ベルモットのおすすめ10選|カクテルに人気の美味しいリキュールを特集

ニガヨモギなどのスパイスを白ワインに漬け込んだお酒「ベルモット」。今記事では、そんなベルモットの特徴や選び方から、おすすめの銘柄まで詳しくご紹介します。食前酒はもちろん、カクテル用のリキュールとしても重宝するので、ぜひ参考にしてみてください!

ベルモットとは|食前酒としても人気のお酒を徹底ガイド

ベルモットとは

ベルモットは、白ワインにニガヨモギなどの香草・薬草を配合して作られるフレーバードワインの一種です。主に食前酒としてストレートやロックで飲まれることが多い他、カクテルのベースとしても多用されています。

具体的なカクテル名を挙げると、マティーニ・マンハッタン・ネグローニなどが代表的。ベルモットは同じくハーブ系のリキュールである、カンパリやスーズとはまた違った美味しさがあるお酒ですので、ぜひその味わいを楽しんでみてください。


ベルモットの選び方|用途に合うお酒を買うコツとは

ここからは、ベルモットを選ぶ時のコツについてお伝えしていきます。

どこに注目すれば用途に合った美味しいベルモットを選べるのかを詳しくご紹介しますので、購入する際にはこれらのポイントをチェックしてみましょう。


ベルモットの選び方1. スイートかドライのどちらかを選ぶ

ベルモットには大きく分けてスイートベルモットとドライベルモットの二種類があり、それぞれの味わいは全くの別物です。

そのため、購入する際には双方の違いを知っておくことで、自分が好きな味わいのベルモットを選ぶようにしましょう。


甘い味わいが好きなら「スイートベルモット」

薬草・香草由来の苦みの中に、はっきりとした甘みを感じられるのがスイートベルモット。

こちらはさらにロッソとビアンコの二種類に分類され、ロッソはハーブの苦みや甘みを強く感じられます。そのため、ベルモットならではの味わいを存分に楽しみたい方は、ロッソを選ぶのがおすすめです。

一方、ビアンコはハーブの主張が控えめで白ワインそのものの風味を味わえます。ロッソよりも比較的飲みやすいタイプですので、ベルモットに初挑戦したい方はビアンコを選ぶといいでしょう。


スッキリした飲み口を好むなら「ドライベルモット」

甘みを全く感じず、爽やかなハーブの苦みを楽しめるのがドライベルモット。こちらはクセがなくスッキリとした飲み口をしていますので、爽快感を求める方におすすめしたいベルモットです。

また、こちらのドライベルモットは、カクテルの王様であるマティーニにも使われている材料。そのため、自宅でマティーニを楽しみたい方もドライベルモットを選ぶようにしましょう。


ベルモットの選び方2. 好きなフレーバーを漬け込んだ製品を選ぶ

ベルモットは白ワインに香り付けをしたフレーバードワインであり、銘柄によって漬け込まれている原料はそれぞれ異なります。そのため、一口にベルモットといっても、味はもちろん香りも大きく異なってきますので、購入する際にはフレーバーにも注目して好みに合ったお酒を選ぶといいでしょう。

なお、ハーブ類を多く漬け込んでいるベルモットはスッキリとした香りをしており、フルーツ系を漬け込んでいるベルモットは甘い香りを楽しめます。カクテルのベースとして使う際にも香りによって仕上がりが変わってきますので、味だけではなく香りも好きなお酒を選ぶようにしてくださいね。


ベルモットの選び方3. 食前酒用ならアルコール度数は15%の製品を選ぶ

ベルモットの購入を検討している方の中には、本来の飲み方である「食前酒として楽しみたい」と考えている方も多いでしょう。その場合、食前酒の本場であるイタリアでは、食事前に度数15%程のお酒を1・2杯嗜むことが基本とされています。

