キャッチャー防具のおすすめ特集|硬式・軟式の安全で動きやすい防具を大公開!

おすすめのキャッチャー防具をお探しの方へ。本記事では、キャッチャー防具の選び方や比較方法、機能的で見た目もかっこいい人気商品まで大公開!少年野球向けから大人向けの軟式用、硬式用それぞれの商品を紹介していますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

キャッチャー防具の選び方|購入する前に確認すべき点とは

キャッチャー防具のおすすめ

キャッチャーが顔やからだを守るのに欠かせないキャッチャー防具。

野球を始めてキャッチャーのポジションになった人には、欠かせないアイテムです。

ただ、多くの防具が販売されているため、どれを選べばいいのか悩むことも。

そこでまずは、キャッチャー防具の選び方を解説。

安全に野球を楽しむため、大切なチェックポイントを把握しておいてくださいね。


キャッチャー防具の選び方1. 軟式用or硬式用|自分に合うものを選ぶ

野球には軟式と硬式があると同様に、キャッチャー防具にも軟式用と硬式用に分かれています

ボールの硬さが異なるため、どちらに対応しているものか確認することは、安全面において非常に重要です。

軟式用の防具は、硬式用に比べて耐久性や衝撃吸収性が劣るため、硬式ボールの試合で使用すると大ケガにつながる可能性が出てきます。

一方、硬式用のマスクを軟式で使うと、ファウルチップで変形した軟式ボールがマスクに食い込んだりすり抜けたりする恐れも。

安全性を確保するため、軟式野球には軟式用を、硬式野球には硬式用の防具を選びましょう


キャッチャー防具の選び方2. 防具それぞれの重視するポイントを把握して選ぶ

キャッチャー防具は主に、

と、しっかり体を守れるよう部位ごとにパーツに分かれています。

次に、それぞれの重視すべきポイントを解説していくので、選ぶときの参考にしてみてください。


ヘルメットは「強度・軽さ」を重視!

ヘルメットは、ボールやバットから頭を守ってくれる大切なアイテム

そのため、十分な強度を持つものを選ぶようにしましょう。また、重すぎると首や肩に負担がかかりすぎる恐れもあるため、できるだけ軽量なものがGOOD。

ポリカーボネート素材を使ったヘルメットなら、強度と軽さを兼ね揃えているので安心しやすいですよ。

ちなみに、ヘルメットは頭にぴったり合うサイズがベストなため、サイズ違いで別売りになっている場合が多くなっています。


マスクは「視界の良さ」を重視!

顔まわりを守ってくれるマスクは、キャッチャー防具のなかで最も重要なアイテム。しかし、視界が悪いものだと安全性やパフォーマンスが低下してしまう恐れが出てきます。

マスクは大きく金属製と樹脂製の2種類に分けられますが、視界を重視するなら金属製がベター

中でも、中空設計を採用しているものだと、ボールがしっかり見やすくなっています

安全性を確保したいなら、着用しても視野を確保しやすいマスクを選ぶようにしましょう。


プロテクターは「クッション性・フィット感」を重視!

ボディを守ってくれるプロテクター。

ボールに対する恐怖心を植え付けないためにも、クッション性が高いものを選びましょう。衝撃を吸収してくれるので、ワンバウンドしたボールもからだを使って止めやすくなりますよ。

また、プロテクターの表面に凹凸があるタイプは、フィット感が高くて動きやすいメリットも。ボールへの反応が素早く行え、イレギュラーなどにも対応しやすくなるでしょう。

クッション性とフィット感を重視することで、安全性だけでなくパフォーマンスの向上にも繋がりますよ


レガースは「フィット感・軽さ」を重視!

膝やすねなどをガードしてくれるレガース。重かったりサイズが合わなかったりすると、動きにくく疲労を感じやすくなってしまいます。

サイズを選べるタイプやベルトの長さを調節できるものだと、脚にフィットして動きやすくなるため、ファールボールやワンバウンドしたボールに素早く対応できますよ。

パフォーマンスを上げたいなら、軽くてフィット感のあるレガースがGOODです。


キャッチャー防具の選び方3. 自分にピッタリ合うサイズを選ぶ

キャッチャー防具のサイズが合っていないと、防具でカバーする面積が減ったりすきまができたりして、ケガの原因につながってしまいます。

ワンサイズのものも多くなっていますが、不安がある方は

  • 身長が160~175cmならMサイズ
  • 170~185cmならLサイズ

を目安にするといいでしょう。

小中学生なら少年野球向けやジュニア向けとされているもの、大人だったらサイズ展開できるものやアジャスター調節できるものを選ぶのもおすすめ

安全性や動きやすさを確保できて安心ですよ。


キャッチャー防具のおすすめ集|安全で快適にプレーできる防具を紹介!

