三角コーナーのおすすめ10選|おしゃれで衛生的な人気キッチン用品を大公開

キッチンやシンクのゴミなどをまとめておけるおすすめの三角コーナーをお探しの方へ。今記事では、三角コーナーのメリットや選び方から、おすすめな三角コーナーまで詳しくご紹介します。機能性やおしゃれさも加味して、ぜひ満族の行く商品をセレクトしてみてください!

三角コーナーの必要性とは

三角コーナーのおすすめ

料理などで出た生ゴミなどをそのまま排水口に流してしまうと、においの原因になったり、菌が繁殖してしまうので不衛生です。

三角コーナーは、キッチンのシンクなどに設置する小さいゴミ箱のようなもの。料理などで出た生ゴミなどを一つにまとめられるので、キッチンを衛生的に保ちたい方におすすめです。

ゴミを捨てるのも楽な上、お手入れも簡単なので最低1つは常備しておきたい必須アイテムです。


三角コーナーの選び方|購入する前に確認すべき点とは

キッチンという限られた空間で使う三角コーナーですが、様々な商品が販売されているので、具体的にどのようなところをを見て選べばいいか分からないという方も多いでしょう。

そこで、ここからは三角コーナーを選ぶ際に見るべきポイントについて解説します。


三角コーナーの選び方1. 使い方に合った「タイプ」を選ぶ

三角コーナーには三角コーナーには据え置き型やホルダー型、使い捨てタイプなど、使い方によって様々なタイプがあるため、自分の環境に合った適切なタイプのものを選ぶ必要があります。

次項からは、タイプ別に特徴を紹介していくので、ぜひ参考にしてくださいね。


置きっぱなしで使いたい人は「据置きタイプ」がおすすめ

三角コーナーといえば据え置きタイプをイメージする方も多いでしょう。

シンクの隅などに常時設置しておくことで、安定して使用できるのが魅力。また、ステンレスやプラスチック製のものが多いので、破れたり壊れたりするリスクも少ないことと、水切りネットを使用しなくてもいいことからランニングコストを抑えられるメリットもあります。

頻繁に買い替える必要がなく、長く愛用したい方におすすめのタイプです。


必要な時だけ使いたい人は「ホルダータイプ」がおすすめ

最近ではホルダータイプの三角コーナーを使用する人も増えてきています。ホルダーに水切りネットをセットして使用するタイプです。

必要な時だけ設置して用が済めば折りたたみ可能なので、普段は収納して邪魔にならないのが魅力。キッチンやシンクが狭くて常時設置しておくのが難しい環境の方におすすめのタイプです。ただし、使い捨ての水切りネットやポリ袋を使用するため、ランニングコストが発生する点に注意です。


お手入れの手間を省きたい人は「使い捨てタイプ」がおすすめ

使い捨てタイプは名前の通り、三角コーナーをそのまま捨てるタイプです。

料理が終わる度に捨てることが多く、ゴミが長時間放置されないのでキッチンが常に衛生的というメリットがあります。また、普段は折りたたみ、まとめて引き出しなどに収納できるのでコンパクトで邪魔になりません。

お手入れの手間を省きたい方や、衛生面に気を付けたい方におすすめのタイプです。ただし、他のタイプに比べてランニングコストが高めなので注意しましょう。


三角コーナーの選び方2. 使いやすさを考えた「素材」を選ぶ

三角コーナーは、金属製やプラスチック製など素材によっても種類が豊富で、メリット、デメリットも様々です。

耐久性や衛生面など、材質の特徴によって使い勝手も変わってくるので、自分に合った素材のものを選びましょう。


丈夫で衛生的な「金属製」の特徴とは

金属性の三角コーナーは丈夫で耐久性に優れており、頻繁に買い替える必要性がないので長く愛用したい方にはぴったりのタイプです。また、ステンレスや銅などの抗菌素材を使用しているものが多く、汚れにくいので衛生面でもメリットがあります。

ただし、他の素材の三角コーナーよりも比較的高価なので、お財布との相談が必要です。


デザインが豊富な「シリコン製」「プラスチック製」の特徴とは

シリコン製やプラスチック製の三角コーナーは豊富なカラーバリエーションや個性的な形のものが多く、キッチンまわりのインテリアをおしゃれに充実させたい方にはぴったりのタイプです。また、比較的安価なものも多いので、容易に購入できるのも魅力。