そのため、食前酒用としてベルモットを探しているのであれば、本場の習わしに従ってアルコール度数15%の銘柄を選ぶのがおすすめですよ。


スイートベルモットのおすすめ5選|甘党な人に人気のお酒を解説

ここからは、甘くて飲みやすいおすすのスイートベルモットをご紹介していきます。

それぞれの特徴や魅力について具体的にお伝えしていきますので、美味しいスイートベルモットを探している方はこちらを参考にしてくださいね。


スイートベルモットのおすすめ1. マルティーニ ヴェルモット ビアンコ

マルティーニ ヴェルモット ビアンコ 750ml [甘口]
  • 苦みが少なくソフトな味わいをしているため、どんな方でも飲みやすい
  • 癖をあまり感じないため、食前酒やカクテルのベースなど幅広い飲み方で楽しめる
  • 750mlと大容量でお値段1,000円ちょっとと、コスパが抜群

「スイートベルモットに初挑戦したいから、とにかく飲みやすいものを探している」そんな方におすすめなのが、バカルディから販売されているマルティーニ社製のビアンコ。

こちらのビアンコは柑橘系の風味の中に、はちみつ・リンゴ・ショウガなどの味わいをほのかに感じられ、非常に飲みやすいテイストに仕上がっています。

苦みが少なくソフトな甘みを楽しめる銘柄ですので、スイートベルモットを選ぶ時のはじめの一本として最適ですよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:750 (ml)
  • アルコール度数:15 (%)
  • 香り:バニラ/花…etc
  • 原産国:イタリア
  • ブランド:マルティーニ

スイートベルモットのおすすめ2. チンザノ ヴェルモット ロッソ

チンザノ ヴェルモット ロッソ 1000ml [並行輸入品]
  • スイートベルモットの中で最も有名かつ定番な銘柄なので、市販されていることも多く手に入れやすい
  • 甘みや苦みが強く、スイートベルモットならではの魅力を存分に楽しめる
  • そのまま飲むのはもちろん、ジン・カンパリと合わせてネグローニにしても抜群に美味しい

スイートベルモットを購入する以上、「薬草・香草の甘みや苦みを存分に味わいたい」と思う方も多いでしょう。

そこでおすすめしたいのが、スイートベルモットの中で最も有名かつ定番の銘柄であるチンザノのロッソ。こちらはハーブやスパイスがガツンと主張している製品ですので、スイートベルモットならではの苦みや甘みを存分に楽しめます。

その主張の強さはカクテルにしてもしっかりと実感できるほどですので、苦みや甘みをしっかりと味わいたい方にもってこいなベルモットです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:1,000 (ml)
  • アルコール度数:15 (%)
  • 香り:柑橘系/ニガヨモギ…etc
  • 原産国:イタリア
  • ブランド:チンザノ

スイートベルモットのおすすめ3. チンザノ ベルモット オランチョ

  • オレンジの風味が強く、ジュースのような口当たり
  • 14%とベルモットの中では特に度数が低いため、お酒に強くない方でも飲みやすい
  • フルーティーな味わいをしているので、カクテルに使うのにぴったり

特に甘党な方は、ジュースのような甘い味わいをしたベルモットを選びたいですよね。

そうであれば、チンザノシリーズの一つであるオランチョがおすすめ。オランチョは従来のベルモットにオレンジのフレーバーが加えられており、果物由来のフルーティーな甘みを楽しめる一品に仕上がっています。

その甘さはまるでジュースのような口当たりをしており、苦みやアルコール感をそれほど感じませんので、甘い味が好きな方にイチオシなスイートベルモットです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:1,000 (ml)
  • アルコール度数:14.4 (%)
  • 香り:オレンジ…etc
  • 原産国:イタリア
  • ブランド:チンザノ

スイートベルモットのおすすめ4. チンザノ 1757 ロッソ ベルモット

[限定品] チンザノ 1757 ロッソ ベルモット 16度 1000ml
  • 人気が高いチンザノロッソの限定品。ベルモットファンには絶対味わっておいてほしい一本
  • 従来の製品よりもコクが増しており、さらに美味しく仕上がっている
  • プレミアム品でありながら2,000円台で購入でき、上質なベルモットを気軽に味わえる