ここからは、おすすめのキャッチャー防具を紹介!

「硬式野球用」「軟式野球用」と2つに分けて紹介していくので、自分が行う方の防具をチェックしてみましょう。

キャッチャー防具の選び方
タップすると移動します

硬式用キャッチャー防具のおすすめ5選|硬式野球でしっかり使える人気商品を大公開

ここからは、おすすめの硬式用キャッチャー防具を紹介していきます。

ボールが硬いぶん安全性が求められる硬式用。

それぞれの特徴をしっかり把握して、お気に入りを見つけてくださいね。


硬式用キャッチャー防具のおすすめ1. ZETT 硬式野球 キャッチャーズギア

ゼット(ZETT) 硬式野球 キャッチャーズギア キャッチャー用防具 3点セット ブラック (1900) 専用収納袋付 BL1422
おすすめポイント
  • プロテクターとレガースはワンタッチ着脱式なので、チェンジの時もスムーズに行える
  • マスクは中空設計となっているため、視野の確保がしやすい
  • 合皮を採用した艶消しタイプなので、高級感が出て強そうに見える

「キャッチャー防具は着脱が手間…。」

チェンジ後すぐに打席が回ってくる時など、すぐに着脱しなければならないシーンもあるでしょう。

「ZETT」の『硬式野球 キャッチャーズギア』は、プロテクターとレガースがワンタッチ着脱式になっているため、手間なく準備しやすくなっています。

また、マスクはスロートガード一体式、レガースは膝上まで守ってくれるダブルカップなので安全性の高さも魅力です。

急がないといけないイニング交代時もワンタッチで済むため、少しでも手早く着脱したい方は、チェックしてみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • セット内容:マスク、プロテクター、レガース
  • サイズ展開:ー

硬式用キャッチャー防具のおすすめ2. 久保田スラッガー キャッチャー防具 ギア

久保田スラッガー 防具 硬式用 キャッチャー防具 ギア 捕手 4点セット 専用バック CPS-600S ネイビー -
おすすめポイント
  • 製品安全協会が定めた基準をクリアした証であるSG基準適合商品のため、高い安全性を誇る
  • プロテクターの表面には凹凸がついているので、からだにフィットしやすく動きやすい
  • 専用バッグもついているため、持ち運びに便利

石のように硬い硬式ボールがファールチップで加速して襲ってきた場合、その衝撃は相当なので不安ですよね。

「久保田スラッガー」の『キャッチャー防具 ギア』は、製品安全協会が様々な指標をクリアしたものだけに与えるSG基準適合商品なので、安心できるキャッチャー防具です。

また、スロートガードが付属しているので喉も守ってくれ、プロテクターは肩までしっかりガードしてくれるのも嬉しいポイント。

安全性を追及した作りになっているため、安心感を持ってプレーしたい方にとって強い味方となってくれますよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • セット内容:マスク、スロートガード、プロテクター、レガース
  • サイズ展開:ー

硬式用キャッチャー防具のおすすめ3. ベルガードファクトリー 硬式キャッチャー防具 バリュー3点セット

ベルガード 硬式キャッチャー防具 バリュー3点セット MPL1500K カラー201~236 捕手用 プロテクター マスク レガース
おすすめポイント
  • カラーバリエーション豊富なので、チームカラーなどに色味を合わせやすい
  • セミオーダーも可能なため、自分好みのかっこいいデザインにカスタマイズできる
  • マスクはSGマークを取得しているので、安全性が高い

「キャッチャー防具はどれも色味が同じようで、面白みがない…。」

見た目にもしっかりこだわりたい方にとって、デザイン性が乏しいものはできるだけ避けたいですよね。

「ベルガードファクトリー」の『硬式キャッチャー防具 バリュー3点セット』は、カラーバリエーション豊富なので、お気に入りのものを見つけやすくなっています。

また、追加料金を払えば、カラー変更やセミオーダー、名前や番号のプリントも行ってくれますよ。

自分好みのキャッチャー防具にしやすいため、チームカラーやユニフォームに合ったものを探している方に人気です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • セット内容:マスク、プロテクター、レガース
  • サイズ展開:ー

