【おしゃれ】金魚鉢の人気おすすめ比較|飼育する時の注意点も解説

おしゃれな見た目で普遍的な人気を誇る「金魚鉢」。そこで今回は、水槽との違いや金魚鉢のメリットから、選び方やおすすめの金魚鉢まで詳しくご紹介します。さらに、金魚鉢で金魚やメダカといった魚を飼育する際の注意点も解説。金魚鉢を購入しようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

水槽との違いは?金魚鉢ならではの「メリット」とは

金魚鉢のおすすめ

金魚やメダカなど、小さな魚の飼育で使われる容器としてメジャーなのが水槽と金魚鉢。どちらも飼育容器という点では同じですが、小さな命を育むためにもきちんと違いを理解して適切な方を選んであげたいですよね。

そこでここからは、水槽と金魚鉢の違いを明確にしながら金魚鉢ならではのメリットを紹介します。水槽と金魚鉢のどちらにするかで悩んでいる方はぜひ参考にしてください。


金魚鉢のメリット1. コンパクトなため、省スペースで置ける

金魚鉢は、一般的にコンパクトなものが多い傾向があります。商品によってサイズは様々ですが、大体幅にして20cm前後の商品が多いので、下足棚や本棚の上、テレビ台のちょっとしたスペースにも置いておけます。

一方、水槽は小さな魚だけでなく大きな魚にも対応できるよう様々なサイズが展開されており、最小のものでも幅が30cm程度です。そのため、「部屋が狭いから小さいものしか置けない…。」という方でもコンパクトな金魚鉢であれば省スペースで対応できるのがメリットと言えます。


金魚鉢のメリット2. デザインがおしゃれな製品が多い

金魚鉢の最大のメリットと言っても良いのがデザイン性の高さ。四方を透明な板で覆っている形が一般的な水槽に対し、金魚鉢はいろんな形があります。

その上、ガラス製や陶器製、プラスチック製など素材も様々なのでデザインの幅が広いです。また、商品によってはおしゃれなイラストが描かれているものもあるため、部屋のインテリアを考えて好みのデザインを選べるところが嬉しいですね。


金魚鉢のメリット3. 掃除がしやすい

金魚鉢はコンパクトなサイズの商品が多いため、気軽にお手入れができるというメリットもあります。大きな水槽のように家の外に運び出してホースを引っ張り出す必要がなく、洗面所などの省スペースでも洗えるため掃除が楽ちんです。

また、金魚鉢は開口部が広めの商品が多く、手を入れやすいのでしっかり奥まで手洗いがしやすいという魅力もあります。金魚やメダカたちのために綺麗な環境を整えてあげなければならないため、掃除がしやすいというのは非常に重要なポイントと言えるでしょう。


反対に弱点は?金魚鉢で魚を飼育する際の「注意点」

様々な魅力で溢れる金魚鉢ですが、メリットがあればデメリットもあります。デメリットに目を向けないまま金魚鉢を購入すると、後になって後悔する可能性があるため、デメリットについてもしっかり理解しておくことが大切です。

そこでここからは、金魚鉢のデメリットとともに飼育上の注意点を解説します。


金魚鉢で飼育する際の注意点1. 定期的に水の入れ替えをする

容器が小さいということは、それだけ水が汚れるのも早いということ。その上小さい金魚鉢では対応できるフィルターも限られすぐに水質が悪化するため、水槽より頻繁に水の入れ替えをしなくてはなりません。

水の入れ替えは金魚鉢の状況によって異なります。水質が悪化してから取り替えていては魚が病気になってしまう恐れがあるため、「少し汚れてきた気がする…。」と感じる程度で水の入れ替えをしてあげましょう。


金魚鉢で飼育する際の注意点2. 一つの金魚鉢で複数の魚を飼うのは避ける

水の中を自由に泳いで過ごす魚たちは、窮屈な環境で飼育するとストレスを感じてしまいます。特に、金魚鉢はサイズが小さい分魚たちの行動範囲も狭まるため、魚たちを快適に過ごさせてあげられるよう1つの金魚鉢に複数匹飼うのは避けた方が無難です。


