【家庭用】顕微鏡の人気おすすめ12選。初心者必見の選び方/使い方とは?

おすすめの顕微鏡を知りたい方へ。今記事では、顕微鏡の種類や選び方から、値段別のおすすめ顕微鏡まで詳しくご紹介します。さらに、顕微鏡の使い方も徹底解説!倍率やしぼりなど、構造や仕組みをしっかりと理解して、用途に適した顕微鏡をGETしましょう!

前提として「顕微鏡」とは?

顕微鏡の人気おすすめ商品

顕微鏡とは、肉眼では見えないミクロの世界を映し出せる機械です。肉眼ではせいぜい0.1mm程度が限界ですが顕微鏡を使うことで、0.2μmくらいまで見えるようになりました。

この性能は、細菌など目に見えない菌の研究や、微生物の観察など幅広い分野の発展に生かされています。

また、電子機器を組み立てる時や細かな作業をする時など、肉眼での確認が難しい時にも応用されているところが特徴です。


顕微鏡を使用するメリット/魅力とは?

顕微鏡は、目視できないものを拡大して見えるようにできる特徴があります。理科の実験や研究機関で、微生物や病原菌を観察するのに用いれるところがメリット。

また、細かな部品を拡大して確認したり目視しにくい作業をしやすくしたりする時にも、とても便利です。顕微鏡を使うことで、研究や作業効率の向上に役立っています。


顕微鏡の種類は「3種類」に分けられる

顕微鏡は、「生物顕微鏡」、「金属顕微鏡」、「実体顕微鏡」の3種類に分けられます。それぞれ用いられるシーンや特徴、使い方が異なるので、事前に抑えておくことが大切。違いを知ってから、気になる顕微鏡を選ぶようにしましょう。


顕微鏡の種類1. 「生物顕微鏡」

生物顕微鏡は一般的によく見かける顕微鏡で、マイクロスコープと呼ばれることがあります。

細胞や微生物などをプレパラートの上に乗せ、しぼりでピントを合わせながら観察するのに用いられます。

医療現場や研究などで使われることが多く、小学校や中学校に置いてあるのも生物顕微鏡であることが多いです。

倍率の異なる対物レンズを数種類装着でき、即座に倍率を変えて細かな部分まで観察できます。


顕微鏡の種類2. 「金属顕微鏡」

金属表面や半導体、鉱物な光を通さないものを観察する時に使うのが金属顕微鏡の特徴です。照明の光によって観察するので、ライトや鏡の位置に工夫を凝らしている商品が多くなっています。

宝石の査定や電子基盤のチェックなど様々なシーンで活用されているのが特徴で、プレパラートなどに挟まずそのまま置いて観察することが可能です。


顕微鏡の種類3. 「実体顕微鏡」

実体顕微鏡は目に見えない小さなものではなく、鉱物や植物の観察、手工芸などの精密作業など目に見えているものをさらに拡大して見たい時に用いることが多いです。

そのため、レンズと台の間に十分な隙間があり、立体的なものを置けるようになっています。数倍~50倍程度の低倍率ですが、それでも充分マクロな世界が楽しめるところも魅力的です。


自宅で使う顕微鏡の上手な選び方とは?

ここからは、顕微鏡の上手な選び方をご紹介します。顕微鏡を選ぶ時には、用途や機能、写真撮影ができるかなど、チェックしておきたい部分があります。

初心者の人でも、どのような点に着目したらいいのか事前に知っておくと安心。ぜひ、参考にしてみてくださいね。


顕微鏡の選び方1. 倍率の数値を確認して選ぶ

倍率とは、元の大きさと比べて拡大できる比率のことを指し、顕微鏡についているレンズによって倍率が異なるので、用途に合わせて確認したいポイント。

例えば、微生物や細胞など目視できないものを確認したい時には、100倍以上あるといいでしょう。電子顕微鏡の場合は、レンズで拡大した画像をさらに拡大できるズーム機能が備わっている場合もあります。

一方で、電子基盤や手芸など一部分を拡大して見たい場合は、何十倍あれば充分。このように、用途に合わせて選んでみてくださいね。


顕微鏡の選び方2. 観察記録を保存できる顕微鏡を選ぶ

顕微鏡の観察データが保管できないと、重要な発見があっても後から見返すことができないので、保存可能な商品を選ぶととても便利です。マクロの世界を覗いてみると、新しい発見やじっくりと観察したい場面、観察経過をまとめたい場面に出会うことがあります。

