犬用ヒルズ「サイエンスダイエット」の評判とは|気になる餌の評価を大公開

犬用ヒルズ「サイエンスダイエット」の評判について詳しく知りたい方へ。今記事では、サイエンスダイエットの特徴や評価を詳しくご紹介します。安全性はもちろん、コスパなども解説するので、最適なワンちゃんの餌をお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください!

そもそもヒルズ「サイエンスダイエット」ドッグフードとは?|ブランドも詳しく紹介

犬用ヒルズ「サイエンスダイエット」の評判とは

ヒルズの『サイエンスダイエット』は街のペットショップでも扱っていることが多いので、見たことのある方もいらっしゃるでしょう。

1930年代の末、腎機能障害を持つ盲導犬の飼い主が臨床栄養学に詳しい博士に相談し、専用のフードを作ってもらったことがヒルズのルーツ。

製品の開発には獣医師や栄養学の専門家が220人以上も関わっており、科学的な根拠に基づいた確かな栄養バランスと、安心して与えられる品質の高さにこだわっています。

ワンちゃんの健やかな成長を考えたときに選びたいペットフードブランドの一つですよ。


ヒルズ「サイエンスダイエット」のドッグフードの特徴5選|メリットを徹底解説

これまで気になっていたけれど高価格帯の商品であるため躊躇していた飼い主さんもいらっしゃるのでは。メリットを知ればきっと欲しくなりますよ。

ヒルズのサイエンスダイエットには、ワンちゃんが安心して食べられるメリットがいっぱい。

ここでは、サイエンスダイエットのメリットのうち、特に知っていただきたい5つの特徴について詳しく解説していきます。


ヒルズ「サイエンスダイエット」の特徴1. 臨床栄養学に基づいた栄養バランス

ヒルズのペットフードは臨床栄養学に基づいて作られており、科学的な根拠からワンちゃんに必要な栄養バランスを決定しています。

ヒルズのグローバル・ペットニュートリションセンターという施設では900頭以上もの犬や猫を飼育しており、実際に良い効果や影響があることを臨床で確認しているから信頼性もバッチリ。

机上の理論だけで作っていないので、ワンちゃんに与えて実感性に乏しいこともありません。


ヒルズ「サイエンスダイエット」の特徴2. 各原材料の安全性を検査

犬や猫の健康に配慮した製品づくりをモットーにしているヒルズは、ドッグフードの原材料についても徹底的にこだわっていることが特徴。

サプライヤー(仕入先)を厳選し、取引するのは厳しい品質基準をパスした業者のみ。納入される原材料やその生産工程まで精査して安全性の高いものだけを使用しています。

栄養バランスさえ取れていれば原材料の細かいことまで気にしないという餌ではないので、心配することなく愛犬の毎日の食事にできますよ。


ヒルズ「サイエンスダイエット」の特徴3. 全ての製造施設で品質監査を実施

ヒルズでは、製品を製造する施設に対して品質監査を年1回行っています。

品質監査の内容はcGMPが遵守されているか否か。cGMPとは、製品の規格が守られており、同じ品質で製造することを定めたガイドラインのことです。

また製品を出荷する前には、問題のあるロットが混入しないよう安全検査も徹底。

製造工程を厳しく管理していることも、ヒルズの高い評価に繋がっているのです。


ヒルズ「サイエンスダイエット」の特徴4. 豊富なラインナップ

一般的な餌では子犬用、成犬用、シニア用と、大まかなラインナップしかないことが多く、犬種によってはどれを選べばいいか困りませんか。

ヒルズなら、オーダーメイド感覚で迷わず選べます。ヒルズのサイエンスダイエットシリーズは、商品ラインナップが幅広いことも特徴の一つ。

年齢別、体のサイズ別、体重管理用や消化ケア用など、用途別に製品が作られており、どのようなワンちゃんにも適したドッグフードが見つかりますよ。


ヒルズ「サイエンスダイエット」の特徴5. 保存料・着色料不使用

サイエンスダイエットは合成保存料や着色料など、健康への影響が気になる添加物が使われていないことも特徴です。

開封後に傷みにくくなるよう酸化防止剤は使われていますが、天然由来によるものなので安心。着色料が使われていないのでフードに色むらを感じることもありますが、安全であることの証なので心配ありません。

