ワンフードッグフードの評価|安全性や品質の高さなど餌の特徴を解説!

ワンフードッグフードの評価が気になる方へ。今記事では、ワンフードッグフードの特徴や評判はもちろん、ライフステージに沿ったおすすめのペットフードも詳しくご紹介します。成分といった安全性はもちろん、餌代のコスパも解説するので、購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください!

そもそも、ワンフードッグフードとはどんなブランド?

ワンフードッグフードの評価とは?

ワンフーは『環境プラント工業株式会社』が展開しているドッグフードのブランド。

ブリーダーとして活躍していた初代社長の経験と考えを元に、安全と健康を両立したドッグフードの開発を始め販売まで行っています。

そんなワンフーのドッグフードは、良質な天然素材を無添加加工した『スローフード』であることが特徴。

口コミはもちろん、医師やブリーダーからの評判がよく、優れた食事として幅広い場所で食べられていますよ。


ワンフードッグフードの特徴|良い評価を獲得しているポイントとは?

ワンフーのドッグフードが評価が高いといわれても、自分が今与えている餌よりも優れているのか疑問に感じてしまうことも。

そこで、ワンフードッグフードが 良い評価を獲得する理由となっている特徴を解説。

安全面や健康面など、どんな所がメリットなのか確認していきましょう。


ワンフーの特徴1. 犬が元来食べていたであろう鳥やウサギを使用

動物性タンパク質は筋肉を作ったりエネルギーの元になったりと、ワンちゃんの健康のためには欠かせない要素です。

そんな動物性タンパク質を摂取するために今でこそ牛や豚を食べるワンちゃんはたくさんいますが、元々は小動物を食べていたとされています。

そこで、ワンフーでは祖先から食べ慣れていたであろう鳥やうさぎを原材料として使うことで、消化不良などの負担を抑えた自然由来の食べやすさを実現しています


ワンフーの特徴2. 添加物が一切不使用

添加物は、食べ物をより美味しくさせる効果があり、ワンちゃんの食欲を刺激したり食事を楽しくさせたりするもの。

しかし、添加物を摂取しすぎると健康への悪影響が表れてしまいます

ワンフーでは添加物を一切含みません。

ワンちゃんが自然の中で暮らしていたときのような食事を再現し、美味しくて安全であるよう心掛けているのです。


ワンフーの特徴3. 研究を重ねた天然健康食材を使用

ワンフーでは、理想の健康食材を見つけるために、健康食材の歴史が長い中国で研究を開始。

食品研究所や大学の獣医畜産学部で研究を重ねたことで、最適な天然健康食材を発見し、ドッグフードへ利用しました。

そのため、ワンフーのドッグフードには漢方が配合されており、普段の食事から愛犬の健康管理がしっかりできますよ。


ワンフーの特徴4. 小分けにより鮮度をキープ

ドッグフードは1つの袋の中に大量に入れられていることが多いですが、このようなタイプだとドッグフードの鮮度や品質が徐々に落ちてしまいます。

ワンフーでは、常に最高の状態でワンちゃんに食べてもらうため、ドッグフードは小分けになっており、鮮度がキープしやすくなっています

また、小分けにすることで食事量が分かりやすいため、あげすぎなどを防げるといった評価もありますよ。


ワンフーのドッグフードの選び方|様々な種類から最適な餌を見つけるコツとは?