撮影機能がついている顕微鏡ならその一瞬をデータとして保存できるので、蓄積していくことや観察結果をシェアすることが可能。中には、動画撮影に対応している顕微鏡もあり、微生物や細胞など動いているものを観察する時に便利です。


顕微鏡の選び方3. 片目or両目のどちらか確認して選ぶ

顕微鏡には片目で見る顕微鏡と両目で見る顕微鏡があり、それぞれ観察できる対象物が異なるので、事前にチェックしておくことが大切です。

片目で見る顕微鏡は透過光を使って観察するので、光を通す微生物や植物などを観察する時におすすめ。

一方で、双眼の顕微鏡は両目を使うことで、光を通さない立体的なものを観察できるようになり、鉱物や電子基盤などチェックする時に向いています。また、両目を使うことで疲れにくくなるので、長時間使用したい時にもおすすめですよ。


顕微鏡の選び方4. 予算を決めてから選ぶ

顕微鏡は安い商品なら1,000円台、本格的な商品になると何十万もする商品まで価格帯に幅があります。そのため、あらかじめどれくらいの予算で購入したいかを決めてから選ぶといいでしょう。

初心者の場合や小学生、中学生などが使う場合は、安い価格設定で使いやすい商品がおすすめ。本格的に使いたい場合や写真撮影機能など様々な性能のある顕微鏡を探している場合は、1万円以上の商品を探すと高性能な商品に出会えますよ。


【価格別】家庭用顕微鏡の人気おすすめ商品12選

ここからは、価格別に人気の顕微鏡をまとめてご紹介します。5,000円以下で購入できる安い価格設定の商品や、10,000円台の本格的な人気商品など、様々なアイテムが揃っていますよ。

ぜひ、使ってみたいと思える顕微鏡を見つけてみてくださいね。


【5,000円以下】コスパ抜群のおすすめ顕微鏡4選

まずは、5,000円以下で購入できるコスパのいい安い顕微鏡をご紹介します。

小学生や中学生の自由研究のお供に、研究や商品チェックができる機器として使いたい人におすすめ。家庭用として使える人気商品ばかり厳選したので、ぜひチェックしてみてくださいね。


5千円以下の顕微鏡1. 学習用 コンパクト生物顕微鏡

  • 重量95gと軽量コンパクトなので、子供でも持ち運んで使うことが可能。
  • 3つの倍率から選択でき、植物の花粉など細かなものでもしっかりと観察できる。
  • 40年以上作り続けられるロングセラー商品で、国内メーカーなのも人気の秘訣。

小学生や中学生でも手軽に使える顕微鏡を探している人は、『コンパクト生物顕微鏡』がおすすめ。重量約95gで高さ約160mmと軽量コンパクトなので、子供でも光が入る見やすい場所に持ち運んで使えます。

100倍と200倍、300倍と3つの倍率で使えるので、植物の花粉や昆虫の羽など、細かな部分までしっかりと観察できるところも特徴。自由研究などお子さんの科学の知識を深めたいと感じた時には、ぜひ検討してみてくださいね。

公式サイトで見る

商品ステータス
  • 本体サイズ:16 × 8.5 × 5.3 (cm)
  • 重量:95g
  • 種類:生物顕微鏡
  • 倍率:100、200、300倍
  • 観察記録の保存:ー
  • 付属品:プレパラートスライド(グミのリン毛・ニワトリの羽毛)、虫メガネ、ブランクスライド 2枚、説明書
  • メーカー:新日本通商

5千円以下の顕微鏡2. UMTELE デジタル顕微鏡

【2019最新改良版】 WiFi 顕微鏡 デジタル顕微鏡 倍率1000 x USB顕微鏡 内視鏡 拡大鏡 ポータブル led8個 1080p画素 ワイヤレス 電子顕微鏡 usb充電式 動画も写真も撮影可能 Windows/MacOS/Android/ios対応 学習用/生物観察/皮膚チェック/電子機器のチェック【日本語説明書/1年間保証付き】
  • カメラの先端にLEDライトが8個ついているので、光量調整をしながら使える。
  • USB充電式で充電さえしておけばコードレスで使えるため、持ち歩きも可能。
  • スタンドが取り外し可能で顕微鏡自体を動かし使用でき、肌や宝石な様々なシーンで役立つ。