ナチュラルなものを食べさせたい飼い主さんにとっても嬉しいフードですよ。


ヒルズ「サイエンスダイエット」のドッグフードの選び方3選|愛犬に最適なフードを選ぼう

サイエンスダイエットには多数のラインナップがあるので、どれにすれば良いか迷ってしまう方もいらっしゃるでしょう。

ここでは飼っているワンちゃんのタイプごとに、どのようなサイエンスダイエット製品を選べばいいか解説していきます。

ご自分に当てはまるものを見て購入する時の参考にしてみてくださいね。


ヒルズ「サイエンスダイエット」の選び方1. 年齢で選ぶ

一般的なドッグフードでは仔犬、成犬、シニアの3段階に製品を分けていますが、サイエンスダイエットは更に年齢を細かく分けた商品展開をしています。サイエンスダイエットが提供している年齢は以下の5段階。

  • 生後12ヶ月までの子犬
  • 1~6歳
  • 7歳以上
  • 10歳以上
  • 13歳以上

子犬には免疫力を高める栄養、10歳以上は脳や心臓、腎臓に配慮した栄養というように、ライフステージごとに適した栄養となるように考慮されています。

どの動物もいきなり子供から大人になるということはありません。ヒルズなら成長段階に応じて選べるので、愛犬に一番合ったものを与えてください。


ヒルズ「サイエンスダイエット」の選び方2. 種類で選ぶ

ワンちゃんにも食の好みはあります。カリカリの食事が好きな子もいれば、生食感がなければ食べない子もいるでしょう。

サイエンスダイエットは様々なタイプのフードがラインナップされていることも特徴。定番のドライフードや缶入りウエットフードはもちろん、樹脂トレイ入りのスープタイプもあります。

もし、種類が1つしかないフードだと犬が食べてくれない場合に諦めなくてはならないことがありますが、ヒルズなら好んで食べてくれるタイプを選べるのが良いですよ。


ヒルズ「サイエンスダイエット」の選び方3. 健康ケアで選ぶ

一般的なドッグフードと比較した時に、サイエンスダイエットの大きな強みとなるのが健康ケアできる点です。サイエンスダイエット商品が対応しているケアは、

  • 体重管理
  • 消化ケア

の2タイプ。多くの飼い主さんが心配する体の悩みに応えてくれるラインナップです。

さらに細かくケアしたい場合は、サイエンスダイエットPROというシリーズ商品もありますよ。

ワンちゃんの健康を心配する飼い主さんはぜひサイエンスダイエット製品をチェックしてみてください。


ヒルズ「サイエンスダイエット」のドッグフードのおすすめ6選|愛犬が喜ぶ人気フード特集

サイエンスダイエットの魅力やメリットを把握できたところで、次に気になるのは具体的にどの商品が評判となっているかではないでしょうか。

ここでは、口コミでの評判がよく、お店でも売れ筋となっているおすすめ商品6点をご紹介します。


ヒルズ「サイエンスダイエット」のドッグフード1. 成犬用 アダルト 1歳以上 小粒 チキン

ヒルズ サイエンス・ダイエット ドッグフード 成犬用 アダルト 1歳以上 小粒 チキン 3.3kg
  • 高品質なたんぱく質とカルシウムなどが適量含まれており、筋肉や骨など健康で丈夫な体を維持できる。
  • 高品質な自然素材を厳選しているから消化が良く、お腹に負担がかからない。
  • オメガ3&6脂肪酸やビタミンEが含まれているので、皮膚が健康的になり毛艶も良くなる。

子犬の時期から飼い始めた方で、「もう大人だけど、どのフードに替えれば良いだろう」と悩んでいる飼い主さんはいませんか。

このフードはそろそろ成犬の食事に切り替えたい1歳ころから与えたい製品。

多くのワンちゃんが好むチキンをベースにしているので、食いつきの良さは抜群です。

ドライフードですがしっとり感がある上小粒サイズなので、成犬になったばかりの小さい口でも苦労しないで食べられますよ。

チキンにアレルギーを起こす体質でなければ、どのワンちゃんにもおすすめしたいドッグフードです。

ワンちゃんが喜ぶフードを探している飼い主さんは、まずはこの製品を試してみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:約2,200円
  • 種類:ドライフード
  • 対象年齢:1〜6歳用
  • 内容量:3.3kg
  • カロリー:373.3kcal/100g
  • 健康ケア:ー

ヒルズ「サイエンスダイエット」のドッグフード2. 成犬用 アダルト 1歳以上 小粒 ラム&ライス

ヒルズ サイエンス・ダイエット ドッグフード 成犬用 アダルト 1歳以上 小粒 ラム&ライス 3.3kg
  • アレルギーを起こしにくいラム肉が主原料だから、お肉に対してアレルギーのあるワンちゃんでも安心。
  • カルシウムをはじめとするミネラル類がバランスよく含まれており、健康で丈夫な歯を維持できる。
  • 消化が良いので胃腸に負担をかけず、フードに含まれる栄養素をしっかり吸収できる。