ワンフーは様々なワンちゃんに合わせられるように、幅広い商品ラインナップが揃っています。

そこでここでは、ワンフードッグフードの選び方を解説してきます。


ワンフードッグフードの選び方1. まずは大きく2種類のどちらかを選ぶ

ワンフーのドッグフードは、大きく

  • プレミアムドッグ:ウサギ肉と鶏肉のブレンド
  • ラブガド:ウサギ肉100%

の2種類に分けられ、それぞれタンパク源となる原材料が違っています

また、プレミアムドッグは理想的な栄養バランスを実現した総合食として、ラブガドはアレルギーや肥満対策として最適といった違いもありますよ。

どちらにもメリットはありますので、ワンちゃんの好みや体調などに合わせて選んであげましょう。


ワンフードッグフードの選び方2. 対象年齢で選ぶ

ワンフーのドッグフードは2つのタイプに加えて、

  • 子犬用
  • 成犬用
  • シニア犬用

が用意されています。

年齢に応じた体の状態や必要な栄養素のバランスで作られているため、その時その時に合わせた最適なサポートが可能です。

また、子犬用はパピーやアスリート犬、母犬用としても活用でき、目的によっては年齢を問わず使用できます。

そのため、どんなワンちゃんに最適なのかきちんとチェックして、より状況に合うドッグフードを与えてくださいね。


ワンフードッグフードの選び方3. ダイエットなら「ライト/肥満傾向用」を選ぶ

人間と同じように、ワンちゃんにとっても肥満は様々な病気のリスクを上げてしまう危険な状態。

そこで、ダイエットを目的にするのなら『ライト/肥満傾向用』を手に入れましょう。

ライト/肥満傾向用は、豊富なタンパク質と低脂肪、低コレステロールにすることで、体づくりをサポートしながら体重管理ができる商品。

必要な栄養素はしっかり摂取できるので、ワンちゃんに無理をさせずに健康的なダイエットを叶えられますよ。


ワンフードッグフードのおすすめ8種類|愛犬が喜ぶ人気フード特集

ここでは、ワンフーのドッグフードの中でおすすめの8種類をピックアップして紹介していきます。

ご自身が飼っているワンちゃんに合うものがあれば、ぜひ一つ試してみてくださいね。


ワンフードッグフードのおすすめ1. ラブガド ウサギ肉タイプ レギュラー 成犬用

wanfoo ワンフー ラブガド (ウサギ肉タイプ) レギュラー 成犬用 3kg(200g×15袋入り)
  • アレルギーが出にくいウサギ肉を使用しているので、デリケートなワンちゃんにも食べさせやすい
  • 寒天の食物繊維が糖の急上昇を抑え、胃腸の状態を整える
  • 消化吸収率が高いので、栄養素をしっかり摂取できる

アレルギーのワンちゃんは食べられるものが少なくなる一方、それでも美味しいものを食べさせたいもの。

『ラブガド ウサギ肉タイプ レギュラー 成犬用』は、アレルゲンになりにくいウサギ肉だけを使用した商品で、アレルギーが気になる犬でも安心して食べられます。

さらに、寒天を加えることで糖の急上昇を抑えられるようになり、胃腸の弱いワンちゃんにもOK。

アレルギーなどに敏感なデリケートなワンちゃんのために作られているので、食べるものが限られているワンちゃんにぴったりですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:約8,600円
  • 内容量:3kg
  • カロリー:399kcal /100g
  • 種類: ラブガド(ウサギ肉100%タイプ)
  • 対象年齢:成犬用

ワンフードッグフードのおすすめ2. プレミアムドッグ ウサギ肉&鶏肉タイプ レギュラー 成犬用

wanfoo ワンフー プレミアムドッグ(ウサギ肉&鶏肉タイプ) レギュラー 成犬用 【小粒】2kg(200g×10袋入り)
  • 添加物を使わずに仕上げているので、消化不良等による便のニオイ対策に効果的
  • ウサギ肉と鶏肉をダブル採用することで、内臓への負担を抑え皮膚や被毛の健康も維持
  • 和漢健康食材を配合しているので、毎日の食生活を手軽に改善できる

室内犬の糞のニオイに悩まされていませんか。実は食べ物で抑えることはできますよ。

『プレミアムドッグ ウサギ肉&鶏肉タイプ レギュラー 成犬用』は、添加物を使わず仕上げることで腸内バランスが整い、消化吸収を妨げなくなることから糞の嫌なニオイが軽減します

犬の生体を元にしたウサギ肉と鶏肉のブレンドにより、最適な吸収率で皮膚や被毛の健康もサポートしてくれるので、健康面もバッチリ。

胃腸への負担を抑えることでニオイケアが可能。便のニオイが気になるワンちゃんにぜひ与えてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:約3,800円
  • 内容量:2g
  • カロリー:398kcal /100g
  • 種類:プレミアムドッグ(ウサギ肉+鶏肉タイプ)
  • 対象年齢:成犬用