失敗しない金魚鉢の「上手な選び方」を紹介

金魚鉢はデザイン性に富んでおり、商品のバリエーションもかなり広いため、どのように選べば良いか悩んでいる方も多いでしょう。そこでここからは、金魚鉢選びで失敗しないために見るべきポイントを解説します。


金魚鉢の選び方1. 飼育する魚の数に合うサイズを選ぶ

金魚鉢はただのインテリア雑貨ではなく魚たちの住処なので、魚たちが快適に過ごせるサイズで選んであげなければなりません。

金魚鉢のサイズは大体20cm前後が多いため、体長5cm程度の小さな金魚を飼うなら1~2匹程度。体長10cmであれば1匹、それ以上になると金魚鉢での飼育は難しいと言えます。

また、金魚と同じく金魚鉢で飼育されることが多いメダカは1匹に対して水1Lが目安となるので、1~2匹しか飼わないのであれば幅20cm未満の小サイズで十分ですし、5匹くらい飼いたい場合は幅25cm程度の大サイズが必要です。

この他に、金魚鉢ではベタやアカヒレ、ネオンテトラなど様々な魚を飼育できます。ただ、どの魚を飼育するとしても決して飼育環境が窮屈にならないようなサイズ選びが大切です。


金魚鉢の選び方2. 素材をチェックして選ぶ

金魚鉢の素材はガラスが主流ですが、他にもプラスチック製や陶器製など様々な商品があります。素材ごとにメンテナンスの仕方や耐久性などが異なるため、それぞれの特徴を理解した上で飼育に適した素材選びをしましょう。


「ガラス製金魚鉢」の特徴

ガラス製の金魚鉢は透明度が高くクリアな見た目が特徴で、メンテナンス時に小傷が入りにくいのもメリットとして挙げられます。

比較的重量があり、落下すると割れてしまうおそれがあるため扱いには十分注意が必要ですが、綺麗なルックスで観賞用として最適な素材なので金魚鉢をインテリアとして楽しみたい方におすすめです。


「プラスチック製金魚鉢」の特徴

プラスチック製の金魚鉢は、本体自体が軽く割れにくいというのが特徴です。クリアな見た目もガラス製に近いところがあるため、扱いやすさを重視する方に人気があります。

小さなお子様やペットなど、金魚鉢を倒してしまうリスクが高いご家庭でも割れにくいプラスチック製であれば安心して置いておけるのでおすすめです。


【素材別】金魚鉢の人気おすすめデザイン10選

おしゃれなデザインが多い、手入れが簡単など、金魚鉢には様々な魅力があるため金魚鉢でメダカなどの小さな魚の飼育にチャレンジしたいと思っている方は多いでしょう。そんな方に向けて、ここからはおすすめの金魚鉢を10個紹介します。

ガラス製とプラスチック製に分けて紹介するので、好みや飼育環境に合った素材を決めてから見るとスムーズに選びやすいですよ。


【ガラス製】デザインもおしゃれな人気金魚鉢8選

見た目がクリアなガラス製は、水槽内の様子が綺麗に見えるため観賞用として最適な素材です。商品のバリエーションも豊富で、部屋の雰囲気に合わせた金魚鉢選びがしやすいためインテリア性を重視したい方におすすめです。


ガラス製金魚鉢1. ニッソー 金魚鉢 大

  • 開口部が広く手が入りやすいため、奥まで洗いやすい
  • スタンダードな形で、控えめなデザインから日本美が感じられて美しい
  • 大きめサイズのため、魚だけでなくザリガニなどにも対応可能

