【家庭用・業務用】超音波カッターのおすすめ8選|切れ味抜群の人気アイテムとは

プラスチック作成やDIYで重宝する超音波カッターをお探しの方へ。今記事では、超音波カッターの特徴や選び方から、おすすめの商品まで詳しくご紹介します。いくら便利とはいえ、危険も伴うアイテムなため、怪我にはくれぐれも注意して、ぜひ有効活用してみてください!

そもそも「超音波カッター」とは?

超音波カッターのおすすめ.jpg

超音波カッターとは、カッターの刃先を超音波で振動させることで切断の効率をアップさせた道具のこと。一般的なカッターより切断が簡単に行えますし、綺麗に切れます。

熱で切断するものではありませんので煙などが出ませんし、音も比較的静かなので、自宅でのDIYやプラモデル作り、アクセサリー作りなどでも大活躍してくれますよ。


超音波カッターで切れる物は何がある?

超音波カッターでは、プラスチックやアクリル、ペットボトルの他、布や紙、厚いダンボールなどを切ることができます。切断面が綺麗になるので、プラモデル作り、模型製作などの趣味では特に威力を発揮してくれます。

ただし、あくまで「カッター」なので、カッターの刃で切ることができるものは切断可能ですが、カッターで切断できない金属等には使用することができません。使用する際には注意しましょう。


超音波カッターの「失敗しない選び方」を紹介!

超音波カッターにはいくつか種類がありますので、購入前には自分の使い方、使用目的に合わせた商品を知っておく必要があります。

自分に適した商品を選ぶためにも、まずは選び方をしっかりと把握しておいてくださいね。


超音波カッターの選び方1. 安全性の高い製品を選ぶ

超音波カッターは、切れ味の良いカッターですから、一般的なカッターと同じように使い方によっては怪我をしてしまう可能性がある道具です。超音波カッターを初めて使用する人や慣れていない人は、安全性の高い製品を選ぶと安心して使えます。

安全性に配慮した超音波カッターを選ぶなら、スイッチを押している間だけ振動するタイプを選びましょう。このタイプでしたら、手を離せば動きが止まりますから、うっかり振動させたまま放置させてしまうといった失敗を防ぐことができます。


超音波カッターの選び方2. 業務用orホビー用のどちらかを選ぶ

業務用とホビー用を比較すると、業務用の方が切断するパワーが強いものが多いです。

また、超音波カッターは連続で使用していると振動等により熱を持ってしまうので、連続稼働時間が決められています。連続稼働時間を超えて使用するのは注意が必要なのですが、業務用は連続稼働時間が長く、ホビー用は10分程度のものが多いですよ。

価格に関しても業務用は性能により数百万円する高額なものがありますが、ホビー用は数万円で購入可能な安いものが揃っています。


超音波カッターの選び方3. スイッチのタイプを確認して選ぶ

超音波カッターには、手元にスイッチがあるタイプと足元のスイッチを踏んで作業するフットスイッチの2種類があります。

スイッチの違いにより作業の効率が変わってくることもありますので、それぞれの特徴について知っておきましょう。


「手元スイッチ」タイプ

超音波カッターの手で持つ部分にスイッチがあります。手元でオンオフを切り替えることになるため、片手で行える作業に向いています。

比較的、安全に使えるため、安全性を重視したいのでしたらこちらのタイプを選ぶのがおすすめです。


「フットスイッチ」タイプ

足でスイッチを踏みながらオンオフをするのがフットスイッチタイプになります。

両手があくため、スイッチのオンオフで作業を中断する必要がありませんので、作業効率を重視したいのでしたらこちらが良いでしょう。


超音波カッターの選び方4. TAF回路の有無をチェックして選ぶ

TAF回路を搭載している超音波カッターは、切断する素材等に合わせて出力を自動で調節してくれます。

例えば、プラスチックなど溶けやすい素材を切断する場合、超音波の摩擦熱で断面が溶けてしまうことがあるのですが、TAF回路を搭載している超音波カッターでしたら、出力を低くして溶けるのを防いでくれます。逆に硬く切断しにくい素材の場合は出力を上げてくれるのです。