「どんなお酒よりもスイートベルモットが好き!」そんなベルモット好きのあなたに、新たな一本としておすすめしたいのがチンザノの1757 ロッソ。

こちらは創業当初のレシピで少量のみ生産されている限定品で、従来のチンザノロッソよりもさらに重厚感が増している贅沢な一本です。

コクのある味わいの中に上品な香りが漂うまさにプレミアムなベルモット。より美味しいベルモットを求めている方は、こちらが最適ですよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:1,000 (ml)
  • アルコール度数:16 (%)
  • 香り:ニガヨモギ/ドライフルーツ/リコリス…etc
  • 原産国:イタリア
  • ブランド:チンザノ

スイートベルモットのおすすめ5. カルパノ アンティカフォーミュラ ヴェルモット ハーフサイズ

  • 375mlと少量のボトルなので、カクテル用に購入するのに最適
  • 知る人ぞ知るプレミアムな銘柄で、重厚感のある味わいや香りを楽しめる
  • 1Lの大容量は少し値が張るため、まずはお試ししてみたい方にもぴったり

「カクテルにちょっと使いたいだけだから、少量のボトルを探している」という方もいますよね。しかし、ベルモットには750ml~1Lの製品がほとんどですので、中々少量のボトルが見つからずに悩んでいる方も多いでしょう。

そんな方にはカルパノ社製のアンティカフォーミュラの中から、375mlのハーフボトルを選ぶのがおすすめ。

375mlならすぐに使い切ることができ、持て余してしまう恐れがありませんので、カクテル用としてベルモットを購入するならこちらの製品がベストですよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:375 (ml)
  • アルコール度数:16.5 (%)
  • 香り:バニラ/ドライフルーツ/アーモンド…etc
  • 原産国:イタリア
  • ブランド:カルパノ

ドライベルモットのおすすめ5選|辛口の人気銘柄を大特集

ここからは、スッキリとした味わいが特徴のドライベルモットについて、おすすめの銘柄をご紹介していきます。

ドライベルモットは甘いお酒が苦手な方でも飲みやすいので、辛口を好む方はこちらを参考に商品を選んでみてください。


ドライベルモットのおすすめ1. ノイリー・プラット ドライ

ノイリー・プラット ドライ [ 白ワイン 辛口 フランス 1000ml ]
  • プロのバーテンダーが愛用しているほど、完成度が高い商品
  • 加熱しても味わいを損ねないため、料理に使う際にも最適
  • スパイシーかつわずかな苦みがあり、キリっとした辛口を楽しめる

「バーで出てくるような本格的なマティーニを自宅で飲みたい」という思いから、ドライベルモットを購入しようとしている方も多いでしょう。

そんな方には、ノイリー・プラットのドライがベスト。こちらはバーテンダーに絶賛されている銘柄で、実際に多くのバーでマティーニを作る時に用いられています。

そのことから、こちらを使えばバーで飲んでいるようなマティーニを簡単に再現できますので、本格的なマティーニを自宅でも飲みたい方におすすめの一本です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:1,000 (ml)
  • アルコール度数:18 (%)
  • 香り:リンドウ/カモミール/オーク…etc
  • 原産国:フランス
  • ブランド:ノイリー・プラット

ドライベルモットのおすすめ2. マルティーニ ヴェルモット エキストラ・ドライ

  • 甘くなく辛すぎない飲みやすいテイストなので、ストレートやロックでも楽しみやすい
  • 白ワインの味わいを確かに感じられるため、白ワインが好きな方にぴったり
  • 食前酒からカクテルのベースまで幅広く活躍してくれる、使い勝手が良い銘柄

「辛口のお酒が好きだけど、辛すぎるのもちょっと…」そんな思いを持つ方におすすめしたいのが、マルティーニのエキストラ・ドライです。

柑橘類の酸味とほろ苦いハーブの苦みが、コクのある白ワインとバランスよく合わさっており、後味のいいスッキリとした味わいに仕上がっています。

確かに辛口ではありながらも、辛さを感じさせすぎない飲みやすいテイストをしているので、バランスが取れたベルモットを求める方におすすめですよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:750 (ml)
  • アルコール度数:18 (%)
  • 香り:アヤメの花/レモン/ラズベリー…etc
  • 原産国:イタリア
  • ブランド:マルティーニ

