【2020】Android用キーボードアプリのおすすめ5選。便利な人気ツールとは

Android対応のおすすめキーボードアプリを知りたい方へ。今記事では、キーボードアプリの選び方から、人気の高いおすすめアプリランキングまで詳しくご紹介します。人によって入力しやすいキーボードは異なるので、ぜひ参考にして、自分に合う物を選びましょう!

Androidユーザーで「キーボードアプリ」を使うのにおすすめな人とは

アンドロイド向けキーボードアプリ

キーボードアプリはAndroidスマホやタブレットで文字入力をするために必須のアプリ。購入したばかりのAndroidスマホやタブレットにも標準のものがプリインストールされているので、別途ダウンロードしなくても文字を入力できますが、標準キーボードに使いづらさを感じている人も多いと思います。

そんな標準キーボードと置き換える形で、使い勝手の良さとさまざまな便利機能を提供してくれるのがサードパーティー製のキーボードアプリ。クラウド辞書による変換効率の高さや独自のキー配列などで文字入力が格段に捗ること間違いなしです。

これまで標準キーボードの不便さを我慢しながら使っていた人は、ぜひサードパーティー製のキーボードアプリを使ってみてください。キーボードが変わるだけでスマホ自体も使いやすくなることを実感できますよ。


Android向けキーボードアプリの選び方|ダウンロード前に見ておくポイントとは

キーボードアプリは開発している会社にごとに特徴や強みが異なります。そのため、どれを選んでも同じということはなく、自分が求めている機能が備わっているか否かが導入の決め手になります。

そこで、ここからはAndroid向けキーボードアプリの選び方を詳しく解説していきます。

キーボードアプリは無料のものから有料のものまでありますが、有料となると意外と馬鹿にできないプライスが付いていることも。後から失敗したと感じないためにも、ぜひチェックポイントを覚えて理想に近いキーボードを手に入れてくださいね。


Android用キーボードアプリの選び方1. 好きな配列にカスタムできるかどうか

スマホでの文字入力が苦手だという人に話を聞くと、キーボードが使いづらいと感じていることが多いようです。

多くのキーボードアプリでは、電話番号入力画面のようなレイアウトで「あかさたな」が並ぶテンキー配列(ケータイ配列)と、パソコンのキーボードのように文字が並ぶQWERTY配列が基本。もし、これらの配列で使いにくさを感じるのならば、銀行ATMの振り込み画面のように文字が並ぶ50音配列や、簡単にローマ字入力ができるGODAN配列など、独自の配列を搭載したキーボードアプリを選ぶと改善されることがあります。

アプリ開発メーカーも文字入力を苦手とするユーザーの存在は常に意識しているようで、キーボードアプリにさまざまな工夫を凝らしています。実際に入力しやすいかは人それぞれ感じ方が異なるので使ってみないとわかりませんが、少なくともいろいろな配列を搭載したアプリを選ぶと失敗を減らすことができますよ。


Android用キーボードアプリの選び方2. 辞書が定期的にアップロードするかどうか

キーボードアプリの使いやすさを左右する要素の一つに、変換辞書に登録されている語彙の豊富さがあります。語彙が少ないと単漢字変換で無数の漢字の中から選びながら入力しなければならず、とても面倒ですよね。

サクサクと文字を変換したいなら変換辞書を積極的にアップロードしているようなアプリがおすすめ。Androidアプリを配信しているGoogle Playのダウンロード画面で更新情報をチェックして、辞書の更新を頻繁に行っているものを選ぶといいですよ。

また、サーバーと通信して文字変換するクラウド辞書に対応しているアプリや、さまざまなジャンルの固有名詞やトレンドワードを追加辞書として配信しているアプリも変換精度が高く便利です。


Android用キーボードアプリの選び方3. 引き継ぎが可能かどうか

キーボードアプリは細かくカスタムできるものほど、自分にとって使いやすい操作性に近づけることができて便利。その反面、機種変更をしたときに前機種と同じようにカスタムし直すのはかなり大変です。また、アプリが自動学習した変換データや自分が登録したカスタム辞書(ユーザー辞書)を機種変更のたびに失ってしまうのももったいない話。

そんな苦労を減らすためにも、設定やデータの引き継ぎに対応しているアプリであるかチェックしてみましょう。

引き継ぎ方法はSDカードにデータをエクスポートするものから、クラウドサーバーへバックアップするものまでさまざま。最近はSDカードに対応しないAndroidスマホが増えているので、クラウドサーバーへバックアップする仕様のアプリをおすすめします。


【2020年版】Android対応キーボードアプリのおすすめ5選|打ちやすい人気ツールを厳選!

