【2021】日本のサスペンス映画おすすめランキング|人気の邦画作品を大公開!

日本のおすすめサスペンス映画をお探しの方へ。今記事では、邦画のおすすめなサスペンス映画作品について詳しくご紹介します。スリル満点な人気の名作を解説するので、ハラハラドキドキな映画をお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください!

「サスペンス映画」の魅力とは?

【邦画】日本のサスペンス映画のおすすめ

サスペンス映画とは、観客に緊張感や不安感を与えるジャンルの映画を指します。よくミステリーやホラーと混同されがちですが、ミステリーは謎解き要素が強く、ホラーは未知のものに対する恐怖心を描いた作品です。

ハラハラしたりドキドキしたりと、感情や心理を揺さぶるストーリーがサスペンス映画の特徴。また、推理要素が入っているサスペンス映画も人気です。


邦画のおすすめサスペンス映画ランキング25選|人気の名作を大公開

観客を物語の世界に引きこむサスペンス映画は、日本でも人気のジャンルです。

日本のサスペンス映画はジャンルが細分化されており、緊張感の強いスリラーからどんでん返しのストーリー重視のもの、泣ける感動作品までと種類も豊富。

そこで今回は、特に人気の高いおすすめの邦画サスペンスをご紹介します。


【日本のサスペンス映画のおすすめランキング第25位】二重生活

二重生活 Blu-ray スペシャルエディション
  • 主人公の門脇麦や恋人の菅田将暉など、次世代を担う若手俳優の演技を楽しめる
  • どこにでもいそうな主人公に焦点を当てており、作品に感情移入しやすい
  • キャラクターの秘密が全て明かされるラストのため、スッキリとした気分になれる

直木賞受賞作家、小池真理子の同名小説を映画化した作品です。

論文作成のため教授の提案する哲学的尾行を始めた、大学院生の珠。何気なく尾行相手に選んだ隣人の編集者・石坂は、とある秘密を抱えていることに気付き、珠は尾行にのめり込んでいきます。

他人の秘密を知った好奇心から、どんどんいけない行為にハマる主人公の姿は「自分も同じようになるかもしれない」と共感してしまうはず。観客も尾行をしているようなカメラワークも多く、没入感を楽しみたい方にもおすすめのサスペンス邦画です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 監督: 岸善幸
  • キャスト: 門脇麦/長谷川博己/菅田将暉
  • 公開年:2015年

【日本のサスペンス映画のおすすめランキング第24位】アンダー・ユア・ベッド

アンダー・ユア・ベッド [Blu-ray]
  • 浮世離れした高良健吾のビジュアルが、異質なキャラクター像を引き立てている
  • 98分と上映時間が短いため、だれることなくスピーディーに展開が進んでいく
  • サスペンスだけでなくホラー要素も入っているため、より緊張感や不安感を味わえる

官能的なサスペンス作品で知られる大石圭の小説が原作のサスペンス映画です。

孤独な青年の三井直人は、過去に一度名前を呼んでくれた千尋の居場所を探し出します。千尋が夫からDVを受けていることを知った三井は、彼女のベッドの下で奇妙な共同生活を始めることに…。

ベッドの下に誰かがいるというホラーテイストも混ざっており、最後まで目が離せない映画に仕上がっています。

「映画ならではのタブーに踏み込んだ作品が見たい」ハラハラドキドキだけでは飽き足らない、そんな刺激的な作品を探している方にぴったりなのが本作です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 監督:安里麻里
  • キャスト:高良健吾/西川可奈子/安部賢一
  • 公開年:2019年

【日本のサスペンス映画のおすすめランキング第23位】疾風ロンド

疾風ロンド 特別限定版(初回生産限定) [Blu-ray]
  • 主演の阿部寛のどこか残念なキャラクターに好感を持てる
  • サスペンスながらお笑い要素が強く、明るい気持ち見られて面白い
  • スキー場が舞台のため、キャラクターの華麗な滑走シーンも見どころ

違法生物兵器を盗んだと3億円の身代金を請求され、秘密裏に捜索を任されたのは主任研究員の栗林和幸。しかし、犯人は死亡し違法生物兵器も行方不明。遺品からスキー場に手がかりがあると掴んだ栗林は、日本最大のスキー場へと向かいます。