硬式用キャッチャー防具のおすすめ4. アシックス 硬式 キャッチャー 防具 3点セット

アシックス 硬式 キャッチャー 防具 3点セット 高校野球対応 マスク レガース プロテクター ASI-BP3-SET (410)ネイビー レガースS
おすすめポイント
  • 各パーツにフィット感を高める工夫がしてあるので、からだに合わせやすく動きやすい
  • マスクはアルミ合金で強度が高く、スロートガード一体型なので安全性も高い
  • 高校野球にも対応できるほど、高いクオリティを誇る

「なかなかフィットするサイズのものが見つからない…。」

キャッチャー防具のサイズ感がいまいちだと、プレーに支障が出てしまうことも。

「アシックス」の『硬式 キャッチャー 防具 3点セット』は、各パーツにフィット感を高めやすい設計が施されています

マスクにはゆるみを防ぐマイクハーネス、プロテクターには取り替え用のハーネスに加えて肩部分には内側ベルト。さらにレガースには足掛けゴムをつけているため、体に合わせて調節しやすくなっていますよ。

体型に合わせてそれぞれのパーツが調節可能

ストレスなく快適なプレー環境を求めている方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • セット内容:マスク、プロテクター、レガース
  • サイズ展開:(マスク・プロテクター)フリーサイズ (レガース)S

硬式用キャッチャー防具のおすすめ5. ZETT 野球 硬式用 キャッチャー防具 4点セット

ZETT(ゼット) 硬式 キャッチャー防具(キャッチャー用プロテクター) 4点セット BL031A ブラック(1900) 野球
おすすめポイント
  • マスクはSGマークを取得しており、安全性が高く安心できる
  • 専用ケースもついているため、持ち運びや収納が楽チン
  • 3万円台で高い性能を持つキャッチャー防具が一式揃うため、コストをできるたけ抑えたいという方に人気

月に数回ほど草野球で楽しむ方もいるでしょう。

安全性は確保しながらも、できるだけ安いほうが嬉しいですよね。

「ZETT」の『野球 硬式用 キャッチャー防具 4点セット』は、3万円台と比較的安い値段で、マスク・プロテクター・レガースの一式を揃えられます

また、マスクは中空設計が施されて視野が良く、プロテクターとレガースはワンタッチで着脱できるなど、高い機能性も兼ね揃えていますよ。

リーブナブルな価格で高品質な防具が一式揃うため、コスパ重視の方は購入を検討してみてはいかがでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • セット内容:マスク、スロートガード、プロテクター、レガース
  • サイズ展開:ー

軟式用キャッチャー防具のおすすめ5選|動きやすくて快適な商品を紹介

ここでは、おすすめの軟式用キャッチャー防具を紹介していきます。

少年用から大人の草野球まで幅広い世代の方に対応できるよう、様々な特徴を持ったアイテムを集めたので、自分にぴったりのものを探してくださいね。


軟式用キャッチャー防具のおすすめ1. ZETT キャッチャー 防具4点セット BL302SET

ZETT(ゼット) 軟式 キャッチャー防具(キャッチャー用プロテクター) 4点セット BL302SET ブラック(1900) 野球
おすすめポイント
  • リュックサックタイプの収納袋なので、両手が空いて他の荷物も持ちやすい
  • プロテクターとレガースがワンタッチバックル式のため、着脱しやすい
  • マスクはSGマーク合格品なので、安心して使える

他のスポーツと比べて必要な用具が多い野球。キャッチャーならさらに荷物が増えてしまいますよね。

「ZETT」の『キャッチャー 防具 4点セット BL302SET』は、キャッチャー防具を入れる専用袋が、リュックサックのように肩に掛けられるタイプなので両手を空けることができます。

全日本軟式野球連盟公認で、公式試合でも使用することが可能

また、防具においても口コミレビューが高く、中でも「軽くて動きやすい」という声が非常に多くなっています。

荷物が多くても持ち運びしやすく軽いと評判。行き帰りの時間をもっと楽にしたいという方に人気です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • セット内容:マスク、スロートガード、プロテクター、レガース
  • サイズ展開:ー

軟式用キャッチャー防具のおすすめ2. SSK 軟式用 キャッチャー防具

おすすめポイント
  • 速乾性の高いポリエステルを裏地に使っているので、汗がたまりにくく快適な状態を作りやすい
  • マスクは中空設計なので、ボールやまわりが見えやすい
  • シルバーグレーをアクセントに使ったデザインが、おしゃれでかっこいい

