子供へのクリスマスプレゼントはいつまで贈る?何歳まで渡す家庭が多いのか紹介します

子供へのクリスマスプレゼントはいつまであげるべきか知りたい親御さんへ。今記事では、クリスマスプレゼントを何歳まで渡すべきか詳しくご紹介します。家庭によって時期やタイミングは様々なため、ぜひ参考にして、ご家庭に適したタイミングを見極めてみてください!

サンタさん扮してクリスマスプレゼントっていつまで贈るべきなの?

サンタクロースに扮していつまでクリスマスプレゼントでおすすめを贈る?

サンタさんからのプレゼントは、子供たちにとって毎年恒例のスペシャルイベント。サンタさんへの手紙を書くなど、楽しみにしている子供たちが多いのではないでしょうか。

そんな子供の喜ぶ顔を見つつも、「いつまでサンタさんに扮した方が良いのだろうか。」とやめるタイミングに悩んでいる親御さんも多いと思います。

一般的には、サンタさんに扮した親からプレゼントを渡すのは、小学校へあがる頃から2年生ぐらいまでのご家庭が多いです。この時期になると、友達からサンタさんの正体を教えられたり、自分でサンタさんに扮した親に気付いたりするお子さんが多くなるようです。

しかし子供の成長は1人1人違うので、最初から「この歳になったらサンタさんからのプレゼントはあげない。」と親が決めてしまわずに、お子さんの成長を見ながら、続けるのか卒業するのかを判断するのがおすすめですよ。


ただし、子供が信じている場合や下の子がいるなら続けるのもおすすめ

素直で優しいお子さんの場合、小学校3、4年生になってもサンタさんを信じていることがあります。また、兄弟がいて下のお子さんが小さい場合、上の子のタイミングでやめてしまっては早すぎますよね。

お子さんがサンタさんを長い間信じていたり、幼いお子さんがいらっしゃるようであれば、小学校3、4年生になっても卒業せずにサンタさんを続けることをおすすめします。

もし上のお子さんがサンタさんに扮した親御さんに気づいて傷ついてしまったら、お兄ちゃんやお姉ちゃんと親子で話し合うことで、お子さんの成長にも繋がりますよ。

お子さんの様子やご家庭の状況をよく考えて、まだやめるタイミングではないと思えば長く続けてあげてくださいね。


プレゼントに関しては子供が何歳まで贈るのが良いの?

サンタさんは小学校低学年で卒業しても、クリスマスプレゼント自体は何歳まであげたらいいのか悩ましいところ。お子さんも、サンタさんがいないとわかってもプレゼントは欲しいはず。

自分の子供や甥っ子、姪っ子などへのプレゼントは、高校を卒業する18歳前後、もしくは20歳頃まで贈ってあげる親御さんや親戚の方が多いですよ。

親御さんや親戚の方からプレゼントをあげることで、サンタさんからのプレゼントがなくても子供たちは毎年クリスマスが楽しみになります。また、クリスマスが楽しみになることで、より親子のコミュニケーションも増えることでしょう。


いくつになっても贈ってあげる家庭も一定いる

「子供が社会人になっても、親からクリスマスプレゼントをあげたい。」と考えている方もいらっしゃることでしょう。

いくつになっても可愛い我が子に変わりはありません。中学生、高校生、大学生とやめる時期をいつまでと決めてしまわずに、子供が大人になってもちょっとした小物などクリスマスプレゼントを贈っている親御さんもいらっしゃいます。

大人になっても贈り物は嬉しいもの。続けたい方は、お子さんから断られることがなければ、無理にやめる時期を決める必要はありませんよ


クリスマスプレゼントは、子育ての方針に合わせて贈ってみて。

クリスマスは、子供にとって誕生日以外にプレゼントがもらえるスペシャルイベント。子供が喜んでいるからこそ、何歳まで親からクリスマスプレゼントを贈るべきなのか迷う方も多いですよね。

サンタさんに扮している親御さんは、サンタさんを信じるお子さんの純粋な気持ちを大切にして、お子さんの成長に合わせてやめる時期を考えるといいでしょう。また、プレゼントはお子さんが大人になっても贈っているご家庭もありますよ。

ぜひ本記事を参考にして、ご自分のご家庭に適したタイミングを見極めてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