多くの傑作を生みだしてきた東野圭吾作品の中でも、テイストの異なるコメディテイストのあるサスペンス邦画です。どこか頼りない主人公は親近感があり、物語が進むうちにきっと彼を応援したくなるはず。

「サスペンスは好きだけど、重い雰囲気ばかりで疲れる」という方は、明るい雰囲気の本作がイチオシです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 監督:吉田照幸
  • キャスト:阿部寛/大倉忠義/大島優子
  • 公開年:2016年

【日本のサスペンス映画のおすすめランキング第22位】不能犯

「不能犯」BD豪華版 [Blu-ray]
  • 爽やかな役どころだった松坂桃李のダークな一面が見られる
  • 宇相が犯罪を続ける理由は筋が通っており、ダークヒーローとしても魅力的
  • 原作漫画の序盤を映画化しているため、物語の続きを漫画で読める

グランドジャンプで連載された、同名漫画を映画化した『不能犯』。『戦慄怪奇ファイル』など数々のホラー作品を手掛けた、白石晃士が脚本と監督を担当しています。

犯人に繋がる証拠が出ずに迷宮入り状態の連続変死事件で、何度も目撃される黒いスーツの男・宇相吹正(うそぶきただし)。彼は電話ボックスで殺人依頼された人物を殺すとSNS上でウワサの人物でした。

特殊能力で殺人を重ねていく不能犯の宇相と彼を追う刑事・多田友樹の攻防戦が見どころのサスペンス邦画です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 監督:白石晃士
  • キャスト: 松坂桃李/沢尻エリカ/新田真剣佑
  • 公開年:2017年

【日本のサスペンス映画のおすすめランキング第21位】去年の冬、きみと別れ

去年の冬、きみと別れ ブルーレイ プレミアム・エディション(初回仕様/2枚組) [Blu-ray]
  • 原作とは異なる構成で映像化されているため、原作既読の方でも面白い
  • 物語の世界観を忠実に再現している、キャラクターにぴったりなキャスティング
  • 木原坂雄大が犯罪を行った理由を明かす、謎解きミステリーとしても楽しめる

2014年の本屋大賞受賞作品を映画化した『去年の冬、きみと別れ』。EXILEのパフォーマーとしても活躍する、岩田剛典が主演を務めました。

フリーライターの耶雲恭介は結婚を控え、実力を試したいとある焼死事件を取材することに。事件の容疑者ながら執行猶予を受けた天才写真家の木原坂雄大に接触を取り、事件の真相を追おうとする恭介でしたが、次第に雄大に引き込まれていきます。

ラストには予想もつかないどんでん返しが待っており、見た人があっけに取られるであろう作品。あっと驚く仕掛けが待っているストーリーは、推理好きな方にもぜひ見て欲しい邦画です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 監督:瀧本智行
  • キャスト:岩田剛典/山本美月/斎藤工
  • 公開年:2018年

【日本のサスペンス映画のおすすめランキング第20位】凶悪

凶悪 スペシャル・プライス [Blu-ray]
  • リアリティーのある内容で、より強い不安や恐怖感を覚える
  • 記者役の山田孝之をはじめ、決死迫る俳優陣の熱い演技に魅了される
  • 実在の凶悪犯罪を題材にしており、ノンフィクション作品好きにもおすすめ

スクープ誌の編集部に送られてきた死刑囚からの手紙をきっかけに、とある事件の真相に迫る衝撃のサスペンス邦画です。原作となったのは、実際に起きた事件を元にしたノンフィクション小説。

死刑囚がなぜ雑誌社に事件を告白する手紙を送ってきたのか、そして事件の真の犯人と呼ばれる先生はどんな人物なのか。まさに凶悪としか言えない所業の数々に、事件を追う記者もまた次第に感情を高ぶらせていきます。

死刑囚と先生と慕う人物、そして事件解決に闘志を燃やす記者は、演技に定評のある名俳優が熱演。俳優の演技力にも引きこまれる傑作です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 監督:白石和彌
  • キャスト:山田孝之/ピエール瀧/リリー・フランキー
  • 公開年:2013年

【日本のサスペンス映画のおすすめランキング第19位】予告犯

映画 「予告犯」 (通常版) [DVD]
  • 原作漫画やドラマなど、映画との違いを見比べてみるのも面白い
  • 日本で根深く残る社会差別や海外労働者への扱いが描かれ、考えさせられる作品
  • 序盤の展開とは180度異なる、涙なしでは見られないストーリーも魅力的

