結局、男のアクセサリーは女子ウケどうなの?って話をします【メンズコーデ大学】

もはやコーディネートに欠かせなくなって来ているアクセサリー。シルバーもゴールドも定番で、最近では韓国のアイテムも続々と日本に展開されています。かっこいいしキマるけど「じゃあそれって、結局女子からどう見えてる?」

男のアクセサリーは、つけ方を間違えると大事故につながる

コーデに欠かせないシルバーアクセは、バランスが命。

年齢や系統を問わずにつけている印象の強いアイテムですが、せっかく素敵なデザインも、付け方一つ・選び方一つで、コーデを壊す大事故につながりかねません。

アクセサリーと服の関係は、お砂糖と塩みたいなもの。”過ぎ”てもダメで、”足りない”でもダメ。しっかりとバランスを取ることが重要です。

女子がみている、シルバーアクセの「アリ・ナシ」のポイント、解説します。


女子受けバッチリ!女子的に「アリ」なシルバーアクセとは

欠かせないシルバーアクセ、女子ウケのいいシルバーアクセや付け方があります。では女子的「アリ」のポイントは?


シンプルなデザインである、は絶対

NUMBER (N)INEシルバー2連ツイストバングル.jpg

出典:zozo.jp

女子ウケのいいメンズのファッションもシンプル思考にシフトしつつある近年。

アクセサリーもシンプルなものが女子ウケ。もっと言うと、デザイン性が高くシンプルなもの。ターコイズなどのカラーストーンが入っているものの場合は、石は1つだけのものを選ぶと◎。

シンプルなデザインをつけることで、こなれ感とファッション性の高さでコーディネートの格上げにもつながります。

アクセサリー迷子な時や、これから買う人はとにかくシンプルなアクセサリーを意識して。

ZOZOTOWNで詳細を見る


時計は含まずに”2〜3コまで”がベスト

シルバーアクセの付け方.jpg

時計は日常の中でも必需品。シルバーアクセの数は時計を含まずに、シンプルで存在感が大きすぎないものを2〜3コまでがベストな数です。

バングルなどは特にシンプルめで存在感をあまり出さないものがおすすめ。時計とのバランスが取れて、女子からもグッとおしゃれな印象になります。

最近は時計とバングルをセットで売ることがあるくらいなので、バングルを合わせるのはおしゃれで女性からの好感度も◎。

ただし注意して欲しいのは時計選び。シルバーアクセと相性の良くないものもあるので、シルバーアクセを買うときには時計を実際につけていき、ちゃんと合わせてみましょう。


いぶし加工の強いシルバーアクセは”1点まで”

LHクラシックハウルリング.jpg

出典:zozo.jp

メンズのアクセサリーに多い、いぶし加工。クールでちょっとやんちゃっぽくもあるので、メンズの中では人気が高いアイテムです。

ただし、いくらメンズで人気とはいえ、女性人気には比例しません。いぶし加工のシルバーアクセは1つまでにしましょう。

基本的に、いぶし加工のアクセサリーは主張が強いので、1つで3コ分の存在感を放つと考えましょう。

いぶし加工のネックレスやブレスレットはもちろんですが、いぶしのリングもかなり主張は強く感じます。

いぶし加工を着用する際には、他のアクセサリーをつけないでそのアクセサリーだけに重きを置くといいですよ。複数つけるとしてもシンプルなピアスなどの小さなものだけに。

メンズだけの集まりなら別ですが、女性から見たいぶし加工アクセサリーの複数付けはあまり印象が良くありません。一つだけなら女子も「おしゃれ」「いいポイント使い」と好印象を持ちます。