デメリットとしては、金属製に比べると衛生面や耐久性に劣る点です。そのため、汚れたら新しいものに買い替えるなど、コスパの良いものを選ぶと良いでしょう。


三角コーナーの選び方3. 臭いや見た目が気になる人は「フタ付き」を選ぶ

三角コーナーにゴミが溜まると、せっかくキッチンが綺麗でも見た目が台無しですよね。また、生ゴミを放置すると腐ってしまい、臭いやコバエなどの虫が発生する原因になることも。

蓋付きタイプの三角コーナーを使用すれば、視界から不快なゴミをシャットアウトするだけでなく、ある程度臭いも防げるので虫が寄るリスクも軽減できます。

家族暮らしでゴミが溜まりやすい環境や、一人暮らしの方などある程度ゴミが溜まってから捨てるという場合に蓋付き三角コーナーはおすすめですよ。


三角コーナーの選び方4. より衛生的に使えるものを選ぶ

三角コーナーは生ゴミを入れるものなので、使用するたびに汚れが発生し、定期的にお手入れが必要になります。デザインにこだわり過ぎて掃除しにくい形状のものだとお手入れが難しいことも。

そのため、隅々まで洗いやすいシンプルなデザインを選ぶのがベストです。また、穴がたくさん開いているなど、水をしっかり切れるタイプだとより衛生的に使用できます。更に、抗菌加工がされていれば汚れにくく、お手入れの頻度も減らせるのでおすすめですよ。


三角コーナーのおすすめ10選|衛生的に使える人気商品を大公開

キッチンを衛生的に保つため、最低1つは常備しておきたい三角コーナー。しかし、デザインや用途によって特徴は様々なので、どれを買えばいいか悩む人も多いでしょう。

そこで、ここからは三角コーナーの中でも特におすすめのアイテムを大公開していきます。


三角コーナーのおすすめ1. 山崎実業 ポリ袋エコホルダー タワー

山崎実業 ポリ袋エコホルダー タワー ホワイト 6787
  • 食器ホルダーとしても使用可能。洗い物が多い場合などに便利
  • 折りたたみ可能なので、使わない時は収納してキッチンをスッキリできる
  • 先端が滑り止めになっているので、水切りやポリ袋がずれにくく使いやすい設計

料理以外ではあまり使用する機会が少ない三角コーナー。別の用途でもっと有効活用できると嬉しいですよね。

山崎実業の『ポリ袋エコホルダー タワー』は三角コーナーとしての役割はもちろん、洗ったコップやグラスなどを乾かす用途としても使える多機能型三角コーナーです。ホルダータイプなので折りたたみ可能で収納も楽。先端に滑り止めがあるので水切りネットやポリ袋がずれる心配もありません。

ゴミを集めるだけでなく、色々な使い方ができる三角コーナーを探している方にぴったりの商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:ホルダータイプ
  • 素材:本体スチール 先端シリコン
  • フタ付き:×
  • サイズ:12 × 9.5 × 16.5 (cm)

三角コーナーのおすすめ2. ネクスタ シンク用 水切り ゴミ袋 ごみっこポイ

ネクスタ シンク用 水切り ゴミ袋 ごみっこポイ スタンドタイプE 花柄オレンジ 横250×高さ180mm(底マチ部120mm)1枚あたり 三角コーナー がいらない 水切り袋 50枚入,2個セット
  • 豊富な柄とカラーを選べるのでキッチンに合わせたデザインを選択できる
  • 袋を広げるだけで簡単に設置可能。安定した設計なので倒れる心配がない
  • しっかりと厚みのあるポリエスチレンなので、破れる心配がない

使い捨てタイプはゴミを捨てるのが楽だけど、地味なデザインのものが多いので、もっとかわいい三角コーナーがあるといいですよね。

ネクスタの使い捨て三角コーナー『ごみっこポイ』は豊富な柄とカラーがあるので、ご自身のキッチンに合わせたお好みのデザインを選べるのが魅力。袋を広げるだけでしっかり安定して置けるので使用中に倒れる心配もありません。

おしゃれなキッチンに合わせたデザインを選びたい方や、ゴミを手軽に捨てたい方にはぴったりの人気商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:使い捨てタイプ
  • 素材:ポリエスチレン
  • フタ付き:×
  • サイズ:18 × 25 × 12 (cm)

三角コーナーのおすすめ3. マーナ(MARNA) 水切り三角ポット 「fioria」

  • 円錐状に組み立てるタイプなので、フラット状にすれば洗いやすい設計
  • 吸盤式なので、三角コーナーの底が汚れにくい
  • カラーバリエーションが豊富なので、キッチンに合わせたコーディネートが可能