単純なサスペンス作品ではなく、社会問題にも迫っているのが『予告犯』です。

動画サイト上で犯罪予告を行うシンブンシと、事件を追うサイバー犯罪課のキャリア捜査官・吉野絵里香の攻防が描かれています。

理不尽な日本の社会体制や若者同士の絆などを扱い、ヒューマンサスペンスとしても楽しめる本作。ラストは泣ける展開となっており、感動できる人気のサスペンス映画です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 監督:中村義洋
  • キャスト:生田斗真/戸田恵梨香/鈴木亮平
  • 公開年:2015年

【日本のサスペンス映画のおすすめランキング第18位】渇き。

渇き。 プレミアム・エディション(2枚組+サントラCD付)[数量限定] [Blu-ray]
  • ヒロインを演じた小松奈々が、ミステリアスな加奈子のキャラクターにマッチしている
  • アクション映画を見ているような、怒涛の展開とスタイリッシュな演出がクセになる
  • いくつものどんでん返しが用意されており、真相を推理する楽しさもある

自暴自棄の生活を送っていた元警察官の藤島は、娘の加奈子が失踪したと知り、消息を追い始めます。加奈子は事件の被害者だと思っていた藤島でしたが、次第に彼女に隠された裏の顔が明らかになっていくのでした。

時系列や視点が定まらない目まぐるしい展開は、中島哲也監督ならでは。また、かわるがわる様々なキャラクターと対峙する藤島の姿は、アクション満載でまるでハリウッドスターのようです。

落ち着いた雰囲気の作風よりも目の覚めるような演出やストーリーが好きな方は、ぜひ一度見て欲しい邦画作品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 監督:中島哲也
  • キャスト:役所広司/小松菜奈/妻夫木聡
  • 公開年:2014年

【日本のサスペンス映画のおすすめランキング第17位】三度目の殺人

三度目の殺人 Blu-rayスペシャルエディション
  • キャラクターの心情に迫ったヒューマンサスペンスで、重厚なストーリーになっている
  • 日本の裁判制度を題材としており、作品を通して普段知られていない問題に気づかせてくれる
  • 人気俳優も多数出演しているため『万引き家族』で是枝裕和監督を知った方にもおすすめ

カンヌ国際映画祭パルムドール受賞の『万引き家族』でも知られる、是枝裕和監督のサスペンス邦画です。

死刑囚の三隅を弁護することになった重盛は、彼と面会を進めるうちに彼の起こした殺人事件にとある疑問を感じ始めます。凶悪犯が起こしたよくある殺人事件のような展開が、とある少女の存在によりストーリーが大きく変わっていく点は見ものです。

社会問題に切り込む是枝裕和監督らしさが表れた内容でもあり「タイトルは何を指すのか」と考察好きの方も楽しめる作品でしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 監督: 是枝裕和
  • キャスト:福山雅治/役所広司/広瀬すず
  • 公開年:2017年

【日本のサスペンス映画のおすすめランキング第16位】紙の月

紙の月 Blu-ray スタンダード・エディション
  • アカデミー最優秀主演女優賞を獲得した、宮沢りえの演技力が素晴らしい
  • 平凡な主婦がふとしたきっかけで道を踏み外すさまは、女性なら共感できる内容になっている
  • ヒロインの着服がいつバレるか分からない緊張感にヒヤヒヤさせられる

パートとして銀行で働く梨花は、仕事ぶりが認められて営業の契約社員として働くことに。夫である正文とすれ違いの生活を送るなか、顧客の孫で大学生の光太と出会い、不倫関係に陥ります。

学費の支払いで光太が借金していることを知った梨花は、顧客のお金に手を付けるタブーを犯してしまうのでした。

ヒロインを演じた宮沢りえは、第38回日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞を獲得。いつ着服がバレるか分からない緊張感はヒヤヒヤものです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 監督:吉田大八
  • キャスト:宮沢りえ/池松壮亮/大島優子
  • 公開年:2014年

