絶対に起きれる目覚まし時計のおすすめ9選。音・光・振動・腕時計型を徹底公開!

大音量や光や振動、腕時計型など様々なタイプがある目覚まし時計。そこで今回は目覚まし時計の種類とおすすめ商品、人気メーカーを徹底解説。おしゃれなものから、電波式の使いやすい一台まで徹底的にご紹介。自分だけの「起きれる目覚まし時計」をチョイスしてみて!

寝坊対策に。おすすめの目覚まし時計を大公開!

おすすめの目覚まし時計を大公開

朝なかなか起きれなくて困っている人に欠かせないのが「目覚まし時計」ですよね。1日のはじまりが目覚まし時計のアラームという人も多いのではないでしょうか。

実は目覚まし時計といっても、その種類はさまざま。ここでは目覚まし時計の種類や選び方、さらにはおすすめしたい目覚まし時計をご紹介します。ぜひ参考にして、あなただけの確実に起きれる目覚まし時計をGETしてくださいね。


目覚まし時計のタイプは主に4種類ある。

目覚まし時計の種類

目覚まし時計といっても、その種類はたくさん。大きく分けると、「音量タイプ」「光タイプ」「振動タイプ」「腕時計タイプ」の4種類に分けられます。

ここでは目覚まし時計のそれぞれのタイプの特徴、さらには各タイプにおすすめの人を解説します。朝気持ちよく起きるためにも、どのタイプがいいのか考えながら読んでみてくださいね。


音量タイプの目覚まし時計の特徴

「目覚まし時計」という単語を聞いたときに、真っ先に思いつくのが音量タイプの時計ではないでしょうか。特に大音量を発する目覚まし時計であれば、パッと起きられるという人も多いはず。

音量にも実は種類があり、「ジリリリリ」という「ベル音タイプ」、「ピピピピピ」という「電子音タイプ」、さらには「録音された音声」の3種類に分けられます。


音量タイプがおすすめの人

「どうしても決まった時間に起きないと遅刻する」といった人や、「朝が弱くてなんとかしてでも起きたい」という人におすすめ。

大音量にすれば目が覚めてしまうこと間違いなしのタイプです。ですが次第に音に慣れてしまい、「気がついたらまた寝ていた…」なんていう可能性もあるので注意しましょう。大音量のほかにも、スヌーズ機能なども考慮に入れておくといいでしょう。


光タイプの目覚まし時計の特徴

光タイプの目覚まし時計はその名の通り、起きるときに光が照射されることで、体内時計がリセットされて起こされるタイプ。

音量タイプの目覚まし時計だとなかなか起きられなかったのに、光タイプであればすんなり起きられる人も数多くいます。強い光にすることで、まるで窓から太陽が入ってきたような状態が作り出せますよ。


光タイプがおすすめの人

体内にあまり負担をかけたくないという人に、光タイプの目覚まし時計はおすすめです。音量タイプであればいきなり大音量になるので、心臓にあまりよくないと感じる人もいるかもしれません。

一方光タイプであれば、体をあくまで自然に起こすことを目的としているので、体への負担も少ないです。ちなみに光の力が弱すぎると、目覚まし時計としての効果が出ないので注意しましょう。


振動タイプの目覚まし時計の特徴

音や光だけではなく、振動によって起こしてくれる目覚まし時計。起こしてほしい時間になると、強力なバイブレーション(振動)によって体に刺激を与えてくれます。

音量タイプの目覚まし時計を近くに置いていた場合、寝相によっては聞こえにくいこともあるかもしれませんが、振動タイプであればそのような心配も必要ありません。


振動タイプがおすすめの人

普段音が聞こえなくて起きれないという人は、振動タイプの目覚まし時計がおすすめ。音量タイプならではのびっくりするような感覚もなく、聞こえるかそうでないかは関係ありません。

それだけでなく、周りに迷惑をかけないのもおすすめポイント。音量タイプであればほかの部屋に聞こえてしまうこともありますが、振動タイプであればそういったこともなく、周りにもしっかりと配慮できますよ。