三角コーナーを掃除する際、立体的な構造だと隅々まで掃除しにくく、汚れが残っていないか心配になりますよね。

マーナの『fioria』はくるっと丸めることで円錐状になる三角コーナーで、掃除の際はフラット状にすればサッと掃除が可能です。また、吸盤式でシンクのフチに取り付けるタイプなので浮いた状態になり、底が汚れる心配もありません。

お手入れを手軽に済ませたい方や、あまり掃除に時間をかけられない最適の商品です。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:据置きタイプ
  • 素材:ポリプロピレン
  • フタ付き:×
  • サイズ:18.3 × 11.5 × 25.7 (cm)

三角コーナーのおすすめ4. 山崎実業 ポリ袋エコホルダー 蓋付き

山崎実業 ポリ袋エコホルダー 蓋付きポリ袋エコホルダー タワー ホワイト 3330
  • 蓋付きなので臭いが逃げず、上からゴミが見えないのでキッチンもスッキリ
  • ゴミを捨てる際、前から袋を取り出すだけなので、臭いが外に逃げない
  • 袋を取り付ける際は、上からかぶせるだけの簡単設計

三角コーナーからゴミを捨てる際は臭いが気になりがち。蓋付きの三角コーナーで、臭いが外に逃げないままゴミを捨てられるものがあれば便利ですよね。

山崎実業の『ポリ袋エコホルダー』は蓋付きの三角コーナーなので、上からゴミが見えないだけでなく、臭いを防止できます。また、ゴミが溜まったら前から袋をサッと取り出せるので臭いが外に逃げず交換も楽です。

臭いを気にせず手軽にゴミが捨てられる三角コーナーを探している方にはぴったりの商品ですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:ホルダータイプ
  • 素材:スチール
  • フタ付き:◯
  • サイズ:12 × 13.5 × 16.7 (cm)

三角コーナーのおすすめ5. ヨシカワ プレミアム・ミズリード 円錐コーナーポット Y

ヨシカワ プレミアム・ミズリード 円錐コーナーポット YH9616
  • シンクに馴染みやすいスマートなデザインなので、おしゃれなキッチンを実現できる
  • 蓋付きなので臭いを防ぐだけでなく、ゴミが見えずキッチンがスッキリ
  • 抗菌に優れたステンレス製で汚れもつきにくく、お手入れも楽

三角コーナーはゴミを集めるアイテムなので、おしゃれなキッチンには馴染みにくいもの。ゴミが見えず、デザイン性に優れたものがあれば理想ですよね。

ヨシカワの『プレミアム・ミズリード』は円錐状の三角コーナーで素材はステンレス製。よりシンクに馴染みやすいデザインとなっています。また、蓋付きのためゴミが見えることもなくキッチンがスッキリします。

スマートなデザインでシンクに馴染みやすいため、おしゃれな三角コーナーを探している方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:据置きタイプ
  • 素材:ステンレス
  • フタ付き:◯
  • サイズ:17 × 15.5 × 16.5 (cm)

三角コーナーのおすすめ6. パール金属 アクアスプラッシュ H-9177

パール金属 日本製 ステンレス 三角コーナー 深型 抗菌 アクアスプラッシュ H-9177
  • 汚れにくい抗菌ステンレスを採用。お手入れの頻度が少なくて済む
  • 耐久性に優れているので丈夫で長持ち。頻繁に買い替える必要がない
  • 抗菌ステンレスなので汚れがこびりつかずお手入れも簡単

三角コーナーを定期的に掃除したり、買い替えるのは面倒ですよね。

パール金属の『アクアスプラッシュ』はカビやヌメリなどの汚れが付きにくい抗菌ステンレスを採用。お手入れも簡単で水でサッと流すだけなので洗いやすいです。また、耐久性にも優れているため、長年愛用されている方も多くいます。

あまりお手入れに時間をかけられない方や、何度も買い替えるのが面倒な方に人気の商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:据置きタイプ
  • 素材:抗菌ステンレス
  • フタ付き:×
  • サイズ:20 × 14.5 × 11.5 (cm)

三角コーナーのおすすめ7. Homekirei 開閉可能生ゴミ袋ホルダー

三角コーナー 開閉可能生ゴミ袋ホルダー キッチンシンクを広く使える さんかくコーナー いらず 省スペース 水切り袋ホルダー ポリ袋エコスタンド
  • 袋の口が開閉可能なので、使わない時はコンパクトに収まりスッキリ
  • 吸盤式なので、シンクの色々な場所にしっかり固定できる
  • 柔軟なPP素材を使用。開閉がスムーズなだけでなく、お手入れも簡単

