スノーワイパーのおすすめ10選|冬の運転に役立つ人気のカー用品を徹底ガイド

おすすめのスノーワイパーをお探しの方へ。今記事では、スノーワイパーの特徴や選ぶポイントから、おすすめの商品まで詳しくご紹介します。雪道の走行でもしっかりと視界を確保してくれる人気商品を解説するので、ぜひチェックしてみてください!

スノーワイパーの必要性とは?

スノーワイパーのおすすめ

スノーワイパーとは、降雪地帯などにおいて雪が降った時に使う冬用のワイパーのことです。

ワイパー使うことで、夏用とは違い、雪や氷を車のフロントガラスから拭うことができます。これによって、しっかりと視界を確保することができ、安全に運転することができるのです。

つまりスノーワイパーは、降雪地帯の暮らしにおいて必要不可欠なカー用品となっています。


夏用ワイパーとの違いについて

冬に使われるスノーワイパーは、雪や氷を拭うため。夏用のワイパーは、雨で濡れたフロントガラスを拭うために使います。

もし夏用のワイパーをそのまま使った場合、凍結によってワイパーが均一に圧力をかけられず払拭性能が落ちたり、フロントガラスに凍結して張り付いてしまい非常に危険。そのような危険な状態にならないよう冬用を使います。

冬用はブレード部分がゴムで覆われている点や、柔らかいゴムでできているため、気温が低くてもゴムが硬くなりにくいという点が特徴です。

つまり、スノーワイパーは雪や氷に特化したワイパーであると言えるでしょう。


スノーワイパーの選び方|購入する前に確認すべき点とは

スノーワイパーの購入にあたっては、あなた自身が使っている車に付けられるサイズのものを選ぶことが必要です。しかし、人気の商品だからという理由で購入してしまうと、あなたの車に対応していないという事態が予想されます。

ここでは、スノーワイパーを選ぶ際の注意点を紹介。購入前にしっかりと読んで、失敗しないようにしましょう。


スノーワイパーの選び方1. タイプを確認して選ぶ

スノーワイパーには3種類のタイプが存在します。それぞれのタイプによって特徴があるため、あなたの求める効果を発揮するタイプのワイパーを選ぶことが必要です。

それぞれ解説していきますので、タイプ選びの参考にしてください。


安価で買える「ノーマルタイプ」

ノーマルタイプはコスパ重視のワイパーです。

グラファイトタイプや撥水タイプと違い、特別な加工を施していないため、安い価格帯で購入することができます。

他のタイプのワイパーよりも安いため、降雪地帯へ転勤することになってしまった方や、冬の短期間の間に車を使うという方のような、とりあえず持っておきたい方にはおすすめです。


スムーズでコーティングに優しい「グラファイトタイプ」

グラファイトタイプのワイパーは、炭素の微粒子をコーティングしたワイパーなので、摩擦抵抗を減らしてガラスを拭くこと可能です。

これによって拭きムラをなくすことができたり、ワイパーとガラスの摩擦音をなくすことができます。さらに、ガラスに対する摩擦が少ないため、撥水加工が長持ちすることもメリットの1つです。

このワイパーのタイプは、ガラスに撥水加工をしてある車にはおすすめのワイパーと言えるでしょう。


撥水加工もしてくれる「撥水タイプ」

このタイプのワイパーは、一石二鳥なワイパーと言っても過言ではありません。

なぜなら、ゴムに特殊加工がしてあるため、ワイパーが動くたびに撥水する膜をコーティングしてくれるからです。そのため雪や水滴を弾きながら撥水加工をしますので、一石二鳥と言えます。

撥水加工をするのがめんどくさいという方には、おすすめのワイパーです。


スノーワイパーの選び方2. 車に適合するかを確認して選ぶ

ワイパーには様々なサイズがあります。運転席側、助手席側、リアウィンドウ、それぞれワイパーのサイズが異なっているので、必ず確認してください。

その際に確認するべき項目は3点。車種名、車の年式と型式、交換するワイパーの場所、ワイパーの長さを確認しておくようにしましょう。

特に注意するべきはワイパーの長さです。ワイパーの長さは、ミリ単位でサイズが分かれていますので、必ずミリ単位までの確認をしなければいけません。

その上で適合表を確認し、適用内の車に取り付けられるワイパーを見つけましょう。


スノーワイパーの選び方3. リアワイパーには専用タイプがおすすめ

フロントワイパーは、先端の取り付け部分がU字フックになっているのが主流ですが、リアワイパーはその限りではありません。また、変換アダプタに関してもリアに対応するものは少ないです。

