来年の冬も使える!最強の防寒アウター「ダウンジャケット」5選

近年の冬アウターとして重宝されているダウンジャケット。高い防寒機能が売りでしたら、最近はデザインのおしゃれなアイテムも増えました。冬も半ばですが、今年買っておけば来年も冬はじまりから使えます。気になるダウンがあったらぜひ購入検討してみてくださいね。

冬はダウンジャケットを“ちゃんと”選ぼう。

ダウンジャケット.jpg

高い機能性で冬の主役になったダウンジャケット。

ただこのアイテムは、選び方と着こなし方が大事です。しっかり防寒できても、適当に選んでしまっては着膨れした野暮ったいコーデになってしまいます。

今回は人気やトレンド、スタイルなど複数の要素を含めて5つのおすすめダウンジャケットを厳選しました。

冬アウターの王道であるダウンジャケットをオシャレにキメて、今年の冬を存分にEnjoy!


1. 『THE NORTH FACE(ノースフェイス)』CAMP SIERRA SHORT

THE NORTH FACE CAMP SIERRA SHORT.jpg

出典:zozo.jp

価格:48,400円

多くのオシャレさんが愛用しているノースフェイスのダウンジャケット。昨年に続き今年も街中で見かける機会が増えました。秋に同ブランドのマウンテンパーカーが流行った余韻は続くでしょう。

最近話題となっている服の廃棄処分問題。服を購入して捨てて、環境を破壊することは果たしてオシャレなのか?と話題になっています。こちらのダウンジャケットはすべての素材がリサイクル可能。見た目だけじゃなく、使用後の気遣いまでスマートになってこそのオシャレです。

ポケットがフラップポケットと、ダウンジャケットでは珍しいデザイン。カジュアルになり過ぎずバランスが取りやすいダウンジャケットになっています。

販売サイトで詳細を見る


2. 『STUDIOS(ステュディオス)』700FPラウンドヘムスタンドカラーダウンブルゾン/ジャケット

STUDIOS 700FPラウンドヘムスタンドカラーダウンブルゾン/ジャケット.jpg

出典:zozo.jp

価格:37,400円

キレイめ要素を取り入れているステュディオスのダウンジャケット。カジュアルなダウンジャケットしか購入したことがない方はマストバイ。気軽なキレイめファッションを楽しめます。

フードがなく襟が大きいため小顔効果もUP。「顔の大きさに自信がない」という方におすすめです。スタイルアップが気軽にできるダウンジャケットは珍しいですね。

多くの場合、ダウンジャケットに革靴を合わせるのは推奨できません。ですが、キレイめ要素があるこのダウンジャケットなら、革靴と合わせるのも◎。チェックのボトムスでエレガントに着こなすことも可能です。

高品質ダウンで、オシャレと防寒の両立をどうぞ。

販売サイトで詳細を見る


3. 『SCHOTT(ショット)』2TONE DOWN PARKA(ツートーン ダウンパーカー)

SCHOTT 2TONE DOWN PARKA/ツートーン ダウンパーカー.jpg

出典:zozo.jp

価格:37,400円

ストリート系なら、ショットのダウンジャケット。ストリート系の服が苦手な人でも大丈夫。ボトムスにスラックスなどを合わせてもいい感じに仕上がります。

表の素材で防風性・耐水性を兼ね備えていて防寒対策もばっちり。冬場の突然雨や風にも耐えきれます。

先ほども紹介したボトムスをスラックスする着こなしの他にも、インディゴブルーのジーンズを合わせて全身をストリートに寄せるのもイマドキ。ストリート初心者の方は、ショットのダウンジャケットでストリートファッションの流行に乗ってみては?

インナーをパーカー、ボトムスをスラックスにしたスケータファッションで、普段とは全く違う新鮮なコーデに挑戦するのもあり。

販売サイトで詳細を見る


4. 『DANTON(ダントン)』DOWN PK(ダウンジャケット)

DOWN PK/ダウンジャケット.jpg

出典:zozo.jp

価格:47,080円

男性らしい印象を香らせるダントンのダウンジャケット。カジュアル要素が強いので西海岸風な着こなしがベター。

フードのファーは取り外し可能。コーディネートが重たくなりがちと感じたら取り外すのもいいでしょう。

左胸にあるワッペンは、シンプルなデザインながらも隠れたアクセントに。

ジーンズのスキニーで、シューズはスタンスミスやオールスターのようなカジュアルスニーカーで、男らしく着こなしてみてください。

あまりカジュアルなコーディネートを好まない方でも、ファーをとってスキニーと合わせればスッキリした印象になりますよ。

販売サイトで詳細を見る


5. 『REMI RELIEF(レミレリーフ)』別注ナチュラル加工デニムダウン

REMI RELIEFのデニムダウン.jpg

出典:zozo.jp

価格:51,480円

ダウンジャケットには珍しい加工のデニム地の一着。真冬でもデニムジャケットが着たいという方も寒さを我慢せずに着ることが可能。デニム好きにはたまらない一品ですね。

ヴィンテージ加工が可愛らしさを演出。さらに裏地のペイズリーで、近年のトレンドもキャッチ。デニム地やトレンド好きな女子は多いので、デートに着ていくのもいいですね。

ボトムスをデニムにして都会的な“デニム on デニム”に。もしくは黒スキニーをボトムスにして、黒と青の黄金色で涼しげなイメージにしても◎。

職人が一つひとつ加工した色落ち感は、より一層のオシャレを演出してくれること間違いなし。

販売サイトで詳細を見る


バランスを重視して、ダウンジャケットを着こなそう!

今回は冬の主役アイテム・ダウンジャケットを紹介しました。

ダウンジャケットはただ着るだけだと着膨れして野暮ったく見えてしまうため、オシャレに着こなすためには、合う・合わないアイテムを覚えておかないといけません。

お気に入りの一着をカッコよく着るために、全身のコーディネートを意識して冬のオシャレを楽しんでくださいね!


【参考記事】ダウンジャケットの着こなし解説▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