キャッチャー防具をつけていると、想像以上に汗をかきます。特に気温の高い日は、汗がたまって不快に感じてしまうことも。

「SSK」の『軟式用 キャッチャー防具』は、プロテクターとレガースの裏に速乾性の高いポリエステルを採用。汗がたまらず蒸れにくいので、夏でもパフォーマンスを維持しやすくなっています。

また、プロテクターは約400g、レガースは片脚約550gと軽量なので、動きやすく疲れにくいのも魅力です。

パフォーマンスを発揮しやすいプレイヤーファーストの設計。快適なプレー環境を求めている方は必見です。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • セット内容:マスク、プロテクター、レガース
  • サイズ展開:ー

軟式用キャッチャー防具のおすすめ3. 久保田スラッガー 少年野球用 キャッチャー防具4点セット

おすすめポイント
  • レガースのダブルカップは着脱可能なので、からだが大きくなっても使いやすい
  • 全日本軟式野球連盟公認のマークが入っているので、公式試合でも使用できる
  • キャッチャー用具バッグが付属しているので、まとめて持ち運びできる

「もう着けられなくなった…。」子供の成長は早いため、すぐに買い替えるとなるとコストがかかってしまいますよね。

「久保田スラッガー」の『少年軟式用 キャッチャー防具4点セット』は、レガースのダブルカップが着脱式となっているため、低学年から高学年まで幅広い体格に対応できます

また、マスクはSG基準適合製品で、プロテクターはお手入れしやすい合皮仕様となっており、長い間愛用しやすくなっていますよ。

体の成長に合わせて長く使いやすいため、少年野球を始めたばかりの低学年のお子さんがいる方におすすめですよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • セット内容:マスク、スロートガード、プロテクター、レガース
  • サイズ展開:ー

軟式用キャッチャー防具のおすすめ4. SSK 軟式用迷彩キャッチャーズ3点セット

SSK(エスエスケイ)軟式用迷彩キャッチャーズ3点セット(専用バック付) CGSET20NM ブラック(90)
おすすめポイント
  • プロテクターに迷彩柄がプリントされているので、かっこいい防具を探している方に人気
  • レガースはダブルカップになっているため、膝上までしっかりガードしてくれる
  • マスクは中空設計なので、まわりが見やすくプレーしやすい

「SSK」の『軟式用迷彩キャッチャーズ3点セット』は、一見普通のプロテクターに見えますが、よく見ると迷彩柄が描かれていておしゃれ

強調しすぎないので、隠れたおしゃれとして魅力的ですよ。

さらに、プロテクターの表面には凹凸がついているため、フィット感が強く動きやすいのでボールへの素早い反応が可能です。

他の選手とはひと味違うプロテクターでプレーしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • セット内容:マスク、プロテクター、レガーズ
  • サイズ展開:ー

軟式用キャッチャー防具のおすすめ5. SSK 少年軟式用キャッチャーズ4点セット

SSK(エスエスケイ)少年軟式用キャッチャーズ4点セット(専用バック付) CGSET20JNC ブラック×シルバーグレー(9096)
おすすめポイント
  • かっこいいブラックとシルバーグレー、レッドの配色が、子供心をくすぐって喜んでくれる
  • 喉や肩、膝上までガードできる設計になっているため、安全性が高い
  • 専用バッグも付属しているので、収納場所に困らない

「軟式とはいえ、もしものことを考えて子供の安全を最優先したい…。」お子さんに楽しくプレーしてほしいからこそ、安心できるものが良いですよね。

「SSK」の『少年軟式用キャッチャーズ 4点セット』は、スロートガードがついているので、ファールチップやワンバウンドしたボールが当たってもお子さんの喉をしっかりガード

また、マスクは視野の確保がしやすい中空設計を施しているため、まわりの状況も把握しやすくなっていますよ。

安全性に配慮されたキャッチャー防具

お子さんのからだをしっかり守ってあげたいと思う親御さんにおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • セット内容:マスク、スロートガード、プロテクター、レガース
  • サイズ展開:ー

安全で快適なキャッチャー防具を身につけて、野球を楽しもう!

体をしっかり守ってくれるキャッチャー防具。

しかし、硬式か軟式かで選ぶものが変わるため、安全を確保するため事前にチェックしておく必要があります。

また、様々な特徴を持ったアイテムが多いため、安全性を最優先にするのがベスト!

お気に入りのキャッチャー防具を見つけて、思い切り野球を楽しんでくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事