つまり専用タイプでなかった場合、フロントは付けることができたけど、リアに付けることができなかったというような事態が起こる可能性があります。また伸縮させることによて、無理矢理合わせてしまうと事故の元に繋がりかねません。このような事から、リアワイパーは専用タイプがおすすめといえます。

ただし、メーカーによっては専用タイプがないものがありますので、注意が必要です。


スノーワイパーのおすすめ10選|降雪にも安心なワイパーを大公開

ここからは、おすすめスノーワイパーを紹介。

おすすめのワイパー1つ1つの魅力とともに、商品ステータスとして長さやタイプ、取り付け方法などを記載してありますので、購入の際の参考にしてください。


スノーワイパーのおすすめ1. BOSCH 国産車用 スノーワイパーブレード スノーグラファイト

BOSCH (ボッシュ) 国産車用 スノーワイパーブレード スノーグラファイト 650mm
おすすめポイント
  • グラファイトタイプだから、摩擦音もなくスムーズに拭き取る
  • 自動車部品売上ランキングNo.1のBOSCH製だから、安心して使える
  • 払拭性能にも長けているため、悪天候でも良好な視界をキープする

「ノーマルタイプのワイパーでは、車のためにせっかくやった撥水加工が取れてしまうかもしれない。」撥水加工が取れてしまっては嫌ですよね。

このワイパーはグラファイトタイプなので、摩擦が少なく撥水加工を長持ちさせてくれます。しかも自動車部品売上ランキングNo.1のBOSCH製のワイパーだから、安心感も抜群。

撥水加工を少しでも長持ちさせたいという方には、こちらのワイパーがおすすめですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 長さ:650 (mm)
  • 重量:240 (g)
  • タイプ:グラファイト
  • 素材:ー
  • 取り付け方法:U字フック

スノーワイパーのおすすめ2. PIAA ワイパーブレード 雪用

PIAA ワイパーブレード 雪用 450mm フラットスノーシリコート 撥水特殊シリコンゴム 替えゴム交換可能 1本入 エアロタイプ 軽量・低重心 FSS45BW
おすすめポイント
  • 高性能シリコンゴムを使うことで、雪や雨だけでなく泥も拭き取って良好な視界を保つ
  • ゴム交換機能が唯一あるスノーワイパーのメーカーだから、降雪への対応がリーズナブルに済む
  • 一般のスノーワイパーより低いデザインで高速走行時に浮き上がりを防止するため、払拭性能が上がり安全

撥水加工が面倒だから撥水タイプにしたいけど、金額が高くなるのも悩みの1つ。

こちらのスノーワイパーは、撥水タイプのワイパーな上に、ゴムの交換が可能です。この理由から、ワイパーにかける費用を抑えられます。万が一、拭き取り具合が悪くなってしまったとしても、ゴムのみを交換することで常に安全を確保することができます。

このように、費用をかけず撥水タイプにしたい人におすすめのワイパーです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 長さ:450 (mm)
  • 重量:140 (g)
  • タイプ:撥水タイプ
  • 素材:シリコンゴム
  • 取り付け方法:ー

スノーワイパーのおすすめ3. 雪用ワイパー スノーアンサー S

雪用ワイパー スノーアンサー S ブレード 430mm U43W
おすすめポイント
  • 防錆加工のフレームで、水が入っても錆びないから長持ちする
  • 1,850円という安い値段でグラファイトタイプを使用できるからコスパが良い
  • 従来より厚いフードカバーによって、凍結に強く融雪剤がゴムに付いても劣化しにくい

使用頻度が高まれば高まるほど、スノーワイパーの劣化が早くなります。できるだけ費用を抑えられるように、長持ちさせたいという方もいるでしょう。

このスノーワイパーは防錆加工のフレームのため錆びにくく、密着性の高いサイドキャップによって水の侵入を防ぐことができます。つまり、錆や凍結の原因となる水の侵入を防ぎ、劣化しにくいワイパーであると言えます。

これらの機能によってワイパーが長持ちしますので、できるだけ取り替えることがなく、同じスノーワイパーを使いたいという人にはおすすめのワイパーです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 長さ:430 (mm)
  • 重量:100 (g)
  • タイプ:グラファイト
  • 素材:ー
  • 取り付け方法:Uクリップ