UMTELEの『デジタル顕微鏡』は、収納スペースを取らず手軽に使える商品を探している人におすすめ。

コードレスで使える軽量コンパクトタイプで、机上にセットしなくても顕微鏡自体を動かして使えるので、場所を選びません。専用アプリをダウンロードし、USBやWi-Fiでパソコンやスマートフォンに接続するだけで、大画面で観察できるところも特徴。

「大きくて使いにくい顕微鏡が苦手」という人は、ぜひ一度使ってみてくださいね。

Amazonで詳細を見る

商品ステータス
  • 本体サイズ:3.2 × 13.5 (cm)
  • 重量:280g
  • 種類:ー
  • 倍率:50-1000倍
  • 観察記録の保存:〇
  • 付属品:専用ホルダー、顕微鏡スタンド、USBケーブル、説明書
  • メーカー:UMTELE

5千円以下の顕微鏡3. Inlight デジタル顕微鏡

Inlight デジタル顕微鏡 4.3インチHD LED 1080Pビデオモード 3.6MP 1〜600倍連続倍率 USB充電式 6時間以上
  • 充電式になっており、6時間以上の連続使用が可能。
  • 4.3インチ小型デジタル画面付きなので、鮮明な画像で随時チェックできる。
  • デジタル画面に付いたボタンで、撮影やズームができ細かなチェックが可能。

宝石や部品の検査など液晶画面で確認できると大画面で確認でき、とても便利ですよね。そんな時にはInlightの『デジタル顕微鏡』が向いています。

一人で確認するのに最適な4.3インチ小型デジタル画面がついており、鮮明な画質で状態を確認することが可能です。土台はシリカゲル吸盤となっていて、机やガラス、プラスチック基板などにしっかりと固定して使えるため、使用する場所を選びません。

液晶画面で細部まで確認しながら作業をしたい人は、ぜひ人気商品を使ってみてくださいね。

Amazonで詳細を見る

商品ステータス
  • 本体サイズ:16.2 × 11.8 × 1.8 (cm)
  • 重量:ー
  • 種類:ー
  • 倍率:1-600倍
  • 観察記録の保存:◯
  • 付属品:本体、DC電源、データケーブル、多機能ステント、説明書
  • メーカー:Inlight

5千円以下の顕微鏡4. αスペース デジタル顕微鏡

500倍ズーム デジタルマイクロスコープ 顕微鏡 これがあればいろいろ拡大して見ることができます【皮膚 頭皮診断 生物観察 宝石鑑定 繊維検査 偽造判断 実験】[AF-0507]
  • パソコンとUSB接続し、大画面でチェックできるため隅々までチェックできる。
  • スナップショット機能を搭載しており、必要な映像を保存可能。
  • 1,000円台で購入できるので、安い価格設定のデジタル顕微鏡を探している人におすすめ。

デジタル顕微鏡は、「使用頻度が少ないから安い価格設定で購入できるコスパのよさにこだわりたい!」という人にベストです。

1,000円台で購入できるプチプラなのにも関わらず500倍までズームでき、基盤や材質検査、研究など様々な用途に使えます。取り外し可能なスタンドがセットになっているので、USBケーブルが届く範囲なら手に持って使用でき、重くて動かせないものなどにも使用可能です。

顕微鏡として十分なスペックを兼ね備えているので、初心者でコスパを重視しても安心して使うことができますよ。

Amazonで詳細を見る

商品ステータス
  • 本体サイズ:11.3 × 3.3 (cm)
  • 重量:325g
  • 種類:ー
  • 倍率:1-500倍
  • 観察記録の保存:◯
  • 付属品:本体、取り付けスタンド、説明書
  • メーカー:αスペース

【5,000円〜1万円以下】お手頃だけど高性能な顕微鏡4選

ここからは、5,000円〜1万円以下で購入できる人気の顕微鏡をご紹介します。

「性能やデザインにこだわりたい」

「使用頻度が高いからできるだけいい家庭用の商品を!」

と考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


1万円以下の顕微鏡1. MAXLAPTER HD単眼生物顕微鏡

MAXLAPTER HD単眼生物顕微鏡1000倍 LEDライト内蔵 移動式ルーラー、自由研究、学習用、スマホ撮影セット、教育、生物学的研究に使いやすい、子供、小学生、高校生や大人に適して
  • スライドを作るための道具がセットになっているので、これさえあれば手軽に顕微鏡を使えるようになる。
  • 6色フィルターがついているので、生体や検体が見やすい色味に合わせて使える。
  • 自分で覗くだけでなく携帯クリップを使うことで、液晶画面の鮮明な画像で確認することも可能。