キーボードアプリ選びのポイントがわかったところで、ここからは具体的におすすめのAndroid向けキーボードアプリを5つご紹介します。

いずれもユニークな機能と使いやすさで多くのユーザーから人気を集めるアプリなので、きっと気に入っていただけると思います。

現在使っているキーボードアプリに不満を感じている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


Android向けキーボードアプリのおすすめ1. Gboard

Gboard.jpg

出典:play.google.com

  • キーボード上でネット検索できて情報の共有まで行えるので、アプリをいくつも切り替える作業が必要なくて便利。
  • キーボードを画面上の好きな位置に移動でき、大画面スマホでも入力しやすい。
  • キー配列や入力方法を6種類から選べるから、自分にとって使いやすい入力方式を選びやすい。

ネット上で面白いコンテンツを見つけて友だちに教えるとき、あなたはどのようにしていますか。きっと、ネットブラウザからURLをコピーしてメールやSNSに貼り付ける作業をしているでしょうね。

GboardはGoogleが開発している人気のキーボードアプリ。検索エンジンのトップ企業が手掛けているだけあって、キーボード上でネット検索から情報共有まで完結してしまうユニークなアプリです。SNSやLINEをしている最中に調べ物をしたくなったら、キーボード左上の「G」マークをタッチするだけ。ブラウザを開かずにそのままネット検索して、情報を友だちと共有できてしまいます。

アプリを切り替えながら情報共有するのはけっこう面倒なものですよね。ネットの情報をSNSなどに投稿する機会の多い人はぜひGboardを使ってみてください。

Androidユーザーはこちら


商品ステータス

  • カスタム:◯
  • 辞書のアップデート:◯
  • データの引き継ぎ:◯

Android向けキーボードアプリのおすすめ2. ATOK

ATOK.jpg

出典:play.google.com

  • パソコン版で培った文字変換ノウハウが活かされ、同音異義語のような難しい文字変換も正しく入力できて便利。
  • QWERTY配列モードの文字配置がほぼPCと同じなので、タブレットで使うとPC感覚で入力できて長文作成が捗る。
  • 小文字や濁音文字などをフリック1回で入力できるフラワータッチを搭載。慣れてしまえば文字を高速入力できて楽ちん。

真面目な文章を書いているときに、「これって正しい日本語だっけ」と悩んだことはありませんか。SNSなどに投稿するカジュアルな文章は誤字をあまり気にしませんが、目上の人や会社へ送るメールなどはきちんとした言葉で書きたいものですよね。

正しい日本語で文章を書きたいなら『ATOK』がおすすめです。ATOKといえば、変換精度の高さで知られるパソコン版が昔から有名。その変換クオリティをAndroidスマホにそのまま移植しているのが強みです。同音異義語のようなどれを使えば正しいのか悩んでしまう言葉も正確に変換してくれるので、文章作成が捗ること間違いなしですよ。

フォーマルな文章に誤字があるととても恥ずかしいものです。正確な言葉で文章を書きたいならATOKを選ぶようにしましょう。

Androidユーザーはこちら


商品ステータス

  • カスタム:◯
  • 辞書のアップデート:◯
  • データの引き継ぎ:◯

Android向けキーボードアプリのおすすめ3. Google日本語入力

__Google_日本語入力.jpg

出典:play.google.com

  • 高性能なのに無料。キーボードアプリを導入してみようと思った人が気軽に試せる。
  • カジュアルな文章の変換に強く、SNSやLINEなどに書き込むような文体もスラスラ入力できて使いやすい。
  • 濁点付きの言葉を濁点なしの入力でも正しく変換できる他、計算機能や「きょう」と打ち込むだけの日付入力など、便利な機能が充実。

キーボードアプリの文字変換は、きれいな日本語表現には強いものの、流行語やくだけた言い回しになるととたんに変換できなくなることがよくあります。SNSの書き込みや友だちとLINEで会話する時になかなか変換できなくてストレスを感じたことはありませんか。