切断面を綺麗にしたい人は、なるべくTAF回路がある機種を選ぶと良いでしょう。


超音波カッターの選び方5. 替え刃があるか確認して選ぶ

一般的なカッター同様、超音波カッターの刃も消耗品ですので、使い続けていると次第に刃が欠けてしまったり切れ味が悪くなってしまったりしてきます。

交換する刃先はどれでも良い訳ではなく、型番、メーカーにより決まりがありますから、入手しづらい物を選んでしまうといざ使いたい時に使用できずに困ってしまうでしょう。

超音波カッターを購入するなら、自分の環境を考え、替え刃が入手しやすいメーカーを選んでおくようにしましょう。


【家庭用】超音波カッターの人気おすすめモデル4選

超音波カッターの選び方について理解したところで、ここからは家庭用超音波カッターのおすすめをご紹介します。

怪我が心配な人でも安心な安全性の高い商品から、人気の売れ筋商品までご紹介していきますので、自分に合った超音波カッターを見つけてくださいね。


おすすめの超音波カッター1. 超音波カッターZO-30プラ

  • 初めての超音波カッターに最適な2万円代の低価格モデル
  • プラスチック専用モデルなので、プラモデル作りなどのホビーにぴったり
  • パッケージ、付属品を必要最低限にして価格を抑えているから、2台目の超音波カッターにもおすすめ

初めて超音波カッターを購入するのでしたら、高価格モデルにはなかなか手が出ませんよね。初心者が購入しやすいモデルとしておすすめしたいのが、こちらです。

製造している「本多電子株式会社」は、様々な超音波機器を製造販売している会社ですから、品質に関しては全く問題ありません。プラスチック専用モデルで、プラスチックがストレスなくサクサク切れるのに感動してしまいますよ。付属品を必要最低限に抑えたことで、この価格帯が実現しています。

複雑な操作が必要なく手元のオンオフで気軽に使える超音波カッターがこの価格帯でしたら、十分満足できる作品作りができますよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 本体サイズ:17.3 × 8.9 × 7.6 (cm)
  • ハンドピース:φ3.2 × 14.4 (cm)
  • 重量:0.36kg
  • 切れるもの:プラスチック/ダンボール…etc
  • スイッチ:手元式
  • 最大出力:20W
  • 発信周波数:40kHz
  • TAF回路 :×
  • メーカー:製造/本多電子株式会社、販売/エコーテック株式会社

おすすめの超音波カッター2. エコーテック 超音波カッター ZO-80

超音波カッター ZO-80
  • 本多電子が1年がかりで開発した振動子を使ったハイレベルモデル
  • 3段階のパワー切り替えができるから、使う素材に合わせて切れ味を選択できる
  • スーパーハイモードは、業務用に近い性能を求める人でも満足できるレベル

趣味とはいえ本格的に力を入れて模型作り、プラモデル製作を行なっている人は、家庭用の安いモデルの切れ味には満足できないかもしれませんよね。そんな人にぜひ一度試していただきたいのが『ZO-80』です。

人気メーカー「本多電子」が1年をかけて開発した、切れ味がよく温度が上がりにくい超音波振動子を使ったモデル。三段階のパワー切り替えを搭載し、スーパーハイモードはホビー用超音波カッターとしては最高の切れ味を誇ります。

価格は家庭用としては高めの10万円ほどですが、業務用に負けないパワーは切れ味を重視したい人でも満足できるクオリティですよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 本体サイズ:18.5 × 16.9 × 5.5 (cm)
  • ハンドピース:φ2.8 × 15 (cm)
  • 重量:1.2kg
  • 切れるもの:プラスチック/アクリル…etc
  • スイッチ:手元式 or フット式
  • 最大出力:60W
  • 発信周波数:40kHz -TAF回路 :×
  • メーカー:製造/本多電子株式会社、販売/エコーテック株式会社

おすすめの超音波カッター3. 本多電子 超音波カッター USW-334

本多電子 超音波カッター USW-334
  • メーカーでも人気のあるロングセラー商品だから安心して購入できる
  • 本体にハンドピースを収納できるホルダーが付いているから、作業中の置き場所に困らない
  • 購入しやすい価格帯で口コミ評価も高いので、商品選びに悩んだ時に選んでも後悔しないモデル

家庭用超音波カッターにも種類がありますから、「何を買ったら良いのか迷ってしまう」という人は多いのではないでしょうか。迷った時におすすめしたいモデルが『USW-334』です。

本多電子でも人気モデルの一つで、ロングセラー商品。シンプルな機能の超音波カッターですから、初心者でも使いやすいモデルです。ハンドピースを収納できるホルダー付きで、安全面でも優れています。