洋風でおしゃれなデザインの金魚鉢がたくさん販売されていますが、あまりに個性的なデザインだと周りのインテリアに合わせるのが難しいことってありますよね。

しかし、今回ご紹介するこちらの商品は丸く膨らんだフォルムと開口部の青い縁が印象的な昔ならではのスタンダードな金魚鉢です。決して派手さはないものの、どんなインテリアにも合わせられるシンプルさからは、控えめな日本人らしい奥ゆかしさも感じられます。

和室・洋室に関係なく馴染むシンプルなデザインをお求めの方におすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:直径19 × 高さ18 (cm)
  • 容量:3.2L
  • 飼育に適した魚の数:ー
  • メーカー:ニッソー

ガラス製金魚鉢2. おしゃれなガラス製金魚鉢 太鼓鉢

  • 平らな面と湾曲した面で見え方が違うため、いろんな角度から観賞を楽しめる
  • 一切の着色デザインがないので、いろんなカラーのレイアウトができる
  • サイズが大きいため、複数匹の飼育に最適

金魚鉢での飼育はもちろん観賞も楽しめるもの。せっかく選ぶのであれば、見ていて楽しいような形の金魚鉢を選びたいですよね。

そこでぜひ検討してもらいたいのが、まるで太鼓のように平らな面と湾曲した面があることから『太鼓鉢』と呼ばれているこちらの商品です。平らな面からは真っ直ぐにクリアな光景を眺めることができ、湾曲した面からは水草が長く見えたり魚の目が大きく見えたりなど、水槽内が少し歪んで見えて面白い世界が覗けるという2つの見え方で観賞を楽しめます

透明一色のシンプルなデザインではあるものの、見る角度によって見え方が違うのは変化があって面白いですよね。小さなお子様がいるご家庭であれば盛り上がること間違いなしなので、ぜひ手に取ってみてください。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:幅27 × 奥行17 × 高さ27 (cm)
  • 容量:7.6L
  • 飼育に適した魚の数:ー
  • メーカー:ー

ガラス製金魚鉢3. 山家漆器 金魚鉢

  • 上品なデザインなので、優雅な印象を持つ魚の雰囲気にぴったり
  • 職人さんが手作りしているため、高級感を得られる
  • 開口部が大きく作られているので、掃除やレイアウトなどがやりやすい

金魚の中には見た目が優雅な種類もいますよね。ひらひらと尾びれをなびかせて泳ぐ姿が素敵ですが、その優雅さをより引き立たせるためにはそれに見合った金魚鉢も必要です。

そんなニーズにぴったりなのが職人さんが1つ1つ手作りして作るこちらの商品。ふっくらとした丸型で、縁には細かく波打つようなデザインが施されています。

透明でクリアな姿が上品な印象を与える金魚鉢なので、和金や朱文金、琉金タイプの金魚など、背びれや尾びれが長く目立つ種類の金魚に使うと優雅な泳ぎが見られておすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:口径13.5 × 高さ11 (cm)
  • 容量:ー
  • 飼育に適した魚の数:ー
  • メーカー:山家漆器

ガラス製金魚鉢4.SACHI ガラス 丸型 水槽 大

SACHI ガラス 丸型 水槽 大 テラリウム 観葉植物 インテリア アクアリウム 金魚鉢 にも (22cm)
  • 15~24cmまで5つのサイズ展開があり、飼いたい魚の数に合わせて選べる
  • 丸型のシンプルなデザインなので、どんなインテリアにも合わせられる
  • 大きい球体水槽なのに2,000円で購入できるため安い

「気に入ったデザインの金魚鉢があったけど、ちょうどいいサイズがない!」

そんな悩みを持つ方にご紹介するのが、ころころとした球体が可愛い金魚鉢です。どんなインテリアにも合わせられると人気の商品で、サイズが15・18・20・22・24cmの5つもあります。これだけサイズ展開があれば、金魚鉢を置くスペースや飼いたい魚の数などに合わせて適切なサイズを選べますね。

サイズ選びでお困りの方でも、こちらであれば安心して最適なものを見つけられるのでぜひ検討してみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:22cm
  • 容量:ー
  • 飼育に適した魚の数:ー
  • メーカー:SACHI