三角コーナーは意外とスペースをとりがち。洗い物などをする際に邪魔にならないものがあると便利ですよね。

Homeikariの三角コーナーはワンタッチで袋の口を閉じることが可能なホルダータイプ。使わない時はコンパクトに収まるので狭いシンクでもスペースを確保できます。また、吸盤式なのでしっかり固定でき、シンクの色々な場所に設置可能です。

シンクが狭く、三角コーナーを置きづらい環境の方や、使わない時はコンパクトに収めてスッキリさせたい方にはおすすめの商品ですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:ホルダータイプ
  • 素材:PP
  • フタ付き:口が開閉可能
  • サイズ: ー

三角コーナーのおすすめ8. 下村企販 生ごみスタンド ポリ袋ホルダー 38125

下村企販 生ごみスタンド ポリ袋ホルダー 丸型 【日本製】 ステンレス お手入れ簡単 シンプル 38125 燕三条
  • 余った食品用ポリ袋を使用するので、ランニングコストがかからない
  • 丈夫なステンレス製を採用しているため、汚れにくくお手入れが簡単
  • シンプルなデザインのため、使わない時はおしゃれなキッチンに馴染みやすい

スーパーなどで使う食品用ポリ袋は余ってしまうことが多く、そのまま捨ててしまいがち。もっと有効活用できれば便利ですよね。

下村企販の『生ごみスタンド ポリ袋ホルダー』は余った食品用ポリ袋を三角コーナーとして再利用できるホルダータイプ。袋のコストを削減できるのでお財布に優しいですよ。また、ステンレス製なので汚れにくく、お手入れも簡単。

ランニングコストがかからないホルダータイプの三角コーナーを探している方にイチオシです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:ホルダータイプ
  • 素材:ステンレス
  • フタ付き:×
  • サイズ:15.5 × 13.5 × 18.5 (cm)

三角コーナーのおすすめ9. レック 置くだけ 水きり袋 A-039

レック 置くだけ 水きり袋 ピンク & グリーン 各15枚 (計30枚) A-039
  • 開くだけで安定して置ける形になるので設置が簡単
  • 30枚入りで約300円とリーズナブル。お財布に優しく、ランニングコストを削減できる
  • 使い捨てなのでゴミ捨てが楽。使わない時はキッチンがスッキリ

使い捨てタイプは毎回設置するのが面倒で、ランニングコストがかかるのがネックですよね。

レックの使い捨て三角コーナーは、袋を開くだけで自立した形になるため、簡単に設置可能。安定しているので使用中に倒れる心配もありません。また、ピンク、グリーンと2種類のカラーが15枚ずつセットになっており、合計30枚でお値段約300円と大変リーズナブル

使わない時はキッチンをスッキリさせたい方や、ランニングコストを抑えたい方に人気の商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:使い捨てタイプ
  • 素材:ー
  • フタ付き:×
  • サイズ:2.5 × 2 × (cm)

三角コーナーのおすすめ10. 岩谷マテリアル クード 生ゴミ水切り器

  • 折りたたみ式なので、使わない時は収納してキッチンをスッキリできる
  • モダンなデザインと2種類のカラーでおしゃれなキッチンにも馴染みやすい
  • 水気を含んだ生ゴミは折りたたむことでギュッと絞ることが可能

来客時は三角コーナーをしまってキッチンをスッキリさせたいもの。しかし、料理などを振舞う際はどうしても必要になりますよね。

岩谷マテリアルの『クード』は折りたたみ式なのでスリムに収納可能。水分の含んだ生ゴミは折りたたみ式を利用することでギュッと水気を絞れます。また、モダンなデザインとホワイト、グリーンと2種類のカラーバリエーションでおしゃれなキッチンに馴染みやすい設計です。

使わない時は収納してキッチンをスッキリさせたい方や、使用中もおしゃれに見せたい方にはぴったりの人気商品です。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:据置きタイプ
  • 素材:ポリプロピレン
  • フタ付き:×
  • サイズ:17.6 × 13.7 × 18.6 (cm)

三角コーナーでキッチンを快適にしましょう!

キッチンでは料理などで頻繁にゴミが発生するため、最低1つは常備しておきたい三角コーナー。しかし、サイズや設置方法などアイテムによって様々なので、なかなか1つに絞るのは難しいですよね。

今回は、キッチンで使用できるおすすめの三角コーナーを紹介しました。どれも人気で使い勝手の良い商品ばかりなので、ぜひご自身に合ったものを選ぶ際の参考にしてくださいね。

【参考記事】キッチンの便利グッズはこちら▽

【参考記事】キッチンをより快適にできる折りたたみ式水切りラックはこちら▽

【参考記事】食器洗いに便利な水切りラックはこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事