カジュアルな文章を書くことが多い人は、『Google日本語入力』がとても役立ちますよ。

Google日本語入力はクラウド上の辞書を参照して文字変換するキーボードアプリ。語彙のデータベースはネット検索で入力された言葉を参考にしていると言われており、圧倒的な変換能力の高さが強みです。「こんな言葉まで変換できちゃうの」と、使ってみてビックリしますよ。

スマホで入力する言葉はくだけた表現が多いので、使えば使うほどGoogle日本語入力の便利さを実感できること間違いなし。これまでキーボードアプリの文字変換に歯がゆさを感じていた人におすすめです。

Androidユーザーはこちら


商品ステータス

  • カスタム:◯
  • 辞書のアップデート:◯
  • データの引き継ぎ:◯

Android向けキーボードアプリのおすすめ4. Simeji

__Simeji.jpg

出典:play.google.com

  • キーボードデザインを細かくカスタマイズできるので、個性的な見た目にして楽しめる。
  • 顔文字や絵文字(アスキーアート)、スタンプまで利用でき、友達と楽しくコミュニケーションできる。
  • クラウド辞書を利用できるから、変換精度が高くカジュアルな文章もストレスなく書ける。

会社から渡されているようなものを除けば、スマホはプライベートの塊といっていいでしょう。壁紙などで自分らしさを演出する人は多いと思いますが、キーボードアプリのデザインはどれもお固い感じで味気ないと感じませんか。

キーボードももっと自由にカスタマイズしたいと思っている人は『Simeji』をぜひ使ってみてください。

Simejiの売りは強力なカスタマイズ。キーボードに背景を付けたり、キーデザインそのものを変えたりできますよ。キートップのフォントや色まで変えられるので、自分ならではの個性的な見た目にカスタマイズできる楽しいキーボードアプリです。

キーボードをカスタマイズできるとAndroidスマホでの文字入力が楽しくなること間違いなし。自分らしさにこだわる人にSimejiはおすすめです。

Androidユーザーはこちら


商品ステータス

  • カスタム:◯
  • 辞書のアップデート:◯
  • データの引き継ぎ:◯

Android向けキーボードアプリのおすすめ5. mazec3

__mazec3.jpg

出典:play.google.com

  • 手書き文字を認識して文字を入力。キーボードが苦手な人でも簡単にスマホで文章をかける。
  • クセ字でもしっかり認識。使い込むごとに認識精度が上がっていくので手放せない存在になること間違いなし。
  • ひらがなで入力してからの漢字変換も可能。難しい漢字もスラスラ入力できて便利。

キーボードでポチポチと文字入力するのが苦手という人は多いもの。特に年配の方になると、スマホでキーボードを使うことを諦めて、通話にしか利用しないこともあると聞きます。

『mazec3』は手書き文字入力ができると人気のキーボードアプリ。手書き入力モードにするとキーボードがあった部分に無地のエリアが出現し、手書きした文字を次々とフォント文字に変換していきます。認識できる文字はアルファベットからカナ、漢字などなんでもOK。認識する精度も高いのでストレスなく連続で文字を入力できますよ。

一般的なキーボードは慣れていても時々ストレスを感じることがあるので、苦手な人にとっての文字入力は大変な作業をするようなもの。mazec3なら紙に書くような感覚で文字入力できて楽ですよ。

Androidユーザーはこちら


商品ステータス

  • カスタム:ー
  • 辞書のアップデート:◯
  • データの引き継ぎ:ー

Android用キーボードアプリでスマホ・タブレットをもっと文字入力しやすく!

今や文字によるコミュニケーションが主流となった感があるスマホ。ストレスなく使いこなすには自分に合ったキーボードアプリであることが大切です。

キーボードアプリの開発会社はそれぞれ使いやすさを追求し、標準のキーボードにはない入力方法や便利機能を競い合うように搭載しています。「自分に使いこなせるだろうか?」と心配する人もいると思いますが、種類が多いのできっと自分に合ったものが見つかるはずですよ。

無料アプリと有料アプリがありますが、有料のものは体験版も配信している場合が多いので、じっくりと使い比べてみて選んでみましょう。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