガリー
  • 100gあたり約270円とお手頃な価格設定でコスパがとてもいい
  • 鴨肉特有のクセや臭みが少なく、どんなレシピにも対応可
  • 冷凍品なのでお好みの量に取り分けて好きな時に食べられる

「美味しい鴨肉をお得に買いたいな」やはりコスパは気になりますよね。安くて量が多いものが買えればお得感でより一層美味しく食べられるというもの。

『男の台所』が販売している『合鴨胸肉(チェリバレー種) 5枚セット 約1000g』は100gあたり約270円と大変リーズナブル。気になる味わいも上質で、臭みがなく初心者でも食べやすいのが特徴です。

お手頃な値段なうえ約1000gと量も十分。コスパにこだわりたい人にベストといえるでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • カット:ブロック
  • 部位:胸肉
  • 品種:合鴨
  • 調理タイプ:ステーキ、鍋、鴨南蛮など
  • 内容量:約1000g

鴨肉のおすすめ7. キュイス ド カナール フランス産 バルバリー種 鴨骨付きもも肉 約400g

  • フランス人が大好きなカナールバルバリー鴨なので、品質は保証済み
  • コンフィからバーベーキュー風のグリルまで応用が効く
  • 鴨もも肉としては柔らかめなのでそのままかぶりついて食べられる

コクと歯ごたえがたまらない鴨の骨付きもも肉。胸ロース肉と比べると通販サイトでの取り扱いがやや少なく、どれが良い物か判断しづらい部位といえます。適当に選んだ鴨肉がイマイチなだったら最悪ですよね。

『キュイス ド カナール フランス産 バルバリー種 鴨骨付きもも肉』はフランス人が好んで食べるカナールバルバリー鴨のもも肉。コンフィやグリル焼きでいただけば肉汁と鴨の旨味が口いっぱいに広がります。

鴨の名産地フランスで大人気の鴨もも肉なので「良い鴨もも肉がわからない!」とお困りの方におすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • カット:ブロック
  • 部位:もも肉
  • 品種:カナールバルバリー
  • 調理タイプ:コンフィ、グリル、煮込みなど
  • 内容量:約400g

鴨肉のおすすめ8. フレンチ お取り寄せ 鴨ロースの蜂蜜とスパイスのロースト

  • 調理済みの状態で買えるので、温めて好みの厚さに切るだけで食べられる
  • 下味のスパイスと蜂蜜が決め手の本格的なフレンチ鴨肉料理
  • お中元やお歳暮などのギフト品にもうってつけ

「お店の鴨肉料理を家で食べられないかな」お取り寄せの鴨肉は未調理品が多く、自分で調理しなくてはいけないのがほとんど。なんとか自宅でプロ並みのメニューを楽しめないものでしょうか。

『フレンチ お取り寄せ 鴨ロースの蜂蜜とスパイスのロースト』はしっかりローストした鴨ロースを特製ソースでいただく、まさにお店の味。軽く温めて薄切りにするだけで美味しいフレンチが味わえます。

自分で調理する必要は一切なし。お家で外食気分を味わいたい人にもってこいの商品ですね。

販売サイトで詳細を見る


商品ステータス

  • カット:ブロック
  • 部位:ロース肉
  • 品種:―
  • 調理タイプ:惣菜
  • 内容量:約230g

美味しい鴨肉を自宅でも味わってみて!

鴨肉は鶏肉と比べるとどうしても馴染みが薄く「普段はあまり食べないもの」と思いがちです。

ですがその味わいはすばらしく、栄養価が豊富なうえカロリーも低め。むしろ積極的に食べていきたい美味しい食材といえるでしょう。

ぜひ今回の記事をきっかけに、様々な鴨肉料理を食べてみてはいかがでしょうか。鴨肉ともっと身近になれれば、食生活がさらに豊かになりますよ。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事