ZOZOTOWNで詳細を見る


隣は歩きたくないかも…。女子的に「ナシ」なシルバーアクセ

じゃら付け.jpg

反対に「できればやめてほしいなあ」「あまり好きじゃないな」と思わせてしまうシルバーアクセを解説。

癖があるものはもちろんですが、付け方や選び方で「ナシ」分類されてしまうこともあるので注意です。


女子ウケ超最悪なのが「じゃら付け」

アクセじゃら付けの画像.jpg

出典:zozo.jp

アクセサリーは塩と砂糖と言いましたが、本当に加減が大事。

「じゃら付け」は現代ファッションではご法度にもっとも近いルール。

「じゃら付けが許されるのはジャニーズだけ。」なんて手厳しい意見があるほど女子ウケは良くありません。じゃら付けはコーディネートのバランスを乱します。

ウエストチェーンなどをしているとシンプルに「音がうるさい」などがありますが、要するにじゃら付けをすることで「見た目がうるさい」に繋がるのです。

アクセサリーのじゃら付けは、見た目がうるさく感じる上に「品がない印象」に繋がります。

それなりの歳を重ねているのにじゃら付けしていたら、「年齢とファッションが伴わない」「隣に並ぶのすら恥ずかしいな」と思ってしまう女性も。

じゃら付けは今すぐにやめたほうがいいです。

ちなみに上記画像のコーデに、さらにピアスもリングもなんてプラスするのはNG中のNG。きっと”じゃら付け魔神”なんて陰で呼ばれはじめます。


見た目でわかる安っぽいシルバーアクセ

安っぽいシルバーアクセ.jpg

アクセサリーだけでなく、お洋服などもプチプラで買えるものが多くなってきた近年。安いものであれば、300円程度から買うことができてお財布には優しいのが現実です。

しかし、アクセサリーはプチプラではなくある程度のお金をかけましょう。

特に男性のシルバーアクセは「チープさ」の見え隠れしてしまうものが多いから、そのアイテムのせいでどんなにいい服を着ていても全体がチープに見えてしまうことも。

女性の多くは男性よりも目が肥えているので、アクセサリーのチープさを一瞬で見抜かれて、「この人は細かなところまでは考えない人か」なんて印象を与えてしまいます。


自分の指や身体的特徴とミスマッチしている

リングやネックレスは特に、自分の体系とあっていないとかなり悪目立ちしてしまいます。

身体的特徴は、捉え方を変えると何者にも変えられない自分のチャームポイントであり長所です。しかし、アクセサリーでそれが悪い方向に動いてしまうことがあるのは残念なポイント。

例えば、手が大きく・指が細長いと指輪がキレイに見えて似合うのに対して、手がゴツゴツ・指が短いと指輪が映えず「ダサい」に繋がってしまいます。

他にも、腕の手根骨(手首と腕を繋げる部分、ボコッと出ている骨)が小さかったり華奢な人が大きめのバングルをつけてしまうと、腕がさらに華奢に見えてアンバランスな見た目に。

日本人の多くは黄色寄りなので、シルバーは目立ちやすい。よく見えて目立つとより好印象ですが、悪く見えて目立ってしまっては女子ウケもすごい逆効果

「自分に似合うものを知っているかどうか」は女子ウケのポイントです。


指が短い方におすすめの指輪

SILVERBULLET指輪.jpg

出典:zozo.jp

手がゴツゴツしていたり、指が短いといった人は、曲線の指輪を。錯覚で手全体が綺麗に見えます。

ZOZOTOWNで詳細を見る


手首が華奢な人におすすめのバングル

JAM HOME MADEのバングル.jpg

出典:zozo.jp

手首の骨が小さかったり、手首の華奢な人は、細身のバングルだと◎です。

ZOZOTOWNで詳細を見る


今すぐシルバーアクセを見直して、女子評もゲットしよ。

コーデのアクセントとしてのアクセ.jpg

出典:wear.jp

シルバーアクセは、コーデのアクセントにもおしゃれに見せるためのアイテムにも最適。

バランスよくつけることで、自分の魅力やコーデのかっこよさを引き出すことができます。しかし、少しでもバランスを間違えれば「なんかダサい」に格下げ。

まずは今持っているアクセサリーを見直してみましょう。

インスタグラムやWEARでもシルバーアクセのコーデはたくさんあります。お手本にして自分のスタイルに近いものを真似てみるのもいいですよ。

次の記事では、おすすめのシルバーアクセをお伝えしますね。


LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事