スノーワイパーのおすすめ4. PIAA ワイパー ブレード 雪用 500mm スーパーグラファイト

PIAA ワイパー ブレード 雪用 500mm スーパーグラファイト グラファイトコーティングゴム 1本入 呼番10 WG50W
おすすめポイント
  • 2種類の粒子から作られたコーティングゴムによって、摩擦を最大限抑えガラスを傷つけない
  • 錆に強いステンレス製のフレームなので、耐久性に優れている
  • ゴム交換ができるため、降雪への対応がリーズナブルに済む

ワイパーは消耗品なので、劣化するのは当たり前です。だからと言って摩擦によって傷がついたり、摩擦音が聞こえてくるのは嫌ですよね。

しかしこのスノーワイパーであれば、グラファイトコーティングゴムを使用していますので、その心配はありません。このコーティング技術は2種類の粒子を使っており、摩擦抵抗を最大限抑えた上で静粛性も良くしてあるワイパーなのです。

つまり、摩擦によって傷つくことや、摩擦音で不快な思いをすることはありません。運転中の外部ストレスを減らしたい人にはおすすめのワイパーですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 長さ:500 (mm)
  • 重量:249 (g)
  • タイプ:グラファイトタイプ
  • 素材:グラファイトコーティングゴム
  • 取り付け方法:ー

スノーワイパーのおすすめ5. NWBグラファイトデザイン雪用ワイパー D50W

NWB(エヌダブルビー) グラファイトデザイン雪用ワイパー D50W
おすすめポイント
  • エアロ樹脂カバーを使うことでワイパーの浮き上がりを防止し、高速走行時でもしっかり払拭できる
  • グラファイトタイプのワイパーだから、静粛を保ちつつワイパーを使える
  • 錆びにくいステンレスレバーを使っているため、劣化しにくい

走行時にワイパーが浮き上がってしまうと、ガラスの雪や水滴はしっかり拭うことはできません。これではワイパーの意味がありませんよね。

しかし、このスノーワイパーを使うことで、高速運転時の払拭の甘さの悩みを解決できます。なぜならエアロ樹脂カバーを使っていることによって、ワイパーの浮き上がりを防止してくれるから。エアロ樹脂カバーを使うことによって、従来の1.5倍の高速運転でもワイパーの性能を発揮することができています。

つまり、運転時に払拭の甘さが気になるような人にはおすすめのワイパーなのです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 長さ:500 (mm)
  • 重量:240 (g)
  • タイプ:グラファイトタイプ
  • 素材:ー
  • 取り付け方法:Uクリップ

スノーワイパーのおすすめ6. ボッシュ(BOSCH) スノーワイパーブレード

NWB(エヌダブルビー) グラファイトデザイン雪用ワイパー D48W
おすすめポイント
  • アダプターカバーが従来のものよりもブレを減らし、安全で確実な装着できる
  • グラファイト加工によって、滑らかな動作が可能になり、撥水加工の長持ちにも貢献している
  • 拭き取りゴムが耐久性や耐寒性に優れているため、寒さに強く安全を確保できる

いくらスノーワイパーを着けたからと言って、確実な安全を確保できたとは言えません。雪が降っている以上、危険と隣り合わせの状態です。

しかしこのワイパーであれば、従来のものよりブレを減らせるアダプターカバーが備わっていたり、耐久性に優れた拭き取りゴムを備えているため、安全に運転できます。ブレにくく動き、耐久性があるので、降雪地帯に住むことになったとしても不安を取り除いてくれるでしょう。

このように、性能や技術によって安全面に配慮してくれているワイパーだから、降雪時の運転に自信がない人にはおすすめなワイパーと言えるでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 長さ:400 (mm)
  • 重量:160 (g)
  • タイプ:グラファイトタイプ
  • 素材:ゴム
  • 取り付け方法:ー

スノーワイパーのおすすめ7. PIAA ワイパー ブレード 雪用 リヤ樹脂製ワイパー専用 WG30KWT

PIAA ワイパー ブレード 雪用 300mm スーパーグラファイトスノー グラファイトコーティングゴム 1本入 呼番1KT リヤ樹脂製ワイパー専用 WG30KWT WG30KWT
おすすめポイント
  • コーティングゴムが2種類の粒子から作られており、摩擦の軽減を抑え、静粛性のあるワイパーである
  • ゴムだけを交換することができ、簡単に付け替えることができる
  • 高純度ステンレスフレームを使っているため、耐久性が高く錆びにくい

降雪がひどい場合、どうしてもワイパーの劣化が早まり、費用がかさむことが悩みになるでしょう。

このスノーワイパーは、ゴムを交換することで費用を抑えることができ、フレームの作りが高純度ステンレスフレームを使っているため、耐久性が高く錆びにくい作りになっています。費用を最小限の費用に抑えつつ、最大限に安全を確保できるようになるため、このスノーワイパーは圧倒的に費用を抑えることができると言えるでしょう。