ガラス製金魚鉢5.テトラ アクアセラピー

テトラ (Tetra) アクアセラピー
  • ライトアップが楽しめるので、インテリア性が高くおしゃれ
  • 3本脚のベースがあるため、安定して置いておけて安心
  • ライトアップ機能もついて1,000円台で購入できるので安い

おしゃれな金魚鉢はそのまま置いていてもおしゃれですが、せっかくならもう少しインテリア性を高めたいという方もいるでしょう。

そんな方のニーズに応えてくれるのがこちらの商品。蓋についたLEDライトで水槽を明るく照らせるため、普通に観賞のするのとは違うおしゃれな見た目を楽しめますよ。

日中はもちろん、夜間にはロマンティックなムードを醸し出してくれるおすすめ商品。おしゃれな空間作りの1つとしてぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:15.5 × 15.5 × 18 (cm)
  • 容量:約1.9L
  • 飼育に適した魚の数:ー
  • メーカー:テトラ

ガラス製金魚鉢6.MUMUCW 長方形ガラス

MUMUCW 水族館の水槽の長方形ガラスの花瓶の花の瓶 (Size : S)
  • 長方形型で開口部が広いため、手入れやレイアウトがしやすい
  • 奥行きが10cm未満と薄型なので、デスクの上や下足場などいろんな場所に置きやすい
  • たくさん気泡が入らないよう作られているため、非常にクリアで見た目が綺麗

「金魚鉢=丸型」というイメージがありますが、幅と奥行きがほぼ一緒の球体だとある程度スペースがいるため、なかなかちょうどいい置き場が見つけられないことがあるでしょう。

しかし、こちらの商品は金魚鉢では珍しい長方形型で、奥行きが10cmもありません。幅広かつ薄型なため、一見大きく見えるけど省スペースで置いておけるというのが嬉しいですね。

小さなオフィスや賃貸暮らしで部屋が狭い方など、置き場に困っている方でも対応しやすいのでおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:ー
  • 容量:ー
  • 飼育に適した魚の数:ー
  • メーカー:MUMUCW

ガラス製金魚鉢7.PETSOLA ガラス魚タンク

ガラス魚タンク 金魚鉢 水槽 楕円形 部屋、オフィス、リビング、寝室 装飾 贈り物
  • 開口部が小さめなので、魚が跳ねても水が飛び散るリスクが少ない
  • 透明一色のため、どんなインテリアにも合わせられる
  • 4本脚で自立しているので、安定感があって安心して置いておける

元気な魚が跳ねると、水が飛んで金魚鉢周りが水浸しになることがあるため、周囲の雑貨まで濡れて掃除が大変という思いをしたことがある方もいるでしょう。

そんな方にぜひ手に取ってもらいたいのがPETSOLAが販売するこちらの商品で、一般的な金魚鉢に比べると少し開口部が狭く作られています。そのため、金魚鉢内をレイアウトしたい時などには少しコツがいりますが、開口部が小さめな分、魚が跳ねたり尾びれをばたつかせたりしても水の飛び散り被害は少なく済みますよ。

できるだけ金魚鉢周辺を汚したくないという方には最適な商品ですね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:直径約10 × 全長約18 × 高さ約11 (cm)
  • 容量:ー
  • 飼育に適した魚の数:ー
  • メーカー:PETSOLA

ガラス製金魚鉢8.OMEM ガラス金魚鉢

OMEM ガラス金魚鉢-DIY魚の形の水槽 クリエイティブ水族館 熱帯魚 ミニアクアリウム
  • 個性的なデザインなので、金魚鉢そのものも含めて観賞を満喫できる
  • 厚めのガラスでできているため、比較的頑丈で安心して置いておける
  • 透明度が高い素材で作られているので、クリアな外観を楽しめる