価格も3万円と安い価格帯ですが、とりあえずの気持ちで購入しても後悔しない使い勝手の良さがありますよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 本体サイズ:13.4 × 10.1 × 7.1 (cm)
  • ハンドピース:φ3.4 × 13.9 (cm)
  • 重量:0.54kg
  • 切れるもの: アクリル/PET…etc
  • スイッチ:手元式
  • 最大出力:20W
  • 発信周波数:40kHz -TAF回路 : ×
  • メーカー:本多電子株式会社

おすすめの超音波カッター4. ごんた屋 超音波カッター R31-GONTA

  • 自動車LEDメーカー「ごんた屋」と本多電子がコラボした製品だから、他にはない特徴のある超音波カッター
  • このモデルのために開発された刃渡り長めの「ロングブレード」が標準装備したお得感あるセット内容
  • 溶着できる溶着専用刃も付属しているから、刃の交換だけで様々な用途に使える

家庭用超音波カッターを購入する際に、ホビー以外様々に使えるものが欲しいのでしたら、『R31-GONTA』はいかがでしょうか。

自動車のLED関連製品を扱う「ごんた屋」と「本多電子」がコラボした製品なのですが、自動車加工等に便利に使える刃渡りの長い「ロングブレード」が標準装備しています。さらに、プラスチックを溶かして溶着する溶着専用刃も付いてくるから、欠けたプラスチック部品の修理などにも使えますよ。

刃を交換すれば切断以外にも使える超音波カッターなので、趣味の使用以外にも工具としても使えるなど、一家に一台あれば様々な用途に使えて便利です。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 本体サイズ:3.4 × 10.1 × 6.8 (cm)
  • ハンドピース:φ3.4 × 14.1 (cm)
  • 重量:0.42kg
  • 切れるもの:プラスチック/アクリル…etc
  • スイッチ:手元式
  • 最大出力:20W
  • 発信周波数:40kHz -TAF回路 :×
  • メーカー:ごんた屋

【業務用】本格的な作業ができる人気超音波カッター4選

家庭用の超音波カッターも優れたものが揃っていますが、もっと本格的に作業をしたいのでしたら、業務用超音波カッターならさらに作業効率が高まりますよ。

ここからは、人気のあるモデルや使い勝手の良いモデルなど、おすすめしたい業務用カッターをご紹介して行きます。


業務用の超音波カッター1. スズキ 超音波カッター SUW30CTL

スズキ 超音波カッター フットスイッチ式  SUW30CTL
  • TAF回路搭載で出力を自動で調節してくれ、3種類の替え刃に対応しているから、様々な用途に使える
  • フットスイッチで両手があくため作業しやすく、細かな作業もしやすい
  • 必要な機能を備えたスズキ製造の信頼できるモデルだから、初めての業務用超音波カッターにおすすめ

業務用超音波カッターは値段も高めですから、人気メーカーや信頼できるメーカーの製品を購入したいですよね。そんな人におすすめしたいのが、自動車メーカー「スズキ」が製造する『SUW30CTL』です。

TAF回路を標準で装備しているモデルですから、素材に合わせて出力を自動で調節しパワーを使い分けてくれます。超音波カッターを使い慣れていない人でも戸惑うことなく、すぐに作業に没頭できますよ。フットスイッチで両手がフリーになるのも便利。

日本を代表する自動車メーカーが製造する超音波カッターなので、初めての超音波カッターを手に入れる方も安心して購入できるはず。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 本体サイズ:18 × 17.5 × 7.9 (cm)
  • ハンドピース:φ2.4 × 22.5 (cm)
  • 重量:1.6kg
  • 切れるもの:プラスチック/アクリル…etc
  • スイッチ:フット式
  • 最大出力:35W
  • 発信周波数:40kHz -TAF回路 :◯
  • メーカー:スズキマリン

業務用の超音波カッター2. ソノテック 超音波カッター SF-30.HP-660

ソノテック 超音波カッター SF-30.HP-660
  • ハンドピースが軽量だから負担が少なく作業しやすい
  • 航空機部品の加工にも使用されている、本格的なプロ仕様の製品
  • フット式が苦手な人でも使いやすい、手元スイッチ式

フットスイッチは使いやすいですが、慣れるまで時間がかかり不安がある人もいますよね。高性能な超音波カッターで、手元スイッチ式を探しているのでしたら、「ソノテック」のこちらのモデルをおすすめします。

パワーも申し分ない本格仕様の超音波カッターで、手元スイッチ式で使いやすいモデル。手元スイッチ式の機材は、ハンドピースが重くなりがちなのですが、こちらは150gととても軽くて作業しやすいのが特徴です。