腕時計タイプの目覚まし時計の特徴

最後にご紹介するのが腕時計タイプの目覚まし時計。腕時計には目覚まし機能がついている時計も多く、設定すれば目覚ましの役割を果たしてくれることもありますよ。

腕時計タイプの起こし方は、主に「振動タイプ」と「音量タイプ」の2種類の方法がほとんど。中には睡眠の原理を利用して、起きやすい時間に起こしてくれる腕時計もあります。


腕時計タイプがおすすめの人

目覚ましとして使用するのではなく、普段から腕時計として持ち運びたいという人に腕時計タイプはおすすめ。2つの役割を果たしてくれるので、まさに一石二鳥だと感じる人もいるでしょう。

音量タイプの目覚まし時計を好まない人でも、振動型で起こしてくれる目覚まし時計を選べばびっくりするような感覚を持たずに済みますよ。


確実に起きれる目覚まし時計の選び方とは?

目覚まし時計選びで大切なこと

目覚まし時計の種類を紹介したところで、次に大事になってくるのは“選び方”。自分だけの確実に起きれる目覚まし時計は、以下の3点の選び方が重要になります。一つずつ詳しく解説していきますので、ぜひチェックしてみてください。

  1. 音の種類
  2. スヌーズ機能の有無
  3. 使用する人、人数

目覚まし時計の選び方1. 音の種類

音量タイプの目覚まし時計に欠かせないのが「アラーム音」。アラーム音の種類も実はさまざまで、電信音またはベル音、さらには川などの自然の音が入っている時計もあります。

音によっても、不快な音や心地良い音など人それぞれ。なるべく気持ちよく目覚めたいのか、それともあえて不快な音で一気に目覚めたいのか、自分の起きるイメージを想像しながら選びましょう。


目覚まし時計の選び方2. スヌーズ機能の有無

2度寝防止に役立つのがスヌーズ機能ですよね。1度だけではなく繰り返し鳴らしてくれることは、朝に弱い人には必要不可欠。

スヌーズ機能の間隔もそれぞれで、5分おきに鳴らしてくれるものもあれば、1〜8分の間で設定できるものまでさまざま。「スヌーズに変化をつけたい」「8分間隔は長すぎる」など、自分の感覚に適したものを探してみてくださいね。


目覚まし時計の選び方3. 使用する人・人数

使用する人もしくは人数によって、最適な目覚まし時計は変わります。例えば小さな子供に使用する場合は、毎日朝起きるのが楽しみになるようなユニークさを兼ね備えた目覚まし時計がおすすめ

目覚まし時計を大人数で使用する場合は、音量もそれなりにインパクトのある目覚まし時計にしたいですよね。環境にあわせて、それぞれにあった目覚まし時計を選択しましょう。


起床の必須アイテムに。目覚まし時計のおすすめ9選

絶対に起きれるおすすめの目覚まし時計を紹介.jpg

ここからは、おすすめしたい目覚まし時計をご紹介。それぞれの目覚まし時計で、「本体サイズ」「スヌーズ機能」「目覚まし時計のタイプ」といった商品ステータスもあわせて記載しています。最適な目覚まし時計は人それぞれ異なるので、購入後に後悔しないためにも、自分に最もあった腕時計選びをしてみてくださいね。


おすすめの目覚まし時計1. セイコー RAIDEN BC407K

セイコークロック 置き時計 01:黒 本体サイズ:5.1x14.4x4.2cm 電波 デジタル 大音量 PYXIS ピクシス RAIDEN BC407K

大きい音で起きたい人におすすめしたい、音量タイプの目覚まし時計『BC407K』。サイズが非常にコンパクトなので、普段の生活はもちろんのこと旅行や出張にも気軽に使えますよ。さらに時計機能にも優れており、電波修正機能がついたデジタル時計なので、時間のズレを気にする必要もありません。

それだけでなく、LEDバックライト機能がついているのもおすすめポイントで、暗い場所でもしっかりと時刻を表示してくれます。5分おきに鳴りだすスヌーズ機能もついた目覚まし時計『BC407K』で、毎朝気持ちよく目覚めてみませんか。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 目覚まし時計の種類; 音量タイプ
  • 本体重量:90g
  • 本体サイズ:51X144X42mm
  • スヌーズ機能:あり
  • アラーム音:電子音