金魚鉢を「飼育容器」というより「インテリア雑貨」として考える方の中には、シンプルなデザインは少々物足りないと感じる方も少なくありません。

だからこそ今回ご紹介したいのがOMEMが販売するこちたの商品。なんと、魚型をしたガラス製の金魚鉢で、魚の口が開口部となっています。

見た目だけでなく、「魚の中で魚を飼う」という発想も面白いですよね。普通の金魚鉢ではつまらないと思ってしまう方でも、こちらの商品であればきっと満足できるはず。

個性的でハイセンスなデザインを求める方には特におすすめしたい商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:25 × 16 (cm)
  • 容量:ー
  • 飼育に適した魚の数:ー
  • メーカー:OMEM

【プラスチック製】軽くて割れない丈夫な金魚鉢2選

金魚鉢はガラス製が一般的ですが、最近はインテリア性を高めるために軽くて割れないプラスチック製も多く販売されています。壁掛けなど金魚鉢の概念を大きく変える商品もあるため、より自宅のインテリアに合ったおしゃれなものを選びたいですよね。

そこでここからは、人気が高いおすすめのプラスチック製金魚鉢を紹介します。


プラスチック製金魚鉢1. Uotyle プラスチック製金魚鉢

金魚鉢 (Uotyle) 水槽 小型 金魚水槽(小さな熱帯魚/観賞用の金魚/ベタ)·水栽培用(水草/小植物の飼育) 卓上ミニ水族館·DIYインテリア·ミクロの世界 観葉 植物 花瓶·インテリア アクアリウム プラスチック製
  • 排水口がついているため、水抜きが簡単で掃除しやすい
  • クリアなプラスチック素材なので、ガラスのように見た目が綺麗
  • 円柱状で開口部が広いため、水草を入れるなどのレイアウトがしやすい

たっぷり水が入った重い金魚鉢を掃除するのはなかなか大変。うっかり落としたらどうしようと掃除のたびにヒヤヒヤしている方もいるでしょう。

そんな方でも安心して扱えるのがこちらの円柱状の商品。底の方に排水口がついているため、わざわざ大きい金魚鉢を持ちあげなくても中の水が抜けて簡単に掃除ができますよ。

また、開口部が広いので、掃除はもちろん石を敷いたり水草を入れたりなどのレイアウトがしやすいのも嬉しいですね。

水抜きが簡単にできる工夫が施された商品のため、少しでも掃除の時の負担を軽くしたいと思っている方にはぜひおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:23 × 23 (cm)
  • 容量:9.4L
  • 飼育に適した魚の数:ー
  • メーカー:Uotyle

プラスチック製金魚鉢2. ペナイン 賞魚用ふた付き ラージフィッシュボウル

(ペナイン) Pennine 魚用 フタ付き ラージフィッシュボウル 冷水魚 水槽 (ワンサイズ) (クリア)
  • 色付きの蓋が付属しているので、おしゃれに飾れてインテリアに最適
  • 約20cmと比較的大きいサイズにもかかわらず、1,000円未満と安い
  • シンプルな形のため掃除がしやすい

金魚やメダカなどを飼う際、飼育環境を整えるためには金魚鉢やレイアウト用アイテムなどが必要なため、できるだけお金をかけたくないと思っている方も多いでしょう。

そこでぜひ検討してもらいたいのがこちらの商品です。約9リットルも入る大きいサイズのプラスチック製金魚鉢で、価格は4,000円未満とかなりリーズナブル

金魚鉢が安く購入できる分、他のレイアウト用アイテムにお金をかけたり少し高めの魚を買えたりなど別のことに予算を回すこともできますよ。

予算が少ない方でもたくさんの魚を飼えるので、安心して購入できますよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:ー
  • 容量:ー
  • 飼育に適した魚の数:ー
  • メーカー:Pennine