【日本のサスペンス映画のおすすめランキング第15位】クリーピー 偽りの隣人

クリーピー 偽りの隣人[Blu-ray]
  • ご近所との希薄になってきた現代社会を切り取った、不可解な隣人の存在に背筋が凍る
  • 歌舞伎役者としても活躍し、重厚な存在感を誇る香川照之の魅力が詰まったキャラクター
  • 周囲の弱みに付け込んで支配するサイコパスの犯人と、相反する主人公の姿が印象的

前川裕の小説を、黒沢清が監督した邦画『クリーピー 偽りの殺人』。鑑賞後はつい隣人の存在が気になってしまうこと間違いなしの作品です。

刑事をやめて犯罪心理学者となった高倉は、妻の康子と共に一軒家へ引っ越すことに。6年前に起きた一家失踪事件を調べることとなった高倉、そして妻の康子は挨拶周りで会った隣人の西野の返答に違和感を抱きはじめます。

高倉家に浸食していく香川照之演じる西野の姿が恐ろしく、予測不能な展開に誰しもが手に汗を握ることでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 監督:黒沢清
  • キャスト:西島秀俊/香川照之/竹内結子
  • 公開年:2016年

【日本のサスペンス映画のおすすめランキング第14位】白ゆき姫殺人事件

白ゆき姫殺人事件 豪華版 Blu-ray(初回限定版)
  • ネットやSNSの標的になる女性を描き、根拠のない炎上や批判の恐ろしさを教えてくれる
  • 物語の鍵となる人たちの証言には謎も多く、見る人を翻弄する仕掛けが面白い
  • フィクションながらもリアリティーのある題材で、主人公や周囲の人物の気持ちに没入できる作品

共感性の高いリアリティーのある作品が好きな方には『白ゆき姫殺人事件』がおすすめです。

白ゆき姫殺人事件と称された美人OL殺害事件で注目されたのは、被害者と同期で失踪中の城野美姫。ワイドショーの悪意ある報道や事実無根のネット上の投稿に美姫への批判は殺到していきますが…。

炎上によって根も葉もない誹謗中傷が起こる現代のネット社会で、本当に起きてしまいそうな事件を扱った本作。人間の愚かさや浅はかさが丁寧に描かれ自分もいつ加害者になるかもしれないという恐ろしさを感じる作品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 監督:中村義洋
  • キャスト:井上真央/綾野剛/蓮佛美沙子
  • 公開年:2014年

【日本のサスペンス映画のおすすめランキング第13位】冷たい熱帯魚

冷たい熱帯魚 [Blu-ray]
  • でんでん演じる村田のサイコパスな演技が印象的で、ストーリーを盛り立てている
  • 独特の世界観を貫く、映画界の鬼才・園子温の才能を感じる名作
  • 気弱な主人公が変わっていく様子がリアルで、誰もが恐ろしさを覚える

園子温監督が手掛ける最高傑作『冷たい熱帯魚』は、身の毛もよだつサスペンススリラー。

熱帯魚店を営む社本が知り合った同業者の村田は、万引きをした娘の面倒を見ると申し出ます。陽気で親切な村田の様子に好印象を抱く社本家でしたが、彼には恐るべき顔があったのです。

実在した猟奇殺人事件をベースにした作品で、おぞましいシーンも続々と登場する本作。暴力で家族を支配していく村田は、どこにでもいそうな見た目だからこそ違和感に恐怖を感じるはず。見た後にずっしり心が重くなるサスペンスの名作です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 監督:園子温
  • キャスト:吹越満/でんでん/黒沢あすか
  • 公開年:2014年

【日本のサスペンス映画のおすすめランキング第12位】CURE

CURE 4Kデジタル修復版 Blu-ray
  • サスペンスで有名な黒部清監督の出世作で、監督の才能が感じられる作品
  • 事件に追い詰められる高部刑事役を・役所広司の鬼気迫る演技が魅力的
  • シリアスかつ全体に不穏な雰囲気漂う作品で、海外のサスペンス映画好きにもおすすめ

第77回ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞受賞の作品『スパイの妻』を手掛けた、黒部清監督の最高傑作です。

体にX字の切り傷のある殺人事件を担当する刑事の高部は、同様の手口ながら容疑者が違うことに疑問を覚えます。精神を病む妻を見つつ事件を追う高部は、事件に関係する記憶喪失の男・間宮を取り調べるのですが…。