つまりこのワイパーは、費用を抑えて車に乗りたいという方におすすめと言えるでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 長さ:300 (mm)
  • 重量:200 (g)
  • タイプ:グラファイトタイプ
  • 素材:グラファイトコーティングゴム
  • 取り付け方法:ー

スノーワイパーのおすすめ8. エクシーガ YA4,5

エクシーガ YA4,5 [600mm・450mm]H20. 6 ~エアロワイパー グラファイト加工ラバー採用!左右1セット
おすすめポイント
  • 左右2つセットになっているため、これ1つでフロントガラスは解決する
  • ゴムが一体化しているブレードなので、均等に力が入り払拭性能がアップしている
  • 走行時に受ける風を利用することで、より一層の払拭性アップされる

ワイパーの長さは、運転席側と助手席側とで長さが違います。そうなると、ワイパーを2本分選ぶのはめんどくさいと感じる方もいるのではないでしょうか。

こちらのワイパーは、運転席側と助手席側の2本がセット売りになったタイプです。ゴムが一体化したブレードなので、均等に力が入り払拭製がアップ。2本合わせて交換することができ、安全が確保できるワイパーと言えるでしょう。

このように、1本ずつ選ぶのが面倒な人にはとっておきのワイパーとなっています。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 長さ:600,450 (mm)
  • 重量:ー
  • タイプ:グラファイトタイプ
  • 素材:ー
  • 取り付け方法:U字フック

スノーワイパーのおすすめ9. BOSCH 国産車用シリコン撥水ワイパーブレード

BOSCH(ボッシュ) 国産車用シリコン撥水ワイパーブレード SK30
おすすめポイント
  • 雪や水滴を拭きながらコーティングするため、常に安全を確保することができる
  • シリコンオイルによるコーティングのため、コーティング後に摩擦が軽減されて摩擦音が聞こえにくくなる
  • 撥水加工をしてくれるため、撥水効果を長く体感することができる

撥水タイプのワイパーが良いけど、ガラスとワイパーの摩擦音を聞きたくない。そんな悩みを持つ方もいるはずです。

このスノーワイパーは撥水タイプのワイパーであり、シリコンオイルによって撥水加工されるため摩擦が軽減して、摩擦音が聞こえにくくなります。このように、撥水加工をするオイルが静粛性を保ってくれるから、ストレスを感じることなく運転が可能です。

ワイパーが動くときの摩擦音が聞こえにくいものを使いたいならこちらがおすすめですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 長さ:300 (mm)
  • 重量:272 (g)
  • タイプ:撥水タイプ
  • 素材:撥水シリコン
  • 取り付け方法:Uフック

スノーワイパーのおすすめ10. エアロワイパー ノート E12

エアロワイパー ノート E12 H24.9~ 運転席:650mm 助手席:300mm ワイパーブレード 2本 グラファイト加工 (S850)
おすすめポイント
  • 左右セットになっているため、2本購入する手間が省ける
  • 走行時に受ける風を利用して浮き上がりを抑えることによって、ムラなく良好な視界を保つ
  • ブレードとゴムが一体化しているため、均等に圧力がかかり払拭性が上がっている

スノーワイパーを買わないといけないけど、1本ずつ購入するのは面倒ですよね。

しかしこのワイパーはセット売りになっているので、1本ずつ購入する面倒な手間を省くことができます。セット売りされているものであれば、サイズが合えばすぐにでも使用可能です。また、それだけでなく、払拭性に優れた作りになっているため、良好な視界を確保することができて安全に運転することができるでしょう。

このように、払拭性があって性能のいいワイパーがセットになっていますので、1本ずつ購入するのが面倒だと思う人にはおすすめのワイパーです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 長さ:650,300 (mm)
  • 重量:ー
  • タイプ:グラファイトタイプ
  • 素材:ゴム
  • 取り付け方法:ー

自分の車にあったスノーワイパーを使って、快適な運転をしよう。

いかがでしたでしょうか。スノーワイパーにも様々な種類があることが分かったと思います。

だからこそ、人気という言葉に惑わされず、車にあったワイパーで機能性が充実したものを選ぶ必要があるのです。

雪が降るようになってからの購入では、安全な運転ができませんので、今回の記事を参考に、ご自身の身を守るように努めてください

【参考記事】はこちら▽

【参考記事】はこちら▽

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事