生物学研究に使える顕微鏡を探している人におすすめなのが『HD単眼生物顕微鏡』です。

生体や検体に適した色味に合わせられる6色フィルターがセットになっているので、どのようなものでも観察しやすいところが魅力的。また、4倍と10倍、40倍の3つの色消しレンズを備えており、検体などの色味を忠実にチェックできます。光が平等に当たるよう上部と下部に明るさ調整可能なLED照明が設置されており、しぼりを使ってピントを合わせれば隅々まで見やすくなるのもポイント。

環境に左右させず検体や生体を観察できるので、ぜひ検討してみてくださいね。

Amazonで詳細を見る

商品ステータス
  • 本体サイズ:15.6 × 12.7 × 28.6 (cm)
  • 重量:1300g
  • 種類:生物顕微鏡
  • 倍率:4倍、10倍、40倍
  • 観察記録の保存:◯
  • 付属品:電源、2箱の標本、説明書、携帯クリップ、収納バッグ、スライドセット
  • メーカー:MAXLAPTER

1万円以下の顕微鏡2. AOPWELL 顕微鏡 40X-800X

AOPWELL 顕微鏡 40X-800X
  • 学校などで使うシンプルな顕微鏡のデザインなので、初心者でも扱いやすい。
  • 接眼レンズやスライド、実験用ペットボトルなどセット内容が充実しており、これだけ使えば夏休みの自由研究ができる。
  • 3つの対物レンズがあり、即座に倍率を変えて観察することが可能。

AOPWELLの『顕微鏡 40X-800X』は、科学に興味がある小学生から高校生くらいまでの子供が自由研究に使える商品を探している人にぴったり。

学校の授業で使うようなシンプルなデザインと操作性で、「触ったことがある」と気兼ねなく使えるところが特徴。6色フィルターや複数の倍率に対応しているので、生体や検体など幅広い実験や観察に対応できます。また、プレパラートや解剖針、実験ナイフなどセット内容も充実しているので、これさえあれば夏休みの自由研究などにも取り組むことが可能。

子供が使いやすい商品を求めている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Amazonで詳細を見る

商品ステータス
  • 本体サイズ:ー
  • 重量:ー
  • 種類:生物顕微鏡
  • 倍率:4倍、10倍、40倍
  • 観察記録の保存:ー
  • 付属品:電源ケーブル、実験用ペットボトル、解剖針、実験ナイフ、サソリ、顕微鏡スライド、スライサー、プラスチックストロー、拡大鏡、エコバッグ、説明書
  • メーカー:AOPWELL

1万円以下の顕微鏡3. Koolertron 4.3インチデジタルUSB顕微鏡

Koolertron 4.3インチデジタルUSB顕微鏡50倍-1000倍拡大ズーム 8 LED充電式リチウム電池 Micro-SDストレージ、カメラビデオレコーダー
  • 顕微鏡は土台から取り外し可能で、手に持った状態でも使用できる。
  • 明るさ調整ができるLEDライトつきで、プレパラートが明るくなり観察しやすい。
  • パソコンと接続可能で、最大1000倍までの画像を映し出せる。

リアルタイムで大画面に映し出し、逐一チェックをしたい人は『4.3インチデジタルUSB顕微鏡』をチェック。

顕微鏡を直接覗き込む代わりに4.3インチのデジタル画面に映し出されるので、鮮明な画像で細部まで確認できます。また、パソコンにアプリをダウンロードしておけば、USBケーブルで繋ぐことで、大画面表示も可能です。

「観察しているところを大人数で共有したい!」「液晶画面で隅々まで確認したい!」という場合には、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る

商品ステータス
  • 本体サイズ:14× 12 × 16 (cm)
  • 重量:ー
  • 種類:生物顕微鏡
  • 倍率:50倍-1000倍
  • 観察記録の保存:◯
  • 付属品:USBケーブル、説明書
  • メーカー:Koolertron

1万円以下の顕微鏡4. MixMart 顕微鏡

MixMart 顕微鏡 8LEDライト搭載 250~500倍 USB接続 PC対応 A1-Microscope
  • スタイリッシュなコンパクトデザインで、部屋に置いておいてもインテリアの邪魔をしない。
  • 明るさ調整可能なライト付きなので、光が均一に当たって観察しやすくなる。
  • パソコンと接続すると撮影や保存ができ、データ管理しやすい。