ワンフードッグフードのおすすめ3. ラブガド ウサギ肉タイプ ライト 肥満傾向用

wanfoo ワンフー ラブガド (ウサギ肉タイプ) ライト 肥満傾向用 1kg(200g×5袋入り)
  • ウサギ肉をベースにすることで、アレルギーと肥満、どちらの対策も同時にできる
  • 豊富な栄養素によって、カロリーを抑えても健康を損なうことがない
  • 人工甘味料などを使わなくても美味しいものだけを厳選して使用しているので、ワンちゃんの食いつきが良い

アレルギーケアだけでも大変なのに、体重ケアも考えないといけないとなると、飼い主への負担はとても大きくなってしまいます。

『ラブガド ウサギ肉タイプ ライト 肥満傾向用』は、ウサギ肉のメリットを活かして作り上げることで、アレルギーケアと体重管理を両立させた商品

特に、ウサギ肉はタンパク質や必須アミノ酸が豊富に含まれているので、食事制限中でもしっかり体作りをサポートします。

難しい体調管理を手軽してくれるため、食べ物選びが難しいワンちゃんにベストです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:約3,200円
  • 内容量:1kg
  • カロリー:398kcal /100g
  • 種類:ラブガド(ウサギ肉100%タイプ)
  • 対象年齢:成犬用

ワンフードッグフードのおすすめ4. プレミアムドッグ ウサギ肉&鶏肉タイプ ライト 肥満傾向用

wanfoo ワンフー プレミアムドッグ(ウサギ肉&鶏肉タイプ) ライト 肥満傾向用 2kg(200g×10袋入り)
  • 美味しさを変えずカロリーを制限することで、ワンちゃんにバレずにダイエットができる
  • 必要な栄養素は豊富に配合されているので、健康的なダイエットを目指せる
  • ハトムギやサンザシなど、代謝を促進する食材によって、被毛や血管のケアも可能

いつまでも健康でいて欲しいからこそ、体重が気になるワンちゃんには自然にダイエットをさせたいと思うもの。

『プレミアムドッグ ウサギ肉&鶏肉タイプ ライト 肥満傾向用』は、美味しさはそのままにカロリーを抑えて作られた商品です。タンパク質やミネラルなど、必要な栄養素はしっかり摂取できるので、やつれたようなダイエットにはなりません。

美味しさや栄養素を損なわずいつもと同じ生活のままダイエットができるので、太っているワンちゃんにおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:約3,800円
  • 内容量:2kg
  • カロリー:398kcal /100g
  • 種類:プレミアムドッグ(ウサギ肉+鶏肉タイプ)
  • 対象年齢:成犬用

ワンフードッグフードのおすすめ5. ラブガド ウサギ肉タイプ シニア 高齢犬用

wanfoo ワンフー ラブガド (ウサギ肉タイプ) シニア 高齢犬用 1kg(200g×5袋入り)
  • 高齢特有の体の不調に合わせた栄養バランスで、健康的な生活をサポート
  • 胃腸の働きを支えることで、消化不良などにワンちゃんを悩ませない
  • ウサギ肉の豊富な栄養素によって、高齢でも元気な体を実現してくれる

ワンちゃんが高齢になるほど、健康的に長生きができるような体を整えてあげたいですよね。

『ラブガド ウサギ肉タイプ シニア 高齢犬用』は、代謝低下や消化不良といった、高齢のワンちゃんに見られる不調へ適格にアプローチ。特に、山芋などの食物繊維が腸の働きをサポートし、食事による胃腸への負担を軽減してくれます。

加齢による体調や体の不調をサポートしてくれるので、シニア期に入ったワンちゃんにあげてみましょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:約3,200円
  • 内容量:1kg
  • カロリー:401kcal /100g
  • 種類:ラブガド(ウサギ肉100%タイプ)
  • 対象年齢:シニア犬用

ワンフードッグフードのおすすめ6. ウサギ肉ミンチタイプ

ワンフー wanfoo 栄養補助食品 ウサギ肉ミンチタイプ (80g) 犬 猫 レトルト
  • 今の餌に混ぜて使えるので、こだわりの強いワンちゃんでも興味を持ってもらいやすい
  • 水分量が多いため、夏場の栄養補給にぴったり
  • 少量から始められるので、ウサギ肉が体質に合うかチェックする時にも使える