監督の出世作と言われる本作は、スリラー色の強いサスペンス。謎の多い事件に取りつかれていく高部のように、映画の虜になる人が後を絶えないです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 監督:黒部清
  • キャスト:役所広司/萩原聖人/うじきつよし
  • 公開年:1997年

【日本のサスペンス映画のおすすめランキング第11位】容疑者Xの献身

容疑者Xの献身 ブルーレイディスク [Blu-ray]
  • 大人気ドラマから続く映画作品なので、ドラマを見た人ならさらに楽しめる
  • サスペンスながらも泣ける感動作品を見たい方におすすめ
  • 福山雅治や堤真一をはじめとした、有名俳優の重厚な演技を堪能できる

福山雅治主演の人気ドラマ『ガリレオ』シリーズの映画化作品です。

謎の多い殺人事件を追う女性刑事の内海は、天才物理学者の湯川に事件を相談。最初は非協力的な湯川でしたが、かつての友人・石神が事件に関係していると知り、事件の真相を暴いていきます。

天才と呼ばれる湯川と石神の頭脳戦が繰り広げられる本作は、序盤で犯人が明かされるサスペンス映画。恐ろしい事件の裏に隠された切ない想いに「泣ける」と人気の作品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 監督: 西谷弘
  • キャスト:福山雅治/柴咲コウ/堤真一
  • 公開年:2008年

【日本のサスペンス映画のおすすめランキング第10位】アヒルと鴨のコインロッカー

アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]
  • 真相に迫る伏線がストーリーにいくつも隠されており、繰り返し見たくなる
  • 現代と過去の2つのストーリーが同時進行し、次第に謎が解き明かされてい様子が面白い
  • 劇中に流れるボブ・ディランの名作『風に吹かれて』が、見る人の感情を揺さぶる

「映像化は難しい」と言われる伊坂幸太郎の小説を、巧みな演出を用いて映画化したサスペンスの名作です。

大学入学を機に一人暮らしを始めた椎名は、初対面の隣人・河崎から本屋襲撃の話を持ち掛けられます。襲撃を成功させた椎名は、河崎から2年前に起きたある出来事を聞くのでした。

現代と過去が交わるエピソードには、物語の真相に迫る複数の伏線が隠されているのもポイント。襲撃事件を企てた河崎の過去が明らかになった時、感動の涙があふれる作品となっています。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 監督:中村義洋
  • キャスト:濱田岳/瑛太/関めぐみ
  • 公開年:2007年

【日本のサスペンス映画のおすすめランキング第9位】ゴールデンスランバー

ゴールデンスランバー<廉価版> [Blu-ray]
  • 濡れ衣を着せられた男のスリリングな逃亡劇で、緊張感を楽しみたい方におすすめ
  • 周囲の人物が逃亡を手助けたくなるような、優しい性格の主人公に好感が持てる
  • サスペンスながら、周囲とのやり取りのシーンなどコミカルに描かれている

凱旋パレード中に首相が暗殺される事件が発生し、宅配ドライバーの青柳は事件の容疑者に仕立て上げられてしまいます。全国指名手配された青柳は、かつての仲間の助けを借りながら逃亡生活を送ることになるのですが…。

数々の名作を世に送り出してきた、伊坂幸太郎の小説が原作の邦画です。本格的なサスペンスながら明るい雰囲気で物語が進むため、サスペンス映画をあまり見ないという方も楽しめるでしょう。

正直者で人をすぐ信じてしまう青柳が警察とどんな逃亡劇を繰り広げるのかは、ぜひ作品を見てお確かめください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 監督:中村義洋
  • キャスト:堺雅人/竹内結子/吉岡秀隆
  • 公開年:2010年

【日本のサスペンス映画のおすすめランキング第8位】アマルフィ 女神の報酬

アマルフィ 女神の報酬 スタンダード・エディション [DVD]
  • イタリアを中心にロケを行っているため、旅行気分でも作品を楽しめる
  • 続編となる連続ドラマや映画もあり、シリーズで作品を楽しみたい方におすすめ
  • 主題歌を担当したサラ・ブライトマンが出演し、劇中で美しい歌声を堪能できる

フジテレビ開局50周年作品として制作された本作は、外交官・黒田康作シリーズの第1作目。イタリアのホテルで起きた日本人少女の誘拐事件を、外交官の黒田が追い詰めていくサスペンス作品です。