おすすめの目覚まし時計2. セイコー SQ770W

セイコー クロック 目覚まし時計 電波 デジタル 掛置兼用 カレンダー 温度 湿度 表示 大型画面 白 パール SQ770W SEIKO

こちらも大手企業セイコーが販売している目覚まし時計『SQ770W』。シンプルな外観で、インテリアにも自然に溶け込めるおしゃれなデザインが魅力的です。ちなみに、この商品には電波修正機能がついているので、時刻がズレる心配も必要ありません。

それだけでなく、温度と湿度も表示してくれるので非常に便利(温度は0〜40℃、湿度は25〜85%まで)。目覚まし機能もしっかりしており、電子音によるアラーム音はもちろん、スヌーズ機能もついています。価格も非常にリーズナルです。安い目覚まし時計を求めている人は、ぜひ手にとってみませんか。

Amazonで詳細を見る


商品のステータス

  • 目覚まし時計の種類:音量タイプ
  • 本体重量:230g
  • 本体サイズ:6.7x16.5x12.2cm
  • スヌーズ機能:あり
  • アラーム音:電子音

おすすめの目覚まし時計3. 携帯型振動式目覚まし時計 ソニックシェーカ

携帯型振動式目覚まし時計 ソニックシェーカー

お次にご紹介するのは、最近増加している振動タイプの目覚まし時計。振動によって起きると、音で起きるよりも不快感を生じにくく、比較的スッキリと目覚められます。自分の枕の下に設置しておけば、起床時間に強烈な振動で起こしてくれますよ

サイズも直径94mmとコンパクトなつくりになっているので、旅行や出張などさまざまな場面で活躍してくれます。寝相が気になる人は、枕にクリップで固定しておくのがおすすめ。今まで音量タイプの目覚まし時計を使用していた人は、このタイミングで振動タイプに切り替えてみるのも”アリ”ですよ。

Amazonで詳細を見る


商品のステータス

  • 目覚まし時計の種類:振動タイプ
  • 本体重量:160g
  • 本体サイズ:94X33mm
  • スヌーズ機能:あり
  • アラーム音:あり

【参考記事】眠りの質をUPさせる柔らかい抱き枕もチェックしてみて▽


おすすめの目覚まし時計4. シェイクン・ウェイク

振動式目覚まし時計 シェイクン ウェイク Shake-n-Wake サイレン トバイブレーション 日本語簡易マニュアル付 (白) [並行輸入品]

こちらも振動タイプの目覚まし時計。ですが、上記の振動タイプとは異なり腕時計タイプになっているのが大きな特徴。寝相が悪くてベッドから落ちないか気になってしまう人でも、『シェイクン・ウェイク』であればそんな心配も必要ありません。付け心地も非常に良く、腕にもあまり負担をかけずに起こしてくれますよ。

さらにバックライト機能もあるので、夜中に時間を知りたいときすぐ知れちゃうのもおすすめポイント。普段の生活はもちろんのこと、バスや電車などで良く乗り過ごしてしまうときでも役立ってくれます。ぜひ汎用性の高い目覚まし時計を購入して、充実した毎日を送りませんか。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 目覚まし時計の種類:腕時計タイプ、振動タイプ
  • 本体重量:71g
  • 本体サイズ:55X55X25mm
  • スヌーズ機能:あり
  • アラーム音:あり

おすすめの目覚まし時計5. BIG-T ビッグタイム

ビッグタイム BIG-T 振動式 目覚まし時計

振動タイプと音量タイプを兼ね備えた目覚まし時計『ビッグタイム』。枕や布団の下に入れられるベッドシェーカーは、なんと携帯電話の5倍ほどのバイブレーションの強さを誇っています。それだけでなく、アラームは最大100dbの大音量。この目覚まし時計一台あれば、起きることには苦労しないでしょう。