「家庭用だからこそデザイン性にこだわりたい!」という人は、こちらの商品が向いています。

シルバーのスタイリッシュなデザインで、顕微鏡とは分からないような形状となっており、自宅や自分の部屋に置いておいても、インテリアの雰囲気を壊しません。性能は高く、ソフトウェアをインストールしたパソコンと接続することで、画像の撮影や保存ができ、研究や観察のデータを蓄積していくことが可能です。

自宅でもおしゃれに顕微鏡を使いたい人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

Amazonで詳細を見る

商品ステータス
  • 本体サイズ:14.8 × 13.7 × 8 (cm)
  • 重量:ー
  • 種類:ー
  • 倍率:250-500倍
  • 観察記録の保存:◯
  • 付属品:サイドミラー、USBケーブル、説明書など
  • メーカー:MixMart

【1万円代】本格的な観察ができる顕微鏡4選

最後に、1万円台で購入できる本格的な顕微鏡をご紹介します。

小学生や中学生の子供がいる家庭で長く愛用したい商品を探している場合や、本格的な観察に使える人気商品を探している人はぜひチェックしてみてくださいね。


1万円代の顕微鏡1. PlumRiver デジタル顕微鏡

PlumRiver デジタル顕微鏡 デジタルマイクロスコープ 最大倍率 300倍〜500倍 【Class10、16G、microSDカード付属】【日本語PDF説明書付き】【日本語対応ソフト】 3.5インチモニター付き 30fps 8LEDライト搭載 5M USB接続 PC対応 パソコン 研究 ミクロ Windows ( ウィンドウズ ) XP SP2 / Vista / Win7 / Win8 / Win10 、Mac ( マック ) 10.6 ~ 10.8 対応 ホワイト
  • 液晶画面の下についているボタンで簡単に撮影できるので、画像や映像を保存していきたい人におすすめ。
  • 計測機能を搭載しており、小さな部分まで正確に計測することが可能。
  • デジタルズーム機能を使えば、液晶画面を見ながらより細かな部分までアップにできる。

PlumRiverの『デジタル顕微鏡』は、観察記録を保管していきたい人にぴったりの商品です。

microSDカードがセットになっており、画面についている撮影ボタンを押すだけで静止画、動画の保存ができます。3.5インチモニターで随時チェックできるのはもちろんのこと、AVケーブルで接続すればパソコンなどのモニターに表示することもでき、より鮮明な画像でチェックできるところもポイントです。

観察の結果や観察記録、標本などをまとめて保管しておきたい場合は、ぜひ使ってみてください。

Amazonで詳細を見る

商品ステータス
  • 本体サイズ:23 × 15 × 11 (cm)
  • 重量:1100g
  • 種類:生物顕微鏡
  • 倍率:1-500倍
  • 観察記録の保存:◯
  • 付属品:バッテリー、AVケーブル、USBケーブル、CDソフトウェア、microSDカード、ルーラー、説明書
  • メーカー:PlumRiver

1万円代の顕微鏡2. 新日本通商 顕微鏡セット 40-800倍

【特別版:顕微鏡観察ガイド付属】顕微鏡セット 40-800倍 2Way (生物顕微鏡と反射顕微鏡) マイクロスコープ 子供 小学生 中学生 高校生の学習用 クリスマス 誕生日プレゼント 進学祝い 入学祝い 自由研究 【1年間製品保証付き】
  • 熟練した職人が1つ1つ微調整をして出荷しているので、購入時から使いやすく人気。
  • コードレスタイプで好きな場所に移動させて、自由研究が楽しめる。
  • ステージ上下式なのでプレパラートが載せやすく、準備がしやすいところもポイント。

新日本通商の『顕微鏡セット 40-800倍』は、小学生や中学生が自宅で愛用できる商品を探している親御さんにおすすめです。

熟練した職人の手により1つ1つ微調整を行っており、1年保証や故障時の対応などもしてもらえるので、長い間安心して使えます。子供でもピント合わせがしやすいよう、対物レンズと広視野接眼レンズ、そしてLEDライトを組み合わせており、新しい発見にワクワクする楽しみが感じられるところも特徴的。

小学生から高校まで愛用でき、兄弟や姉妹でもシェアできる学習用具として、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る