事件を解決するのが刑事ではなく、外交官であるのも作品の見どころ。主演の黒田康作は『踊る大捜査線』シリーズで有名な織田裕二が務めています。

イタリアのローマを中心にロケを行っており、ストーリーだけでなく美しい景色を満喫したい方にもおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 監督:西谷弘
  • キャスト:織田裕二/天海祐希/戸田恵梨香
  • 公開年:2009年

【日本のサスペンス映画のおすすめランキング第7位】22年目の告白―私が殺人犯です―

22年目の告白-私が殺人犯です- ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
  • 未解決殺人事件の犯人役を務めた、藤原竜也の怪演が光る作品
  • 韓国映画をリメイクした作品のため、元映画とのストーリーの違いを楽しめる
  • どんでん返しの要素が多く、見ている人が飽きないつくり

連続殺人事件発生から22年後、殺人犯と名乗る男性が告白本を出版。メディアは連日彼を取り上げ、美しい犯人の姿に世間は騒然となります。

しかし、元ジャーナリストの仙堂が司会を務める番組の生放送に犯人が出演し、事件は信じられない驚きの展開を迎えるのでした。

2012年公開の韓国映画『殺人の告白』をリメイクした作品で、様々な役どころをこなす藤原達也が美しい犯人役を演じています。

どんでん返しだけでなく感動も盛り込んだ作品で、エンターテイメント性の高いサスペンス映画です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 監督:入江悠
  • キャスト:藤原竜也/伊藤英明/仲村トオル
  • 公開年:2017年

【日本のサスペンス映画のおすすめランキング第6位】キサラギ

キサラギ プレミアム・エディション(新・死ぬまでにこれは観ろ! ) [Blu-ray]
  • キャラクターの会話や持ちものに伏線が隠されており、発見する楽しさがある
  • 舞台作品らしく、1つの部屋で物語が進行していく独特の世界観が見どころ
  • 当初ただのアイドルファンと思っていたキャラの意外な正体に驚かされる

焼身自殺したアイドル・如月ミキの命日に集まったファン5人が、彼女の死の真相を明らかにしようとするミステリーよりのサスペンス映画。

脚本はドラマ『リーガル・ハイ』や『コンフィデンスマンJP』で人気の古沢良太で、2003年に舞台劇として上演された内容を映画化しました。

原作が舞台なだけあって登場人物も少なく、5人の会話メインで物語が進行するのが特徴。死の理由だけでなくそれぞれ秘密を抱えたキャラクターの謎が解けていくのも見どころです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 監督:佐藤祐市
  • キャスト:小栗旬/ユースケ・サンタマリア/小出恵介
  • 公開年:2007年

【日本のサスペンス映画のおすすめランキング第5位】怒り

怒り DVD 通常版
  • アカデミー賞最優秀助演男優賞受賞の妻夫木聡など、豪華な俳優陣の演技が見られる
  • オムニバス形式の作品なので、様々な物語が楽しめる
  • 人間の心にフォーカスした内容で、ヒューマンドラマとしての側面がある

現場に「怒」の文字が残された殺人事件発生後、東京・千葉・沖縄では謎に包まれた3人の男性が現れます。事件から1年後、容疑者のモンタージュ写真が公開されると、周囲は「犯人かもしれない」と疑いを持ち始めるようになるのでした。

3つの物語が進行するオムニバス形式で、人間の心情を巧みに描いたストーリーが魅力的

タイトルの怒りが何を示しているのか、鑑賞後は身近な人と語り合いたくなる日本のサスペンス映画です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 監督:李相日
  • キャスト:渡辺謙/妻夫木聡/松山ケンイチ
  • 公開年:2016年

【日本のサスペンス映画のおすすめランキング第4位】八日目の蝉

八日目の蝉 通常版 [DVD]
  • アカデミー賞で最優秀賞10冠を獲得した、サスペンスの最高傑作といえる作品
  • 親子として過ごした誘拐事件の当事者を軸に、愛するとは何かを考えさせてくれる
  • 犯罪がテーマだが感動的なシーンが多く、ヒューマンサスペンス好きにおすすめ