ドライベルモットのおすすめ3. チンザノ ヴェルモット エクストラドライ

チンザノ ヴェルモット エクストラドライ 1000ml [並行輸入品]
  • ハーブの香りが際立っているため、食前酒として飲むのにぴったり
  • もちろん、カクテルのベースに使っても美味しく頂ける
  • 定番の銘柄であるため、スーパーや酒屋などで簡単に手に入りやすい

ベルモットは食前に1~2杯嗜むことで、食事の味を引き立たせるのが本来の役割です。そのため、食前酒としての効果を期待して「ドライベルモットを購入しよう」と考えている方も多いでしょう。

そんな方には、チンザノのエクストラドライがおすすめ。こちらはミントやセージといった食欲を増進させる爽快な香りが際立つ1本で、他のドライベルモットよりも強くハーブの香りを感じられます。

食前酒として飲むならまさに最適な銘柄ですので、毎日の夕食を一段と美味しく頂きたい方にぴったりなベルモットですよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:1,000 (ml)
  • アルコール度数:18 (%)
  • 香り:ミント/セージ/オレガノ…etc
  • 原産国:イタリア
  • ブランド:チンザノ

ドライベルモットのおすすめ4. ドラン シャンベリー ドライ

ドラン シャンベリー ドライ [ 白ワイン 辛口 フランス 750ml ]
  • ほんの少しの甘みを感じられるため、辛口すぎることなく非常に飲みやすい
  • 白ワインのテイストが強めなので、料理に使ってもGOOD
  • アルプス産の香草を用いているなど、品質にこだわっている贅沢な一本

「スイートベルモットは甘すぎるし、有名どころのドライベルモットは自分には辛すぎる…」と、好みにぴったり合った銘柄が見つからずに困っている方も多いはず。

そんな甘口と辛口の中間を求める方に提案したいのが、ドランのシャンベリー ドライです。このドライベルモットはハーブやスパイスの風味が控えめで、さっぱりとした味わいの中にほんの少しの甘みを感じられます。

まさにスイートとドライのいいとこどりをした中間のテイストを楽しめますので、自分に合った銘柄が見つかっていない方はこちらを検討してみてください。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:750 (ml)
  • アルコール度数:17.5 (%)
  • 香り:ハーブ/シトラス/アーモンド…etc
  • 原産国:フランス
  • ブランド:ドラン

ドライベルモットのおすすめ5. チンザノ ベルモット 1757 ドライ

チンザノ ベルモット 1757 ドライ [ リキュール 1000ml ]
  • 創業年を名付けられた限定品で、極めて上質な仕上がりのドライベルモット
  • ドライベルモットならではの余韻を長く楽しめる
  • スッキリとした味わいをしており、どんな割り材で割っても美味しく仕上がる

ベルモットにはブランデーのようにグレードはありませんが、どうせなら質の高い美味しいドライベルモットを選びたいですよね。

そこでおすすめなのが、チンザノの1757 ドライ。こちらは1757 ロッソと並んで販売されている限定品で、ほろ苦くドライな余韻を存分に楽しめるプレミアムな一本です。

厳選したハーブやスパイスのみを使用している上質なベルモットですので、「少し奮発してでも美味しいベルモットを選びたい!」という方に最適ですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:1,000 (ml)
  • アルコール度数:18 (%)
  • 香り:ハーブ/マスカット/ニガヨモギ…etc
  • 原産国:イタリア
  • ブランド:チンザノ

美味しいベルモットを使って、オリジナルカクテルを楽しもう!

ベルモットはあまり日本人に馴染みがないお酒ですが、海外では熱狂的なファンが非常に多くいるほど抜群に美味しいお酒です。食前酒としてそのまま飲むのも良し、カクテルの材料としても良しと様々な飲み方で楽しめる万能なお酒ですので、ぜひこの機会にお気に入りの一本を見つけてみましょう。

なお、ベルモットを選ぶ際には後悔しない商品選びができるよう、ご紹介した選び方を参考にした上で購入するようにしてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