商品ステータス
  • 本体サイズ:12 × 16.5 × 29 (cm)
  • 重量:690g
  • 種類:生物顕微鏡
  • 倍率:40倍-800倍
  • 観察記録の保存:×
  • 付属品:カバーグラス、ブランクラベル、プレパラート、ブランクスライド、ダストカバー、ピンセット、 スポイト、レンズペーパー、ホールスライド、試験管、説明書など
  • メーカー:新日本通商

1万円代の顕微鏡3. サンワダイレクト デジタル顕微鏡 400-CAM052

サンワダイレクト デジタル顕微鏡 最大500倍 3.5インチモニタ搭載 HDMI出力対応 350万画素 400-CAM052
  • バッテリー内蔵の充電式なので、好きな場所に移動させて使える。
  • 観察データの撮影や保存ができるため、後から見返すことも可能。
  • モニターへはHDMI接続で高画質のまま表示でき、大勢で確認したい時におすすめ。

サンワダイレクトの『デジタル顕微鏡』は、高画質にこだわりたい人にベストな商品です。

3.5インチのモニター画面は350万画素なので鮮やかな色彩で、観察するのが楽しみになります。20~500倍の光学ズームに4倍のデジタルズームを搭載しており、細部まで鮮明に観察できるところもポイント。また、HDMI接続で高解像度のまま大画面に表示でき、塾や小学校、会社など大人数で確認したい時にもおすすめです。

「せっかくなら高画質で観察したい!」という人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

Amazonで詳細を見る

商品ステータス
  • 本体サイズ:10.4 × 14.9 × 22.7 (cm)
  • 重量:680g
  • 種類:生物顕微鏡
  • 倍率:20-500倍
  • 観察記録の保存:◯
  • 付属品:バッテリー、ACアダプタ、USBケーブル、HDMIケーブル、ビデオケーブル クリーニングクロス、キャリブレーションシート、プレパラート、ガラスプレート、説明書
  • メーカー:サンワダイレクト

1万円代の顕微鏡4. 新日本通商 実体顕微鏡

新日本通商 双眼 実体顕微鏡 マイクロスコープ 生物顕微鏡 20倍 40倍 学習用 #40
  • 20倍と40倍に切り替え可能で、観察したいものに合わせて選べる。
  • 実体顕微鏡と生物顕微鏡の2Wayになっており、幅広い観察や用途に使用可能。
  • 両目で観察するので疲れにくく、長時間利用が多い人にもおすすめ。

宝石や電子機器などを拡大するため実体顕微鏡を使ってみたい人に、ぴったりの人気商品がこちら。

両面で標本を観察でき、鉱物や昆虫など立体的なものを手軽に観察したい時に便利です。ステージ下には透過照明があり点灯させればプレパラートでの観察も可能になるので、2Wayでも使えるところがポイント。また、観察結果はデジカメやスマートフォンで撮影できる機能もついており、保存していくことができます。

立体的なものを観察する機会が多い人は、ぜひ一度使ってみてくださいね。

Amazonで詳細を見る

商品ステータス
  • 本体サイズ:10.3 × 13.5 × 24-27 (cm)
  • 重量:540g
  • 種類:生物顕微鏡・実体顕微鏡
  • 倍率:20倍、40倍
  • 観察記録の保存:◯
  • 付属品:プレパラート、ピンセット、シャーレ、ダストカバー、説明書
  • メーカー:新日本通商

初心者必見!顕微鏡の上手な使い方を徹底ガイド

顕微鏡の使い方は種類によって異なりますが、オーソドックスな生物顕微鏡の使い方を簡単にご紹介します。

①まずは、顕微鏡をセットから。机の上など安定している場所に置きます。直射日光が当たらない明るい場所がベストです。

②ライト付きの顕微鏡はライトを点灯させ、鏡付きの顕微鏡は鏡の一を動かし覗いたときに均一の明るさになるようにします。

③プレパラートをセットし、レンズがプレパラートの1mm程度上に来るようにセットしましょう。

④レンズを上げながらしぼりを使ってピントの合う位置を探し、観察を開始します。

このような使い方をすると、初心者でも手軽に顕微鏡が使えるようになります。


家庭用顕微鏡でミクロの世界を楽しもう!

顕微鏡は、小学生や中学生の自由研究から電子基盤のチェック、生体や検体の観察まで幅広い用途に使用できます。目的に合う顕微鏡を使うことで、ミクロの世界を思う存分楽しむことが可能

初心者でも扱える商品や安い価格設定の商品もあり、手軽に購入できます。ぜひ、お気に入りの顕微鏡を見つけて利用してみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事