「うちの子はお肉にアレルギーがあるみたい」と心配している方はいませんか。

本製品は、新鮮なラム肉をベースに、免疫力の強化や健康的な体を作るための成分を強化した消化の良いフード。柴犬やビーグル、フレンチブルドッグ、ウェルシュコーギーなどの中型犬におすすめです。

ラム肉はアレルゲンになりにくいため、牛肉、豚肉、鶏肉でアレルギーを起こすワンちゃんでも大丈夫なことが多く、お肉アレルギーに悩む飼い主さんからの評判が良い製品。安心して与えることができますよ。

これまでお肉を与えて健康面の不安を感じることが合った飼い主さんはぜひお試しください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:約2,400円
  • 種類:ドライフード
  • 対象年齢:1〜6歳用
  • 内容量:3.3kg
  • カロリー:371.8kcal/100g
  • 健康ケア:ー

ヒルズ「サイエンスダイエット」のドッグフード3. 小型犬用 肥満傾向の成犬用 アダルト ライト 1歳以上 チキン

ヒルズ サイエンス・ダイエット ドッグフード 小型犬用 肥満傾向の成犬用 アダルト ライト 1歳以上 チキン 3kg
  • 他のサイエンスダイエット製品と比較してカロリーは約16%、脂肪分は約27%も少なく、運動量の少ないワンちゃんにぴったり。
  • 食物繊維が豊富なので満腹感を維持しやすく、食べすぎになりがちなワンちゃんの食欲をセーブできる。
  • コンドロイチンやグルコサミン、カルシウムが配合されているので、骨や関節を丈夫にしてくれる。

飼っている小型犬のダイエットを考えているけれど、一般の対策フードは小型犬だとカロリー多めで困っている方もいらっしゃるでしょう。

本製品は、ぽっちゃり体型が気になりだしたワンちゃんにおすすしたい肥満対策用のフード。チワワやトイプードル、ミニチュアダックスフンドなどの小型犬向けに作られています。

他のサイエンスダイエット製品よりもカロリーや脂肪分が少なく、運動量の少ないワンちゃんが食べても栄養過多になりません。食物繊維が空腹感を抑えるので食べすぎて困ることもありませんよ。

体の小さなワンちゃんの肥満は特に心臓へ負担がかかるため適切な体型維持は大切。「太ってきたかな」と感じたらぜひ購入してみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:約2,100円
  • 種類:ドライフード
  • 対象年齢:1〜6歳用
  • 内容量:3kg
  • カロリー:313.2kcal/100g
  • 健康ケア:ダイエット

ヒルズ「サイエンスダイエット」のドッグフード4. 小型犬用 シニアライト 7歳以上 肥満傾向の高齢犬用 チキン

ヒルズ サイエンス・ダイエット ドッグフード 小型犬用 肥満傾向の高齢犬用 シニアライト 7歳以上 チキン 3kg
  • カロリーと脂肪分を抑え、食物繊維は豊富にする方向で調整された栄養バランスなので、理想の体型・適正な体重をキープしやすい。
  • リンやナトリウムなどの成分量をシニア向けに調整しているから、心臓や腎臓に負担がかかりにくい。
  • カルシウムにコンドロイチン、グルコサミンなどの成分が多く、骨や関節が弱り始める年齢の体を強力にサポート。

ぽっちゃりしたシニア犬は健康が心配。体に負担がかからないように、シニア向けのダイエットフードを探している方も少なくないはず。

本製品は、運動不足気味で肥満が気になってきた小型シニア犬にぴったりなフード。

体重管理を目的としており、低カロリーで低脂肪、食物繊維はタップリ入ってとてもヘルシー。心臓や腎臓への負担を減らし、骨や関節は強さを保つような成分に調整されていることも特徴です。

7歳を超えて老化の始まった体をいたわりながら、その犬種本来の体型や適正体重の維持に役立ちますよ。

マンションなどで室内飼いしている小型シニア犬の肥満や病気が心配な飼い主さんはぜひ食べさせてみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:約2,100円
  • 種類:ドライフード
  • 対象年齢:シニア犬用
  • 内容量:3kg
  • カロリー:312.8kcal/100g
  • 健康ケア:体重管理