金魚鉢と一緒に買うべき人気の「飼育アイテム」3選

魚たちが快適に過ごせるよう、飼育環境はしっかり整えてあげたいですよね。そこでここからは、金魚鉢と一緒にあると便利なおすすめアイテムを3つ紹介します。

「魚を飼うのが初めてでどんな飼育アイテムがあるか分からない。」という方もぜひ参考にしてください。


人気の飼育アイテム1. ジェックス 金魚水景 天然おつまみ草

ジェックス 金魚水景 天然おつまみ草
  • 天然シダを使用しているので、万が一魚が食べても安心
  • 重りがついているため、水中でも安定して設置させられる
  • 天然水草なので、プラスチック製とは違い見た目の美しさを楽しめる

クリアな金魚鉢の中で優雅に泳ぐ魚を眺めるのも良いですが、それだけだとどこか味気ないですよね。そんな時にはぜひこちらの水草を設置してみてください。

こちらは天然シダを染色した水草で、クリアな金魚鉢の中にふわりと広がる鮮やかな緑色が入るだけで一気に華やかな印象になりますよ。また、こちらは魚が食べても大丈夫なよう作られているので、パクパクといたずらに水草を噛んでしまう魚の飼育にも安心して使えます。

柔らかい質感の天然水草を入れるだけで立体感のあるレイアウトができるため、レイアウトのセンスに自信がない方もまずはこちらを手に取ってみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


人気の飼育アイテム2. ジェックス 金魚元気オートヒーター SH55

ジェックス 金魚元気オートヒーター SH55 縦横設置 安全機能付 SH 規格適合
  • 飼育する魚に合わせた水温調整が可能なので、快適な飼育環境を整えられる
  • 熱源に魚が当たらないようカバーがついているため、安全に飼育できる
  • 縦設置と横設置両方に対応可能なので、金魚鉢に合わせて設置できる

魚が快適に過ごせるようにするためには、快適な水温を保ってあげることも大切。金魚鉢だけだと、冬場に魚が凍えてしまうこともしばしばあります。

だからこそ一緒に用意しておきたいのがヒーターです。水中内を適切な温度に保つためのアイテムで、18℃、23℃、26℃と飼う魚に合わせて水温調整ができます

また、縦置きでも横置きでも好きなよう調整できるので、金魚鉢の形に合わせた設置ができるのも便利なところ。季節を問わず安定した環境に整えてあげられるおすすめ商品です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


人気の飼育アイテム3. ジェックス お魚飼育セットS

ジェックス お魚飼育セットS
  • フィルターがついているので、金魚鉢内を綺麗にできる
  • ポンプが水中に適度な酸素を出してくれるため、魚たちが快適に過ごしやすい
  • Amazon's Choiceにも選ばれている人気商品なので、安心して購入できる

金魚鉢は容量が少ない分、水が汚れるのも早いため、小まめな掃除が必要です。だからこそあると便利なのが、金魚鉢にも対応できるこちらの「フィルター×エアーポンプ」の商品です。

水の汚れをろ過してくれるフィルターだけでなく、金魚やメダカが快適に過ごせるようぶくぶくと酸素を出してくれるポンプがセットになった便利なアイテムで、幅39cmまでの容器に対応できます。この酸素1つあれば、魚たちにより快適な環境を提供してあげられますよ。

頻繁なお手入れが面倒だけど金魚鉢を使って飼いたいという方は、ぜひ金魚鉢と一緒に購入してみてください。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


金魚をおしゃれに飼って、優雅な毎日を過ごしましょう。

気軽に魚の飼育を楽しめる金魚鉢は、インテリア性もあることからデザインの幅も非常に広いため、どれを選ぶと良いか悩んでいる方も多いでしょう。

そんな時は、ぜひ上記で紹介したおすすめ商品を参考にしてください。スタンダードな形から個性的でおしゃれなデザインまで幅広く紹介しているので、理想的な金魚鉢を見つけられますよ。

金魚やメダカたちが悠々自適に過ごせるような環境を整えてあげるためにも、おしゃれで快適な金魚鉢探しをしてあげましょう。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事