こだわりが強いワンちゃんだと、優れたものでも今の餌以外には興味を持ってもらえず困ってしまうことも。

『ウサギ肉ミンチタイプ』は、主食にするのではなく他のドッグフードのトッピングに使いやすいタイプで、今の餌と一緒にサッと混ぜるだけでウサギ肉の良質な栄養素を摂取できます。

さらに、水分が豊富なので、硬いドッグフードが苦手なワンちゃんにもぴったりです。

ワンフーの美味しいウサギ肉を今の食事と一緒に食べられるタイプ。お気に入りの餌以外あまり食べないワンちゃんに最適です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:約650円
  • 内容量:80g
  • カロリー:142kcal /100g
  • 種類:-
  • 対象年齢:全年齢対象

ワンフードッグフードのおすすめ7. ウサギ肉フレーク ふりかけタイプ

ワンフー wanfoo グルメ ウサギ肉フレーク ふりかけタイプ 60g
  • 手作業でじっくり乾燥させることで、美味しさと安全性を確保している
  • エネルギーや栄養をサッと補給できるので、遊び疲れたワンちゃんにぴったり
  • 砕いてフレークとして使うこともでき、不足しがちな栄養素を手軽に補える

毎日の食事にこだわるからこそ、気軽に食べるおやつも真剣に選びたいですよね。

『ウサギ肉フレーク ふりかけタイプ』は、ウサギのヒレ肉を使用したもので、手軽に良質なタンパク質やミネラルなどを摂取できる商品。ふりかけではありますが、おやつとしても使えます。

また、この商品は一つ一つ手作りで作成され、時間をかけて乾燥することで栄養や旨味をギュッと濃縮し、美味しく仕上げているのも良いですね。

いつも良い子にしているワンちゃんにご褒美として与えてあげてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:約2,300円
  • 内容量:60g
  • カロリー:402.8kcal /100g
  • 種類:-
  • 対象年齢:全年齢対象

ワンフードッグフードのおすすめ8. プレミアムドッグ (ウサギ肉&鶏肉タイプ) シニア 高齢犬用【小粒】

wanfoo ワンフー プレミアムドッグ (ウサギ肉&鶏肉タイプ) シニア 高齢犬用【小粒】6kg(200g×30袋入り)
  • 粒が小さくなっているので、口が小さいワンちゃんでも食べやすい
  • 水などでふやかしやすいため、高齢の犬でも無理なく食べられる
  • 加齢による体調不良などをサポートしてくれるので、健康が気になるシニア犬にぴったり

ワンちゃんにとって食べにくいものだと、良いものでもなかなか食べてくれず、飼い主を悩ませてしまうことも。

『プレミアムドッグ (ウサギ肉&鶏肉タイプ) シニア 高齢犬用【小粒】』は、粒の大きさが小さく作られており、老犬でも食べやすい仕様になっています。さらに、粒が小さいことでふやかすことも簡単で、噛む力が弱っているワンちゃんも安心して食べられますよ。

シニア犬でも食べやすいような工夫が施されているので、食べにくそうにしていたり急に食欲が落ちたりしたワンちゃんにおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:約9,900円
  • 内容量:6kg
  • カロリー:404kcal /100g
  • 種類:プレミアムドッグ(ウサギ肉+鶏肉タイプ)
  • 対象年齢:シニア犬用

初めてワンフードッグフードを与える際の切り替え方法とは?

今あげているドッグフードからワンフーのドッグフードに切り替える場合、気をつけたいのがワンちゃんの体調不良。犬は慣れないものを食べると、吐いてしまうことがあり、次から食べるのを避けてしまいます。

そのため、今食べているものに少しずつ混ぜて慣れさせていくことが大切

急に全部を切り替えないようにして、ワンちゃんのペースに合わせて変えていきましょう。


【総評】ワンフードッグフードならワンちゃんが健康的でいられるようサポートしてくれる。

ワンフーのドッグフードは、ワンちゃんの生態に合わせた原材料で、より自然に健康的な生活を実現できるのが魅力。

ワンちゃんに本当に合った食事を提供しています。

本当に良い餌を与えたいと思ったら、ぜひワンフーを検討してみてくださいね。


【参考記事】他にもある本当に良いドッグフードを厳選しました!▽

【参考記事】安いけど高品質なドッグフードを紹介!▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事