ヒルズ「サイエンスダイエット」のドッグフード5. 小型犬用 敏感なお腹と皮膚の健康サポート チキン

ヒルズ サイエンス・ダイエット ドッグフード 小型犬用 敏感なお腹と皮膚の健康サポート チキン 1.3kg
  • 消化が良くて食物繊維が豊富な自然素材を厳選して使用。お腹に優しいから胃腸の弱いワンちゃんに安心して与えられる。
  • 便秘の改善を期待できるビートパルプと亜麻仁、腸内環境を整えるプレバイオティックファイバーが含まれ、便秘気味のワンちゃんもスッキリ。
  • 腸が弱いせいで皮膚トラブルに悩まされがちなワンちゃんも、オメガ6脂肪酸やビタミンEが皮膚を健康に保って毛艶を美しくしてくれる。

腸が弱くてお腹を下したり、便秘になったりするワンちゃんを飼っていて、お腹に優しいご飯を探している方に注目してほしいケアフードです。

便通を良くするビートパルプや亜麻仁、有用な腸内細菌に働きかけるプレバイオティックファイバーが豊富。お腹のトラブルに悩まされているワンちゃんも、このフードなら安心して食べられますよ。

また胃腸が悪いと皮膚に悪影響が出がちですが、配合されているオメガ6脂肪酸やビタミンEが皮膚を健康に保ち、毛並みを美しくする効果まで期待できます。

「うちの子は便の状態が良くないな」と感じている方は、この製品に変えてみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:約1,900円
  • 種類:ドライフード
  • 対象年齢:1歳以上の成犬・シニア犬用
  • 内容量:1.3kg
  • カロリー:371.3kcal/100g
  • 健康ケア:胃腸ケア、皮膚ケア

ヒルズ「サイエンスダイエット」のドッグフード6. チキンと野菜レシピ パピー ~12ヶ月

サイエンスダイエット トレイ パピー 小型犬用 子いぬ用 チキンと野菜レシピ 1歳まで 99g×12個【まとめ買い】
  • 具材の食感をしっかり堪能できるスープタイプ。離乳したばかりの子犬に食事の楽しさを覚えてもらうのにぴったり。
  • 成長著しい子犬に必要な栄養素がパランス良く入っているから、丈夫で健康な体に育ってくれる。
  • トレイタイプなのでお皿に移さなくてもそのままでOK。缶入りのように面倒な片付けも必要なし。

「離乳したばかりのワンちゃんなので優しいフードを与えたい」と考えているなら本製品に注目。

角切りにしたチキンに玄米や野菜を加え、スープタイプに仕上げたパピー用のフードです。

柔らかく調理された具材がたっぷり。一般的なウェットフードと違い、具材の形が残っているからしっかりとした食感があり、離乳したばかりの子犬に食べることの楽しさを与えてくれますよ。

成長する時期に必要な栄養素をしっかり補給できることもおすすめポイント。健康で体の丈夫な成犬に育ちます。

1歳未満のワンちゃんを飼っている方はぜひ食べさせてあげてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:約2,400円(12個セット)
  • 種類:ウェットトレイ
  • 対象年齢:子犬用
  • 内容量:99g/個
  • カロリー:88kcal/個
  • 健康ケア:ー

初めてヒルズ「サイエンスダイエット」のドッグフードを与える際の切り替え方法とは?

これまでワンちゃんに与えていた餌を新しいものに切り替える際は、いきなりではなく徐々に慣らしていくことが大切。それはサイエンスダイエットにする場合でも同じです。

切り替え初日は以前のフードに1割ほど混ぜ、2日目は2割、3日目は3割というように毎日少しずつ増やしていきます。7〜10日ほどを目安にしてサイエンスダイエットへの切り替えが終わるようにしてみましょう。


【総評】年齢・犬種に合わせて選択できる汎用性の高い餌メーカー

すごく小さい子から人間くらい大きな子まで、ワンちゃんは犬種によってサイズが極端に違いますよね。また、必要な栄養素も単純に子犬用、成犬用、シニア用と分かれているだけのフードでは不足したり、逆に過多となったりしてしまいます。

サイエンスダイエットは犬種や健康ケア別に商品が用意されている他、生後1年未満の子犬から13歳以上の高齢犬まで対象年齢も細かく分かれているのが魅力。あなたの愛犬に必要なフードがきっと見つかるでしょう。

「いまのドッグフードが合っていないのでは」と感じた方はぜひサイエンスダイエットを食べさせてみて。

【参考記事】はこちら▽

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事