さらにアラームと振動同時の使用、もしくは片方だけの使用ができるのもおすすめポイントで、状況に応じて設定の変更が可能。スヌーズ機能も搭載されており、9分間隔で約1時間ほど継続してくれますよ。LEDもついた機能性抜群の目覚まし時計で、スッキリとした朝を迎えてみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品のステータス

  • 目覚まし時計の種類:振動タイプ、音量タイプ
  • 本体重量:360g
  • 本体サイズ:110X195X80mm
  • スヌーズ機能:あり
  • アラーム音:あり

おすすめの目覚まし時計6. SwitchBot カーテン

SwitchBot カーテン 自動 開閉 スイッチボット スマートホーム アレクサ - Google Home IFTTT イフト Siri LINE Clovaに対応 遠隔操作 取付簡単 ソーラーパネルで充電可能 U型/角型レールに対応 8Kgまで対応

ほかの商品とは一線を画した、毎朝自動的にカーテンを開けてくれる目覚まし時計です。本物の朝日をたっぷり浴びて起きたい人にぜひおすすめしたい商品。朝日をなるべく浴びて起きたくても、夜中にカーテンを開けておくのは防犯上あまりいいことではありませんよね。

ですが『SwitchBot カーテン』を使用すれば、起きたい時間にだけ朝日が浴びられるので、防犯的にも安心できます。ちなみに取り付け時も工具が必要なく、片手で簡単に取り付けられるのもおすすめポイント。自然の力で目覚めたい人は、ぜひ購入を検討してみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品のステータス

  • 目覚まし時計の種類:光タイプ
  • 本体重量:360g
  • 本体サイズ:6.5x5.1x11.6cm
  • スヌーズ機能:なし
  • アラーム音:なし

おすすめの目覚まし時計7. フィリップス ウェイクアップライト HF3510

元気を実感下さい。[光療法*朝晩用に ]フィリップス ウェイクアップライト・ホワイト・HF3510/ Philips Wake-Up Light White [並行輸入品]

大手メーカーフィリップスが販売している光タイプの目覚まし時計『ウェイクアップライト HF3510』。自然の日の出をシミュレートして設計されており、緩やかなやさしい光を放ってくれますよ。機能性にも非常に優れており、明るさもなんと20段階に調節可能。

シーンに応じて最適な光に調節しやすいのもこの商品ならではです。それだけでなくアラームの併用も可能で、小鳥のさえずりといった癒しも与えてくれますよ。見た目も非常におしゃれで、さまざまな部屋にマッチすること間違いなしの一台。ぜひ『ウェイクアップライト HF3510』を手にとって、毎朝快適な目覚めを体感してみませんか。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 目覚まし時計の種類:光タイプ
  • 本体重量:1400g
  • 本体サイズ:132X199X146mm
  • スヌーズ機能:あり
  • アラーム音:あり(電子音)

おすすめの目覚まし時計8. オムロン ねむり時間計 HSL-002C

オムロン SleepDesignlite Android&iPhone ねむり時間計 ホワイト HSL-002C-W

オムロンが販売している目覚まし時計『ねむり時間計 HSL-002C』。この目覚まし時計の大きな特徴は、枕元に置くだけで睡眠時間を測定してくれるところ。目覚まし時計本体を枕元に置いてセットボタンを押すだけで、寝返りや寝具の動きを検知しながら「睡眠に入るまでの時間」「目覚ましが鳴って起きるまでの時間」などを測ってくれますよ。

目覚まし時計の種類としては音量タイプで、アラームに設定した時間の30分前から体が起き出したことを検知する「スッキリアラーム」が作動。起きやすいタイミングでアラームが鳴るので、スッキリした状態で目覚めやすいです。いつも目覚めが不快な人は、ぜひ試してみてはいかがでしょう。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 目覚まし時計の種類:音量タイプ
  • 本体重量:65g
  • 本体サイズ:83X83X16mm
  • スヌーズ機能:あり
  • アラーム音:あり(電子音)