父の不倫相手である希和子に誘拐され、4年間を薫として育てられた恵理菜。希和子は逮捕され、恵理菜は元の生活になじめないまま大人へと成長します。

ある日、21歳になった恵里菜の元に薫の名前を知るルポライターの安藤千草が現れ、今まで避けてきた希和子と過ごした過去に向き合うこととなるのでした。

誘拐事件の容疑者と被害者の視点で描かれた、感動的なサスペンス邦画です。偽りの関係に隠された本当の愛情を知るラストは、涙なしでは見られません。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 監督:成島出
  • キャスト:井上真央/永作博美/小池栄子
  • 公開年:2011年

【日本のサスペンス映画のおすすめランキング第3位】祈りの幕が下りる時

祈りの幕が下りる時 DVD 通常版 
  • 新参者シリーズの完結作で、過去作品を見ればよりストーリーを楽しめる
  • 事件の真相には何個もの秘密が隠されており、謎が明かされていく過程が面白い
  • 主人公である加賀の秘密が明かされ、鑑賞後はスッキリした気分になる

連続ドラマでも人気の高い、東野圭吾原作『新参者』シリーズの完結編です。

日本橋暑の刑事・加賀恭一郎は、女性絞殺事件の参考人である舞台演出家の浅居博美と出会い、自身の隠された過去を知ることに…。

単なる事件を解決するミステリー要素だけでなく犯行に及んだ犯人の背景を描く、新参者シリーズの最高傑作ともいえる作品。

失踪した加賀の母親と事件の関連性、そして博美の過去が明かされたときに切ない涙がこぼれてくるはずです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 監督:福澤克雄
  • キャスト:阿部寛/松嶋菜々子/溝端淳平
  • 公開年:2018年

【日本のサスペンス映画のおすすめランキング第2位】告白

告白 【DVD特別価格版】 [DVD]
  • ミステリーやサスペンスを得意とする湊かなえの作品で、見ごたえも抜群
  • ラストのセリフには様々な解釈があり、鑑賞後の考察がはかどる作品
  • 清純派女優の松たか子のイメージとは正反対の、猟奇的な教師役が見事にはまっている

中学校の終業式に担任の女性教師から告げられた、とある告白によって始まる衝撃のサスペンスストーリーです。復讐の鬼と化した彼女の告白で秘密を暴かれた少年の生活は、その後急速に変化を遂げていきます。

原作は、今では人気小説家として知られる湊かなえのデビュー作。過激な内容ながらも、熱狂的なファンを持つ作品です。これまで清純派女優としてのイメージが強かった、森口悠子演じる松たか子の鬼気迫る演技にも注目です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 監督:中島哲也
  • キャスト:松たか子/岡田将生/木村佳乃
  • 公開年:2010年

【日本のサスペンス映画のおすすめランキング第1位】マスカレード・ホテル

マスカレード・ホテル DVD 通常版
  • 邦画好きにはたまらない、日本を代表する豪華な俳優陣が集結した作品
  • 疑わしいと思える個性的なキャラクターが次々と登場し、ミステリー要素も強い
  • 複数のストーリーがテンポ良く展開するため、爽快感のあるサスペンスになっている

魅力的な人物を演じてきた木村拓哉をはじめ、長澤まさみなど日本の人気俳優が勢ぞろいした本格的サスペンス作品

連続殺人事件の現場に残された数字が次の犯行場所を示す暗号だと突き止めた刑事・新田は、犯行場所と予測されるホテルにフロントマンとして潜入捜査を実行。新田の教育係・山岸尚美と共に事件を追いかけます。

刑事とホテルのフロントマンという、正反対な2人がお互いの仕事を通じて絆を深め合っていく『バディもの』としても楽しめる作品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 監督:鈴木雅之
  • キャスト:木村拓哉/長澤まさみ/小日向文世
  • 公開年:2019年

日本のサスペンス映画でハラハラドキドキを楽しみましょう。

見る人の心を大きく揺さぶる、ハラハラドキドキのサスペンス映画。謎解き要素のある作品はミステリー好きも楽しめる他、事件の裏にある人間模様が描かれた作品はヒューマンドラマ好きにもおすすめです。

数々の賞を受賞したベストセラー作品の映画化作品から熱狂的なファンに人気の隠れたマイナー作品まで、年代や性別関係なく楽しめるサスペンス邦画は心に残る名作多し。

1人で見ても複数人で見ても楽しいサスペンス映画で、刺激的な体験をしてみてはいかがですか。


【参考記事】おすすめのホラー映画はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事