作業効率を重視した製品が欲しいのでしたら、軽くて使いやすいこちらのモデルがきっと満足できるでしょう。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 本体サイズ:17 × 18 × 7.8 (cm)
  • ハンドピース:φ2.8 × 14 (cm)
  • 重量:1.5kg
  • 切れるもの:プラスチック/布生地…etc
  • スイッチ:手元式
  • 最大出力:45W
  • 発信周波数:40kHz -TAF回路 :×
  • メーカー:ソノテック

業務用の超音波カッター3. 本多電子 超音波カッター USW-335Ti

TGK 超音波カッター 335Ti 0836581502
  • 業務用のパワフルな超音波カッターなのに12万円代と安い価格設定
  • 低価格でも1秒間に約22,000回振動するから切断力が強く、断面も綺麗
  • 本体やフットスイッチなど一式をアルミケースに収納可能で持ち運びが楽

業務用の超音波カッターは、20万円前後するものが多いですが、なるべく価格を抑えたいという人にぜひみていただきたいのが「本多電子」の『USW-335Ti』。

12万円代と平均より安い価格の業務用超音波カッターですが、1秒間に約22,000回振動するなど、ホビー用よりもずっとパワフル。足元で電源をオンオフするフットスイッチ式のモデルなので、両手を使った作業に適しています。

信頼できる本多電子の製品ですし、切断力は欲しいけれど予算に限りがあるのでしたら、候補の一つとしておすすめですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 本体サイズ:23.5 × 27 × 13.5 (cm)
  • ハンドピース:φ2.5 × 19 (cm)
  • 重量:3.1kg
  • 切れるもの:プラスチック/アクリル…etc
  • スイッチ:フット式
  • 最大出力:30W
  • 発信周波数:22kHz -TAF回路 :×
  • メーカー:本多電子

業務用の超音波カッター4. TGK 超音波ミニカッター KW-430C

TGK 超音波ミニカッター KW-430C 0732581501
  • ハンドピースは小型ペンシルタイプなので、細かな作業に適している
  • 比較的低価格なのに1秒間に4万回の振動は、プロでも満足できる使い心地
  • 本体には持ち手が付いているので、持ち運びしやすくどこでも作業できる

超音波カッターで細かな作業をしたいと思っているのでしたら、ハンドピースが小型タイプの『KW-430C』はいかがでしょうか。

小型ペンシルタイプの製品なので、一般的なカッター刃では作業しづらい細部でも、抜群の切れ味で作業が可能。毎秒4万回の超音波振動は、ミニカッターとは思えないカッティング力を実現しています。

プラスチックはもちろん、ほつれやすい不織布の端処理等もでき、フットスイッチで両手がフリーになりますから、繊細な作業をしたい人におすすめできるモデルです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 本体サイズ:27 × 17 × 14 (cm)
  • ハンドピース:ー
  • 重量:3kg
  • 切れるもの:プラスチック/不織布…etc
  • スイッチ:フット式
  • 最大出力:30W
  • 発信周波数:40kHz -TAF回路 :×
  • メーカー:TGK

「超音波カッター」を使用する際の注意点を知ろう!

超音波カッターは切れ味の鋭いカッターですから、使い方によっては大怪我をしてしまう心配がある道具です。くれぐれも指などを切らないように注意しながら使用しましょう。

超音波カッターは力を入れなくてもスッと切れるため、力を入れすぎないようにして使用するのも使い方のコツです。

また、安全のため保護メガネをして、状況に応じて保護手袋を使用してくださいね。


使用頻度が少ないなら「レンタル」してみるのも有り

あまり使用しないので購入するほどではない場合は、「三共リース」などで本多電子のモデルをレンタルすることが可能です。

工房をレンタルできる、渋谷マークシティからすぐの「道玄坂工房」でも、45分200円で借りられる工房に超音波カッターが設置されています。

使用頻度が少ない方も初心者の方も、まずはレンタルで本格的な機材を使いながらの工作に利用して使い心地を確かめてみてはいかがでしょうか。


超音波カッターで、DIYや趣味を効率よく楽しんでくださいね。

今まで苦労をして切断していたものが、サクサク切れるようになる超音波カッターは、一度使うと手放せない便利なアイテムです。

プラモデルや模型製作が趣味だという人でしたら、一台持っていれば製作活動がより楽しくなりますよ。ホビー以外でも、ダンボールの切断や溶着などに使えるモデルもご紹介しましたので、自分の用途に合わせて便利な一台を見つけてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事