おすすめの目覚まし時計9. シチズン 電波 目覚まし時計 4RL431-N04

CITIZEN シチズン 目覚まし時計 電波時計 ネムリーナマロンF ブルー 4RL431-N04

最後にご紹介するのは、有名企業シチズンが販売している目覚まし時計『4RL431-N04』。「ジャストアラーム機能」を搭載しており、アラーム誤差がなく自分で設定した時間に起こしてくれるのが大きな特徴です。時計自体の文字盤も非常に見やすく、コンパクトなサイズながら数字がはっきり見えるのもポイント。

さらに4段階に変化するアラーム音、数分後に再度鳴らしてくれるスヌーズ機能もついているので、2度寝することなくしっかりと起きられますよ。夜中でも時間を確認しやすいライトも搭載された、シチズンの人気目覚まし時計を購入して、スッキリした朝を迎えてみませんか。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 目覚まし時計の種類:音量タイプ
  • 本体重量:230g
  • 本体サイズ:119X124X69mm
  • スヌーズ機能:あり
  • アラーム音:あり(電子音)

目覚まし時計のおすすめメーカーを3社ご紹介します!

目覚まし時計のおすすめメーカー

ここからは、目覚まし時計にぜひおすすめしたいメーカーを3社ほどご紹介します。それぞれのメーカによって「販売している商品」「おすすめしたい人」など異なるので、各メーカーの特徴をしっかりと抑えておくことも、自分の理想の目覚まし時計選びには欠かせません。ぜひ参考にして、自分にもっとも適したメーカーを選んでみてくださいね。


おすすめメーカー1. SEIKO (セイコー)

セイコー クロック 目覚まし時計 自動点灯 電波 デジタル カレンダー 温度 表示 夜でも見える 白 パール SQ778W SEIKO

セイコーの目覚まし時計は機能性はもちろんのこと、デザイン性にもこだわった商品が多いのが特徴。インテリアとしても役立つ目覚まし時計が多いので、おしゃれ好きな人にはぜひおすすめしたいメーカーです。価格もリーズナブルなモノが多く、コスパを求める人はぜひセイコーの目覚まし時計を手にとってみてはいかがでしょう。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


おすすめメーカー2. CITIZEN (シチズン)

シチズン 目覚まし時計 電波 デジタル パルデジットワイドDS ダブル アラーム 温度 カレンダー 黒 CITIZEN 8RZ150-002

クオーツ式の時計が有名な人気企業シチズン。時計はもちろんのこと、体温計や電卓な製品の種類も多いですよね。そんなシチズンの大きな魅力は、デザイン性の幅が広いこと。スタンダードなタイプはもちろんのこと、スタイリッシュなものから面白いものまで、非常にバリエーションが豊富。シチズンの目覚まし時計を探せば、自分の好みに合致した一台が見つかるかもしれませんよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


おすすめメーカー3. オムロン

オムロン ねむり時間計 レッド HSL-004T-R

セイコーやシチズンと並ぶ人気を誇っているオムロン。オムロンの目覚まし時計の大きな特徴として挙げられるのは「機能性」です。上記でもご紹介した『ねむり時間計 HSL-002C』のような、睡眠時間を正確に測ってくれるような技術は、ほかのメーカーにはなかなかありません。「睡眠の質を高めたい」という人は、ぜひオムロン製の目覚まし時計を購入してみてくださいね。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


すっきりとした朝に!自分に合った一台を選んでみて

絶対に起きれる目覚まし時計で朝の目覚めをスッキリさせよう.jpg

ここまで、おすすめの目覚まし時計をご紹介しました。それぞれの目覚まし時計で特徴は大きく異なります。まずは「音量タイプ」「光タイプ」といった中で、どのタイプが自分に適しているのかしっかりと考えることが重要です。

そのあとで機能性やデザイン性、さらには価格面もしっかり考慮に入れながら、自分に最も適した一台を見つけましょう。今目覚まし時計を持っていない人、もしくはこれから目覚まし時計を買い換えようと思っている人は、ぜひ今回の記事を参考にして新たな目覚まし時計に出会ってみませんか


【参考記事】掛け時計の人気ブランドについてはこちら▽

【参考記事】目覚まし時計ではなく置き時計のおすすめはこちら▽

【参考記事】人気の掛け時計のブランドについてレクチャーしていきます▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事